後天性無気力症候群


 
「涼宮ハルヒ」舞台探訪記事のまとめ
 
本サイト:竜人館/ なんとか維持しようとしているサイト:とある文庫の電子目録
 
2001 | 01 |
2005 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 01 | 04 | 09 |
2011 | 01 | 05 | 06 |
2012 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |

2008-09-30

[]「魔群惑星」&「聖刻の書」100万部突破記念巻末コミック 「魔群惑星」&「聖刻の書」100万部突破記念巻末コミックを含むブックマーク

 ずーっっと以前に渡邉由自さんの「聖刻の書」シリーズを読んだ時、何巻かの巻末に掲載されていた真鍋譲治さんによる100万部突破記念のコミックを読んだ記憶があります。先日古本屋に寄った際、「聖刻の書」が全巻揃っていたのでそのことについて確認してみました。

 はたして、そのコミックは「聖刻の書」シリーズの第3巻「裏切りの首飾り」のP295〜P299に載っていました。

f:id:giolum:20080930013234j:image

「聖刻の書」シリーズと、その前の「魔群惑星」シリーズのキャラクターが描かれているので、恐らく「魔群惑星」全5巻+「聖刻の書」既刊2巻=7巻で累計100万部を突破したということなのでしょう。ちなみに左のコマの左下隅に描かれている謎の生物は真鍋譲治さんです。

 こうしたイラストレーターを巻き込んだ(真鍋譲治さんの本職は漫画家ですが)遊びは比較的最近のライトノベルで始まったように思われているかもしれませんが、今から19年前、スニーカー文庫創刊間もなくの頃にも既にあったのです。

rossetarosseta 2008/09/30 02:23 どうもお世話になっています〜
魔群惑星ですか、懐かしいですね(^-^) 真鍋譲治さんのイラストが気になって読み始めた覚えがあります。ストーン・リップの真っ直ぐさと老魔法使いの呪文忘れを覚えています(笑) 聖刻の書は何故だか読んでいないですが、同じ作家&イラストのコンビだったのですね〜

kaienkaien 2008/09/30 03:43 『聖刻の書』の『遥かなる唇歯輔車』というタイトルが印象にのこっています。意味がわからなくて(笑)。

giolumgiolum 2008/10/02 01:47 >rossetaさん
魔群惑星、懐かしいですねぇ。真鍋さんの漫画も「カプリコン」「キャラバンキッド」などが好きで読んでいました。真鍋さんの漫画から魔群惑星に興味を持ったのか、魔群惑星から真鍋さんの漫画に興味を持ったのかよく覚えていません。

>海燕さん
私はそもそもふりがなを見るまで読めませんでした(爆)。そのかわりインパクトがあって、今年スニーカー文庫のデータを整理した時にもまだ覚えていました。>唇歯輔車

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20080930