後天性無気力症候群


 
「涼宮ハルヒ」舞台探訪記事のまとめ
 
本サイト:竜人館/ なんとか維持しようとしているサイト:とある文庫の電子目録
 
2001 | 01 |
2005 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 01 | 04 | 09 |
2011 | 01 | 05 | 06 |
2012 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |

2007-01-31

[]タイム・リープとタイム・ループ 01:09 タイム・リープとタイム・ループを含むブックマーク

 高畑京一郎さんの「タイム・リープ あしたはきのう」を読んで、桜坂洋さんの「ALL YOU NEED IS KILL」と比べながら考えたこと。

 東浩紀さんの唱える「まんが・アニメ的リアリズム」「ゲーム的リアリズム」とは

    • まんが・アニメ的リアリズムとは:選択肢、可能世界、あったかも知れないことを葬り去り、一つに収束する物語書くことで、説得力を持たせようとする手法
    • ゲーム的リアリズムとは:物語を一つに収束させるけれども、選択肢、可能世界、あったかも知れないことも積極的に書くことで、説得力を持たせようとする手法

と言い換えることができるのかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070131

2007-01-30

[]西宮東口駅も考慮に入れてみる 01:11 西宮東口駅も考慮に入れてみるを含むブックマーク

 谷川流作品聖地探訪進捗メモ

と書きましたが、もう1ヶ所候補があることを見落としていました。2000年まで阪神西宮の東に西宮東口駅があったのです。これを1駅と数えると、今津駅も候補になります。また

山の稜線以外の場所に沈もうとしている太陽を見るのも久しぶりだった。


谷川流学校を出よう!」214ページ

という描写は、三宮よりも梅田の方が当てはまりそう。個人的には高崎兄妹は阪神本線を東に向かって

と移動し、今津では北側の国道2号線沿いでバトルしたと解釈するのが魅力的です。しかし、まだ見落としている点が多そうなので、他の点からも検証し直したいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070130

2007-01-29

[]谷川流作品聖地探訪進捗メモ 00:24 谷川流作品聖地探訪進捗メモを含むブックマーク

 いまだ毎週のように西宮に行っています。「学校を出よう!」について調べたいことがどんどん出てきてしまって……。

  • ほぼ特定できた場所
    • 1巻83ページの描写から、第三EMP学園は阪神地区の北に立地する。
    • 1巻38ページ、59ページ等の描写から、立地はともかく第三EMP学園の校舎の構造は西宮北高がモデル。
    • 1巻140ページで突き当たる「二車線以上ある道路」は国道2号線夙川橋付近がモデル。これまでは阪急夙川駅前の山手幹線がモデルだと考えていましたが、それだと辻褄が合わないことが多く、調べ直してみたら1巻当時はまだ山手幹線夙川まで開通していなかったのでした。

  • まだまだ検証の余地あり
    • 1巻113ページのミステリーサークル出現地は湯元町、鷲林寺二丁目あたりがモデル? 雰囲気がぴったり。
    • 1巻144ページで光明寺茉衣子が眺めているのは兵庫日産西宮店のショーウィンドウか?
    • 1巻154ページで乗る駅は阪急夙川がモデルか? それとも阪神香櫨園か?
    • 1巻168ページで降りる駅は阪急御影塚口阪神の深江、久寿川が候補。
    • 1巻214ページの駅前の交差点は梅田三宮か。もうちょっとヒントが欲しいなぁ。
    • 高崎兄の教室ってキョンの教室と位置が似ていませんか?
    • というか旧部室棟にある妖撃部って、SOS団の部室と位置が似ているような気がするんですが?
    • 夙川発の阪急バス路線で最北の停留所は「かぶとやま荘」。ここからは逆瀬川行きのバスも出ている。「電撃! イージス5」の主人公、逆瀬川の名はひょっとしてこのバスから付けたのか!?
    • 珈琲屋ドリームでSOS団が座る席には、現実には爪楊枝がない。ハルヒはカウンターから取ってきたのか?
    • 雪が降ったら、鶴屋山(甲山)の西側登山道に雪でひょうたん型の石*1を作ってやろうと企んでいるのですが、今年は雪が降らない……。
    • 西宮中央運動公園の野球場で1/28夜にナイトゲームをやっていました。片方のチームのユニフォームがバラバラでした。オールスター戦?(笑)

*1:いわゆる雪だるまです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070129

2007-01-28

[]スレイヤーズオーフェンパロディ同人誌は結構あったよという話 14:54 スレイヤーズやオーフェンのパロディ同人誌は結構あったよという話を含むブックマーク

SSMGの人の日記-ライトノベルのパロディ同人誌が少ないという話


 コミケスレイヤーズオーフェンパロディ同人誌を出している個人サークルさんは多かったですよ。ただし内容はスレイヤーズオーフェンも女性向けが多かったですね。女性層に人気が出ないとサークル数も増えにくいのでしょう。

 1998年の猪鹿亭冬コミ(コミケ55)ミニOFFレポートで私が残していたメモだとサークル数は次のようになっています。

「多すぎて良く分からない」というのはコミケカタログでページがまたがっていたり、ブースがあちこちばらけていて数える気にならない状態だったということです。ちゃんと数えなかったのが悔やまれます。ここで数字を出せれば説得力があったのに……(汗)。

 ただし、スレイヤーズオーフェンは小説ジャンルとして登録しているサークルさんと、アニメジャンルで登録しているサークルさんがいたようで、ブースの場所が分かれてしまったり、別の日になってしまうことが多かったです。それでもスレイヤーズは小説、アニメ両方で、オーフェンは小説でコミケの島を1つずつ占領してしまうくらいサークル数はありました。まぁ色々事情があったのでしょうし、私も無関係では無かったのですが、スレイヤーズオーフェンも小説とアニメで合わせられればコミケスタッフからジャンル登録されるだけの数はあったかも知れないと思います。

 あとスレイヤーズコスプレは難しいですが、オーフェンは比較的簡単なのでコスプレの人が沢山いました。屋上で魔術士が30人集まって記念撮影とか。私もやりましたよ(←若き日の過ち)。夏は暑くて死にますけどね。

[]『2006年下半期ライトノベルサイト杯』への投票 01:32 『2006年下半期ライトノベルサイト杯』への投票を含むブックマーク

 平和さんが行われている『2006年下半期ライトノベルサイト杯』への投票です。

 といってもそんなに読んでいる訳ではありませんので「この作者が書いているんだから面白いに決まっているだろう」という作品ばかりです(汗)。「新人・新作部門」にいたっては新人でない人のガチな2作品のみ。とほほ。


  • 新人・新作部門

【06下期ラノベ投票/単発/4103014717】

ボトルネック

ボトルネック

【06下期ラノベ投票/単発/4488023932】

赤朽葉家の伝説

赤朽葉家の伝説


  • シリーズ作品部門

【06下期ラノベ投票/複数/4829118415】

【06下期ラノベ投票/複数/4086303310】

【06下期ラノベ投票/複数/4757730322】

狂乱家族日記 番外そのいち (ファミ通文庫)

狂乱家族日記 番外そのいち (ファミ通文庫)

【06下期ラノベ投票/複数/4829118423】

【06下期ラノベ投票/複数/4840235880】

狼と香辛料 (3) (電撃文庫)

狼と香辛料 (3) (電撃文庫)

2007-01-26

[]閉じられた世界(谷川流作品未確認舞台マップ)α版 03:07 閉じられた世界(谷川流作品未確認舞台マップ)α版を含むブックマーク

 まずは「はてなマップ」で作り始めてみました。まだ15ヶ所くらいしか入力していませんが。うーん「Google Maps Editor」の方が見やすいかな。

 ちなみに下のような使い方もできます。


  • 1/27追記

 登録箇所を40ヶ所まで増やしました。ハルヒで20ヶ所、その他で20ヶ所。

 ただ、自分で作業していてもあまり見やすい感じがしないのがどうも……(汗)。登録箇所が縮尺や座標、ソート方法によって表示されたりされなかったりするのも理由が良く分かりません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070126

