Hatena::ブログ(Diary)

大怪獣まんだら このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-06-30

6月のお仕事

00:46 | 6月のお仕事を含むブックマーク 6月のお仕事のブックマークコメント

ガイガン山崎+齋藤貴義 怪獣プロジェクト - 怪獣チャンネル

今日から君も、怪獣のプロだ――。

夕方の6時過ぎ、いつも12チャンを点けると、ザラブ星人に似た声のオジさんがそう語りかけてきた。

当時、僕はまだ4歳である。素直な子供である。だから確信した、俺は怪獣のプロなのだ。生ける怪獣コンピューターなのだ。

あれから二十余年、僕は怪獣のことを書いたり喋ったりして暮らしている。まさしく怪獣のプロだ。

君も『怪獣チャンネル』を聴いて、怪獣のプロになろう!


#001「ゴジラ(ゴジラシリーズ)」f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#038「モチロン(ウルトラマンタロウ)」f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#071「タイラント(ウルトラマンタロウ)」 f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#080「アマゾン(仮面ライダーアマゾンズ」 f:id:gigan_yamazaki:20180310223009j:image

ニュータイプ 2018年7月号

ニュータイプ 2018年7月号

2018年06月10日(日)

地熱ナパーム9*LOVE

 OPEN 12:00 / START 12:30

 予約 ¥1,800 / 当日 ¥2,300(飲食代別)

 ※予約はwebにて。


ウソだ! もう暑い!

早すぎる夏の到来のようだったGWも光の早さで過ぎてしまい、来たるべき梅雨に怯え心の拠り所を失っている皆さんに朗報!

ジメジメした日本列島を、乾かすどころか焼き払うべく、3名の“メンバー”が新大久保あたりに襲来!

今回は「前Qメンバーが契約解除でいなくなってから、アニメの話題に弱くなったよな〜」というお客様の声に応え、ついにアニメライターの前田久さんをゲストに……は呼ばずレギュラー登壇者3名だけでアニメ特集!

映画芸術」にも「アニメ秘宝」にも当然ながら呼ばれない3名による、地熱ナパーム的アニメーション作品オールタイムBESTを、ついに決定します! このアニメ野郎!


“地熱ナパーム倶楽部とは”

漫画や特撮、爆発や怪獣怪人などのジャンル系専門家たちが集まり、各自が最近見たり買ったりした面白サムシングを紹介したり、気になるテーマを掘り下げて洞察し、結論めいたものを出したり出さなかったりしつつ、それぞれ専門分野以外のいわゆる“世間”に対しても積極的に(口から)絨毯爆撃を行うことも辞さない決意を示す集団です。

The Event Formerly Known as Asurajigoku(かつて阿修羅地獄として知られたイベント)でもあります。


【出演】

ガイガン山崎(怪獣教皇/暴力系エンタメ専門ライター)

四海鏡(休職明けの漫画ガイド本スタッフ/石ノ森章太郎ファン

【第28回(通算)ゲスト】

高遠るい(おげれつ漫画家/怒りの呪術師)※皆勤賞


f:id:gigan_yamazaki:20161005213741j:image:w360

2018年06月12日(火)

オタク大賞マンスリーVol.66

「マーベルムービー2018!超斜めから入門」

 OPEN 19:30 / START 20:00

 入場料 ¥1,000(飲食物の持ち込みOK)

 会場 模型塾スタジオ


アベンジャーズ:インフィニティーウォー』は世界中で大ヒット!

止まる所を知らないMCUの勢いと、ネットを駆け巡る新作情報。

アントマン&ワスプデッドプール2を控え、

過熱する今年のマーベルヒーロー映画をまるっと語ろう!

まだ観た事もない!というビギナーの方へ「いまさら聞けないマーベル映画」も含めて

ちょっと斜めから見た超入門をお送りします。

熱烈ファンの皆様にとっては、視点を替えて楽しむためのガイドにも!!

今回の企画は

「マーベルムービー2018!超斜めから入門」


出演は、

熱望!イカしたヴィランガイガン山崎

大人の映画ファン代表・松井和夫

司会は、安心の上から目線クオリティ宮昌太郎

以上のメンバーででお送りいたします。


会場はいつもの

「模型塾スタジオ」からお届け。今回も「観覧可」です。

配信終了後には毎回恒例の

「伏せ字なし! ボーナストラックもありますよ!

