Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20050731(Sun)

globalhead2005-07-31

[]宇宙戦争 宇宙戦争を含むブックマーク 宇宙戦争のブックマークコメント

製作が発表された時は「なんで今頃H・G・ウェルズ?」と首を傾げたが、なるほど、これは、スピルバーグが政治的な事を抜きにした「テロとアメリカ」映画を撮りたかったんだなあ、と思った。この場合、現実的なテロリストを登場させるとフィクションとして生臭くなってしまうから、だから宇宙人なのだ。分かり易いぐらい見事に911トラウマ映画と言っていいのではないか。しかも、スピルバーグが描きたかったのは、テロ社会の憂いでも、アメリカないしアメリカ国民とテロのイデオロギッシュなあり方でもなく、ただただひたすら、「こんなに!こんなにぶっ壊れちゃうんだよおぉっ!」というテロの生み出す破壊のパワーを映画の画面でこれでもかと再現する事だったのではないか。そして勿論、破壊と崩壊を描く映像の生み出す恍惚も。

スピルバーグは感じたに違いない、911の、あのWTCの崩壊の、禍々しいばかりの圧倒的な破壊のエネルギーとパワーを。それは恐るべき事件ではあったけれど、一人の創作者として、「破壊」そのものをとことんまで描く事は、ひとつの表現たりうる、と思ったのだ。メッセージもイデオロギーも抜きにした、「破壊の恐怖」そのものを。

この映画では最後まで「敵」の意図も正体も、宇宙からの侵略者であるということ以外説明されない。そもそも、交渉だの対話だの「インディペンデンス・デイ」でさえ描かれた事柄が一切存在しない。ただ突然破滅は起こり、訳も判らず人々は逃げ惑い、殺害され、全てが瓦礫と化し、そして唐突に物語は終わる。原作にある都合のいいラストのオチ通りに。この映画でラストが弱いのだとしたら、これはもともと《ラスト》など存在しない物語なのだからだ。一つの興行映画として娯楽作品として完結しなければ成り立たないからラストがあるだけであり、本当の主人公が崩壊する現代建築である以上、それが描かれた時点でこの映画の役割は終わっているからである。

だからこの映画では登場人物さえ単なる狂言廻し以上の役割を与えられていない。トム・クルーズ演じる主人公は破滅の発端と経過と終焉を全てその目で観、体験するが、それは「カメラの目」以上の物ではなく、人物描写も性格描写もありきたりで特別に個性的なものなど無い。ブルーカラー、離婚家庭、はアメリカでは恐ろしく一般的な存在であり、ほぼ危機を回避するべき知性もスキルも持ち合わせ無いただその辺の市井の人間が主人公である事はこの物語では重要な事なのである。ヒーローでも科学者でも軍人でも無い、いつ殺されても何もおかしくは無い存在である事が。それはつまり、誰もが、破壊の前には、為す術も無く、無力でしか無い、ということだからだ。

そして人々は家畜のように逃げ惑い、虫けらのように捻り殺される。破滅の前では誰もが等しく不条理な死の大鎌の前に首を付き出しているのだから。クライマックスで一度だけ主人公は能動的な攻撃に転じ、敵を壊滅させるが、これとて映画的カタルシスを構成する為のお約束でしかなく、ここだけがスピルバーグ的娯楽アクションとして成立しているけれど、本来主人公のような人物はたまたま生き残るか例外なく死ぬかどちらかでしかないのである。

だからこの映画の評価はその情け容赦無い破壊の描写のみに対し与えられるべきであり、そういった意味でこの映画は傑作なのである。

蛇足だが、エイリアンの造形はジョージ・パル制作の1953年版のほうが秀逸だったと思う。あの映画では宇宙船の造形もカッコよかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050731

20050730(Sat)

globalhead2005-07-30

[]今日の格言 今日の格言を含むブックマーク 今日の格言のブックマークコメント

人間は、考えることが少ないほど余計に喋る。
byモンテスキュー

…オ、オレの事かよ…!!

[]日刊あなた 日刊あなたを含むブックマーク 日刊あなたのブックマークコメント

自分新聞ジェネレーター。

日刊あなた
http://www.p-apple.net/anata/
あなただけの新聞を作ります。
新聞には今日のあなたの出来事が書いてあります。
さて、どんな記事が出来上がるか…。
軽い気持ちでどうぞ!!

オレの名前で作ってみると…。

フモが告白本を発売!
フモがこれまでの人生を赤裸々に語った本、「不死鳥」が今日発売された。生い立ちから現在まで、そして気になるあの人との破局に関しても、これ以上ないほど詳しく描写されている。フモは、「この本を読んでくれた人が、共感してくれて、前向きに考えられるようになってくれたら嬉しいです。」と、記者会見で語った。記者から「あの人にも読んでもらいたいですか?」と質問されると、急に目を見開き、「イエス!」となぜか英語で答えた。どうやら眠れる獅子を起こしてしまったようだ。さらには月100万円の借金を返していることも判明し、涙を誘った。ちなみに、今この「不死鳥」購入した人には、もれなくフモオリジナルストラップが付いてくる。

…まあ、いつも赤裸々なのは間違い無いよな…。因みに赤裸々すぎる事を「露悪趣味」と言う。

[]《追加》ブログ更新ジェネレーター 《追加》ブログ更新ジェネレーターを含むブックマーク 《追加》ブログ更新ジェネレーターのブックマークコメント

ブログを勝手に作ってくれます!今度からこれでいこうかなあ…。
http://portal.nifty.com/koneta05/07/26/01/

[]ボスニアン・ガール ボスニアン・ガールを含むブックマーク ボスニアン・ガールのブックマークコメント

f:id:globalhead:20050730084533j:image

“落書き「歯がない?ヒゲ面?ウンコくさい?それってボスニアン・ガールだ!」は、あるオランダ人兵士によって94年から95年にかけてスレブレニツァ地方のポトツァリにある兵舎の壁に書かれたものです。オランダ王室陸軍は、国連平和維持軍UNPROFORの一部として、1992年から1995年まで、ボスニア・ヘルツェゴビナのスレブレニツァ安全地帯の保護を任されていました。“

http://spikyart.org/anotherexpo/index.htm

この言葉を自らの肖像写真に重ね合わせたセイラ・カメリッチはサラエボ出身のアーティスト。ボスニア紛争での大量虐殺を体験した彼女は、そのトラウマを自虐的なポートレートで表現する。…ということよりなにより綺麗な人ですね。

オフィシャルHP:http://sejlakameric.com/main.htm

[]その結果 その結果を含むブックマーク その結果のブックマークコメント

しかしこの間会社の健康診断の結果が戻ってきたのですが「肝機能とかあれとかこれとかごっつわややで」ということを表す愉快で楽しい単語が沢山並んでいました。
でも「人格異常」とか「性格破綻」とか「精神薄弱」とか「知能障害」とかは書かれていなかったので安心しました。
あと「悪霊憑依」とか「運気低迷」とか「楽園追放」とか「待ち人来たらず」とか「北北西へ進路を取れ」とか「このカードは無効です」とかも書いている訳ではなかったのでほっとしました。

あと「鉄分が足りないので鉱山で働くと良いでしょう」とか「太り気味なのでタコ部屋に入って一日20時間働くと良いでしょう」とか「人間味が薄いので塩分を大量に摂って釜でグツグツ煮込むと濃くなるでしょう」とか「心肺機能が弱っているのでアンドロメダへ機械の体を貰いに行くと良いでしょう」とか「富士山麓鸚鵡啼く」とか「腹を切って死ぬべきだ。また、ただ死んで終わるものではない。唯一神又吉イエスが地獄の火の中に投げ込む者達だ」とか「赤ちゃんができたの」などと書かれている訳でもなく、ちょっと心配し過ぎたかな、と思いました。

ただ、やはり不健康なのは確かだと思うので、「飲酒・間食は控える」「ゲームは一日一時間」「長い物には巻かれろ」「寄らば大樹の陰」「目には目を歯には歯を」などを心に留め、これから生活していきたいと思います。

nasumayo05nasumayo05 2005/07/31 00:21 「日刊あなた」面白いっすね!
早速使わせてもらいました〜

globalheadglobalhead 2005/07/31 08:30 そう、バリエーションは余り無いようですが、自分で書いた文章より面白かったのでめげました。あと知ってる人の名前とか入れてやってみた方がウケました。
あとブログ更新ジェネレーターというのもあります。記事追加しましたので宜しかったらどうぞ。

ecmecm 2005/07/31 17:41 んなおもろい事が検診結果に
 
書いたあるかいなーーーーーーーーーー
ッ!
どうぞご自愛くださいませ。

globalheadglobalhead 2005/07/31 18:13 肝機能障害を表す数値が正常値の10倍だったのでね…。去年までは普通だったのに…。慌てふためいてギャグに逃げたオレだったのさ。飲酒量はかなり減ってるので(今も週末しか飲んで無い)中性脂肪やコレステロール値は減ってるし、どうも「寝てない」ことが露骨に肝機能に出たらしい。つまりはてなの更新で体を悪くしている、という恐るべき事態なのよね…。
はてなは「言葉を弄くってるのが楽しい、そういうことで頭を使うのが楽しい」、なにしろ楽しいからやってるんですが、(健康診断の記事も書いてて本当に楽しかった)体壊しちゃマズイことぐらいは判るので、ちゃんと睡眠取る事にするよ。
ありがとな、はぴさん。

ecmecm 2005/07/31 18:21 書いたァルかいな の方がニュアンスだったな(ブツブツ
肝臓膵臓は一度壊すと大変だすよ。寝て正常位 じゃなくて値になるなら寝るヨロシ。寝り寝りよ。

globalheadglobalhead 2005/07/31 18:56 寝る寝る。ただよく思うのだけれど快楽と体の健康というのは相反するものではあるんだよな。そもそもエンドルフィン/ドーパミンの恒常的な分泌は廃人への近道ではあるし、逆にこれが切れると神経症になりやすいし。ある意味、地味に退屈に生きていたほうが健康だという罠。オレは昔なんぞと比べるとまるで気の滅入る事のない毎日を生きているけれど、それもバカ物質が脳内で分泌されているから。常日頃「舐めんな舐めんな」と言い続ける事でなんとかもってるのよ。だったら地味で退屈なオレは直ぐにも神経症に成り果てるかもしれない。どっちかなんだよなあ。
でもそれはそれとしてもう少し健康には気をつけるから。あと、はぴさん、君は昔からいい奴だな。お互い元気にやろうぜ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050730

20050729(Fri)

[][]Rubber Johnny / CRIS CHANINGHAM Rubber Johnny / CRIS CHANINGHAMを含むブックマーク Rubber Johnny / CRIS CHANINGHAMのブックマークコメント

ラバー・ジョニー [DVD]

ラバー・ジョニー [DVD]

ミュージックビデオ界の鬼才、クリス・カニンガムの新作ビデオDVDとフォト・アルバムとドローイング。今作はこれまでもカニンガムが何度も手掛けていたテクノ・モーツァルトことエフェックス・ツインの音楽PVとして製作された。当初の構想より大分膨らんだ為、今回カニンガムのビデオ作品として発表されることになったらしい。

内容はと言えば、これまでのカニンガム+エフェックス・ツインのタッグによるホラーチックな変態路線を踏襲した作品に仕上がっている。今回は車椅子に座った「ラバー・ジョニー」(ゴムのジョニー。“コンドーム”の意も)と呼ばれる全裸痩身で風船のように頭の膨らんだ異形のヒューマノイドが、エフェックス・ツインのテクノミュージックにのってカクカクと怪しく踊りまわる、ダークでサイバーなミュージック・クリップ。

フォト・アルバムはラバー・ジョニーらしき「モノ」の肉や皮が、とろけて癒合したたかのように継ぎはぎされた、グロテスクな連作写真。性器や肛門を連想させる肉の襞や体毛にまみれた皮膚が合成された、CGのフランケンシュタイン、あるいは生きた肉片。

一貫してカニンガムはフリークスを描くが、それは音楽と映像の「異界」を目差したものなのだろう。ただ作品としては5分程度の短い映像のみが収められたDVDなので、やはりカニンガム/エフェックス・ツイン好きのマニア向けアイテムかもしれない。

クリス・カニンガム:インタビュー/http://cq.panasonic.jp/article/res/004/index.html

(2006年11月5日追記:2chから来た方の為に動画を貼っておきます。当時はYoutubeなんて知られてなかったんだよねえ。)

D


(↓DVDのジャケット。まあ、はっきり言って「ケツの穴」だよな。ジャケットからこれだから内容も推して知るべし。オレは好きだけど。)

f:id:globalhead:20050729021851j:image

↓こちらは裏表紙。グロ注意!

f:id:globalhead:20050729021921j:image

[]VACATION VACATIONを含むブックマーク VACATIONのブックマークコメント

夏休みをとっていたオレの会社の後輩Mが出社してきたので話をする。
「どうよ。サンサンとした太陽の下でバケーションしまくってきたかよ。」
ところが反応が暗い。
「いえ…。ジトジトとした日陰の下で…バケーションと言うよりはお化けーション状態でした…。」
「…な、何かあったのかよ…。」
後輩Mは虚ろな目をしながらうつむき加減で亡霊のように呟いた。
「何か…と言うより何も無い…。休みは取ったけれどやることが何も無かったんです…。」
Mの只ならぬ様子に張り付いたような笑顔を作ってオレは言った。
「…でででもゆっくり出来たんだろ…。」
「ゆっくり…というか…朝起きて…ふと気付くと…夜になってました…。」
そして…見ると、夏本番になろうかと云う今日この頃なのに、Mの背後には氷点下のブリザードが吹きすさんでいたのであった。ひゅるりぃー…ひゅーるりぃららぁー…という風の音をさせながら…。

washburn1975washburn1975 2005/07/29 21:26 クリス・カニンガムという監督さん、「13金」のショーン・カニンガムの弟かなんかでしょうか?

globalheadglobalhead 2005/07/29 22:07 何か「肉体=機械」みたいなクールな身体論的なビデオ作品が多い人ですね。精神の入れ物としての肉体というよりはそれ自体が暴力的な能動性を持った肉の機械としての「身体」。その真逆の作品として機械でしかないアンドロイド同士が愛し合う”All Is Full Of Love”は「肉体」ではなく「装置」でしかないはずの機械によってアガペーの高みを表現する恐るべきビデオ作品です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050729

20050728(Thu)

globalhead2005-07-28

[]恐かった話、その他の話 恐かった話、その他の話を含むブックマーク 恐かった話、その他の話のブックマークコメント

子供の頃の話。

「指の爪と肉の間を切って、そこにばい菌が入ったら腐って指を切り落さなければならない」と教えられたことがあった。そしてある日爪先の肉を切ってしまった。自分の指は腐って切り落されてしまうんだろうか。恐ろしくて恐ろしくて治るまで毎日怯えて過ごした。

別の話。

幼稚園にキリスト教会の人間がやってきて、外で遊んでいる子供たちにキリストの肖像が印刷された紙を配っていた。オレもそれを受け取ったが、そこに描かれた金の輪を頭の上に浮かべ、白目になりかかった表情の異国の男の顔は、子供心に不気味なものだった。「これはなに?」オレは同じ園児の一人に訊いた。そいつは言った。「これは、神様。神様の描かれたこの紙をを捨てたり破ったりすると、死ぬんだよ。」勿論嘘なのだが、子供のオレは恐ろしかった。始めてその時、「自分はいつか死ぬ」ということを認識したのだ。キリストの描かれた紙は大切に大切にして家に持ち帰った。母親に聞いた。「僕はいつか死ぬの?」。どういう返事だったのかは憶えていない。「自分の死」ということが頭から離れず、その日から暫く恐怖で眠れなかった。

別の話。

夏休みに田舎のおばあちゃんの家に遊びに行った。親戚のおばさんも来ていて、おばさんの子供でオレの従兄妹の子の同級生の話をしていた。その女の子は睫毛が内向きにカールしていて目に入ってしまうので、手術をしたのだと言う。しかし、手術は失敗し、その女の子は死んでしまったのだと言う。

別の話。

そういえば、おばあちゃんの住む家には、太い太い筆で一筆書きにされた蛇の絵の掛け軸があった。うねうねとうねる線で描かれたその蛇はリアルで薄気味悪かった。

別の話。

おばあちゃんの家には法事で行ったのであった。お寺には地獄の絵が飾られていた。鬼と鬼に折檻される地獄の亡者達の絵。自分もあそこに行くのだろうか、と思うと体が震えた。いい子になろう!と思ったが、それはほんの少しの間だけ。針地獄も釜茹も恐かったが、一番行きたくない、と思ったのは蛆虫の湧いた糞溜めに漬けられる地獄だった。

別の話。

そのおばあちゃんの家での夏休みのある日。実家に住む従兄弟と、蝉を採りに行った。山の途中にある学校の校庭まで来た時、木陰に小さなアマガエルを見つけた。オレがそれを踏み潰すと、途端に雨が降り出してきた。

そしてまた、別の話。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050728

20050727(Wed)

globalhead2005-07-27

[]天動説 天動説を含むブックマーク 天動説のブックマークコメント

とある写真に写っていた物を「右から何番目の…」と指していた文章があって、それを読んだオレは「向かって右なのだろうか」と一瞬悩んだ、そして…。
「いや、向かっての「向かって」とはなんなのだろうか」
「これは自分が正面から見て自分の右を右とすることなのだろうか」
「つまりこれは天動説という事なのだろうか」
「逆に今見ている写真の写真にとっての右側、ということなのだろうか」
「いやしかし写真に写っている人形は正面を見ているから、人形にとっての右とはつまり写真それ自体の左側になるのではないだろうか」
「オレ左利きだから時々右と左の言葉の感覚が混乱するんだよなあ」
「もしこれが鏡に写ってたとして」
「なんで鏡に写す必要があんだよ」
「そう言えば「鏡の国のアリス」ってちゃんと読んだ事無いぞ」
「「鏡の国のミルクはきっと美味しくないに違いないわ」とアりスは言いました」」
「物質の構造が逆になるとタンパク質とかの構造も逆になるから美味しくないんだ、とか科学の本に書いてたな」
「この場合オレがどちらを向いていても写真が上だろうが下だろうが人形が主体となった右側は変わらないので、この場合は地動説という事になるのだろうか」
「いや今さっき思い付きで言った天動説にこじつけただけだから実際は地動説とは何も関係無いのではないか」
「海は死にマスカ山は死にマスカ川は死にマスカああそうですかそりゃどうも」
「そういえば地動説って誰が唱えたんだっけ」
「ケプラー?」
「ガリレオだっけ」
「それでも地球は回っている」
「オレはいつも酒飲んで目が回っている」
「「こんな天井の回ってる家なんかいらねえ!」ってオチの落語あったな」
「天動説って唱えた人がいることになっているのかなあ」
「ウィキペディアろう」
「おおお「プトレオマイオスの天動説」だって」
「あの、象とか亀とかが世界支えてるのはなんて言うんだろうな」
「ビューティフルドリーマーみたいなヤツ」
「おおおおこれか「須弥山説」(しゅみせんせつ)だって」
「この「弥」って字オレ読めないんだよな」
「なんか「や」って読んじゃうんだけど」
「だから末弥純って名前、「すえやじゅん」ってずっと読んでたなあ」
「末弥純ウィザードリィ・ワークスって本持ってたけど、ええと…おお!アマゾンでプレミア価格が付いてる!」
「ってか何で「や」って読んでたんだ?」
弥勒菩薩はちゃんと「みろく」って読んでたけどな」
「でも山田正紀の弥勒戦争は「やろくせんそう」って読んでいたような気が…」
「馬鹿だったのかオレ…」
「おおおお!なんかケータイにメール入ってきたよ!」
「…ドミノピザからキャンペーンのお知らせだよ…」

20050726(Tue)

[]パニッシャー パニッシャーを含むブックマーク パニッシャーのブックマークコメント

またもや「血と復讐と殺戮」である。なんかあったのかオレ。(ないない。)

えーと、お話はマフィアのボスが息子を殺された逆恨みでFBI捜査官フランクの妻子、一族郎党を皆殺しにしてフランクにも瀕死の重傷を負わすんですね。で、生き残ったフランクは復讐を誓い、闇の私刑執行人「バニッシャー」へと生まれ変わってマフィアの組織に地獄を見せる!、という心温まるヒューマン・ストーリーなんですね。(どこが)

基本的にコミックが原作なので、結構間の抜けた描写も多い。横縞ボーダーのTシャツ着たムキムキの暗殺者とか存在理由の判らない脱力感溢れるトホホな脇役とか。大体、ヒロインなんだけど、人生いろいろ遍歴しちゃった場末のウェイトレスがあんないい女なはずはないと思う。

ただし殺し方殺され方が念が入っていて、こっちのほうはなかなか楽しませてもらった。主人公のあくどい奸計により不信と疑心暗鬼に取りつかれた悪玉のボス(今回もトラボルタ兄ィがしょうもない悪役演じてます!LOVE・トラボルタ!)が自分の腹心の部下や最愛の妻を次々と手に掛けてゆく様は、陰惨で陰惨で愉快至極です!どっちが被害者なんだかもうわかんないよお!やっぱ復讐はこのぐらいやってくんなきゃ家族を殺された恨みなんざ晴らせねえ!甘きもの、それは復讐…。

だけど何故、冒頭ぶっ殺されたように見える主人公が甦って、悪玉たちに復讐できるようになったのかがわからない。どっかで説明してあるのか?なんか「呪術師」とか言われている男が出てくるけどたいした絡みも無いし。それともミディ・クロリアン値とかのせいかもしれない、と勝手に思ってるのだがどうなんだろう。*1SWに出てくるこのミディ・クロリアン値、便利なので実はたまに使わせてもらっている。家がBIMBOなのも兄弟揃ってOTAKUなのもオレが小心者なのもイケテないのも健康診断で再検査扱いになったのも箪笥の角に小指をぶつけて気が遠くなるほど痛かったのもアマゾンで気付かないまま同じ本2冊頼んで配達されちゃったのもみんなみんなミディ・クロリアン値のせいだ!ということにしているのである。

それにしても白人というのは重火器小火器で全身完全武装するのって好きだな。大量の銃器があれば自分が不死身になれると思っていると所が白人のお馬鹿な所だよな。これが東洋だと修行し肉体を鍛錬することで己を強くするよな。さすが東洋は神秘といわれるだけあるわ。でもオレ修行はかったるいから取りあえず銃器手に取っちゃうだろうな。おまけに精神性低いし…。

[]BGM BGMを含むブックマーク BGMのブックマークコメント

と云うわけで台風である。基本的にオレの雨の日のBGMはここでも書いたようにジャパンの「ジェントルメン・テイク・ポラロイズ」であるが、暴風雨のBGMともなるとやはりここは老人プログレ・ファンらしくピンク・フロイドの「吹けよ風、呼べよ嵐」である。タイトルそのまんまやないか、と突っ込まれそうだが、その通りなので致し方ない。そもそも強風&横殴りの雨は逆に血湧き肉踊ってくるのである。ドゥングドゥングドゥングドゥングドゥングドゥング…とベースの音がオレの脳内を駆け巡るんである。駆け巡る青春はビューティ・ペアである。あ。すまん。話題が老人で。勿論振り付けはボックスステップで決まりである。

夏ともなれば定番のようにレゲーだ。ピーカンの時に窓開け放して熱く乾いた空気を呼吸しながらレゲー聴いてると思いっきり気分が落ち着く。じゃーらすたふぁーらい。

実家に帰って野や山をバイシクルで駆け巡る時はなんとレッド・ツェッペリンを聴くのである。一番のお気に入りは「ロックンロール」だああ!うーぃえ!ううううううーーぃえ!オレの田舎は原野みたいなところが多いから、ああいうぶっとく疾走感に満ちたロックはWILD&WILDERNESSをこの身に感じるマスト・アイテムなんである。ジミヘンもいいね。ふぉくすぃー!そしてふぉくすぃー!と言ったら両手のひらを頭の上に突き出しパタパタッとやるのがお決まりである。そう。《ウェインズ・ワールド》である。ロック・バカ・ムービーの定番であるのである。がりれお!