2007-01-24

[]カレーなる検証 23:40 カレーなる検証を含むブックマーク

一本足の蛸-カレーライスと鳥取人

 す、凄いです。カレーひとつでここまで調べられるとは。感服いたしました。

 ところで桜庭一樹さんが

そんなにもカレー育ちの割には小説にカレーが出てきたことも一度もない。


桜庭一樹桜庭一樹の二都物語」(「野性時代Vol.39」59ページ)

と書かれていますが、何か違和感があります。どこかでカレー、出てきませんでしたっけ。

 と調べたら、まず「少女七竃」に何度か出てきますね。

「歌って踊ってカレールーの箱を片手に微笑むのはまっぴらごめんであります。はは」


桜庭一樹「少女七竃と七人の可愛そうな大人」110ページ

 これは、まぁカレーが出てくるものの、食べている訳ではないのでセーフと言えるでしょう。では次はどうか。

四枚目のシングルレコードがようやくスマッシュヒットとなり、子供用の甘口カレールーのコマーシャルが転がりこんできたころのことでした。こましゃくれた子役たちと一緒にカレーを一口食べて、おいしい、と微笑む、その笑顔はラメの輝きとカレーの香辛料の匂いが入り混じっており、目はというと、相変わらず、卑しく濁っておりました。


桜庭一樹「ゴージャス」(「野性時代Vol.39」74〜75ページ)

 これはアウトじゃないかなぁ。ただ「小説にカレーが出てきたことも一度もない」であって「小説にカレーが出てくることも一度もない」ではないので、上記のエッセーのあとに「ゴージャス」を書かれたのであればぎりぎりセーフということなのかも知れませんが。は!? もしや上記のエッセーは「これからついにカレーについて書くぞ!」という宣言だったのでしょうか。

……なんて馬鹿なことを書いているから「古典部」の短編も「僕僕先生」も読む時間が作れないのです。嗚呼。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070124

2007-01-23

[]萌えるもの 23:55 萌えるものを含むブックマーク

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070123

2007-01-22

[]谷川流作品未確認舞台マップ構想 02:25 谷川流作品未確認舞台マップ構想を含むブックマーク

 えー、谷川流さん作品の聖地探訪がなかなか終わらない状況ですが(汗)、近いうちに一旦ケリを付けたいと思っています。そしてできれば分かりやすくまとめ直したいと考えております。一応涼宮ハルヒの舞台の写真に一通り載せてはあるのですが、これでは余りにも分かりにくいし、私も分からない。(爆)

 Linernotes 涼宮ハルヒの地図

 ↑こちらを参考に、なるべく内容が被らないように、要するにTVアニメ版「涼宮ハルヒの憂鬱」では出てこなかったところを中心にまとめるつもりです。「涼宮ハルヒ」は商業的に考えて恐らく何らかの形で再度アニメ化があるでしょうから、その時に手がかりにして頂けたら良いなぁと思っております。まぁ京アニでなければ徒労に終わるかもしれませんけれども。(笑)

 タイトルはもう決めてあります。「閉じられた世界 (closed circle)」。

 どうだいっ。このタイトル、めがっさ似合ってると思わないかなっ? どうにょろ?

 それから「学校を出よう!」「電撃! イージス5」「ボクのセカイをまもるヒト」の各シリーズの舞台推定地も載せます。これらの作品の舞台も「ハルヒ」の舞台を考える上で大変参考になります。

 なお商店、学校は紹介しますが個人宅、集合住宅は位置を明記せず、どのあたりかを匂わす程度にいたします。キョンの家の位置などは谷川流作品の舞台を考える上で非常に重要なのですが、でもやっぱりそれは出すべきではないと考えています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070122

2007-01-21

[]「ヒトメボレLOVER」のアメフト観戦候補地 14:40 「ヒトメボレLOVER」のアメフト観戦候補地を含むブックマーク

「ヒトメボレLOVER」の中河の私立男子校のモデルって市立西宮高校だと思うんですがどうでしょうか?「私立男子校」という事と「キョンの同級生が進学した市立」と重なる事を除けば地形はピッタリです。試合の時とか通りすがりの人がいつも眺めてますし。「校舎には入れないようで、敷地に沿って歩くと校庭」って事はキョン達は一ヶ谷でバスを降りて上ヶ原八番町の方から来ているみたいです。


2006年9月3日エントリーのコメント欄、 kiyomon229さんの発言より

との指摘を受けて、市立西宮高校(通称「市西」)が谷川流さんの短編「ヒトメボレLOVER」作中の描写に当てはまるか調べてみました。

    • 一致する点
      • 地形は見事なまでに一致。
      • アメリカン・フットボール部があり、グランドで試合が行われている。
      • 作中の練習試合は「隣町」の高校と行われるが、隣町にもアメフト部のある関西学院高等部がある。
      • 上記3項目が同時に当てはまる高校は西宮市内ではここしかない。
    • 矛盾する点
      • 私立男子校ではない。
      • SOS団集合場所である西宮北口からバスで半時も掛からない。
    • その他
      • 南に朝比奈みくるが投げ込まれた新池が隣接し、北に「学校を出よう!」の神田健一郎の家があるなど、谷川流作品の舞台の真っ只中にある。
      • ただしそれ故にキョンがここに初めて来たとするのは無理がある。キョンならば日常的にここを通っているはずだぞ、をぃ。

 矛盾点もあるのですが、市西以上に舞台モデルとして当てはまるところもないようです。100%の断言は避けておきますが、市西が「ヒトメボレLOVER」でアメフト練習試合を観戦した舞台である可能性は高いです。


  • という訳で現地の写真

 民営のバスに揺られること半時、降りたった停留所から数分のところにその男子校はあった。


谷川流涼宮ハルヒの動揺」149ページ

 西宮北口から上ヶ原六番町経由「甲東園」行きのバスに乗り「一ヶ谷町」バス停で降ります。同じ「甲東園」行きでも上ヶ原四番町経由だとこのバス停を通らないので注意が必要です。また「広田神社前」バス停で降りても行けるのですが、地形から考えるとSOS団が使ったのは「一ヶ谷町」バス停のようです。

「一ヶ谷町」バス停のすぐ北にある交差点を東に曲がって数分歩くと南に「市西」が見えてきます。正門は敷地の東側にあります。


 どうやら校舎内には入れないようで、


谷川流涼宮ハルヒの動揺」149ページ


 敷地に沿って歩いてるとすぐに金網フェンスに囲まれたグランドに出くわし、アメフトの練習試合はそこでやってた。


谷川流涼宮ハルヒの動揺」149ページ

クリックすると拡大して見ることができます。

「わあ、広い運動場ですね」

 朝比奈さんが感嘆するのもうなずける。山を削って無理から作ったと思われる北高と違い、平地にあって金もありそうなこの私立男子校のグラウンドはやたら面積が広かった。それも俺たちが立っている位置から一階程度低い場所にグラウンドは設置されており、ちょうど観戦には具合がいいような立地条件になっている。


谷川流涼宮ハルヒの動揺」149〜150ページ

 確かに道路からの観戦には向いていますね。ちなみに公式戦の日程は関西高等学校アメリカンフットボール連盟のサイトで調べることができます。

[]「学校を出よう!2」についての仮説その4 そして景色は変わって行く 02:58 「学校を出よう!2」についての仮説その4 そして景色は変わって行くを含むブックマーク

「学校を出よう!2」についての仮説その3の続きです。

 前回説明しました「今津地上駅乗り継ぎ説」に基づく「学校を出よう!2」の舞台モデル推定地の写真を追加の説明を交えながら紹介したいと思います。

 サナエとは改札を入ってすぐの所にある大時計の横で落ち合うことにする。


谷川流学校を出よう!2」176ページ

 西宮北口改札内にあるこの時計台(カリヨン)は、橋上駅舎の2階コンコース中央に建っています。橋上駅舎は神戸線今津線の平面交差(ダイヤモンドクロス)が1984年に廃止された後に建てられたので、時計台が建てられたのもそれ以降でしょう。地域情報誌「宮っ子」では1987年に初めてこの時計台が登場するので1984〜1987年頃に建てられたと推定されます。

