後天性無気力症候群


 
「涼宮ハルヒ」舞台探訪記事のまとめ
 
本サイト:竜人館/ なんとか維持しようとしているサイト:とある文庫の電子目録
 
2001 | 01 |
2005 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2010 | 01 | 04 | 09 |
2011 | 01 | 05 | 06 |
2012 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |

2010-01-10

[]苦楽園中学校の通学バス 苦楽園中学校の通学バスを含むブックマーク

通学バス本日をもって廃止

(平成4年(1992年)3.25)


西宮市立苦楽園中学校 - 学校沿革の概要

 ああ、やっぱり通学バスがあったんだ、苦楽園中。私が初めて山の中腹にある苦楽園中を見たとき、中学生にとっては過酷なその通学環境に驚いたものですが、最初から今の状態だった訳ではないのですね。どんなバスだったのか知りたいものですが、現在、ウェブ上には断片的な情報しかありません。数少ない情報から推測できることは……

    • バスの運行は西宮市からの委託で大阪淡路交通が行っていた。
    • 終点は現在の苦楽園中学校の体育館がある場所らしい(現在の体育館は震災後の1997年竣工)。西宮北高前の猛烈な坂は避けて、県道82号から柏堂経由で乗り入れていた可能性大。
    • 始点ははっきりしない。恐らく県道82号の獅子ヶ口あたりと思われるが、あまり下だと大社中の学区になってしまうので、もう少し山側からかも。

 宮っ子(西宮の市民情報誌)には有力な情報はなさそう。nonkiさんならご存知かなぁ。

 そして当時、西宮北高に通っていた人(例えば某谷川流さんとか)はこのバスを見てどう思っていたのでしょうね。あるいは北高生もこのバスに乗れたのか……。

kabutoyama-tigerskabutoyama-tigers 2010/01/10 14:01 このバスの運行区間は阪急夙川⇔苦楽園中学校間。当時阪急バス(路線バス)でぎゅうぎゅう詰めになり甲山高校に通学していた私は、この淡路交通観光バスで登校できる生徒達を恨めしくwwみていたものですww

kugibinkugibin 2010/01/10 17:53 昭和63年から平成3年までの北高生でした。
北高は北高で通学バスがありました。同じく淡路交通と思います。
自分は甲陽園駅から徒歩で通っていてこのバスに乗ったことはないので
苦楽園中通学バスと別のものだったのか、それとも両校の生徒が
一緒に乗っていたのかもわかりません。
いつまであったのかも、今となってはわかりません。

始点は夙川駅。終点はそのころは空き地で現在苦楽園中の体育館となっている場所です。
おなじみの北高前の坂道を通っているところは見たことがないので
柏堂町のほうへまわって県道を通っていたのでしょうね。
乗るには専用の定期券・回数券が必要で、行き(登り)は定期券でしか乗れません。
帰りは回数券でも乗ることができます。回数券は事務室で売っていました。
バスのタイプとしてはよくある路線バスではなく観光バスタイプです。
ガイドさんではないけど定期券・回数券をチェックする人は乗っていたらしいです

今はどうか知りませんが、自分が通っていた頃は県道を通る路線バスには
「乗るな」とはっきり言われてました。
その路線バスはいつも甲山高校の生徒で満員だったので北高生が乗ってると
降車に時間がかかり甲高生に迷惑がかかってしまうからという理由でです。

甲陽園駅からタクシーに乗る生徒も多かったです
3-4人で一緒に乗って割り勘にすればバスより安かったかもで。

見てどう思っていたかというと、暑い日や雨の日はうらやましかったですが
それ以外のときは「特になんとも」です。
慣れると坂を登るのも楽しかったからでしょうかね。

giolumgiolum 2010/04/04 13:01 甲山タイガースさん、kugibinさん
コメントありがとうございます。そして回答が遅くなり申し訳ありません。
貴重な情報ありがとうございました。今後の参考にさせて頂きます。通学バスが廃しされた理由の一つは、学区変更による市南部からの通学者数減少だったようです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giolum/20100110