Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20050717(Sun)

globalhead2005-07-17

[]WIRE05終了 WIRE05終了を含むブックマーク WIRE05終了のブックマークコメント

…今帰って来ました。(AM7:00)疲れたー&すっごい楽しかった!今ビール飲んで一息ついてます。多分午前中はずっと寝ちゃうだろうな。でも連れの二人の若者はこれから寝ないでまた出掛けるのだそうです!そもそもロケンローラーT君はドラム&ボーカルスクールの帰りにWIREに来たし、「妹」のMはこれから靴作りを教える学校に行くんだって。学校9時からだから寝てる時間がない、って。みんな偉い。マジで偉い。オレはええと今日の予定は…ゲームかなあ…。いや、別に恥じないけどさ、頑張り屋の若い奴ってカッコイイな、そんな連中にたいしたことないオレが好かれるのも変なもんだなあ。

WIREについてはまた後で書こう。

[]起きた 起きたを含むブックマーク 起きたのブックマークコメント

今起きた。結局4時までこんこんと眠っておりました。ビールがあまりにも旨くて缶で5個飲んでしまいました。WIRE会場の踊った後のビールもとことん旨かったけど、AM6時まで貫徹したビールも旨い。沢山汗かくからダイエットにでもなりそうですが、ええ、こんだけ飲むと体重なんぞすぐ戻ってしまいます…。(毎年の事だから判ってるんです…涙。)

[]WIRE05個人リポート WIRE05個人リポートを含むブックマーク WIRE05個人リポートのブックマークコメント

6時半入場。さっそくRYUKYUDISKOで盛り上がりました。オレは好みというほどでもないのですが、いいユニットだと思うしテクノの枠に括られない音作り・売れ方してくれるといいなあ。

その後3Fのスタンドシート座って、ひたすらダークなELLEN ALLIENとなんだかプヨプヨ動くTOK TOKを眺め、そしてJORIS VOORNを見にセカンド・フロア突入。いや毎度だがここ混んでいる上に空調効いてない。ただ、ちょっと狭めのハコでのプレイを観るのも基本に戻るみたいでいいんだよなあ。JORIS VOORNはちょっとトランス寄りの若々しいプレイでありました。

一休みしてメインフロアの石野卓球を観る。実は昔からこの人のDJ好きじゃないの。リズムの取り方が、日本の祭囃子みたいなの。なんかその辺垢抜けない音に聞こえて嫌なんだよなあ。卓球終わって808STATE登場。80年代後半のセカンド・サマー・オブ・ラブの生き残りダンスユニット!ヒット飛ばしまくってた頃は新宿リキッドのオールナイト来日ライブ行ったりしました。楽しかったなあ。で、今回蓋開けてみると一緒に行ったT曰く「変なデジロック」。メンツもみんなおっさん&ブーデーになっちゃって、いまさら感の漂う奇怪な音だったなあ。

ここで24時過ぎ。小腹が空いたので同行の2人と軽食。WIREの屋台はもうラインナップいつもいっしょだなあ。この業者って、いろんなイベント専門で屋台出してるんだろうなあ。だから、イベント行くたんびに同じメシ食わされてるような気が…。

休憩する事にする。スタンドシートで少し寝る。レイヴ初体験のMは見るものみんな珍しいみたいで、起きてレーザー光線舞い飛ぶ会場を眺めていた。ちょっと目が覚めた時にプレイしてたBAD BOY BILLが暗く湿り気のあるいい音出してたなあ。ノーチェックだったんだけどこれよかったかも。その後はJOEY BELTRAM。楽しみにしてたんだけど眠気取れず。スタンドで失礼させて貰いました。でもこの人も職人チックで手堅い音出すなあ。

3:30分。終盤という事で再びフロアに降り立つことに。まずLUKE SLATER。この間のMixCDがどうも中途半端だったので心配してたけどまあいい出来だったのでは、と。後半デトロイトもので攻めてくれて嬉しかった。そして4:40分、トリで今回一番期待してたCHRIS LIEBING。今回でWIRE3度目だというのにどれも未見!おくらばせながら買ったCDがとてもよい。DJのほうは期待に違わぬ重く複雑な音に満ちた良い出来!きちんと盛り上げてくれてました。

プレイはまだ続いてましたが6:00頃会場を後にしました。ちょっと小雨が降っていた。一緒に行ったT君Mさんありがとう。一緒に踊って、二人の事もっと好きになりました。

[]WIRE05終わってみて WIRE05終わってみてを含むブックマーク WIRE05終わってみてのブックマークコメント

レイヴにヒールの高い靴で来る女の子は何を考えてるのだろうかと。あとセーラー服で来ている女子発見!同行の二人曰く、「結構いってる歳みたいに見えたからコスプレかも。」ラストのプレイではオレ、ルミカライト振り回して踊ってたぜ!Tが買って来てくれたんだけど、Mの為に買ってきたルミカイアリングをMがクロークに忘れてきて、罰として帰りの電車で付けさせた!「なによー、やってやるわよ!」と開き直って付けるM。可愛かった…かどうかはナイショ!

う〜ん、WIRE05、やっぱり今回は1Daysで凝縮させて正解かも。ポイント絞れるし。ただなんだか少し寂しいな、と思ったのだけど、どうも、毎回登場しているJEFF MILLSが今回は居なかったからのような気が。やっぱりこの人WIREの顔のような気がするけどなあ。次回はこのJEFF君の再演是非是非希望!ハード&ミニマルな超絶プレイで最後に締めてもらって終える、というのがWIREの定番なんではないか、と。

どっちにしても、次回も行きますぜ、WIRE!(大丈夫かよオレ…)

追記:今年は1万5千人入場したようです。

f:id:globalhead:20050717185932:image

(すいません本当は去年の写真なんですが…雰囲気だけでも味わっていただこうかと)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050717