 ということは、今津地上駅が1993年までしかなかったことと合わせると、鉄道の描写に限るというご都合的な解釈をすれば、「学校を出よう!2」は1980年代後半から1990年代始めを舞台にしていると考えることができます。これは作者の谷川流さんが中学生〜大学生だった頃に相当します。


 神田Aが促して先陣を切る。どちらの側のホームに神田Nがいるのか確信があった。階段を駆け下りると、やはり奴はそこにいる。


谷川流学校を出よう!2」177ページ

 橋上駅舎なので階段でホームに駆け下りるのです。このシーンに登場するホームは1984年の平面交差廃止によって作られた今津南線のホームと考えられます。階段は一つだけで、いつ出来たのかは特定できないのですが、恐らく駅舎が完成した1987年にはできていて、それ以後は位置が変わっていないと思われます。ということは

まさにこの階段を神田A・B、星名サナエは駆け下りたのでしょう。北西口から駅に入ったと考えられるので、ちょうど橋上駅舎を北西→南東に横切って移動したのです。

 写真の左には神戸線のホームが写っています。実はパーティションで区切られているだけで今津南線ホームと神戸線ホームは繋がっているのです。これは平面交差廃止直後はまだ階段がなかったため、神戸線ホームから今津南線ホームに出入りするようになっていた名残なのではないかと思うのですがどうなのでしょう。


ゆるやかに停車したチョコレート色の車輌のドアが開き、乗降客達がすれ違う。神田Nの背中を見つつ、三車輌後の箱に三人は乗り込んだ。


谷川流学校を出よう!2」179ページ

「三車輌後」ということは4輌以上の編成でないといけないのですが、残念ながら現在運行しているのは3輌編成です。ただしホームは4輌分あるので当時は4輌編成だったのかも知れません。車輌は阪急6000系ワンマン仕様というものらしく、これまた残念ながら作中の推定モデル時期に走っていたものとは違います。ちなみに6000系ワンマン仕様は甲陽線でも使われていますね。甲陽線にしてもこの今津南線にしても、わずか3駅間を3輌編成が行ったり来たりするという、都市部の割にはなんとものんびりした路線です。

 なお、西宮北口駅の今津南線ホームは2010年までの高架化が予定されており、まもなく着工するようです。ホームは東側に移動し、階段は不要となるので廃止されるでしょう。上の2枚の写真の光景が見たい方はお早めに。


 音透湖の手がかりを求めて神田Aが降りる駅のモデルと考えられる駅。芦屋市役所前から撮影しました。周囲の建物はかなり建て変わっているようですが、駅舎は作中の推定モデル時期である1980年代後半〜1990年代始めの姿をほぼ残しているようです。


 神田Nが幽霊マンションに行く際に降りる駅のモデルと考えられる駅。神田Nは北に行ったことになっているので北側から撮影しました。駅舎は改築が繰り返され、現在も工事中。ただ正面入り口は当時の面影を残しているのではないかと思います。多分……。


 今津駅は高架化によって当時とは全く別の駅舎になっています。阪急神戸三宮駅は震災で駅舎を建て替えているらしいのですが、作中に駅舎について描写がないですし、昔の駅舎も存じないのでパスします。

という訳で長々と書いて来た「学校を出よう!2」について新たに考えた舞台モデル推定地の説明を終わります。お粗末さまでした。

2007-01-19

[]「学校を出よう!2」についての仮説その3 今津地上駅乗り継ぎ説 02:48 「学校を出よう!2」についての仮説その3 今津地上駅乗り継ぎ説を含むブックマーク

「学校を出よう!2」についての仮説その2の続きです。

  • 「今津乗り継ぎ説」再説明

 前回、谷川流さんの「学校を出よう!2」に登場する5つの駅を現実の駅に当てはめる説の1つとして「今津乗り継ぎ説」を紹介しました。これはすなわち

    • A駅:三人の神田と星名サナエが行動の拠点とする駅→西宮北口
    • B駅:神田Aが音透湖の手がかりを求めてA駅から行く駅→阪神芦屋
    • C駅:神田NがA駅からD駅に行く途中で、神田AがA駅からB駅に行く途中で乗り継ぐ駅→阪急阪神今津
    • D駅:神田Nが乗り降りする幽霊マンションのある駅→阪神尼崎
    • E駅:A駅から最終決戦に行く時に降車する駅 →神戸三宮

というもので、個人的にはかなり説得力があると考えているのですが、作中のC駅の描写が現在の阪急阪神今津駅と合わないという大きな欠点があります。

 乗り継ぎの駅でプラットホームを歩いていた神田Aの足が止まった。向かいのホームの白線の内側に、昨日今日と鏡を見ているわけでもないのにさんざんお目にかかった顔がいた。

(中略)

 神田Nが待っているらしい電車は、自宅のある町とは反対方向に行くものだった。


谷川流学校を出よう!2」122〜123ページ

 この描写と他の駅との位置関係からすると、神田Nは阪神尼崎に行くために阪神線の上りホームにいるはずです。一方神田Bは阪神芦屋から西宮北口に帰る途中なので阪神線の上りホームか阪急今津南線のホームにいるはず。ただし「向かいのホーム」という描写から神田Bがいるのは阪急今津南線のホームに限定されます。

 しかし今津駅は乗り継ぎ駅ではあるものの、南北にのびる阪急の駅と東西にのびる阪神の駅は150mほど離れており、阪急今津南線のホームから阪神線の上りホームを見ることはできないのです。


  • しかし抜け道はあった〜「今津地上駅乗り継ぎ説」

 ところが。

 私は西宮市立郷土資料館で西宮市内の古い地図を見ていた時に、昔の今津駅は現在とは大きく構造が異なっていたことに気付きました。その古い地図では、阪急今津駅は阪神今津駅に隣接して描かれていたのです。

(ちなみに西宮市立郷土資料館とはこんな建物である。ありがとう、キョン。ありがとう、長門有希。←意味不明)


 阪急今津駅が阪神今津駅に隣接していた頃の絵地図が宮っ子-1993年6月号22ページに載っています。阪神今津駅の位置は現在とほぼ同じですが、阪急今津駅は今よりも南にあり、南向きの線路は東に曲がって阪神今津駅と並行するようにホームが設けられていました。これなら! そう、この駅の構造ならば神田Bは阪急今津南線のホームから阪神線の上りホームにいる神田Nを見られるじゃないか!

 この阪急阪神今津駅の並列構造はWikipedia-今津駅 (兵庫県)-地上駅時代によると1993年5月まで存在していたようです。つまり、C駅は1993年以前の今津駅をモデルにしているというご都合主義的解釈をすれば「今津乗り継ぎ説」は非常に上手く「学校を出よう!2」の舞台を説明できることになります。この説を、現在高架の今津駅が地上駅だった頃をモデルにしている仮説ということで「今津地上駅乗り継ぎ説」と呼ぶことにします。


  • あながち荒唐無稽ではない?

