Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20070430(Mon)

[]FROM BRUSSHELS WITH LOVE (V.A.) FROM BRUSSHELS WITH LOVE (V.A.)を含むブックマーク FROM BRUSSHELS WITH LOVE (V.A.)のブックマークコメント

From Brussels With Love

From Brussels With Love

FROM BRUSSHELS WITH LOVE。ブリュッセルから愛をこめて。1980年、ニューウェーブ華やかなりし頃、ヨーロッパの薫り高きクレプスキュール・レコードから送り出されたカセットテープの形をしたサウンド・スケープ。2007年、これがCDとして再発された。その内容はトランス・ヨーロッパ・アンビエント・エクスプレス。元祖テクノポップバンド、ウルトラヴォックスのジョン・フォックスによるジングル。トーマス・ドルビーのブレードランナー的叙情。ドルッティ・コラムの幽玄なギターサウンド。ファクトリー・レコードのプロデューサー、マーティン・ハネットによる実験音楽。現代音楽家、ハロルド・ブッドとマイケル・ナイマンによるミニマルサウンド。ブライアン・イーノアンビエント音の中から聞こえてくるインタビュー。そしてフランスのヌーベルヴァーグ女優、ジャンヌ・モローのインタビューではエリック・サティ風のピアノが華を添える。パンク・バンド、ザ・スキッズのリチャード・ジョブソンによる詩の朗読。妖しい旋律を刻むジャーマン・ニューウェーブ・バンドのデア・プラン。さらにニュー・オーダーがケヴィン・ヒューイックと共に作った激レア・トラック。アートとロックの蜜月。この時代だからこそ可能であったヨーロピアン・サウンドの結晶。FROM BRUSSHELS WITH LOVE。ブリュッセルから愛をこめて。

ここで試聴できます。

以下に曲目を。

続きを読む

[]恵比寿でランチを 恵比寿でランチをを含むブックマーク 恵比寿でランチをのブックマークコメント

連休3日目、朝から日記書くほど暇だったオレに、ネットのお知り合いのマダムからメールが来て「写真展観に行くけどついでにランチしない?」とのこと。急だったが予定も無かったのでそそくさと支度して恵比寿まで出かける。リアルでは初対面のマダムは、ショートヘアが若々しいとても素敵な女性で、「家族に『どっか出かけてくれば?』って追い出されちゃったのよ!」などと笑う顔が屈託ない。取り合えずランチを、ということでホテルのカフェでバゲット食いながらお喋り。話題は『放牧中のホモ』についてetc。その日のウェスティンホテルで一番ゲラゲラ笑っている客となる。

それからお目当ての写真展に向かう。東京都写真美術館、『マグナムが撮った東京』。海外のフォトジャーナリストが撮った1950年代から2005年までの東京の変遷。一通り観て会場から出ると、「お喋りできないからムズムズしてるんでしょ?」などと突っ込まれる。その通りだったので「取り合えずビール飲ませろ!」と結局飲むことにする。ビアホールで黒ビールを飲んでやっと人心地付き、またあれやこれやとお喋り。「緊張させちゃいました?」などと訊かれたが、考えるにオレが人といて緊張するのは、実は何も考えてないのがバレるのが怖くて緊張するのだなあ、ということにはじめて気付く。

という訳で5時も廻り、「もう家族の夕食の買出ししなきゃ」と言うマダムと恵比寿のホームで別れ、この日はお開きとなった。…いやー、オレこういうキャラだったんですけど、呆れなかったでしょうかfumi_oさん?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070430

20070429(Sun)

[]momoko写真大放出! momoko写真大放出!を含むブックマーク momoko写真大放出!のブックマークコメント

とある事情があって本日はこれまで日記に載せたことのあるmomoko写真を大量に撮り直しておりました。(どういう事情かはその内公表します)その中の一部をここで載せておきます。買ったまま写真撮ってなかった『透明な蒼い白』さんも新たに撮影。(あとプチブラ2個も。)実は部屋に置き場所が無くなってしまい、Dollはもう買わないことにしていたので、これが最後のDoll写真になるかも。今まで楽しみにしてくれていた皆さんありがとうございました。しかし最近オレの日記をアンテナに入れてくれた人はオレのこの趣味面食らうだろうなあ…。

