Hatena::ブログ(Diary)

フィアット500大作戦!!

2012-12-22

Musée automobile de la Sarthe  Amédée Bollée Famille Part 3

f:id:gianni-agnelli:20120709180507j:image
1912 Amédée Bollée fils Type F Runabout

4cyl 6333cc 30hp MAX 75km/h.

 Amédée Bollée filsは革新的な自動車技術の開発を続けた。1901年には、少数派であったフロント・エンジン−リア・ドライブを採用。アルミニウム製の小径フライホイールも採用した。またエンジン音の静粛性も追求し、慣性バランスの追求が成されることになる。バルブクリアランスの自動補正装置も備え、多気筒の燃料噴射、可変バルブリフトなど、今日の自動車にも採用されている技術の多くを開発した。
 1906年には、プレス製のスチール・シャシーをバックボーンに変更し、ドライブ・シャフトによる駆動方式を採用した。Type Fはサイドバルブ・エンジンを搭載した、同社最大のクルマであった。乗り心地を重視したサスペンションの設定となっている。


f:id:gianni-agnelli:20120709180554j:image

f:id:gianni-agnelli:20120709180535j:image
ホーン式のクラクションに注意。


 1923年からは、ピストン専門メーカーとなり、現在もピストンリングを製造している。
http://www.lesegmentab.com/fr/presentation-generale-de-la-societe-le-segment-a.b.html