Hatena::ブログ(Diary)

フィアット500大作戦!!

2017-03-23

アリババの洞窟にて

f:id:gianni-agnelli:20170318172427j:image

関東某所にあるHさんのガレージ。ご友人と3年かけて自作したというガレージには20台以上のクルマとモーターサイクルが隠されていた。

Hさんは1966年頃の20代半ばに、吉祥寺に住んでいた五十嵐平達氏の自宅を訪ね、自動車博物館を作りたいという夢を話したそうだ。五十嵐さんは賛同され、助言をされたそうだ。「日本車を保存するのは日本人がやるしかない」と。そしてこうも言った「自動車趣味を突き詰めると歴史にたどり着く」。その後、五十嵐さんがトヨタ自動車博物館の立ち上げに関わっていった。


f:id:gianni-agnelli:20170318152402j:image

富士自動車 フジ・キャビン・スクーター。
スクーターに屋根とドアをつけたクルマ。エンジンは立川工場製のガスデン2サイクル122cc、5.5馬力。まさに雨に濡れないスクーターだったのだ。
この個体は運転席側にしかドアがない。自動車ショーで展示された個体らしい。

f:id:gianni-agnelli:20170318154203j:image

f:id:gianni-agnelli:20170318154407j:image

ボディはFRPのモノコック。FRPといえばロータス・エリートが有名だが、これはエリートに先駆ける2年前の1955年発表。シトロエンDS並みの驚きだったのではないか。デザインは戦前にダットサンのデザインをされていた富谷龍一氏。シフトレバーが座席右側にあることに注意。

f:id:gianni-agnelli:20170318152530j:image

住之江製作所 フライング・フェザー
デザインはフジ・キャビンと同じ富谷龍一氏。エンジンも富谷氏の設計で空冷V型2気筒OHV350奸12.5馬力。これをRRで搭載する。やけに大きなホイールは19インチ。シトロエン2CVと同様にバネ下重量を軽くするためだ。二人乗りで、ハンモックシートや巻き上げ式のキャンバストップなど、シトロエン2CVの影響は大きかったようだ。軽いクルマを目指したが、車重は400キロにもなってしまい最高速度は60キロ程度だったらしい。ヤナセ販売もしたが、いかんせん1955年の日本で30万円もするクルマを買える大衆はいなかった。金持ちは大型のアメリカ車を乗り回していた時代だった。

f:id:gianni-agnelli:20170318152031j:image

富士産業(後の富士重工)ラビット・スクーターS12
135cc空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載。軍用機生産で食べていた中島飛行機が富士産業になり、苦肉の策で生き残りをかけて生産したのがスクーターだった。1948年ごろの個体。

f:id:gianni-agnelli:20170318153443j:image
f:id:gianni-agnelli:20170318153803j:image

LANCIA FLAVIA SPORT ZAGATO
国際自動車が当時輸入した個体。ただし前オーナーがオーバーヒートに悩まされた結果、ボンネットにはオリジナルには無い熱抜きのルーバーが作られている。Hさんによれば同じFWDでもスバル1000の方が運転が楽しいとのこと。フラビアは重たいらしい。

f:id:gianni-agnelli:20170318155413j:image
f:id:gianni-agnelli:20170318155210j:image

戦前、横浜のフォード日本工場で生産されたトラック。ボディは木骨。ベルトのお化けのようなのを下げて窓を開けるようになっている。

f:id:gianni-agnelli:20170318164034j:image

ダットサン・スポーツ DC3
1952年というトラックとバスだらけの日本にあって、戦前のダットサンをベースにMGのようなクルマを作りたいという情熱は買いますね。ボディデザインはオオタ自動車の太田祐一氏。限定50台で価格は83万5千円。大卒初任給が8,000円ぐらいの時代です。

f:id:gianni-agnelli:20170318164324j:image
f:id:gianni-agnelli:20170318164144j:image
f:id:gianni-agnelli:20170318164216j:image