Gentlemen Take Polaroids

Gentlemen Take Polaroids

おせっかい

おせっかい

Are You Experienced?

Are You Experienced?

*1東京大学海洋研究所で、47000を超えるミディ・クロリアン値を持ったマンボウを発見した、と云うニュースが流れている。 http://d-uso.to/news/news9902.html

CharlesCharles 2005/07/27 12:57 はぢめまして。 確か、お馴染みサイト→washburn1975さん(初めまして・こっそり見てます)→こちらへというルートで流れ着きました。 ジャパンのジャケット見たら思わずコーフンしてしまいました。ワタシの雨の日ソングは「Nightporter」です。 あと、シンチー好きです。とてもシャイな感じが。詳しくないですが。 「遊星からのメイド画」爆笑しました! 長くてすみません。

globalheadglobalhead 2005/07/27 23:40 こんにちは、はぢめましてー。若かりし頃はジャパンもそうですがロキシーミュージックやD・ボウイみたいなヘナチョコで日向の匂いの全然しない音楽が好きでしたね。そんなナイーヴでリリカルなオレが何故今ガテン商売をしているのかは謎です。ジャパンではあとTaking Islands in AfricaとAll Tomorrows Partiesが好きです。シンチーは今古い作品を漁っている所です。アホアホ絵はまた描いてみたいのですがテーマが無くて…このまま「遊星シリーズ」を続けてヒンシュクを買いまくるのもいいかも。よろしければまた寄って下さい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050726

20050725(Mon)

[]食神 食神を含むブックマーク 食神のブックマークコメント

食神 [DVD]

食神 [DVD]

少林サッカー」「カンフーハッスル」でその人気を不動の物にしたチャウ・シンチー、1996年の作品です。監督・主演。ビデオで以前見ていて確かに面白かったんですが、最近の2作品を観てからもう一度観るとまた別の発見があって楽しめました。

「食神」としてグルメ界の帝王として君臨していた周(チャウ・シンチー)は実は料理の事よりも金と権力にしか興味の無い下種野郎だった。しかし側近の裏切りにあい、その帝国はあっさり崩壊、裏街の屋台で無心するような屑に成り果てる。まあ、もともと屑だったんだけどな。しかしそこでぶん殴られ、ドブネズミの住む立小便の跡で汚れた路地裏に捨て置かれた彼を拾ったのは、かつて「食神」をヒーローとあがめていた屋台の不細工な女主人、カレンだった…。一念発起した周の新たな料理の戦いがここから始まる。

ひとことでいうと爆笑格闘グルメムービー、といったところでしょうか。いや、料理はいろいろ出てきますが、単にネタでしかありません。料理の腕というよりはカンフーの腕のほうが勝負の決め手になっちゃったりしているからです。料理のシーンも凄いですが漫画チックで現実味などこれっぽっちもありません。料理の美味しさを表現するシーンなんてそれこそ漫画!怖い顔したヤクザのおっさんが天女の格好をしてソフトフォーカスかけられ砂浜を駆け巡り、「ウマーーーーーーーーーーッ!!!」と叫ぶんですから。素敵過ぎる…。

そしてネタはバラしたく無いけど、なんなんだよあの近田春夫そっくりの夢精大師と少林寺十八鉄人ってのはよぉ!十八鉄人、単なるツルピカハゲの金粉ショーじゃねーかよ!頭悪すぎ…素敵…。そしてあの戦いの最後に訪れる馬鹿馬鹿しすぎるクライマックス。いいのか?本当にこれでいいのか?これオチなのか?

それとチャウ・シンチー映画独特の義理人情や変な恋愛情景。突然ミュージカルになっちゃう所。この頃からシンチーの面目躍如ぶりがうかがえます。綺麗な女優さんを思いっきり不細工にして使う所とか。案外照れ屋なのかもしれない。

あと「カンフーハッスル」のレビューの時も書いたけれど、香港の俳優って田舎臭いけど暖かくていい顔してるなあ。全員が「お笑い系」の顔をしているとも言えるけど。なんか、全員カッコよくない所が、カッコいい。

[]ガンツ 17 ガンツ 17を含むブックマーク ガンツ 17のブックマークコメント

GANTZ 17 (ヤングジャンプコミックス)

GANTZ 17 (ヤングジャンプコミックス)

相変わらず順調に虐殺屠殺惨殺しまくってます。今回は「物体X」チックな変身もするグチャドロな宇宙人と一見チンピラ風のオニ星人が相手。池袋の街が地獄と化します。帯の惹句がよくて「ただ体感する。死と破壊、異形なるモノたちを。」となっているけれど、どうもオレ最近こんなのばっかだなあ。町山智浩さんがid:TomoMachi:20050722で使っていた言葉だけれど、「自由意志と暴力というテーマ」に無意識に引っ掛かりを憶えているのかもしれない。現実の暴力は願い下げではあるが、自由意志を貫く為の闘争という意味で暴力的な表現を求めてしまうんだろうか。

[]The understanding / ROYKSOPP The understanding / ROYKSOPPを含むブックマーク The understanding / ROYKSOPPのブックマークコメント

The Understanding

The Understanding

またもや北欧系、ロイクソップです。全作はカラフルな音とちょっぴり叙情のインスト・エレ・ユニットだったんですが、今回はヴォーカルを前面に出したポップな音で攻めてます。なんといっても今回の聴き所はM-2の「Only This Moment」だろうな。分かり易く徹底的に泣きのメロディがこれでもかと鳴りまくってます。あとの曲はオマケみたいなものです。しかしまあ、全体的にもさっとした垢抜けない音作りです。

[]FUTURE HISTORY / JORIS VOORN FUTURE HISTORY / JORIS VOORNを含むブックマーク FUTURE HISTORY / JORIS VOORNのブックマークコメント

f:id:globalhead:20050725203955j:image

この間のWIRE05で割と面白かったロッテルダムのDJ、JORIS VOORNのアルバムを聴いてみたくて購入。やっぱりヒット曲「incident」ですなあ。盛り上がりまくりますなあ。叩きつけるようなピアノの音が!もう、朝に夕なに「incident」ですなあ。あの日のDJでもこの曲盛り上がってましたもんね。全体的に若々しく爽快感溢れるトランス・ミュージックってところですか。

[]火事・親父 火事・親父を含むブックマーク 火事・親父のブックマークコメント

そういえばオレの住む東京で大きな地震があったそうじゃないですか。いや、あったそうじゃないですか、って、オレ体験してましたがね。

棚の上の物が落っこちて来る段階で「いつもより大きい」という事は判りましたが「立っていられる」ので、「最悪の物ではない」とは思いました。これは震度5と6の境目の体感です。6からヤバクなり7だと運命に身を任せるしかありません。

そういえばHibiの大塚さんが「ほんとに世界の終わりなら、好きな人といたいけど、そういうわけにもいかなかったり、するんだろうなあ。」と書いていたけれど、世界の終りに一緒にいたい人の所に行ったら、その人が自分じゃない相手といっしよにいたりしたら、世界の終りが二つだぶってしまって、これはこれで悲惨かもなあ、と、訳の判らない事を考えてしまいました。でも、まあいいじゃん、どうせ世界は終わるんだから。

そんな事を言ってると。明日は台風が関東直撃らしいじゃないですか。こういうのって続きますね。そうすると台風のあとはあんな恐ろしい事やこんなおぞましい事が起こったりして…、と心は限りなくダークな所へと漂って「グフフ」とか淫靡な笑いを漏らしてしまいそうですが、心根の腐った奴だという事をこれ以上喧伝したくないのでこの文章はこのへんで止めておきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050725

20050724(Sun)

globalhead2005-07-24

[]オレとピザ オレとピザを含むブックマーク オレとピザのブックマークコメント

知ってる人はよく知っているのだが、オレはピザ好きである。IDを「PIZZAMAN」に変更したいぐらいである。「はぃ〜い、ピザマン!」とか呼ばれたら振り向いちゃうかもしれない。(しないって)週末はいつもDVD観ながらビール飲んでいるような男なのだが、なにしろビールに一番合うのがピザなのである。そして何を隠そうそんな習慣を10年以上続けている。ピザ¥2500として1ヶ月4週掛ける12ヶ月掛ける10。おおお10年で120万円分のピザ食ってるぞオレ!

ええと…白い目を覚悟で書きますが、お正月7日間休みがあったとして、3日間ピザ食ったりしてます…。実は腹が減っていても食べたいものなど無い。オレが辛い物好きなのもそのせいなんだろう。辛い物だけは飽きずに食えるんでな。食生活をパターン化するのも、食い物の事をあまり考えたくないからだ。

殆どの食事が5分以内で終わるようなオレ(めっちゃ早食いなのよ)にとって、ピザはダラダラ食える所がいい。そしてダラダラとビールを飲むのである。ダラダラと映画を観るのである。週末の夜を弛緩しきって過ごす為の必需品、それがピザなのである。ダウナーな食いもんなんである。だがな、野菜+魚貝類+肉+チーズ+生地の炭水化物が渾然一体となったピザは4つの栄養群のすべてを含みうる訳だから、それほど偏った食い物では無いと思うぞ。確かチーズとトマトの組み合わせというのがいいものらしい。(一応弁明)

ところで酒飲みながら映画観ていると結構困った事がある。ゲロゲロに酔っ払ってると、映画は観てるんだがラストのオチを忘れていたりするんである。「なんだったんだっけ?」とか後で考え込んでしまうんである。

で、オレのよく利用するピザ屋なんだが、近所には5社ある。

■ドミノ・ピザ

多分一番食ってるんだろう。ドミノ・ピザがいいのはもたれないという事だ。それだけ油脂分が少ないのではないか。特に硬過ぎず軟らか過ぎないクラストの焼き具合が絶妙である。外側はカリッとして中心部は微妙に柔らかい。パン屋の美味く焼けたパンなどを想像して貰うといい。トッピングの分量、素材、焼け具合も絶妙。ただ人によっては塩分が多く感じるかもしれない。

サイド・メニューはそれほど食指が湧かない。ポテトフライはハッシュドポテトであるが、どうもハッシュドポテトは好きではない。チキンナゲットは可もなく不可もなく。ロティサリーチキンはチキンの炙り焼きだが、スパイスに魅力を感じない。ポップコーンシュリンプは後述のピザーラに完全に負けている。シーザーサラダはそれなりに美味い。

お奨めメニューは《ペペロンチーノ》。ソースレスで生ベーコン、にんにく、ブロッコリーのトッピング。ベーコンの塩気がビールを進ませる。《スパイシーデラックス》のハラペニオ乱舞の辛さ全開の豪快さは他に類を見ない。辛くて美味い。《アンチョビ&オリーブ》もシンプルで捨て難い。これも塩味の加減がいい。そしてオーソドックスタイプの《ドミノデラックス》はバランスの良さでピザの定番といっていいだろう。

ただ最近売り出しているミルフィーユに難がある。これは二枚のイタリアンクラストの間にチーズを挟んだものだが、ピザ一枚食おうとするとかなり飽きる。

http://www.dominos.jp/

■ピザーラ

シェア的にはここが日本一なのか。なにしろトッピングの量と種類の多さ、そのバラエティさが目を惹く。ドミノと比べるとこってりした味わい。ただここのはクラストがスカスカして食感が悪い。トッピングも全体で見ると油脂分が多いような気がする。しかし家族や大人数で食べるなら食べ応えのあるピザだと言う事も出来る。

サイド・メニューもこってりした感じだ。なにしろポップコーンシュリンプが美味い。タルタルソースがとても合う。若どりのハーブ焼きはカリッと焼き上がって美味い。ローステッドポテトも及第点。

お奨めは《スーパーナポリ》。ナポリ生地と謳われているが、この生地の焼き上がりがよい。むしろピザーラはこの生地を標準にすればいいのだ。《イタリアーナ》も生地が勝っている。トマトの分量の多さが嬉しい。トッピングのみでいうなら《イタリアンバジル》《ゲッツ》あたりが定番か。特に《ゲッツ》の生マッシュルームの食感が良い。

http://www.pizza-la.co.jp/index.php

■ピザダイナー

家庭的というか上記2社より見た目が淋しい分量・素材のトッピングなのだが、逆にこの「盛り沢山」じゃないところがペロッと一枚平らげられる分量だったりするのだ。そしてその分料金が安い。軽食感覚で、もたれない。この淡白さがいいのかも。生地はもちもちしていて、焼きあがりは甘いのかもしれないが、この中途半端な所も妙に家庭的で、嫌いというほどでもない。

サイド・メニューもあっさりしているが、なによりここのナチュラルポテトが好きだ。オレはポテトフライはかまぼこ状の形をした皮付きポテトしか認めていないからである。このどこにでもあるようなポテトフライがいいのだ。そう、ピザダイナーは個性こそないけれど、この「どこにでもある」感じがいいのかもしれない。

ここで頼むのはタコミート+トマト+ハラペニオの組み合わせがいい《メキシカンミックス》とアンチョビ+トマト+ガーリックの《アンチョビトマト》、これをハーフ&ハーフで。これ、最強。

■ピザハット

ここのは生地が油脂を吸いまくっていてもたれるもたれる。四角いイタリアンクラストのピザが美味い。それもトマトとチーズのみのピザ《チーズ&チーズ》がシンプルで一番いい。生地の耳にチーズが入ったゴールデンチーズクラスト、ソーセージの入ったソーセージチーズクラストが面白い。でもMサイズで頼んでもLサイズクラスのピザが届くので一人で食おうと思ってはいけない!

お奨めは焼肉+ニラ+糸唐辛子+甘辛ダレの「韓国風プルコギ」がピザらしからぬ味わいで珍味か。

サイドメニューでは《焼き立てポテト》が¥367で凄い量で出て来るのがびっくり!フライドチキンでは《バクチキ》が甘辛い味がして面白い。

http://www.pizzahut.jp/

■ストロベリー・コーンズ(※8月14日加筆訂正)

ここのは少し中途半端な気がする。特にパンピザにおいては生地がふわふわの文字通りパンっぽい軟らかさで、食っていてピザトーストを思わせるぐらいだ。また、トッピングの具の刻み方が大雑把で、見た目も食感もメリハリが薄い。使用されているサムソーチーズも味わいが足りない。まあ各社の中で一番家庭的と取るべきか。その手作り感覚とパン生地の軟らかさは、子供のいる家庭にはいいかもしれない。逆にクリスピー生地のピザには見るべきものがあった。特に《究極の6種類のチーズのピザ》にはカマンベール、サムソー、ゴーダ、ゴルゴンゾーラ、ステッペン、パルミジャーノを使っているらしく、ノンソースではあるが様々なチーズのコクを楽しめて嬉しい。他にもトマト&チーズが基本の《マルゲリータ》、《カプリチョーザ》、アンチョビとオリーブがビールをすすませる塩辛い味の《シチリアーノ》は及第点か。

しかしこの店はサイドメニューが面白い。《バジルチキン》は鶏の手羽先を使ってある。《オニオンリング》や白身魚を使った《シーフードナゲット》、《ガーリックチキンスティック》は他店では見られないもので、味もファーストフード店並みではあるが楽しめる。《エビフリッター》も他店のものと違いフリッター独特の食感が美味しい。まあ、どれもカロリーは高そうだけどね。

http://www.strawberrycones.com/

どれも一人でMサイズ食う人間の評価なので、多人数で食べる時はまた違った評価になると思う。

また、どの店舗でも一緒にパスタも扱っている。ただピザ食ってパスタ、はちと重いのではないかと想像するが…。

[]スイカ スイカを含むブックマーク スイカのブックマークコメント

買い物の帰り道、近所の公園でおかあさん達と子供達がわあわあやっている。なにかなあ、と思って覗いたら「スイカ割り」をしていた。公園でスイカ割りかァ。べつに砂浜の海岸でやらなきゃならないって法律もないし、なんだか楽しそうだったからいいわな。

そういえばスイカってそれほど好きじゃないんだ。果物自体嫌いなんだけど。あ、ええと、スイカは、野菜の範疇なんだっけ?どっちにしろ、食べ物に季節感のない生活をもう何年も続けている。

バナナ牛乳バナナ牛乳 2005/08/03 20:26 ピザピザピザピザピザヒザピサ………
うーん、美味しそう。
こんなにデリバリ〜のピザ屋さんてあるんですな。小さく感動。
でもくまもちょにはピザカリフォルニア(もしやマイナー?)
と上記の中じゃストロベリーコーンズくらいしかない!
「すいません、ピザ、くまもとまで」
って注文しても、来てくれないだろうなあ。
サイドメニューは見逃してた!たしかに店によって
微妙な個性はありますね。
うーむ。FUMOさんの文章って、旨そうだなあ。

globalheadglobalhead 2005/08/03 23:25 バナナさんこんにちは。このエントリーは以前バナナさんからピザの事で質問されたことがあったので書いてみたんですよ。割と反響もありましたが、バナナさんが楽しんでくれれば一番本望です。

バナナ牛乳バナナ牛乳 2005/08/07 08:19 おおおおお!ありがとうございます!!
リクエストに答えてもらえるって、うれしいなあ。
めっさ楽しませてもらいましたよ。
またなんか質問しちゃおっかなあ。
今気づいたのですが、食べ物に関してのカテゴリーは
作ってなかったのですね。FOOD…FOOD……って、探してしまいました。
結構食べ物系ネタ豊富だから思わず。

globalheadglobalhead 2005/08/07 12:57 またなんか質問してください。…というのはネタが無いからです。まあ質問全部をネタにする訳ではありませんが。
確かにねー、食べ物話多いのは気付いてたけど、実はこれもネタがない時の食いもの頼みで…雑誌が発行部数落ちてきたらラーメンの特集組むみたいなもんです(泣)。
そしてカテゴリーを作らないのは「食い物にばかり興味があるオデブちゃんキャラ」になるのを避けるためです。

20050723(Sat)

globalhead2005-07-23

[]ブ ラ イ ス ベ ル ブ ラ イ ス ベ ルを含むブックマーク ブ ラ イ ス ベ ルのブックマークコメント

実を言うと、以前紹介した「村田蓮爾 PSE Solid collection」以来、密かに食玩にもチェックを入れるようになってしまったオレである。いけない、手を出してはいけない、と頭で判っていても…体が…体が求めてしまうの…というのは冗談だが、一度手を染めてしまった悪癖と言うのはそう治るものではないのである。

そして。今日見つけてしまったの…ブラ子の!ブラ子の食玩を!

