Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20060131(Tue)

[]不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行ス 不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行スを含むブックマーク 不肖・宮嶋 南極観測隊ニ同行スのブックマークコメント

不肖・宮嶋南極観測隊ニ同行ス (新潮文庫)

不肖・宮嶋南極観測隊ニ同行ス (新潮文庫)

一部では結構な人気のある報道カメラマン、不肖・宮嶋の南極大陸体験記。オレの爛れた友人である「う」から借り受けたのだが、彼も大のお気に入りらしい。


この宮嶋、知性ではなく体力と精神力のみで文章を書いている人で、この体験記でもゴキブリ並みの生命力と思考力でひたすら下世話に南極での過酷な体験を書き綴っている。南極くんだりまで行って宮嶋の書くことといえば食欲と性欲だけである。しかし当たり前といえば当たり前だが、南極は半端じゃなく寒い。そんな極限状態では人間はシンプルな欲望のみに生きるというのは頷ける。まあ、勿論越冬隊員達はきちんと実験や観測を行っているのだろうが、これは科学リポートなんかではなくて部外者の宮嶋が見た極寒の地の体験記であり、そこでひたすら生存することのみを念頭に書かれた手記なのでこうなっちゃうのであろう。なにしろ零下40℃だの50℃だのという世界。その中を3週間もかけて基地から基地へ移動する、なんていう段階から恐るべきものがある。


面白い記述は山ほどあったがなにより驚いたのは南極条約による廃棄物の禁止についてだろう。ゴミを捨ててはいけないというだけではない。調査隊員の排泄する糞尿、これまで持ち帰らなければならないらしい。だからこれら排泄物は全てドラム缶に保管されているのだとか。でもまあ、移動中の野糞(というより氷糞だな)は許されるらしいが。そして勿論、誰もが一度は念頭に浮かんだことがあるだろう「南極1号」の存在もここで触れられる。極地用人体模型とか何とか言う名目で船荷目録に入っているらしいがな!不肖・宮嶋は極寒の世界で生きる観測隊員のために雪上車にわざわざこの”人体模型”を括り付けて基地へと入場だ!


なにしろ全編こういったシモな話で占められているが、兎に角是が非でも生きる、生き延びる、というギリギリのラインをキープするということは案外重要なことなんだと思う。今普通に日本の社会で生きているなら”サバイバル”なんて概念は存在しない。生きるか死ぬかなんて事はそうそうあることではない。そして”生”の意味というのはどこかで希薄になる。生きる、という生々しさを忘れて観念的な生を生きること、養老孟司氏の言うところの「脳化した社会」で生きることが当たり前になる。肉体性を忘れた観念はどこか薄気味悪いし、簡単に病んでしまう。別にわざわざ極限の世界に生きる必要はないが、少なくとも人は人間であると同時に一個のけだものでもあるという事は忘れていたくない。それは、自分の体が血肉で出来ているという感覚であり、そして精神というのも、血肉を兼ね備えている、という認識だ。それは、言ってしまえば、世界と自分が、生で触れ合っている、という感覚なのだと思う。


なんかさあ、知性とか情報量とか物凄い優れているんだろうけど、裏をかえせばひ弱な書生、みたいなのって見飽きたんだよな。この不肖・宮嶋みたいにギトギトに生命力の塊みたいな男ってのも、やっぱりいてくれないとバランス悪いんじゃないか。日常生活で一緒にいたらうざったい奴だとは思うが、何かあったときにはこんな奴が頼りになったりするものだ。そして、「何が何でも生き残る」という意思は、今みたいな社会では結構必要なことじゃないかとオレなんかは思う。

[]600回の男 600回の男を含むブックマーク 600回の男のブックマークコメント

ええと実は今日ではてなダイアリーを書いた日数が600日になるのであります。2004年の2月から始めたから1年で300日程度日記書いていたのでしょうか。でPVは全体で70000件程度ですから、一日平均約117件のPVがあったと。まあ、こんなもんでございましょう。この600日分の日記のテキスト量は東京ドーム5杯分、積み上げると東京タワー5倍程度の高さになります。この間に飲んだビールは5万本、吸った煙草は5万箱であります。


1000日目は最短で来年の3月ですかねえ。1万日目ともなると27年後、この頃にはオレも地球を遠く離れ火星のアルカディア平原に建築されたコロニーに住み、電脳世界にジャックインした状態で日記を書いていることでしょう。その頃の日記のタイトルは『フォボスの藻屑、ダイモスのゴミ』、読者の住む場所は遥か冥王星にまで及び、「今度、木星の浮遊都市でオフ会しようか」などと話題は盛り上がり…(以下妄想が果てしなく続く)。

hisamura75hisamura75 2006/01/31 13:07 宮嶋さんと同じ隊だったコックさんの本を読んだことがあるんですが、この方、愛されてる面もありつつ、この本が出たときには「ネタばっか書きやがって」「おめぇ大して活躍してないじゃん」というような怨嗟の声が上がったとか上がらないとか。

globalheadglobalhead 2006/01/31 17:40 多分そのコックさんの書いていた通りの人物だったと思いますよ。本当に何もしていないしネタしか書いてないんです。自分で不肖なんて言ってるぐらいだからしょうもない奴なんです。だから”実生活ではうざったい奴だろう”と思うわけです。ただ、南極くんだりまで行って過酷な思いしてネタしか書かない、その図太さ馬鹿さ能天気さが素敵だな、オレも見習いたいものだな、愉快で単細胞に生きたいな、とかように思った次第であります。

aorenjaraorenjar 2006/01/31 17:45 フモ☆りん、フモ☆りん、日記600日おめでとうなの。600日間で食べたピザの枚数を教えて欲しいな…☆

globalheadglobalhead 2006/01/31 19:52 ハローあおれんぢゃ!単純に600日と考え、2週間に1.5枚として64枚。1枚のカロリーが700kcalとして44800kcal。そして1枚¥2300とすると、¥147200。…この苦闘の600日間にオレの胃の中には約4万5千kcal、15万円分のピザが入ったのサ!
しかしそれだけではない!1回におそよ1.2Lのビールを飲んでいるとして約77Lのビールを飲んでいることになるよ!これは石油で言うと約0.5バレルに当たるね!500ML入りの缶ビールだと154本、1本¥280として¥43120のビールだ!驚き桃の木だね!オレが食ったピザとビールを足した金額でアフリカの貧しい国の40人の子供たちが1年間学校に行くことができます。罪深いフモですね!(ここの記述は信用しないように。)
ところで途中で計算が訳判らなくなってしまったので合ってるかどうか突っ込んだりしないでね!フモは数字に驚くほど弱いんだ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060131

20060130(Mon)

[]LaChapelle Land / David Lachapelle(デビッド・ラシャペル) LaChapelle Land / David Lachapelle(デビッド・ラシャペル)を含むブックマーク LaChapelle Land / David Lachapelle(デビッド・ラシャペル)のブックマークコメント

Lachapelle Land

Lachapelle Land

長らく絶版で、コレクターズ・アイテムとして高価で取引されていた米国人写真家デビット・ラシャペルの初写真集がついに再版されます。

彼はカラフルで映画のように作り込まれたハイパーリアルなヴィジュアルで知られています。この本には1990年代を象徴するマドンナ、パメラ・アンダーソンなどのファッション・ポートレートを含む代表作約150点が収録されています。表紙デザインは横尾忠則氏です。1996年の初版発売時にはLos Angels タイムス誌のベストセラー入りした写真集です。20世紀の重要写真集101冊をセレクションした"The Book of 101 Books"(アンドリュー・ロス著、2001年刊)にも選ばれている写真史上の重要な写真集です。

http://artphoto-site.com/b_396.html

実はこれの初版が発売された時に洋書店でたまたま見かけて立ち読みし、写真なんて、まして作者のことなんて何にも知らなかったんだけど「うわ・すげ・なにこれ・かこいい・ほすぃ・でも・たっかー」と諦めた覚えがあるんですわ。本はすぐ完売したようだったけれども、買わなかったことを後まで結構悔やんでたよなあ。その後以前のwtbwさんのところのHPのTOP画像にコラージュとして使われている怪しげな写真が気になってネットで調べていったら、再度この写真家と遭遇し、俄然興味が深まった、という経緯もありました。で、『Hotel LaChapelle』という写真集を購入、ぞっこんホの字となったわけであります。

それまで写真ってどこかお高い芸術のような気がして「けっ、カンケーねーや、ぺっぺっ」と敬遠していたんだけれど、このデビッド・ラシャペルはあたかもグリーンジャイアントのように「ほうらたのしいぞお〜」と山の奥から手を広げてやってくるみたいな間口の広さを感じ(どういう比喩だ)てすぐ好きになれた。けばけばしく見えて計算された色彩、通俗的に見えてアーティスティックな画面構成、エロスはあるが笑いもあるその”落ち”加減の絶妙さ、様々な要素がギリギリのところでバランスを取り合いとても素晴らしいセンスを醸し出しているのだよ。なによりよく見知ってる映画俳優やミュージシャンをモチーフにしているところが取っ付き易かったんだろうな。

今ではフォトレタッチで容易に作成出来るような大道具小道具など大げさな写真背景を実際に予算をかけて製作し、その中に被写体を置いて非現実的な/ハイパーリアルな世界を作り出して行く作業のあり方はここでも健在で、それは被写体のリアクションを最大限に引き出したいというラシャペルの目論見なのだろうと感じた。

デビッド・ラシャペルは最近では映画『ライズ』の監督を務めており、日本公開が話題になっている。


アーティスト・プロフィールhttp://artphoto-site.com/story9.html

オフィシャルHPhttp://www.davidlachapelle.com/index.html


f:id:globalhead:20060130122643j:image f:id:globalhead:20060129153634j:image

f:id:globalhead:20060129153559j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060130

20060129(Sun)

globalhead2006-01-29

[]Lサイズ Lサイズを含むブックマーク Lサイズのブックマークコメント

「ぐはっ。DVDもあるしビールも買ってきてあるし、今夜はピザでも頼むべか。」などと例によって宅配ピザを注文したオレなんである。いや、ビール買ってきてある段階でもはやいつも通りピザ食う気満々だったわけで、冒頭の”あたかもたまたま思いついたように”ピザを頼んだかのような文章は実は嘘なんである。すまん。「またかよおい。」という反応を恐れてのことだ。こう見えても結構世間体を気にする性質なのである。


「ねえねえ、『メモリのもずく』とかいうブログ書いてる人って毎週ピザ食べてるらしいわよ」「まあ本当なの。その人デブデブなんじゃないの。」「そうね。見た事無いけどきっと肉まん体型よ。」「イヤねえ。」「そしてヲタなんだわ。」「キモイわねえ。」…などと言う会話が日本全国津々浦々の麗しき婦女子の間で繰り広げられているのかと思うと遣る瀬無いではないか。しかしなんだか”白子さんと黒子さん”の会話みたいだな。まあそれはいいんだがオレの日記のタイトルは『メモリの藻屑』であって『メモリのもずく』ではないからな。そこんとこヨロシク!


それでまあ待つこと数10分、ピザが届いたんだが、配達員が何か言っている。「まことに申し訳御座いません、ただ今Mサイズのピザクラストを切らしてしまいまして、代わりにLサイズをお持ちしました。代金のほうはMサイズのままで結構です。」見ると配達員の抱えているのはまがう事なきLサイズの箱。「はあ、そうですか。」などと受け取ったけれども、こちらは男の一人暮らし、いくらデブデブ&肉まん体型であっても一人でLサイズ一枚など食べきれるもんではないのである。しゃあねえ、半分だけ食ってあとは明日の朝飯にでも、と思ってはみたが、冷めたピザをもう一度加熱しても脂っこくなるだけであまり美味いもんではないのだ。もともとタダみたいなもんだとはいえ、根っからの貧乏性、それはそれで勿体無いことだよなあ、などと思ってしまうのである。


そんな事を考えつつピザに取り掛かる。今回のピザはピザハットの「黒トリュフ・ターキー」と「ウニらんまん」のハーフ&ハーフである。昨今のピザは結構凄いんである。「黒トリュフ・ターキー」はターキー・アスパラ・マッシュルーム・オニオン・マロン・ドライクランベリー・マユネーズ・黒トリュフソース。「ウニらんまん」はずわいガニ・甘エビ・貝柱・赤パプリカ・オニオン・マヨネーズ・ウニクリームソースである。豪華である。


最初の予定通り半分食べる。…どうもまだ食べられそうな気がする。ここでビールを飲むのを止める。残りの半分に取り掛かる。おお。いけるいける。結局一切れ半残してオレはLサイズピザを平らげてしまったのである。つまりLサイズピザに対して85%勝ったということである。なんだオレ、やれば出来るんじゃないか!どんなものでも先入観だけで成否を決めてはいけない、取りあえず取り組んでみること、チャレンジすること、それが人としての価値を決めるのだとオレは思った。今日の85%の成功は明日の100%の成功に繋がるのだ。あきらめずにトライし続けよう。そしていつかLサイズに勝利してみせるのだ。


…う〜ん、なんだこの論旨は…。こうして人はデブになってゆくのである。


ちなみに”白子さんと黒子さん”というのはその昔ロゼット洗顔パスタという化粧品のCMで使われていた漫画のキャラである。「私って地黒なの、どうやったら白子さんのように白くなれるのかしら」「まあ、それだったらロゼット洗顔パスタがお薦めよ」とかいう会話をする白い顔した女子と黒い顔した女子の二人組である。今だったら「私アフィリエイト始めたんだけどなかなか成果が出ないの、どうしたらいいのかしら」「まあ、それだったらmixiで足跡残しまくったりウェブサイトや掲示板にコメント入れまくるのもいいわよ」とか言ってる主婦みたいなもんを想像していただければよいか…ってちょっと違うか!

[]急いでもゆっくりしても一日は一日 急いでもゆっくりしても一日は一日を含むブックマーク 急いでもゆっくりしても一日は一日のブックマークコメント

昨日もだらだら過ごしていたが今日もだんらだんら過ごしていた。朝は8時ごろ目が覚めたが、パソコンの前に座ると速攻で怪しげなことに没頭し始めるイケナイオレなのであった。何をしていたかというと致命的な攻撃力を持った恐るべきコンピューター・ウィルスをコーディングしていた、というのは誰もが気付くような真っ赤な嘘で、誰が読むのかさっぱり判らない日記のエントリや写真の整理をしていたのであった。

そして。気付くと5時ですよ、おかみさん。なんですかこれは。慌てて人間らしい営みをするべく取りあえず有楽町に買い物。あれやこれやを買い求め、帰ってから近所のスーパーで夕食の食材を買ってきて、それから洗濯と靴磨き、あとお風呂に入って夕食の下ごしらえをしてこの時間である。夕食の下ごしらえとはレンジでチンすることを言う。

というわけで今日は後メシ食って酒飲んで極秘のナニを遂行して寝ようと思います。皆さん御機嫌よう。いろんな人にLOVE。地には平和を、心に愛を、そして口には素敵なメロディを。おやすみなさい。明日も良い日でありますように。

nigellanoirenigellanoire 2006/01/30 15:05 これまでフモさんのピザ話で「食べたーい」と思ったのは、たいてい我が家の近所には無いチェーンだったりして事なきを得ておったのですが、今回のはムムム、美味そー&注文できるじゃないですかピザ○ットだったら!これはいかん。危うし。(ちなみにMサイズクラスト切れ希望)

バナナ牛乳バナナ牛乳 2006/01/30 22:10 そしてバナナ牛乳には甘いものを。
FUMOさんにはピザLサイズを(たんと召し上がれ☆)。
極秘のナニが気になるところですが
ナニってことはアレですかい?きゃあ!
(*´・ω・)(・ω・`*)ナニナニ…
明日もいい日でありますように。

globalheadglobalhead 2006/01/30 22:11 >ニゲラさん
ホワイトソースベースなのでよくあるトマトソースのものと雰囲気違うかもですね。黒トリュフとウニソースは…言われなければ気付かない程度の分量なのがちょっと悲しい。でもターキーは風味あったしクランベリー使っているのは面白いしカニとエビはばちり使っております。あと実は書いてなかったのですが、サイドメニューでチキンタツタも頼んだのですが(食いすぎだ!)これもクラストがなかったお詫びだったのかポテトフライも付いておりました…。勿論食べられませんこんなに…。これは翌日の朝食となったのですが、Lサイズ食べた翌日のチキン&ポテトは重かった…。さらにばらすと、朝からビールで…。
どちらにしろいい機会なので「えいや!」と一度注文されてみてはいかが。Mサイズ切れしておりますように!

globalheadglobalhead 2006/01/30 22:23 >バナナさん
さすがバナナ牛乳、目ざといな!
1.極秘のナニとは…CQ無線で北朝鮮と秘密の交信だ!
2.極秘のナニとは…黒全身タイツに着替えて闇夜の徘徊だ!
3.極秘のナニとは…今だからこそライブドア株買い占めだ!
4.極秘のナニとは…ナニではなくノニだ!
5.極秘のナニとは…すべて教えよう!ナニのソレでアレのコレだ!
さてどれでしょう。

20060128(Sat)

globalhead2006-01-28

[]無条件バトン 無条件バトンを含むブックマーク 無条件バトンのブックマークコメント

またもやハ姐さん(id:iciiicさん)から、今度は無条件バトンである。

…ところで無条件といえば昔々のパチンコ屋の店員の求人広告。「年齢性別、過去の事情一切問わず。住み込み。」なんていうのがあって、特に「過去の事情一切問わず」というところに凄みを感じてました。ああ、人に言えない深い深い事情のある人がやる職業なのだなあ…などと遠い気分になっておりました。


001.無条件でトキメク○○な人を3人。

『タクシー・ドライバー』の時のジョディ・フォスター

ブレードランナー』の時のショーン・ヤング。

キルビル』の時のユマ・サーマン


002.無条件で嫌いな○○なものを3つ。

早出。残業。休日出勤。

…どうも基本的に仕事が嫌いらしい。


003.無条件でお金をかけられる○○を5つ。

・CD買い過ぎ…。

・プチブラ買い過ぎ…。

・DVD買い過ぎ…。

・酒飲み過ぎ…。

・ピザ食い過ぎ…。


004.無条件で好きな○○を3つ

まったりインターネッツ。

こってり音楽。

じんわり愛情。


005.無条件でバトンを受け取らせる5人

イトちゃん(id:itopさん)(…またお願いします…。)、厘時さん(id:rinjiさん)、ワッシュさん(id:washburn1975さん)、ニゲラさん(id:nigellanoireさん)、KIRIちゃん。


006.次に回す5人を色で例えると?

