NEST :: laboratory RSSフィード

引っ越しました。

http://ginpen.com

基本的にこちらの内容は残しておきます。
ただいくつかの記事については向こうへ持って行こうと思っています。


カレンダー
<< 2007/07 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

本家はこちら: NEST http://nest.l-w-l.info

. archive / . bookmark

HTML, CSS, JavaScript中心に興味あることあれこれを扱う技術系blogです。昔はそうでなかったので、古いのには妙なものも混ざってるかもしれません。

なお全ては自分が理解した事の覚書的文書であるため、事実に反する場合があります。気付かれた方はご指摘頂ければと思います。

書いてる人 : 高梨ギンペイ@横浜でSEやってます。Twitter→@ginpei_jp

2007/07/30

[][] Operascript.aculo.usドラッグ&ドロップがおかしくなる件

ドロップ後にノードが変なところにぶっとぶ問題。

どうやら既存のstyle属性が要因ぽい。

  • position: relativeがあって
  • topleftがない
  • というstyle属性が静的に与えられている

場合に、topleftにOperaが適当な値を入れてるように思える。それぞれに0pxを与えれば正常な位置に「戻る」。ない場合は0ではない値に「戻る」という事だろう。そのときの値がよくわからない。

やっぱりstyle属性は削除した方が良さそうだなあ。

ちなみに動的に指定*1をした場合は問題が起こらなかった。それと_madePositioned="true"が残る場合があるが、これとは関係がないみたい。

*1:例えば: element.style.position='relative'


Connection: close