(ブラ子についてはこの辺でオレの“禁じられたブラ子愛”を述べた長ったらしい文章が読めるので、忍耐力のある方は参考にしてください。)

オレの見付けた食玩のブラ子、ブライ スベルというタイトルでタカラから6種発売されています。

ブラ イスベル

「ブラ イスベル」は「ネオブライス」「プチブライス」に続くブライスファミリーの新しい仲間たち。「ベル」とは、小さくて可愛いという意味です。手のひらサイズの妖精のような宝物としてブライスファンのNEWコレクションドールとして誕生しました。

http://www.kaiyodo.co.jp/products/blythe.html

f:id:globalhead:20050723085107j:image

・Bear Hug/ベアハグ=クマーの着ぐるみブラ子。もふもふして…きゃわゆい…。
お天気のいい日にお散歩していたら森の近くに可愛い山小屋を見つけたの。その 煙突からはモクモクと煙が出ていたの。くんくん、きっとこれはハチミツた〜ぷりのアップルパイに違いないわ!

・Feiry Girl/フェアリーガール=妖精ブラ子。ちっちゃな羽が…きゃわゆい…。
きゃっ!見つかっちゃった!野原でてんとう虫と遊んでいたらかわいい女の子に見られちゃったの。本当はちょっと恥ずかしがりやな私だけど、彼女とはすぐに仲良しになれたわ。

・Kitty Clown/キティクラウン=猫ちゃんブラ子。お茶目な感じが…きゃわゆい…。
ミャオー〜。こんにちミャオ〜。私はネコサーカスのメンバーだニャン。みんなそれぞれ得意な芸があるニャン。

・Poseidon's Treasure /ポセイドンズトレジャー=人魚ブラ子。尾びれが!尾びれが!…きゃわゆい…。
深い深い海の底に隠している私のヒミツの宝物。ルビー、ダイアモンド、パール・・・沢山あるけど、私が一番大切にしているのは、お友達からもらった可愛い小さな貝殻なの。

・So Very Strawberry/ソーベリーストロベリー=おしゃまさんブラ子。ギャルな雰囲気が…きゃわゆい…。
私はお茶目でかわいい ソーベリーストロベリー★(自分で言っちゃった!)今日はガーデンパーティーにおよばれされたの。綺麗なお花にかこまれてのんびりティータイム。

・Velvet Minuet/ベルベットメヌエット=うさ耳頭巾ブラ子。耳がぁ〜!耳がぁ〜!…きゃわゆい…。
のんびりお菓子を食べていたら、クラシック音楽が聞こえてきたの。誰が奏でているのかしら?私も小さい頃からずっとバイオリンを習っているのよ。

ど…どれもきゃわゆいのぉおぉ!!(ハァハァ)(自我崩壊中)

「フィギュアの台紙は、種類ごとに違うオリジナルイラストレーションカードになっています。」ということで、フィギュアのみならずパッケージの背景そのものも可愛らしいんですよ。(こんな感じ)

f:id:globalhead:20050723084505j:image

しかし…実はコンプリートしていないのである…。あと2種類…。一番お目当てのポセイドンズトレジャーが未入手なのである。これではいけない…。そしてオレが最初に見つけたコンビニでも全て売り切れである。これからオレはブライスベルを求め東京中を行脚して回らなければならないのか?と悩んでみたが、ここは安易に通販に頼る事にした。「食玩本舗」ではバラ売りも可らしい。おお…素晴らしい…。だがな…これを見ちゃうと、さらにブライスベル以外の物も欲しくなって…ああ!あんなものも買える!こんなものまで売っている!や、やばいっすねここ…。げに恐ろしきはマニアの物欲…。

(実は1カートン6個入りでダブリは無い梱包になっているらしい。えええ!)

[]萌えバトンその後 萌えバトンその後を含むブックマーク 萌えバトンその後のブックマークコメント

作った本人もすっかり忘れていたが、どうもオレの作った「萌えバトン」がはてなキーワードになってしまったらしい。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%cb%a8%a4%a8%a5%d0%a5%c8%a5%f3

「犬道楽」の犬山のぼる氏の「萌えバトン」のほうが断然有名なのだが、はてなキーワードに自分のidが載るというのはなんだか嬉しいものだな。

itopitop 2005/07/23 20:59 おぉー!キーワード化おめでとうございます♪♪(ホントだったらクラッカー鳴らしながら)こうしてキーワードとして書かれるとかっこいいものですね〜。

washburn1975washburn1975 2005/07/23 21:15 ブライスって水野純子の漫画みたいでかわいいですね。で、水野純子の漫画って日野日出志の漫画にちょっと似てますね。
ということは、ブライスは日野日出志っぽいということに・・?

globalheadglobalhead 2005/07/23 23:33 >イトちゃんありがとう♪♪そうだよなあ、イトちゃんにも答えてもらったんだもんなあ。あのバトン自体は多分三人ぐらいにしか回って無いんだけど(笑)。またなんかありましたら一緒に遊んであげてくださいませ。

>washburn1975さま そうなんです。本当は発表当時「気持ち悪い」という理由から売れなかったらしいんです、ブライス。ブライスの可愛さというのは人形一般にある媚びではなくその虚ろな目から伺えるEMPTINESSでありVECANCYであるのです。このフィギュアはまだ可愛く出来てますが、オリジナルの人形の異様さは一瞬はっとなるんです。いわゆるキモカワイイというやつでしょうが、ブライスの表情には無意識のどこかを爪で引っかかれるような奇妙な喜びを見出してしまいます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050723

20050722(Fri)

globalhead2005-07-22

[]新入社員 新入社員を含むブックマーク 新入社員のブックマークコメント

昨日から会社のオレの事務所に男子新入社員が入ってきているんである。二名である。二人とも若い。26,7歳だ。ピチピチしてるんである。肌なんかツヤツヤしてるんである。溌剌としているんである。憎い。若さが憎い。ピチピチが憎い。ツヤツヤが憎い。溌剌が憎い。ドロドロゲロゲロの妖怪人間と化しているオレとしては面白くない。嫉妬である。ジェラシーである。男のジェラシーほど醜いものはないんである。表情としては目をすがめ眉間に皺を寄せ下唇を噛み、そして特殊効果として背景に燃え上がる炎と憤怒の表情の阿修羅王の像、稲光と重低音を効かせたオーケストラのBGMが挿入されている絵などを想像していただくとよいであろう。その姿はいつ京極夏彦の小説の題材に取り入れられてもおかしくないほど怪奇と猟奇に満ちているのである。

そしてこのようにフォースの暗黒面に落ちたオレはこの若造たちに牽制と威嚇をたっぷり込めて口を利いてみる。するとどうだ、礼儀正しく爽やかな青年たちではないか。すまん、許してくれ、修羅の道を歩もうとしたこの腹黒い先輩のことを。

と云うわけで頑張ってくれ給え若者たちよ。(なんだこの文章は)

[]8時間 8時間を含むブックマーク 8時間のブックマークコメント

珍しく8時間も眠ってしまった。いつもの倍である。いつも睡眠4時間ぐらいなんである。つまり6時間寝ている人が12時間眠ってしまったようなものであり、8時間寝ている人が16時間眠ってしまったようなものであり、12時間寝ている人が24時間眠ってしまったようなものなのである。24時間眠ると言うのは眠りと言うより昏睡に近いのかもしれない。そういう訳で頭が痛い。オレにとって8時間睡眠というのは寝過ぎと云う事になってしまうんである。そして無意味に体だけ調子良くて、朝からアンダーワールドのPEARLS GIRLとBORN SLIPPY NUXXを大音量で聴きながら出社するオレであった。

[]JOYTOY ”U” IN KOREA JOYTOY ”U” IN KOREAを含むブックマーク JOYTOY ”U” IN KOREAのブックマークコメント

ジョイトイUが夏休みで韓国に行って来たらしいのである。あっちはどうだった?と訊くと「曇り空が多かったがカラッとしていた」とか「パラッとスコールが降った」とか妙な言い方をするんである。Uよ、お前韓国行ってないな!韓国とか言っといて実はどこぞの韓国式マッサージに行って来ただけだろ!見栄を張ってはいけない、とUを諭す今日この頃のオレであった。

[]ビタミン ビタミンを含むブックマーク ビタミンのブックマークコメント

「ケミカルとジャンクが似合ってる」とかかっこよくほざいていたのは誰だろうか。プチアウトローを気取って小せえ虚栄心を満たしていたのは誰であろうか。

鏡を見るとお肌がくすんでいる。これはいけない。美容が台無しである。と言う訳でサプリメントなどをこっそり使用し、食生活も気をつけよう、などとほざいているのは何を隠そうオレである。いつもの事だが言動不一致。すまん。本当にすまん。FUMO、やはり噂通りインチキ野郎じゃねえかよ…。

ダッシュダッシュ 2005/07/22 20:50 ご無沙汰でございます。
お肌の為には夜適度な睡眠を取られるのが一番かと存じます。
あとチーズは栄養的に優れ、アミノ酸やカルシウムが多いのですが、「ビタミン」を全く含んでいないのでチーズを摂ったらビタミン補給もされるとパーフェクトです。
夏バテなどお気をつけて下さいますように。

globalheadglobalhead 2005/07/22 21:36 おおダッシュさん!ご無沙汰です。いや〜やっぱり睡眠だとは思うんですけどね…あと煙草も止めて…。チーズはよく食うんですがあれビタミン無かったんですか。参考にさせていただきマス。
ただオレ基本的に夏バテしない、というか、朝昼晩春夏秋冬ひたすら無意味にテンションが高い人間なのです。メゲないしヘタレないのです。多分脳の構造が人より単純で、ビール飲んでピザ食ってれば世の中何も憂う事無し、と思えるような、「幸福」の敷居がミリ単位まで低いお馬鹿チャンなのでしょう。
でもいつかある日ポッキリというかポックリと逝くタイプなのではないかとは思っています。
逆に言えば無意味にテンション高いまま100まで生きたらそれは単に迷惑なジジイなだけだろう、とも思いますが、しかし考えて見ればそれも面白そうですね。
ああどうしよう。周りに疎まれ蔑まれながら、それでもゲラゲラ笑って「賢くて聡明で不幸な皆さん」よりも長生きするっていうのは素敵な生き方かもしれない。ああ、なんか人生に目的が出来てきたぞ。
ダッシュさんありがとう!

ダッシュダッシュ 2005/07/25 20:37 私は明日から「体内リセット 短期間小食法」というのを試そうと思ってます★(クロワッサンで観た)
私にとってのあんこやチョコがfumoさんにとっての「ピザ」なのかなーと思いました。
ところで、仏像の写真物凄く素敵ですー萌えてしまいますー

globalheadglobalhead 2005/07/25 21:02 あんこやチョコはね、悪くないねー、オレも好きだなあ。オレの場合ピザってダラダラ過ごす為のダウナーな食いモンなんだけど、チョコとかはリフレッシュするでしょ。それに女子の甘いもん好きは攻められないよー。
オレ、あんこだとアンドーナツが好きでね、揚げ油とまぶした砂糖でどう見てもカロリー高そうなんだけど、でもこの食い物には罪は無い!と思っちゃうよ。
いろんなダイエット法があるけど、一番いいのはひとつのものをとことんつき詰めてやる事なんじゃないかな。どんな事でも継続と思い込み。それで体悪くしたら別だけど、なんでもそれが大切じゃないかと思うよ。どっちにしろ、ダッシュさんはこれからダイエットなのかな?成果が出ることをお祈りしています!

ダッシュダッシュ 2005/07/26 21:29 お気遣いありがとうございます★
ダイエットではなく(したほうがいいのでしょうが)今、体調が物凄く悪いので新しい健康法としてトライしてます。
でも期間が二週間なんですけどね、鰻が土用に食べれないのが悲しいです・・・
あとスイカは野菜です。
台風の被害に合わないよう祈っております。

globalheadglobalhead 2005/07/26 22:18 え、体調が悪いのですか!オレは例によって無意味に元気です。ヤケクソに元気だという噂もあります。「負けてらんねーんだよ!」という感じです。しかし今日会社の健康診断の結果が戻ってきたのですがかなりヤバ目の事が書いておりました。いやー、カラ元気だったんですね…。いろいろ自粛しようかと思いマス…。
台風のほうは「本当に来たの?」って言うぐらいたいした事無い感じです。
ダッシュさん所はどうでしたか?

ダッシュダッシュ 2005/07/30 19:48 カラ元気でも全く元気がない人よりはずっといいと思います。「病は気から」といいますし。
台風の次の日の早朝、散歩していたら、うちは田舎ですので、道路にたくさんザリガニが死んでました・・・すごいとこに住んでいますね、ワタクシ。
それで早朝から散歩なんてしたため、熱出して寝込んでました。
食事療法どこじゃなくなりました・・・
夏ですねー浴衣ですねーなんかよくわかんないコメントですいません・・・fumoさん、そのうち着物デートしましょう〜

globalheadglobalhead 2005/07/31 08:20 こんにちは。カラ元気でなんとかもってきましたが、どうもなんだか雲行きが怪しくなってきているフモです。職場でちょっと謀反がありましてねえ…ああオレの夏休みが消滅…。いろいろ予定も狂ってきて、少しうんざりしている所です。し、仕事のヴァカァ!
ザリガニ死んでましたか!でものどかでいいじゃないですか。ザリガニ死んでてのどかというのもナニですが、田んぼや小川がある所ということなんですね。オレもガキの頃はザリガニ採りに精を出してましたよ。開発でそんな小川も無くなっちまいましたが。
昨日は出掛けたら浴衣姿の人が多かったので「花火大会か?」と思ってしまいました。ダッシュさんは浴衣は余り好きなほうじゃなかったんでしたっけ?着物デートってオレ着物持ってないですよ〜。

ダッシュダッシュ 2005/07/31 21:45 fumoさん、体調だいじょぶですか? 酢とか飲むといいんじゃ・・・疲れも取れるし血液もサラサラになりますよ!
イライラした時はカルシウムです♪ あ、チーズですね。
うちの方は穀倉地帯なので田んぼが多いのです。
春はカエルが夜げこげこ鳴いて五月蝿いようなとこです。
浴衣は着ると下着姿で人前に出るようで恥ずかしいんですよねーでも似合う人の浴衣姿は素晴らしくいい!と思います。
じゃ、私が着物着てくのでFUMOさんは仮面とか被ってきてください・・・

globalheadglobalhead 2005/08/01 12:26 そうそう、最近「黒酢」ってどうかなあ、って思ってたところなのよ。酢じゃないけど柑橘系のクエン酸含有率の多い飲み物飲むと背筋がブルブルすんの。体に沁みて来るんですよ。どうも体が酢酸みたいなものを求めているのだと思う。
穀倉地帯ですか。いいじゃないですか。オレなんて出自が沿岸漁業地帯(?)だったから荒っぽい海の男ばかりが回りにいて、田舎だというのにのどかさとは縁遠い殺伐とした生活環境でしたよ。
そっか「浴衣って下着みたい」って言ってたのダッシュさんでしたか。その言葉覚えてましたよ。
しかしダッシュさんが着物を着ていくとして、オレは何故仮面なのでしょうか。オレお気に入りの最終絶叫計画ホラーマスクを被っていってもいいんでしょうか。(持ってないって。)

だっしゅだっしゅ 2005/08/04 06:43 おはようございます。
最初飲み易いのは「リンゴ酢」とかいいですよー
牛乳にリリンゴ酢とはちみつなどの甘味料を混ぜて飲むと、ヨーグルトっぽくて(牛乳が酢でとろとするのです)腹持ちもいいですー
夏は酢がいいんですよね・・・疲れ取れて。
私はポッカレモン(レモン果汁をただしぼったやつの製品)を常備して白湯に入れたり、炭酸で割ったりしてます。
すーごく疲れたときは酢を飲みます。
あの、空腹時に飲むと、酢が胃の粘膜を荒らすので気をつけて下さい。
仮面はなんとなく。。。素敵かな・・・と思いまして。
ホラーマスクもきっとお似合いになって素敵だと思いますので見てみたいものです。
浴衣って何年か前、ミニ丈のが若いお嬢さんの間で流行りましたねー浴衣・・・可愛いんですけど・・・人前に着てくのは無茶苦茶恥ずかしいです。薄着過ぎるからです。
アローハな方々は、今、すごく日本はフラ人口が増えてまして、で、本場のフラとは微妙に違う「ジャパーニーズフラ」とかいうのです。
私、体調よくなくてフラ止めちゃったんですけど、うちにあるドレスや楽器をどうしようかと・・・悩んでおります。
私、女友達に「可愛い!」って誉められるのフラの時だけだったのに!(着物は誉めてくれない)
スマップの歌は曲を書いてるコモリタミノルが一時好きでしたので、「コモリタさん・・・」と思って聞いてます。
私の好きな菊地成孔さんが今朝ラジオで「古いもの(曲調など)に新しいもの(クドカン)を突っ込んだって感じ。でもクドカンってあんまり知らないんだけどね」と仰ってました。
長くなってしまいました。
今日もお仕事がんばってくださいませー
では。

globalheadglobalhead 2005/08/04 23:55 こんにちは。なんだかちょっと風邪気味です。原因は冷房のかけすぎと睡眠不足だと思います。でもそう言いつつ冷房かけて夜更かししています。治す気があるのでしょうか。
気休めでサプリメントなどを飲んでいますが、ビタミンというのは食事で摂った方がいいのではないかと時々思います。たいがい熱っぽくなって頭が重くなります。これがツライ。
アローハネタはだっしゅさんが何かコメントしてくれるんじゃないかなーと少し思ってました。しかし本場のフラとジャパニーズフラは何が違うんでしょうか?あと楽器ってウクレレとか持ってたんですか。何か曲弾くの?
浴衣って薄着の感覚ですかね。近くでマジマジ見た事がないので意識した事がありません。だっしゅさんは薄着っぽいのは苦手なんですか。着物がお好きなようですが夏着物は洋服なんかと比べて涼しさとかはどうなの?

