Hatena::ブログ(Diary)

GIOの日記 RSSフィード

2011-09-06

[]Herokuそろそろくるんじゃない?

ひさしぶりに書いてます。

最近Google App EngineiPhone/Androidアプリうつつを抜かしていて、Ruby関連情報を全くキャッチアップできていませんでした。

が、そろそろHerokuが天下をとるんじゃないかと感じたため調査を始めました。

調べていくうちに知らないワードがたくさんでてきてビックリ

ひとまず気になるもの


もろもろ調べつつTwitterBOTでも書いてみてリハビリしてみよう

2009-11-19

[]Goイテレータ

goroutineとchannelとrangeつかえば巧い事やってくれました。

package main

import (
    "log";
    "time";
)

func FibIter(n int) chan uint64 {
    ch := make(chan uint64);
    go func() {
        var a, b uint64 = 0, 1;
        for i := 0; i < n; i++ {
            ch <- a;
            a, b = b, a + b;
        }
        close(ch);
    }();
    return ch;
}

func main() {
    for i := range FibIter(50) {
        log.Stdout(i);
        time.Sleep(1e8);
    }
}

[]Goサーバー実装のパターン

Go言語がおもしろい。

Goでのサーバー実装の方法が、ある程度パターン化してるので覚えておこう。

ここで言うサーバーエコーサーバーmemcachedみたいなやつデス

package main

import (
    "net";
    "fmt";
)

func handler(conn net.Conn) {
    defer conn.Close();

    // 4
    buf := make([]byte, 16);
    l, err := conn.Read(buf);
    if err == nil {
        conn.Write(buf[0:l]);
    }
}

func main() {
    sock, err := net.Listen("tcp", "127.0.0.1:1983");
    if err != nil {
        fmt.Printf("error %s", err);
        return;
    }

    // 1
    for {
        // 2
        conn, err := sock.Accept();
        if err != nil {
            fmt.Printf("error %s", err);
            return;
        }
        // 3
        go handler(conn);
    }
}

1でループし、2でAccept。そして3でコネクションをgoroutineで動かしたhandlerに渡す。

最後にロジックを4に書けば出来上がり。

クライアントも同じようにいけそうだなーたのしいなー


参考

dustin/gomemcached ? GitHub

2009-11-12

[]GO

GO仕様が素敵だなぁ。

D言語っぽさを感じたのは僕だけだろうか。


ついき

ちょっと前にはhttpのtestにこけてたけどrelease外してcloneしてみたらtest通った

hg clone https://go.googlecode.com/hg/ $GOROOT

追記の追記

Makeの仕組みが用意されてて嬉しかった。GOFILES並べるだけ。

include $(GOROOT)/src/Make.$(GOARCH)
TARG=hello
GOFILES=\
    hello.go
include $(GOROOT)/src/Make.cmd

httpつかってみた

package main

import (
    "fmt";
    "http";
)

func main() {
    if res, _, err := http.Get("http://www.google.com/"); err == nil {
        for key, value := range res.Header {
            fmt.Printf("%s: %s\n", key, value);
        }
    }
}

うごいた


goroutine使ってみた

package main

import (
    "fmt";
    "time";
)

func generate(ch chan string) {
    for i := 0; ; i++ {
        ch <- fmt.Sprintf("hogehogeurl%d", i);
    }
}

func download(in, out chan string) {
    for {
        prime := <-in;
        fmt.Printf("download: %s\n", prime);
        out <- "ok";
        time.Sleep(1 * 1e9);
    }
}

func main() {
    in := make(chan string);
    out := make(chan string);
    go generate(in);
    for i := 0; i < 3; i++ {
        go download(in, out);
    }

    for i := 0; i < 20; i++ {
        <-out;
    }
}

これは楽しい

2009-11-07

めも

いろいろ書きたいことあるけど書けてないなー

いつか書くためのメモ

・C,C++ネタ

 最近はCかC++をメインで使ってるので

画像処理ネタ

 高速に綺麗なサムネイルをつくるCライブラリを書いた

Python+GAEネタ

 Webサービス作りは今後GAEでやる予定

2009-10-12

[]Snow Leopardやめた

なにかと不便なことが多かったからLeopardに戻した