Hatena::ブログ(Diary)

大怪獣まんだら このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-12-31

12月のお仕事

05:54 | 12月のお仕事を含むブックマーク 12月のお仕事のブックマークコメント

ガイガン山崎+齋藤貴義 怪獣プロジェクト - 怪獣チャンネル

今日から君も、怪獣のプロだ――。

夕方の6時過ぎ、いつも12チャンを点けると、ザラブ星人に似た声のオジさんがそう語りかけてきた。

当時、僕はまだ4歳である。素直な子供である。だから確信した、俺は怪獣のプロなのだ。生ける怪獣コンピューターなのだ。

あれから二十余年、僕は怪獣のことを書いたり喋ったりして暮らしている。まさしく怪獣のプロだ。

君も『怪獣チャンネル』を聴いて、怪獣のプロになろう!


#001「ゴジラ(ゴジラシリーズ)」f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#038「モチロン(ウルトラマンタロウ)」f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#071「タイラント(ウルトラマンタロウ)」 f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#084「バラモンキング(我が家工房)」

メディア芸術カレントコンテンツ

世界に息づく怪獣王(ゴジラ)の遺伝子 第1回 What is KAIJU?

ニュータイプ 2019年1月号

ニュータイプ 2019年1月号

2018年12月11日(火)

オタク大賞マンスリーVol.70

生誕60周年記念!外野で出渕裕祭り

 OPEN 19:30 / START 20:00

 入場料 ¥1,000(飲食物の持ち込みOK)

 会場 模型塾スタジオ


今回はアニメ・特撮界隈に多大な功績を残す

出渕裕さんの軌跡を勝手に振り返る

「生誕60周年記念!外野で出渕裕祭り」


メカニックデザイナーキャラクターデザイナー

アニメ監督、イラストレーター、マンガ家など、

オタク界隈で多岐にわたる活躍をしている出渕さんは

12月8日で60歳のお誕生日を迎えました。

そこで、その還暦をお祝いすべく、

出渕ワールドの魅力を多方面からアプローチして

存分に語ってみようと思います。


出演は、

出渕ガールの魅力を語ろう・志田英邦

出渕クリーチャーの魅力を語ろう・ガイガン山崎

司会は、安心の上から目線クオリティ宮昌太郎

以上のメンバーででお送りいたします。


会場はいつもの

「模型塾スタジオ」からお届け。今回も「観覧可」です。

配信終了後には毎回恒例の

「伏せ字なし! ボーナストラックもありますよ!

アンダーグランド感&プレミア感の漂う、秘密のライブ会場へ

あなたもぜひ足をお運びください!


f:id:gigan_yamazaki:20160430223520j:image:w550

2018-12-06

バラモンキング製作記(その8)

| 06:19 |  バラモンキング製作記(その8)を含むブックマーク  バラモンキング製作記(その8)のブックマークコメント

f:id:gigan_yamazaki:20181207025636j:image:w360

高校を中退して以来、特に掛ける鞄も制服もなくなってしまい、主に木人の代用品として使っていたポールハンガーが、なんとバラモンキングの着ぐるみスタンドに生まれ変わった! まあ、怪獣の着ぐるみだって衣裳……服の一種だろうから、ハンガー的には原点回帰であろう。これまでは脚立をスタンドとして使ってたんだけど、脚立は脚立で使うからね。それに脚立と違って、ちゃんと足まで置けるし、横幅がないから腰パーツまで飾れる。いいじゃん、いいじゃん。なんか、ウルフェスの会場みたいになってきたぞ。

2018-12-03

グレートウォール

| 06:17 |  グレートウォールを含むブックマーク  グレートウォールのブックマークコメント

f:id:gigan_yamazaki:20181207025645j:image:w360

我が家工房の唯一(?)にして最大の弱点、それは壁がないことだ。まあ、塗料や溶剤の臭いがこもらなかったり、吹きさらしだからこその利点もある。さらに2階のベランダが屋根代わりに、物置や塀が壁代わりになっており、さらに工房そのものは奥まったところにあるため、その隙間をブルーシートで塞げば台風すらしのげる。元が自転車置き場であったことを考えたら、充分すぎる環境だろう。これで文句を言っては罰が当たるというもの。しかし、それでも冬は寒い。寒すぎるのだ。手がかじかんでは、何もできまい。


そこでブルーシートを利用した防風カーテンを作ろうということになった。少し肌寒くなってきた10月頃には、すでに計画が立っていたと思う。しかしカーテンを掛けるポールを固定する術が見つからない。どこにも引っ掛ける箇所がなく、物干し竿の支柱では背が低すぎる。これはどうしようもないなあと諦めかけていたんだが、改めて工房を見回したところ、天井のへりに一点だけ棒を差し込めそうなところを発見! 物置の屋根から4mほどの金属棒を渡せば、なんとかなるんじゃないかということに気がついたのだった。