ダッシュダッシュ 2005/08/05 08:55 夏着物はあっついですよ! 単純に夏でも、下着+長襦袢+着物+帯(に、帯揚げとか小物)ですし。
それですーごい汗染みが出来るし、手入れが大変なので基本的に夏はあまり着物は着ません。
フラはもともと、「神に捧げる踊り」なのですね。
ハワイのフラはそういう考えが元にあるのですけど、日本のは所詮、「お稽古事」になってしまう事が多いのです。
ほんとは髪の毛も染めちゃいけないし、パーマもかけてはいけませんし(髪の毛は神様が与えてくださったものだから)、爪も切っちゃいけないのです!
(爪も与えてくださったものだから。やすりでけずるのはOK) なんていうんでしょ・・・本場のカレーやシチューなんかが日本に入って洋食というものになってしまったように、「ジャパニーズフラ」というものがあるのです。
主にお金持ちのおばさんによって支えられています、日本のフラは。だってお金が!お金がかかり過ぎるのです! 
楽器は色々あるんですよー演奏をするというより、踊りながら叩くのです。
ビタミンは食事で摂れない場合もあると思いますので、マルチビタミンを摂っとかれるといいのではないかと思います。食事で100パーセントの栄養補給はなかなか大変だと思います。
fumoさんはダイナミックにがんがん冷房かけてそうですよね(想像。漢らしい・・・・) その中でつめったいビールとかかっらい食べ物を食してそうな気がします。でも体をそのうち壊されてしまうのではないかと少し心配です。
体調、悪そうな気がするんですけど。。。ゆっくりは休めないとは思うのですが、週末はすこしはのんびり過ごしてくださいねー

globalheadglobalhead 2005/08/06 10:42 こんにちは。だんだんこのコメント欄がダッシュさんとオレの交換日記っぽくなってきましたね。面白いのでこれからも続けましょう。
夏着物は素材はいろいろあるとは思いますがやはり綿絹などが主流なのでしょうか。絹系は染みになり易いような気がしますね。着物というものが風通しのいい物なのかは着た事がないので分かりませんが、そんなに暑いとは思いませんでした。昔の人は大変だったのでしょうね。ということはやはり浴衣の出番でしょうか。だから今度ミキシでダッシュさんの浴衣姿をこっそりUPしてください。きっと素敵だと思います。期待しております。
ハワイのフラがそのような神事だとは知りませんでした。日本の巫女さんのようなものなのでしょうか。初詣の神社でにわかに大量発生する巫女姿のお姉さんもある意味邪道であるらしいですけどね。なにより巫女は神に遣える訳だから穢れのないものである必要があるのでしょうが、彼女等に穢れがあるかどうかは知る由もないけれどちょっと気になります。天罰などが下らなければいいのですが。ネットを調べると「巫女姿萌え」なる制服フェチも存在するようです。巫女服もネットで簡単に買えるようです。
しかしフラフェチがそれほど確認できないのは惜しむべき事です。フラフェチの男子が多ければダッシュさんにも多数の男性ファンが引く手数多に存在する事になるやも知れません。逆に日本のフラフェチを増やす為にもここでダッシュさんに貢献してもらえれば良かったとさえ思います。という訳でダッシュさんのフラ写真をこっそりミキシで…。
ところでダッシュさんのおっしゃる通りオレは寝る時もガンガンに冷房です。もう体の表面が魚類のように冷たく冷えまくるほど、あたかも死体のような有様を呈しております。そして勿論キンキンのビールとホットなスパイスの掛かった食べ物で気分はもう南米の荘園主もしくはインドの貴族気分です。
風邪はビタミンのサプリメントといつものガーリックピザで治ったようです。
今日は夜更けにクラブ行ってオールナイトで踊り狂ってきます。いったいオレは何歳なのでしょう。こんな生活をしていると確かに体壊すかもしれません。でもこの体と頭に湧くバカ物質の分泌はとどまる所を知りません。

ダッシュダッシュ 2005/08/07 10:09 おはようございます。
私は昨日は寺にライブイベントを鑑賞に行きました。沢山笑ったので体内の免疫力が上がったと思います。
「バカ物質」はすごくいいと思います、大体どういうのかはわかります。でも「バカ」とつくとなんか悲しいです・・・もっと素敵な名前をつけて下さい。
着物は普通はなんでも天然素材で出来てますので、夏は綿や麻が多いです。絹もあります。紙やバナナの皮なんかもあるのですよ(高い)
そういえば今は「萌え」の時代なのに「フラ萌え」の男子の話を聞いた事がありません・・・
今何処かのピザ屋さんのCMでフラ踊ってるんですけど、あれ幼児だしな・・・
巫女フェチはわかりますね、好きになる気持ちが。知り合いの神社の奥様にアルバイト巫女さんの事を聞いたら「穢れ」部分は確認出来ないので見た目その他から総合判断すると言っていました。「そんな事聞けないし、限定してたら巫女なんてなりたがる人もいないし期待していない」とか言っていました。
でもおでこを出すのは必須なんだそうです。
なんでしたっけ、神が通るとことか、止まるとこらしいのでおでこを出すんだそうです。
最近行った神社では笠間稲荷神社の巫女さんは可愛らしく優しく「うわ!こんな巫女さんなら毎日会いてぇ!」と思うような巫女さん(達)でした。機会がありましたらお勧めでーす。
ところで荒俣さんは今は美人奥さんと幸せなのですよね?
妖怪大戦争見に行きたいのですよねー
今日は今頃眠られてると思いますが、沢山踊って、沢山水分摂って(ビールでしょうが)、沢山汗かいてfumoさんの体の代謝はすごく上がったと思います。
クラブは上手なDJに遭遇すると幸せですよね・・・無心になりますよね・・・昨日、見に行って、すごく良いDJプレイに遭遇したのに全員着席状態でしたので踊れず辛かったです・・・ほんと辛かったです・・・
ではまたー

globalheadglobalhead 2005/08/07 13:01 いやー、やっと帰ってきました。楽しかったですけど疲れました。1回寝ます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050722

20050721(Thu)

[]マイ・ボディーガード マイ・ボディーガードを含むブックマーク マイ・ボディーガードのブックマークコメント

マイ・ボディガード 通常版 [DVD]

マイ・ボディガード 通常版 [DVD]

「マイ・ボディーガード」である。タイトルからは「ボディーガード」のようなラブ・サスペンスものを思い浮かべるかもしれない。また、天才子役といわれているダコタ・ファニングちゃん出演ということから、「ちいちゃな女の子ちゃんと無骨なボディーガードとの涙と笑いの心温まるヒューマン・ストーリー」と思われる方がいるかもしれない。タイトルの表記も丸文字で「まい・ぼでぃーがーど(はあと)」と書いた方が相応しい様な映画と連想される方がいてもおかしくは無い。(原題は「MAN ON FIRE」。)

しかしである。世の中そうは甘くないのである。嘗めてると痛い目見るぞゴルァなのである。実はこの映画、ラブもヒューマンも微塵も存在しない、血と暴力、憤怒と復讐、拷問と殺戮が花びら大回転しまくる恐怖のウルトラ・バイオレンス・ムービーだったのである!やんややんや!

ストーリーをかいつまんで説明すると、舞台は身代金目的の誘拐が日常茶飯事のメキシコ、人生の終わったアル中の元特殊工作員ディンゼル・ワシントンがダコタちゃんの豪邸にボディーガードとして雇われるわけなんである。でもダコダちゃんは誘拐され殺害されるんである。そして!復讐の鬼と化したディンゼル・ワシントンは特殊工作員の殺戮機械のスキルを生かし、犯人たちのグループを次々となぶり殺しにしてゆくのである。殺し方も念が入っていてプラスチック爆弾からスティンガーミサイルまで盛り沢山の残虐さだ!ケツの穴にC4突っ込んで時限装置くっ付けて拷問するなんざ鬼畜しか考えつかんよな。人間性が皆無のオレは愉快で愉快で途中ゲラゲラ笑って見てたがな。VIVA鬼畜!「冷めても美味いもの、それは復讐」なんて台詞も飛び出すぐらいだ。殺れ!殺っちまえ!可憐なようぢょを殺傷する奴等に情けなんざいらねえ!ただオレは基本的にショットガンの殺しが一番お気に入りだな。近距離なら高い殺傷能力と肉体損傷力を兼ね備えているからな。FPSゲームでもオレはリロードは遅いが破壊力抜群のショットガンを愛用している。

ある意味戦争映画。なにしろ後半画面が一面の血の海と爆炎である。素晴らしい。拍手喝采である。映画館やレンタルでこのような事情を知らずにこの映画をみた善男善女の一般市民の皆さんは、さぞや心胆寒からしめるものがあったに違いない。ご愁傷様である。

監督はトニー・スコット。ギラギラした色彩感覚と撮影、サイバーな映像処理とメタルな音楽。全体を覆う神経症的な雰囲気のエフェクト、表現方法はとても優美に殺戮の荒野を見せてくれる。兄のリドリー・スコットの「ブラックホーク・ダウン」を彷彿させる血と硝煙に満ちた映像は「ハリウッドのスプラッタ・バイオレンス兄弟」の称号を与えたいぐらいである。

[]LIFE OF メカ生体ゾイド LIFE OF メカ生体ゾイドを含むブックマーク LIFE OF メカ生体ゾイドのブックマークコメント

昨日は会社の送別会なのであった。なんか送別会ばっかりやってるなあ。あたかも沈みだした船から鼠が逃げ出すように(以下自主規制)例によって醜態を晒して来たが、毎回飲みの話を書くたびに醜態醜態言っていることから判る様に、実は何も反省していないらしい。特に隣に女子でもいた日にゃあ手が付けられない人間と化すのである。ケダモノである。ビーストである。さらにマシーンのようにしゃべくるのでマシーン・ビーストということが出来るだろう。即ちオレの正体は機獣新世紀メカ生体ゾイドだったのである。

ゾイドの昨日の成果:同じ女子に2回デートのお誘いをかけ2回ともフラれる:若干1名に求婚して玉砕する:そんなオレをはたから見ていた女子2名に「フモさんって本当に面白い人ですねえ」と感心される:そんな女子2名に「面白いと言われたことは多々あるが素敵とかカッコイイとか言われたことは一度も無いんだよおぉ」とか泣きを入れ、ついでに口説き、そして「ぎゃはは」と笑われる。…まさにビースト。鬼畜である。

washburn1975washburn1975 2005/07/21 20:29 「まい・ぼでぃがーど(はぁと)」というよりは「続カラテ地獄変・ボディガード牙」の方が近いようですね。

globalheadglobalhead 2005/07/21 21:06 おお。いいっすねえ。副題として「マイ・ボディーガード/たった一人の戦争・燃え上がるメキシコシティー!奪われた少女の命、血と爆炎と屍の中、男は今、復讐鬼と化す!俺に地獄の釜を開けさせたのは貴様等だ!命貰います。」というのも付けるといいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050721

20050720(Wed)

globalhead2005-07-20

[]瞳の中の星の話、その他の話 瞳の中の星の話、その他の話を含むブックマーク 瞳の中の星の話、その他の話のブックマークコメント

子供の頃の話。

クマのぬいぐるみを買って貰い、寝るときには欠かさずそれを抱いて寝ていた。子供だったから寝室を暗くするのが恐くて、いつも小さな電球は付けていた。小さな電球の光はクマのぬいぐるみの黒い瞳に乱反射してあたかも星が散っているように見えた。それを観ていると奇妙に暗がりが恐くなかった。子供のオレはクマの瞳の中の星を見ながらいつも眠りについていた。

別の話。

ひどい風邪をひいて悪夢にうなされた。ひどい風邪の時の悪夢はいつも決まって天井から天井の大きさの巨大な10円玉がゆっくりオレの上に落ちてくる夢だ。

別の話。

子供向けのサバイバル・マニュアルの本を買って貰った。しかしいくらド田舎に住んでいたとはいえ、子供がそうそうサバイバルが必要になる事はない。だから友達が遊びに来たとき、その本を参考に部屋で無人島ごっこをした。6畳ほどの寝室がジャングルと毒沼と不気味な生き物で満ちた冒険島と化した。

別の話。

お祭りで買ったカラーひよこはずっと生きていた。ひよこは鶏になり、家の外に大きな金網の小屋を作って中に入れられ、そして冬を迎えた。ある日、鶏は凍えて死んでいた。特に悲しくも無かった。臭くて五月蠅かったからだ。

別の話。

そしてお祭りで買った亀は必ず逃げ出していなくなってしまうという罠。

別の話。

お祭りではヤドカリも売っていた。何匹か買って家で飼っていたが、そのうちの一匹は買ったときから元気が無く、貝の中から出てこなかった。ある日そのヤドカリがとうに死んでいることに気付いた。出店の親父が最初から死んでいたヤドカリを売り付けたのだ。

別の話。

近所には小さな川が結構あり、子供同士でザリガニや蛙を取って遊んでいた。子持ちザリガニを捕まえるとヒーローになれた。ザリガニの足の部分に、小さな子供のザリガニが何匹かくっついているんですよ。ある日さらなる大漁を目指して、仲間同士川の上流へ行ってみる事にした。次第に険しくなる岩の山、黒々と茂る怪しげな草木。しばらく川岸を遡り、そして川が曲がる対岸の岩の上に、オレたちは不気味なものを見つけた。そこにいたのは、まるで番でもしているようにピクリとも動かず居座る、巨大な丸々と太った真っ黒い毛虫だったのだ。そしてオレと仲間たちは青褪めたまま口も訊かずそこから逃げ出した。

そしてまた、別の話…。

itopitop 2005/07/21 00:13 走馬灯のようです・・・☆
こういう断片的な記憶って、「なんでこんな事覚えてるんだろ?」っていうささやかな感じのものが多い気がします。でも大切ですね、そういう記憶って。

globalheadglobalhead 2005/07/21 08:09 この「子供の頃の話」て暇なときに大量に書いてしまったので、おいおいぽつぽつとUPしていきます。面白いのかどうかわかんないんですが、まあ基本的にオレの日記って全て穴埋めみたいなもんだからなあ…。
なんか全体的に妙な話が多いです。よかったらまた読んでくださいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050720

20050719(Tue)

globalhead2005-07-19

[]そんなメイドのお前が好きなんだ そんなメイドのお前が好きなんだを含むブックマーク そんなメイドのお前が好きなんだのブックマークコメント

そういえばメイド流行りであるが、どこかの同人サイトで「メイドと放浪の旅をする主人公」というお話を見た事があったな。ってかよ、放浪したらそれってもう「メイド」じゃねーんじゃねーのか?「男の魂に火をつけろ!」さんのところ(id:washburn1975:20050718)でもメイドマッサージの話書いてたな。

「メイド」ってあれ、「何でも世話を焼いてくれる女子」ってことだろ。要するに「セックスも出来る母親」なんだよな。まあ、至れり尽くせりというか、コンビニエンスな思想ではあるわな。やはり究極の萌えメイドは「メガネっ娘」で「猫耳」で「アニメ声」で「幼馴染」で「ドジっ子」で「魔法少女」なんだろうなあ。全て幼少時の体験とコンプレックスで構成されている所がポイントだな。ううん、オレだったらそういう要素よりも「ゴス系」で「妹」で「つるぺた」の…ってオレの好みはどうでもいいんだよ!

もうググルとメイドの属性にありとあらゆるものが付随してて、「メイド牛丼」だの「メイドゾンビ」だの「メイドテロリスト」だの「釣りキチメイド」だの「メイド炎のコマ」だの「メイド時代劇」だの「メイド恐竜」だの「メイドアメーバの恐怖」だの「メイド牧場*1」だの「メイド地球侵略」だの「テキサス・チェーンソー・メイド」だの「メイドのしたたり」だの「悪魔のメイド」だの「合体メイド」だの「メイド改造手術」だの「南の海のメイド」だの「メイド緊張緩和」だの「天才メイド」だの「一族郎党皆メイド」だの「韓流メイド」だの「ネイティブアフリカン・メイド」だの「メイド火山」だの「メイドの父」だの「メイドの母」だの「メイド爆弾」だの「メイドの土産」だの(おい)「メイド野球団」だの「暴動鎮圧用メイド」だの「メイド・レゲエ」だの「メイド菓子」だの「メイド寿司*2」だの「メイド拳法」だの「メイド型墓石」だの「メイド型ロケット」だの「メイド作業員」だの「殺し屋メイド」だの「世界メイド博」だの「メイド元素」だの「メイド宇宙」だの「乾燥メイド」だの「酢漬けメイド」だの「粉末メイド」だの「メイド探偵」だの「メイド臓器売買」だの「メイド海峡」だの「メイド紛争」だの「メイド遺伝子」だの「メイド・ガス」だの「光速メイド」だの「レトルト・メイド」だの「蒸気メイド」だの「メイド水」だの「メイド出土物」だの「メイド遺跡」だの「メイドの化石」だの「メイド議員」だの「メイド薬」だの「メイド射出口」だの「メイド妖怪」だの「メイド大統領」だの「ホームレスメイド」だの「メイドカー」だの「メイドやくざ」だの「刺青メイド」だの「メイドの刺青」だの「メイド大学」だの「ああ!メイドさま!」だの「最終兵器メイド」だの「女囚メイド」だの「遊星からのメイドX」だの(誰か止めろ)

f:id:globalhead:20050719210804:image

「遊星からのメイドX」

f:id:globalhead:20050719221227:image

「遊星からの釣りキチメイドX」

hisamura75hisamura75 2005/07/19 21:12 これはフモさんの自筆ですか?

globalheadglobalhead 2005/07/19 21:17 あら見付けるの早い…。ええ、オレが描きましたア。

ecmecm 2005/07/19 21:19 本文中にメイド、78回。

globalheadglobalhead 2005/07/19 21:20 ああ!100個書くべきだった!!

hisamura75hisamura75 2005/07/19 21:20 なんだか発想がまるで男子小中学生ですよーう! ★もう釣りキチメイドとかも描いちゃえ。

globalheadglobalhead 2005/07/19 21:23 ええ、脳みそがコロコロコミック程度なんです…。「釣りキチメイド」描かなきゃ駄目?

ecmecm 2005/07/19 21:24 描け!

globalheadglobalhead 2005/07/19 21:26 じゃああと1時間ぐらいくれ。(実はこの程度でも時間掛かってる上に、「メイドX」はなんと!フォトショまで駆使している…)

ecmecm 2005/07/19 21:29 よしゃ!

washburn1975washburn1975 2005/07/19 21:48 自分としては「メイドの黙示録」と「必殺必中メイド屋稼業」と「メイド対組織暴力」が欲しいところです。

globalheadglobalhead 2005/07/19 22:15 はあはあ…描いたぞ…。

globalheadglobalhead 2005/07/19 22:26 >washburn1975さま、ネタ提供ありがとうゴザイマス!

ecmecm 2005/07/19 22:31 わ わあ ふぁんt ふぁんたすてぃkk....... っく です。

globalheadglobalhead 2005/07/19 22:36 さあ!「この絵の生き物はナニ?」と不思議に思った良い子のみんな!J・カーペンター先生の愉快で楽しいファミリー・ヒューマン・コメディー「遊星からの物体X」を家族揃ってみんなで観ようね!

itopitop 2005/07/20 14:17 うわぁぁー!・・筆舌に尽くし難い何かを感じました。
また何か描いて下さい☆☆

globalheadglobalhead 2005/07/20 17:42 おう!何かリクエストがあればフモ先生(誰だよ)にどしどし送ろう!でもグロ絵になること必至。覚悟するように!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050719

20050718(Mon)

globalhead2005-07-18

[][]スター・ウォーズ スナッククリップ スター・ウォーズ スナッククリップを含むブックマーク スター・ウォーズ スナッククリップのブックマークコメント

コンビニに行くと、目に入っても決してそこに存在しないかのように黙殺する事にしている商品がある。それは「スター・ウォーズボトルキャップ付きペプシコーラ」である。危険である。デンジャラスである。コンビニのマガジンラックに並ぶ《稲川淳二のほんとうにあった怖い話》の表紙の稲川淳二の目つきなんてメじゃないぐらい危ないんである。今オレの中で最も買ってはならないモノ、それがこのボトルキャップ付きのコーラなんである。

何故かってそれは1個でも買えば必ず全種類集めなければ気がすまない人間だからである、オレは。

これまでも買った。買ったよ。ああ買ったさ!スター・ウォーズのエピソード気了も兇了も、コンプリート目指してコーラを飲み続けたのさ!そしてコレクションも増えたけど体重も増えたのさ!しかしいつもコンプリート目前にキャンペーンは終わるのさ!キャンペーンが終わって我に返ると、いったいオレは何を血眼になってこんなもの集めてたんだろう?と虚無感と疲労感ばかりが残るのさ!ああ、ボトルキャップなんて、ボトルキャップなんて…もう溜め息さえも出ない。ゲップは出るけど。

という訳でいくら己の胡乱蒙昧ぶり以外ウリのない日記を書いているオレでさえ、さすがに学習したのである。そう、今日び、ミミズだってオケラだってアメンボだって学習するのである。オケラには負けるかもしれないがアメンボには勝ちたい。ましてミミズに負けるなど言語道断である。…ってかそんなに低レベルな人間だったのかよオレ…。

なにしろ今回のボトルキャップは60種、さらに様々なスペシャル版も用意されているのである。奇跡のようにダブリ無しで買えたとしても60本、ダブリ覚悟であれば100本近くののペプシコーラを飲まなければイケナイのである。そしてオレは誰も知らないだろうが懐かしの東映アニメ「空飛ぶ幽霊船」のボアジュースを思い出してしまうのである。(ごっくりごっくりこんと…♪)そんなタワケた真似などもはややっていられないのである。何故ならオレは地位も名誉も自尊心もある大人だからである。イヤ間違えた。地位も名誉も無くそして自尊心はもっと無いけれどもとりあえず一応大人だからである。

という訳で危機は去った。峠は超えたのである。今夜が山だったのである。ガキ使に出てくる白衣を着たアラブ系なおっさんの名前は「今夜が山田」さんだったのである。そして「今夜が山田」のおっさんは何を言っても「今夜が山だ!」としか答えてくれないのである。これには、何度誘っても「今日用事があるのー」としか答えてくれないお姉さんと著しい類似点を激しく見付ける事が可能であろう。即ち「今日用事があるのー」のお姉さんの実態は「今夜が山田」のおっさんだったのであり、「アッラー・アクバル」と唱えて一日五回メッカの方角へお祈りしなければならないのである。そうか、オレをフッテくれた女子たちはみんなモスリムだったのか…。

さてそんなオレだが実は最近酒あんま飲まないのである。そして代わりにダイエットコーラ飲んでいるのである。だからコーラは飲むのだ。買うのは2リットルの大きなボトル。そしてね。これにも付いてるんですね。SWのオマケが。《スナッククリップ》と呼ばれてるようですが、まあ要するにクリップね。これがね。8種あるんですわ。でね。ええと。やっぱり、8種、揃えちゃいました…。なんだよ、やっぱり学習なんかしてねえじゃんかよ…。ミミズ以下だ…。

f:id:globalhead:20050718092152:image

[]DORITOS IS GOOD. DORITOS IS GOOD.を含むブックマーク DORITOS IS GOOD.のブックマークコメント

ところでオレは最近主食がダイエットコーラとドリトスなのである。殆ど毎日である。なんだか分かんないけどザマミロ、なのである。ジャンク道ここに極めり、なのである。オレが「淡々と今日食ったモン記録しちゃるぜ」とかいうブログを作ったなら更新が超簡単だ。コーラとドリトス(ツイスト)のサワークリーム&オニオン味かチェダーチーズ味を交互にUPしていけばそれで足りるからな。だから毎日コピペでOKなのである。そしてウィークディにはピザとビールの画像が挟まるのな。

