Hatena::ブログ(Diary)

フィアット500大作戦!!

2012-05-24

ROAD & TRACK July 1954 Part 2

f:id:gianni-agnelli:20120523193954j:image
f:id:gianni-agnelli:20120523194158j:image
1929 DuPont LeMans Speedster
 デュポン社は、現在、世界第3位の化学会社。社名でもわかるように、フランス革命を逃れてアメリカに渡り、黒色火薬の製造で財を成した。南北戦争では双方に火薬を売り大儲け、後に第1次大戦、第2次大戦と戦争でボロ儲けした「死の商人」である。当然のごとくマンハッタン計画にも参入している。
 その「死の商人」は、GM創業時(1908年)から出資しており、1919年から1931年にかけては、自社での超高級自動車製造販売もおこなっていた。
 1929年には直列8気筒 5.3リッターのコンチネンタル社製エンジンを搭載した、Model Gでル・マンに挑戦。一時は8位となりましたが、クラッシュでリタイア。これは、それを記念して発売されたクルマ。ル・マン仕様はレース規定により2+2でしたが、これは2シーターとなっている。
 その後、世界恐慌により高級車の市場は壊滅的打撃を受け、自動車の製造を諦めることとなる。その総生産台数は600台にも満たないものだった。


f:id:gianni-agnelli:20120523194430j:image
f:id:gianni-agnelli:20120523201533j:image
 フィアット1100とTV(Turismo Veloce)をベースに、カロッツェリアが自慢の腕をふるっています。まさにフィアット様々ですな。
 写真2枚目の中央左にある、グリルの中にライトを組み入れたベルトーネの作品が、一番革新的ですね。このようなライトとグリル一体化のデザインは、Alfa Romeo 2600よりも早い時期です。


f:id:gianni-agnelli:20120523202322j:image
1954年のジュネーブ・ショー。
カロッツェリアの晴れ舞台。
左下の Dyna-Panhard Grand Sportのゲテモノ趣味に注目。その隣の Talbotは古すぎますね。

2012-05-23

ROAD & TRACK July 1954

f:id:gianni-agnelli:20120522231254j:image

素晴らしいコンディションの雑誌が、昨日、北米より届きました。
折り目は勿論、染み一つ無い保存状態です。
本文は僅か48ページという薄さ。流石の自動車大国アメリカでも、自動車月刊誌を発行するのにはネタが少なかったのでしょうね。
それにしても表紙が素晴らしい。夜のル・マンを描いたものですが、レースの緊張感と興奮が伝わってきます。


f:id:gianni-agnelli:20120522231445j:image
映画「ジョニー・ダーク」。観たことはありませんが、予告編の動画をどうぞ。





f:id:gianni-agnelli:20120522231655j:image
f:id:gianni-agnelli:20120522231927j:image
世界で唯一、大量にスポーツカーが売れた市場、それがアメリカでした。まだコーヴェットもデビューしていません。


f:id:gianni-agnelli:20120522232208j:image
Lagonda DP115 V12 Le Mans
フェラーリのV12気筒エンジンに感銘を受けた David Brownが 'Willie' Watsonに依頼して造らせたV12気筒エンジンを搭載。350馬力を発生したという。
54年のル・マンに出場するも、ハンドリング特性はウェット路面に弱く、レース開始2時間後に修復不可能なクラッシュでリタイアとなっている。


この項つづく。

2012-05-20

Apollo GT Coupe !!

昨日の記事で、謎のアメリカ車として紹介した Apollo GT。
お台場で遭遇しました! 驚いた。

f:id:gianni-agnelli:20120519105316j:image
f:id:gianni-agnelli:20120519105403j:image
f:id:gianni-agnelli:20120519105339j:image

Ferrari 275 GT + JAGUAR E-Type = Apollo ??

総生産台数は88台なんだそうです。ビミョーなクルマですね。

2012-03-16

the Marbon Chemical CRV-4

かなりマニアックな話で恐縮だが当無礼ログ記事 Man from U.N.C.L.E. CARの続報。
http://d.hatena.ne.jp/gianni-agnelli/20110623/1308761051


ベースボール・マガジン社発行の、知る人ぞ知る元祖「カーマガジン1966年7月号に記事がありまして、 Man from U.N.C.L.E. CARの原型車が、なんと日本に上陸していたんですな。


f:id:gianni-agnelli:20120316103246j:image


f:id:gianni-agnelli:20120316103440j:image

資料提供は Bobさん。有難うございます。

2011-12-04

西荻窪と亀有のハシゴ

f:id:gianni-agnelli:20111203143628j:image:w360
本日、西荻窪にて青戸さんの講演を楽しむ。会場に来ている人が自動車関連の有名人たちばかりで圧倒されます。

ペブルビーチとシャパラルの話でしたが、知らないクルマが多数登場して勉強になります。北米の金持ちはケタが違いますね。それと対照的だったのはシャパラルの本拠地テキサスの映像。ペブルビーチがいま話題の1%で、99%の人たちが何もないテキサスの田舎町というイメージですね。映像で見るダイナーの食事も不味そうでした。走っているのは大型SUVやピックアップ・トラックばかりなのが印象的。

会場でて「ナカマ模型」を見学(?)してから亀有へ……。
f:id:gianni-agnelli:20111203202611j:image
f:id:gianni-agnelli:20111203202553j:image
Revell-Monogram MARCH 83G はモグラ親父さんの手により Slot.itパーツで大幅に改造されております。1万回転というローパワーのモーターに交換するのもOKですね。

f:id:gianni-agnelli:20111203202644j:image
f:id:gianni-agnelli:20111203203114j:image
Nムラさん入魂のシャコタン・ロー・ドラッグ・クーペはブラシの付け忘れでリタイア



今回の収穫は、あのMRRCがモーターのデチューン無しで、シリコンタイアの交換のみにて見違えるほど走ることが判明したこと。買ったまま眠っていたクルマが復活です。