そうと分かれば、善は急げだ。こういうときの床山皇帝@Kaisel_Kaiser)は心強い。自分は、どちらかといえばアイデアマンの部類に入るとは思うんだが、同じくらい理屈っぽい人間がいたら、ちょっと待て! と制止されるような思いつきも多い。今回も内心、流石に無茶かなあと思ったりもしたんだが、床山皇帝は何も言わず、高いところが苦手なのに物置の上に登ってくれた。で、途中で塀から降りられなくなるというトラブルもありつつ、なんとか無事にブルーシート・カーテンを掛けることに成功するのだった。


別に新怪獣ができたわけでもないのに、得も言われぬ達成感に包まれるふたり。そして、世の中にはタイミングのいい人もいるもんですね。ちょうど取り付け作業が終わったところで、お酒を片手に大内雷電@Ohuchi_RYDEEN)くんが陣中見舞いにやってきた。こうなったらもう、着ぐるみなんか作ろうという気にはならん。Wall of Lifeの完成を祝して、明け方まで飲み明かすことになった。しかしブルーシート1枚で、こうも温度が変わるものなのか。どれほど暖かくなったのかといえば、大内くんが死を恐れず寝ちゃうくらいだ。眠れ眠れ。お前が静かに眠れる世の中が、平和で一番すばらしい時――。

2018-11-30

11月のお仕事

05:54 | 11月のお仕事を含むブックマーク 11月のお仕事のブックマークコメント

ガイガン山崎+齋藤貴義 怪獣プロジェクト - 怪獣チャンネル

今日から君も、怪獣のプロだ――。

夕方の6時過ぎ、いつも12チャンを点けると、ザラブ星人に似た声のオジさんがそう語りかけてきた。

当時、僕はまだ4歳である。素直な子供である。だから確信した、俺は怪獣のプロなのだ。生ける怪獣コンピューターなのだ。

あれから二十余年、僕は怪獣のことを書いたり喋ったりして暮らしている。まさしく怪獣のプロだ。

君も『怪獣チャンネル』を聴いて、怪獣のプロになろう!


#001「ゴジラ(ゴジラシリーズ)」f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#038「モチロン(ウルトラマンタロウ)」f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#071「タイラント(ウルトラマンタロウ)」 f:id:gigan_yamazaki:20180310223007j:image

#083「ゲバコンドル(仮面ライダー)」

#084「バラモンキング(我が家工房)」 f:id:gigan_yamazaki:20180310223009j:image

メディア芸術カレントコンテンツ

世界に息づく怪獣王(ゴジラ)の遺伝子 第1回 What is KAIJU?

ニュータイプ 2018年12月号

ニュータイプ 2018年12月号

2018年09月01日(土)

地熱ナパーム倶楽部 名誉観客ヤマケン先生デビュー25周年SP

 OPEN 12:00 / START 12:30

 予約 ¥1,800 / 当日 ¥2,300(飲食代別)

 ※予約はwebにて。


平成最後の冬がくる!

かねてから「平成」という時代に一家言あることでおなじみの地熱メンバーも、いつになくそわそわした様子……。おうちで火にかけたままのお鍋はグツグツいってますが、矢も盾もたまらず職安通り深夜の大会合に、おっとり刀で駆けつけます。

迎え撃つのは、90年代の亡霊としてセカイを彷徨い続けるガラスの30代・前島賢さん(「大樹連司」名義による怪獣王の小説でもお馴染み!)。

そして昭和と平成初期(の怪獣)を自在に行き来する鋼鉄の20代・床山皇帝

この最凶メンバーで、朝までブチ抜き怪獣スペシャル!

平成という時代を代表する特撮シリーズである、空飛ぶカメさん三部作について、改めて検証・総括します。

ウルティメイト・プラズマはアリかナシか――この戦いを見終わったら、平成は、もう、終わっても、いい――。


“地熱ナパーム倶楽部とは”

漫画や特撮、爆発や怪獣怪人などのジャンル系専門家たちが集まり、各自が最近見たり買ったりした面白サムシングを紹介したり、気になるテーマを掘り下げて洞察し、結論めいたものを出したり出さなかったりしつつ、それぞれ専門分野以外のいわゆる“世間”に対しても積極的に(口から)絨毯爆撃を行うことも辞さない決意を示す集団です。

The Event Formerly Known as Asurajigoku(かつて阿修羅地獄として知られたイベント)でもあります。


【出演】

ガイガン山崎(暴力系エンタメ専門ライター/中野のカーンデジファー)

四海鏡(ほぼ無職石ノ森章太郎ファン

【第30回(通算)ゲスト】

高遠るい(おげれつ漫画家/怒りの呪術師)※皆勤賞

床山皇帝(ほぼ無職/中野の新条アカネちゃん)

※出演予定だった前島さんは体調不良により出演不可となりました。



f:id:gigan_yamazaki:20161005213741j:image:w360

2018-11-05

おことわり

07:18 | おことわりを含むブックマーク おことわりのブックマークコメント

f:id:gigan_yamazaki:20181203071122j:image:w320

えー、11月中は多忙を極めまくってまして、画像のイカルスさんみたいに死んでおります。また時間に余裕ができたら、ブログのほうも再開しますのでよろしくです。