Hatena::ブログ(Diary)

フィアット500大作戦!!

2012-10-10

Le Mans Classic 2012 2 GRID 1949 - 1956 Titleholders Part 3

f:id:gianni-agnelli:20120707173802j:image

f:id:gianni-agnelli:20120707173811j:image

f:id:gianni-agnelli:20120707173821j:image
1955 Maserati A6 GCS
Maserati 2000cc 6cyl.


f:id:gianni-agnelli:20120707173834j:image
1955 Lotus IX
Coventry Climax 1100cc 4cyl.


f:id:gianni-agnelli:20120707173842j:image

f:id:gianni-agnelli:20120707173850j:image
1950 Allard J2
3900cc V8.


 Allard Motor Company Limitedは1945年、英国の Sydney Allardによって設立された自動車メーカーである。1966年に彼が亡くなるまでスポーツカーを造り続けた。Allardは基本的に、ブリティッシュ・ライトウェイトのボディにパワフルなアメリカンV8エンジンを搭載した、元祖 Cobraとも言うべきスポーツカーだ。

 スポーツカーに飢えていた北米市場を睨み、Allardは戦闘力のあるスポーツカーの投入で会社の経営を安定させようとした。それが Allard J2である。
 手作りのアルミボディに、独立サスペンション、リアのブレーキはインボードであった。搭載されたのは FORDのV8エンジン。当初は北米から輸入して搭載したが、貿易関税の関係で問題があり、すぐにエンジン無しで北米に輸出され、Cadillac, Chrysler, Buick, そして Oldsmobile等のエンジンが選べるようになった。これにより 1950年で最もコンペティティブなマシンとなったのである。数あるV8エンジンの中でも Cadillacの 331 cubic inchが多く選ばれていたようだ。
 1950年のル・マンに於いて、Cadillac製 5400cc V8エンジンを搭載した Allard J2は総合3位(S 8.0クラス優勝)でフィニッシュ。Sydney Allard自ら操縦している。