イトちゃんはみかんみたいな橙色。

厘時さんはワイシャツの白。

ワッシュさんは石炭みたいな黒。

ニゲラさんは落ち着いたベージュ色。

キリちゃんはウグイス餅の黄緑。

ちなみにハ姐さんは白に近い水色。

[]究極のバトンを作り出してしまうすごいマシーンを開発したよ 究極のバトンを作り出してしまうすごいマシーンを開発したよを含むブックマーク 究極のバトンを作り出してしまうすごいマシーンを開発したよのブックマークコメント

究極!バトン作成マシーン

http://portal.nifty.com/special06/01/28/

2日続けてバトン廻しやっちゃいました。関係各位には数々のご足労をお掛け致しました。これに懲りずまたお付き合いくださいませ…。

itopitop 2006/01/28 12:45 私、「TRFバトン」ができちゃいました。。答えづれぇー!
みかんみたいな橙色、嬉しいです♪
無条件にバトン貰っていきます。

globalheadglobalhead 2006/01/28 13:04 バトン作成マシーン、クリックしまくったら大量のバトンが出てきて凄かったよ。(←暇人)「どぶバトン」とか「もやしバトン」とか「HGバトン(フォーッ!)」とか訳が判らないバトンで笑いました。イトちゃんの好きなミスチルのバトンまであったよ。

itopitop 2006/01/28 13:13 ミスチルバトンなら、嬉々として答えつつ、また自分に回してしまいそう…!
それにしても「どぶバトン」て。エピソードが思い浮かばないっす。。

globalheadglobalhead 2006/01/28 13:37 ちなみにこんなのだったよん。
●「ミスチル」バトン (初級編)
Q1:生まれたての僕らの前にはただ果てしない何があった?
Q2:傷つけ合うためじゃなく僕らは出会ったって言える?
Q3:めぐりあった全てのものから何が送られてる?
Q4:何を犠牲にしても手にしたいものは何?
Q5:あるがままの心で生きようと願うから誰のせいにして過ごしてる?
オレミスチル聴かないんで意味は判らんとですが…。

azecchiazecchi 2006/01/28 14:47 ブレードランナーの時のショーン・ヤング!! 僕もトキメキました!! あの髪をおろすシーンなんか、もう完璧ですよね!!

itopitop 2006/01/28 14:48 ぐ。。じ、時間を下さい・・・っ!(予想に反して難易)(ファンにとっても重い質問すぎる)

globalheadglobalhead 2006/01/28 18:51 >アゼッチさん
ショーン・ヤングはブレランのときのまさにアンドロイドって感じの陶器みたいな肌にぞくぞくしました。冷たい感じが良かったのかも。
>イトちゃん
あ…話のネタのつもりだったのですがやっぱり重いんでしょうかこれ?気が向いたらやってみてください。

ハ 2006/01/29 00:54 「勝俣」バトン出ますた。
Q1:勝俣のどんなところが好き?
Q2:勝俣のギャグで一番好きなのはどれ?
Q3:勝俣の小噺で一番好きなのはどれ?
Q4:勝俣の準レギュラー番組で一番好きなのはどれ?
Q5:勝俣とデートできるとしたらどこに行く?
また勝俣て微妙な.......。答えられんかったです。無理。

globalheadglobalhead 2006/01/29 09:34 渇股…もとい勝俣。TVを見ないオレはすぐに顔が思い浮かばなかったが、たぶんあの方でよいのだろうな。勝俣と聴いて川俣軍司@深川通り魔殺人事件を先に思い浮かべたのは何故なんざんしょ。

KIRIKIRI 2006/02/02 12:49 バトンありがとうございます。考え中なので、ちょい時間下さい。
あの、鶯の黄緑ってどういうイメージなんですか?
渋い色っていうところがちょっとひっかかりました。
まだうら若いので、パッションなカラーでよろしく

globalheadglobalhead 2006/02/02 23:46 なんでしょうね。KIRIちゃんはクールな中間色というイメージでしたね。

20060127(Fri)

globalhead2006-01-27

[]バッグバトン バッグバトンを含むブックマーク バッグバトンのブックマークコメント

ハ姐さん(id:iciiicさん)からバッグバトンをもぎ取ってまいりました。


001.財布はどんなのを使ってますか?

DKNYの黒い二つ折のもの。


002.携帯電話はどんなのを使ってますか?

TU-KAのカメラ無し、1円で買ったもの。色はガンメタル。操作性悪し。


003.使ってる携帯ストラップは?

SWEP3公開時に劇場で買ったダースベイダーのミニフィギュア付きストラップ!


004.手帳って持ってますか?

持ってます。行き付けの美容院で毎年貰う薄いやつです。


005.バッグはどんなのを使ってますか? 

タケオキクチの黒のショルダー・バッグ。タケオキクチは安いが作りは悪いな。

ckカルバン・クラインの黒いトートバッグ。これは買い物したときの景品。

アディダスの緑ラメ&銀ラメの手提げバッグ。三本線は金ラメ!これは会社の若い奴に「可愛い」と大評判。


006.バッグの主な中身は?

iPodと本。

目薬とリップクリーム。(これがないと目も唇もパキパキになる)

ハンカチ、ポケットティッシュ。

折り畳み傘。(どんな晴れた日でも)

サングラス。

健康保険証。(何故か持ち歩いている)

胃薬、頭痛薬。

ボールペン、手帳。

ライター。(でも何故か煙草は持ち歩かない)

各種ポイントカード(山のようにある…)


007.持ち歩いてないとダメ!!というものを3つあげましょう。

4つになるがiPodと目薬とリップクリームと本。


008.これをまわす人。

イトちゃん(id:itopさん)、ナサゼッチさん(id:azecchiさん)、またよろしく頼もう!あとid:inekari-youyakeさんとかお願いできますか。

itopitop 2006/01/27 22:29 わ。新鮮でおもしろいバトン!ありがとうございます〜☆
アディダスのバッグ、ホント可愛いっぽいなぁ。

そしてナサゼッチさん。。w 共にバトン持って滑走しましょう!

azecchiazecchi 2006/01/27 22:57 あ、コラ、二人とも、あれほどNASAのことは秘密にし

inekari-youyakeinekari-youyake 2006/01/28 00:36 お邪魔します。バトン受けとりましたー!答えるの楽しかったです。ありがとうございました☆

ハ 2006/01/28 01:14 どもども。ご好評みたいでなによりダス。私も知らない人からもぎとってきたんだけどな(無断で)。他人のかばんの中身てなんとなく神秘だわぁ。

globalheadglobalhead 2006/01/28 09:17 >イトちゃん
いつもいつもありがとうございます。次もまたバトン廻す予定なのでよろしくお願いしますダス。
>ナザゼッチさん
…ここらでNASAの国家機密の詰まったバッグの中身を是非拝見させてください。(…「ナサゼッチ」固定キャラ決定)
>inekari-youyakeさん(ローラさん)
いつも日記読んで頂いてありがとうございます。喜んでもらえたみたいで嬉しいです。
>ハ姐
好評ですねえ。もっといろんな人に渡せばよかったかなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060127

20060126(Thu)

[]シャングリ・ラ / 池上永一 シャングリ・ラ / 池上永一を含むブックマーク シャングリ・ラ / 池上永一のブックマークコメント

シャングリ・ラ

シャングリ・ラ

第2次関東大震災後、東京の復興のために建築されたのは関東平野を覆う13層からなる超巨大建造物”アトラス”だった。そしてかつての東京は地球温暖化対策のためにCO2を吸収するジャングルへと変容させられ、難民としてここで住む者たちはゲリラとなり”アトラス”へと戦いを挑む。

地球温暖化を防ぐために打ち立てられた世界の新経済体系”炭素経済”の概念が面白い。物語はこの”炭素経済”を巡る経済戦争を縦糸に、”アトラス”に秘められた伝奇的謎を横糸にして語られるのだが、そういった物語の骨子よりも、あまりに破天荒な登場人物のキャラクターが面白いのだ。ブーメランを操り戦車さえも粉砕する主人公の女子高生、格闘技のプロである美貌のニューハーフ、十二単を身に纏い嘘をつく者を死に至らしめる超能力を持った少女、メスを飛び道具に使う殺人狂の女医師、…等など、どこかコミックタッチな極端な設定のキャラ達が、これまた科学も物理法則も常識的な肉体構造も完全に無視して地を駆け宙を舞い熾烈な戦いを繰り広げるのである。

いやあ、最初は面食らって「大丈夫かこれ?」と匙を投げそうになったが、キャラの魅力と、なによりしっかりと語られる”炭素経済”の説得力から次第に引き込まれていった。というか、思ったのだがこういったコミックタッチのキャラクター設定というのはライトノベルのものなのだろうか、オレはラノベは読んだことがないから何とも言えないのだが。小説自体はアニメ雑誌ニュータイプで連載していたものだということだから、そういった読者層にもアピールする作りになっているのかもしれない。

物語の語り口は雑誌連載ということからだろうか、章毎にクライマックスが設けられ、ラストに行くほどめまぐるしい展開になり、盛り込み過ぎかなと思わせるほどとっ散らかってゆくのだが、逆にこの賑やかさが最近の読者には受け入れられやすい条件なのかな。また伝奇的な要素は割とありがちではあるが、判り易さを意識したもの、と好意的に受け止めておこう。

難点を挙げるなら数百万人は居住しているはずの”アトラス”に生活する人々の気配を感じないというところかな。単なる要塞みたいな雰囲気なんだよ。それと萌え要素を意識してか女子のキャラクターは活きているのだけれど、男性のキャラはいまいち生彩がない。全体的に整合感なんかよりは荒唐無稽なキャラの生き生きとした様子を乗りと勢いの良さで読んじゃう小説かな。

[]マイコー2連発!! マイコー2連発!!を含むブックマーク マイコー2連発!!のブックマークコメント

○マイケルジャクソン福笑い

素敵なマイコーの麗しい福笑いです。どのような顔に仕上がっても「ま、整形だしな…」と納得できてしまえるのは何故でしょうか。

http://www.alexanderband.dk/dragson/index.htm

Michael Jackson and Guns N Roses - Slash

「スミルノフ教授公式ウェッブサイト」より。MTVビデオ・ミュージック・アワードでのマイケル・ジャクソンとガンズのスラッシュ。マイコーカコイイ。やはり腐ってもマイコー、天才です。

http://www.youtube.com/watch?v=zrwsX3vezb8

[]駆け込み乗車はおやめください 駆け込み乗車はおやめくださいを含むブックマーク 駆け込み乗車はおやめくださいのブックマークコメント

朝、到着した電車に駆け込もうと走って階段を上っていたら、降りてきたランドセル姿の小学生女子(ようぢょ)と鉢合わせてしまい、おっとっとっ、とか言いながら慌てて小学生女子をキャッチしてしまう。それがなにか階段の真ん中でようぢょを抱きしめているような微妙な絵柄になってしまいどぎまぎ…。こ、これでは危ないおぢさんぢゃないか!?というかどぎまぎする段階で危ないおぢさんなのか!?いや、ロリぢゃないよ、ロリぢゃないからね!?

[]DEATH NOTE DEATH NOTEを含むブックマーク DEATH NOTEのブックマークコメント

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

すいません、今頃1巻目から読み始めました。いやあ、ええと。すっごい面白いじゃないですか。

ハ 2006/01/26 14:19 ため息ハァハァ、マイコカクイイステキマイコ。で、マイコエントリのすぐ後のロリエントリについてはマイコに対しての飽くなき挑戦 と受け取って宜しいのですね、兄貴よ。

globalheadglobalhead 2006/01/26 21:33 ようぢょハァハァ!勿論ショタのマイコーに立ち向かうべくオレはロリロリで正面対決!そしてマイコーの天才には地震雷火事親父(そのこころは天災)で敢然と挑戦!オレは決して戦いに手心を加える事は無い!たとえそれが人類愛戦士マイコーであろうとも…。来いマイコー!変態の頂点はオレが戴きだ!(違うって)

TodoTodo 2006/01/27 04:41 マイコーカッコよすぎっすよ!久々にムーンウォーク見て感動しました。
DVD欲しいなぁ。ネバーランド行きたいなぁ(爆)

globalheadglobalhead 2006/01/27 12:29 オレもある意味ネバーランドの住人かも知れんな…。というか得体の知れない怪しげな生き物がどろどろと生息している”ネバネバ”ランドと言ったほうが感覚的に近いか…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060126

20060125(Wed)

globalhead2006-01-25

[]ニッポン無責任時代 ニッポン無責任時代を含むブックマーク ニッポン無責任時代のブックマークコメント

昨日は会社のとても偉い人に誘われて飲みに行ったんであった。どうも将来を嘱望されているらしい。”なんちゃって社員”として気楽な稼業を謳歌したかったのだがそうもいかないらしい。

というかそのとても偉い人に「FUMOよ、近頃フィギュアはどうだ?」とか訊かれる。オレのフィギュア趣味は全社に轟きまくっており公然の事実なのである。しかしそれをとても偉い人に訊かれるオレもサラリーマンとしてどうかと。そして「これからは着せ替え人形がきますね!ブラ子キャワイイっすよ!」と嬉しそうに答えるオレは人として本当にどうなのか、と。

さらに「最近なんかいいことあるか」と訊かれたので「カノジョとラブラブっすよ」と答えておいたら「つまらん。お前が幸せそうなのはつまらん。お前のような奴は不幸になってしまえ」などと言ってくるから「あんたねえ、仮にも会社の頂点に立つ人なんだから訳の判んない事言ってんじゃないよ」と突っ込んであげる。偉い人をあんた呼ばわりし、あげくに「訳が判らない」などといちゃもん付けるのも本当にサラリーマンとしてどうかと。どうなんだ、と。

こうしてオレの”サラリーマン無責任時代”の日々は過ぎてゆくのである。

[]いただきます いただきますを含むブックマーク いただきますのブックマークコメント

「こっちは金払ってんのに公務員ごとき下僕に”いただきます”なんぞと卑屈な態度取らされるのは自分の上流意識に差し障る。」とかなんとかいう理由で給食時に「いただきます」などと言わせるのは言語道断であると学校に噛み付いたどこぞのブルジョアがいたそうな。「私は金持ってんだよ金。あんたら私の金で飯食ってんだろ。しのいでんだろ。私があんたらを生き延びさせているようなもんだよ。ほら。地べたに這い蹲れよ。金が欲しいって言えよ。」とこの方が言っていたかどうかはわからない。オレにはそう聞こえたとしてもきっと単なる妄想であろう。

そうだな。生き延びさせて貰ってるのは確かだな。ご飯を食べる時に「いただきます」と感謝する、という行為には、単に料理人に感謝するという意味ではなく、この食材を育てた、或いは採った人たち、それを流通させている人たち、また、食物として生命を全うした生物への感謝が含まれているんではないのか。一人では生きられないんだぞ人間は。そして”食べる”という生命の根源にある行為は、そういったあらゆるものを含めた根本的なもんだろ。それを経済の名の下に単純化するというのは、そういった人間的な行為そのものを賤しめているんではないかとオレは思うぞ。

しかしそんなに金が偉いなら山奥で熊に襲われたら金積めば食われないとでも思ってるのだろうか。食われるときは食われるぞ。でも安心しろ、熊は畜生だから君のはらわたにかぶり付く時「いただきます」なんて言いはしない。ある意味君の論理の正しさが証明された事になる。よかったな。

それにしても昨今巷をお騒がせしているホリエモンとか言う拝金主義者も「金さえ積めば何でも出来る」と豪語していたらしいが、何で官憲に金積んで勘弁して貰えなかったのだろう。不思議だ。金って万能なんだろ?