ナチュラルだのオーガニックだのについて語るよりはケミカルだのジャンクだのについて語るほうが性に合っている。質素で体に優しい食いモンなんぞ食ってたまるか。

washburn1975washburn1975 2005/07/18 09:43 「今夜が山だ」のおっさんって、「元祖でぶや」のイラン人タレント大集合のときに出てませんでしたっけ?

globalheadglobalhead 2005/07/18 09:55 わあ、凄い面白いコメントなのに返せない自分が悔しい…。でぶやってまだやってんだあ?washburnさんの言ってた回ってこれかなあ?http://www.tv-tokyo.co.jp/debuya/back/050422.html
なんかそれっぽい人がいるけどアラブ系ってみんな同じに見えて…。

washburn1975washburn1975 2005/07/18 16:53 http://www.tv-tokyo.co.jp/debuya/back/041022.html
わたしが観たのはこの回でした。たしか「デイビッド」というのがヤマダのおっさんだと思います。

globalheadglobalhead 2005/07/18 18:57 おお。写真で見ると(ちっこかったけど)デイビッドかと思いましたがやはりそうですか。あちこち営業されてるようですねえ。「今夜が山だ!」以外の台詞をもらえたんでしょうか。ってか、あれが芸名だというらしいですから(ホントかなあ)、彼が「今夜が山だ!」と叫ぶのはピカチュウが「ピカチュウ!」と吠える(言う?)のと同じ理屈なのかな、と思います。つまりそういう生き物なのである、と。(山田はポケモンだったのかよ…)

添加物!添加物!添加物!添加物! 2005/07/19 19:21 わたしも気づいたらカフェオレとか甘いパンとかアイスとか
甘いものしか摂ってないことがザラっす。
なんか、甘いものを食べれば、落ち着くんだなあ……。

フモさんはピザが好物みたいですが、それってデリバリーの?
それとも冷凍のチンするやつ?
ピザって結構高いから、奮発した時に近所のピザカリを注文するくらいで
食べる機会が少ないんですが、やっぱり店によって味も明確に違ってくるのでしょうか。

バナナ牛乳バナナ牛乳 2005/07/19 19:22 すいません。名前入れ間違えました。きゃあ!

globalheadglobalhead 2005/07/19 22:33 ええ。オレも職場にはチョコ常備。頭が煮詰まるとチョコ食えば落ち着きます。しかしデブるので一日一箱と決めております。
ピザはデリバリーです。なななんと毎週食っております。近所の殆どの店の殆どのメニューを食い潰しました。ピザとオレについてはそのうち書こう!なにしろ恐るべき食生活なんっすよ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050718

20050717(Sun)

globalhead2005-07-17

[]WIRE05終了 WIRE05終了を含むブックマーク WIRE05終了のブックマークコメント

…今帰って来ました。(AM7:00)疲れたー&すっごい楽しかった!今ビール飲んで一息ついてます。多分午前中はずっと寝ちゃうだろうな。でも連れの二人の若者はこれから寝ないでまた出掛けるのだそうです!そもそもロケンローラーT君はドラム&ボーカルスクールの帰りにWIREに来たし、「妹」のMはこれから靴作りを教える学校に行くんだって。学校9時からだから寝てる時間がない、って。みんな偉い。マジで偉い。オレはええと今日の予定は…ゲームかなあ…。いや、別に恥じないけどさ、頑張り屋の若い奴ってカッコイイな、そんな連中にたいしたことないオレが好かれるのも変なもんだなあ。

WIREについてはまた後で書こう。

[]起きた 起きたを含むブックマーク 起きたのブックマークコメント

今起きた。結局4時までこんこんと眠っておりました。ビールがあまりにも旨くて缶で5個飲んでしまいました。WIRE会場の踊った後のビールもとことん旨かったけど、AM6時まで貫徹したビールも旨い。沢山汗かくからダイエットにでもなりそうですが、ええ、こんだけ飲むと体重なんぞすぐ戻ってしまいます…。(毎年の事だから判ってるんです…涙。)

[]WIRE05個人リポート WIRE05個人リポートを含むブックマーク WIRE05個人リポートのブックマークコメント

6時半入場。さっそくRYUKYUDISKOで盛り上がりました。オレは好みというほどでもないのですが、いいユニットだと思うしテクノの枠に括られない音作り・売れ方してくれるといいなあ。

その後3Fのスタンドシート座って、ひたすらダークなELLEN ALLIENとなんだかプヨプヨ動くTOK TOKを眺め、そしてJORIS VOORNを見にセカンド・フロア突入。いや毎度だがここ混んでいる上に空調効いてない。ただ、ちょっと狭めのハコでのプレイを観るのも基本に戻るみたいでいいんだよなあ。JORIS VOORNはちょっとトランス寄りの若々しいプレイでありました。

一休みしてメインフロアの石野卓球を観る。実は昔からこの人のDJ好きじゃないの。リズムの取り方が、日本の祭囃子みたいなの。なんかその辺垢抜けない音に聞こえて嫌なんだよなあ。卓球終わって808STATE登場。80年代後半のセカンド・サマー・オブ・ラブの生き残りダンスユニット!ヒット飛ばしまくってた頃は新宿リキッドのオールナイト来日ライブ行ったりしました。楽しかったなあ。で、今回蓋開けてみると一緒に行ったT曰く「変なデジロック」。メンツもみんなおっさん&ブーデーになっちゃって、いまさら感の漂う奇怪な音だったなあ。

ここで24時過ぎ。小腹が空いたので同行の2人と軽食。WIREの屋台はもうラインナップいつもいっしょだなあ。この業者って、いろんなイベント専門で屋台出してるんだろうなあ。だから、イベント行くたんびに同じメシ食わされてるような気が…。

休憩する事にする。スタンドシートで少し寝る。レイヴ初体験のMは見るものみんな珍しいみたいで、起きてレーザー光線舞い飛ぶ会場を眺めていた。ちょっと目が覚めた時にプレイしてたBAD BOY BILLが暗く湿り気のあるいい音出してたなあ。ノーチェックだったんだけどこれよかったかも。その後はJOEY BELTRAM。楽しみにしてたんだけど眠気取れず。スタンドで失礼させて貰いました。でもこの人も職人チックで手堅い音出すなあ。

3:30分。終盤という事で再びフロアに降り立つことに。まずLUKE SLATER。この間のMixCDがどうも中途半端だったので心配してたけどまあいい出来だったのでは、と。後半デトロイトもので攻めてくれて嬉しかった。そして4:40分、トリで今回一番期待してたCHRIS LIEBING。今回でWIRE3度目だというのにどれも未見!おくらばせながら買ったCDがとてもよい。DJのほうは期待に違わぬ重く複雑な音に満ちた良い出来!きちんと盛り上げてくれてました。

プレイはまだ続いてましたが6:00頃会場を後にしました。ちょっと小雨が降っていた。一緒に行ったT君Mさんありがとう。一緒に踊って、二人の事もっと好きになりました。

[]WIRE05終わってみて WIRE05終わってみてを含むブックマーク WIRE05終わってみてのブックマークコメント

レイヴにヒールの高い靴で来る女の子は何を考えてるのだろうかと。あとセーラー服で来ている女子発見!同行の二人曰く、「結構いってる歳みたいに見えたからコスプレかも。」ラストのプレイではオレ、ルミカライト振り回して踊ってたぜ!Tが買って来てくれたんだけど、Mの為に買ってきたルミカイアリングをMがクロークに忘れてきて、罰として帰りの電車で付けさせた!「なによー、やってやるわよ!」と開き直って付けるM。可愛かった…かどうかはナイショ!

う〜ん、WIRE05、やっぱり今回は1Daysで凝縮させて正解かも。ポイント絞れるし。ただなんだか少し寂しいな、と思ったのだけど、どうも、毎回登場しているJEFF MILLSが今回は居なかったからのような気が。やっぱりこの人WIREの顔のような気がするけどなあ。次回はこのJEFF君の再演是非是非希望!ハード&ミニマルな超絶プレイで最後に締めてもらって終える、というのがWIREの定番なんではないか、と。

どっちにしても、次回も行きますぜ、WIRE!(大丈夫かよオレ…)

追記:今年は1万5千人入場したようです。

f:id:globalhead:20050717185932:image

(すいません本当は去年の写真なんですが…雰囲気だけでも味わっていただこうかと)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050717

20050716(Sat)

globalhead2005-07-16

[][]WIRE05会場突入前 WIRE05会場突入前を含むブックマーク WIRE05会場突入前のブックマークコメント

今年も日本最大のテクノ・イベント、WIREが開催されるのである。国内外の多数のDJ、テクノクリエイター達が一堂に会し、12時間以上に及ぶプレイを競うのである。入場者数は1万人を超え、日本中のワイアーヘッドなワカモノ達が夜を徹して踊り狂い電子音の快楽に打ち震えるのである。

そして今回はWIRE05。今日4時から開演!である。前回は2Daysということで訳判んなくなるほどDJが登場し皿回しまくったが、今回は従来のスタイルに戻り、1DayのみでPM4:00からAM6:00まで14時間の公演。それでも14時間。みっちりむっちり踊る阿呆状態になってスパークしまくるのである。

実は今回オレは年齢を理由にリタイアする予定であったが、(だからさ。じじいなんだってば。)しかしサガ(○性X嵯峨)と云うのか因業が深いと云うのか、何の気なしに今年のラインナップを見ていたら居ても立ってもいられなくなり、今回も参加決定!今年も生き恥さらしちゃるぜ!

一緒に行く面子はこれまでの30代前半のカビの生えかけた野郎どもから一新、一人は会社の後輩でロケンローラーのT・28歳、もう一人はパンク娘でありオレの心の妹でもあるM・22歳である。いきなり面子が若返ったのである。逆に言えば20代の溌剌とした若者たちに混じって、ドロドロでゲロゲロの怪しげなオヤジが一人、怪気炎を上げまくるという、なんかもう果てしなく怪奇で恐怖な絵づらがここに出来上がったのである。はっきり言って会場の数万人の平均年齢をオレ一人で一気にあげていると言ってもいい。さすがいつもやることが違うオレである。またしても、お前らオレの生きザマ見とけ!と云う感じである。ザマミロ!(なにが)

さて今日一緒に来る二人にはオレの秘蔵のテクノ・ミュージックの名盤を貸し与え、既にたっぷり学習&洗脳済みなのである。もともと音楽好きな二人、声を揃えて「テクノって凄いっすね!」と興奮しまくっておったわい。そーだろそーだろ。よいわよいわ。

ただ今回の問題は、やはり若返りまくった同行人にオレがどこまで付いていけるということなのだが…。(やっぱり弱気じゃねーかオレ)取りあえず1時間踊ったら酸素吸入と2時間休憩、0時からは3時間睡眠、ユンケル黄帝液の一番高い奴常備、そして折々に若い連中に筋肉マッサージなどをしてもらう予定である。…なんだよこれじゃあ瀕死の病人みてえじゃねえかよオイ。

と云うわけで玉砕覚悟で赴くオレだが、もし明日以降の日記更新が長期に渡り無かった場合、「フモはくたばった」と判断して戴きたい。…命懸けかい…。

《WIRE05》オフィシャルサイト:http://www.wire05.com/

f:id:globalhead:20050716073352:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050716

20050714(Thu)

globalhead2005-07-14

[]マッドマックス・サーガ! マッドマックス・サーガ!を含むブックマーク マッドマックス・サーガ!のブックマークコメント

巷ではスター・ウォーズ・サーガが大団円という事で盛り上がっているが、もうひとつのサーガを忘れてはいないだろうか。LOTR?チッチッチッ。インディ・ジョーンズ、ダイハード、どれも惜しい。もう一つのサーガ、それは「マッドマックス」である。

マッドマックス、「1」は1979年、「2」が1981年、「3」は1985年製作。現在「4」であるMad Max: Fury Roadが製作される予定であるが、どうもいろいろあって頓挫している模様。「1」から主演を務めたメル・ギブソンの出世作ではあるが、もういい歳のはずで、「4」でまたぞろインターセプターで暴走しまくるのであろうか。初老の暴走族。ある意味カッコいいと言えばカッコいいが…。

■マッドマックス

「1」はオレとしては今観てそれほど面白いかどうかはなんとも。恐るべき低予算である事がひしひしと伝わってくる出来で、なにしろ警察署は「荒れ果てた近未来」だから荒れ果てた廃工場みたいな所でロケしてる!しかしこの半ば廃虚と化した警察署、というのもまたいい。オレは車の事は判らないのだが、殆どの予算は車とバイクに使われた模様。車・バイク好きには公開当時圧倒的な支持を得たらしい。お話は単純に言えば復讐劇。暴走族に女房子供を殺されたマックスの怒りの追撃が始まる!ということなのだが、もとよりヌルイ愛情生活描写はどうでもよくて、だから奥さん殺される(実際死んでなかったみたいだけど)シーンもあっさりしているし、特に感情移入もしなかったのだオレは。結局、この映画のプロットは、暴力と暴走の理由が欲しいだけなのだ。そして、復讐の暴力と暴走のカタルシスにさえ酔えればこの映画は成功しているのだ。悪役のキモさと凶悪さは最高。スタントマンは三人死んでるらしい。


■マッドマックス2

「2」はこの連作の中でも最高の出来、そしてバイオレンス映画の金字塔とも言えるだろう。なにしろ圧倒的なスピード感(ストーリーも車の速さも!)、無慈悲で徹底的な暴力、情緒の挟み込む余地の無い乾ききった人間描写、そしてなにより、それまで誰も見た事の無いグロテスクかつ壊れたカーデザイン、土俗と化そうとしている衣装。世界には廃虚さえ無い、なぜなら全ては崩壊し、もはや痕跡すら残らないほど完膚なきまでに滅亡したのだから。この世界で最も価値のあるものが「燃料」だ、という設定もナイス。ここでもなお一層狂気のほどを増した悪役達の、もはや文明とはなんの関係も無くなったケダモノぶりがよいわ!なにしろ「荒野」と呼ぶ以外何物でも無い大地と、無限とも思えるほど延びる道をひたすら加速してゆくマシンの様は、もはや宗教的な恍惚感にさえ満ちている。そしてシリーズ中最も虚無的な、ヒーロー・マックスの描写!あの、深い余韻を残す鮮やかなラスト!

マッドマックス2 [DVD]

マッドマックス2 [DVD]

■マッドマックス サンダードーム

「3」、「マッドマックス サンダードーム」ではとうとう文明は石器時代まで退行している。ここではテクノロジーを所有し行使できるもののみが特権階級として生きられ、そして生存の確率も高い。ところでこの「3」は物語半ばで突然それまでのコンセプトを放棄し、希望の物語として変節する。それは生き残った子供たちの存在を中心に語られ始めるからだ。ファンにはここが受けが悪い。確かにこれまでの物語からしてみれば、このヒューマニズムは甘くそしてダルい。しかしだ。前作と同じプロットで進んでしまえば、所詮前作の焼き直しでしかなかったのだ。さらなる暴力のインフレーションを描くには、この世界は既にあまりにも枯渇し切っている。だって、燃料も、弾丸も、もう殆ど残って無いんだぜ。それと共に、監督のジョージ・ミラーは、この世界観に多分飽きてきていたのではないか?これは彼のその後の監督作品を見れば判る。「ロレンツォのオイル」?「ベイブ」?立派なヒューマニズム映画じゃないか!ジョージ・ミラーは、徹底的な暴力の果てに、反動的に人間回帰へと目覚めてしまったに違いない。ま、オレは興味ないけど。ヒューマニズムに目覚めると人間つまんなくなるといういい例である。しかし、ひとつの変節の瞬間を映画の中で観る事はある種興味深い。だからこの作品自体は悪い出来では無いと思う。


全体的に言える事は、実はマッドマックスという映画は西部劇なんだということだ。無法の町、非道の悪役、為す術も無い住民、ニヒルな主人公。そして、ガンと馬=車、果てしない荒野!未来が設定なのはSFなんじゃなくそのほうが世界観が自由に出来るからだ。暴力が暴力を生み、正義は自らの中にしか存在せず、そしてその正義の執行は私刑によってのみ成就する。さらにそこには現実と一切関わりの無い世界である事が重要なんだ。なぜなら暴力に社会的な背景や因子を付加すると意味的になるからだ。殺られる前に殺るのだ。生き延びる為に全ての暴力は正当化されるのだ。高純度に抽出されたスピードと暴力の快感、それが、マッドマックスの世界である。

というわけなのだがこれほどの作品なんだから特典映像満載のDTSスペシャル・エディション三枚組とか出せ出せ出さぬか!取り合えずオレは買います。

f:id:globalhead:20050714202348:image

itopitop 2005/07/15 19:27 マッドマックス、今まで名前だけは知っていて観たことはなかったのですが、レビューを読んですごく観てみたくなりました〜☆そして↑のポスターの何とも言えないポーズにやられました。な、なんか・・・イカす!!

globalheadglobalhead 2005/07/15 22:37 あー、ひょっとしてこれ製作された頃イトちゃんまだ生まれてなかったんじゃないのか!?
優れたエンタティメントである「2」だけでも観てもらえれば!お奨めです!
あと本文で書き忘れましたが、この映画は漫画「北斗の拳」にパクられまくってます。
なにか妙な違和感を感じたらそれは「北斗の拳」のせいです!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050714

20050713(Wed)

globalhead2005-07-13

[]バットマン ビギンズ バットマン ビギンズを含むブックマーク バットマン ビギンズのブックマークコメント

この映画ノーチェックで、最初はあんまり観に行くつもりは無かったんですね。なんか地味っぽいし、「なんで今頃またバットマン?」と思ってたんですよ。ただ、アメリカンコミック・アーチストの巨匠、フランク・ミラーの原作を当初映画化しようとしていたものがこの「バットマン ビギンズ」だという事を公開されてから知ったから突然観に行こうと思い立ったんですよ。

フランク・ミラーは最近ではオレ的におおいに盛り上がっている映画「シン・シティ」の原作者であり製作でもあるんだ。また、このバットマンでもコミックを描いており、さらに物語の核ともなる部分、ブルース・ウェインの幼少時のトラウマ、「なぜバットマンはコウモリを自らの姿に選んだのか?」というエピソードを最初に描いた人でもあるらしい。

なにしろ予備知識無く観たもんだから、結構有名俳優で脇を固めていたことでびっくりしました。渡辺謙は知ってたけど、リーアム・ニーソンマイケル・ケインモーガン・フリーマン、とそうそうたるメンツじゃないですか。そして地味だが頼れる巡査長役がゲーリー・オールドマンだなんて最後まで気付きませんでした…。(ああ不勉強。)でも主役のヒーロー、ヒロインにはあまり魅力感じなかったな。

今回のバットマンは徹頭徹尾リアルであること、現実の人間がコスプレしてヒーローになるためにはどういうことが必要か?を描いていくんだけど、う〜ん、それは映像としてみてもあまり楽しくないんだよな。屋根から落っこちるバットマンとかさ。やはり後半のお膳立てが全て揃って宙を舞うバットマン、スーパーヒーローのバットマンが、やっぱり格好良いんだよ。

テイム・バートン版のバットマンはマイノリティがフリークスとなって社会に復讐する、というバートンらしい作風だったし、対するジョエル・シューマッカーのバットマンは、オレは気付かなかったけど、ゲイでもある監督によるドラッグクイーン的な極彩色のコスプレショウってことなのらしい。どちらもオレは好きだったけどね。

じゃあ今回のバットマンはなんなんだろう?今回は「バットマンだけでは社会を良くすることは出来ない、バットマンはひとつの正義の象徴として人々を先導するものであればいい」というような、ヒーロー=万能をどこかで放棄したような言葉が繰り返し語られる。

リアルなものを追い求めると、リアルな悪も描かなければならない。そして今回の敵役はカルトでありテロリストなんだね。つまり個人が獅子奮迅しても戦いに勝つことは出来ない。そしてクライマックスは街があたかも「ダイハード」みたいな状態になる。しかしこれをいわゆる「911以降のアメリカ」と簡単に言い切っちゃうのもなんなんだよね。むしろ関係ない。

だからこれは余談なんだけど、実はアメコミヒーロー物のコミックの「911以降」の苦悩、というのは確かに存在していて、現実に「グラウンド・ゼロの瓦礫の前でなすすべも無く立ち尽くすスパイダーマン」なんてコミックは存在したし、夢のようなヒーローではなく、あの事件で奮戦した消防署員を主人公にしたアメコミなんかもあったのよ。つまり「無敵のヒーローの現実への無効性」というジレンマが、アメコミの世界にはあることはあった。

現実でもより凶悪で大規模になってきた犯罪・テロリズムというものがあって、それに対してかつてのヒーローは何が出来るか、どのように戦うのか?というのが今回のバットマンだったんじゃないんだろうか。バットマンの原作が醸し出すダークな雰囲気はリアルであろうとすればするほど現実のダークな大量破壊と結びついた、ってことなんじゃないのかな。