アンダーグランド感&プレミア感の漂う、秘密のライブ会場へ

あなたもぜひ足をお運びください!


f:id:gigan_yamazaki:20160430223520j:image:w550

2018-06-11

ドライセンを愛する女

| 00:41 |  ドライセンを愛する女を含むブックマーク  ドライセンを愛する女のブックマークコメント

f:id:gigan_yamazaki:20180612141315j:image:w360

オタクが日陰の存在でなくなって久しい。中川翔子のブレイク以降(?)、敢えてオタクを自称するアイドルも増えてきた。特にグループアイドルの場合、周りとの差別化が不可欠であり、そのためには趣味も公表していかなくてはならない。また、最近は握手会のような接触系の営業もある。アイドルオタクの男性が、必ずしもゲームやアニメを嗜好しているワケではないが、それでもキラキラした女子らしい女子よりは会話の糸口だって掴みやすかろう。アイドルに限らず、オタク女子とはオタク男子からモテるものだ。

もっとも口から生まれたような人間からしてみれば、別に何の話題でも盛り上がることはできるし、むしろ趣味の世界には立ち入って欲しくないという感覚がある。仮にライダーファンの女の子がいたとして、その子が好きなのは電王やビルドであって、カマクビガメでもアッチペッチーでもない。もちろん、相手に合わせて平成ライダーの話をすることはできるけれど、それは天気や近況といったテーマで語り合うこととどう違うのか。まあ、そんなこんなで個人的にはオタク女子に、特別なバリューは感じられないのであった。


しかしだ。そんな自分も、乃木坂46に所属する鈴木絢音の「好きなガンダムは、F91*1ユニコーンガンダムユニコーンモード」なる回答には唸らされた。だってデストロイモードとかストライクフリーダムとかアッガイとか言われたら、ちょっと信用できないじゃないですか。逆にマニアックな機体を挙げられても、内に秘めたる町山智浩が「オトコの影響だ!」と騒ぎ出すじゃないですか。たとえば、ドライセンが好きですと言われた日には……なんて話を先日の『地熱ナパーム倶楽部』でもしたんだけど、そしたらゲストの高遠るいさんから「いや、それはアリなんじゃない? ちょっとドキッとしちゃったよ」と言われて、確かに! ドライセンもまた濃すぎることもヌルすぎることもない絶妙な立ち位置の機体*2であり、なによりもこの「男子中学生が考えたMAXカッコいいリファインドム感(by.高遠るい)」にキュンキュンする感性にキュンキュンしてしまう。これってもしかして、恋? ガチ恋? 絢音ちゃん、好きだ! 正確には、己の脳内にのみ生きるドライセンが大好きな絢音ちゃん、大好きだ! 囁いてくれよ、傍にいるよって!!


HGUC 1/144 AMX-009 ドライセン (機動戦士ガンダムZZ) / バンダイ

*1ロボットアニメ好きな鈴木絢音は、『タモリ倶楽部』に呼ばれたりする航空機マニアでもある。丸みを帯びたF91のフォルムが、ジャンボジェット機をこよなく愛する彼女の琴線に触れたことは想像に難くない。そういった意味でも、非常に真実味のある信用できるチョイスなのだ。

*2:なんだかんだでドムの系譜に連なるモビルスーツだし、近作やゲームなどにも登場。きちんとキット化だってなされていることを考えると、意外性はあっても嫌味のないチョイスだ。しかも乃木坂46のイメージカラーである紫色のマシンであるからして、プレゼン次第では本当に好きになってくれるかもしれぬ。夢があるね。

2018-06-07

我が家ゴン製作記(その7)

| 09:46 | 我が家ゴン製作記(その7)を含むブックマーク 我が家ゴン製作記(その7)のブックマークコメント

f:id:gigan_yamazaki:20180611233750j:image:w640

我が家工房の怪獣製作は、まだまだ続く。大柄なバラモンキングに対して、今度は細かい立ち回りもこなせる星人タイプの怪獣だ。ご覧の通り、ボーズ星人とゴースターを足して二で割ったというか、モンスターハンターシリーズに登場する溶岩竜ヴォルガノスが立ち上がったような姿を想定して進めている。今のところ、こちらのイメージ通りといった感じだが、床山皇帝@Kaisel_Kaiser)のことだから最終的には別物になるに違いない。それでいいのだ。溶岩魚ウーミン星人なる適当な仮称も、そのうち変わることでしょう。