ダットサン・デリバリーバン DV—5

自治体の役所で使っていた個体のようです。商業車の残存率は極端に低いので貴重な個体です。しかもDV−5は1954年の一年間しか生産されなかったのでなおさら珍しい。価格は67万円でした。

f:id:gianni-agnelli:20170318170450j:image
これは1925年製のインディアン。アメリカのモーターサイクルです。
Hさんのおじさんが開業医をしていて診療用に使っていたそうです。

f:id:gianni-agnelli:20170318171713j:image
f:id:gianni-agnelli:20170318171700j:image
錆だらけのモーターサイクルが戦前のDKWのRT125。その隣のレストアされたピカピカのがヤマハのYA−1。
実はヤマハはDKWに許可を得ないでフルコピーでYA−1を製造販売していたのです。
いま何も知らない日本人が中国製コピーを馬鹿にして留飲を下げているような風潮がありますが、それは天に唾するようなものだということですね。

2016-05-01

1966年発行 HEIBONパンチDELUX 別冊『CAR専科』

f:id:gianni-agnelli:20160417165606j:image

f:id:gianni-agnelli:20160417165616j:image

T氏所蔵の貴重な資料。
体裁は世界の自動車をA to Zで紹介する別冊だが、実際は『いすゞ自動車』のタイアップ広告だ。

f:id:gianni-agnelli:20160417165638j:image

f:id:gianni-agnelli:20160417165735j:image

この個体は福澤幸雄氏がレースで使用したものらしい。

f:id:gianni-agnelli:20160417165749j:image

f:id:gianni-agnelli:20160417165803j:image

f:id:gianni-agnelli:20160417165820j:image


Special Thanks to Mr.Tokita.

2015-12-31

2015年を振り返って 後半

7月

f:id:gianni-agnelli:20150628121604j:image
今年一番の映画はコレでした。特に4D上映では風が吹く、座席がムチウチ寸前の動きを見せる、水のシーンでは飛沫が飛ぶ。最高でしたね。

f:id:gianni-agnelli:20150630161742j:image
f:id:gianni-agnelli:20150630162154j:image
f:id:gianni-agnelli:20150630162311j:image
f:id:gianni-agnelli:20150630164019j:image
Three〜多摩美プロダクトから世界へ羽ばたいた3人展〜から。
1966年に多摩美術大学立体科を卒業した 児玉英雄、青戸務、河岡徳彦の3人。1970年代にドイツGM系自動車メーカーのオペルでカーデザイナーとして活躍された3人の軌跡を「学生時代・オペル時代・現在」の数々の貴重なスケッチで振り返った展示を見学。基調講演は本当に貴重なもので素晴らしいものでした。

f:id:gianni-agnelli:20150705145805j:image
f:id:gianni-agnelli:20150705145701j:image
f:id:gianni-agnelli:20150705131737j:image
横浜にて西家鼎談、お題はプリンス自販スポーツコーナーのチーフであった木村さん、そしてメカニックの青木さん、そしてプライベートドライバーで活躍した久保田さんの鼎談を聞くことに。スポーツコーナーはプリンスの技術陣よりも柔軟な発想で新しいものを取り込み、積極果敢な行動力で初代スカイラインGTRの50連勝を支えました。


10月
f:id:gianni-agnelli:20151011200021j:image
青戸さんのオペル時代、GMデザインセンターに出向していた時に描いたポンティアックのスケッチが我が家に。

f:id:gianni-agnelli:20151018091810j:image
f:id:gianni-agnelli:20151018101724j:image
f:id:gianni-agnelli:20151018114213j:image
f:id:gianni-agnelli:20151018121419j:image
f:id:gianni-agnelli:20151018122751j:image
毎年恒例のFBM。今年はプジョーに収穫があった年ですね。