学校を出よう!2」は2003年発表の作品であり、その舞台モデルとして1993年までしか存在しなかった駅の構造を持ち出してくるのはちょっと強引かな、と思います。しかも「学校を出よう!2」72〜73ページでは1995年以降が舞台と思われる描写も登場しています。

 その一方で、谷川流さんが1970年生まれで、西宮出身であり、阪神タイガースマニアである*1ことを考えると、谷川流さんは阪神甲子園に行くために、学生時代によくこの「今津地上駅」を使っていたのではないか、思い入れのある駅だったのではないか、とも勝手に想像しています。

 また「ボクのセカイをまもるヒト」シリーズの津門綾羽紬と朝凪巽の元ネタと考えられる地名「津門綾羽町」「朝凪町」「今津巽町」がいずれも今津駅周辺であることも見逃せません。

 という訳で「今津地上駅乗り継ぎ説」から推定される「学校を出よう!2」の舞台モデルの写真を何枚か撮ってきましたので次回に紹介したいと思います。では。

*1:と「ザ・スニーカー」掲載のインタビューで語っていたことがある。

2007-01-18

[]「学校を出よう!2」についての仮説その2 5つの駅はどこがモデルか 02:29 「学校を出よう!2」についての仮説その2 5つの駅はどこがモデルかを含むブックマーク

 「学校を出よう!2」についての仮説その1の続きです。今回は「学校を出よう!2」で登場する鉄道の駅は、現実と照合するとどこになるのかについての2つの仮説を紹介します。


  • 5つの駅

 「学校を出よう!2」では主に次の5つの駅が登場します。

    • A駅:三人の神田と星名サナエが行動の拠点とする駅。

 二人の神田健一郎は、駅前の狭い公園でランデブーした


谷川流学校を出よう!2」53ページ

 サナエとは改札を入ってすぐの所にある大時計の横で落ち合うことにする。

(中略)

 神田Aが促して先陣を切る。どちらの側のホームに神田Nがいるのか確信があった。階段を駆け下りると、やはり奴はそこにいる。


谷川流学校を出よう!2」176〜177ページ

ゆるやかに停車したチョコレート色の車輌のドアが開き、乗降客達がすれ違う。神田Nの背中を見つつ、三車輌後の箱に三人は乗り込んだ。


谷川流学校を出よう!2」179ページ

    • B駅:神田Aが音透湖の手がかりを求めてA駅から行く駅。

私鉄沿線で乗り換え一回、神田Aは隣の市のメインタウンで降車した。ほとんどが住宅地で占められるその町は、緑を多く残す住み心地の良さそうな立地条件を十全に保っていた。よって日中に見られる人影のほとんどから高級感漂う雰囲気が感じられる。


谷川流学校を出よう!2」120ページ

    • C駅:神田NがA駅からD駅に行く途中で、神田AがA駅からB駅に行く途中で乗り継ぐ駅

 乗り継ぎの駅でプラットホームを歩いていた神田Aの足が止まった。向かいのホームの白線の内側に、昨日今日と鏡を見ているわけでもないのにさんざんお目にかかった顔がいた。

(中略)

 神田Nが待っているらしい電車は、自宅のある町とは反対方向に行くものだった。各駅停車でここまで来て、急行に乗り換え待ちか。神田A自身、あまり出かけることのない方角だ。都市部とも逆方向だし、遊びに行くようなところもあまりなかった。ああ、海があるから夏には海老原姉妹に連れられて行ったっけ。


谷川流学校を出よう!2」122〜123ページ

    • D駅:神田Nが乗り降りする幽霊マンションのある駅

 神田Nが降りたのは、急行が五つ六つ駅を通過して最初に止まった駅である。急行が止まる程度には開かれた町だが、どちらかと言えば商業よりも工業のほうが発展している地域だ。


谷川流学校を出よう!2」129ページ

    • E駅:A駅から最終決戦に行く時に降車する駅

 神田Bが聞いたままの駅名を告げ、

「そっから徒歩十五分くらい南にいった船着き場だそうだ。倉庫がたくさんあるところらしい」

「あのマンションとはまた全然別方向だな。港か……。の、埠頭。倉庫?」と神田A。


谷川流学校を出よう!2」209ページ

 降車が叶ったのはそれから三十分後のことである。海も間近な街なかの、各沿線が一同に乗り入れるセントラル・ジャンクション。それなりに規模の大きい商業地域である。

 来る前に地図帳で確認しておいた。北を見上げればすぐに間際に山並みが迫っており、南は海に面している。


谷川流学校を出よう!2」223ページ

 このうちA駅は、駅前に狭い公園があること、改札内に大時計がありそこからホームに降りること、車輌がチョコレート色であること、それに谷川流さんが西宮出身であることも考え合わせると、阪急西宮北口駅がモデルであることが確実です。

 またE駅は、西宮北口からの距離とセントラル・ジャンクションであること、それに北が山で南が海である地形から考えて神戸三宮がモデルでありましょう。

 問題は残りのB、C、D駅がどこに当たるかであります。


102 :イラストに騙された名無しさん:04/03/21 15:43 ID:07GnuInf

>>97

2巻では明確に阪急沿線になるね・・・

最寄り駅の改札入ってすぐに待ち合わせの大時計はカリオンの鐘で、西宮北口

音透湖の住む隣の市が伊丹市西宮北口から乗り換え1回。

伊丹から戻ってきた神田Aが塚口梅田方面行きホームの神田Nを発見。

そのまま十三で宝塚線急行に乗り換えて豊中で降りる→幽霊マンション

幽霊マンションとは全然別方向の埠頭→三宮神戸で決着

 この説はつまり

と言っている訳ですが、まだまだ情報の少なかった2004年3月時点であることを考えるとよく練られていると思います。この説の拠り所は阪急塚口駅の構造です。阪急塚口駅は阪急伊丹線神戸線のホームがつながっているので、C駅での神田A・神田Nの行動をほぼ矛盾なく説明できるのです。またD駅とE駅=三宮が「全然別方向」にあることも説明できています。

(ちなみにC駅=阪急夙川駅としてもC駅での神田A・神田Nの行動を説明できるのですが、D駅とE駅=三宮が「全然別方向」にあることとは矛盾してしまいます。)

 D駅=豊中がちょっと苦しいのと、D駅方面に「海がある」説明ができないことが弱いですが、2004年3月にここまで考えてられていたのは凄いと思います。私には到底無理です。

 が、しかし、最近私はもっと有力な説を知ってしまいました。


  • 今津乗り継ぎ説

769 :イラストに騙された名無しさん :2006/11/21(火) 21:38:07 ID:O1yE2htm

 >>767

 てことは音透湖の家は芦屋

 工業地帯のダウンタウン尼崎なんだろうか

 B駅=芦屋、D駅=尼崎としか書いてありませんが、恐らくA駅=西宮北口、E駅=神戸三宮は自明であるということなのでしょう。芦屋尼崎の両駅はJR阪神の両方にあるのですが、西宮北口から乗り継いでいけるのは阪神本線であり、乗り継ぎ駅は阪急阪神今津駅となります。すなわち

となります。

 私はこの説を知ったとき愕然としてしまいました。この説の素晴らしいところは「B、C、D駅は阪急線ではなく阪神線の駅である」という発想の転換です。あまりにも谷川流作品=阪急沿線というイメージが強いので私は無意識のうちに阪神線を使うことを可能性から外してしまっていたのでした。

 またこの説だとC駅=今津駅から見てD駅=阪神尼崎方面には「海」へ行く阪神武庫川線があります。B駅=芦屋=高級住宅地、D駅=尼崎=工業地帯というのもうなづけます。そして何といっても舞台のすべてが尼崎西宮芦屋神戸市内で説明できてしまうこと、つまり同作者の「涼宮ハルヒ」シリーズの舞台にすっぽり入ってしまうことに強い説得力があります。


  • 今津駅が作中の描写と合わない?

 ただし、この「今津乗り継ぎ説」には大きな弱点があります。阪急今津駅と阪神今津駅は乗り継ぎ可能なものの、互いに駅舎およびホームが離れているために、作中のC駅での神田A・神田Nの行動を説明することができないのです。

 なので、「今津乗り継ぎ説」もやっぱり違うのかなぁ、他に何か良いアイデアはないものかなぁと考えていたのです。しかし昨年末、私は西宮市立郷土資料館を訪れて西宮市内の古い地図を見ていたときに「あっ」と気付きました。できる! ご都合主義ではありますが、C駅=阪急阪神今津駅であるとして、神田A・神田Nの行動を説明することは可能なのです!