あと「手を合わせるのは宗教的行為だからけしからん」とか言ってる奴もいるらしいが、あれは「掌の皺と皺を合わせて”しあわせー”」という駄洒落なんだから目くじら立てることないと思うんだけどな。…え?違う?


考:「いただきます」って言ってますか? 「給食や外食では不要」ラジオで大論争

http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/shoku/news/20060121ddm013100126000c.html

itopitop 2006/01/25 23:09 「いただきます」問題に関しては、私もフモさんと全く同意見です。
むしろいただきますを言わせないで、なんていう人がいること自体純粋に不思議で驚きました。
「いただきます」の意味って、お金とかだけじゃ勿論なくて、食に対する根本的な気持ちの問題なわけで、「食べ物があるからこそ生きている感謝の気持ち」を端的に表していると言葉だと思う。ので、いつだって、目の前の食べ物には、それ自体にも、関わる人達にも感謝を忘れたくないし。。
何と言って良いかまとまらないけれど、つまりは感謝の気持ちを日頃から持ち続けていたいし、その必要もあると思う、というわけなのでした。
(うーん、まとめきれてないっぽいけど)

globalheadglobalhead 2006/01/26 02:09 う〜む柄にも無く時節の話題なぞを出して本人は自分の日記ではこんな話題は出さないことにしてたんだけどなあ、などと思っていたのですが(だからなんとなくふざけて書いてる)、イトちゃんからきちんとしたコメント貰ったからこれはこれでよかったかな。
ただ経験的に「自分は客なんだぞ」という態度をとるお客というのはいくらお金を持っていても逆に心根の貧しさが透けて見えて、経済的に豊かなことと言うのは心が豊かなのとは全然別なのだなあ、と清貧にまみれたオレなんぞは思うのであった。いや、オレの場合は清貧というより濁貧ではあるがな…。
いただきますと言うとか言わないとか、教育がどうとかいうことよりも、こういうのが当たり前になっちゃうとギスギスした嫌な世の中になるよなあ、という気だけは確かにする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060125

20060124(Tue)

[]ゴッド・オブ・ウォー (PS2) ゴッド・オブ・ウォー (PS2)を含むブックマーク ゴッド・オブ・ウォー (PS2)のブックマークコメント

ゴッド・オブ・ウォー

ゴッド・オブ・ウォー

カプコンから発売のアクションゲーム。元は洋ゲーらしいのだが、きちんとローカライズされてます。洋ゲーらしいエグく濃いいキャラ&残酷描写がそそります。あとカプコンだからなのかアクションも切れがよくていいな。

舞台は古代ギリシャ、戦いの神アレスに運命を翻弄され狂戦士として生きるクレイトスの血塗れの戦いを描く。レベルごとにギリシャ神話の神々がクレイトスに魔法を授け戦いの幅が広がってゆく。モンスターはメデューサやミノタウロスなど神話世界でお馴染みの化け物たちが登場、それぞれ個性的な攻撃を仕掛けてくる。冒頭のヒドラからして蛇頭のデカいボスキャラがグリグリ動き、迫力ある戦闘シーンを楽しめる。戦闘中目押しの指示が出るが、これによりモンスターごとに多彩な攻撃を仕掛けることができ、飽きさせない。去年発売されたゲームですが良作ですね。

[]この寒空に… この寒空に…を含むブックマーク この寒空に…のブックマークコメント

実は洋服買うのは結構好きで、セールが終わった頃には”打ち出し”と呼ばれる次の季節の新作が出るのでついつい見ちゃうのである。しかし冬だとセール終わるのは12〜1月、その時期に売り出された春物を見て欲しくなったからといって、買ってしまうのもナニなのである。時期的に一番寒くなるのは2月頃。その前に薄物の明るい色の服を買ってしまうのは何か虚しい…。と言いつつこの春流行らしいベージュと白のあれやこれやを買ってしまったオレである。すまん。本当にすまん。ショップのお姉さんの「あ、新作ですね(はあと)」がちょっと照れくさかったオレだ。これ着るのは早くても2ヵ月後…。堪え性の無いオレなのであった。欲望バトンでも書いたが欲しいとすぐ買っちゃうんだよなあ。でもなあ、同じデザインの、多少売れてたようで、オレと同じ堪え性の無い人間が世の中にはやはりいるらしい…。

[]今日もレゲエ三昧 その2 今日もレゲエ三昧 その2を含むブックマーク 今日もレゲエ三昧 その2のブックマークコメント

Heroes of Reggae Dub

Heroes of Reggae Dub

King Tubby Meets Rockers Uptown (Dlx)

King Tubby Meets Rockers Uptown (Dlx)

Israel Dub

Israel Dub

ダブ・アルバム3作。まずキング・タビーのダブ物2つ。スカタライツのダブはあたかも桃源郷で響いているかのような夢見るようなダブが心地よい。変わってピアニカを操るオーガスタス・パブロとのダブは霜が降りてきたような冷気漂うソリッドなダブを聴かせる。それにしても返す返す、キング・タビーが故人であることが悔やまれる。暴漢に射殺されるという不幸な事件があったのだ。

ルーツ・レグエ・コーラス・バンド、イスラエル・バイブレ−ションのダブは無重力の中を踊っているかのような幻想的なダブ。これも良作です。

20060123(Mon)

globalhead2006-01-23

[]雪やコンコンコンッ! 雪やコンコンコンッ!を含むブックマーク 雪やコンコンコンッ!のブックマークコメント

今日の会社のお仕事は朝30分作業を止め、外の雪掻きから始まったのである。昨日一昨日の雪がまだ残っていたからな。それにしてもよく降ったが、北海道東北をはじめとする豪雪地方在住の方から見ればちゃんちゃらおかしい量かも知れんな。

やはり雪ともなれば道を歩くのに苦労するが、元道民としてはそんなことに難儀など覚えないのである。勿論靴にもよるがな。北海道に住んでた頃は冬は常にスパイク付きの靴を履いておりましたよ。というか、オレの高校時代って冬はスパイク付きの長靴が基本装備でしたね。同級生みんな黒い学ランにコート着込んで、膝まである長靴をガコンガコン言わせて歩いておりました。除雪された道とか屋内だと地面にスパイクが当たってカチカチカチカチ鳴るのな。他にもスパイク付きスニーカーとかありましたよ。革靴履いてる転校生とかみんなで嘲笑ってたもんなあ。「おめえ北海道の雪道なめてっぺ」とか言ってな。

さすがに東京ではスパイク付きの靴は履けないが、雪道で鍛えた歩行法は体が覚えているのである。なるべく地面に垂直に足を下ろすようにするわけだな。いつもと違う足の筋肉を使うから慣れが必要だがな。

あと元道民としては雪が降っているときに傘なんぞ差さないのである。北海道も最近大き目の都市では降雪時に傘なんぞ差すタワケ者を目にすることがあるが、そんなものは邪道なのである。帽子&上着のフードでしのぐのである。実は雪がさらさらしているから頭にかかっても濡れる事が少ないのですよ。だから本当の所、べたべたしたこちらの雪では傘はいたしかな無いだろうな。

さてあれこれ偉そうに昔取った杵柄を吹聴しているオレであるが、やっぱり雪は大変だと思います、ええ、ええ…。



[]今日もレゲエ三昧 その1 今日もレゲエ三昧 その1を含むブックマーク 今日もレゲエ三昧 その1のブックマークコメント

Hail H.I.M.

Hail H.I.M.

MARCUS GARVEY-GARVEY'S GH

MARCUS GARVEY-GARVEY'S GH

Vol. 1-2-Best of Gregory Isaac

Vol. 1-2-Best of Gregory Isaac

バーニング・スピアはレゲエの古参バンド。その『マーカス・ガーヴェイ』はざっくり骨太の演奏が小気味いい古典的名作だが、そのダブでありカップリングされた『ガーヴェイズ・ゴースト』も発表当時”極北のダブ”とまで呼ばれ、無駄をそぎ落とした硬質なダブ・サウンドを聴かせる。アルバム『ヘイル・ヒム』は一転してリラックスした音。

グレゴリー・アイザックスはベテラン・レゲエ・ボーカリスト。シルキーな歌声はジャマイカン・レゲエとは思えないクールで洗練されたどことなくオサレな味わい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060123

20060122(Sun)

globalhead2006-01-22

[]欲望バトン! 欲望バトン!を含むブックマーク 欲望バトン!のブックマークコメント

ハピ姐よりmixiから『欲望バトン』を頂きました。

どうなんだろう、オレ、非現実的で妄想的な欲望なら数あるんだけれど、現実的でお金でどうにかなっちゃうような欲望って希薄なような気がする。

自分の収入以上の欲望持たないもの。それ以外では、やっぱり健康とかになっちゃうけれど、これは欲望なんだろうかな。

001.今やりたいもの

はてなのエントリーを向こう1年分ぐらい書き溜めて後は悠々自適に過ごしたい。

問題は1年分どころか3日分もネタが無い事である。

あとはたっぷり本読んでゲームやって…。

002.今欲しいもの

時間!時間!時間! 

もしくは機械の体。出でよF.U.M.O.ロボ!!

収入が多少低くても自由な時間が多いほうが人生って豊かだと思いませんか。

年収1000万円以上って人は、それだけ稼ぐのに本当に相当働いているんですよ。収入はうらやましいけれど、やはりどこかで何かを犠牲にしているんだと思う。

金の無い分は妄想力で補えるから、オレは今巷でよく言われている『下流階級』とか呼ばれたって、そっちのほうが断然いいけどな。

003.現実的に考えて今買って良い物

ん?欲しいものは思い立ったらすぐ買っちゃうからなあ。

004.現実的に考えて欲しいし、買えるけど買ってない物

何しろ欲しいものはすぐ買う。買わない・買えない物というのは自分の収入や生活スタイルに合ってないから買わないので、買うかどうかあまり悩むことは無いな。

005.タダで手に入れたい物

もともとタダのものをタダで手に入れるのはいいけれど、タダじゃない物をタダで手に入れるのは結局誰かを搾取してるってことになりませんか。

006.恋人から貰いたい物

愛があればそれでいいじゃないか。君が傍に居てくれるというだけでオレは身に余るほどの贈り物を貰っているのだと思う。 

006.恋人にあげるとしたら

あれとあれをあげるけど会った時まで秘密。

007.このバトンを回す人

id:itopさんとid:azecchiさんに。 

[]御大ポール・ウェラー御大ポール・ウェラー!を含むブックマーク 御大ポール・ウェラー!のブックマークコメント

Studio 150

Studio 150

Sound of the Style Council

Sound of the Style Council

突然ポール・ウェラーが聴きたくなってiTune Music StoreでD/L。

ポール・ウェラーは二昔ほどまえスタイル・カウンシルというブルーアイド・ソウル/ファンク系のオサレなバンドをやっていて、割と好きでした。それ以前にはジャムというモッズ系のパンク・バンドに居て、この頃からスタイリッシュで男臭い音を出していたんだよね。スタイル・カウンシルはニューウェーブ・バブル華やかりし頃のU.K.で、スイングアウト・シスターあたりとオサレ路線な音をヒットさせていたけれど、スタカンでのポール・ウェラーはソウルへの博識さと音楽センスのよさが、逆にトータルで見ると器用貧乏な仕上がりになっていて、いい曲はかなりあるんだがアルバム単位では統一感が感じられなくて、いまいち乗れない部分があったんだよな。

それだからスタカン解散後のソロって正直まるで聴いていなかったんだけれど、初めて聴いたこのアルバム『Studio150』ではポール・ウェラーの魅力が余すところ無く表現されていて、滅茶苦茶好感度高いアルバムになっています。骨太で男臭くて、でもよく聴くとソフトで神経の行き届いたギター・ロック。メロディの美しさ、そのリリシズムはジャム/スタカンの時代から健在、逆に、これほど長い音楽的キャリアを持っていても、決してその瑞々しさを失わない感受性の強さはやはり天性の音楽野郎だってことを伺わせます。いいよ、うん、これ、いいよ。

なにより、かっこいいんだよ、こいつ。音もルックスも男前、気風のよさでは若い奴には負けねえ、男にも女にも惚れさせちゃう音、そんなポール・ウェラーのアルバムです。

また、スタカン時代のこちらのベストは、数あるスタカンのベストの中でもしっとりした曲が多く、こちらもお勧め。

f:id:globalhead:20060122154124j:image

hisamura75hisamura75 2006/01/22 16:44 『Studio 150』は全曲カバーなんですよね。といってアルバムのリリースペースは煮詰まってる風でもないし(次のがもう出てる)、選曲もけっこうマイナーなので、ちょと原点に立ち戻ってみた、ていう素のポール・ウェラーが出てると思います。青くはないけど少年ぽい、ていうのが彼の魅力ですね。

globalheadglobalhead 2006/01/22 20:24 おおカバー集でしたか。情報無しで試聴してかっこよかったので買ってみました。こういう音が現在のメインストリームではないのかもしれないけど、なんか久々にロック聴いたなあって感じです。なんかいい感じに年取ったなあ、P・ウェラー。”少年っぽい”って所確かにそうだなあ、妙に枯れず技巧に走らず、どこかアグレッシブな部分を変わらず持ち続けているんでしょうね。

ハ姐ハ姐 2006/01/22 21:19 バトン譲渡の承諾さんきすー。どこまでもはてなダイヤリ職人の兄貴に感服いたしましただす。

hisamura75hisamura75 2006/01/22 21:32 ソロになってからはずっとこの調子のオレ流ですね。1枚目だけは迷いが見えましたけど、それ以降はそんなにシンプルでいいのかていうくらい。 ★でも聞きなおしてみると『Studio 150』はかなりスタカン寄りなコジャレた音作りです。オリジナルアルバムはもうちょっと熱いですよ。

globalheadglobalhead 2006/01/22 22:59 >ハ姐
ネタの無いときのバトン頼みだす…。それにしても日記書いてる時間が去年の半分になっているような気がする。

globalheadglobalhead 2006/01/22 23:06 >奈々ちゃん
あーあれでもコジャれてたか。奈々ちゃんソロも全部聴いてるのかな。今月はCD買い過ぎたので(多分20枚近くいってる)ほとぼり冷めたら新作チェックしてみますぅ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060122

20060121(Sat)

globalhead2006-01-21

[]AM11:23 AM11:23を含むブックマーク AM11:23のブックマークコメント

■朝外で猫がみゃあみゃあ鳴いていたので窓を開けると雪が降っていた。

■猫は寒くて鳴いていたのかな、雪に驚いて鳴いていたのかな。

■昨日はまたもや会社の送別会。

■しこたま飲みました。

■今頭痛いっす。

■まだ喉の調子悪いのに2次会のカラオケに行って(歌わずに)雄たけび上げておりました。

■隣にいた女子に「お前鼻大きいなあ」とずっと言い続けて嫌われてしまいました。

■取りあえず今日は引き篭もりまくっていようと思います。雪降ってるし。

■うがあ。モニター見てたらなおさら頭が痛くなってきたにょ…。

■腹減ったなんか食おう…。

[]PM9:29 PM9:29を含むブックマーク PM9:29のブックマークコメント

■結局一日中降ってたなあ、雪。

■一日中雪だと建設的なことなど何一つやらなくてもいい良い言い訳になるな。

■上の文章「いいいいいいわけ」になっちょる…。

■と言う訳で今日はずっとゲーム。ゲームゲームゲーム!!

■とか言いつつ7時頃横浜に買い物に。でも雪の日はやはり出掛けるものではない。帰りの電車、ダイヤ乱れて30分近くも待ってしまった…。

■雪降ってると気の毒でデリバリのピザも頼めない。雪の日のピザ屋はどのように営業しておるのだろうか?

■明日も雪なの?

[]カンガルー・ジャーキー カンガルー・ジャーキーを含むブックマーク カンガルー・ジャーキーのブックマークコメント

出掛けようといつも持ち歩いている鞄を開けてみたら…中に何故か『カンガルー・ジャーキー』が…。

なんやねんこれ!

昨日の飲み会の帰りに誰かに貰ったんだろうなあ。

記憶無いんだけど。

ってか、オレにこれをくれた人は、何故に『カンガルー・ジャーキー』などを持ち歩いていたんだ?

食べてみましたが、スパイスが強くてビーフジャーキーと言われて出されてもわからないなあ。

でもカンガルーなんだよなあ。

箱にはご丁寧に学名まで…。

"Scientific Name : Macropus Rufus"。

f:id:globalhead:20060121212934j:image

バナナ牛乳バナナ牛乳 2006/01/21 17:35 猫画像にとりあえずヤラれてみました。ちくしょう!
二日酔い、大丈夫っすか〜。雪、大丈夫っすか〜。
ヒキコモリは桃源郷の味です…*・゜゜・*:.(*´∀`)゜・*:.。..