f:id:gianni-agnelli:20151024164022j:image
千葉某所のKさんのガレージ訪問。土地が広くて驚きました。

f:id:gianni-agnelli:20151029112122j:image
東京モーターショーの傑作はコレでした。いすゞマンセー。


11月
f:id:gianni-agnelli:20151121095213j:image
多摩川スピドウェイ回顧展にて。

f:id:gianni-agnelli:20151122104804j:image
f:id:gianni-agnelli:20151122110401j:image
f:id:gianni-agnelli:20151122105017j:image
雑誌オールドタイマー 旧車天国にて。ここではどうしても商用車に目がいきます。

f:id:gianni-agnelli:20151122152247j:image
f:id:gianni-agnelli:20151123092436j:image
箱根への旅行は鉄道マンセー。

f:id:gianni-agnelli:20151128095653j:image
トヨタ自動車博物館による神宮外苑でのイベントから。
フライング・フェザー。


12月
f:id:gianni-agnelli:20151206103219j:image
f:id:gianni-agnelli:20151206104346j:image
f:id:gianni-agnelli:20151206112638j:image
谷保天満宮旧車祭から。
神社ゆかりの旧車イベント「谷保天満宮旧車祭」の会場から

本殿前にもご覧のようにクラシックカーが並ぶ。
参加車両中最古の1910年 ロールス・ロイス・シルバーゴーストが自走してきたと知って驚いた。
The best car in the world と呼ばれたクルマである。

2015年を振り返って 前半

1月

f:id:gianni-agnelli:20150102155105j:image
ケーシー高峰で始まった2015年。

f:id:gianni-agnelli:20150103114824j:image
1957 Franchoni Devin Alfa Special
恒例のBOWさんの集まりから。これには驚きました。ジュリエッタのエンジンを搭載したアメリカのカスタム。50年代のアメリカのレースは多種雑多で興味深いですね。

f:id:gianni-agnelli:20150103200235j:image
今年は眠っていた鉄道魂が復活した年でもあります。

f:id:gianni-agnelli:20150105232030j:image
爆発すれば危険な水素電池車にかけるトヨタ。パリで雑誌シャリルエブド編集部他への銃撃テロ事件が勃発。テロの時代を迎えて街にあふれるのは危険なクルマですね。自爆テロは要りません、トヨタのミライを吹っ飛ばせば水素爆発でかなりの被害が出るでしょう。

f:id:gianni-agnelli:20150112145142j:image
横浜の新聞博物館を訪問。朝日新聞が出資した『神風号』。
1937年5月12日にロンドンで行われるジョージ6世の戴冠式奉祝の名のもとに、亜欧連絡飛行を計画し、本機の試作2号機を払い下げるよう陸軍に依頼したもの。1937年4月6日早暁に立川飛行場を離陸。台北、ハノイ、ビエンチャン、カルカッタ、カラチ、バスラ、バクダッド、アテネ、ローマ、パリと着陸し、現地時間の4月9日午後、ロンドンに着陸。立川離陸後94時間17分56秒で、給油・仮眠をのぞく実飛行時間は、51時間19分23秒であった。飯沼操縦士と塚越機関士はフランス政府からレジオンドヌール勲章を受勲した。神風号はヨーロッパの各地を親善訪問した。そして5月12日の戴冠式の記録映画を積んで14日にロンドンを離陸し、21日には大阪を経て羽田空港に着陸した。

f:id:gianni-agnelli:20150120110439j:image
近所で見かけた原付自動車

f:id:gianni-agnelli:20150120052005j:image
久々の封切り戦争映画『フューリー』。
少し荒唐無稽だったかな。

f:id:gianni-agnelli:20150125134357j:image
1956 Fuldamobil S-6
ニューイヤーミーティングの珍車。
木とアルミニウムによるボディ、エンジンは 191CCの2ストローク。西ドイツのマイクロカーです。


2月


f:id:gianni-agnelli:20150208135243j:image
f:id:gianni-agnelli:20150208143944j:image
第18回岡本太郎現代芸術賞に行ってきました。
大賞は焼き芋カーの金時。
あと毛布でできたファンシーな霊柩車も素晴らしい。