 どうすればそんなことが可能なのか。それはまた次回に説明いたします。では。

trivialtrivial 2007/01/18 22:29 ここまで書いたら、もう答えを書いたのも同然……いや待て、ぎをらむさんのことだから、何か凄いトリックが隠されているのかも。
それはそうと、昔、阪急電車が暴走して阪神の線路を走ったことがあるそうです。

giolumgiolum 2007/01/19 00:30 いや待て、私のことですからダイヤの隙をついた鉄道ミステリーみたいなトリックなんてないですよ。
答えについては、鉄道に興味のある方なら上に書いてあることだけで分かってしまいますね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070118

2007-01-17

[]「学校を出よう!2」についての仮説その1 03:20 「学校を出よう!2」についての仮説その1を含むブックマーク

 谷川流さんの「学校を出よう!2」

学校を出よう!〈2〉I‐My‐Me (電撃文庫)

学校を出よう!〈2〉I‐My‐Me (電撃文庫)

の舞台について、かなりご都合主義的な仮説を書こうと思います。どういう風にご都合主義的かと申しますと、

神田Aさんの記憶喪失の件ですが、さらに一つの仮説があります」

「カセツだらけだな。まるで震災直後の焼け野原だ」

「不謹慎な冗談はやめろ」

「悪かった」


谷川流学校を出よう!2」72〜73ページ

上記の引用部分を見ると「学校を出よう!2」は1995年の阪神・淡路大震災の後の話のように考えられるのですが、その一方で私はこの作品の舞台が1980年代後半から1990年代始めの尼崎西宮芦屋神戸をモデルにしているのではないかという仮説を考えています。要するに一つの作品の中で、モデルとなる時期が異なるという矛盾を抱えた仮説なのです。

 (でもしかし、「学校を出よう!2」はタイムトラベルものなのだから別にそういう時間的矛盾もモデルのうちかも知れないとかさらにメタでご都合主義的なことを考えている私です。)

 では、「学校を出よう!2」が1980年代後半から1990年代始めの尼崎西宮芦屋神戸をモデルにしていると考える根拠はなにかと申しますと、それはかなり長くなるのでまた日を改めて説明したいと思います。

 今回はここまで。では。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070117

2007-01-16

マカロン……

[]修道院でマカロンを買い損ねる 03:29 修道院でマカロンを買い損ねるを含むブックマーク

 先日、西宮は鷲林寺町にあるトラピスト聖母修道院(全国にあるようですが)の前を通る機会がありました。ここでは一般向けに手作りのクッキーを売っていることを耳にしていたので、折角なので立ち寄って買ってみることにしました。

 門の横の窓口で「クッキーを買いたいのですが」と修道女の人に尋ねると、その人が「では中にお入りください」とおもむろ門を開け始めました。え? てっきり窓口で受け渡しするのかと思っていたのですが、中に入るのですか? 全く予想していなかったのでびっくり。という訳で思いがけず、私は生まれて初めて修道院の中に入ることになったのでありました。

 小部屋に案内され、「どうぞ、選んでください」と言われて見てみると、棚に予想以上に沢山の種類のクッキーが。さて、どれを買おうか?と悩んでいると、目に飛び込んできたのは「マカロン」の札。

 うぉ、マカロン!! しかも修道院で売っているなんて。本日二度目の驚きであります。思わず 「マカロンください!」と叫びそうになった私ですが、その直前、札だけで肝心のマカロンがないことに気付きました。売り切れ? なんとマカロンだけが売り切れていました。

 何故!? なにゆえマカロンだけが売り切れているのか? というか山中の修道院までやってきてマカロンを買う人って一体何者……?

 謎が謎を呼ぶ本日三度目の驚きの展開。しかし考えたところで謎が解けるはずもなく、仕方なくプロバンスクッキーを買って修道院を後にしたのでありました。うむむ、今度来るときは必ずマカロンを買ってやるぞ。覚悟しておれ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070116

2007-01-14

[]「ゴージャス」! 03:15 「ゴージャス」!を含むブックマーク

野性時代」vol.39収録の桜庭一樹さんの短編「ゴージャス」と、桜庭さんの特集を読みました。

野性時代 vol.39 (2007 2) (39)

野性時代 vol.39 (2007 2) (39)

  • 「ゴージャス」

(ネタばれにならない程度に内容に軽く触れます。)

「少女七竃と七人の可愛そうな大人」のプレストーリーで、主人公は「七竃」でスカウトとして登場する乃木坂れな。主人公の年齢という点から見ると「七竃」の後、「赤×ピンク」とほぼ同じ位置づけができる作品です。紛れもない「地方都市シリーズ」の一篇。ただし短編なので七部作には数えないのでしょうね。

    • 「少女」が内包する虚構性について

 桜庭作品において「地方都市」と「大都市」との間の移動には大きな意味が込められています。でも、それだけではないですね。「赤×ピンク」のまゆは大都市に出ても物語上の「まゆ14歳」だし、ミーコは作りものの世界の「SMの女王様」です。「竹田くんの恋人」の水菜も秋葉原まで出てきてもあくまでギャルゲーキャラでしかありません。桜庭作品における「少女」という概念は、大都市に出てきてもなお虚構を抱え込んでいるのです。そしてその構造は「ゴージャス」においてアイドルを演じる乃木坂れなにもやはり共通しています。


    • 母と娘について

「七竃」では川村優奈と七竃との母と娘の関係が描かれていました。が、「七竃」と「ゴージャス」を合わせると、実の母娘とは違う、乃木坂れなと七竃のもうひとつの精神的な母娘関係みたいなものも描かれているような感じがします。この関係は「竹田くんの恋人」における大家さんと水菜の関係に似ています。


    • 大男について

「ゴージャス」には乃木坂れなの親衛隊長として大男が登場しますが、この「大男」というのは桜庭作品に時折姿をみせる類型キャラのようですね。典型的なのが「赤×ピンク」の師範代と「竹田くんの恋人」の鮫口真猪。他にも「Girl's Guard」のマッチョ警官とか「赤朽葉家の伝説」の黒菱の婿とか。「ゴージャス」の乃木坂れなと親衛隊長の会話は「赤×ピンク」におけるミーコと師範代を連想しますし、二人の住んでいるところの設定は「竹田くんの恋人」における主人公たちと鮫口真猪の関係と共通しています。


    • 番外編について

GOSICK」の短編を除けば初めて桜庭さんの番外編的短編を読んだのですが、他作品との関連を妄想……じゃなくて連想できてとても面白かったです。こんなことなら「砂糖菓子〜」の番外編「暴君」「脂肪遊戯」も読んでおけば良かった〜! 「砂糖菓子〜」の新装版がでるようなので、これを機会に収録されないでしょうか。


  • 特集

 対談、インタビュー、解説、評論と、とにかく盛り沢山の内容で、ファンならば買って損はないと思います。「桜庭一樹煩悩の108冊ブックリスト」は「長門有希の100冊」への対抗意識の現われでしょうか?(多分違います)

 小説新潮別冊文藝春秋の連載作品も単行本化が決定しているようなので楽しみです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070114

2007-01-13

[]阪中の家は芦屋にある 20:21 阪中の家は芦屋にあるを含むブックマーク

 阪中の家は北高から続く山道をどんどん下った坂の下にあるローカル駅から電車に乗り、さらに本線を乗り継いで一駅行ったあたりにあるそうだ。ちょうど俺たちSOS団が毎度集合場所に使う駅とは逆方向で、俺も滅多に行くことはないが、確かなかなかの高級住宅街が広がりを見せている土地柄だった。


谷川流涼宮ハルヒの憤慨」204ページ

涼宮ハルヒの憤慨」収録の中篇「ワンダリング・シャドウ」に登場する、ハルヒキョンのクラスメイト阪中。この阪中の住む地域のモデルはある程度特定することができます。

    • 北高から続く山道をどんどん下った坂の下にあるローカル駅→甲陽園駅がモデル
    • 乗り継ぐ駅→夙川駅がモデル
    • SOS団が毎度集合場所に使う駅→西宮北口駅がモデル

