後天性無気力症候群


 
「涼宮ハルヒ」舞台探訪記事のまとめ
 
本サイト:竜人館/ なんとか維持しようとしているサイト:とある文庫の電子目録
 
2001 | 01 |
2005 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 01 | 04 | 09 |
2011 | 01 | 05 | 06 |
2012 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |

2007-12-29

[]メモ-通過儀礼譚としての「私の男」 00:08 メモ-通過儀礼譚としての「私の男」を含むブックマーク

 ネタバレ、あります。

私の男

私の男


  • 人身御供論」を参考に、女性の通過儀礼譚として、民話「猿聟入(さるむこいり)」と比較。
人身御供論 通過儀礼としての殺人 (角川文庫)

人身御供論 通過儀礼としての殺人 (角川文庫)

舞台猿聟入私の男備考
1生家
→娘が人身御供として猿に差し出される
竹中家(奥尻)
→花が震災孤児となり大塩、淳悟に引き取られる
共同体からの「分離」段階。
猿=最初の求愛者=淳悟
2猿の家
→姫が猿を殺害→姥に拾われ隠れて生活
淳悟の家(網走)
→花が大塩を殺害→逃避行
「移行」段階。
姥=後見人=大塩
3姥の家
→長者の息子と会う→結婚
淳悟の家(東京)
→美郎と会う→結婚
「移行」段階。
長者の息子=二度目の求愛者=美郎
4長者の家美郎の家(東京)共同体への「再統合」段階。
    • 「私の男」には「猿聟入」と似た大まかなストーリー展開を読み取ることができる。少なくとも私が読んだ桜庭作品のなかでは、通過儀礼譚としての物語構造を民話・説話ともっとも比較しやすい。恐らく、通過儀礼譚(成長譚、貴種流離譚、ビルドゥングス・ロマン)としての物語の構造うんぬんを評価基準にする人にとっては大変うんちくのしがいがある作品であると思われる。
    • 「猿聟入」では「最初の求愛者」である猿が殺害されて「後見人」の姥の元に移動する。
    • 対して「私の男」では「後見人」である大塩が殺害されて「最初の求愛者」である淳悟が「後見人」を兼ねる。
    • 花が「猿聟入」の娘のように「最初の求愛者」の淳悟ではなく「後見人」の大塩を選んでいたら、花はその後至極真っ当な人生を歩んだと想像できる。
    • 花にとっての「移行対象」は大塩なのか淳悟なのか判然としないがいずれにしろ異性である。
    • 桜庭作品の少女は同性を移行対象にすることが多かった(「推定少女」「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」などに見られる「赤×ピンク」な関係)。しかし「荒野の恋」「少女七竃」あたりから異性を移行対象にし始めたのかも知れない。(ただし「推定少女」「砂糖菓子〜」の少女の片方が一人称「ぼく」を使うことに意味を見出すこともできるかも知れない。)

  • 蛇足:楼崎一郎に淳悟の原型を見る
君の歌は僕の歌―Girl’s guard (ファミ通文庫)

君の歌は僕の歌―Girl’s guard (ファミ通文庫)

    • 桜庭さんご本人のインタビュー記事によると淳悟は「砂糖菓子〜」の海野雅愛からイメージを膨らませたキャラクターだそうです。が、しかし。私は「Girl's Guard」の楼崎一郎刑事こそ淳悟の先祖ではないかと思います。例えば……ヨレヨレなところとか(笑)。以下、楼崎一郎が淳悟を連想させる場面。

切れ長のその瞳――のんきそうにも、逆に抜け目なさそうにも見えて、どうもとらえどころがない


桜庭一樹「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」P11

 一郎に笑顔が戻る。ゆっくり顔を離し、いい子だ、というように大きな手を伸ばして、マリの赤毛をワサワサ撫でる。


桜庭一樹「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」P21

 無意識にマリの頭に手を伸ばして赤毛をくしゃくしゃにする。


桜庭一樹「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」P22

「二十五歳ですよ。一郎君と同い年です」


桜庭一樹「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」P45

 カウンターに隣り合わせに座った一郎が、マリの赤毛をぐりぐりと撫でた。


桜庭一樹「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」P128

 一郎はハンドルから手を離して、マリに向き直り――

 両手でマリの赤毛をわしゃわしゃと撫でた。


桜庭一樹「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」P176

 マリは立ち上がると一郎にグラスを渡し、ビールをついだ。

 一郎はものも言わずにビールを飲み干した。マリが目をパチクリして二杯目をつぐ。

 それも飲み干してから、グラスを置き、マリの頭をくしゃくしゃと撫でる。


桜庭一樹「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」P198

「おう。じゃーな、マリ。俺の赤い花」


桜庭一樹「Girl's Guard 君の歌は僕の歌」P213

trivialtrivial 2007/12/29 00:25 『私の男』を通過儀礼譚として読むことには少々無理があるように思います。というのは、この作品のいちばん大きな特徴である「章が進むごとに過去に戻る」という語りの構造が通過儀礼譚としての読みでは全く抜け落ちてしまうからです。

