Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20050703(Sun)

[][][][]アリスの不思議な世界 アリスの不思議な世界を含むブックマーク アリスの不思議な世界のブックマークコメント

リスベート・ツヴェルガーの絵本「不思議の国のアリス」を購入。いい機会なので、オレ的に知ってるアリス世界などをつらつらと書いてみよう。

[]Alice in Wonderland Lewis Carroll(著), Lisbeth Zwerger (イラスト) Alice in Wonderland Lewis Carroll(著), Lisbeth Zwerger (イラスト)を含むブックマーク Alice in Wonderland Lewis Carroll(著), Lisbeth Zwerger (イラスト)のブックマークコメント

Alice in Wonderland

Alice in Wonderland

オーストリアの絵本作家、リスベート・ツヴェルガーの描く不思議の国のアリス不思議の国のアリスってどうもディズニーのアニメや原書のオリジナル挿絵を描いたジョン・テニエルのイメージが強くて、誰もが思い描くアリス像はこの辺が一般的なんだろうな。でもこのリスベート・ツヴェルガーの描く水彩画風アリスはとても爽やかでほのぼのとした優しさが溢れている。そしてなにより絵が美しい。きちがい帽子屋もトランプの女王もどこか人のいい風貌に描かれてるし、「とても急いでるウサギ」もチェシャネコもとても可愛らしい。もしも子供に見せるならこのアリスの絵本のほうがいいんじゃないのかな。リスベート・ツヴェルガーは他にもアンデルセンやグリムなど童話をもとにした絵本を多く手がけている。

アーチスト、作品紹介はここらへんで:http://www.fantasy.fromc.com/art/zwerger.shtml

ついでにジョン・テニエルのアーチスト紹介:http://www.fantasy.fromc.com/art/art9.shtml

[]ヤン・シュヴァンクマイエル アリス ヤン・シュヴァンクマイエル アリスを含むブックマーク ヤン・シュヴァンクマイエル アリスのブックマークコメント

ヤン・シュヴァンクマイエル アリス [DVD]

ヤン・シュヴァンクマイエル アリス [DVD]

実は未見。ヤン・シュヴァンクマイエルはチェコのアートアニメーション作家。ストップモーション/人形アニメを多く手がけるが、この「アリス」では実写と人形アニメの合成を行っているらしい。彼のアニメは『「ジャバウォッキー」その他の短編 』を見ただけだが、廃物感覚溢れるアニメーションは不気味で魔術的。作品からは東欧独特の暗さや閉塞感を感じる。あ、そういえば「ジャバウォッキー」もアリスだったんだね。この「アリス」でもシュヴァンクマイエル独特の不思議な世界が構築されているのだとか。

アーチスト紹介はここらへんで:http://www.face-movie.net/special_ceska_chapter07.html

[]Scary Tales Scary Talesを含むブックマーク Scary Talesのブックマークコメント

アリスのフィギュアと言えばテニエルの挿絵を忠実に再現*1した海洋堂の食玩シリーズ*2が有名だろう。しかしこれはお馴染み過ぎてつまらないのでオレ的に知ってるアリス・フィギュアを紹介。

○Scary Tales:Alice, Mad Hatter,& the White Rabbit

f:id:globalhead:20050703201342:image

http://www.toymania.com/columns/spotlight/scarymez.shtml

これはアメリカの玩具メーカーで、日本でもファンの多いMEZCO社のもの。4年ぐらい前の発売なので絶版になってると思われるが、フェアリー・テールをグロテスクでエロティックなフィギュアとして製作したのはここが早かったんじゃないかな。以前オレがここで紹介したマクファーレン・トイ社のものと比べると、MEZCO社のものはホラータッチではあるけれどどこかユーモラス。アリスは体格良すぎです。おパンツ丸見えになってます。ただ、どうも作りが甘いというか、主人公であるアリスの顔がかなりまずい出来で、(これじゃダッチ○イフだよ)購入までには踏み切らなかったな。ただ今見て見るとアクセサリーやディテールの遊びが楽しくて、ああ、買っておけば良かったとちょっとだけ後悔。

あと赤頭巾ちゃんのもあります。

赤頭巾ちゃん:http://www.toymania.com/columns/spotlight/scaryhood.shtml

怖いオオカミ:http://www.toymania.com/columns/spotlight/bbwolf.shtml

MEZCO ホームページ:http://www.mezcotoyz.com/index.asp

[]EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア EA Best Selections アリス・イン・ナイトメアを含むブックマーク EA Best Selections アリス・イン・ナイトメアのブックマークコメント

EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア

EA Best Selections アリス・イン・ナイトメア

2000年発売のPCゲームなんだけど、デザインがとても秀逸なので今見てみてもファンタジックな雰囲気は十分生きていると思うな。

物語はこちらもダーク・ファンタジー系。「不思議の国のアリス」から10年。18歳になったアリスは両親を失い、しかも精神病院に入院している。そんなアリスが再び白いウサギに呼び出される所から物語は始まる。

血飛沫の飛んだ白いスカート、手には肉切り包丁。美しく成長したアリスの瞳には、しかし孤独と怒りの炎が燃えている。戦う少女として異世界へ駆り出されたアリスは、崩壊したワンダーランドを救う事が出来るのか。デモ版もダウンロード出来るので、興味が湧いた方は遊んでみるといい。

ハリウッド映画化の話も進んでいるようで、サラ・ミシェル・ゲラー主演、監督は「テキサス・チェンソー」のMarcus Nispelなんだとか。

ちなみにゲーム製作者のアメリカン・マッギーはアメリカの有名なゲーム・デザイナー。最新作はロボットが主人公の「スクラップ・ランド」。asin:B0009J4N6O

4Gamer紹介記事:http://www.4gamer.net/DataContents/game/0029.html

ゲームデモ:http://www.4gamer.net/patch/demo/ALICEJDEMO.EXE

f:id:globalhead:20050703201445:image

f:id:globalhead:20050703201501:image

*1:テニエルの挿絵との比較対照:http://homepage3.nifty.com/mori-yama-sato/alice's_wonderland1.htm

*2:ここがだいたい網羅しているかな?http://homepage2.nifty.com/long-river/arisute.htm

itopitop 2005/07/05 14:01 今しがたamazonにて私も注文してしまいました…♪届き次第レビュー書こうと思います。お揃いですね☆(ペアブック!)

globalheadglobalhead 2005/07/05 21:11 ペアブック!どどどどうしよう、なんだかドキドキしちゃうなあ…。
このレビュー書くのにいろいろ調べたのですが、お陰でいろいろ勉強になりましたね。テニエルは著作権が消失しているので、それであちこちでテニエルをモチーフにしたアリスが出回っているとか。ルイス・キャロルがロリコンと言われているのは誤解にすぎないとか。http://www.hp-alice.com/lcj/myths/lolita.html
「不思議の国のアリス」も英文で読むとキャロルの数学者らしいセンスが溢れていて、普通の物語作家とはまた違う味わいがあるんだとか。…でもオレ英語ダメダメなもんですから確認出来ませんが…。

itopitop 2005/07/06 16:56 英語・・・確かに大きな壁ですね(>_<;辞書片手に頑張って、その数学的なセンスを感じたいものです。
ロリコンというのは誤解なのかも知れないんですね〜。↑のサイト、興味深く読ませて頂きました。「子供友達」という考え方はすごく憧れさえ感じました。あぁ、でもむしろロリコンの方がしっくりくるような気がしてしまうのは、イメージの刷り込み・・?(多分そうだろな;)
なんにせよ魅力的な人物だからこその誤解だとかイメージなんだろうと思うと、惹きつける力のその色褪せなさはすごいものですね。
早く届いてー!!

globalheadglobalhead 2005/07/06 21:40 ええ、実はオレも上記のサイトを読んで目から鱗が落ちる思いでしたが、(当時少女の裸の写真を取る事はインモラルな事ではなかった、とか)確かに、「でも、ロリーなドジソン叔父様のほうが可愛くていいよー」などとオレも勝手なことを思っちゃったクチです。そうだ!ロリーだってこうやって人に認められる芸術を生み出せば、決して社会の爪弾き者なんかにはされないんだ!立て!秋葉原の萌え戦士たちよ!今こそ君たちの筋金入りのロリ根性、幼女魂を見せる時だ!立派な人になろう!人々に「ロリここにあり」と認めさせよう!…と、何故か訳の判らない妄想に突っ走っちゃいました。
あああ、イトちゃんの言っている趣旨と微妙に、いや、かなり、違っているような気がする…。

ところで書き漏らしましたが「ドリームチャイルド」という映画はご存知ですか?少女アリス・リデルとドジソン先生=ルイス・キャロルとの心の交流を描き、「どのように《不思議な国のアリス》は生み出されたか?」を描いた映画です。いつかも紹介しましたが、これ、結構切なくていい映画ですよ。日記に補足しておきますので宜しければチェックしてみてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050703