Hatena::ブログ(Diary)

フィアット500大作戦!!

2012-07-14

LE MANS CLASSIC 2012 Concours d'Elegance des 24 Heures Part 3

f:id:gianni-agnelli:20120706174001j:image
f:id:gianni-agnelli:20120706173942j:image
The "Novestille" #65 Porsche 910(1967) as raced to 32th place (Did not finish) at Le Mans 1972 by Louis Cosson - Jean-Louis Ravenel.
Porsche Flat6 1991cc
5年落ちのポルシェで出場というのも無理がありますね。結果、911よりも順位が下に。。。


f:id:gianni-agnelli:20120706174126j:image
f:id:gianni-agnelli:20120706174340j:image
f:id:gianni-agnelli:20120706174420j:image
The H.S.F. Hay #12 Bentley 4¼ Paulin(Corniche《 Soltan Hay》) as raced to 14th place at Le Mans 1950 by H.S.F. Hay - Hugh Hunter.
Bentley 4300cc 6cyl
堂々たる風格には圧倒されますね。


f:id:gianni-agnelli:20120706174809j:image
f:id:gianni-agnelli:20120706175123j:image
f:id:gianni-agnelli:20120706174709j:image
f:id:gianni-agnelli:20120706174757j:image
The Briggs Cunningham #2 Cadillac Spider"Le Monstre" as raced to 11th place at Le Mans 1950 by Briggs Cunningham - Phil Walters.
Cadillac V8 5439cc
Bentley 4¼ Paulinとは真逆のまさに「怪物」ですね。リアのゼッケンは裏からライトで照らされる作りになっております。
この年のル・マンは Talbot-Lago T26 GSが優勝。多くのフランス人が溜飲を大いにさげました。

2011-02-24

Tail Fin & Chrome parts

アメ車といえば、巨大なテール・フィンとクロームメッキという時代が良くも悪くも全盛期だったのではないかと思う。

f:id:gianni-agnelli:20110220115317j:image
f:id:gianni-agnelli:20110220115345j:image
Cadillac Series 60(1948)
リアフェンダーに控えめな反り返りをつけたデザインこそ、その後に続くテールフィンの始まりと言われている。クロームメッキてんこ盛りのバンパーにも驚かせられる。テールフィンは第2次大戦の双胴戦闘機 P-38 Lightning をモチーフにしたらしい。

f:id:gianni-agnelli:20110223230638j:image

2011-01-06

The World's Worst Cars Part2

世界最悪のクルマの続きだ。今回もどうしようないクルマが続く。

f:id:gianni-agnelli:20070927193510j:image


f:id:gianni-agnelli:20071006161146j:image
AMC PACER (1975-1981)
AMC社の崩壊を決定づけたクルマ。横から見ると、前と後ろを別の人間がデザインしたように見える。後席へのアクセスを容易にするため助手席側のドアの方が長い構造になっていた。信頼性も低く、すぐにサビついた。燃費の良さをキャッチコピーにしていたが、排気量4229ccの直列6気筒を搭載で約6/ℓじゃあねぇ。コンパクトも売りだったが幅が1960mmと大きさは欧州の高級車並みだった。窓の大きさからいって、エアコンの効きは悪かっただろう。


f:id:gianni-agnelli:20110105222027j:image
Austin 3Litre(1967-1970)
発表当初から存在理由がわからないと酷評された。オースチンの高級車として送り出すために造られたのだが、当時オースチンは British Leyland の傘下にあり、グループ内にはジャガーやダイムラーといった高級車のブランドがひしめいていたからだ。BLの上層部も不満の声を挙げていたが、それにもかかわらず開発は続けられ、出来あがったのは地味な古めかしいクルマだった。その対抗馬が華麗なデザインのジャガーXJ6というのだから驚く。開発陣はFFのオースチン1800のプラットフォームのホイールベースを無理やり延長してFRに変更。ドアもオースチン1800のものを使用しているが、なぜか開発費は莫大に掛かったらしい。サビに弱く、古式騒然としたオースチン・ヒーレー3000のエンジンを改良して搭載していたが、早々に壊れる代物だった。発売から4年で生産されたのは1万台に満たず、メーカーは生産打ち切りを決定。いまだ生産を決めた理由は英国自動車界の謎とされているらしい。


f:id:gianni-agnelli:20110105225459j:image
CADILLAC SEVILLE(1980-1985)
キャデラックの終焉。とにかくリアのトランクの造形はどうにかならなかったのだろうか。当時のジャーナリストはバックで壁に激突したとしか思えないなどと酷評していた。見てくれだけでなく、この造形のおかげでゴルフをすることの多いキャデラックのオーナーからゴルフバッグが2つ入らないと不評、後席のレッグルームも狭く、大切な顧客はメルセデスやBMWといった趣味のいい欧州車に流れていった。


f:id:gianni-agnelli:20080417204939j:image
FORD MUSTANG Mk.(1973-1980)
フォードの歴史に残る大ヒット作マスタングの面汚し。フォードとしては“Boredom zero”としていたが、初代と比べれば退屈極まりない平凡なスタイル。サスペンションはフニャフニャの柔らかいものに、野生の馬に搭載されたV6、2798ccのエンジンの最高速度は156/hという信じられない駄馬となった。


f:id:gianni-agnelli:20110105232030j:image
FORD PINTO(1971-1980)
ピントという名、フォードは知らなかったのだろうが、ポルトガル語で「ベッドで役に立たない男」の意味。直列4気筒1599ccのエンジンを搭載したアメリカ車としてはエコノミーカーであった。値段の安さもあって一時はベストセラーとなったが、後から追突されると給油管が破裂して炎上するという事故が多発。フォードは開発途中からこの欠陥を知っておきながら、損害賠償の訴訟が相次ぐまで放っておいたのだった。1台あたり50ドルかかる改修費をケチりたかったとか。