であることはすでに各所の指摘から明らかです。よって阪中家がある地域のモデルは、夙川から阪急神戸線西宮北口とは反対方向に一駅行った、芦屋川駅周辺であると考えて良いでしょう。また芦屋は実際に高級住宅街でもあります。

 という訳で行ってきました、芦屋川駅。

 セレブな町並みとは裏腹に駅は地味で、駅前広場もありません。何を撮影したらよいのか困ってしまったので改札の北側にある花時計を撮ってきました。

 駅から出た俺たちは、阪中を先頭に再び山の方を目指すことになった。ただし北高へ至る道とは違って比較的平坦な市街地の中で、心なしか道行く人々が全員オシャレに見える。


谷川流涼宮ハルヒの憤慨」209ページ

 山があるのは北側なので、SOS団は駅を出て北に向かったと考えられます。

 ↑駅から北側を望むとこんな感じ。右側に見えるのは芦屋川。

 その後、SOS団は阪中の家を出て阪中&犬のルソーとともに東に向かい、夙川をモデルにしていると思われる川につき当たります。ただし芦屋川と夙川は東西2km強離れており、犬の散歩にはちょっと遠いかもしれません。西宮北口夙川との位置関係についても言えるのですが、ハルヒの世界では現実よりも東西が圧縮されているような気がします。

2007-01-12

[]サヨナラセカイ 00:29 サヨナラセカイを含むブックマーク

「赤朽葉家の伝説」に関連していくつかネタを。


  • 次は白い本?

 桜庭一樹さんは以前に「青い本」

ブルースカイ (ハヤカワ文庫 JA)

ブルースカイ (ハヤカワ文庫 JA)

を出されていますが、その直後の京フェス2005で「赤い本と白い本も出してトリコロールにしようかと思っています」と言われていたのを思い出しました。冗談だと思っていたのですが、本当に「赤い本」

赤朽葉家の伝説

赤朽葉家の伝説

が出てしまったので、ひょっとするとじきに「白い本」も出てしまうのではないかと動揺しています。ちなみに「青い本」と「赤い本」は同じ人が装丁デザインをしています。


  • 夜空に満天の

(赤朽葉家の)70ページには、デビュー作『AD2015隔離都市―ロンリネスガーディアン』の投稿時のタイトル『夜空に、満天の星』を思わせる一文がある。


一本足の蛸 -斜め読み『赤朽葉家の伝説』(3)-赤い館の秘密-

 このフレーズは他にも出てきますね。

眠れない夜に君がもし窓を開けて空を見上げたら♪ 満天の星が瞬いてすごく綺麗で涙なんてこぼれたりしたら♪ 君はきっと生きててよかったと思うのだろう♪


桜庭一樹「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」95ページ

君の歌は僕の歌―Girl’s guard (ファミ通文庫)

君の歌は僕の歌―Girl’s guard (ファミ通文庫)


  • サヨナラセカイ

 こうした例は、結構あるのかも知れません。たとえばこの本↓

のサブタイトルを見るたびに、私は「赤朽葉家の伝説」と「ブルースカイ」を連想してしまうのであります。微妙に違いますけれども。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070112

2007-01-11

[]少年系主要ライトノベルレーベル刊行点数2001-2006月別 03:03 少年系主要ライトノベルレーベル刊行点数2001-2006月別を含むブックマーク

 電撃文庫は電撃ゲーム文庫、電撃G's文庫を含みます。

年/月電撃ファン
タジア
ファミ
スニー
カー
MFJSD
文庫
GA
文庫
富士
ミス
HJ
文庫
デュ
アル
ソノ
ラマ
2001/0198510-4-3-62
2001/0211667-3-3-52
2001/0310659-3-3-52
2001/0487711-3-4-52
2001/059849-3-3-52
2001/068869-3-3-53
2001/07117813-5-3-53
2001/089658-5-4-63
2001/0911789-5-4-43
2001/1010767-4-3-72
2001/11127611-5-3-52
2001/1210788-4-6-53
2001小計1188474111-47-42-6329
年/月電撃ファン
タジア
ファミ
スニー
カー
MFJSD
文庫
GA
文庫
富士
ミス
HJ
文庫
デュ
アル
ソノ
ラマ
2002/018737-3-4-42
2002/0210798-4-2-32
2002/0310566-3-2-33
2002/0412679-3-4-32
2002/0512755-4-3-23
2002/069655-3-5-34
2002/0710108544-3-23
2002/08966734-3-53
2002/091175833-3-53
2002/101085534-3-33
2002/11987833-3-33
2002/12845834-6-32
2002小計1188171811942-41-3933
年/月電撃ファン
タジア
ファミ
スニー
カー
MFJSD
文庫
GA
文庫
富士
ミス
HJ
文庫
デュ
アル
ソノ
ラマ
2003/01877824-5-12
2003/02986634-2-22
2003/031298644-4-23
2003/04997824-4-25
2003/051388555-3-23
2003/061388755-5-13
2003/071387545-3-03
2003/081379755-4-01
2003/091297763-4-12
2003/101284654-0-03
2003/111278634-0-01
2003/121177645-8-02
2003小計1379586774852-42-1130
年/月電撃ファン
タジア
ファミ
スニー
カー
MFJSD
文庫
GA
文庫
富士
ミス
HJ
文庫
デュ
アル
ソノ
ラマ
2004/011276745-8-11
2004/021268445-4-02
2004/0312810455-4-13
2004/041287465-4-02
2004/051196664-4-03
2004/061398445-3-01
2004/071298446-4-11
2004/081478845-3-11
2004/09141010464-4-02
2004/1014104855-4-02
2004/111396634-4-02
2004/1213713575-6-01
2004小計1529994645858-52-421
年/月電撃ファン
タジア
ファミ
スニー
カー
MFJSD
文庫
GA
文庫
富士
ミス
HJ
文庫
デュ
アル
ソノ
ラマ
2005/011477643-4-01
2005/021287846-4-12
2005/0314710853-3-11
2005/0413156834-4-00
2005/051298654-4-02
2005/061385855-4-20
2005/071498855-4-04
2005/081487655-4-00
2005/091499656-4-24
2005/1014107555-3-10
2005/1115106856-3-11
2005/121599674-7-00
2005小計16410989835856-48-815
年/月電撃ファン
タジア
ファミ
スニー
カー
MFJSD
文庫
GA
文庫
富士
ミス
HJ
文庫
デュ
アル
ソノ
ラマ
2006/01148968445-00
2006/021581056534-02
2006/031491265533-10
2006/04147686424-10
2006/051310674644-00
2006/061487106554-10
2006/07148776544600
2006/08147885554520
2006/09169865463600
2006/10149757533510
2006/11136677552400
2006/12167776657610
2006小計171969382715949473272
電撃ファン
タジア
ファミ
スニー
カー
MFJSD
文庫
GA
文庫
富士
ミス
HJ
文庫
デュ
アル
ソノ
ラマ
2001小計1188474111-47-42-6329
2002小計1188171811942-41-3933
2003小計1379586774852-42-1130
2004小計1529994645858-52-421
2005小計16410989835856-48-815
2006小計171969382715949473272
2001-
2006計
8605645074982543144927232132130
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070111

2007-01-10

[]めでたいイノシシの看板で 01:31 めでたいイノシシの看板でを含むブックマーク

 今年初めての谷川流作品の聖地巡礼の写真はこれで行きたいと思います。

 さすが西宮土木事務所。干支の看板を用意してくれるとは粋です。(違うだろ)