しかしいろいろ書いたけど、実際の所今回の主役は新バットモービルで決まりでしょう!あれ車じゃないんだもん。戦車っすよ戦車!パトカーというパトカーを蹴散らし、家々の屋根から屋根へバウンドしながら飛ぶ様には拍手喝采でしたよ!ああ、フィギュア欲しい…。(結局それかよ。)

f:id:globalhead:20050713202954:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050713

20050712(Tue)

globalhead2005-07-12

[]スターウォーズ エピソード3/シスの復讐 スターウォーズ エピソード3/シスの復讐を含むブックマーク スターウォーズ エピソード3/シスの復讐のブックマークコメント

実はオレ昨日、夏休みを取って《スターウォーズEP3・シスの復讐》を観て来たのさ。いわゆるスター・ウォーズ休暇なのさ。アメリカではスター・ウォーズ公開で経済損失658億円とか言われてるのさ。みんな仕事休んでSW観に行っちゃうらしいのさ。*1そんな風に言うならオレの経済損失は映画館でSWグッズやパンフレット買ったから¥3千ほどかな…。どうするんだよSWキーホルダーとかダースベイダーストラップとかよおお。(泣)朝7時に起きて1時間半前から並んだんだよお。おまけに勢い余ってバットマンビギンズまで観てしまった。(こっちはそのうち書きます)

という訳で話題の大作ではありますが、オレあんまり内容を細かく批評とか評論とかしたくないのよ。ネットで検索すれば山ほど情報は得られるだろうし、ま、だいたいその通りだということでいいんじゃない。SWって、作品って見るよりも一つのお祭り、イベントなんだよ。上映される事に意義があるのよ。

前回はいきなりクライマックスがベトナム戦争になっちゃって、今回は粛清と全体主義国家の誕生、というかなり血腥い政治の話で出来上がってるけど、ここには現実における政治的な関わりとかメッセージとかを嗅ぎ取るのは野暮なような気がするな。物語が現実を模倣しただけなんだととったほうが懸命じゃないかな。

一言だけ言うなら、エピソード4〜6の話に繋げる為に後半その整合感を持たせようとあれこれ流れ作業的になっちゃった、という事かなあ。悲劇的な話ではあるけど、悲劇にひたる余韻が無いのよ。ここもうちょっと情緒的に盛り上げても良かったんじゃない。だから「ああなった原因」が説得力薄いのよ。あれやこれのことではアナキンはもっと地獄のような苦悩味わっても良かったんじゃないかな。でもそれやると上映時間3時間とかなっちゃうのかなあ。いいよ、みんなLOTRで大長編慣れちゃってるから。

実は今回のEP3は、観る前にあんまり気分が盛り上がらなかったのよ。

EP1はSW復活!という事で大いに盛り上がりましたよ。天才少年とポッドレースのエピソードだけでオレは十分この映画楽しめたし。EP2はそれがあれやこれやの事件に発展する様がオレは面白かったのよ。暗雲まさに垂れ込め風雲急を告げ!って雰囲気がゾクゾクきたのよ。でも、雅楽で言う所の「序・破・急」の「急」にあたる今作って、もう、結末があらかじめ決まってるじゃないですか?あの人もこの人もああしてこうなる、ってのが判ってて、大体展開も予想できるじゃないですか。それをなあ、確認作業する為に劇場に足運ぶのもなんだかなあ、って気もしてたんですよ。

ただ、SWってストーリーで見ちゃ駄目な所があって、それは例えばEP2のアナキンとパドメの恋愛描写がクズだとかいう評論もあるけど、まあ確かにあれはまともに見ちゃうとそうなんだが、「とりあえずここ描いておかないと後の話続かないし」という単なる説明なのな、あれ。そもそもSWのファンって、恋愛描写観に劇場になんか来て無いんだよ!ファンが観たいのは宇宙船とエイリアンと戦いなのよ。宇宙空間でのドッグファイトと光線銃とライトセーバーのチャンバラなのよ。なにしろバトルシーンはシリーズ最大の規模なんじゃないのか。オレなんかはもうこれ拝めただけで御の字なんだけどさ。

ただなにしろ最初に公開されたEP4〜6にお話繋げる為、って感じで、ラストの雰囲気がEP5に酷似。知らない人が観たら途中で放り出されたって思っちゃうかもな。オレはこの映画EP3を観る為に殆どのメディアの情報はシャットアウトしていたけど、ただ一つ読んだTVBros誌の海洋堂社長、宮脇修一氏が書いたコラム「さらばスターウォーズと言おう」がある意味かなり客観的な事を言っていたと思った。

…正直エピソード3に関しては「お祭りに参加する」というお楽しみ以上の期待は抱いていない。新三部作は、ルーカスの同人映画を神輿にしたマニアのイベント以上のものを、ついに何一つ提供できなかったというのが、かつてSWファンだった私の正直な感想だ。

TVBros.6月25日号 「専務の異常な愛情」・さらばスター・ウォーズと言おう(前編)

結構若い奴って、SWのこと知らなかったり観てなかったりして、オレはそれを聞くと「ええっ!マジッ!?あれを観て無い人がいるの!?」などと思っていたもんだけど、考えてみればそれは、「ウッドストックも知らないでロックの話するの!?」みたいな年寄りの繰言でしかないんだよな。オレの世代にはSWというのは画期的な映画であり画期的なSF映画だったのだけれど、今新三部作の話をしようとするなら、十分画期的なSF映画ではあるけど、VFX以外に画期的な映画の部分というのは何も無かったりするんだよな。まあ、オレなんざ、新奇なビジュアルと最先端のVFX技術で作られた映画ならなんでも歓迎の人間だから、そんなのは気にしちゃいないんだけどさ。「ハルマゲドン」でさえとても面白く観た人間だしさあ…。つまり、オレはロートルSWファンだし、それでなんか文句ある?と思ってるからこの物語は大好きなのだけれど、それ以外の映画ファンには「絶対観よう」とかは言えないのよね。

どちらにしろ、以前からずぅうぅうぅ〜〜〜っと思ってたんだけど、ルーカスは何で最初に作られた物語の過去の物語を映像化しようとしたんだろう?当初は9部作という事で過去三部作、そして未来三部作を作るヴィジョンがあったのに、結局過去三部作作る段になって疲れちゃって、この三部作でお仕舞いにしようや、って事になったって言うのがよく知られている真相らしいけど、過去三部作で御仕舞い、ってのが、やっぱりなんだか煮え切らない中途半端さを生んだんじゃないのか。

だからね。作りましょう。いや、作って下さい。新三部作、エピソード7〜9を!

…結局一言じゃなかったじゃねーかよ…。

f:id:globalhead:20050712115646:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050712

20050711(Mon)

[]ANOTHER DAY ON EARTH / BRIAN ENO ANOTHER DAY ON EARTH / BRIAN ENOを含むブックマーク ANOTHER DAY ON EARTH / BRIAN ENOのブックマークコメント

Another Day On Earth [解説付・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC128)

Another Day On Earth [解説付・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC128)

イーノ久々のヴォーカル・アルバム。イーノはアンビエント以降もヴォーカル物は出していたような気がするが、未聴。だからオレの中では「ビフォー・アンド・アフター・サイエンス」以来、調べたら28年ぶり!?のヴォーカル・アルバム。

アンビエント仙人になってしまったイーノではあるが、「たまには歌わせろ!」と思ったのかもしれない。その「たまに」が28年ぶりというのも凄いが…。知らない人が聴いたら「ビョーンボョーンしたカラオケをバックに歌うどっかの酔っ払いおじさん」と聴こえるかもしれない。もともとヴォーカルは余技というかヘタウマの魅力というか「独特の味わい」で聴かせて来た人なので、新しいファンには「?」なアルバムかもしれない。しかしこの「涅槃の境地」とも言える枯れ切ったフラットな歌声は、それ自体アンビエントだ。(!?)歌声じゃなく読経に聴こえたぞオレは。さすが仙人。バックの音自体はいつものアンビエント職人芸でどれも遜色ない出来だが、歌物という事で多少POPで判り易いメロディラインをしている。でもビョーンボヨーンではあるが。そしてその高尚な音を自らのヴォーカルでぶち壊しにする、というのが今回のコンセプトなのか!?…というのは冗談で、イーノのヴォーカルってもともと茶目っ気たっぷりだったから、歳取ってもその中の稚気はいっしょなのかもしれないね。

アンビエントからずっと、アートだの思想だのどうもエスタブリッシュメントな語られ方をしているところがイーノにはあって、まあ、本人もそれが気に入っていたのかどうかは判らないけれど、オレは少なくともその仲間には入りたくなかったのよ。ああいうの有難そうに語りたく無いし、「空間」だの「感性」だのという言葉もあんまり使いたくないし。(いや、説明面倒臭くなると使うがな!便利なんだもん、この言葉。)

だから今回は自分の孫に「ねえイーノ爺ちゃん、昔は歌手だったって本当なのお?」なんて訊かれて、「そうじゃそうじゃ、昔はワシもグラムなんかやっとってなあ、羽飾りとか付けて歌っとったんじゃぞう。」とか言ってるうちに、「おお、久しぶりに歌ってみるかい。どっこいしょ。」と思い立った、そんな風に受け取るのがよいのかと。曲によってはタイムスリップしたのかと思わせるような往時を彷彿させるヴォーカルも聴こえますよ。これがまたオケも声も枯れまくっててイイ!ファンの方には是非聴いて貰いたい!なあに、久々のクセに、なかなかやるじゃないかイーノ爺さん!

ロックもこれだけ歴史が出来ると、「ロックの老後」っていうのもあると思うんですよ。若い奴には若い奴の音と世界があるが、年寄りには「一回やっちゃったしなぁ、それ。」という世界でもあるんですよ。結局モチベーションの問題でもあるんだけど、リタイアする人もいるのはしょうがないし、過去の遺産しょってナツメロオンリーのロック大道芸人になっちゃうのもまあ致し方ないし、ボウイみたいに何時までも「若いもんにゃ負けられねえ!オレはスターなんだからな!」というアグレッシヴさを持つのもいいけどそれもしんどいし、でもイーノはちゃんと音楽と一緒に歳取ったんだなあ、という気がする。そして、でも、音楽テクノロジーの進化もきちんと学習してて、このへんはジジイという属性が持つ薀蓄の豊かさを窺わせますよね。

まあ、ここまで書いといて、オレはというとズッコンズッコンしたテクノ聞きますけど。まだ暴れさせてくれよ。

f:id:globalhead:20050711195544:image f:id:globalhead:20050711200030:image

グラムの頃のイーノ爺さん!!

f:id:globalhead:20050711195844:image

そして今のイーノ爺さん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050711

20050710(Sun)

globalhead2005-07-10

[]ブロンドのあのコの話、その他の話 ブロンドのあのコの話、その他の話を含むブックマーク ブロンドのあのコの話、その他の話のブックマークコメント

今日も子供の頃の話。

オレの町には暫く米軍が駐留していた時期があった。冷戦中のソ連への前哨基地だったのだ。だからそこここに外人のアパートがあり、外人が住んでいた。外人のアパートから出されるゴミには見た事も無い外国の食い物のパッケージが棄てられており、オレはそれが珍しかった。近所には金髪の白人の小さな女の子が住んでいた。ある日その女の子を見かけた子供のオレは、言葉の通じないその外国人の女の子の気を惹こうと(ガキの頃からスケベ根性丸出しのオレ様!!!)落ちていた木の小切れを拾い、逞しいジャップの男の子であることをひけらかそうと、それを得意げに膝で折って見せた。どうよどうよ。しかし女の子はまだ怪訝な顔でオレを見ている。それではこれでどうだ。オレは木切れを2本持つと、またそれを膝で折ろうとした。折れない。何度やっても折れない。金髪碧眼のジェシー(仮名)は退屈してきびすを返すと家へと帰ってしまった。挫折感を胸に、オレは、いつまでもいつまでもその木切れを折ろうと虚しい努力を続けるのであった。思えば、オレのハリウッド映画の金髪女優へのコンプレックスは、あの頃芽生えたのかもしれない。(ホントかよ)

また別の話。

米軍がいたぐらいだから、自衛隊の駐屯地もあり、それは今でも存在する。町外れには立ち入り禁止の鉄柵と鉄条網がどこまでも続き、丘の上にはドーム型のレーダーサイトもある。山の上には自衛隊の演習場があり、ガキの頃は友達とよくここに忍び込んでは、実弾の薬莢を拾って集めていた。1983年の大韓航空機撃墜事件*1ではここの自衛隊が情報収集に務めていたのだろう。撃墜された旅客機の乗員の持ち物がオレの町の浜辺にも打ち上げられたという。オレに町にはこの事件の慰霊碑が存在する。*2

また別の話。

友達の福島君はそんな米軍相手の理髪店を営む店の子供だった。彼の一家は米軍から払い下げられた民家に住んでいた。米軍相手だったせいか、生活のいろんなものがアメリカナイズされていた。家族全員が体が大きく、バタ臭い印象があったと思う。彼の家に行くと、玄関先に消毒薬を入れたホウロウ引きの金たらいが置いてあり、そこで必ず手を洗わされた。ある日彼の誕生会があるという事を小耳に挟み、お小遣いの100円で車のプラモデルを買うと、彼の家に遊びに行った。お金持ちな彼の家の誕生日パーティーは楽しかった。何日か後、体育の授業でクラスで体育館に集まっている時、その福島君と友達が後ろでこそこそ話しているのが聞えた。「フモ君ってさ、呼ばれてもいないのに誕生会来たんだよ」。子供心に、それはそれで傷付いた言葉だった。

また別の話。

近所に住む菅原君は畜肉店の長男だった。畜肉店は儲かっているらしく、あの時代に既にビデオデッキを持っていた。彼も米軍払い下げの家に住んでいて、家へは靴を履いたまま上がった。でもオレの土地は雪や雨の多い所だったから、彼の家に入るといつも床にはなんとなく泥がこびりついていて、外人の生活も難儀だな、と思った。

また別の話。

友達の高山君は父親が自衛隊員で、自衛隊の官舎に住む子だった。彼はブルース・リーが好きだった。兎に角兎に角好きだった。彼の部屋には、壁いっぱいに龍とブルース・リーの絵が描かれていた。彼の父親の友人に絵の達者な人がいて、彼の為に描いてくれたんだという。確かに当時ブルース・リーは大人気で、ファンが多かった。そんな彼のコレクションに、《燃えよドラゴン:映画全音声収録レコード》というものが存在し、二人で聴いた事がある。当時は今みたいに一般家庭ではビデオなんて流通してなかったし、勿論ビデオソフトなんてものも存在してなかった。マニアな人なんかは多分映像は8ミリで収集していたのだろう。関係無いけどスター・ウォーズの8ミリフィルムなんてものも売り出されていたらしい。どちらにしろ、普通の家庭で買えるものではなかったと思う。だからファンが劇場公開の終わった映画を観るのには、TV放送しかなかった。そして、そんなファンの欲求を満たすべく、苦肉の策として売り出されたのが、この「映画の音声だけを2時間あまり収録したレコード」だったのである。今じゃ考えられないけど、昔は結構あったような気がしたな。《宇宙戦艦ヤマト映画版:全音声収録レコード》とかさ。

また別の話。

そうだ!オレ当時、《宇宙戦艦ヤマト》が大好きだったんだけど、再放送された時、TVで放送された全話の音声を録音していた!ああ、ビデオもDVDも無い時代…。

また別の話。

小学生の頃好きだった坂井さんもやはり自衛隊員の娘だった。それはもうなんというかお人形さんのような綺麗な子で、親同士繋がりがあったのでよく遊びに行っていた。バドミントンとかおはじきやってました…。うううう…。ある日、オレの親の知り合いの漁師がナマコを大量に水揚げしたので、それをあちこちお裾分けする事になった。坂井さんの家にもお裾分けすることになって、運ぶのを手伝う為に彼女が家にやってきた。ビニール袋いっぱいのナマコはそれはそれで重たくて、彼女の家まで二人でその袋を持って歩いた。そんなオレ達を途中の道で近所のおばさんが見つけて、「あらフモ君、可愛い子じゃない、ガールフレンドなの?」とからかった。どぎまぎするオレの横で坂井さんは小声で「気にしちゃ駄目よ、気にしちゃ」と冷静に言った。なんだか彼女のそんなクールな所がまた素敵だった。大好きな子と二人して荷物を下げて歩く長い道。子供のオレには恐ろしく幸福な体験だった。ま、荷物の中身がナマコって所がオレらしいがな!そういえば彼女が盲腸で入院した時に、一張羅のブレザー着て蝶ネクタイして見舞いに行った事があったな!(オレってどんなガキだったんだ…頭クラクラする…)そんな彼女だが小学5年生の時に転校してしまった。今でも、実家に帰る事があったら、彼女の住んでいた自衛隊宿舎の近所に立ち寄ってしまう。でも、何年か前までは、建物は残っていたのだけれど、この間帰った時には、取り壊されて別の家が建っていた。彼女のお母さんがいつも手入れをしていたとても綺麗な花の咲く庭も、もう無くなってしまっていた。

…そしてまた別の話…。

nigellanoirenigellanoire 2005/07/11 10:21 私が子供の頃は『ベルサイユのばら』ブーム。宝塚の「ベルばら」公演ライヴ盤LP2枚組豪華二つ折り紙ジャケ入りを、宝塚ファンの同級生が持っていました。しかもそれが雪組・星組・・と組ごとに出ているのを全部! 興味のない私は「宝塚の“音”だけ聞いてどうするんだろ」と思いましたが、あの頃の「ファンごころ」は涙ぐましいです。

globalheadglobalhead 2005/07/11 19:04 おおお宝塚歌劇団。今調べたら5つ組があるようですが正しいかな。
当時LPレコードは一枚物で¥2500、二枚組で¥4000ぐらい、日記で書いた《燃えよドラゴン》は確か三枚組だと思ったから¥7000前後はしたのではないかと。小中学生にはとんでもない大金だと思いますが、それ買っちゃうんだから凄いものです。コメントにあった「ベルサイユのバラ」がもし5組とも出ていたのだとしたら¥20000は下らなかったのではないかと…。この「ベルサイユ」宝塚公演のDVDが今二枚組340分、5組の選りすぐりのハイライトシーンを収録して¥12600で出ているそうで、テクノロジーの発達した今のメディアのほうが安上がりになるのかなあ。あ、お金の話ばかりでスイマセン…。ちなみにオレが今持ってるフィギュアに使ったお金を計算してみました。¥50万いってました…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050710

20050709(Sat)

globalhead2005-07-09

[]ポケットの話、その他の話 ポケットの話、その他の話を含むブックマーク ポケットの話、その他の話のブックマークコメント

オレが小学生になったかならないかの子供の頃の話。

いつも両手をズボンのポケットに突っ込んで歩く癖があった。TVドラマのタレントか何かに影響されたのかもしれない。それはもう、四六時中ポケットに手を突っ込んでいた。母はだらしない、と、見るに見かねて、オレの持っているズボンのポケットを手が突っ込めないように全部縫ってしまった。でも、今でも、ポケットに手を突っ込んで歩く癖は直らなくて、ジーンズでも何でも、手を突っ込みまくって歩いている。

別の話。

ある日オレはジャンパーを買ってもらった。読売ジャイアンツのロゴが入ったやつだった。オレはガキの頃から野球なんててんで興味もなかったが、近所のおばちゃんたちに「まあ、川上監督(当時の巨人軍の監督)みたいねえ。」と言われ、なんだか知らないが有名な人に似ているということが嬉しくて、それから毎日毎日そのジャンパーを着ていた。

別の話。

近所に住む友達の越前谷くんは、いつもポカン、と口を開けている子だった。いつも口を開けているから、この子はいつも口で息をしているのだろうかと思った。そして気付くと、オレもいつも口をポカン、と開けているのに気付いた。格好悪い、と思い、それからオレはいつも口をへの字に結んでいることにした。

別の話。

子供の頃、樺太犬*1を飼っていた。真っ黒で、月の輪熊みたいに首のところが白かった。名前は「クロ」。ちっちゃな、子犬の頃から飼っていたよ。でも大きくなってから逃げ出してね。いなくなっちゃったんだ。そして何年か経ったある日、そのクロをみかけたんだ。すっかり野犬になっちゃってたんだけど、同じような野犬を何匹も従えてオレの前を走り去っていった。すげえ、クロは犬の王様になったんだ、とその時は思い、なんだかオレは誇らしかった。

別の話。

オレの母親は物を片付けるのが苦手で、いつも洋服やなんかを部屋中に散らかしていた。オレはそんな散らかった部屋が恥ずかしくて、友達が遊びに来るときには、こっそりそれを片付けていた。ある日これは本格的に掃除しなきゃな、と思い、母親のスカーフを頭にかぶって主婦気分になってから掃除をした。そして片付け終わった後、「主婦も疲れるもんねえ」と一人呟いてみた。

別の話。

オレの親父はきちんと仕事はしていたものの、定職には付いていなかった。いまではガテンと呼ばれているような肉体労働者で、声さえかけられればどんな仕事でもしていた。左官、土建、大工、工場、魚獲り、いろんな仕事をしていた。家は漁師の納屋を借りて住んでいたBIMBO暮らしだったが、家の家具や風呂場まで、全部親父の手作りだった。でも下手糞でね。本棚は平行じゃないので、同じ高さの本が並べられなかったよ。1階の部屋の窓の外に張り出した踊り場?まで作り、天気のいい夕方はそこにちゃぶ台を出して夜空の下で鉄板焼きを作って家族で食べた。でもオレはちゃんとした仕事じゃない親父が恥ずかしくて、学校の社会の時間なんかにみんなのお父さんの仕事を言ってみましょう、なんて授業があったときは、うつむいて、「なんの仕事かわかりません」って答えていた。でも何回かそんなことがあって、これじゃあいけない、と思い、ある日同じような授業があったとき、「オレの親父は日本一の日雇い人夫です!((C)「巨人の星」)」と答えた。そしたら、教師に「ふざけるな」と言われて廊下に立たされた。

別の話。

子供の頃の記憶は何時から残っているんだろう、と思う。オレの記憶は4歳ぐらいからだ。どんな子供でもそうであるようにオモチャで遊ぶのが好きだった。そんなオレを見て両親がよく言っていたのは、3歳くらいのときにとても立派なトラックのおもちゃを買ってあげて、オレはそれをとても気に入り、毎日のように遊んでいたと言うんだ。でも、ある日、弄り回しすぎて壊してしまったんだという。本当に本当に気に入ってたオモチャだったんだよ、と両親は口を揃えて言っていた。オレは、そんなに気に入っていたオモチャで遊ぶのは、どんなに楽しかったのだろう、と想像し、そんな凄いオモチャと遊んでいたことを憶えていない自分に憤慨した。自分の失われた過去に後悔する4歳児!

