Giraud’s memo

2004 | 08 | 09 | 10 |
2005 | 03 | 06 | 11 |
Giraudが、科学関連(殆ど生物学)を主に、ちょこちょこと書いてます。当然リンクフリー。コメント大歓迎につき、お気軽に。

特に検索エンジンで来られた方へ。メモ内の単語検索は左の検索窓で。

本編(酒とかつぶやきとかその他もろもろ)たる月ナル者はこちらへ。

2004-09-19 The flu connection.

[]追記-インフルエンザと統合失語症-

前回書いたメモid:giraud:20040831)を検索して来られる方がいらっしゃるので。よくわからんが。


実際この手の話が一般的かどうか疑問に思ったので、学術論文を検索してみた。PubMedでインフルエンザ/統合失語症を同時に含む文献を検索すると、100以上あることから、それなりに傾向としてあり得る話のようだ。

加えて本論文の著者らは、前に子宮へのインフルエンザ感染子供の統合失語症のリスクを上昇させる要因となると述べた総説を2002年に発表している。

Brown AS, Susser ES.

"In utero infection and adult schizophrenia."

Ment Retard Dev Disabil Res Rev.2002;8(1):51-7.


前回引用した論文で、検定値からはリスクは7倍ということになるようだが、生データを見る限りそこまでの差は感じられない。参考の為に生データの載っている当該論文のTable2を引用しておく。一部訳したり略したりはしてるが、数字等は当然ながら原文のままである。あ、SSDが患者群、Matched Controlが対照群ね。

SSD Cases(n=64)Matched Controls(n=125)
時期SubjectsExposedSubjectsExposed
第一三半期205384
第二三半期4878211
第三三半期631212121
妊娠前半期439757
妊娠後半期641312530

これを見る限りリスクは3倍程度に見えるんだが、俺の理解できない演算をかけると7倍になるそうだ。


また、医療コンサル会社(と言っていいのかな?)のニュースページに概略があった。

この項目を丸々引用しておいて言うのもなんだが、引用削除腰の引けた事情によりコメントアウト)簡潔にまとめられていて見やすいかと。他の記事も読みやすいので訪れられることをお薦めする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giraud/20040919
Connection: close