後天性無気力症候群


 
「涼宮ハルヒ」舞台探訪記事のまとめ
 
本サイト:竜人館/ なんとか維持しようとしているサイト:とある文庫の電子目録
 
2001 | 01 |
2005 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 01 | 04 | 09 |
2011 | 01 | 05 | 06 |
2012 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |

2006-06-08

[]コバルトファンタジーの部数、「オーラバ」は420万部以上、「破妖」は200万部以上 02:58 コバルトファンタジーの部数、「オーラバ」は420万部以上、「破妖」は200万部以上を含むブックマーク

発行部数のシリーズ総計

 上のREVさんのデータはこれだけでもありがたいものです。が、コバルト作品が「炎の蜃気楼」と「マリみて」しか取り上げられていないので、コバルト文庫1990年代の売れ筋だった(と思う)「ハイスクール・オーラバスター」と「破妖の剣」の部数をちょっと調べてみました。

90年にシリーズ初の単行本が出版されてから現在まで14冊の単行本が出版され各巻30万部以上の売り上げを記録しています。


ANIME FAN -情報>ハイスクールオーラバスタードラマCD1(1998/09/24)

http://www.fan.to/news/output.php?news_seq=3489

という情報を信じるとこの時点で「14X30万以上=420万以上」です。ただし上の情報は不正確なところがあります。シリーズ初の単行本は1990年ではなく

1989年刊行ですし、1998年9月時点では14冊ではなく文庫16冊+ハードカバー1冊が出ていたはずです。

 一番自然な解釈は「上の情報は1998年9月よりももっと古いもので、14冊時点(文庫本オンリーだと1997年5月刊行の「荊姫」か)で各巻30万部以上だった」でしょう。この解釈だと、結果的にやはり420万部以上は出ているということになります。ちなみに2006年6月現在では文庫23冊、ハードカバー1冊の計24冊が出ています。

  • 破妖の剣

 本編第5部の「翡翠の夢5」の初版時の帯に「200万部突破」と書いてあります。幸い、2006年6月現在のAmazon書影はこの帯が付いています。見えますでしょうか?↓

翡翠の夢〈5〉―破妖の剣〈5〉 (コバルト文庫)

翡翠の夢〈5〉―破妖の剣〈5〉 (コバルト文庫)

 この「翡翠の夢5」の時点で「破妖の剣」は(「翡翠の夢5」を含めて)本編10冊、外伝2冊の計12冊が出ていました。2006年6月現在では本編13冊、外伝6冊の計19冊が出ています。ここ3年ほど出ていませんが……。

 どちらのデータも古いので、実際にはもっと売れていると思いますが、とりあえず現状で確認できる数字は上の通りです。