「鼻のデカい女はすけべだ」って、宮藤さんが
ドラマとか映画とかCDとかで、よく言ってます。
FUMOさん、その女子には謝ったほうがいいぜ…(’A`)

globalheadglobalhead 2006/01/21 21:37 引き篭もってました〜。
「買い物行かなきゃな〜」とか思いつつ結局夕方までゲーム三昧…。
しかし引き篭もってても腹は減るというこの不条理。
そして二日酔いだったと言ってるのに今日も多分飲むのだろうこのしょうも無さ…。
例の女子はスケベだったのか…そうかそうだったのか…う〜む…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060121

20060120(Fri)

globalhead2006-01-20

[]自動改札 自動改札を含むブックマーク 自動改札のブックマークコメント

酔っ払っていたのであろうか、駅の自動改札の切符入れ口に一生懸命千円札を入れようとして当然入らず、途方に暮れているおぢさんを発見。心優しいオレは「それはお札ですよ、切符じゃないですよ」などと余計なおせっかいを焼いておぢさんの心象を悪くしないように努め、何も気付いていないフリをしながら改札を出てきたのであった。

多分おぢさんの頭の中では乗り越しの精算機と改札が混同されていたのであろう。だから”千円札”だったのではないか。一応想像が出来るから、これはまだましなほうであると思う。これがもしもお昼に食べ残した愛妻弁当のウィンナーソーセージや玉子焼きなどだったらヤヴァイ。切符入れ口に懸命に玉子焼きを押し込む五十代中間管理職。シュールである。

またはいつも通勤鞄にこっそり美少女着せ替え人形を潜ませた四十代男性サラリーマン(誰のことだ)。人形を切符入れ口に捻じ込もうとじたばたした挙句「momoたんが改札を通らないんだよう」と嗚咽し改札前で座り込む。猟奇である。

それとも自分自身を切符入れ口に入れようとしてもがく六十代会社役員。駅員の制止を物ともせず改札に懸命に頭を突っ込み、「オレを!オレを改札してみせろ!」と喚き散らし頭をガツンガツン改札に打ち付けているのである。狂気である。

このように、自動改札を切符や定期券以外のもので通ろうとしてはイケナイ、というのが今回のエントリーの教訓なのであった。皆さんもご注意ください。

[]図書館の話、その他の話 図書館の話、その他の話を含むブックマーク 図書館の話、その他の話のブックマークコメント

図書館に入り浸っていたのは本が好きだからという訳でもなかった。地方在住の高校生にとって、学校をさぼっても行くところなど他に無かったからだ。それにしてもよく学校はさぼっていた。今でもよく卒業できたと思っている。授業は受けないし試験勉強もしないからテストは全部赤点だったもの。教師も留年させるのが面倒臭かっただけなんだろうと思う。

学校に行かなかったのは単に授業がつまらなかったからで、教師も同級生もいい連中だったと思う。学校が嫌いだったとか何か問題があったからという訳でもない。覚えてもしょうがない念仏みたいな授業を聞いているぐらいなら、自分の興味のある本を読んでいたほうがましだと思っていたのだ。なんか宝島の別冊をよく読んでたな。サブカル系ということになるんだろうか。お陰で常識的なことは何も知らないが訳の判らないことならよく知っているイビツな頭になってしまった。だから高校の授業で出る程度の知識は、30を過ぎてからもう一度本で読んで勉強したぐらいだ。

高校では3年間ずっと図書委員だった。3年の時は委員長までやらされた。学校に行かない生徒会委員だったよ。あと映画研究会みたいのもやっていて、やはり学校にも行かず家で会誌作ってたりとかしてたな。あの頃からだらだらと長い文章を書くのが好きだったんだよ。文芸部で詩もかいてたなーうわああああ。

図書館に行かない時は町からかなり外れたところにある灯台まで出掛けて海を見てたよ。丘の上の誰もいない公園とかな。そこで好きだった本を何度も繰り返して読んでいた。やっぱり変わった高校生だったんだろうな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060120

20060119(Thu)

globalhead2006-01-19

[]装着型食事装置 ショクシ(SHOCK-C) 装着型食事装置 ショクシ(SHOCK-C)を含むブックマーク 装着型食事装置 ショクシ(SHOCK-C)のブックマークコメント

”ゲームをしながらお菓子をつまむ”行為には”コントローラーが汚れる”というアンビバレントな要素が付いて廻るのである。「じゃあ食べなきゃいいじゃない」というストイックさはこの際無視しておこう。数時間にわたってゲームをしていると軽食ぐらい取りたくなるが、かといってゲームも中断したくない、ゲーマーというのはかような罪深き存在なのである。今回ゲームコントローラーメーカーとして有名な『HORI』はその悩みを打ち砕く画期的なマシンを開発した。

スマートに、そしてエレガントに。

・ゲームをしながらお菓子をつまむ。そんなありふれた光景をスマートでエレガントなものにする新アイテムです。

・ワンタッチの装着で、もうコントローラやゲーム機をお菓子の屑や油でベトベトにする心配はなくなります。もうウェットティッシュは必要ないのです。

・スプーンとフォークのアタッチメントは、幅広いスナック菓子に対応。その美しいシルエットはあなたをセレブな気分にさせてくれるでしょう。

・アタッチメントは取り外して水洗いが可能です。常に清潔さを保つ事ができます。

・付属する「ワリバシアタッチメント」は、一般的なワリバシを装着する事を可能にしました。これによって、より細やかなスナックピックを実現しています。

・ゲームの域を越えて、読書やケータイメール、ネットサーフィンやネイルアートに至るまで、是非あなたのあらゆる場面で。

http://www.horistore.com/shop/item_detail.php?id=336

HORIってメーカーはこういうお茶目なものをすぐに製品化してしまうユニークな会社だ。ゲーマーの「ああしたいこうしたい」という細かなニーズに応え個別に製品化してゆく姿勢が好感度高い。ゲーム雑誌のファミ通で企画段階の製品を特集していたことがあるが、採算を度外視しているとしか思えない奇妙すぎる用途・形状のコントローラーの数々が愉快だった。頭柔らかいよなあ。

オレなんぞは菓子よりもビール片手にツマミポリポリでゲームだったりするのだが、特にPCゲームが困る。なんか食いながらキーボードとマウス操作していると、これも手を拭き吹きやっていてもやはり少し汚れてしまう。おまけにキーボードの上に菓子やら酒のつまみやらを落とした日には目も当てられない。っていうか実はしょっちゅうキーボードの上に何か落としているのである(おいおい)。キーボードの溝の中は多分恐ろしいことになっているのであろうと思う。

PCの場合はゲームのみに使用しているわけではないので後々メールなどを打ってるときに汚れたキーボードだと相当萎える。今回のアイテムはそんな場面にぴったりのものなのである。しかも説明書きを読むと”ネイルアート”な方にも便利とあるではないか。ネイルに凝られている女子の方にもおひとついかがであろう。またスナック菓子を食いながらの読書にも最適。”セレブな気分”で”スマートでエレガント”。老若男女、全ての方に、HORIの『ショクシ』。まさに福音である。

《装着例》

f:id:globalhead:20060119121928j:image

[]エスプレッソ!エスプレッソ! エスプレッソ!エスプレッソ!を含むブックマーク エスプレッソ!エスプレッソ!のブックマークコメント

会社の事務所にコーヒーマシンが登場したのである。自販機メーカーのレギュラーコーヒーマシンなのだが、試飲キャンペーンということで今のところ無料で好きなだけレギュラーコーヒーが飲めるのである。というわけでエスプレッソ好きのオレは早速エスプレッソ三昧である。朝な夕なに残業時にいつもそこにはエスプレッソ。素晴らしい。だいたい自宅にもエスプレッソ・マシンが欲しいと思っていたぐらいだからな。買おうかな。エスプレッソ・マシンでは”デロンギ”って名前のメーカーが有名らしい。それにしても名前が”でろんぎ”。なんかデロン、としているようなイメージが玉に瑕だ(そのまんまやないか!)。ちなみに”エスプレッソ”とは「早い」とか「急いで」とか言う意味らしい。たっぷり砂糖を入れるほうがいいらしいのだが、オレは何も入れずに苦〜〜いやつを主に飲んでいる。ちっこいカップでクイッと飲む。すぐなくなる。粋じゃああ〜りませんか。

デロンギHP:http://www.delonghi.co.jp/

f:id:globalhead:20060119122214j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060119

20060118(Wed)

[]17歳のカルテ 17歳のカルテを含むブックマーク 17歳のカルテのブックマークコメント

自殺未遂からボーダーラインケースと診断され精神療養施設に入院することになった少女の精神的軌跡。原作は実話であり、ベストセラーとなったスザンナ・ケイセンの回想録「思春期病棟の少女たち」。

境界性人格障害と呼ばれる心の病*1を扱った物語ではあるけれど、でもこれは悩みや苦しみ、世界との断絶についての物語として観るよりは、10代の少年少女たちが誰でも持つセンシティヴィティについての物語だととったほうがいい。主題は一見重たいのだが、物語の中心として描かれるのは主人公が療養所で出会った同じ病に苦しむ若者たちとの友情である。

また時代は1960年代後半、ベトナム戦争の影が色濃く漂う時代ではあるが、気にしなければいつの時代とでもとれる物語になっている。ここからも時代性が与える個人への精神的な重圧を描くものではなく、あくまで普遍的な青春の群像を描きたかったということが伺われる。

例えば精神療養施設と患者たちの物語としては、舞台劇から映画化されたジャク・ニコルソンの『カッコーの巣の上で』などが有名だと思うが、これは療養所をひとつの閉鎖された社会と捉え、管理社会と人間との相克として描いたものだったが、この『17歳のカルテ』ではやはり療養所は閉鎖された社会ではあるが、『カッコーの巣の上で』とは逆に患者たちの精神的避難所=サンクチュアリとして描かれている。

思春期にはホルモン分泌の作用によって精神も肉体も脳の構造さえ大きく変化してゆく。この時少年少女たちはそれまでの安寧とした子供時代から荒野のような現実世界へとぶち当たることになる。この葛藤や逡巡が大人へなる為の通過儀礼となるのだろうが、その揺れ動きがあまりにも大きいときに、彼らは世界も自分も傷つけようとしてしまう。しかし世界/自己の否定は新たな世界/自己を再構成しようとするからこそなのだ。そしてこの成長の痛みに耐えかねられなくなったときに人は病むのかもしれない。*2

この『17歳のカルテ』ではそんな心に傷を持った少女たちの交歓を描くものであるが、ことさら彼女たち個々の心の痛みをクローズアップするものではない。これは痛みについての物語ではなく、どのように自分と向き合いそして社会と対峙して行くかが物語の主題だと思うからだ。痛みはあったろう。しかしそれにだけかまけていては前には進めない。そして前に進むこと、それは”希望”する、ということだ。

なによりこの映画を心温まるものにしているのは同じ心を病む”仲間”たちの存在だろう。他人の痛みを理解することが、自分の痛みと向き合うことなのだろうと思う。この療養所はそんな彼女らの”保留”の場所であり、そこには現実とは違う時間が流れている。原題 GIRL,INTERRUPTED(中断された少女)にはそんな意味が込められているのだろう。この映画の世界にはどこか夏休みの寄宿舎のようなエアポケットに似た”大人になる執行猶予の時間”がある。共犯幻想にも似た、自分たちだけが共有する秘密の時間。なにがしか、この世界に軋轢を覚え傷いついたことのあるものなら、この映画のそんな”微温”が、懐かしい子供の頃の思い出のように、まどろみの中で見る夢のように、穏やかに心に沁みてくるのだろう。

しかしそんな日々もいつか終わる。退院した主人公の心に去来する寂寥感、それは病院の仲間たちとの別れであると同時に、”子供時代の終わり”に対してであったのだろうと思う。ちなみに、主人公の二人、スザンナとリサは、病院の外で、再び会うことができたのだそうです。

*1:境界例(境界性人格障害)になぜ「境界」(ボーダーライン)などという名前が付いたのかというと、最初のころ神経症と精神病の境界領域の症状を指して境界例と呼んでいたからです。しかし、今では境界性人格障害として一つの臨床単位となっています。症状は非常に多彩で、一見何の問題もないような人から、アダルト・チルドレンと言われるような症状や、リストカット(手首を切る自殺未遂)を繰り返すケースや、幻覚や妄想を伴って、まるで分裂病かと思われるような激しいものまであります。全体的には心の不安定さや急激に変化しやすい感情などが特徴です。"境界例とはなにか"http://homepage1.nifty.com/eggs/borderline.html

*2:実際は境界例の発症は幼児期に受けた精神的外傷から来るとされている。

ハ 2006/01/18 21:51 そっか、会えたのか、良かった(しみじみ)。

globalheadglobalhead 2006/01/19 06:48 うん、原作はそうなってるみたい。やっぱり気になってたもんなあ。

きりたんぽきりたんぽ 2006/01/19 12:46 アンジーのインタビューで、彼女は原作が大好きで、彼女自身も精神的な葛藤があったことがある。と語っていたのが印象的だった。映画のリサ役、はまっていたものな。
なぜだか、私の中で「マグダレンの祈り」と話がかぶっています。はい。

globalheadglobalhead 2006/01/19 18:14 アンジェリーナ・ジョリーはまり役だったね。ああいうケダモノっぽいキャラが似合ってるのかしらん。しかし今アンジーと噂のブラピも12モンキーズで精神病院に入院してるキャラではまり役だったし、やっぱりこの二人共通項あったのかも。
しかしアンジェリーナ・ジョリーってアンジェリーナって言ってもおかしいしジョリーって言ってもおかしいしなんかフルネームで言っちゃうのは何故なんだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060118

20060117(Tue)

[]F.U.M.O. F.U.M.O.を含むブックマーク F.U.M.O.のブックマークコメント

《The Cyborg Name Decoder》

http://cyborg.namedecoder.com/

レンヂャさん(id:aorenjar:20060116)経由で。ロボットに名前を付けてその名前のアルファベットでロボットっぽく本当の意味を作り出すジェネレーターである。たとえば《U.F.O.》が『美味い・太い・大きい』という意味みたいなもんね(ホントかよ)。これで《F.U.M.O.》ロボットを作ってみた。


Functional Unit Manufactured for Observation


○《F.U.M.O.: Functional Unit Manufactured for Observation》

・観測のために製造されていた機能的なユニット

…ということらしい。ほう。


しかしこれだけではつまらないので、オレなりに《F.U.M.O.》の意味を考えてみた。

○《F.U.M.O.》とは!?

不条理な 運命に翻弄され もはや お終い

…悲劇的な人生なのである。

○《F.U.M.O.》とは!?

不思議の森で うっとりと まどろむ 大橋巨泉

…倍率2倍!ドン!   

○《F.U.M.O.》とは!?

冬の 嬉しい 貰い物それは お歳暮

…オレはハム類が嬉しいです。

○《F.U.M.O.》とは!?

太った男は うんていにまたがり 腿をまさぐりながら 雄叫びを上げた

…怖いって。

○《F.U.M.O.》とは!?

ふふふ… うしし… むはは… おほほ…

…いつも愉快なFUMOさんである。

○《F.U.M.O.》とは!?

フォ〜〜〜! ウォ〜〜〜! ムォ〜〜〜! オリャ〜〜〜!

…これが一番《F.U.M.O.》的な気がする…。

[][]ダーリン・ブライス ダーリン・ブライスを含むブックマーク ダーリン・ブライスのブックマークコメント

ダーリング・ブライス

ダーリング・ブライス

フエタロさんのところ(id:Fuetaro:20060114)で見つけて購入。ブラ子のキャワイイ写真集。ショート・ストーリー、ブライス・ツアー、型紙など、いろんな洋服のいろんなブラ子が盛り沢山。興味のある方は手にとって見られてください。

aorenjaraorenjar 2006/01/18 17:48 サイボーグ増殖中ですね! フモさんならやってくれると信じてましたけど! 機械の体をもらいに銀河鉄道でれっつらご!(旅立ちつつ

globalheadglobalhead 2006/01/18 17:59 あーそうなのよ。オレもレンヂャさんにコメントしようと思ってた所なんだよ。サイボーグでTB3件も貰っちゃってね。でもこれ面白いもんなあ。もっと増殖しないかな。目指せ!はてな機械化帝国!

20060116(Mon)

[]バス男 バス男を含むブックマーク バス男のブックマークコメント

バス男 [DVD]

バス男 [DVD]

電車男」ではない。「バス男」である。原題は「ナポレオン・ダイナマイト」である。畑ばかりしかないど田舎の、ひたすらいけてない高校生の青春コメディである。いや、しかし、このナポレオン君は、本当に”いけてない”なのだろうか?