ちなみにこの怪獣、床山皇帝が一から作ったものではない。頭部は、日藝の後輩が作ったダントスという怪人の流用である。ダンクルオステウスをモチーフにしたカッコいい魚怪人だったんだが、首から下は劣化が激しく、現役生によって廃棄されてしまったらしい。着ぐるみは場所をとるため、こういったことも珍しくないのだ。でも、それはあまりにも寂しい話じゃないか。かつてダントスと戦ったキャプテリオンが、『ウルトラマンジード』の劇中劇『爆裂戦記ドンシャイン』の主役ヒーローの一部*1として生きながらえているように、こいつも我が家工房の手で寿命を延ばしてやりたいと考えているのだった。

*1:上半身のアーマーやアンダースーツなどが流用されている。

2018-06-04

我が家ゴン製作記(その6)

| 00:05 | 我が家ゴン製作記(その6)を含むブックマーク 我が家ゴン製作記(その6)のブックマークコメント

f:id:gigan_yamazaki:20180605020049j:image:w640

我が家ゴン改め古代星獣バラモンキング、ついに完成しました。まあ、実際に陽の光のもとで着てみたら、もうちょいシルバーを抑えたり、青い部分にもドライブラシをかけたほうが締まるんじゃないか? 足にもベロクロンみたいな金色のトゲを生やしたほうがカッコいいんじゃないか? といった改善点も見えてきたんだけど、ひとまずは完成だ。


しかし6年前、あのガンシャラスの甲羅が運び込まれてきたときは、まさかここまで自分好みの怪獣に成長するとは思いもよらなかった。それどころか、ほんの2週間前までメタルヒーローシリーズに出てくるような大型の昆虫系怪人にしようと言っていたはずなのに、もはやこいつはどこからどう見ても怪獣……いや、超獣である。


もっとも最初は、やや渋い感じ(右画像)で進めていたのだ。しかし、どうにもこうにもしっくり来ない。顔つきのせいもあるんだろうけど、もっと超獣らしい色使いにしないといけないという一種の強迫観念に囚われ、ふと気付けば原色バリバリのカラーリングになっていた! いや、これでよかったんだ。最高にカッコいいじゃないか! なによりも自分たちらしい怪獣になったことが嬉しい。♪亨より普通に亜㐂比古が好き♪

2018-05-31

5月のお仕事

14:12 | 5月のお仕事を含むブックマーク 5月のお仕事のブックマークコメント

ガイガン山崎+齋藤貴義 怪獣プロジェクト - 怪獣チャンネル

今日から君も、怪獣のプロだ――。

夕方の6時過ぎ、いつも12チャンを点けると、ザラブ星人に似た声のオジさんがそう語りかけてきた。

当時、僕はまだ4歳である。素直な子供である。だから確信した、俺は怪獣のプロなのだ。生ける怪獣コンピューターなのだ。

あれから二十余年、僕は怪獣のことを書いたり喋ったりして暮らしている。まさしく怪獣のプロだ。

君も『怪獣チャンネル』を聴いて、怪獣のプロになろう!


#001「ゴジラ(ゴジラシリーズ)」f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#038「モチロン(ウルトラマンタロウ)」f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#071「タイラント(ウルトラマンタロウ)」 f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#078「メカゴジラ (ゴジラ対メカゴジラ)」

#079「ドウェイン・ジョンソン(ランペイジ 巨獣大乱闘)」 f:id:gigan_yamazaki:20180310223009j:image

ランペイジ 巨獣大乱闘 - 絶賛の声の巨大化が止まらない

アフター6ジャンクション - 日米の「怪獣っぽさ」のイメージはこんなにも違う


f:id:gigan_yamazaki:20180521211837j:image:w550


ニュータイプ 2018年6月号

ニュータイプ 2018年6月号

2018年05月16日(水)

アフター6ジャンクション

 18:00〜21:00 TBSラジオ系にて放送


TBSラジオが65年以上続いた野球中継に幕を下ろし、ラジオ新時代を告げる大型カルチャー番組。

映画・音楽・アイドル・本などの最新カルチャー分析や、独自過ぎる視点で研究した独自のプレゼンなど、日常の中にある「おもしろ」を掘り起こすカルチャー・キュレーション番組の形をとりながら、現代社会に広がる様々な嗜好の多様性を受け止める。

カルチャーを知る、研究するだけでなく楽しく体感できる3時間生放送。


18時台 トーク怪獣映画2018上半期おさらい ゲスト:ガイガン山崎


f:id:gigan_yamazaki:20180518171519j:image:w550