giolumgiolum 2007/12/29 00:35 痛いところを突きますねぇ。(^^;;;;
まったくその通りでして、そのことについてはまた別に考えたいと思います。

2007-12-28

[]メモ−コミケ73で行こうかと思っているサークル 21:50 メモ−コミケ73で行こうかと思っているサークルを含むブックマーク


  • 29日
    • 西あ-64a「企画大好き企画屋さん」

  • 30日
    • 西と-07a「るり」
    • 西ほ-23a「三月館」

  • 31日
    • 東シ-78ab「月華茶房」「Fs5」
    • 東ユ-01a「caelestis.」
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20071228

2007-12-26

[]少年系主要ライトノベルレーベル刊行点数1988-2007 03:16 少年系主要ライトノベルレーベル刊行点数1988-2007を含むブックマーク

 1年前に続き、年間40点以上刊行のあった少年系ライトノベルレーベルの刊行点数を集計してみました*1。今回は過去20年まで範囲を広げました。データは「とある文庫の電子目録」および「ラノベの杜」さんのものを使用しました。

レーベル'88'89'90'91'92'93'94'95'96'97
電撃文庫*2-----1439444579
富士見ファンタジア文庫9334435555967586464
ファミ通文庫*3--------2016
角川スニーカー文庫*433445568688166595456
スーパーファンタジー文庫---40533336394444
ソノラマ文庫44464040423247512929
上記レーベル86123139183218219255251256288
レーベル'98'99'00'01'02'03'04'05'06'07
電撃文庫*58889100118118137152164171162
富士見ファンタジア文庫7274808481959910996109
ファミ通文庫29505674718694899391
角川スニーカー文庫5567102111817764838269
GA文庫--------4967
MF文庫J----194858587164
HJ文庫*6--------3262
スーパーダッシュ文庫*742394447425258565961
ガガガ文庫---------45
富士見ミステリー文庫--842414252484724
徳間デュアル文庫--2863391148713
ソノラマセレクション*8353028293330211522
上記レーベル321349446568525578602630709769

 今回も結局手動集計。1年前もCGIを作ろうと言っていたのに未だ作成できず。技術的にはたいした事ないのですが、時間と気力が無くって……orz



  • 追記

 ↑大変興味深い集計結果です。単純な比較はできませんが、刊行点数の推移と売上ランクイン数の推移から色々と考えることができそうです。

*1:大陸ネオファンタジー文庫、小学館スーパークエスト文庫も年間40点以上刊行した年があったかも知れませんが、未確認です。

*2:電撃ゲーム文庫、電撃G's文庫、電撃ポストカード文庫を含む

*3ファミ通ゲーム文庫を含む/ログアウト文庫、ログアウト冒険文庫を含まず

*4:角川文庫青版を含む

*5:電撃ゲーム文庫、電撃G's文庫を含む

*6HJ文庫Gを含む

*7:スーパーファンタジー文庫を含む

*8ソノラマ文庫を含む

2007-12-20

[]補足的資料としてのライトノベルレーベル一覧表 01:12 補足的資料としてのライトノベルレーベル一覧表を含むブックマーク

 のように今年のまとめ記事を書かれる方が出てくる時期になりました。が、普段ライトノベルに触れられていない方は「どこどこが新規参入」「どこどこが倒産」と言われてもあまりピンとこないかも知れません。そういう方のため(というのは建前で、本当は頭が整理できない自分のため)にライトノベルレーベル一覧表を作ってみました。