f:id:globalhead:20070429134242j:image f:id:globalhead:20070429134356j:image

f:id:globalhead:20070429134414j:image f:id:globalhead:20070429134435j:image

続きを読む

ヾ(=ΘΘ=)ノヾ(=ΘΘ=)ノ 2007/04/30 02:08 えーーーーっ!!!!
ま、まさかFUMOさん、足を洗う気じゃあ!!!うっそー!
男のDoll道、極めて欲しかったのに…。
とはいえ、「置くとこがないっ!!」っていうお気持ち、よぅぅっくわかります。ちょびっとずつお嫁に出していくと、スペース空きますよ(笑)なんちゃって。

globalheadglobalhead 2007/04/30 11:02 なんだかDoll買いに根詰めすぎちゃったみたい。問答無用で買ってたもんなあ。実はこの後ヒミツのDollを1体買ってるので全く止めた訳ではないんだけれど、方向性は変わってきているな!置く所が無いのはかなり深刻になってきて、ちょっと誰かに貰ってもらいたいぐらいです。プチブラとかひょっとして50人ぐらいいるのかもしれない…。タマさんの所に送ってあげましょうか?(売るのとか苦手なんですよ)

hiromiceciliahiromicecilia 2007/05/01 22:05 フモさんがオニンギョから足を洗うなんて・・・、なんて・・・、なんて・・・、絶対無理。ていうか、プチ子邪魔ならうちに養女に出しません?私にとってはプチブラ子とは「カスタムするもの。デフォルトでは愛でないもの」になってきております。違う方向にヤバイです。なんならカスタムして送り返しましょうか?(笑)

globalheadglobalhead 2007/05/01 22:29 いやあ、なにしろ置き場所が…。プチ子貰っていただけるのならホントに養女OKですよ。メール下されば対処いたします。オニンギョはねー、実は明日”例のヤツ”をいよいよUPします!これはhiromiさんにこそ観てもらいたかった究極の逸品です!お楽しみに!

dekoponndekoponn 2007/05/01 22:46 あまりのショックにコメントすらできないでいました。しくしく。
ほ、ほんとにやめちゃうの? フモさんとお人形の話ができなくなる日がこようとは…。可愛い写真も見られなくなってしまうとは…。えーん、えーん。
じゃあ、じゃあ、もう一度フモさんをmomokoの世界に引きずり込むためについ先日お迎えしたデニムエンジェルの写真を載せますから覚悟をば。じゃ!

globalheadglobalhead 2007/05/01 23:31 人形写真は自分の中ではきっちり撮りたかったというのがあって、それはテクが無かったというのが大きいんだけれど、ママトールドミーの時は納得できるまで3日ぐらい掛けちゃったんですよ。それが逆に辛くなっちゃって、疎ましくなったんじゃないかと思います。その後のワナビーさんってパソコンのモニターの前で撮っただけだったでしょ?あの時で既に挫けてましたねー。ただお陰で(接写での)写真の腕はちょっと上がった様な気がする。上の写真は全部1日で撮れちゃったし。(それでもまだホワイトバランスとかまちまちでねー)ただ折角人形で知り合ったいろんな人と人形やらなくなった位で切れちゃうのもやだなーとは思ってるんですよ。だから今まで通りお付き合いして欲しいです。よその人の撮った写真見るのは好きだし。ただなにしろ、部屋がもうパンクしちゃってて、どうにかしなきゃならなくなっちゃってるんですよー。だってあと本とかCDとかDVDとか棚に入れられずに床に積んであるんですよ?CDなんて今捨てている所です。そんな訳なんでどうかご理解の程を!

迷狗屋迷狗屋 2007/06/12 09:10 かなり過去の記事へのコメントですみません。fumoさんお人形写真止めちゃう(止めちゃったの)ですか?
fumoさんのお人形写真、好きでしたよ。淋しくなりますね。。。
私は暗い写真しか取れないから、広告に出てきそうな、明るい写真が撮れるfumoさんが羨ましかったです。純粋に勿体無いなぁって感じたので恐れ多くも、コメントさせていただきました。
飾る場所はコレクターの一番の悩みですね、、、

globalheadglobalhead 2007/06/12 12:43 おお久しぶりじゃないか迷狗屋さん!結局いまだにオニンギョはたまに買っている!でも数が減ったし、以前みたいに何でもかんでもって事はなくなったな。ブラ子は殆ど処分したよ。今はmomokoだけだな残ってるのは。この後の5月7日のエントリでもmomoko写真載せてるのでよかったら見てください。多分momokoはまだ買っていくと思うよ。でも写真の記事の更新はかなり減るでしょうね。