4月


f:id:gianni-agnelli:20150426112827j:image
FIAT 850 Coupe

f:id:gianni-agnelli:20150425164914j:image
マロニエ・オートストーリーに参加。kさんのロードスターのナビをさせて頂きました。

f:id:gianni-agnelli:20150405125728j:image
f:id:gianni-agnelli:20150405130117j:image
f:id:gianni-agnelli:20150405130149j:image
御殿場市の陸上自衛隊駒門駐屯地 創立55周年記念行事のツアーに参加。戦車ファンなので満喫しました。

f:id:gianni-agnelli:20150412214221j:image
戦時中の戦争科学雑誌『機械化』。イラストは小松崎茂。


5月

f:id:gianni-agnelli:20150501124639j:image
GWは開通した北陸新幹線で富山へ。新幹線よりも地元の古い電車に興味が。

f:id:gianni-agnelli:20150509150433j:image
f:id:gianni-agnelli:20150509151347j:image
f:id:gianni-agnelli:20150509151310j:image
日産のアーカイブスを見学。戦前のダットサンとプリンスに興味津々。

f:id:gianni-agnelli:20150516120014j:image
久々の静岡ホビーショーではお宝と遭遇。

f:id:gianni-agnelli:20150517105316j:image
Uさんに誘われて行った袖ヶ浦のクラシックレース。ヴィンテージバイクが良かった。

f:id:gianni-agnelli:20150517202037j:image
オートスポーツ創刊号もゲット。

f:id:gianni-agnelli:20150523113535j:image
海上自衛隊の護衛艦ゆうぎり を見学。

f:id:gianni-agnelli:20150523131933j:image
いすゞ デザインのこころみ展を見学。素晴らしい社風。風通しの良さを感じました。

f:id:gianni-agnelli:20150524150700j:image
埼玉県某所のホームサーキットに遊びに行きました。デカイ!!

6月

f:id:gianni-agnelli:20150620121840j:image
AAFの会展覧会より。

f:id:gianni-agnelli:20150528100047j:image
代官山TSUTAYAに展示されたロスマンズ・ポルシェ。

f:id:gianni-agnelli:20150627103656j:image
Kさんのガレージ訪問。

2015-06-14

1936(昭和11)年の自動車生活

f:id:gianni-agnelli:20150509151310j:image
1935 DUTSUN Type-14 Roadster



戦争直前である1936年の自動車保有台数は 126,248台(日本統計協会『日本長期統計総覧』1999)。道路総延長は 906,003キロで舗装率は僅か 1,24%。現在の 1,207,867キロ 舗装率80%*1とは大違いであり、自動車はほとんどが商用車のトラックやバス。乗用車を所有している人達はごく一部のスノッブな人たちでしかなかった。

ここに紹介するのは雑誌『話』*21936年11月号に掲載されたコラムである。

筆者の島津保次郎は下駄用材商と老舗海産物商「甲州屋」を営む一家の次男として生まれ、家業も継がずに根っからの映画好きが高じて、映画に手を染めたばかりの松竹が創設した松竹キネマ蒲田撮影所に入社する。コラムを書いた頃はメロドラマが得意で顧客を呼べる監督として知られていたようだ。