 各出版社が少年向け、少女向けに何というレーベルを出しているか、で分けてあります。

出版社少年向け
レーベル
少女向け
レーベル
備考





メディア
ワークス
電撃文庫雑誌:電撃文庫MAGAZINE
ハードカバー:継続して刊行
BL:B-PRINCE文庫
ケータイ小説:
魔法のiらんど文庫
富士見書房ファンタジア文庫
ミステリー文庫
雑誌:ドラゴンマガジン
ハードカバー単行本:Style-F
角川書店スニーカー文庫ビーンズ文庫
(2001創刊)
雑誌:ザ・スニーカー
BL:ルビー文庫
エンター
ブレイン
ファミ通文庫B's-LOG文庫
(2006創刊)
集英社スーパー
ダッシュ文庫
コバルト文庫雑誌:Cobalt
コバルト文庫BLもあり。
講談社X文庫
ホワイトハート
ホワイトハートはBLもあり。
講談社ノベルズ、
講談社BOX
ミステリーランドは一部
ライトノベル色あり。
徳間書店トクマ・ノベルズEdge
(2005創刊)
デュアル文庫
BL:キャラ文庫
新書館ウィングス文庫BL:ディアプラス文庫
中央公論新社C★NOVELSファンタジア
メディアファクトリーMF文庫J
(2002創刊)
学習研究社メガミ文庫
(2004創刊)
BL:もえぎ文庫
ソフトバンク
クリエイティブ
GA文庫
(2006創刊)
ホビージャパンHJ文庫
(2006創刊)
雑誌:キャラの!
竹書房ゼータ文庫
(2006創刊)
BL:ラヴァーズ文庫
小学館ガガガ文庫
(2007創刊)
ルルル文庫
(2007創刊)
ルルル文庫以前に
少女向けでパレット文庫、
キャンバス文庫あり。
朝日ソノラマ(廃業)
朝日新聞社合併
ソノラマノベルズ
ソノラマセレクション
リーフ出版(倒産)ジグザグノベルズ
(2006創刊)
BL:リーフノベルズ

 この表から色々なことが言えると思いますが、とりあえず主観的な意見は書かないでおきます(上の表の作り方も十分主観が入ってしまっておりますが)。


  • 補足(12/24)

 上の表で足りない点について安眠練炭さんが補足してくださっています。

kenkaiankenkaian 2007/12/24 16:28 で、電撃ゲーム文庫も健在なんだからねっ!

giolumgiolum 2007/12/24 17:55 そ、それを言われるとドラゴンブックスとかHJ文庫Gとかも入れなければならなくなって収拾がつかなくなりそうなので、他の方にお任せします。(汗)
でも「ななついろ」のノベライズはなぜ電撃ゲーム文庫ではなく電撃文庫から出たのでしょうね。

2007-12-18

[]虹色の笑顔をそっとあなたにトッピング 01:08 虹色の笑顔をそっとあなたにトッピングを含むブックマーク

うちのWebページを作ってから、今日で 12年。スイートミントは 12才……。


好きなら、言っちゃえ!! 告白しちゃえ!! ―2007年 12月 17日 月ようび

http://www2e.biglobe.ne.jp/~ichise/TODAY/2007_12.HTM#d17_1

 おめでとー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20071218

2007-12-14

[]『「ハルヒ」は「エヴァ」の継承者か』への違和感 04:02 『「ハルヒ」は「エヴァ」の継承者か』への違和感を含むブックマーク

「ハルヒ」は「エヴァ」の継承者か

とりあえずいきなり「ゲーム的リアリズム」とか出てくるとは思いませんでした。

その辺についての解釈はid:giolumさんにお願いしたいところ。



平和の温故知新@はてな-日経ハルヒエヴァ比較論を読んで適当に思ったこと

http://d.hatena.ne.jp/kim-peace/20071213/p1

 とりあえずいきなり私に振られるとは思いませんでした。

 その辺についての解釈は、えーと誰にお願いしようか……え、私が書けって?


  • 可能性の束に萌える

 実のところ、私の「ゲーム的リアリズム」に対する解釈は、上記の元記事を書かれている石鍋仁美さんの解釈とは少々異なります。元記事が決定的におかしなことを書いている、という訳ではないにしても。

 現実は一回性のものではなく、何度でもやり直せる。この感覚が東氏のいう「ゲーム的リアリズム」だ。

 うーん、微妙。そうとも言えますが、それだけではないとも思います。東浩紀さんの唱える「ゲーム的リアリズム」とは、物語の可能性の束(言い換えると「別の物語を想像させる力」)によってキャラクターに説得力が与えられている、ということだと考えております。

バッドエンドなら(あるいはそうなりそうなら)やり直せばよい。

 これにははっきりと違和感を覚えます。確かに分岐型ゲームはやり直しがききます。しかしバッドエンドだからやり直すのではありません。ハッピーエンドでもやり直すのです。むしろ分岐型ゲームのプレイヤーは

