Hatena::ブログ(Diary)

フィアット500大作戦!!

2015-05-12

PRINCE Skyline Sport Coupe トリノショー出品車と量産車の違い

f:id:gianni-agnelli:20150509152117j:image

f:id:gianni-agnelli:20150509150359j:image

先日訪れた日産ヘリテージ コレクション。
そこにはプリンス スカイライン スポーツが2台展示されている。青いのがトリノ ショー出品車、ゴールドは量産車*1。2台並べてあって気づいたのは両車の細部がかなり違うこと。

f:id:gianni-agnelli:20150509152819j:image

まず、フロント・グリルがトリノショー出展車は薄く、それに伴いエンジンフードも低い。量産車はグリルが大きく、エンジンフードも高くなっている。

f:id:gianni-agnelli:20150509152723j:image
f:id:gianni-agnelli:20150509152714j:image
フロントグリルにあしらわれたエンブレム。トリノショー出展車は、NSUからクレームがきてトリノショー開催2週間前に急遽プリンスの頭文字であるPをとりやめたのだった*2。グリルの楕円形格子も大きさが違う。

f:id:gianni-agnelli:20150509152213j:image
f:id:gianni-agnelli:20150509152222j:image
ライト周りの仕上げも大分違う。トリノショー出品車は薄い、量産車は肉厚だがエッジが立っている。

f:id:gianni-agnelli:20150509152255j:image
f:id:gianni-agnelli:20150509152300j:image
フェンダーミラーもトリノショー出品車の方がデザインされている。量産車は汎用品だろうか。

f:id:gianni-agnelli:20150509152419j:image
f:id:gianni-agnelli:20150509152414j:image
f:id:gianni-agnelli:20150509152550j:image
f:id:gianni-agnelli:20150509152546j:image
テールレンズ廻りもメッキの厚さや、控えめなテールフィンも含めて形状が微妙に違う。トランクの縁のメッキモールは量産型のほうがエッジが効いている。

f:id:gianni-agnelli:20150509153549j:image
この写真で見る限りテールフィンの角度が、量産型はトリノショー出品車よりも傾斜しており、後ろに突き出ているようだ。

f:id:gianni-agnelli:20150509152529j:image
f:id:gianni-agnelli:20150509152442j:image
トリノショー出品車にはリアナンバーの下にメッキの飾りがつくが量産車には無い。また量産車のマフラーはトリノショー出品車と違い2本出しとなっている。

他にホイールキャップ、エンブレムやルームミラーなどこと細かに違うようだが、何よりもボディは木型から1台づつ叩きだして仕上げるのだから、個々に微妙に寸法は違うはずだ。
何れにしても日産によるレストアがオリジナルに忠実に成されていることが前提となる。
日産ヘリテージコレクションに飾られていたプリンスR380が、オリジナルの赤とは似ても似つかない茶色に無残にも塗られていたことを最後に記しておこう。


f:id:gianni-agnelli:20150509152902j:image

*1:量産と言っても職人による手作りですが。

*2:トリノのTに見えるが。

2014-12-14

1963 PRINCE Skyline standard

f:id:gianni-agnelli:20141129134459j:image
直列4気筒 OHV 1862cc 91HP/4800rpm 15.0mkg/3600rpm Max 140km/h

 63年型のスカイラインはグロリアのフルモデル・チェンジに対して、ボディ各部のマイナーチェンジにとどまったが、フロントマスクを始めとしてボンネット、フロント・フェンダーなどのデザインを大胆に改め、前から見た印象はオリジナルとかなり違ったものとなっっている。その一方でスカットルより後方は日本車初のテールフィンなどほとんど変っていない。
 インテリアはメーターまわりがスカイライン・スポーツに似たデザインになり、ステアリングをコーン・タイプにするとともにパネル全面にクラッシュパッドを設けた。

 リア・サスペンション先進的なド・ディオンアクスルを採用していた。もちろん櫻井眞一郎氏によるものである。しかし、この試みは失敗に終わる。当時の日本の道路は「極悪非道」と言われた未舗装路ばかりで舗装率はなんと14%でしかなかった。都内でさえプリンス本社のあった荻窪から先は砂利道だった。複雑な機構のド・ディオンアクスルにとっては過酷すぎたのだ。スカイラインは、メインの顧客であるタクシー業界からすぐに「足回りが弱い」というレッテルを貼られてしまう。
 ギアボックスも他社の3速に比べて4速となっていたが、いかんせん1速のレシオが低すぎて、事実上の“for emargency”。オーナーが1速発進することはなかった。
 一番の問題はボディのフィニッシュである。新車の状態から波打っていたり、明らかにライバルであるトヨタ クラウンよりも質感が悪かった。

 技術者自己満足とも言えるスカイラインの販売は低迷、プリンスの経営の足を引っ張ることになる。

f:id:gianni-agnelli:20141129134554j:image

f:id:gianni-agnelli:20141129134525j:image

f:id:gianni-agnelli:20141129134603j:image

2014-12-06

国営昭和記念公園 昭和の時代展から Part 2

f:id:gianni-agnelli:20141124133848j:image
1963 NISSAN Blue Bird Type-311

f:id:gianni-agnelli:20141124133956j:image
1963 SUBALU 360 CUSTOM

f:id:gianni-agnelli:20141124134010j:image
1970 NASSAN LAUREL Hardtop

f:id:gianni-agnelli:20141124134122j:image
1970 HONDA 1300 77

f:id:gianni-agnelli:20141124134243j:image
1965 Mitsubishi Minica

f:id:gianni-agnelli:20141124134529j:image
1968 Prince Skyline 2000GT-A

2014-12-02

国営昭和記念公園 昭和の時代展から Part 1

f:id:gianni-agnelli:20141124130421j:image
1965 Prince GLORIA

f:id:gianni-agnelli:20141124130542j:image
1964 Prince GLORIA Super6

f:id:gianni-agnelli:20141124130609j:image
1969 NISSAN Prince GLORIA

f:id:gianni-agnelli:20141124130633j:image
1966 Prince Skyline 1500 DX

f:id:gianni-agnelli:20141124130714j:image
1966 NISSAN Blue Bird Type411

f:id:gianni-agnelli:20141124130755j:image
1970 NISSAN Blue Bird 1600 SSS

f:id:gianni-agnelli:20141124130814j:image
NISSAN CEDRIC Type30

f:id:gianni-agnelli:20141124130921j:image
1969 TOYOTA Publica

f:id:gianni-agnelli:20141124131007j:image
1967 MAZDA FAMILIA Coupe

2013-10-17

プリンスの商用車

f:id:gianni-agnelli:20131006150636j:image
PRINCE HOMER

f:id:gianni-agnelli:20131006150643j:image
PRINCE CLIPPER
ボディは昭和飛行機が製造。

f:id:gianni-agnelli:20131006150653j:image
PRINCE CLIPPER SERIES 2

f:id:gianni-agnelli:20131006150753j:image
PRINCE MILER

f:id:gianni-agnelli:20131006150732j:image
PRINCE MILER SERIES 2
日本初の5速MTトラック。

f:id:gianni-agnelli:20131006150921j:image
これは貴重なプリンスのサービスカー。