自動車と肉体


島津保次郎

 去年の暮、半年がかりで自動車の試驗を受けて免許をもらつた時はさすがに嬉しかつた。其れから毎日運轉してゐる。此のお陰で種々違つた社會の面にもふれる事が出來た。
 人間は全く何でも經驗するものだ。先づあの試驗である。私は實科は五囘目、學科は二囘目でパスした。あとで人に聞いてみると成績の好い方なのださうだ。少し得意に成つた。私のやうな年寄り、と言つても自分ではまだ青年の積りだが多少頭がうすいので、決して禿げと混同されてはこまる、薄いのだ、人はオヤジオヤジと言ふ……其のやうな初老者は受驗者には珍しい。皆二十代の若い人達許りだ。然も皆が皆あまり上等でない風態をして受驗にやつて來る。自分もなんだか張りつめた氣持ちに成る。他の連中は殆どすべて食ふために自動車運轉免許證を取りに來るのだから、第一眼の色が違ふ。然もさうした人達が落第して、遊び半分の私が合格するなんて皮肉な話だ。悲劇だ。考へやうによつては、いい年をしてこんなことをやる私の方が喜劇かもしれぬ。いづれにしても骨が折れた。中學校の試驗よりも難しかつた。實科よりも法規の試驗が大變だつた。私程の年に成ると記憶力は目だつて減退する。其れに數百の問題を暗記するなんて竝大抵のわざでない。公然と自動車が乘りまはせるやうに成ると全く翼の生えたやうな氣がした。
 仕事の合間も時々氣ばらしにドライブをやる。其の點大船はありが度い。片瀬までドライブウェイがあるし茅箇嵜の海岸道路は絶好だ。赤松の防風林と渚の間のアスファルトは十五間位の幅がある。然も天氣の好い日は正面に冨士山が聳えてゐる。全くファンク映畫*3を地で行くあれだ。江ノ島まで20分……音にきく此の島の美しさは格別である。
 自動車運轉のコツはエンジンを自分のものとする事だ。肉體の一部とする事だ。技術で運轉するやうではまだ素人である。本能で運轉しなければならぬ。道を歩いてゐて二本の足の重心に心をくばる人はゐない。自動車の運轉に於てもハンドルやギアなど、またロウやセコンドやトップの使ひわけなどに意識をもつやうではまだ駄目である。道を歩くときの足に對する如く、ひとりでに手足が動かなくてはならぬ。と大きな事を言つても、勿論まだ私は其処まで行つてはならない。唯今更乍ら技術の肉體化と言ふことを痛切に感じた儘である。ピアニストもタイピストも運轉手も、キャラメル女工も其の點では同じことだ。
 熟練した運轉手は運轉臺に坐つてエンジンの微妙な音によつて自動車自體の健康状態を感じる。タイヤに入つてゐる空氣の分量までわかる。此處まで達するのはひとへに訓練である。映畫の仕事もこんな風に行くといいと思ふ。勿論或程度までは映畫テクニックの肉體化と言ふことは考へられる。ところが繪や音樂なんかと違ふから不便だ。尤も藝術創作と言ふものはすべて技術の肉體化の上に築かれるものだ。若し熟練のみによつて價値を決めるなら、タイピストもピアニストと同じく藝術家でなくてはならぬ。唯違ふのは其の上に出來上がる。いや其れを下から持ち上げる思想が尊いのだと思ふ。自分の熟練に自負してはならない。私が大分運轉に馴れて來たのである。人は此れから要心しろ、と言つて呉れる。よく泳ぐ者よく溺ると言ふ譯なのだ。
 自動車の運轉でも本職の方でも私は此れを警戒しなければならないと思ふ。映畫の仕事でも、私は一通りの熟練工である。馴れた運轉である。自負ではなくさう考へても好いだらう。だが事故を起こしやすいのは此れからなのだ。
 さう自らを戒めてゐる。


このコラムが書かれた翌年の1937年7月7日、中国北京郊外の盧溝橋での日中両軍の小衝突を発端として、日中は全面戦争状態に突入することとなり乗用車を乗るためのガソリンは配給制となる。以降『贅沢は敵だ』などとの国民相互監視体制のもとに大日本帝国は破滅の道を転がり堕ちることとなる。


島津保次郎は敗戦直後の1945年9月18日に胃がんにより東大病院で亡くなった。享年49歳であった。

f:id:gianni-agnelli:20150509150959j:image
1936 DUTSUN Type-15 Roadster

*1:因みに欧米各国はほぼ100%となっている。

*2:月刊誌文藝春秋の前進とも言える雑誌。

*3:獨逸の山嶽映畫の巨匠アーノルド・ファンクのこと。作品で日本で有名なのは『新しき土』。1937年公開の日獨合作映畫で、新しき土とは滿州帝國のことを暗喩してゐる。