「バッドエンドを見ずに『○○*1萌え〜』と軽々しく語るなど、笑止」

と心の中で叫ぶものではないかと思うのですがいかがでしょうか。>ギャルゲーマーの方

 つまり「やり直す」のは「たったひとつのハッピーエンドを見たいから」ではなくて、「ハッピーエンドもバッドエンドも見たいから」なのです。ハッピーエンドもバッドエンドもあって、初めてそのキャラクターに魅力を感じる、ということです。いずれにしろオタクご都合主義には違いないかも知れませんが。


  • 参考

*1:お好みのギャルゲーキャラをお入れください

fuzzy2fuzzy2 2007/12/14 08:26 >「バッドエンドを見ずに『○○*1萌え〜』と軽々しく語るなど、笑止」
好きなキャラなら、全ルート全パターンを見たいと思うのは基本だと思います。
安易にリセットを好むスタイルは、昔ならファミコンのRPGのゲームとかですね。

giolumgiolum 2007/12/16 23:50 >昔ならファミコンのRPGのゲームとか
パーティ全滅の時はリセットしましたね。
でも私は「はい/いいえ」の選択肢は極力全部試しましたし、ダンジョンも隅々まで行ってみないと気がすまないプレイスタイルでしたよ。(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20071214

2007-12-12

[]大きい付録も良し悪しです〜電撃文庫MAGAZINEプロローグ1 00:51 大きい付録も良し悪しです〜電撃文庫MAGAZINEプロローグ1を含むブックマーク

電撃文庫MAGAZINE (マガジン) 2008年 01月号 [雑誌]

電撃文庫MAGAZINE (マガジン) 2008年 01月号 [雑誌]

とはいえ、付録3つが雑誌とほぼ同サイズの封筒に入っていた点は凄く評価したいです。

(これって書店で封入してたのかな・・?)

取り扱いや保存が楽ですし、もし納品時に作業済みなら書店さんも嬉しいのではないでしょうか。


やや不満もあるものの内容は充実「電撃文庫MAGAZINE」感想 - 平和の温故知新@はてな

http://d.hatena.ne.jp/kim-peace/20071211/p1

 複数の書店で確認したわけではないのですが、私が購入した書店に置いてあった「電撃文庫MAGAZINEプロローグ1」は、本の裏(外側)に封筒を入れてパックされていました。封入作業に詳しくないので断言はできませんが、書店で封入したようには見えませんでした。

 それでもって、私が「電撃文庫MAGAZINEプロローグ1」を購入したとき、ちょっとした珍事がありました。

 レジでバーコードが読めない。(待て)

 上述のように、「電撃文庫MAGAZINEプロローグ1」には本体とほぼ同サイズの付録入り封筒が同封されています。そして私がレジに持っていったものでは、封筒が裏表紙下方にプリントされているバーコードを隠していたため、書店の店員さんがバーコードをリーダーで読み取ることができなかったのです。バーコードがあらかじめ読み取れないと分かっている場合、バーコードのみを別のプレートに貼って用意しておくものらしく、店員さんが「電撃文庫MAGAZINE」のプレートがないか探します。しかし、最初からないのか、はたまた慌ているためか、ともかくもプレートは見つからず。店員さんは今度は封筒を必死に少しずつ上にずらして、バーコードを読み取れないか試しています。待つことしばし、バーコードが1/3ほど覗いたところで、バーコードリーダーが反応。「お待たせして済みません」と恐縮する店員さん。「いいです。いいです」と笑いながら答える私。

 スーパーやコンビニのレジで商品のバーコードを読めないことは時々見かけるのですが、書店でこんなことは初めてです。書店員さんも大変ですなぁ。

2007-12-10

[]「とある文庫の電子目録」6000点到達 02:47 「とある文庫の電子目録」6000点到達を含むブックマーク

 地味に作っております刊行データベースとある文庫の電子目録」の登録点数が6000点を超えました。5000点を超えたのが2006-9-18なので1000点増やすのに約15ヶ月掛かっております。

 ここ1年ほどで新規参入してきたレーベルをカバーできていないですし、コバルト文庫、X文庫、スニーカー文庫、ソノラマ文庫もまだ入れられておりません。それらを入れられたら約14000点になると思うのですが、果たしてそれができるのはいつになることやら、であります。

 新刊情報に関しては優れたサイトさんが幾つもありますので、私はどちらかといえば忘れられかけている過去を掘り下げる作業に重きをおきたいと思っています。AX文庫とか、ガンマ文庫とか、ネオファンタジー文庫とか。

