後天性無気力症候群


 
「涼宮ハルヒ」舞台探訪記事のまとめ
 
本サイト:竜人館/ なんとか維持しようとしているサイト:とある文庫の電子目録
 
2001 | 01 |
2005 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 01 | 04 | 09 |
2011 | 01 | 05 | 06 |
2012 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |

2006-09-21

[]電撃・富士見の生存率比較・・・・・・あとご指摘頂ければ書誌データを修正します(汗) 01:34 電撃・富士見の生存率比較・・・・・・あとご指摘頂ければ書誌データを修正します(汗)を含むブックマーク

560の雑記-電撃文庫絶版重版未定作品調査(再調査)

http://d.hatena.ne.jp/Idle/20060910/1157870694


 これは素晴らしい。私もやろうと思っていたのですが、先にやられていた方がいらっしゃいました。あ、玲朧月さんもファンタジア文庫で調べられていましたね。生存率を比較してみます。

 電撃文庫は総刊行点数が多いのに富士見ミステリー文庫よりも生存率が高いのですね。電撃文庫はそれだけ売れるということなのでしょう。私はどちらかといえば富士見びいきなのですが、こういうデータを突きつけられるとああ、やっぱり電撃が強いのかなと考えてしまいます。刊行から何年経つと何%絶版になっているかなど、もっと色々な切り口から比較してみたいものですが。

2004年版は、2年前の2002年の刊行作品に絶版作品が現れたが、

2006年版では最も新しいので3年前の2003年刊行作品が絶版になっている。

判断基準に変更があったのだろうか?

 絶版にするかどうかの判断基準は色々ありそうですが一番優先されるのは「儲かるかどうか」なので、電撃文庫の売り上げが2年前より好調だということかも知れません。

  • データに至らぬ点がありましたら

前回の調査ではデータ不足と幾つかのミスがあったので参考資料を変え再調査を実施。

 前回の参考資料は何かと思いましたら・・・・・・・・・・・・私の作ったデータでした。orz

 ええと、作者の整理番号についてはラノベの杜さんからご指摘があって修正しました。その他にも何か間違っていましたでしょうか。ご連絡頂ければ対応させて頂きたいと思います。>id:Idleさん

IdleIdle 2006/09/21 15:10 情報提供:
MF文庫J ラインナップ! (2006.6.25) 2006年6月刊まで掲載。
掲載作品:141冊 ※書影+粗筋+整理番号+ISBN。一部作品は(1)〜(8)と既刊を一括紹介。
刊行点数:218冊 ※「とある文庫の電子目録」参照。
141/218=約65%

電撃文庫のデータについては、修正した場所を記録していなかったため、曖昧な記憶と調査時のデータと現在のデータを比較して幾つか見つけました。
http://ranobe.web.fc2.com/teisei.txt
後、整理番号のかなを一度修正した覚えがあるのですが見つけ出せませんでしたorz

giolumgiolum 2006/09/22 01:29 情報ありがとうございます!
まず電撃のデータですが、ご指摘の箇所は修正しました。それから威成一、竹宮ゆゆこ、七月隆文、七飯宏隆の整理番号をラノベの杜さんからの情報で直しました。
>MF文庫J
これまたありがとうございます。私も2005年9月版「MF文庫J ラインナップ!」を持っているので今調べてみましたら、生存率は129/166=約78%なりました。新興レーベルは母数が少ないので変動しやすいですね。