冒頭のタイトルバックではダイナーなんかで供されるようなアメリカの平均的な朝食の皿に製作者らの名前が記され、それが次から次へと出されるわけだが、このセンスがなかなかよくて、この辺から「これって可愛い映画なんじゃないか?」と思わせる。

そう、この映画、爆笑コメディというよりも淡々とした”キュートな”映画だったのである。主人公のナポレオン君はいつも口は半開きで喋る時は目をつぶる癖があってセンスの悪いTシャツは必ずズボンにタックイン!で、行動もなんだか変だったりたまにいじめられたりもする、言ってみれば”いけてない”子なのだが、映画ではそれをことさらクローズアップして自虐的だったり自嘲的だったりする笑いをとろうとはしないのだ。つまり”ちょっと個性的”ではあっても”いけてない”子としては描いていないのだ。”いけてない”事が何が悪い?というかじゃあ”いけてる”って何よ?ということをこの映画では問いかける。ナポレオン君の行動はこう言っている、『いいじゃん、俺は俺なんだから、誰かに自分の存在をお伺い立てたり認めてもらう必要がどこにある?』。

”自分”があるから対比だの格差など関係ない。特殊であることなどもはやどうでもいい。「電車男」はオタク=下流とエルメス=上流と規定してその対比とシンデレラストーリーが面白かったのだろうが、そういう格差を面白がるセンスはオレにはないのでこれもどうでもいい話であった。あと最近「トーチソングトリロジー」というゲイ映画を見直して、最初見たときよりも感動が薄かったのは、もはやゲイという”特殊”でさえどうでもいい、というか、ゲイさえもはや特殊じゃない、と見てしまうと、ごくありふれた恋愛映画にとれてしまったからだった。

自分は自分。無理に背伸びしたり優越感を感じたり劣等感を持ったりする必要なんかない。もはや”オタク”はことさらあげつらう物でも持ち上げる物でもない。そしてどれもが個的に尊重すべきものであるなら”サブ”カルチャーなど存在しない。それは数の多い少ないの問題でしかない。アングロサクソンの文化に対してナバホ族の文化をサブ=傍流の文化などといわないのと一緒のことだ。

それぞれがそれぞれの現場で生きればいい。自分に出来ることをすればいいんだ。ナポレオン君はちょっと変かもしれないが、映画を見ていくにつれ彼のチャーミングさが伝わって来る。クライマックスのダンスは、笑っちゃったけれど、でも感動した。彼は変だったが、友人のために自分の出来ることを精一杯やったからだ。それを卑下する理由はどこにもない。この屈託の無さ、これがこの映画の魅力であり、多数の支持が得られた理由なのだろうと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060116

20060115(Sun)

globalhead2006-01-15

[]眠る日々 眠る日々を含むブックマーク 眠る日々のブックマークコメント

風邪は治ったようなのだがまだ咳が抜けなくてなあ。どうも以前から喉は調子悪かったからなあ。やっぱり煙草か…。

この間は3日間臥せって寝ていたけど、不思議と無駄な時間と思えず、病気だとはいえ、久々3日間も寝れるなんて幸せじゃない、今まで寝なさ過ぎだったからなあ、などと妙にポジティブなオレ。というか、風邪引く前に気づけよ、という気もするが。一昨日も朝まで喋り倒して結局次の日は殆ど寝ていたが、やはりそれが無駄な時間だとは思えず。ああ、今まで何をそんなに焦って生きていたのだろう。時間貧乏性だったのかなあ。時間を何かで埋め尽くさないと生きた気がしなかったのかなあ。

やっととった夏休み、念願の海に出かけて泳いで泳いで泳ぎ倒して「ああああああ俺は夏を満喫している満喫しているんだああああ」と必死になって遊んだあげく心臓麻痺起こして死んだ若い奴の話とか聞くと、人間って貧乏性で死ぬこともあるんだなあ、とつくづく思ったよ。そうでもしないと生きているような気がしないんだろうな。

日頃を神経すり減らしながら仕事して、たまさかのレジャーをその反動で貪る様に過ごして、結局どっちかがどっちかの影なんだよな。そういう影って自分をどこかで貶めているような気がするけどなー、でもサービス残業だらけの生活って、人間磨耗するのも確かだよな…。影のない人生を送りたいものっス。

[]レゲエ漬けの日々 レゲエ漬けの日々を含むブックマーク レゲエ漬けの日々のブックマークコメント

Freedom Sounds in Dub

Freedom Sounds in Dub

マン・フロム・ワレイカ

マン・フロム・ワレイカ

ワレイカ・ダブ

ワレイカ・ダブ

Now

Now

相変わらずレゲエ漬けな毎日が続いております。おかげで怒涛のレゲエアルバム購入ラッシュとなっております。あ〜気持ち良い。もう正月以来本当に頭の中がハッピーやラッキーがいっぱいあるのよ状態であります。いいの。このまま突き進むの。

King Tubbyは以前も紹介しましたがジャマイカン・ダブのオリジネイターであり第一人者。ソウル・シンジケートのアルバムをダブ・ミックスしたこのアルバムも超強力で臓腑に響き渡る凄みのある素晴らしい出来。King Tubbyに駄作無し、と言っていいのかもしれません。右へ左へ、近くへ遠くへ、宇宙から魂へ、変幻自在に空間を駆け解体し構築される音の響きはダブの真骨頂であります。

RICOはジャマイカでレゲエ以前のスカ・ミュージックが胎動し始めたころからのベテラン・トローンボーン・プレイヤー。イギリスに渡った後、一時はツートーン・スカのスペシャルズのメンバーとしても活躍していましたが、このソロでは高い精神性を感じさせるラスタファリアン・レゲエを聴かせます。名作だあ。スターウォーズのテーマ・レゲエ・バージョンがちょいとお茶目!

King Tubbyがダブの創始者だとすればU-Royはそのカラオケ・サウンドに”DJスタイル/トースティング”という独特の喋りを乗せてダンスホール・レゲエのグルーブを生み出した最初の人。この”DJスタイル/トースティング”はその後のラップの原型になったとも言われるプレイ・スタイルでもあります。そしてこのアルバムはオレがiTune Music Storeで今回初めてダウンロード購入したもの。レゲエの古いアルバムって探せばあちこちでD/L購入できるんだよなあ。もっと早く知っておけばよかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060115

20060114(Sat)

[]DEAD OR ALIVE 4 (XBOX360) DEAD OR ALIVE 4 (XBOX360)を含むブックマーク DEAD OR ALIVE 4 (XBOX360)のブックマークコメント

デッドオアアライブ 4 - Xbox360

デッドオアアライブ 4 - Xbox360

XBOXと言えばデッド・オア・アライブデッド・オア・アライブといえばXBOXである。

実際のところ、最初はこのゲームにもテクモという会社にも中途半端なものしか感じていなかった。よく言って柳の下の2番目3番目、オリジナリティのかけらさえないと思っていた。いや、今このゲームを見てもオリジナリティがどこにあるのかはわからない。3Dポリゴンの格闘ゲームとしてはまず先達としてバーチャファイターがあり、その後発として鉄拳があったが、操作法と技の体系、物理レベルでのリアルさからそれぞれはきれいにユニーク化されていたと思う。それは後発となったナムコの、同じ3D格闘という土俵でも出来るだけバーチャと差別化されたゲームを作りたい、という開発者の意気込みによって成し得た成果だと思う。そしてこれら練りこまれたシステムを持つ2つの3D格闘ゲームと比べれば、DOAは当初「模倣」「バッタもの」の範疇を出ていなかったのではないかと思う。そしてせいぜいが可愛いオネーチャンをキャラの中心に添えただけのこのゲームが、逆にこのオネーチャンがメインであると言うことに開き直った時に、このゲームは差別化されたのであろう。いや、それしかなかったんだけどさ。


たとえば最近で出た「ランブル・ローズ」や「アーバンレイン」はやってないけどDOAなんかよりずっと優れたシステムとオリジナリティを持ったゲームなんじゃないかな、という気がするんですよ。ただね。XBOXで出てない。いや、PS2は持ってますが、XBOXである、ということがこの際重要なわけで、つまりはDOAってXBOXの中で目立つんですよね。そのしょうもなさが。なんですか、あの「DOAビーチバレー」って。開き直ったよなあ。その開き直りの潔さが実はDOAへの好感度へと繋がった訳です、オレの場合。実はDOAは、「ビーチバレー」が出たときに「ビーチバレー」を買わずにこっちを買った、という経緯があるぐらいで。「分かった、あんたの根性には負けた」という部分があったのでしょう。そして、苔の一念、とでも言えばいいんでしょうか、遂にはハリウッドで映画化されるではありませんか。スゲエ…。


このDOA4でもいつも通りキャラは垢抜けないアニメ顔で、システムも技もどこかで見たようなもんなんですが、ここまで来ると独自の世界になってしまっており、もはや批評や批判をするのが野暮なのではないかとさえ思えてきます。あれはあれでいいんです。つまり周りから何を言われようと、やり続けることが肝心なのだな、と、なにか人生さえ教わってしまうようなゲームなのです。例によってXBOX360の画面は綺麗です。オネーチャンの胸の揺れも、ポリゴン数上がってるような気がします。オープニングのかすみちゃんの演舞の動きはびっくりするほどしょぼいですが、でもやはり、あれはあれで、いいんです。なぜなら、それが、DOAだからなのです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060114

20060113(Fri)

globalhead2006-01-13

[]そして妖精の森からやって来たブラ子なの そして妖精の森からやって来たブラ子なのを含むブックマーク そして妖精の森からやって来たブラ子なののブックマークコメント

森の草花についた朝露をあつめて

クリスタルを作るのが私の仕事

いつもしずくばかりを眺めていたから

瞳も髪の毛も睫も きれいなしずく色になってしまったの

朝日が昇ってしずくが消えてしまったら

マントを羽織って家にかえりましょう

えー、世知辛いこの日記に毎度違和感を漂わすブラ子なんである。「なんでお人形なの?」とか「なんで文字がピンクなの?」などと訊いてはいけないのである。まあ、そもそもこの日記を読んでおられる方はオレに常識的な物言いが無理であろうことは察していただいていると思うので、何も気にせずカモンレッツゴーなのである。


今回のブラたんはトイザらスのオンラインショップ(ちなみにカテゴリーは「女の子のおもちゃ」だゴルァ!)がオーダー開始即完売で、あわててCWC(クロスワールドコネクションズ。http://www.cwctokyo.com/アジアのブライスの代理店。《化学兵器禁止条約(CWC)》とは何の関わりも無い。)で購入したという人気商品なのである。プチブライスの人気商品はオーダーさえまかりならんという状態なのである。店頭でもあんまり見かけないような気もするしなあ。そういう売り方なんだろな。


さて。今回ブラたんは妖精たんなのである。オレも実は見たことがある。1週間連日連夜飲み明かした最終日に。あのままあの妖精たんに付いて行けば、オレはパラダイスに行けたのだろうか。また話が逸れた。オレのゲロゲロのリアル漬けなキッツイ記述を読ませるよりはやはりキャワイイ紹介文を転載したほうがよさそうだ。


フェアリーガールの双子ちゃんのような白い妖精が誕生しました。プチブライス初のブルーのまつげで登場です。透き通るような色白の肌に淡いピンクのリップが映えます。

背中についた羽根はマジックテープで取り外し可能ですのでコーディネーションも広がります。


…とまあ、そういうことなんだよ。なにしろ妖精たんだからお洋服もお靴もファンシー&キューティーなのだよ。ふわふわぴかぴかしてるんだ。頭には花飾りなんだよ。そして、蝶々のようなお羽が付いているんだよ。可愛いじゃないか。多分この”可愛い”という意匠は、オレの現実とは一切関わりが無いから、だからこそオレはブライスというものを愛しているのかもしれないな。


f:id:globalhead:20060111002729j:image f:id:globalhead:20060111002748j:image

f:id:globalhead:20060111002809j:image f:id:globalhead:20060111002824j:image

ハ 2006/01/14 00:30 驚愕ブラ椅子三連荘。やるな、おぬし。

globalheadglobalhead 2006/01/14 10:58 いったい何の日記なのか読者を誰に想定しているのか書いている本人もわからなくなってきております。…でもいいの、だってキャワイイんだもの…。
(と、ブラ子の話をしておいてからグログロ殺戮ゲームをしに戻るオレ。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060113

20060112(Thu)

[]セレブ御用達のスペシャルブラ子なの セレブ御用達のスペシャルブラ子なのを含むブックマーク セレブ御用達のスペシャルブラ子なののブックマークコメント

ジェーンマープル・ブライス抽選販売!

現在発売中の「Dolly*Dolly vol.9」に掲載されている「ジェーンマープル・ブライス」4体を代官山のショップ「Junie Moon」店頭にて抽選販売いたします。

ジェーンマープルオリジナルデザインのドレスに身をつつんだ、どれも世界にたった一体だけのスペシャルカスタマイズブライスです!

抽選箱設置期間は2006年1月10日(火)〜2006年1月22日(日)までです。

価格:各175,350円(税込)

※申し込み受付は期間内に店頭でのみ行います。郵送やメール等でのお申し込みは出来ませんのでご了承ください。詳しくは店頭にて。

http://www.blythedoll.com/jpn/news/

興味のない方にはどうでもいい記事だとは思いますが、まずはお値段のほうを見てください。175,350円ですよ175,350円。じゅうななまんごせんさんびゃくごじゅうえんですよ。いやあ。まあ、普通の方の反応は「おおっと、お人形に17万円かね。こんな高いもの、買う人がいるのかね」だと思いますよ。しかしね。冥府魔道に生きるFUMOさんはといえばこの記事読んで、「グフフ…貯金下ろせば買えるじゃねぇの…」なんだなこりゃ。なあに、車買うより安いじゃねーの!ビビらないビビらない!なにより見て下さいよこのブラ子の端正な造作を。美麗かつ繊細な作りを。ゴージャスでありながらポップでもあるフィーリングを。ああ…いいなあ…ホスィなあ…。いや、買わないけどね、買わないけどさあ…。…いいなあ…キャワイイなあ…。

f:id:globalhead:20060111002848j:image f:id:globalhead:20060111002855j:image

f:id:globalhead:20060111002942j:image f:id:globalhead:20060111002955j:image

[]眠れぬ夜にブラ子が訪れるの 眠れぬ夜にブラ子が訪れるのを含むブックマーク 眠れぬ夜にブラ子が訪れるののブックマークコメント

この間風邪っぴきで風邪薬買おうかと思って薬局に行ったんですね。そうしたら。胃薬や目薬の間に挟まってブラたんがいらっしゃるではありませんか。「おおおっ!これはっ!」よく見るとこれ、《ドリエル》という睡眠改善薬で、ブライスはそのイメージキャラクターのようなんですね。そして、今回、このドリエル発売2周年記念プレゼント!として、《ソーラーパワーで点滅するブライスストラップ》がついているのではありませんか!やた!…しかしね、オレ、自分で言うのも何なんですが、すっっっごい寝つきがいいほうなんですわ。というか、そもそも寝ようとしてないから、寝るとすぐ眠れる、という、なにか理屈として間違っているような理由なんですがね…。だからねえ、”睡眠改善薬”なんか買っても使い道が無いんですわ。無いんですけど、ブライスのストラップはホスィ。こういう時はどうするか?…買えばいいんだよ!という訳で今現在オレの部屋にはブラたんのストラップと、使い道のない薬がある、という訳なんである。ちなみにお値段は¥1900…。「伊達や酔狂でやってんじゃねえ!」という啖呵の切り方がありますが、オレの場合「人生は伊達と酔狂だけだ!」って感じですな。…いーんだよぉ!

f:id:globalhead:20060111003012j:image f:id:globalhead:20060111003047j:image


※ちなみに《ドリエル》という薬は”睡眠改善薬”となっているように”睡眠薬”ではありません。風邪薬などに使われている抗ヒスタミン剤の眠気を催す副作用を逆に薬効としたものなのだそうです。薬は用法・用量を守って正しく使用しましょう。ピンポーン。

「他では聞けないくすりのはなし」http://d-inf.org/drug/drewell.html

バナナ牛乳バナナ牛乳 2006/01/12 19:12 か、かわいいねえ。ポーズも素敵だけど
なんか、瞳がね、ちゃんと流し目ってるのがすごい。
その辺のアイドルでもこれは真似できない。
ヘアスタイルも凝ってるし、服はもちろん可愛いし。
momokoもいいけど、ブラ子みたいな女の子も憧れるぜ.。゜+.(・∀・)゜+.゜

globalheadglobalhead 2006/01/12 22:07 グフフ、すっかり魅せられたようだなバナナ牛乳!ネオブライスは背中の紐を操作することで4方向の視線の4色の目に変えることが出来るとですよ。しかし確かにブラ子の流し目っていいんだよねえ。DOLL系の雑誌って何冊かあるから、バナナさんも興味が沸いたようだったらこの「Dolly*Dolly」あたりとか見てみるといいかも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060112

20060111(Wed)

[]竹中直人の恋のバカンス DVD-BOX 竹中直人の恋のバカンス DVD-BOXを含むブックマーク 竹中直人の恋のバカンス DVD-BOXのブックマークコメント

1994年7月からテレビ朝日系列で放送された「竹中直人の恋のバカンス」は、日本の深夜を騒がせた、30分間のネオバラエティ番組。水曜深夜という時間帯にも関わらず、平均視聴率6%を叩き出し、カルト番組として人気を集めた。
本作は、全20回の放映分から傑作コントをセレクションした、ファン必携の4枚組BOX。「ナンの男」や「ショスタコビッチ三郎太の部屋」「流しの二人」「五人の若大将」「とっくりブラザース」

といった、番組の代表的なコントが収録されている。
http://edigi-movie.depart.livedoor.com/item_detail&id=1931255.html

当時は竹中直人って俳優や映画監督もこなすが基本的にお笑いの人なのかなあなどと思っていたな。この『恋のバカンス』も深夜放送でやっていたのを数回観たけれど、深夜って苦手なんでそんなにきちんと観てはいなかった。それでもこの番組の基本キャラ?である”ナン男”は実に奇天烈かつシュールなキャラクターで目を引いてました。着流し姿にパンチーマ、 そして両手に持ちきれないほどの大量のナン!そう、インド料理のナンです。これをあたかもタオルを肩にかけるみたいにバサッと両肩に掛けるんですね。なんでナンなのか?なんで喋らないのか?ナンを落とすと何故泣くのか?時々”蝉”食ってるけど大丈夫なのか?大体どうやって生きてて何処に住んでいるのか?…等など、何一つ説明もなくナン男のコントは進んで行きます。そもそもパンチパーマで着流しでナン、という段階で怪しすぎます。訳が判らないんです。なんだか時代や流行なんか超越していて、今見ても妙なキャラなんだよなあ。

あと何故かレギュラーで出演していた片桐はいりにずっと目が行ってしまうオレであった。片桐はいり、オレが言うまでもないけれど、顔でかいよなあ。南伸坊そっくり、というか南伸坊本人なんじゃないか、と思わせるほど、少なくとも遺伝情報の殆どの部分が似通ってるような気がするよなあ。おまけに背が高い、背が高いから実はスタイルがよく見える。あとあの乙女刈り?のヘアスタイル…。うなじが綺麗で…っておいオレひょっとして片桐はいり萌えだったのかっ!!??