Matsu23Matsu23 2007/12/10 23:05 頑張ってますね〜。うちは過去データの移行作業後に実施予定のため、当分ほおっておくといった状況です。
しかも、旧サイトはたぶん年末で切れるので、来年には使えなくなりそうです。

giolumgiolum 2007/12/11 01:54 いや〜、私も現在扱っているレーベル分だけでラノベの杜さんについていくのが精一杯です。もっとデータ収集&加工作業を自動化しないといけませんね。あとは個人の能力に頼らずに、集団でデータをメンテするシステムを構築するとか。
ラノベの杜のDBは一時的に使えなくなるのですね。近々に使わせていただく可能性のあるデータは落としておきます。(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20071210

2007-12-09

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20071209

2007-12-05

[]2005年の谷川流さんの長編作品を繋ぐかも知れないもの 03:44 2005年の谷川流さんの長編作品を繋ぐかも知れないものを含むブックマーク

 先日のエントリーのまとめ直し。

絶望系 閉じられた世界 (電撃文庫 1078)

絶望系 閉じられた世界 (電撃文庫 1078)

涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの陰謀 (角川スニーカー文庫)

ボクのセカイをまもるヒト (電撃文庫 (1168))

ボクのセカイをまもるヒト (電撃文庫 (1168))


作品名作中での
事柄
元ネタ
絶望系
閉じられた世界
キャラクター名
(建御、杵築、事代など)
日本神話から持ってきている。
「絶望系」キャラクターの元ネタメモ
涼宮ハルヒ
の陰謀
鶴屋山での宝探し鶴屋山=甲山。
神功皇后が甲山に兜を埋めたという伝承をヒントにしている。
ボクのセカイ
をまもるヒト
(1巻)
≪剣精≫の"剣" 媛古代の西宮に武庫水門(むこのみなと、向津)という港があった。ここから上陸した神功皇后が廣田神社に祭ったとされる「天照大神の荒魂=向津媛」が元ネタ?
廣田神社の宝物は「剣珠」。
猫子廣田神社の初代神主「葉山媛=山背根子娘(やましろのねこのむすめ)」が元ネタ?
津門綾羽紬武庫水門から上陸したとされる「漢織(あやはとり)」にちなんで、津門綾羽町という町名がある。
朝凪津波・巽姉弟武庫水門が夙川・御手洗川の運ぶ土砂で埋まり、南に新しい港として「今津」が作られた。今津水波町、今津巽町という町名がある。(そのさらに南に朝凪町がある。)

 正直申し上げまして「媛」「猫子」については、現時点で合っている可能性は20〜30%だと思います。妄想の域を出ていません(笑)。もっと決定的な証拠が見つからないと、なんとも言えませんね。

2007-12-03

[]「ボクのセカイをまもるヒト」の「媛」の元ネタは広田神社にあるとする仮説 00:34 「ボクのセカイをまもるヒト」の「媛」の元ネタは広田神社にあるとする仮説を含むブックマーク

 谷川流さん作の「ボクのセカイをまもるヒト」シリーズに登場するキャラクター「媛」の設定は、西宮市大社町にある広田神社(廣田神社)をヒントにしているのではないかと考えます。

「媛」の元ネタを広田神社に求める説には、既にZOZ団さんの「葉山媛」説があります。しかし私は初代神主の「葉山媛」よりむしろ祭神である「天照大神の荒魂(=向津媛)」の方が「媛」の元ネタではないかと考えます。


  • 根拠
    • 広田神社の祭神は「天照大神の荒魂」であるが、「荒魂(あらたま)」とは日本神話における「神の攻撃的な側面」のことであり、≪剣精≫の"剣"である「媛」に相当すると解釈できる。
      • 神のもう一つの側面である「和魂(にぎたま)」が、≪剣精≫の"盾"である「すみれ台」に相当する、と……思う。ちょっと無理かな。(弱気)
    • 広田神社の宝物は水晶珠だが、「剣珠(けんじゅ)」と呼ばれている。

  • 状況証拠
    • 広田神社創建の神話を物凄く要約すると、「天照大神の荒魂(=向津媛)」が現在の西宮市にあった武庫水門(むこのみなと)から上陸して鎮座するということになるが、「媛」のライバルである津門綾羽紬もつきつめれば武庫水門の津門から上陸した「アヤハトリ」という伝説上の女性が元ネタである。