そしてまた、別の話…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050709

20050708(Fri)

globalhead2005-07-08

[]七夕 七夕を含むブックマーク 七夕のブックマークコメント

昨日は七夕なのであった。いつものようにやさぐれていたオレは心の妹こと生意気小娘を呼び出し飲みに行くことにする。久しぶりに会う小娘に「七夕だろ、浴衣とか着てこい。」とか言うと「なんでFUMOさんに着たとこ見せなきゃいけないんですか?」と軽くあしらわれる。「そもそもFUMOさんと会うと天気が乱れますからねえ、七夕に失礼ですよ。」とまで言われる。そう、この日は昼間は晴れていたが、夕方土砂降りの雨であった。最初から形無しのオレである。

酒飲みながら近況などを話すが、例の如くどこまでも情けないオレの日々の行動に爆笑してもらう。「FUMOさん、ネタだらけの人生ですねえ。」と言われたので「違うよ、オレは人生そのものがネタなんだよ…。」と言って少し泣く。「いやあ、いつも楽しませてもらってますよ。」とまで言われる。終始珍獣として観察されているらしい。いいんです、笑いが取れれば…。(シクシク)

だいたい色っぽい関係ではないんである。ジャンルで言うと女友達になるのだろうが、歳も離れてるし「おかしな二人」と言ったほうがいいのかもしれない。たまに調子に乗って口説きに入ると、「キモー」と言ってゲラゲラ笑われる。「あーあ、彼氏欲しいなあ」とか言うので「オレオレ。どーよオレは。」などと返した日にゃあ、にっこり笑って「帰っていいですよー」とまたもやあしらわれる。さらに「ねえFUMOさん、FUMOさんと私が3年も仲良くやってこれたのはそういう関係じゃないからですよ」とまで言われる。諭されているのである。「そもそもFUMOさん、会社の女の子端っこから口説いていって、全部振られて最後が私ってどういうことですか。」バレバレである。この小娘の前にはオレの男としての立場など存在しないんである。

以前「オレってお前にはどんな存在なのよ」などと訊くと「お兄ちゃんとかお父さんかなあ」とか言っていた小娘だが、最近同じ質問をしたら「近所のおっさん」と云う返事。格下げされたらしい。バレンタイン・デーの時にチョコレートに縁がなかったオレが、「あり得ねー」とうざがる小娘から無理やりチョコを恐喝した事もあったが、まあそんな事ばかりしていると格下げされるのも頷ける。(納得していいのか?)

でも喋ってるのは楽しい。アート関係の趣味もあるので、この日はDavid Lachapelleの写真集をみせてあげたら喜んでくれた。友人の少ないオレには貴重な知り合いである。今度テクノイベントのWIRE05に一緒に行く事にしたのだがこの小娘、そもそもパンクのライブ行ってヘッドシェイクしているような女なので、「テクノ初めてだあ」と楽しみにしている。

最後に鳥肌実とダウンタウンのDVDを貸してあげて別れる。う〜ん、ある意味、オレらはお笑い繋がりなのかも知れない。

[]目撃情報 目撃情報を含むブックマーク 目撃情報のブックマークコメント

そんな小娘に「木村カエラって可愛いよなあ」などと話してたら、「あ!私見た事ありますよ」との返事。おおお。ど、どうだったっすか。

「ライブハウス行ったら、すんごい可愛い子がいたんですよ。よく見たらカエラちゃんで。でもその時、カエラちゃん物凄い勢いで唐揚げ食ってましたよ。」

物凄い勢いで唐揚げを食うカエラちゃん…。な、なにがあったんだぁ!そんなに腹減ってたのかぁ?なんかちょっと見てみたかったかも…。

nasumayo05nasumayo05 2005/07/10 00:49 木村カエラって言ったらSAKUSAKUですよね!って神奈川の人しかわからないのかな〜?

globalheadglobalhead 2005/07/10 07:46 おう!SAKUSAKUはDVD買って観ました!あれ面白いですね!ってかオレは都内なんでなんとか電波は届いてるはずなんだけどTVK見れない&TVあんまり見ない&SAKUSAKU放送時間は既に職場!ええ、因果な現場作業員は朝早くて辛いんッス…。

バナナ牛乳バナナ牛乳 2005/07/13 20:48 おおおお。東京ならではの出会いミラクル。
わたしはばってん荒川すら見かけたことがありません。
ライブハウスって唐揚げとかあったんだね……
飲み物(しかも一気飲み)しか頼んだことないっす。
よっぽど腹減ってたんだねえ。若いねえ。

globalheadglobalhead 2005/07/14 02:05 いえいえ。東京に20年以上住んでてTVタレントの類はほとんど見た事がありません。それはオレがタレントの出没するような場所に出向かない事、そしてなにより、根本的に、そもそもオレが出歩かないことに起因している様に思います。え…ひきこも(以下略)。
因みに唐揚げはコンビニの「唐揚げくん」みたいな紙パックの奴を。
手掴みでガシガシ行ってたようです。
若いねえ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050708

20050706(Wed)

[]MORE MUSIC FOR FILMS / BRIAN ENO MORE MUSIC FOR FILMS / BRIAN ENOを含むブックマーク MORE MUSIC FOR FILMS / BRIAN ENOのブックマークコメント

半日リピートにして部屋で流してました。聴いてる訳でも無いのに心地よいとはこれいかに。アンビエント・ミュージックを有難そうに語るスノビズムはオレには無いけれど、それでもブライアン・イーノの生む音の醸し出す雰囲気はやはり特別だと思う。邪魔にならず、何度リピートしてても飽きはこないが、耳に残る事も無い。アンビエント以降のイーノの音楽はいろんな形容詞で語る事は可能だけれども、この抑制と計算と自意識の薄さはイーノ的な職人技だというような気がする。

今や誰でも自宅で簡単にエレクトロニカが作成できるようになったけれど、同じ様な音のように思えて、テクノクリエイターの作るアンビエント・ミュージックとイーノのそれは決定的に違う響きのように感じる。イーノの音はウォークマンやパソコンのスピーカーで鳴らすのではなく、きちんとしたステレオ・セットで、できるなら極め細やかな音が再生できるクオリティをもったアンプとスピーカーで、抑えた音で鳴らす時が一番素敵に聴こえると思う。音楽的な事は判らないのだが、音がスピーカーから出た後の残響音や反射音まで計算されているのではないだろうか。

アンビエント1と付された「ミュージック・フォー・エアポート」はエリック・サティ的(サティの楽譜って、音符の並びが機械的で抽象画観てるみたいで面白かった。)な「家具の音楽」としての文脈で語られていて、単純ながら響きは美しい音を鳴らしていたが、アンビエント4の「オン・ランド」あたりから、もっとザワザワとして取りとめの無い、ある意味環境音に近い、楽器の奏でる音というよりは「物音」のような音をリリースしていた。

このアルバム「モア・ミュージック・フォー・フィルムズ」は、以前に発売されていた「ミュージック・フォー・フィルムズ」前後のイーノのアウトテイク/別バージョン集である。ただ、綺麗で楽曲としても輪郭の判る音の多かった「ミュージック・フォー・フィルムズ」に比べこの「モア・〜」は「オン・ランド」の流れの「ザワザワと取りとめの無い音」に溢れていると思う。別バージョンとは書いたが、フレーズが似通っているかもしれない、とちょっと思う程度の別の音楽だ。メディテーションでも癒しでも無い、音を流している部屋に空気清浄機みたいに効いて来る音。

でも、よく”ながら”で音楽流したりしますが、本読んでたり絵を描いてたり、本当に集中してる時って音楽って聞こえて無いか、もしくは煩くなって来るもんですね。

オン・ランド(紙ジャケット仕様)

オン・ランド(紙ジャケット仕様)

[]サラダ サラダを含むブックマーク サラダのブックマークコメント

さる素敵な方にサラダの作り方を指南して貰う。

「レタスとかちゃんと水切らないと(ドレッシングが)薄まっちゃって美味しく無いですよ。」

と言われ、そう言えば確かにオレが作ると水切りしきれてなくて、水っぽいんだよなあ、とか思い、水切りのコツあるの?って訊く。そうすると”あ。さてはちゃんとやってないなあ。”という間があって「いちまいいちまい、ペーパータオルで押さえて拭く。」と教えてくれる。おおお!そうだったのか!やった事ありませんでした…。

なんかこう、ザルに入れて(ザルってのも何だよなあ、とか思い調べたんですが…ストレーナーって言うの?)蓋してね、砲丸投げの選手のようにグルグル回るとか、イタリア製の高級水切り器とかいうのが存在して、そういうので(どういうのだ)やるのかとか、”あ。ちゃんとやってないなあ。”の間のあいだにいろんな事を想像したオレでありました…。ってか、なんでこういつも”有り得ない事、有り得ない事”ばかりに想像が膨らむのだろうか、と、水切り以上に悩むオレ…。それにしてもそうかペーパータオルっすか。今度やって見ます、ありがとう奈々ちゃん。

[]ボウイ旧譜廉価盤発売 ボウイ旧譜廉価盤発売を含むブックマーク ボウイ旧譜廉価盤発売のブックマークコメント

7月6日(今日ですな)ボウイの国内盤旧譜が¥1500で売り出されるようです。輸入盤やD/L販売のほうが安い事もあると思いますが、興味の湧いた方はアマゾンなど覗いて見ては如何でしょう。ラインナップは:
スペース・オディティ
ハンキー・ドリー
世界を売った男
ジギー・スターダスト
ピンナップス
ヤングアメリカンズ
スティション・トゥ・ステイション
ロウ
ロジャー
レッツ・ダンス (8・3発売)

なぜか「ダイアモンドの犬」と「アラディン・セイン」は無かったが、最近SPECIAL EDITIONが出たからかな。「スケアリーモンスターズ」と「ヒーローズ」も見当たらず、これも今後SPECIAL EDITIONで発売される、ということなのか?

[](アリス補足)ドリームチャイルド (アリス補足)ドリームチャイルドを含むブックマーク (アリス補足)ドリームチャイルドのブックマークコメント

ドリームチャイルド [DVD]

ドリームチャイルド [DVD]

それは1862年、オックスフォードでのあの「金いろの午後」--。ママ(ジェーン・アッシャー)や姉妹たちとのテムズ川でのボート遊びの日。アリス(アメリア・シャンクリー)にそそがれる愛情のこもった先生の視線。彼はアリスに愛情をこめた手紙をいくつも書いていたが、それはママが燃やしてしまっていた。そのことを知っているアリス。そのボート遊びの時、ドジソン先生は、不思議な物語を話してくれた。どもりながらも必死に話すドジソン。それから一年、ドジソン先生は『不思議の国のアリス』の初版本をアリスに渡し、大人になっても大事にもっていて欲しいといった。--

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD11132/comment.html

やっとDVDになるようです。

ロリ云々の話は置いておきましょう。多分キャロルは、アリスの中に、自分の子供時代という「帰ってこない永遠」を見たのだ。そして愛する、という事はファウストの物語にもあるように「時よ、止まれ。君は美しい。」*1と想う事なのではないか。あの日、「金いろの午後」の中で、キャロルはアリスの中に決して年老いる事の無い不滅性を、つまりはこの刹那という名の永遠を、垣間見てしまったのだと思う。「不思議の国アリス」の物語の奇妙に断裂したエピソードの連なりは、一瞬の夢が雲母の薄片の様に重なり合った物語だからなのだと思う。∞+∞=∞。即ち「不思議の国のアリス」とはひとつの永遠についての物語だったのではないか。そしてその永遠を統べるものとはキャロルのアリスへの愛だったのだろう。

*1:時よとまれ、お前は美しい!私の地上の日々の痕跡は 永劫へと滅びはしない その幸せの予感のうちに 今味わうぞ、この至高の瞬間を《ゲーテファウスト

washburn1975washburn1975 2005/07/07 20:24 「ドリームチャイルド」って、「エルム街の悪夢」じゃなかったのかorz
申し遅れましたが、はじめまして。

itopitop 2005/07/08 10:29 日記にも書きましたが、届きました〜♪♪嬉しくて浮かれてしまってます(>_<)ノ
ドリームチャイルド、今までチェックしていなかったのですごく興味を惹かれました。紅茶を飲みながら、ゆっくりと観たい映画のような気がします。
いつも色んな情報をありがとうございます☆

globalheadglobalhead 2005/07/08 12:33 おおwashburn1975さん、はじめまして。とても熱く濃い内容の日記、楽しく読ませて頂いてます。目の付け所もジャンルも心憎いもんなあ。オレもwashburn1975さんみたいな日記書きたいなあ、といつも思ってますよ。コメント有難うございます。またよろしく!

globalheadglobalhead 2005/07/08 12:42 届いたかイトちゃん。あとでコメントいれときますぅ〜。で、でも半分読んだのね、オレ多分英文で読んだら知恵熱出て寝込んじゃうかも…。
「ドリームチャイルド」はグリフォンとにせ海亀とアリスが会話する幻想シーンなんかもあったと思ったな。キャロル好きには興味深い内容だと思いますよ。でも↑のwashburn1975 さんのコメントにもあったように「エルム街の悪夢」にも「ドリームチャイルド]がありますのでくれぐれもお間違えの無いように!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050706

20050705(Tue)

[][]Bad Cat: 244 Not-So-Pretty Kitties And Cats Gone Bad Bad Cat: 244 Not-So-Pretty Kitties And Cats Gone Badを含むブックマーク Bad Cat: 244 Not-So-Pretty Kitties And Cats Gone Badのブックマークコメント

Bad Cat: 244 Not-So-Pretty Kitties And Cats Gone Bad

Bad Cat: 244 Not-So-Pretty Kitties And Cats Gone Bad

しょっぱなから言いますが、ネコ好きの方、迷わず購入しましょう!損はさせません!「244匹の可愛く無いネコ」というサブタイトル通り、凶悪な目をした馬鹿猫ブス猫、若干のデブ猫どもが牙剥き出したり飛んだり跳ねたり寝転がったり伸びしてたり、どこかに引っかかってたり(…バカ)、引っ繰り返ってたり(…バカ)、穴にはまって出られなくなってたり(…バカ)、心無い飼い主に無残な被り物着せられてたり(これは飼い主がおバカ)、なんだか訳判んなくなってたり(…もう、バカバカバカ!)、もうハチャメチャな写真が目白押しです。

「可愛く無い」とは書いてますけど、そんな猫クン達に「あーもう、しょーがねーなー」とうんざりした声を出しつつ、「あああああでもそんなお前が!お前が可愛いんだよおお!!」とすりすりしたくなること請け合いです。どこまでも傍若無人な蛮行を繰り広げる猫クンたちの雄姿を御覧あれ!最近いい事の無いアナタ。今年も半分終わったけれどやっぱり不幸せだったアナタ。きっと幸せになれます。

注意!悶絶必至!見ていると「ウワーッ!」とか「キャーッ!」とか叫びたくなる上、突然笑いの発作も起きますので、知らない人のいる所では決して見ないように!

[]猫ネコ大放出祭り!! 猫ネコ大放出祭り!!を含むブックマーク 猫ネコ大放出祭り!!のブックマークコメント

という訳でオレの秘蔵ネコネコ写真をここに大放出。みんなー!悶えまくれー!(注:上で紹介した本とは何も関係無い写真です。)

f:id:globalhead:20050705201148:image f:id:globalhead:20050705201203:image 

f:id:globalhead:20050705201258:image f:id:globalhead:20050705215740:image

f:id:globalhead:20050705201347:image f:id:globalhead:20050705201422:image

f:id:globalhead:20050705201431:image f:id:globalhead:20050705201442:image

f:id:globalhead:20050705201450:image f:id:globalhead:20050705201459:image

nigellanoirenigellanoire 2005/07/06 00:14 はじめまして、ニゲラと申します。いつもきれいなものおそろしいものいろいろ見せて下さってありがとうございます。こっそり読ませて頂いていましたが、今日のネコネコ攻撃にはさすがに我慢できず出てきてしまいました。とくに「鏡餅」から下の猫さんたち、いちいちたまりません。これからもfumoさんの日記を楽しみにしていますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m。

globalheadglobalhead 2005/07/06 12:18 コメントありがとうございます。「こんな日記でいいのだろうか、毎日こんな適当なことばかり書き飛ばしていてオレの人生は果たして正しいのだろうか」と深い自責の念にとらわれている今日この頃です。しかしこのような励ましのコメントを戴くと掌をかえしたように「オゲ!このままいっちゃる!バリバリだぜ!」とすぐさま勘違いして調子こいてしまう単細胞のオレでもあります。いいのでしょうか。多分いいんだと思います。なぜなら本当は反省するのが大嫌いだからです。このような難儀な生き物の書く日記ですがお時間があればまたお立ち寄りください。これからもヨロシク!

