Hatena::ブログ(Diary)

亀猫の銀輪放浪記

2013-07-24

あれから一年 新たな生活へ

引越しのため、本日荷物を発送しました。家具家電は残った遺品を使わせてもらい、必要最低限のものだけ持って来ての生活。しかし少しずつ実家から荷物を持ってきたおかげで荷物は増え、意外と量は増えていた。

引越しも人生で10回目に迫ろうとしており、すっかり慣れたものです。その度に不要なものを捨てているはずが、ダンボールが一つ、また一つと増えていく。どうしても「捨てられないモノ」が増えていくからです。先輩から頂いた物、同僚からもらったプレゼント、職場で表彰され頂いた品々。そういったものを詰め込み増えたダンボールを見て、"そこで暮らした日々が確かに存在した"ことを実感します。

年が明けてから亡くなった祖母の家に住み込みんで半年。その間日本一周後半戦、就職活動、そして再就職までお世話になりました。この生活で以前にはなかったテントといったキャンプ道具、リクルート用のバッグなどが増えていました。あっという間の半年間。

そしてもう半年前、つまり今から一年前にこのブログは始まりました。丁度一年前の今日、住み慣れたアパートを出て、日本一周の旅に飛び出しました。たった一年前だというのに、私には随分昔のように感じています。よくもまあ、その日寝る場所も分からない生活を続けていたものだと、自分のことながら感心します。

日本一周といっても走りきったわけではありません。むしろ「未完」であることは個人的には大きなプラスです。なぜならまだ走る場所が残っているから。またいつか、放浪の旅をしてみたいと考えています。
これから再び社会人に戻り、仕事に追われる毎日が始まることでしょう。なれない仕事なので不安ですが、楽しみでもあります。
ブログ開設から一年、丁度区切りもいいので、一旦更新を停止しようと思います。近況の殆どをメインブログの「チャリカメ成長記」でやってますし、差別化も難しいのでチャリカメに一本化します。
基本的に気まぐれな性格なので、またすぐに再開するかもしれませんが、そんなもんです。では、また次の旅でお会いしましょう。


(追記)
そういえば自転車のレストアはどうなったかというと、8割終わりました。問題だったステムは結局破壊し、新品を取り付けました。その他の部品も取り付け終わり、あとはワイヤーを通せば完成でした。しかしいろいろな事情が重なり、作業は中断。自転車は祖母の家に預け、後日、そう、お盆の時にでも完成させようと思います。

2013-07-04

自転車レストア記3 雨の季節

f:id:gin-rin:20130705042251j:image:w360

ブログを更新しなくても日は進み、季節はすっかり梅雨真っ盛り。先日は滝のような雨が振り、古い家なので雨漏りしないかヒヤヒヤしておりました。思えば日本一周を開始したのは、去年の梅雨が終わったころでした。あれから一年、早いものだ。

チャリカメ成長記で近況を語っていましたが、パソコンが壊れたりしつつも就職は決まり、今月末からは社会人に復帰します。その前にいくつかやっておくべきことがあるので、それらを消化していきます。

続きを読む

2013-05-13

気持ちのいい季節

f:id:gin-rin:20130514004855j:image
すっかり汗ばむ季節。これから梅雨入りまでは自転車の最も気持ちのいい時期です。

そういえば就職活動はどうなの?とか聞いちゃいけない。大丈夫、まだ一桁じゃないか!

2013-04-27

自転車の家電化

どこまで進化する機材?果たしてその進化は必要なのか?第1弾
(CYCLINGTIME.com のニュースより)

"家電化"とは良く例えたものです。油圧ブレーキなどはMTBの過酷なレースを見ていると必要なのは分かるんですが、電動の変速機などはなんか違うんじゃないかと思っている一人です。

機材の進化を否定する気はありませんが、今の進化は"自転車が"進むべき道なのだろうか?