2015-04-29

野沢三喜三さんの自動車人生  その2  1916(大正5)年の自動車大旅行

f:id:gianni-agnelli:20150429154410j:image

 ニューヨークにある、アメリカで最も古い吊り橋の一つであり、同時に鋼鉄のワイヤーを使った世界初の吊橋でもあるブルックリン橋。ハリウッド映画にもしばしば登場する有名な橋だ。この橋を設計したドイツ系アメリカ人 John Augustus Roeblingの息子Ferdinand Roeblingによって設立されたのが Mercer。彼の息子の Roebling IIはマネージャーとなっている。
 元々は Roebling IIの友人である William Walterがニューヨークで1902年に設立した自動車メーカーthe Walter Automobile Companyを引き継いだものだ。その時に会社を Walterがニュージャージー州メーサー郡に所有していた使わなくなった醸造所に移設して Mercerとしたのだった。

f:id:gianni-agnelli:20150429140521j:image

 1910年に世に出した Type 35R Raceaboutは有名なクルマで、直列4気筒 4,800ccのエンジンは55馬力を発生、最高速度は 110km/hにも達した。向かうところ敵なしで、アメリカ国内で行われた6つの公式レースの内5レースに勝利している*1

 その Type 35R Raceaboutで1916(大正5)年に自動車による旅行を果たしたのが野沢三喜三さんなのである。

 以下、野沢三喜三さん本人の談より。

f:id:gianni-agnelli:20150404210303j:image
豊橋市内を行く野沢三喜三さん(左)の Mercer Type 35R Raceabout

 大正4(1915)年の秋のことだった。大正天皇の即位式をあてこんで、アメリカから自動車競争の一行がやってきた。Mercerという競走用の車を4台持ってきたが、日本では競技場もないし、自動車競争に興味をしめす人も少なかったので、一行は買える旅費も無くなって立ち往生してしまった。それを私は聞いたので、4台の車を1万円(現在の貨幣価値で約930万円)で全部買い取ってしまった。このときは商売よりも、競走用のハイ・スピードの車に興味があったからである。
 Mercerは110キロのスピードをもっていた車だが、当時の日本にはそんなスピードを出せる道路はどこを捜したってない。60〜70キロのスピードをだしたら、乗っている人はもちろん、見ている人も「生死の境の速さ」といって驚異の目をみはった時代だ。翌、大正5(1916)年の1月、私はこの車で名古屋の親類までドライブを試みた。東京〜名古屋間約360キロに4日間を費した旅だった。
 第1日は東京から箱根宮の下まで。第2日は静岡まで、この間には富士川がある。そのころの東海道には自動車が渡れるような橋がなかったので、川の手前で汽車に積んで次の駅まで輸送した。第3日は浜松までいったが、大井川ではまた苦労した。川にそって下っていくと藤枝から御前崎のほうにいく軽便鉄道の鉄橋があった。その線路の横に付いているガタガタの人道を恐る恐る渡った。橋の渡り賃は40銭か50銭だった。人の渡り賃は1銭か2銭のころだから、たいした金額だが、橋番は橋を壊されはしないかと思うらしく、いい顔はしていなかった。天竜川は河口に橋があったが、これも名ばかりの橋で、橋杭の上に板を渡し縄でしばったものだった。競走用の幅の狭い車が渡るのは、ちょっとハンドルをきり違えたら、車輪が落ちてしまうほどちゃちなものだったが、ここでも橋銭を50銭とられた。名古屋に着いたのは4日目の夕方だった。
 名古屋から知多半島の常滑というところの野間のお地蔵様を観に行ったのだが、名古屋にフォードのハイヤーが2台あったので、それも一緒に常滑までドライブした。その頃は自動車が珍しいものだったので、止まったが最後、車だというので人が集まり、人垣から抜けるのがひと苦労だった。市販の道路地図なんぞなかったから、陸軍参謀本部の地図を参考にしたものだ。

*1:唯一敗れたのはインディ500。