[]駐輪場についてさらに追記 01:31 駐輪場についてさらに追記を含むブックマーク

 駐輪場について訂正。そして興味深い事実のコメント欄でKashさんより「『陰謀』でキョンが使った駐輪場は『西宮甲風園駐輪センター』ではないか」という旨の指摘を受けていたのですが、現地に再度行って調べてみましたらご指摘の通りでした。阪急駅ビル内の「西宮甲風園駐輪センター」に自転車を停めてもSOS団集合場所のモデルである駅前の小さな公園「甲風園」からは死角になって見えないので、ここもキョンが停めた駐輪場の候補地の条件を満たしていました。

 毎度毎度の早とちり、済みません。m(__)m

 という訳でキョンが使用した駐輪場の4つ目の候補地「西宮甲風園駐輪センター」の紹介です。

 阪急西宮北口駅の駅ビルの中、駅前公園のまん前にあるのですが、この中に駐輪するためには西側の入り口に回らなければなりません。

 ここが入り口。駅前公園からは死角になっています。すなわちキョンがここから入ってもSOS団には見えないんですね。ここから階段&スロープを登っていって駅ビル内に駐輪するようになっています。

 駅ビルの中にも人だけが通れる出入り口があります。ハルヒ聖地巡礼で、ここのレンタサイクルを利用した方も多いのではないでしょうか。

 この「西宮甲風園駐輪センター」は他の3つ市営駐輪場と異なり、阪急が運営しているものですが、開設された時期は他の3ヶ所とほぼ同じ1986〜1987年であることが地域情報誌「宮っ子」のバックナンバーから分かっています。すなわち、谷川流さんがキョンと同じ年齢だった頃にできたのです。

2007-01-09

[]少年系主要ライトノベルレーベル刊行点数2001-2006 00:10 少年系主要ライトノベルレーベル刊行点数2001-2006を含むブックマーク

 うちも何か1つくらいは年末年始らしいエントリーをやっておこうということで、去年のライトノベルレーベル刊行点数をまとめ始めました……のですが、去年だけでは寂しいので2001年から集計してみました。

レーベル200120022003200420052006
電撃文庫*1118118137152164171
富士見ファンタジア文庫8481959910996
ファミ通文庫747186948993
角川スニーカー文庫1118177648382
MF文庫J-1948585871
スーパーダッシュ文庫474252585659
GA文庫-----49
富士見ミステリー文庫424142524847
HJ文庫-----32
徳間デュアル文庫633911487
ソノラマ文庫29333021152

 データはとある文庫の電子目録およびラノベの杜さん【FANTASY Bookmark】さんのものを使用しました。各レーベル1〜2点の集計間違いはあるかも知れませんが、大勢には影響ないと思います。

 そのうち、こういうのをガーッっと算出するCGIを作ろうと思っています。

*1:電撃ゲーム文庫、電撃G's文庫を含む

kirisakinekokirisakineko 2007/01/09 01:10 GAとHJってそんなに出たんですか。やっぱりちょいと過当競争気味ですねい。電撃以外の老舗が新興レーベルに市場を食われてるのが現状……だとやだなあ。

JV44JV44 2007/01/09 02:07 なかなか面白いデータですね。
発行点数が増えているレーベルは新人発掘が上手くいっていると言えそうです。
HJは意外に多いんですね。ただ、着実に棚を押さえつつあるGAに対し、HJは入荷しない書店もまだ多いし、ちょっと存在感が足りない感じ。

giolumgiolum 2007/01/09 02:21 HJ文庫は半年でこの数字なので今年はMF文庫Jと同じくらいまで行くかも。小学館ガガガ文庫も大手なので40点以上は出そうな気がします。
老舗はつまり角川系と集英社になる訳ですが、どちらもそう簡単につぶれるような会社ではないので市場を食われても大崩壊には繋がらないんじゃないでしょうか。むしろMF文庫J、HJ文庫、GA文庫が本当にこんな勢いで続けられるのかなという気がします。まぁそれだけ本気で勝負を掛けてきているのでしょうけれども。

giolumgiolum 2007/01/09 02:33 >新人発掘
どのレーベルでも重視しているのでしょうが電撃とMF文庫Jは上手くいっているように見えますね。
ただ老舗では消えていく人や引き抜かれていく人もいるので、新人が増えても全体で増えないということがありそうです。

kim-peacekim-peace 2007/01/10 20:23 月あたり発行点数のデータもあるともっと良いかも・・・と言ってみます。

giolumgiolum 2007/01/11 03:04 >月あたり発行点数
作ってみました(1/11付)。あまり見易くないですが……(汗)。

2007-01-08

[]「ゲーム=虚構」は地方都市に内包されるものかも知れない 03:15 「ゲーム=虚構」は地方都市に内包されるものかも知れないを含むブックマーク

「赤朽葉家の伝説」について色々書こうと思って調べているうちに次のような文を見つけました。

自分が育ったのが鳥取の、中国山脈と日本海にはさまれた狭い町なんです。ゲームの画面に出てくるつくられた町がありますよね。道があるところだけに建物があって、その外側には何もない。町と町のあいだが空白になっていて、どこにも行けないみたいなイメージが昔からありました。


Yahoo!ブックス-インタビュー-桜庭一樹

 これを見て真っ先に連想したのは「赤朽葉家の伝説」ではなく、ましてや「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」でもなく、「竹田くんの恋人」でした。

 やっぱり「竹田くんの恋人」の冒頭に登場するゲーム内の砂漠は鳥取砂丘だったんだ!(←その妄想はもう捨てろ。)

「竹田くんの恋人」は作中のゲーム世界を地方都市に置き換えると「推定少女」と「少女七竃と七人の可愛そうな大人」を足して2で割ったような話になります。無論、細部の演出や全体の完成度は全然違いますが物語の構造は非常に似ています。また「竹田くんの恋人」のアパートの大家さんは「荒野の恋」の蓉子、「赤朽葉家の伝説」の万葉へと繋がっていくキャラクターであると思います。

「竹田くんの恋人」は少年視点の「美少女ゲームのキャラクターがやってきた」という話ではなく、少女視点の「閉塞したゲームのような空間に閉じ込められた少女が、そこを打ち破って外部へ出て行く」話として捉えるべきなのではないか? 「推定少女」よりも前に「地方都市シリーズ」の舞台装置は「竹田くんの恋人」で揃っていたのではないか? と思うのであります。ただし「竹田くんの恋人」ではその舞台装置はまだうまく歯車がかみ合っていなかったようですが。

 そして「推定少女」や「少女には向かない職業」を読んだときは大塚英志さんの影響で「ゲーム世界=虚構=地方都市の外部にあって外部の機能を果たさないもの」と考えていたのですが、「竹田くんの恋人」「赤朽葉家の伝説」それに上記のインタビューを読んで少々考えが変わりました。桜庭一樹さんの作品では「ゲーム世界=虚構=地方都市の内部にあるもの」になるのではないでしょうか。

 何が言いたいのか自分でもよく分からなくなってきましたが、えーつまりは(汗)、桜庭作品では地方都市とゲーム世界の間の行き来は重要ではなく、「ゲーム=虚構からの脱出」が重要である、それも地方都市からの脱出と同じくらい重要であるのではないかということです。


    • 虚構から抜け出せなかったキャラクター

    • 虚構から抜け出していったキャラクター

 キャラクターを挙げてみるとこんな感じ。恐らくあらや抜けや事実誤認があるので、追々修正していければ良いと思います。

 そういえば「赤×ピンク」の皐月も暴走族でしたね。あ、「赤朽葉家の伝説」で山に行くシーンは「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」に似ているし、「恋のバカンス」と「人魚の骨」もなんとなく似てるなぁ。「赤朽葉家」についてはまだまだ考えることがありそうです。