2013-04-21

愛車紹介Ver1.0

f:id:gin-rin:20130422012001j:image
旅ブログからチャリブログになったので、改めて愛車の紹介です。ちなみに過去乗っていた自転車は割愛。現在乗っている自転車で共通しているのはドロップハンドル、SPDペダル、鉄フレームということ。

トップバッターは我が魂の自転車、細山製作所製のロードバイクです。世界に一台だけの私のロードバイク!いいよね!
見ての通りラグ付きクロモリフレーム。重量は未測定だけど、多分10キロ前後とロードバイクにしては思い方。だけどそれは私が望んだことで、「走行性より耐久性」を重視してもらったので。少し肉厚のパイプを使っています。
コンポーネントは基本的に105。これは細山さんセレクト。クランクは剛性が大事だからということで、クランクだけアルテグラになってます。
採寸して作った自転車だけに、吸い付くようなポジション。何時間乗っても疲れない、魔法のような乗り物。もう大好き!ロードバイクらしくグイグイ加速するので、乗っていて凄く気持ちいい!これに乗ると本当に「自転車やってて良かった」と思える。
難点は街乗りがかなり苦手。そもそも作る時に「どんな自転車がいい?」と聞かれて「レースで戦える奴」と答えたので、ロードバイクというよりロードレーサーになっている。高速でかっ飛ばすのは得意だが、のんびり走るのには向いていない。
それでも大好きな自転車。一生の宝もの。

f:id:gin-rin:20130406205628j:image
日本一周(未遂)お疲れ様!のスコット。ベース車は実家の裏で捨てられていた鉄くずだが、総費用数万円のレストアで復活。復活といってもフレーム以外全て交換である。新車買ったほうが安いとか言わない。写真の最終形態の見た目は気に入っているが、使い勝手はカーボンフラットバー時代が最高だった。やっぱりハンドル幅が狭いとハンドリングが少し重い。そしてカーボンの振動吸収性の高さを実感。
フレームは恐らくクロモリフレームで、後三角はハイテン鋼だと思われる。20年ぐらい前の自転車なので資料が無い。フレームのKAWASAKIロゴ(写真では隠れている)は、旅先で「どこの自転車ですか?」という自転車に「川崎です」と言って、「へぇ〜川崎自転車作ってるんですねー」というやり取りをするのに活躍。なお、誤解は解いていない模様。
コンポーネントはDEORE。旅自転車として日本中を駆けまわったわけで、道中ほとんどトラブルらしいトラブルを起こさなかった優秀な子である。ちなみにタイヤは4代目。フル装備だとタイヤは1000キロほどで擦り切れる。この装備でオフロードに突っ込むのも悪いんだろうけど。

現在は前後ともキャリアを外していて、街乗り用としてそれなりに働いている。26インチ車なので取り回しの良さが強み。街乗りならロードバイクよりも扱いやすい。Vブレーキの制動力は、町中での咄嗟の飛び出しにも対応できる。が、ロードバイク未満ブロンプトン以上の存在で、現在はそんなに出番はない。もっぱらブロンプトンの代車である。
次なる旅に備えて休ませておこう。

f:id:kame-neko:20130111173724j:image
私のママチャリブロンプトン。買い物からポタリング、国内から国外まで共にしている自転車です。海外での人気っぷりマジパネェッス!
タイヤが小さいことによる町中での取り回しの良さ。折りたたみによる輪行のしやすさなど、扱いやすさが強み。私服やスーツで乗りやすいのも強みです。フロントキャリアシステムとリアキャリアによる買い出し能力は高く、10キロの米だろうがビールを箱で買おうが無問題。荷物を積んでもハンドルは重くならず、安定性も低くならない。最強の折りたたみママチャリ
小型ホイールのため安定性は低くなるかと思いきや、実は全車中最大のホイールベースを持ち、安定性は高い。すっかり馴染んだ革サドルとリアサスペンション、最近新調したタイヤなどにより乗り心地がとても良い。多少道が悪くても、ほとんど気にならない。まるで宙を飛んでいるかのように進みます(結構本気で)。
パーツなどが独自なので整備は少々厄介ですし、いろいろ弄っているため細かいトラブルには泣かされます。
もちろんトップスピードは低いです。しかし乗っていて楽しい。ロードバイクは高速域が楽しいですが、こっちは低速域が楽しいです。

f:id:kame-neko:20130323185529j:image
現在レストア中の自転車。恐らく30年以上前のランドナー。フレームは生きているのでなんとかなりそうです。フラットハンドル化してポタリング車にする予定。ちなみに作業は行き詰っています。理由は工具不足。早く実家から工具箱持ってこないと…。