Giraud’s memo

2004 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 03 | 06 | 11 |
Giraudが、科学関連(殆ど生物学)を主に、ちょこちょこと書いてます。当然リンクフリー。コメント大歓迎につき、お気軽に。

特に検索エンジンで来られた方へ。メモ内の単語検索は左の検索窓で。

本編(酒とかつぶやきとかその他もろもろ)たる月ナル者はこちらへ。

2004-08-24 It’s too late.

[]キタシロサイに絶滅の危機 1年強で約20頭に半減共同通信

 アフリカに生息するシロサイの亜種の1つで、世界で最も絶滅の恐れが高い哺乳類の1つとされるキタシロサイが、過去1年半足らずの間にほぼ半減し、20頭前後しかいなくなったことが、コンゴ政府や国際自然保護連合(IUCN)などの24日までの調査で分かった。


他のシロサイの亜種とかけ合わせない限り、残念ながらさよならです。他のシロサイがどれだけいるのか知らないが。維持に最低限必要な個体数として50個体とされているので、それを割り込んでいる時点で先細りになって行くかと。(参照1参照2


確かチーターも遺伝的に単一過ぎて絶滅へ向かっているはず。


もう遅いんだから、Frozen Ark PJへ委ねて全部の精子卵子を凍結保存しておくとかできないのかね。

最後の一頭、とかお涙頂戴の話をしないでさ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giraud/20040824