ちなみにDVD-BOXの初回限定版(通常版よりもちょっとお高い)には実物大”ナン”ストラップが付いていたらしい。実物大ナンストラップ!殆ど嫌がらせみたいなものだが、真の”恋バカ”ファンなら躊躇わずに携帯に装着!草履の様なナンを豪快にブラーンブラーンさせながら電話しまくればいい!「どうだ、これがナンさ、これがナンなのさ!」と誇りながら!(会社の欺史が間違ってこちらを買ってしまい、どうにも扱いに困り途方に暮れているという…。「ええっ!こんなのいらないからもうちょっと安いほうがほしかった!」とか言うとりました。)

azecchiazecchi 2006/01/11 18:32 この番組ってそんなに人気あったんですねえ。僕も大好きでしたけど。そうそう、蝉食ってたよ竹中さん。腹抱えて笑うというよりは、わけのわからない竹中ワールドにどっぷり浸かる快感って感じだったように思います。

globalheadglobalhead 2006/01/11 19:40 その通りですねえ、不思議〜な世界ですね。どこか小舞台のようなコンセプトだったのかもしれません。「五人の若大将」とか「とっくりブラザース」とか、面白いというよりはまず最初のビジュアルイメージが妙、ということ(だけ)で成り立っているもんなあ。オレも熱心なファンでもなかったのにこれ買っちゃったのは、この”妙”さがどうにも引っ掛かってたんだろうと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060111

20060110(Tue)

globalhead2006-01-10

[]大雪山系人食い白熊伝説(ってか風邪引いてたんだが) 大雪山系人食い白熊伝説(ってか風邪引いてたんだが)を含むブックマーク 大雪山系人食い白熊伝説(ってか風邪引いてたんだが)のブックマークコメント

風邪引いて寝てたあるよポコペン。土曜日から調子悪かったんだが休日出勤の要請が出てたので嫌々出てったら悪化してしまいそのまま日曜月曜と3日間ぐらい寝込む羽目になったぜオーマイハニー、ハーマイオニー。語尾がおかしいのはまだ熱があるからなのさ、太陽が黄色かったからさ、子供時代のトラウマなのさ、そして犯人は必ず執事なのさ、オーマイダーリン、クレメンタイン。


いや、それ以前から日本語として怪しい文章書いていたから熱があろうがなかろうが同じことだということなのかね、どうも顔がアラブ人顔だという噂もあるしなあ、案外FUMOさんの本名はアブドゥル・ハッサンとかそういうのだったりしてな。そんなわきゃないが。生粋の北海道人だべさ。道産子だっぺさ。以前オレが北海道人だと知った女の子に「FUMOさんって…アイヌ人なんですか?」などと質問されたことがあったが…。それは東北出身者に「ナマハゲですか?」、関西人に対して「吉本興業ですか?」と質問しているようなもんだと思うぞオイ。


同じように「FUMOさん北国出身なのにスキーが下手糞ってどういうことですか?」と訊かれた事もあったがな。「スキーが上手く出来ないと冬に外出るとき苦労しませんか?学校に登校するときはスキーなんでしょ」って、あのなあ、雪国にはスキーなんかよりも便利な”がんじき”というものがあってな、これを履いていれば雪道なんかスタッドレスタイヤよりもガッシリ踏み締められるんじゃい、…などと書くとまたそれを信用する方が出てくるんだろうなあ、あのう、嘘ですよ、そんなものしてませんよ。してませんよってば。ってかな、オレがスキーが下手なのは単にオレの運動神経が切れているからだけなのじゃああっ!嫌いだああ!スキーなんて大嫌いだああっ!!(ああっそんなに興奮しないで…歳なんだから血圧が…)


そういえば以前、内地(本州の人間をこう呼ぶ)の人間をだまくらかそうと思って、「オレの実家のほうは冬ともなると流氷が大挙して押し寄せるべさ。で、10年に1回ぐらいは、ペンギンの氷漬けが流れてくることもあったべさ」などと言ったら、これはだいたい騙されたなあ。悪乗りして、「さらに数十年前、白熊が流氷を渡って町にやって来てしまい、腹をすかせた白熊が地元の小学生数10人を血祭りに」とか言ったら、それは嘘だろ!とあっさり見抜かれてしまいました。くそう、そのあと話はまだ続いていて、その人食い白熊は熾烈な山狩りを逃れ、大雪山*1の方まで逃げ延びて、今現在も北海道の山奥で生態系の長として君臨しているという…というような話になるはずだったのにな。ただね、これはね、本当の話なんだけれど、オレの地元ってアザラシがやってくるのですよ。で、そのアザラシを捕まえてペットにしている人がいて、朝はそのアザラシに首輪つけて町内を散歩させていたという…。(以前ここで書いたな。)


そんなことよりオレの風邪の話がどうして人食い白熊の話になるんだよ…。「皆さん健康には気をつけましょう」という常識的で一般的で当たり前な話の展開がどうしてできないんだよオレ…。まあ、3日も寝てたんで本人も訳分からなくなってるようなので勘弁してあげてください…。しかしまあ、ここまでグダグダ文章書けるというのは多分治ってきてるんだと思いますですハイ…。いやあ、3日も寝るとだな、足は弱る首は痛くなる、寝てばかりだとろくなことにならんな。逆に眠るのは気持ちよかったな。そもそも睡眠に快楽を求めないたちだからなあ。やはり今年の抱負「ちゃんと寝る」をこの辺から実地に示したということかな。それと、あんだけ臥せってたのに体重計乗ってみたら全然減ってないのが納得できない!という訳でええと、…「皆さん健康には気をつけましょう」。シーユーレイター、アリゲイター。

[]萌え死ね。萌え死ぬがよい。 萌え死ね。萌え死ぬがよい。を含むブックマーク 萌え死ね。萌え死ぬがよい。のブックマークコメント

俺ヘッドライン(http://www014.upp.so-net.ne.jp/wanko/)さまのところから。

パンダブログ。以前大量のパンダが転がっている写真が出回っていたが元はここなのか?

http://www.pandafix.com/

動画まである。萌え死になさい。

http://sandiego.cox.net/cci/apvideo/0102dvs_china_pandas_ISDN.mov

浮遊犬。

http://video.google.com/videoplay?docid=1524564999742570044

*1:大雪山(だいせつざん、たいせつざん)は北海道中央部にそびえる火山群の名称である。全国的には「だいせつざん」と呼ばれることが多いが、北海道ではまず間違いなく「たいせつざん」と呼ばれる。先住民・アイヌは「ヌタップカウシュッペ」と呼び、信仰の対象としてきた。一つの山ではないことを明確にするため、大雪山系という呼称もしばしば使われる。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9B%AA%E5%B1%B1

バナナ牛乳バナナ牛乳 2006/01/10 20:56 基本的には犬か猫にしか萌えない性質なの!
だからパンダなんかには萌えないの!
ほら、やっぱり萌えないもん……なんてヒネつつ眺めていたら
………壁からカオ半分出しパンダに……萌えました。

globalheadglobalhead 2006/01/10 23:25 わはは。罠にかかったなバナナ牛乳!やはりバナナ牛乳も人の子女の子だな!この際認めてやろう!どれどれ、どれが”壁からカオ半分出しパンダ”…あ…いやんキャワユイ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060110

20060108(Sun)

[]ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!! ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!を含むブックマーク ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!のブックマークコメント

ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!DVD-BOX

ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!DVD-BOX

そろそろ正月気分も抜けてきた今日この頃。正月といえばTV見てごろごろ、みたいな方も多いのかもしれない。そういえばオレにとってお正月番組といえば紅白でもかくし芸大会でもなく、この「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!」だったのである。

1989年1月2日から1996年4月6日にかけて放送された日本テレビの特別番組で、カースタントや火薬を使って爆破させる企画が多く、芸人達が体を張って挑戦した。ダチョウ倶楽部や出川哲朗にとってはこの番組で出世したと言っても過言ではないだろう。

出展:wikipedia『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』

しかし、Wikipediaってなんでも載ってるなあ…恐るべしWikipedia。今回DVD-BOX発売ということで勇んで買ったが、いやー、無茶苦茶でござりますなあ。スゲエ。昨今のアメリカの殺伐サイテー番組『Jackass』の10年先を行っていたと思われる(いや、原典なのか?)ハイパーお下劣&体を張ったサディスティックな笑い。当時も腹を抱えて笑っていた覚えがあるが、『Jackass』と違うのは殺伐としていない所かな。結局『Jackass』がアメリカ高度資本主義社会の吹き溜まりとしてのアウトローが生み出した笑いだとすれば、『お笑いウルトラクイズ』は80年代バブルからも見放された貧乏芸人のバブル崩壊を嘲笑う為の掃討作戦だったのだろうな。まあそもそもお笑い芸人なんてアウトローなんだろうと思うし、お茶の間の人気者なんて温い幻想の極北を、TVで出来るギリギリの所で放送して見せたこの番組は時代の仇花とはいえ確かに引導を渡していたような気がする。

それにしてもなんで終わっちゃったかなあ、やっぱり誰か死んだからかなあ、などと思っていたが、前述のWikipediaによると低俗番組として視聴者からものごっつクレームが来たかららしい。日テレ上層部から番組プロデューサーに処分が下ったりもしたとか。へえ。良識あるクレーマーの皆さんの一致団結で終了したわけですか。世知辛いですねえ。当時社会にも他人にも馴染めなかった落ちこぼれのオレが、せめてものよすがとしていたのはこういうお笑い番組で、「なんだ、結局みんなくだらねえことじゃねえか」と笑うことが出来たから救われたというのに、社会の一枚岩というのはそれさえも許してくれないんですねえ。いやはやなんとも。お笑いでも音楽でも何でもエクストリームな表現というのはそういった社会と衝突したその跳ねっ返りの度合いの強さが即ち表現につながったものだと思うんですが、それさえも封印してしまってはあとは鬱屈するしかないんではないですか。そして鬱屈した社会というのは…。

[]13のショック / リチャード・マシスン 13のショック / リチャード・マシスンを含むブックマーク 13のショック / リチャード・マシスンのブックマークコメント

13のショック (異色作家短篇集)

13のショック (異色作家短篇集)

早川異色作家短編集の四巻目はリチャード・マシスン。…すいません長編読んだ事ありません…。ただこのリチャード・マシスン、名前は結構聞く作家で、それはアメリカのSFTVシリーズ『アウターリミッツ』の脚本作家で、これが『X-FILE』などのTVヒットシリーズの元になったのだとか、『ヘルハウス』など映画の原作本になった作品を手がけていたとか、どちらかというと作家というよりヴィジュアル・エンターティメントの原案者というイメージが強いんだよな。この短編集もSFドラマの原作になったものが多いようだ。

ただ作品の質としては、やはり古き良き時代のSFのものというか、原型的であるために作品のプロットがその後いろんな映画小説に使いまわされていて、この短編集だけ読んじゃうと新鮮味を感じないかもしれない。「これは次元断層だ!」とか「これはタイムパラドックスだ!」とか、お話の流れが四の五の言わずにすぐSFになっちゃうところなんて今読むと微笑ましい。読んでいてなんとなく藤子不二雄のSF短編を連想しちゃったな。

そんななかで面白かったのは『忍び寄る恐怖』。”カリフォルニアは生命体だった!”という奇想天外な着想の元に、アメリカ全土が次第にカリフォルニア(的なもの)に侵略・感染してゆく!という、恐怖というよりもホラ話なんだが、カリフォルニア病に罹った人たちの奇行のようすや、汚染を食い止めるための人々の右往左往があまりにも馬鹿馬鹿しいスラップスティック。『種子蒔く男』はとある町に引っ越してきた”黒いせぇるすまん”みたいな男が巻き起こすパニックの様子を描いた黒い短編。これは今でも面白く読めるかな。

[]寝てました 寝てましたを含むブックマーク 寝てましたのブックマークコメント

どうやら風邪にやられたらしく、今日は1日寝ておりました。上のエントリは正月に書き溜めた奴ですね。風邪引いたときぐらい更新休めよオレ…。

そういえば日記のデザインをちょっと変えたんであった。どうでしょうかね。

rinjirinji 2006/01/08 17:28 お大事に〜。明日もお休みですから、たっぷりと寝て直しましょう。

globalheadglobalhead 2006/01/08 17:31 すんません。でもPC立ち上げられたのでなんぼか良くなったのではないかと。朝から何にも食べてないので腹減ってます。明日も寝ときますっ。

バナナ牛乳バナナ牛乳 2006/01/08 18:08 日記デザイン、あったかい感じがして素敵ですわよ奥様。
ドット模様が大好物のわたしにはたまらんちん。
風邪、お大事に(*゜∀゜)っ薬

globalheadglobalhead 2006/01/08 18:50 ありがとうでゴンス。日記始めたころはスチール・グレイのメタリックなデザインだったんですよねえ。オレのセーシン的な変遷を伺わせます。あとなにげにオレンジ色って好きなんです。
風邪早めに治したいですねぇ…ぐじゅぐじゅ。

20060107(Sat)

globalhead2006-01-07

[]2005年の反省と2006年の抱負バトン 2005年の反省と2006年の抱負バトンを含むブックマーク 2005年の反省と2006年の抱負バトンのブックマークコメント

イトちゃん(id:itopさん)から”反省と抱負”バトンを戴いたのである。しかしこの歳になると人間が反省だけで出来ているような体たらくで、これだけ反省しても大成しなかったのは反省の仕方が間違ってたのかそもそも反省など役に立たない人間なのかどちらかなのだろう。抱負にしても「取りあえず生き延びる」とか人間として最低ラインのことしか思い浮かばないような暗澹たる目標を掲げ、そして年末になると「ああ、今年も生きていた…」などと本当に涙に咽ぶような有様で、いったいオレはどんな生活してるんだ、と深く頭を垂れる年末年始なのである。まあそんなオレではあるがつらつらと”反省と抱負”をしたためてみよう。

Q1:2005年いちばんの「頑張った」

はてなの更新だ!

…しかしあれは頑張ったというよりははまっていた、といったほうがよいかもな。なんかこう、現実的にプラスになるようなことは…何か頑張ったっけオレ?(非現実的な奴なんです…。)

Q2:2005年のいちばんの「ヨカッタ」

ヒ・ミ・ツ!

…と言いたい所だがそれもなんなので、あえて言うならはてなでいろんな人と知り合えたことかな。

Q3:2005年いちばんの「大失敗・・・」

忘れた!

…失敗したとしても忘れている。そう、オレは学習能力ゼロの男なのだ!

Q4:2005年やりのこしたこと

ゲームだ!

…買ったままやらない。クリアしてないゲームが多すぎる。やる暇がない。何をやってるかというと…日記の更新だ!

Q5:2006年書初めするならこの一言(しないひとも)

ぬるぽ」!

…ってネタかい!書初めといえば、オレ左利きなんですが、お習字だけは右手で書かないと形になりませんでしたね。

Q6:2006年の抱負

やってやる!

…何がだよ、と訊きたい所ですが。とりあえずの目標としては睡眠時間を増やす、これにつきますな。あと酒の量を減らしたいとか体重を減らしたいとか貯金を増やしたいとか、なんか小市民的でいじましい夢ならありますが。スケールの小ささがなんともオレらしいですな。

Q7:みなさまへご挨拶

見捨てないでください。

Q8:バトンを誰にまわそうか??

id:nigellanoireさん、id:HelloTaroさん、id:miahさん、id:washburn1975さん、id:aorenjarさんでドゾー。スルーOK!

