Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20050721(Thu)

[]マイ・ボディーガード マイ・ボディーガードを含むブックマーク マイ・ボディーガードのブックマークコメント

マイ・ボディガード 通常版 [DVD]

マイ・ボディガード 通常版 [DVD]

「マイ・ボディーガード」である。タイトルからは「ボディーガード」のようなラブ・サスペンスものを思い浮かべるかもしれない。また、天才子役といわれているダコタ・ファニングちゃん出演ということから、「ちいちゃな女の子ちゃんと無骨なボディーガードとの涙と笑いの心温まるヒューマン・ストーリー」と思われる方がいるかもしれない。タイトルの表記も丸文字で「まい・ぼでぃーがーど(はあと)」と書いた方が相応しい様な映画と連想される方がいてもおかしくは無い。(原題は「MAN ON FIRE」。)

しかしである。世の中そうは甘くないのである。嘗めてると痛い目見るぞゴルァなのである。実はこの映画、ラブもヒューマンも微塵も存在しない、血と暴力、憤怒と復讐、拷問と殺戮が花びら大回転しまくる恐怖のウルトラ・バイオレンス・ムービーだったのである!やんややんや!

ストーリーをかいつまんで説明すると、舞台は身代金目的の誘拐が日常茶飯事のメキシコ、人生の終わったアル中の元特殊工作員ディンゼル・ワシントンがダコタちゃんの豪邸にボディーガードとして雇われるわけなんである。でもダコダちゃんは誘拐され殺害されるんである。そして!復讐の鬼と化したディンゼル・ワシントンは特殊工作員の殺戮機械のスキルを生かし、犯人たちのグループを次々となぶり殺しにしてゆくのである。殺し方も念が入っていてプラスチック爆弾からスティンガーミサイルまで盛り沢山の残虐さだ!ケツの穴にC4突っ込んで時限装置くっ付けて拷問するなんざ鬼畜しか考えつかんよな。人間性が皆無のオレは愉快で愉快で途中ゲラゲラ笑って見てたがな。VIVA鬼畜!「冷めても美味いもの、それは復讐」なんて台詞も飛び出すぐらいだ。殺れ!殺っちまえ!可憐なようぢょを殺傷する奴等に情けなんざいらねえ!ただオレは基本的にショットガンの殺しが一番お気に入りだな。近距離なら高い殺傷能力と肉体損傷力を兼ね備えているからな。FPSゲームでもオレはリロードは遅いが破壊力抜群のショットガンを愛用している。

ある意味戦争映画。なにしろ後半画面が一面の血の海と爆炎である。素晴らしい。拍手喝采である。映画館やレンタルでこのような事情を知らずにこの映画をみた善男善女の一般市民の皆さんは、さぞや心胆寒からしめるものがあったに違いない。ご愁傷様である。

監督はトニー・スコット。ギラギラした色彩感覚と撮影、サイバーな映像処理とメタルな音楽。全体を覆う神経症的な雰囲気のエフェクト、表現方法はとても優美に殺戮の荒野を見せてくれる。兄のリドリー・スコットの「ブラックホーク・ダウン」を彷彿させる血と硝煙に満ちた映像は「ハリウッドのスプラッタ・バイオレンス兄弟」の称号を与えたいぐらいである。

[]LIFE OF メカ生体ゾイド LIFE OF メカ生体ゾイドを含むブックマーク LIFE OF メカ生体ゾイドのブックマークコメント

昨日は会社の送別会なのであった。なんか送別会ばっかりやってるなあ。あたかも沈みだした船から鼠が逃げ出すように(以下自主規制)例によって醜態を晒して来たが、毎回飲みの話を書くたびに醜態醜態言っていることから判る様に、実は何も反省していないらしい。特に隣に女子でもいた日にゃあ手が付けられない人間と化すのである。ケダモノである。ビーストである。さらにマシーンのようにしゃべくるのでマシーン・ビーストということが出来るだろう。即ちオレの正体は機獣新世紀メカ生体ゾイドだったのである。

ゾイドの昨日の成果:同じ女子に2回デートのお誘いをかけ2回ともフラれる:若干1名に求婚して玉砕する:そんなオレをはたから見ていた女子2名に「フモさんって本当に面白い人ですねえ」と感心される:そんな女子2名に「面白いと言われたことは多々あるが素敵とかカッコイイとか言われたことは一度も無いんだよおぉ」とか泣きを入れ、ついでに口説き、そして「ぎゃはは」と笑われる。…まさにビースト。鬼畜である。

washburn1975washburn1975 2005/07/21 20:29 「まい・ぼでぃがーど(はぁと)」というよりは「続カラテ地獄変・ボディガード牙」の方が近いようですね。

globalheadglobalhead 2005/07/21 21:06 おお。いいっすねえ。副題として「マイ・ボディーガード/たった一人の戦争・燃え上がるメキシコシティー!奪われた少女の命、血と爆炎と屍の中、男は今、復讐鬼と化す!俺に地獄の釜を開けさせたのは貴様等だ!命貰います。」というのも付けるといいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20050721