  • 余談ですが

 Webミステリーズ!の「桜庭一樹 読書日記」ウンベルト・エーコの「薔薇の名前」が好きな本として挙がっていますね。

中世イタリアの修道院で起きた連続殺人事件。事件の秘密は知の宝庫ともいうべき迷宮の図書館にあるらしい。


東京創元社「薔薇の名前」紹介ページより。

GOSICK」を読んだときに「聖マルグリット学園の大図書館って『薔薇の名前』のオマージュかな?」と思ったのですが、やはりその可能性は大きそうです。

薔薇の名前〈上〉

薔薇の名前〈上〉

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070108

2007-01-07

[]見る立場と見せる立場〜演劇ものとして読む「銀盤カレイドスコープ16:01 見る立場と見せる立場〜演劇ものとして読む「銀盤カレイドスコープ」を含むブックマーク

小説では一人称か三人称でも一元視点にして、読者に感情移入させるのが、小説のアドバンテージを生かした戦略なのだと言えるのだが、明確に「感情移入させるぜ」という戦略を採っている小説は少ない。最近読んだものだと、「銀盤カレイドスコープ」くらいだ。


東雲製作所渉外部 (2006-12-28)

 海原零さんの「銀盤カレイドスコープ」は一人称の小説ですが、多くの一人称ライトノベルとは異なる点があります。それは主人公が「見る立場」に居るとともに、見られる立場、というよりも「見せる立場」に居ることです。「銀盤〜」はフィギュアスケートを題材にしたスポーツ小説であると同時に、主人公の立場から考えると「演劇もの」であると解釈することができるのです。

「銀盤〜」は大きく2つの局面に分けて読むことができます。

    • 主人公桜野タズサの内面が描かれるトレーニングのシーン
    • タズサの内面と、それに支えられた外面が描かれる演技(試合)のシーン

 この構造には少なくとも2つの特徴があります。

 1つは内面と外面のギャップが激しいこと。トレーニング中はともかくとして、演技中のタズサは「見せる立場」に徹します。「見せるための外面」は普段のタズサとはほとんど別人で、ある意味、自分を守るための痛々しい心の鎧と捉えられなくもありません。ひとたび外面がほころぶと、一気に内面まで崩れ去ってしまいます。しかしタズサは外面だけを取り繕うのではなく、内面から自分を築き直していくのです。

 2つ目の特徴は演技の内容がトレーニングを含めた作品全体の展開と関連付けられていることです。一種のメタ構造ですね。

 例えば9巻で、タズサは「シンデレラ」をテーマに前半と後半で2回演技を行います。「シンデレラ」はご存知の通り前半と後半で主役のシンデレラの立場が大きく変わります。この変身自体がシンデレラのキャラクターであり「シンデレラ」という話そのものと言っても良いでしょう。そしてタズサが演じる2回の「シンデレラ」の出来は、「シンデレラ」作中の前半と後半の内容であり、ひいては「銀盤〜」9巻の前半・後半の展開そのものでもあるのです。

 これらの特徴はシリーズ全体の主役であるタズサだけではなく、他のスケーター、ヨーコ、キャンドル・アカデミア、至藤響子、ドミニク・ミラーにもあてはまります。

 一方、ガブリーやリア・ガーネットの内面はほとんど描かれません。しかし演技内容が作品の展開と一致するので、タズサや至藤響子と同じようにガブリーやリアにも内面が存在することを意識できるのです。だからこそ

今回の見所はなんといってもリアというキャラクターに尽きるだろう。幼少期からその天才ぶりを発揮し、あたりまえのように銀盤を支配する小柄な美少女

 彼女はいったいその澄んだ瞳の奥で何をかんがえているのか? それは〈銀盤カレイドスコープ〉最大の謎だった。ある意味では、今回もその謎はとけない。しかし、この物語のクライマックスはリアの存在なしに語れない。

(中略)

リア・ガーネット、神に選ばれた天才は、その努力を、刻苦を、研鑚を、たやすく蹂躙していく。その存在感はまさに圧倒的。ただの滑る長門有希じゃなかったのか!

 そして、そのリアの存在感を踏まえた最終巻の展開はじつに意表をつく。まさかまさかこんな展開になるとは。

 しかし、それは決してたんなる意外性ねらいの奇策ではなく、これまでの主題をなぞるものなのである。お見事としかいいようがない。


Something Orange (2006-12-6)

といった捉え方が可能なのです。しかし海燕さんはリア・ガーネット長門有希だと思っていたのか。そうなのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070107

2007-01-06

[]ちょっと早まったかな 01:57 ちょっと早まったかなを含むブックマーク

 桜庭一樹さんの一連の作品を「地方都市シリーズ」として勢い込んではてなキーワードに登録したのは良いのですが、登録するべきではなかったのではないかと思い始めています。そもそも「地方都市シリーズ」というのは内輪での呼び方に過ぎず、繰り返し使っているのは安眠練炭さん白翁さん、私の3人くらいではなかろうかと思います。

 桜庭一樹さんはインタビューや講演で再三「推定少女」「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」等が系列作品であることを明らかにしています。ならばまとめた呼び名があったほうがなにかと便利。しかしインタビューに登場する「7人の女の子をめぐる7つの物語」はちょっと長い。では既に使い始めている「地方都市シリーズ」でどうか?と思った訳でありますが……。(それから「都市シリーズ」というはてなキーワードが既にあるので、そちらに引っ掛からないようにしたいということもありました。)

 いずれ一連の作品にはなにかしらの通称が付くことになるでしょう。私としては「地方都市シリーズ」という呼称自体にはこだわりはありませんで、別のもっとふさわしい名称が出てきたらそちらを使っても構いません。はてなキーワード地方都市シリーズ」があまりに使われないようであれば、キーワードからは引き上げて、LightNovel Groupにでも置かせてもらおうかと思っております。

[]北高南の駄菓子屋で買い食いしてみたい 00:48 北高南の駄菓子屋で買い食いしてみたいを含むブックマーク

 神奈総社さんが涼宮ハルヒの憂鬱舞台の検証 その21で北高の南にある駄菓子屋を紹介しておられますね。

 この駄菓子屋は「暴走」収録の「エンドレスエイト」83ページと、「陰謀」の48ページに間接的に登場します。現実の西宮北高の周囲で食べ物が買えるところはここしかないのでここがモデルで間違いないでしょう。が、しかし、北高生徒が目当てのお店のためなのか平日の昼間しか開いていないようで、私はシャッターが閉まっている状態しか見たことがありません。いつの日か、ここで買い食いをしてみたいものです。

 あと「珈琲屋ドリーム」の店内も紹介されていますが、あそこで4人掛けの席に着くのは「ハルヒ」のファン、あえて送風口の下の2人掛けの席に着く*1のが「学校を出よう!」のファンであります。テストに出るかも知れませんので覚えておきましょう。

*1:「学校を出よう!」4巻21ページ参照。

2007-01-04

[]これぞ桜庭一樹流、戦後少女民俗22:48 これぞ桜庭一樹流、戦後少女民俗史を含むブックマーク

赤朽葉家の伝説

赤朽葉家の伝説

 あけおめことよろでございます。

 桜庭一樹さんの「赤朽葉家の伝説」は、予想していたより遥かにボリュームがあったために去年最後に読み終える本ではなく、今年最初に読み終えた本となりました。シリアスな小説なのですが、そんなことよりまず娯楽作品としてめっちゃ楽しめました。抱腹絶倒。貴方が桜庭一樹ファンならば、これは読んでおけ!

 この本についてはかなり色々語れそうであります。まずは少女マンガが読みたくなりました。特に「花のあすか組!」ですね。あと大塚英志さんの「少女民俗学」をなんとか入手したいものです。

花のあすか組! (1) (コミック版高口里純文庫)

花のあすか組! (1) (コミック版高口里純文庫)

少女民俗学―世紀末の神話をつむぐ「巫女の末裔」 (光文社文庫)

少女民俗学―世紀末の神話をつむぐ「巫女の末裔」 (光文社文庫)


 それから、いわゆる「地方都市シリーズ」とは間違いなく関係のある作品だと思います。でもそれについては書き始めると非常に長くなってしまいますので、また別の機会に。とりあえず「地方都市シリーズ」をはてなキーワードに登録してみました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070104