…ううん…。こんなんでいいのかオレ?どうでしょうイトちゃん。

[]ツキアイゲノム2 ツキアイゲノム2を含むブックマーク ツキアイゲノム2のブックマークコメント

レンヂャ(id:aorenjar)さんから《ツキアイゲノム2》の結果UPしてみせてよう、という要請があったのでおくらばせながらちょいとUP。《ツキアイゲノム2》というのは性格診断みたいなやつかな。

以下に結果などを。

続きを読む

itopitop 2006/01/07 17:08 Q3、一緒ですね〜w忘れますよ。忘れましょう。(懲りてない)
Q7、もちろんですとも!!
ありがとうございました☆フモさんならではの御解答だったと思います。今年も変わらずゴーイング・フモ・ウェイを貫いてください。

ツキアイゲノム…結構当たってるのではないかと思いますよ!?

globalheadglobalhead 2006/01/08 08:42 そうです。人間反省したら負け。アホだろうがタコだろうが自分を貫き通したほうが結果的に周りを認めさせるものだと思ってます。いや、認めさせるというより周りを諦めさせるというか…。という訳でFUMOWAYをこれからも歩んで行こうと思うぜ!見ててくれイトちゃん!

20060106(Fri)

globalhead2006-01-06

[]レゲエづくしの日々 レゲエづくしの日々を含むブックマーク レゲエづくしの日々のブックマークコメント

ヤヴァイ。去年の年末からずっと正月にかけてレゲエばっかり聴いておった。多分気分的にいい感じの正月だったに違いない。


レゲエはオレが中高生の頃から流行り始めておった。初めて聴いたのはジミー・クリフの『ミーティング・イン・アフリカ』という曲だ。あの頃はピンク・フロイドキング・クリムゾンやイエスなんぞが好きな憂鬱なプログレ少年であったが、レゲエという言葉もワールド・ミュージックという言葉もまだ知らないオレにとってジミー・クリフの明快なリズムと伸びやかでソウルフルな歌声は未知の領域であり、そして衝撃的な音であった。ソウル・ミュージックさえまともに聴いたことのないガキンチョだったオレの、初めての黒人音楽体験だったと言ってもいいかもしれない。


もはやリゾート・ミュージックのひとつのように語られるレゲエではあるが、しかし1980年代、レゲエはパンク・ミュージックと共に語られることが多かったのではないかと思う。ラスタファリズム、エチオピア回帰(約束の地ザイオン)、黒人運動家マーカス・ガーヴェイ、象徴としての神(ジャー)・エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ祇ぁ⊃脆訛慮海罰仞辰琉戮瞭散颯ンジャ=マリファナ、幻惑的なダブ・ミュージック。当時レゲエとは”レベル・ミュージック=革命の音楽”であり、パンクと同じくアナーキーな熱気に満ちた音楽だったのである。(参考:ラスタの歩みとその信仰世界 http://homepage2.nifty.com/tipitina/RASTREV.html


しかし当時10代だった子供のオレの耳にはまだレゲエというのはリズム的に難解な部分があってね。名盤と呼ばれたレコードを買い漁ったのだけれど、実はピンとこなかったものが多かったな。ジャマイカものよりブリティッシュ・レゲエのほうが判りやすくてよく聴いていた。特にスカは好きだった。といってもジャマイカンオリジナルではなくて、ブリティッシュ・ニューウェーブの一端として流行った2TONE-SKAと呼ばれる白人黒人混成のスカね。スペシャルズやセレクター、マッドネス、ザ・ビート。あれははまりました。どうもひねくれ者だったのか、ボブ・マーリィはそれほど聴かず、ダブ・ミュージックを漁ってはよく聴いていた。ダブの手法というのも当時のブリティッシュ・ニューウェーブと呼ばれるロックにはよく取り入れられていて、ダブを聴く、というのは新しくてカッコイイ感じがしたんだんね。うん、オレ、結構いいカッコしいだったんだよ。


レゲエで面白いなあ、と思ったのは、ドラムのみならずギターもベースもすべての楽器があたかもパーカッションのように使われている、ということかな。それとダブ・ミュージックというのは極端なリバーブやエコーが聴覚の残響音による空間認識を混乱させるという部分で幻覚的な音楽として成り立たっているんだろうなあ。


あれからレゲエ・ミュージックとは付かず離れず、聴かないときは全く聴かないのだが、聴きだすとそればかり聴いている、という変な関係だ。夏はレゲエだ、という言い方は脳天気で嫌なんだけど、やっぱり夏になると聴いちゃうな。そして今、正月はレゲエだ!になっちゃった、というわけですかね。そうです、正月こそレゲエなんです!


ゆったりしつつもサクサク刻むリズム。伸びやかで風通しのいいスカスカした音。レゲエの音みたいに生きられたらいいのにね。

[]という訳で最近買ったCD という訳で最近買ったCDを含むブックマーク という訳で最近買ったCDのブックマークコメント

Africa Must Be Free

Africa Must Be Free

Meet King Tubby

Meet King Tubby

Monkey Man

Monkey Man

ヒュー・マンデルはレゲエのソロ・ボーカリスト。マイナーで物憂い歌声が陽気なだけではないレゲエを感じさせる。後半はピアニカによるダブ・ミュージックの名プレイヤー・オーガスタス・パブロによる幽玄なダブが聴けます。


スライ&ロビーはレゲエ・ミュージックのみならず様々な音楽ジャンルで活躍するベース&ドラムの超強力ベテランセッションコンビ。どのアルバムでも優れたダブ・ミュージックを聴かせるが、今回はキング・オブ・ダブ、ダブの歴史を作りダブ・ミュージックの最も有名なリミキサーであるキング・タビーによるミックスもの。


トゥーツ&メイタルズはジャマイカン・レゲエの古参バンド。古典的名作と呼ばれるこのアルバムはソウル・ミュージックのルーツさえ感じさせるパワフルで泥臭い歌と演奏がナイス!


ジャスティン・ハインズ&ザ・ドミノズは今回初めて聴いたのだけれど、ジャマイカン・ルーツ・レゲエの王道を行く豊かなメロディ&ハーモニー、そしてタイト&コンシャスな優れた演奏を聴かせるリズムセクションが超名盤の予感を感じさせる。ジャマイカの乾いた空気の臭いと陽光さえ伝わってきそうな粒の揃ったリズムの響き。気持ちいい〜っ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060106

20060105(Thu)

globalhead2006-01-05

[]仕事始め 仕事始めを含むブックマーク 仕事始めのブックマークコメント

今日から仕事始め。食い過ぎでゆるゆるになった体を絞り、飲みすぎでボロボロになった肝臓を休め、ゲームのし過ぎでゲーム脳と化した頭を休める時が来たのである。そう、オレにとって仕事とはリハビリなんである。実生活のほうがハードなんである。もう、仕事始まるのが待ち遠しかったもんなァ(嘘八百)。

という訳で本年初出社だ。事務所に入るとそこにはもうほうU君が先に来ているではないか。「おおUよ。あけましておおおっ!?」見るとUの顔は松崎しげるのごとく真っ黒になっているではないか。オレの頭の中で”愛のメモリー”がリフレインする。「どうしたU!?正月から家が火事になって焼け出されたのか!?」するとU、ミディアムレアな顔をぐにゃっと歪ませ(どうやら笑っているらしい)、「違いますよォ、日焼けサロンですよォ。」などと言っている。なにい、日サロだとっ!クッ、さすがもうほう、新年から男臭さを演出することに余念がないらしい。やはりキメ台詞は「やらないか」なのだろうか。しかしそれにしても焼きすぎだ。焼けているというより焦げているといったほうがいい。新年早々嫌な物を見てしまって少し萎える。

仕事が始まったので別事務所のYに電話する。忘年会でオレに迫ってきたハードゲイ君である。電話したくはないが仕事なのでしょうがない。「あらっ。FUMOさんあけおめ。今年もよろしく。ウフッ。」”ウフッ”は余計なんだよ”ウフッ”はよおおっ!気を取り直してオレも新年の挨拶を返す。「…ああ、おめでとさん。正月は何してたんだよ。」社交辞令を忘れない自分が嫌だ。「お正月はねえ…飲みすぎで顔が酒焼けですよ。」とY。生焼けUに酒焼けYか。新年からこんなのばっかりである。お陰でオレは胸焼けだ。ああ。今年も前途多難だ…。

[]秘密兵器(夢見る40ウン歳) 秘密兵器(夢見る40ウン歳)を含むブックマーク 秘密兵器(夢見る40ウン歳)のブックマークコメント

我がボロアパートにIT技術を駆使した秘密兵器がやってきたのである。しかし秘密兵器だから何なのかは秘密である。野を駆け空を飛び海を越え身長は180僂泙膿び20Kgのダイエットに成功しテストは満点で宝くじは当たり給料は倍増、道を歩けばあらゆる女子に色目を使われ盆と正月が一緒にやってきて無病息災家内安全、足の臭いさえ消えるという優れものだ。勿論嘘だ。しかしこう書くと雑誌の広告によくある怪しげな幸運グッズみたいだな。だいたい幸運グッズで宝くじが当たるぐらいなら、グッズ販売会社の社員はそんなもの売らず仕事なんかしないで自分で身に付ければいいではないか、などと言っては野暮というものである。夢は叶うかもしれないから夢なのであり叶ってしまった後はいつもの現実が待っているだけだ。だから今日からオレの事は永遠の夢追い人と呼んでくれ。なんか恥ずかしいニックネームだな。牛追い人のほうがいいか。でも牛はいないから亀ぐらいでいいか。亀追い人。なんだ、すぐ追いついちゃうじゃないか!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060105

20060104(Wed)

globalhead2006-01-04

[]浅草で会おう 浅草で会おうを含むブックマーク 浅草で会おうのブックマークコメント

昨日は友人「う」と浅草で飲む。

正月に浅草で乾杯。なにやらよさげではないですか。デンキブラン神谷バーの前で待ち合わせ。神谷バーは正月だからなのかは8時でもう店を閉めていた。(しかしなあ、デンキブラン、オレも飲んだことがあるが、ノスタルジー以上の味はしない酒だと思うがな。)

そして永井荷風が毎日通ったという洋食店「アリゾナ」に案内してもらう。永井荷風と書いただけで文化のにおいがしますが、すいませんオレ良く知らないです。「東京の昔ながらの洋食屋」といった風情とメニューが楽しい。メンチカツとかビーフシチュー、みたいなね。ここの名物メニュー、チキン・レバー・クレオールはアメリカ奴隷制時代に黒人が白人の残り物で作っていたという”ソウル・フード”。浅草でソウル・フードってのが面白かったな。これ、実はオレもよく作って食ってました。

アリゾナも正月のせいかラスト・オーダーが早く、その後炉辺焼きの店に入って飲みなおす。10時ごろお開き。「う」よありがとう。たのしゅう御座いました。

[]オレと日記(今年の抱負なのかも) オレと日記(今年の抱負なのかも)を含むブックマーク オレと日記(今年の抱負なのかも)のブックマークコメント

去年はすごい年でしたね。一昨年日記を始めて、その時ははっきり言って「引きこもりのデブオタ」をキャラに(というか現実もそうだったが)隠隠滅滅としながら文章を書き綴っていましたが、それでもそんな日記でも好んで読んでくれる方達がいて、そういった方達とネットで知り合えたのが、自分の人生では画期的なことだった。そして去年はそんな方達と実際にお会いしたりして、それなりに交流が持てた。もともとそういうことを目的に書き始めた日記ではないから、なんだか本人もびっくりしている。全部日記のおかげなんだろうなあ、と思う反面、なんだ、自分だって、やれば出来るじゃないか、と思えた。人と接するのは面倒なことだけれど、接してみれば、いいことだってある。つまらないこともあるかもしれないが、いいことのほうだけを見ていけば、全部プラスになる。

でも、今年はこの日記はもっと適当に書こうかと思ってます。これ以上PVもアンテナも増えないでしょう。最初はPVやアンテナは気になりましたが、もはやどうでもよくなってきた。オレの度量ではこのぐらいが丁度いいのだな、と思えてきた。このぐらいが身の程というものだ。だから手間隙かかるレビューとかはやらなくなっていくと思います。

あまり読まれない、というのはひがんでる訳でもなく、単に需要と供給という経済的な部分で必要とされてないだけなんでしょう。そもそも例えば「あんぺい」の記事なんて誰も必要とはしないでしょうが、自分にとっては面白いことだったりするわけです。それにオレ「はてな」って興味がなくて、アンテナ登録してもらってる人の日記しか読まないもんなあ。「面白い日記」というのは世の中にはあるのでしょうが、ある意味、「カンケーない」ものを有難がってもしょうがなく、「カンケーのある」ものだけが自分にとっては面白いんです。

更新が多いのは多分自分が不幸な人間だからじゃないかと思ってます。充足していれば人間つらつら文章なんか書かないと思ってます。でも充足している人ってそういないから、だから人の書いた文章読んだりしてるのかなあ、これって、補い合うということなのかなあ、なにか人間関係というのはこういうもんなのかなあ、と、うまくまとまりませんが考えたりしてます。 「記事」なんてどうでもよく、多分日記の向こうのその人本人との関わりがあるから楽しいのだと思います。これが俺にとっての「カンケーのある」事なんです。

データがどれだけあろうと、どれだけ知識があろうと、どれだけ鋭い批評眼を持ってようと、オレには「カンケーない」ものです。データも知識も、検索すれば何千と出てくるものですから、それは「その人自身」である必要なんかないんです。批評にしても、他人のロジックというものは、それ自体が批評されるものでありますから、やはりあまり好きではないのです。他人を批評したくはありません。オレは、単に、その人を好きになりたいだけなんですから。

映画なり本なり、いろいろレビューはしてますが、ただつまらない、とか否定的な文章はあまり書きたくはないのです。面白かったことと楽しかったことだけを見つけて書きたい。自分はこうして楽しんだよ、ということを書きたい。沢山の時間をかけて、それで「つまらない」と言ってしまうのは勿体無いし、物事に対して辛辣だったり否定的だったりする部分というのは、自分に返ってくるものだからです。辛辣さや否定的な物の見方は、逆に自分も辛辣で否定的に見られる、または、自分をもそういう風に見てしまう、という要素を持っているものだと思います。それって、楽しくない。

世の中というのは、現実的に見れば見るほど楽しいものではないし、また、現実的な側面を見たからといって救われないことが多いような気がします。目をそむけるわけではなく、こういう現実と知って、そしてそこから飛び越えたい。「逃避」するのではなくポジティブに「脱出」したい(オレが言ったわけではないんだけどね。TVBrosの青木優Xサラーム海上さんの対談で言っていたことだけれど、この言葉は本当に身につまされた)。以前ニゲラさんという方に「ディオニュソス的」と言われた事があってそれはとても心に残っているのだけれども、それは「あー、自分はそういうふうに生きたかったからなのか」と思ったからだった。

あんまり現実を現実だと思ってあげたくない。40数年掛けてこいつらにはほとほとうんざりさせられてきたからだ。むしろ現実の頭の上に乗っかって、ゲラゲラ笑いながら踊り続けていたい。今の自分というのはこの40数年間の「自分という現実」への復讐だと思っている。いつか「時間」は足を掴み、オレはここから転げ落ちる日が来るのだろうとは思うが、せめてそれまでは、鼻先だけでも出し抜いてやりたい。このしょうもない現実から。

「憎しみや同情はまっぴらだ。人生で何よりも大切なものは「きれいな女の子との恋愛と、デューク・エリントンの音楽だ」と喝破するまでもなく、生きることはバカ騒ぎそのものである。せめて胸に睡蓮が咲くまでは……」荒俣宏ボリス・ヴィアン「うたかたの日々」(早川書房)解説より

うたかたの日々 (ハヤカワepi文庫)

azecchiazecchi 2006/01/06 19:15 日記についてのフモさんの思い、共感したり、感心したり、とても楽しく読ませていただきました。でも「あんぺい」の記事なんかは、僕にとっては大変興味深いですけどねー。 ま、なにはともあれ今年もよろしくお願いします。

globalheadglobalhead 2006/01/06 19:56 ううう、海外からありがとうございます。調べたらそちらマレーシアの地は本日26℃だとか、東京は今夜もめっちゃ寒いです。「例によって長い文章だなあ、誰が読むんだ…」と思っておりましたがコメント戴いてとても嬉しゅうございました。あぜっちさんの地元の大阪にも”あんぺい”はあるのでしょうか。今度一度食べてみたいものです。単身赴任は何かと大変でしょうがオレのアホアホ日記でも読んで和んでもらえれば光栄です。今年も宜しくお願いします。

azecchiazecchi 2006/01/06 23:34 いやあんぺい、聞いたこともありませんでした。京都じゃメジャーなのかな。こちらでは毎夜クーラーがんがんかけて寝てます。

globalheadglobalhead 2006/01/07 15:49 どうなんスかねえ。京都の知人も、棒ダラも含め「あんまり食べへん」とかいうとりましたから。それにしても毎日寒いです。夜は電気毛布が欠かせません。へっくしょい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060104