迷狗屋迷狗屋 2007/06/12 16:26 momokoの写真、見ましたよ。素敵ですよね。背景とお人形のラインがいつも綺麗ですよね。。。
ブラ子、処分・・・してしまったのですかぁ。私のブライス熱のキッカケがfumoさんの写真をいつも見ていてという理由だったので淋しいですねぇ。
逆に私はお人形資金の問題もあってmomokoにはあまりハマれなかったので、最近は集めるのがネオブライスばっかりに(しかも、かなり状態の悪い子を直しながら)の収集になってます。
着せ替えを楽しみたいから、やっぱ、お人形の種類は限られてきちゃいますよね。

globalheadglobalhead 2007/06/12 16:48 ブラ子、早く言ってくれれば迷狗屋さんにも差し上げたかったんですが残念です!ただプチブラは最近またちょぼちょぼ買っちゃったりしてるんですよ。って、結局買ってんじゃないかオレ!意志弱すぎ!数が集まったら写真撮ろうかと思ってますんで、またその時は見て下さいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070429

20070428(Sat)

globalhead2007-04-28

[]普通の日記 普通の日記を含むブックマーク 普通の日記のブックマークコメント

■健康診断やってきた。体重減って血圧下がってて視力も下がっていた。(両方0.4)そろそろ眼鏡かなあ。
■しかし健康診断だと知っているのに前日飲みすぎて二日酔いで診断受けるダメ人間のオレ。
■だいたい一人で部屋で酒飲んで二日酔いというところで既にダメダメである。
■なんか辛い事でもあったのかオレ…。
■ってかホントの所酒弱くなったんだろうなぁ。
■日記を書き溜めておいたUSBメモリをどこかに落としてしまう。文字通り”メモリの藻屑”である。バックアップはとってあったが、やったのがちょっと前だった為に幾つか書きかけだった記事がパーになる。少々ブチ切れ気味に徹夜して3日分書くオレ。そして書き直した記事がどう考えても以前書いたのより長くなっている…。
■という訳でUSBメモリをリニューアル。しかし落としたメモリ、誰か拾って読んだりしてるのかなあ。公開が前提の記事ばかりだというのに読まれたら恥ずかしいと思っちゃうのは何故。
■この間「フモさんは仕事のストレス無さそうですね」と言われたが、確かにそうなんだけれど、よく考えてみると暇な仕事だからなんである。そもそもストレス溜まるような仕事は部下にやらせていた!しかもこいつらが仕事できるやつばっかりなんで、オレはあんまり心配事がないんである。
■だがこの間久しぶりに電話とってお客と話していたら、これが国語と論理性の不自由な日本人の方で、これはさすがに苛々したぞ!おお、オレにもストレスが!
■そして苛立ったオレは自分の部下にブチブチ愚痴を垂れるんであった。どういう上司だよオレ。
■そよの人の日記で愚痴読むのはそれほど嫌いじゃないよ。「そりゃイヤんなるわ」ってよく判るもんな。たまには毒でも吐かなきゃやってらんないというのもな。毒吐いたあとに健やかに生きればいいのさ!
■この間日記で「風邪引いてた」とか書いたら、それを読んだコムスメから「大丈夫かー」などとメールが来て心が癒される。
■最近コーヒーが飲んでてきつく感じるようになって来た。カフェインにも弱くなってきているらしい。それでこの間普段全く飲まない日本茶を飲んだら美味い。オレもいよいよ日本茶か…。こういう所にも年齢が出てくるのであろうか。
■連休はちょびっとオフ会だよ!和菓子食って墓地で盗掘して(しないって)鬼太郎バーに行くのさ!来たい人はオレにメールするといいさ!あとで告知するから宜しく!
■それ以外で連休の予定は何一つ無いよ!多分連日連夜カーテン締め切った暗〜い部屋でゲームしまくっているんだよ!いいんだよ楽しいんだから!いいんだってば!(なにを逆ギレしているのだ、と)
■なにしろその為にXBOX360のゲームを2本も買ってきたオレ。
■…なんか毎年連休になると同じ事を書いているような希ガス…。
■進歩ないなオレ…。
■連休中はネタとか無しで適当に更新したいです。そこんとこヨロシク。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/29 01:34 コムスメ癒してくれてよかったねぇ。あたしゃもう、癒そうなんてこれっぽっちも思っちゃいないオオムスメだからな。逆撫でして楽しませてあげるよ。GWは家にいて正解かも。ってサンシャインとかいくんだけどな。お子達に躓かない様に気を使い、それでもお子達に突進され、お前らも中東へ行ってこい!って怒鳴りたくなるのがたくさん含有されてるよ。まぁ、余裕でいきましょう。話をするのには喧しい酒場の様ですけど、そこはご愛嬌で。

