後天性無気力症候群


 
「涼宮ハルヒ」舞台探訪記事のまとめ
 
本サイト:竜人館/ なんとか維持しようとしているサイト:とある文庫の電子目録
 
2001 | 01 |
2005 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 01 | 04 | 09 |
2011 | 01 | 05 | 06 |
2012 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |

2007-02-23

[]思うように行かない 01:11 思うように行かないを含むブックマーク

 ああ、いっそ最初から描き直そうかなぁ……(汗)

[]「分裂」的な谷川流作品(微妙にネタバレ) 01:11 「分裂」的な谷川流作品(微妙にネタバレ)を含むブックマーク

 涼宮ハルヒシリーズの次巻は「涼宮ハルヒの分裂(仮)」のようですね。まだ仮題なのでしょうが、仮に刊行までにタイトルが変更されても、2人以上のハルヒが出てくる内容である可能性大です。

 それでもって、今までも繰り返し書いてきましたが、谷川流さん作品のキャラクターは、1人の確固たる存在というより、拡散・乖離して描かれることで印象付けられることが多いです。例を挙げますと

  • 学校を出よう!4
    • 仲嶋数花#1/#43/#46/#124/#125/#158/#217/#239/#240/#241/#256

 こんな感じです。タイムトリップやメタフィクション、ストーリー分岐、平行世界などのギミックを使ってキャラクターを揺さぶっています。「笹の葉ラプソディ」ではタイムトリップしたキョンの前に、ハルヒが過去の姿で、みくるが未来の姿で、そして長門が現在の姿で登場する訳ですが、本当に上手いですよね。(こういうパラレルなキャラクターの扱いが、東浩紀さんの唱える「ゲーム的リアリズム」に近いと個人的に考えているのですがどうなのでしょう。)

涼宮ハルヒ」シリーズの場合、「消失」で長門が、「陰謀」でみくるが拡散していたので、次がハルヒの「分裂」の番だとしてもなんら不思議ではないですね。

*1:作中では特に区別して書かれていません。私が勝手に記号を振りました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20070223
Connection: close