20060103(Tue)

globalhead2006-01-03

[]グラボ買ったゼ!! グラボ買ったゼ!!を含むブックマーク グラボ買ったゼ!!のブックマークコメント

先先日は映画観終わった後は「ビックカメラ」に行ってパソコンパーツのグラフィック・ボードを品定めに行きました。

グラフィック・ボードというのは当然PCのグラフィックを司るものですが、これの技術的進化ってPCパーツの中でも最も速いのであります。「画像が出ればいいんでないの」と一般の方は思われるでしょうが、オレのような3Dポリゴンを駆使したPCゲームをやるものにとっては、グラボというのは生命線な訳なんです。コンシューマーゲーム機は1台作ってそのフォーマットの元に様々なゲームが作られ、それで何年ももたせますが、PCゲームというのはその時々の最新の描画技術をもったグラボに準拠したゲーム作りをするものですから、今ある最新技術のグラボが半年後には陳腐化しているというのは常識な世界でもあるんです。つまりプレイステーションみたいなゲーム機が半年ごとに発売されている、みたいな状況を想像して見てください。例えば今普通にゲームが出来たとしても、半年後に発売されたゲームは殆ど動かない、なんてことが有り得るのです。動くけどものごっつ動きが遅いとか描画が汚い、とかね。

だからPCゲーマーはグラボの最新情報に敏感です。オレはこれまで4台のPCを買ってきましたが、これもCPU速度が最新ゲームにおっつかなくなってくると買い換えていたんです。今は2年ぐらい前に買ったPentium4/3.06GHz&メモリ1GのマシンでCPU速度自体は足りているのですが、最近グラフィックボードの標準規格であったAGP*1では事足りず、それより更に高いデータ転送量を持つPCI EXPRESS*2という規格が出来てしまい、これはマザーボードの対応が必要なので今のオレのマシンでは使えず、しょうがなくAGP対応で動く最新チップのグラボを探していたんですよ。

しかし、グラボというのは高い。最新最速であるほど高い。これまで使っていたATI社のRadeon9800XTは2年ほど前に買ったのですが、その当時最速のハイエンドなグラボで、値段は軽く6万を切ってました。…ちょっとした家電製品が2、3台買えるお値段な訳です。しかし最近はそれほどPCゲームやらないから、こんな出費は出来ない。そう言うわけで今回は現在ミドルクラスの仕様であるnVIDIA社のGeForce6600GTチップを積んだグラボで手を打ちました。メーカーはELSAの《ELSA GLADIAC 743》です。¥22800しましたがミドルレンジでこのお値段なら納得かと。

グラボでは先のATI社とこのnVIDIA社がグラフィックチップの製造メーカーということでそれぞれしのぎを削ってますが、今回はnVIDIA社に軍配を挙げました。同程度の性能ならnVIDIA社の方が価格が安く、安定しているという評判だったもので。

という訳で早速PCにビルドオン!してPCゲームやりまくっているオレであります。いやあ、新しいパーツ積むのっていいっすねえ…。今までやってたゲームが見違えるように早く&綺麗になるところがいい。実はこの間買ったPCゲーム『F.E.A.R』は、買ったのはいいけどオレのマシンではまるで動いていなかったんですよ。ビジュアル・エフェクトも向上し、それまでやっていたゲームも発色とかが微妙に違っていて楽しい楽しい。正月はやはりゲーム漬けです。…あ…XBOX360は…。

それと、やはり相当電気食うのか、ゲームやってるとたまにOSが落ちます。次は電源換えなきゃ駄目っすかねー。やったことないんだけどなあ。

《ELSA GLADIAC 743 GT AGP 128MB》
http://www.elsa-jp.co.jp/product/03game/GLADIAC_743_GT_AGP_128/index.html

[]初夢 初夢を含むブックマーク 初夢のブックマークコメント

「甘美な夢の中のヤドヴィガ、いとも安らかに眠りへと誘われ、蛇使いの吹く笛の音を聴き、その瞑想を深く胸に吸い込む。そして緑燃える木々の波の上では、月影がきらめき、野生の蛇たちは、曲の陽気な調べに耳傾ける」

アンリ・ルソー「夢」http://www.salvastyle.com/menu_impressionism/rousseau_dream.html

そういえば夢を見ない人間なのであった。本当にまるで見ない。いや、多分見ているのかもしれないが忘れている。どうも日常生活でもここ何年か忘れっぽいしな。…老化の波は夢にまで押し寄せてきているのか…。オレの初夢はいつになることでしょう…。

f:id:globalhead:20060103122458j:image

*1:Accelerated Graphics Port /Intelが1996年7月に発表したビデオカード←→メインメモリの専用バス規格。バス幅は32bitで、クロックは66MHzの倍率で決まる。AGPの規格には、AGP1.0「1x」、AGP2.0「2x」「4x」、AGP3.0「8x」が規定されている。ビデオカードは3Dのテクスチャを転送するのに大量のメモリ高速伝送を必要とするが、AGP 1xでは266MB/秒、AGP 2xでは533MB/秒、AGP 4xでは1.06GB/秒、8xでは2.13GB/秒のスループットを持つ。http://yougo.ascii24.com/gh/81/008146.html

*2Intelが“3GIO(The 3rd Generation I/O)”という名称で開発したバス規格。従来のPCIのようなパラレルではなく、シリアルインターフェイスとなっている。一方通行の伝送路を2本束ねた双方向の「レーン」を1単位とし、それを複数束ねることで帯域幅を増加させることが可能(1レーンの帯域幅は500MB/秒)。チップセット間の内部バスとして、またPCIに代わる外部バスとして実装される見込み。http://yougo.ascii24.com/gh/81/008174.html

washburn1975washburn1975 2006/01/03 23:02 「グラボ」って書くと「トレマーズ」みたいでいいですね。

globalheadglobalhead 2006/01/03 23:53 グラボイスですか。トレマーズの1はすげえ快作でしたね。2あたりはムムム…だったのでその後見てないのですが4まで出来てるという…。黙示録を待つガンマニアのおっさんが好きでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060103

20060102(Mon)

globalhead2006-01-02

[]正月は映画でゲームだ! 正月は映画でゲームだ!を含むブックマーク 正月は映画でゲームだ!のブックマークコメント

ちゅうわけで昨日は朝もはよから映画観に行ってパソコンのパーツ買ってうはうはしていたオレであるだよ。

[]Mr.&Mrs.スミス Mr.&Mrs.スミスを含むブックマーク Mr.&Mrs.スミスのブックマークコメント

1月1日からゴロゴロしてちゃ駄目あるよ!デフォルトでブタマンなのがワンランク上の高級ブタマンにナチャウヨ!サイボーグ006の本名は張々湖アルヨ!アイヤー!という事で有楽町まで『Mr.&Mrs.スミス』の初回を観に行きましたァ!(なんだこの訳の判らないテンションは。)

『Mr.&Mrs.スミス』、もう雰囲気から正月映画ではありませんか。正月映画の定義、それは『バカ映画』。何も考えることなく観れる、何も考え無しで作ったおバカな映画。これが昔であれば『クレイジーキャッツ映画』とかがその範疇に入るのでしょう。しかし考えるにオレがいつも観ている映画自体がバカ映画なので、オレ自身のノーミソがいつも”正月”である、ということも出来るわけですね…。あけましておめでしとう!今年もよろしく!わーい!(判らん。このテンションが判らん。)

でね。劇場来て見たら毎月1日は映画サービスデイということで料金¥1000なんですね、ええ。オレそんなこと露とも知らず、前売りチケット買ってあってそれ持ってきてたんですわ。前売り券が¥1300。当日料金が¥1000。納得できねえ。まあ見ましたけど(泣。正月1日からやってくれるぜオレ!今年はきっといい年だ!!!

さて劇場ロビーで1月だというのにTシャツ1枚の男の人ハケーン。元気だなあ。よく見ると背中の首元に「GUCCI」のプリントが。なんだお前それを見せびらかしたいが為にこの寒空にTシャツ1枚なのかよ!「GUCCI」と書いてあれば何でも許されるのかよ!だいたいTシャツなんざ中途半端なんだよ!だったら「GUCCI」のタンクトップで来て欲しかったな!でもオレは「裸の大将」と呼んであげるがな!そして「GUCCI」のおむすびでも食って「ボ、ボクはな、おむすびが、ス、好きなんだな」とか芦屋雁之助の真似でもしてみやがれ!だったら許す、とかやはり訳の判らないことを考えていたオレであった。

さて映画ですが、ええと、要するに壮大な夫婦喧嘩&ノロケを小火器重火器交えてドンパチ繰り広げていたと、そういう映画ですね。ブラピのサル顔はこういうお馬鹿映画向きです。あいつは高尚な役とか悩めるキャラとかは似つかわしくありません。知性とは関わりのない顔だからです。あとブチ切れ役とかな。知性より痴性。『ファイト・クラブ』よかったもんなあ。あと『12モンキーズ』とかな。ええ、でもそれでいいんです。嫌いな俳優ではありません。そしてアンジェリーナ・ジョリー。相変わらずスケベな唇です。唇にシリコンでも入れてるんでしょうか。何か宍戸錠の頬っぺたを思い出します。逆にこの人もどんなに知性があり人間性が優れていてもあの唇で全てチャラになってしまうという因果な方です。国連難民高等弁務官事務所 の親善大使を務めているようですが、むしろ浅草のサンバカーニバルのセクシー親善大使の方が似合ってます。いえ、他意はないんですが、人間のキャラというのはこのようにどこにでも付いて回ると言うことです。いいんです、この映画でもきっちりセクシービームかましてくれたから。キャラが立っている。それはそれで俳優明利に尽きるのではないかと。まあ、全身タイツ着たばっかりにこれからの日記の方向性が「単なる冗談」でしかなくなってしまった可愛そうなブロガーとかもいますが。(誰の事だ)

とまあ、そんな、内容については語るべき物のないきっちり明朗会計な正月お馬鹿映画でしたっ!

PCパーツについてはまた後日。

HelloTaroHelloTaro 2006/01/02 22:24 あけましておめでとうございます!!
今年もglobalheadさまの挑戦と更新を楽しみにしています。
それでは!!

globalheadglobalhead 2006/01/03 06:36 おめでとうございます。いえ、実は今年の抱負は「日記は縮小する、あんまり更新しない」なんですが…こうでも書かないと調子に乗っていつまでもいつまでもだらだら書き続けるもんですから…。
「はてなは1日1時間!」

HelloTaroHelloTaro 2006/01/03 16:57 ああ、自分もそうなんです。時間を決めるというのは大事かも。でもなおさらに、ご活躍を楽しみにしています。

globalheadglobalhead 2006/01/03 17:03 ええ。言ってるそばからなんなんですが、朝から結局今の時間までずっとエントリ書いたり写真撮ったりしてました。正月から何やってるんでしょう。たいした読む人もいないんですけどねえ。もう業に近いものになってきましたね。いったい何が悲しいんでしょうね…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060102

20060101(Sun)

globalhead2006-01-01

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

[]そうだったのか… そうだったのか…を含むブックマーク そうだったのか…のブックマークコメント

なんか、西暦を平成に直すのって面倒だよね。ちなみに西暦の下二桁に12を足せば平成の年になるってのは知ってたかな?12を足すってなんか馴染みがあるなぁ、と思ったら12時間表記の午後の時間を24時間表記に直すときと同じだよね。そういう風に憶えておくといざっていう時にも素早く変換できるぞ!平成から西暦に直すには、当然12を引けば良いんだ、簡単だよね!

ちなみに昭和から西暦に直すには25を足せば良いんだよ

洋ゲー野郎!》 http://www.youge-yarou.com/news/

し、知らなかった…。しかしわざわざ自分の日記にこうしてメモしても忘れてしまいそうな自分がここにいる…。

[]マティーニの作り方 マティーニの作り方を含むブックマーク マティーニの作り方のブックマークコメント

○標準的なレシピ
ドライジン - 45ml
ドライベルモット - 15ml
あくまでも上記は参考程度に。理由として、ジンとベルモットの割合は好みによって、また作る者によってさまざまである。もともとはジン1に対してベルモット2程度の割合であったが、その後辛口(ドライ)なものが流行し、一時期にはベルモット1滴の中にジンを注ぎ込むといったエクストラ・ドライ・マティーニも供されることがあったという。
今日ではジン3〜4に対してベルモット1が標準的であろう。それよりジンが多い場合にはドライ・マティーニと呼ばれることが多い

○作り方
上記材料をミキシンググラスに入れてステアする。
カクテルグラスに注ぎ、オリーブを飾る。
好みで上記材料にオレンジ・ビターズ数滴を加えたり、供する前にレモンピールを絞り加えることもある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8B

タンカレー・ジンとドライベルモットが手に入ったので久しぶりにマティーニなんぞ作って飲む。オレはこれをオンザロックで飲みます。三杯飲むと腰が立たなくなります。ま、正月だし、いいか、と。酒の瓶やグラスを冷やしておけるなら言う事ありません。水っぽくならないようにするのがポイントです。

その辺の甘ったるいカクテルといっしょに考えて貰っちゃいけません。ジンやウォッカの独特の臭みをベルモットが消して、微かに華やかな香りをさせつつも味はキリッとどこまでも辛口。しかし強いはずのスピリッツがするすると喉に入ってゆく。これがマティーニ最強カクテルの所以です。

ウマーーー!!

[]年末年始進行 年末年始進行を含むブックマーク 年末年始進行のブックマークコメント

こんな日記も2年目になると、人が読まないような時期にはエントリーをUPしないようにはしたいもんなんです。特に大晦日は一般の方なんぞはネットなんぞたらたら見たりしないような気がします。あと元旦。元旦ぐらい日記休めよ、と思って去年は挨拶のみでしたが…身に付いた悪癖とでも言うのか、今日もこうしてUPしておりますですハイ…。

もともとTVとか観ない人間なので、正月のTVには興味ないし、あと昔は三が日ってお店も開いてなくて、開いているようなスーパーだって流通が止まっている為、野菜や肉・魚なんぞは手に入らないもんですから、大晦日に大量に食材買ってきて正月に食い繋いでいましたが、今や正月だろうがなんだろうがスーパーの食品コーナーは満載で、そんな心配なぞしなくてよくなるようになりました。それでもなんだか正月気分とでも言うのか、晦日になるとやっぱり沢山食べ物を買ってしまい、正月休みを目一杯食べて過ごすんですね…。デブのもとですね…。こうして毎年新年は3圓和世辰謄僖鵐僖鵑隆蕕靴撞戮潴世渦饉劼防襪というわけです。しかも体動かさないからメシ食っても実はあんまり美味しくない。まさにブロイラー生活。人間フォアグラ状態。

そんななので今日はさすがに出かけました。明日にでも書きますけど。なんか物事つらつら説明する脳みその状態じゃないんです正月は。

KIRISUKEKIRISUKE 2006/01/02 00:36 あけおめです。ごめんなさい。年賀状3が日中には着く予定です。ので、ここでの挨拶は割愛します。

人間フォアグラですか。肝臓やばいですねー。確かにお正月は寝正月って言い換えれるくらいダラダラ過ごすようなイメージつよいですもん。
そんなときこそ、お正月セール。そんなたまりにたまったエネルギーを一気に開放して、人々が商品の周りに集結するところに行くと、いやでも体力なくなりますから。その夜美味しくご飯食べれます。

今まで行った中でNO.1なのはラフォーレの冬のバーゲン。人口密度100%以上。周りの人々がハイエナに見えてしょうがない。そんな中から商品をゲットする。狩りに成功したメスライオンのような心地になります。ま、満足に商品選べないのがつらいですけど。

FuetaroFuetaro 2006/01/02 06:50 あけましておめでとうございます!!
僕の正月のオススメはなんといっても福袋っす。ホビーショップの福袋は手持ちとのダブりとかゴミアイテムゲットの罠を乗り越えて当たりを引いた時の快感がなんとも。去年は池袋のポストホビーのが良かったなぁ…。

globalheadglobalhead 2006/01/02 07:42 >KIRIちゃん
あけおめっす。KIRIっちは今実家かな。いつだったかの正月はねー、例年通りだと立派なブタマンになる…いや、デフォルトでブタマンだから¥50高い高級ブタマンになる、と思い、早朝ランニングに挑んだ事があったのですよ。きっつくて結果的にウォーキングになりましたが…。正月の朝って気分的にユルユルだからいつもより寒いんだよなー。その結果何か違ったかと言うとそうでもなくて、もうやらなくなったな。だからゴロゴロしないで基本的に出かけるようにしようかと。お正月セールかあ。…実はもうお金が…年末アマゾンで使いすぎて…。という訳で今年もよろしくお願いします。

globalheadglobalhead 2006/01/02 07:48 >フエタロさん
おめでとうございますー。そういえばオレってこれまでの人生で福袋って買った事ないんだよなあ。なにより上のコメでも書いたように年末お金使い過ぎまして正月から貧乏なオレ…、そもそも1ヶ月でmomoko4人購入という人は世の中広しと言えどもオレぐらいだったのでは、と…。そしてそんな事言いつつ正月は1日からパソコンのパーツ購入、益々駄目人間度を高めてしまったオレであります…。こんな人間ですが今年もよろしくです…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060101