Curlでリッチプログラミング このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-18

[]IDEで使えるショートカットキー 01:41

知っているのと知っていないのとで結構生産性に差が出るショートカットキー。

普段僕がよく使うものを紹介してみます。

キーシーケンス説明
Tabカーソル行のインデントを揃える。Ctrl+A(テキスト全選択)→Tabなどとするとファイル全体のインデントを整列できます
Ctrl+Spaceオートコンプリートのリストを表示
Ctrl+I開いているファイル内の簡易前方検索。Ctrl+Shift+Iで後方検索
Ctrl+F検索ダイアログ表示
Ctrl+Bカーソル位置のブロック全体をテキスト選択
Ctrl+Lカーソル行をウィンドウ垂直方向の中心に移動
Ctrl+Kカーソル位置から行末までを削除
Ctrl+S保存
Ctrl+J指定行に移動ダイアログ表示
F1ヘルプの起動。クラス名などを選択状態で押すと、そのAPIリファレンスを表示できる
F5プロジェクトの起動ファイルを実行。Ctrl+F5は選択しているアプレットを実行する。Shift+F5だと新規ウィンドウで実行
F8カーソル行をコメントアウト。Shift+F8でコメント解除
F12クラス名やメソッド名などを選択してF12を押すと、その定義箇所に移動する。

最初はなれなくても使っているうちに無意識に使えるようになります。ショートカットキーは細かいテクニックですが、コーディング中のちょっとしたタイムロスを防ぐだけでなく、無駄に思考が中断されなくなるとゆうのが大きなメリットだと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/giuseppe/20070218