バナナ牛乳バナナ牛乳 2005/07/06 19:26 はあああああ。
腹一杯悶えさせていただきました。
やばいやばい!目に白い部分が皆無だなんて!
しっかしネコちんは、せまい場所が好きっすよね。
フモさんは猫派なのかぴら?犬はどうなの?

globalheadglobalhead 2005/07/06 20:47 よく「猫派の性格」とか「犬派の性格」とか言われたりしますよね。孤独好きは猫派とか犬派はどうだとか。当たってるかどうかは別としてオレは圧倒的に猫派でしたねえ。しかもノラ専門。「お前は勝手に生きろ、オレも勝手に生きるから」と一匹狼の共感を感じていたもんです。
しかし。ある日、犬大好きの女の子を好きになってしまったオレは、彼女と話を合わせるべく、猛然と犬好きに転向したのです!ええ、いつもバカなんです…。その女の子には見事に(ええ、それはもう、ドラマの様に)ふられましたが、それでも犬の事は「まあ、悪くねえべ」と思うようになりました。あれ以来犬も猫も好きであります。
(ああまた恥を晒してしまった…。)

バナナ牛乳バナナ牛乳 2005/07/13 20:51 ステキングなお話頂戴しました。ポっ。
荒木経惟の『東京猫町』はご存知っすか?
あれは、ゾクゾクします。すごいです。

globalheadglobalhead 2005/07/14 02:14 アラーキーは「旅少女」という写真集を1冊持ってるきりです。
え?「少女」がお好きなんですかって?
違いますよそんな訳じゃないですよいやあのたまたまね(なぜか見苦しい言い訳モード)。
アラーキー、「愛しのチロ」とか出してましたけど、本当は猫好きじゃなかったんだってね。
でもチロの可愛さに負けて写真まで撮り始めたんだとか。
彼と奥さんにとっての娘のような存在だったらしい。
「東京猫町」は今度チェックしてみまーす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050705

20050703(Sun)

[][][][]アリスの不思議な世界 アリスの不思議な世界を含むブックマーク アリスの不思議な世界のブックマークコメント

リスベート・ツヴェルガーの絵本「不思議の国のアリス」を購入。いい機会なので、オレ的に知ってるアリス世界などをつらつらと書いてみよう。

[]Alice in Wonderland Lewis Carroll(著), Lisbeth Zwerger (イラスト) Alice in Wonderland Lewis Carroll(著), Lisbeth Zwerger (イラスト)を含むブックマーク Alice in Wonderland Lewis Carroll(著), Lisbeth Zwerger (イラスト)のブックマークコメント

Alice in Wonderland

Alice in Wonderland

オーストリアの絵本作家、リスベート・ツヴェルガーの描く不思議の国のアリス不思議の国のアリスってどうもディズニーのアニメや原書のオリジナル挿絵を描いたジョン・テニエルのイメージが強くて、誰もが思い描くアリス像はこの辺が一般的なんだろうな。でもこのリスベート・ツヴェルガーの描く水彩画風アリスはとても爽やかでほのぼのとした優しさが溢れている。そしてなにより絵が美しい。きちがい帽子屋もトランプの女王もどこか人のいい風貌に描かれてるし、「とても急いでるウサギ」もチェシャネコもとても可愛らしい。もしも子供に見せるならこのアリスの絵本のほうがいいんじゃないのかな。リスベート・ツヴェルガーは他にもアンデルセンやグリムなど童話をもとにした絵本を多く手がけている。

アーチスト、作品紹介はここらへんで:http://www.fantasy.fromc.com/art/zwerger.shtml

ついでにジョン・テニエルのアーチスト紹介:http://www.fantasy.fromc.com/art/art9.shtml

[]ヤン・シュヴァンクマイエル アリス ヤン・シュヴァンクマイエル アリスを含むブックマーク ヤン・シュヴァンクマイエル アリスのブックマークコメント

ヤン・シュヴァンクマイエル アリス [DVD]

ヤン・シュヴァンクマイエル アリス [DVD]

実は未見。ヤン・シュヴァンクマイエルはチェコのアートアニメーション作家。ストップモーション/人形アニメを多く手がけるが、この「アリス」では実写と人形アニメの合成を行っているらしい。彼のアニメは『「ジャバウォッキー」その他の短編 』を見ただけだが、廃物感覚溢れるアニメーションは不気味で魔術的。作品からは東欧独特の暗さや閉塞感を感じる。あ、そういえば「ジャバウォッキー」もアリスだったんだね。この「アリス」でもシュヴァンクマイエル独特の不思議な世界が構築されているのだとか。

アーチスト紹介はここらへんで:http://www.face-movie.net/special_ceska_chapter07.html

[]Scary Tales Scary Talesを含むブックマーク Scary Talesのブックマークコメント

アリスのフィギュアと言えばテニエルの挿絵を忠実に再現*1した海洋堂の食玩シリーズ*2が有名だろう。しかしこれはお馴染み過ぎてつまらないのでオレ的に知ってるアリス・フィギュアを紹介。

○Scary Tales:Alice, Mad Hatter,& the White Rabbit

f:id:globalhead:20050703201342:image

http://www.toymania.com/columns/spotlight/scarymez.shtml

これはアメリカの玩具メーカーで、日本でもファンの多いMEZCO社のもの。4年ぐらい前の発売なので絶版になってると思われるが、フェアリー・テールをグロテスクでエロティックなフィギュアとして製作したのはここが早かったんじゃないかな。以前オレがここで紹介したマクファーレン・トイ社のものと比べると、MEZCO社のものはホラータッチではあるけれどどこかユーモラス。アリスは体格良すぎです。おパンツ丸見えになってます。ただ、どうも作りが甘いというか、主人公であるアリスの顔がかなりまずい出来で、(これじゃダッチ○イフだよ)購入までには踏み切らなかったな。ただ今見て見るとアクセサリーやディテールの遊びが楽しくて、ああ、買っておけば良かったとちょっとだけ後悔。

あと赤頭巾ちゃんのもあります。

赤頭巾ちゃん:http://www.toymania.com/columns/spotlight/scaryhood.shtml

怖いオオカミ:http://www.toymania.com/columns/spotlight/bbwolf.shtml

MEZCO ホームページ:http://www.mezcotoyz.com/index.asp

[]EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア EA Best Selections アリス・イン・ナイトメアを含むブックマーク EA Best Selections アリス・イン・ナイトメアのブックマークコメント

EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア

EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア

2000年発売のPCゲームなんだけど、デザインがとても秀逸なので今見てみてもファンタジックな雰囲気は十分生きていると思うな。

物語はこちらもダーク・ファンタジー系。「不思議の国のアリス」から10年。18歳になったアリスは両親を失い、しかも精神病院に入院している。そんなアリスが再び白いウサギに呼び出される所から物語は始まる。

血飛沫の飛んだ白いスカート、手には肉切り包丁。美しく成長したアリスの瞳には、しかし孤独と怒りの炎が燃えている。戦う少女として異世界へ駆り出されたアリスは、崩壊したワンダーランドを救う事が出来るのか。デモ版もダウンロード出来るので、興味が湧いた方は遊んでみるといい。

ハリウッド映画化の話も進んでいるようで、サラ・ミシェル・ゲラー主演、監督は「テキサス・チェンソー」のMarcus Nispelなんだとか。

ちなみにゲーム製作者のアメリカン・マッギーはアメリカの有名なゲーム・デザイナー。最新作はロボットが主人公の「スクラップ・ランド」。asin:B0009J4N6O

4Gamer紹介記事:http://www.4gamer.net/DataContents/game/0029.html

ゲームデモ:http://www.4gamer.net/patch/demo/ALICEJDEMO.EXE

f:id:globalhead:20050703201445:image

f:id:globalhead:20050703201501:image

*1:テニエルの挿絵との比較対照:http://homepage3.nifty.com/mori-yama-sato/alice's_wonderland1.htm

*2:ここがだいたい網羅しているかな?http://homepage2.nifty.com/long-river/arisute.htm

itopitop 2005/07/05 14:01 今しがたamazonにて私も注文してしまいました…♪届き次第レビュー書こうと思います。お揃いですね☆(ペアブック!)

globalheadglobalhead 2005/07/05 21:11 ペアブック!どどどどうしよう、なんだかドキドキしちゃうなあ…。
このレビュー書くのにいろいろ調べたのですが、お陰でいろいろ勉強になりましたね。テニエルは著作権が消失しているので、それであちこちでテニエルをモチーフにしたアリスが出回っているとか。ルイス・キャロルがロリコンと言われているのは誤解にすぎないとか。http://www.hp-alice.com/lcj/myths/lolita.html
「不思議の国のアリス」も英文で読むとキャロルの数学者らしいセンスが溢れていて、普通の物語作家とはまた違う味わいがあるんだとか。…でもオレ英語ダメダメなもんですから確認出来ませんが…。

itopitop 2005/07/06 16:56 英語・・・確かに大きな壁ですね(>_<;辞書片手に頑張って、その数学的なセンスを感じたいものです。
ロリコンというのは誤解なのかも知れないんですね〜。↑のサイト、興味深く読ませて頂きました。「子供友達」という考え方はすごく憧れさえ感じました。あぁ、でもむしろロリコンの方がしっくりくるような気がしてしまうのは、イメージの刷り込み・・?(多分そうだろな;)
なんにせよ魅力的な人物だからこその誤解だとかイメージなんだろうと思うと、惹きつける力のその色褪せなさはすごいものですね。
早く届いてー!!

globalheadglobalhead 2005/07/06 21:40 ええ、実はオレも上記のサイトを読んで目から鱗が落ちる思いでしたが、(当時少女の裸の写真を取る事はインモラルな事ではなかった、とか)確かに、「でも、ロリーなドジソン叔父様のほうが可愛くていいよー」などとオレも勝手なことを思っちゃったクチです。そうだ!ロリーだってこうやって人に認められる芸術を生み出せば、決して社会の爪弾き者なんかにはされないんだ!立て!秋葉原の萌え戦士たちよ!今こそ君たちの筋金入りのロリ根性、幼女魂を見せる時だ!立派な人になろう!人々に「ロリここにあり」と認めさせよう!…と、何故か訳の判らない妄想に突っ走っちゃいました。
あああ、イトちゃんの言っている趣旨と微妙に、いや、かなり、違っているような気がする…。

ところで書き漏らしましたが「ドリームチャイルド」という映画はご存知ですか?少女アリス・リデルとドジソン先生=ルイス・キャロルとの心の交流を描き、「どのように《不思議な国のアリス》は生み出されたか?」を描いた映画です。いつかも紹介しましたが、これ、結構切なくていい映画ですよ。日記に補足しておきますので宜しければチェックしてみてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050703

20050702(Sat)

[]THE お姉チャンプルゥ 〜THE 姉チャン 特別編〜 THE お姉チャンプルゥ 〜THE 姉チャン 特別編〜を含むブックマーク THE お姉チャンプルゥ 〜THE 姉チャン 特別編〜のブックマークコメント

■その発端

んなもんどうでもいい、と思うことがある。しゃらくさい小理屈を目の前で展開されると、オレは取りあえず「うぜえ」と放り投げてしまう。直截的でないもの、直感的でないものは疑ってかかるか全否定してしまうのだ。実は理解力が衰えているので逆ギレしているだけだ、というのが真実だと思うのだが。

このようなやさぐれたオレにとって、うってつけのゲームが発売されたのである。シンプル2000シリーズ、「THE姉チャン特別編:THEお姉チャンプルゥ」がそれだあぁあ!

■その特徴

「THE姉チャン特別編:THEお姉チャンプルゥ」の4大特徴

1.主人公がお姉ちゃんであるが、何の必然性も無い。

2.お姉ちゃんは水着であるが、何の必然性も無い。

3.お姉ちゃんは刀を振り回すが、何の必然性も無い。

4.お姉ちゃんはゾンビを倒すが、何の必然性も無い。

このゲーム世界を構成するもの、そこには何の必然性も無い。しかし、このゲームではそれがア・プリオリなものとして提示され、プレイヤーはそれがあたかも自明のものであるかのようにゲームをプレイしなければならない。シュールである。シュールと云うよりナンセンスである。色欲と殺戮、エロスとタナトスがプラトー状態となったバーチャル空間で(しかし滅茶苦茶な文章だな)プレイヤーはただ己の原初的な衝動にのみ付き従い、その恍惚に酔い痴れながらゲームをプレイするのである。…とまあもっともらしいことを書いたが、要するにバカゲーである。しかしだ。やさぐれている今のオレに必要なもの、それはバカである。そう。自らをロジックの迷宮から解き放つのだぁあ!

■その甘美

「あたしの名前は彩(あや)。

剣の扱いだけは、誰にも負けない

ちょっと変わった女の子よ。」

オープニングの台詞である。”ちょっと”どころじゃねえ、だいぶ変だぞお姉ちゃん!でも、そんなちょっと変わった君がすきなのさグフフ。

このゲームに登場するお姉ちゃんは4人らしい。その内最初に操作できる?のは2人のうちどちらか。カウボーイハットに水着の彩タン。ただただ水着の理保タン。お好みでどうぞ。さてこのゲーム、「シンプル2000」という低価格シリーズのゲームなのだが、ゲーム自体は看板通りシンプルというか単純なのに、お姉ちゃんの胸の揺れだけはそれはそれは丁寧に作ってあるのである。胸を抜かしたお姉ちゃん全体のポリゴン数を100としたら、胸のポリゴン数だけは1000はいっているのではないか。(ホントかよ)構成する世界全体のポリゴン数に匹敵するほどのキメ細やかな揺れなのである。(…だからな、オレの文章はかなり大げさなんだからな、割り引いて読んでくれよお)つまり、このゲーム世界のレゾンデトールとはゾンビ征伐ではなく、まさにこのたわわに揺れるお乳それ自体の存在である、とゲームは、そしてお乳は主張しているのである。

■その優美

攻撃は刀で切りつける他にキックがある。キック。高いヒールの靴で蹴られると痛いぞ。ヒールのみで十分凶器になるからな。しかし個人的には切りつけられるより蹴りつけられるほうが嬉しいよな。オレはこのキックをかまされる時だけゾンビの立場に成り代わり、「ああ!お姉さんの蹴りが!蹴りが!」と歓喜のうめきを漏らしながらプレイするわけだよ。え、「プレイ」だって…。

さらにジャンプキックなんだが、これが「いや、嬉しいけど、そこまで頼んでない」といじらしく目を伏せてしまいそうな、大・開脚・キックなんですよぉおぉ。ああ、お姉さん、そんなに大きく開いちゃったら、あれやこれがあんなことやこんなことになっちゃうんじゃないですかあ!あ・ないですかあ!とまたもや邪(よこしま)な劣情に逆上気味になるオレなのである。

■その妖美

アクションゲームではあるが経験値とLv.UPの概念があり、スキル振り分けで能力を伸ばして行く。だから腕に自信がなければ取り合えずゾンビをぶっ殺しまくって経験値を稼ぐのだ。しかしふと思ったがゾンビは既に死んでいるから「ぶっ殺す」とは言わないのか?

ゾンビをぶった切りまくっていくと返り血を浴びてお姉ちゃんがどんどん血塗れになってゆくビジュアルがナイス!血だ血だ!オデは血を求めてイタンダ!

半裸水着の姉ちゃん+日本刀+ゾンビ+血塗れハァハァ。このモンド感覚溢れるグランギニョール!ハーシャル・ゴードン・スミス*1がゲーム作ったらこんな感じになるんだろうなあ。ああ、タランティーノに見せたい…。

そしてこの血塗れの度合いが増すにつれ、お姉ちゃんは血をポタポタ垂らしゼイゼイと言いながら苦しそうに歩くようになります。実はこれ、戦闘能力に影響しており、返り血を浴びすぎると「穢れゲージ」というのが上がって行くんですね。MAXになると暴走状態になりますが、HPも急激に減って行きます。これにはアイテムで対応します。

あと刀は連続攻撃を続けると肉片と脂でなまくらになってゆく。その為次第に切れ味が落ちて行き「剣の劣化」ゲージがMAXになるとゾンビに剣が刺さったまま抜けなくなり、その間ゾンビにボコにされるんだね。これを防ぐ為「剣のリロード」という動作を行い剣の血を払う。この時の剣から血をザッ!と払うアクションが新鮮。剣戟のアクションゲームはした事が無いから、他のゲームでもあるのかもしれないが、お色気水着姉ちゃんが日本刀の血を払う姿は凛としてカッコいい!これもビジュアルとしてとても成功していると思う。

■その結び

やっぱ変態だな、オレ。

実はいっしょに「ドラッグ・オン・ドラグーン2」も買ったのだが、「お姉ちゃん」と比べるなら価格は3倍以上、開発費は20倍以上掛かっているであろうこの業界最大手メーカー・スクウェアエニックス鳴り物入りの大作ゲームよりも、オレは安物ゲームである「お姉ちゃん」のほうに激しくシンパシーと魅力を感じるのである。

思えばゲームは随分理屈っぽく面倒くさいものになってしまった。緻密なデータを収集:応用して戦略を練り上げるのがゲームの醍醐味だというのはわかるし、かつてオレはそんな風にゲームを楽しんでいたけれど、今はもう少しボンクラになってゲームがしたい。細部まで完璧に作り上げられ、お膳立てが全て整った「作品」みたいなゲームはどこかに「鑑賞させられている」匂いを感じる。なんか疲れるのよ。それよりも「お姉ちゃん」の、破綻し、衝動と劣情のみで構成されたスッカラカンのリビドー宇宙のほうが、オレには風通しが良くて心地よい。ゲーム史にもゲーム資本主義にもなんの名も功績も残さない超C級のこのゲームを、オレはココロから愛している。そして、姉ちゃんのお乳の揺れ具合も。ぼよ〜んぼよ〜ん。

公式HP:http://www.d3p.co.jp/

f:id:globalhead:20050702110432:image

*1:スプラッター映画の始祖と呼ばれている。:http://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/worst/directory/lewis.html

バナナ牛乳バナナ牛乳 2005/07/05 18:35 あこれ探偵ファイルでも紹介してたなあ。
またぐらの画像が細かすぎて18禁風味だそうですね〜☆
やってみたい気はする。
三國無双なんかはガスガス倒しても血が出ないんですよ。
だからムゴイ感覚はあんまりないかな。
鬼武者はびしゅッときますね。あんな感じなのかなあ?もっとすごい?
乳の揺れはぜひ見てみたいもんだす。

globalheadglobalhead 2005/07/05 20:52 ええもう血塗れです。「ゾンビがなんでこんな鮮血の血飛沫だすんだよ!」と突っ込みたくなるぐらい血塗れです。その量は鬼武者の比ではありません。なにしろ10匹単位で寄って来るゾンビをまとめてぶった切るもんですから!でも相手ゾンビだから今騒がれてる有害ゲーム規制には引っかからないでしょうな!殺ッチマイナー!
懸案の”またぐら”ですが、基本的にキャラ後ろ向きで操作&人物が小さいので、それほど拝む事が出来ません。”胸の揺れ”も、これを見たいがためにわざわざキャラをこちらに向かせて走らせます!あと壁際によると割と人物がアップになるのでここを狙い目にしています。(うぐぐ…いいんだろうかこんなお下劣なお返事で…)

azecchiazecchi 2005/07/06 20:18 あー僕もこういうゲーム大好き…。なんの気兼ねもなく、おうちでプレーしてみたい…。

globalheadglobalhead 2005/07/06 20:34 ということはあぜっちさん、このゲームはお家でプレイすると、当たり障りがあるという事ですね…。
そういえば昔セガのハードで「野球拳」のゲームが出てましてね。ま、想像通りのゲームなんですが、これをゲームなんか触ったこともない野郎達4,5人に与えたら、半日猿のようにグーチョキパーやってました…。最後の一枚が脱がせずにゲーム機に逆ギレするものまで現われる始末…。ああ男って…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050702

20050701(Fri)

[]【re futurhythm】 standard edition / 村田 蓮爾 【re futurhythm】 standard edition  /  村田 蓮爾 を含むブックマーク 【re futurhythm】 standard edition  /  村田 蓮爾 のブックマークコメント

[re futurhythm] standard edition

[re futurhythm] standard edition

先日ここでも書いた村田 蓮爾、「今ひとつ強烈に惹かれるものはなかった」とか言っていた癖に、フィギュアの愛くるしさに負け、ついフラフラと画集を買ってしまったんである。そしたらこれが…フィギュアを上回る愛くるしさで…。丸顔、大きな瞳、太い三日月眉、ショートカット、そしてほどほどのお乳の少女達が、少女達が、ぴったりしたタイトなコスチュームOR水着の、露出度の多いいでたちでこちらを向いて微笑んでいるのである。時にはネコ耳、或いはネコ耳変形物、ウサギ耳の被り物をした少女達が、少女達が(くどい)、ポーズを取っているのである。

あああ…。

きゃ、きゃわゆいよお…。

も…萌え…。

こんなものをいちいち客観的に評論なんかできないのである。いや、やって堪るか、なのである。誰がするものか、である。ざまあみやがれ、である。むさ苦しい中年男のルサンチマンは遂に予定調和の如くロリの浜辺へと打ち上げられたのである。そしてそれは帰る事の出来ない一本道、2次元コンプレックスという名の茨の道なのである。でもいいのさ…オレは後悔しない。「暗き深淵をさまようとも、われ何とて災いを恐れず(旧約聖書詩篇第23)」である。そしてその詩篇の続きは「だって丸顔の君がいるから」である。

[]村田蓮爾 PSE Products#01 スキッパー 村田蓮爾 PSE Products#01 スキッパーを含むブックマーク 村田蓮爾 PSE Products#01 スキッパーのブックマークコメント

村田蓮爾 PSE Products#01 スキッパー

村田蓮爾 PSE Products#01 スキッパー

そしてとどめはこのフィギュアである。ランドセルをしょった丸顔の少女が、少女が(もういいって)。

[]覚えていない 覚えていないを含むブックマーク 覚えていないのブックマークコメント

そういえばある方が日記で「2年間で○キロ太っちゃいました」と書いていたのを読んで、普通にへぇ、などと読んでいたのだが、ふと自らを鑑みた時、オレは自分を太っているとかなんとかよく日記に書くけれども、いったいどういうタイムスパンで、何年で何キロ太ったのか?と考えてみたら、これが実はまるで数字が思い出せないのである。

例えば今は体重75kgであるが、何時からこの体重なのか?70埖罎砲覆辰燭里浪浸だったのか?30代の頃は、20代の頃はオレの体重は何圓阿蕕い世辰燭里?それらをまるで覚えていない。確か10代の頃は50埖罎世辰燭茲Δ糞いしたが、細かい数字は覚えていない。

ううむ、体重よりもこの記憶力の無さのほうが問題かもしれない…。

と言う訳で現在ダイエット中。

[]きっと若かったに違いない きっと若かったに違いないを含むブックマーク きっと若かったに違いないのブックマークコメント

もう1年以上もはてなダイアリーをやっていて、たまさか昔の自分の記事を読んだりすると、よくもまあこんな面倒くさいことを書いてなあ、とか思う。こんな単語もう覚えてねえぞ、とか。

遮二無二書いていたからって人から読まれる訳では無いし、かしこまった文章書いていた昔と今と訪問してくれる人の数は今の方が多かったりするし、やっぱり日記とかって、読んでいる人は書かれている内容がどうこうというより、本当は書いている「人」を見るんじゃないだろうかなあ。ってことは、オレ少しは進歩したのかな…。でもあのころは今よりも無心で書いてた、というか、純真だったような気もするがな。あと、こっ恥かしくて青臭くて、ああ、削除しちゃおうかなあ、とか思った文章のほうが賛同を得たりする。不思議なもんですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050701