globalheadglobalhead 2007/04/29 09:04 あうう。お手柔らかにお願いします…。素面だと結構大人しくしているはずです。多分。きっと。多分。中東には行かせないで下さい…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070428

20070427(Fri)

globalhead2007-04-27

[]かけて食え! かけて食え!を含むブックマーク かけて食え!のブックマークコメント

子供の頃って白いごはんの上になんかかけないとごはんが食べられなかったりしてませんでした?ふりかけとかそういったヤツ。オレだけなのかなあ。今日はそんな子供の自分にごはんの上にかけて食べたものを思い出して書いてみようかと思います。

・卵かけごはん
これはポピュラーですよね。今でも酒飲んで小腹が空いた時はつるっといっちゃいますね。貧相かもしれませんが美味しいんだよなあ。

・ふりかけ
丸美屋ののりたまが基本でしたねえ。ただのりたまって塩っ辛い印象があって、よく食べてたにも拘らず納得できないものがあったな。当時は「三色ふりかけ」と言って「のりたま」「たらこ」「ごま塩」が一つの容器にセパレートして入れてあるふりかけが売られていましたね。今検索掛けたら3色ふりかけ使ってた方は皆一様に「ごま塩だけ残っちゃう」と言っていてその通りだった!ふりかけで一番好きだったのは名前忘れちゃったけど「かつお節味」のふりかけだったな。当時は「おそ松くんふりかけ」がそうだった。(「おそ松くん」は赤塚不二夫の漫画キャラです)ふりかけもそうだがさらにお湯をかけてふりかけ茶漬けとかよくやってたなー。ちなみにのりたまの原料には”こしあん”が使われているらしい!

・魚卵系
トビウオの卵とかですね。ちっちゃい粒粒で。なぜか「とびっこ」と呼んでたな。オレの妹はあれがなければごはん食べませんでした。あと実家ではイクラよりも筋子がポピュラーでしたね。塩辛は子供の頃は食べられませんでした。

・海苔
まあこれもポピュラーですが、ここではフモ家独特のレシピ「しょう油巻き」を紹介しましょう。1.海苔巻きを作る手順で海苔にごはんを広げます。2.しょう油を一筋スーッと垂らします。3.巻きます。4.それを食べます。ウマー! …要するに具が無くてしょう油の味だけする海苔巻きなんだよッ!これ…しょっちゅう食ってました…。

・海苔佃煮
江戸むらさき」とか「ごはんですよ!」とかいう類のものですね。これも異様に食ったなあ…。椎茸入りのヤツが特に好きでした。

・なめたけ瓶詰め
中はエノキダケなのになんでなめたけって呼ぶんだろ、と思ってましたがなめたけはエノキダケの別名なのらしい。これを食べてたのは割と時代が後ですね。この間TVでやってましたが”なめたけを食べ終わった後の瓶に残った汁だけでごはんを食べる”というのはさすがにやったことは無かったなあ。

・さくらでんぶ
”でんぶ”というのは、白身魚の身をほぐして乾燥させピンク色に着色させた食べ物ですね。五目ちらしや太巻きによく入れてたような。これをごはんに掛けて食べるわけです。なにしろどぎついぐらいにピンク!茶碗の中がピンク色!そんな色だったんで、袋の原材料表示読んでも魚だってなかなか納得できなかったなあ。

・黄な粉
オレんちでは黄な粉までごはんに掛けて食ってましたよ。きなこに砂糖と塩をほんのちょっと混ぜてね。黄な粉餅の感覚だったな。

・バター
これやられる方は結構いらっしゃるみたいなんですが、オレはこれだけは邪道だと思っていた!多分乳臭いのが嫌いだったんでしょう。

・お茶漬け
あとなにかというとお茶漬けばっかり食べてたなあ。梅茶漬け好きだったなあ。子供の頃は永谷園は神ブランドでしたね。あと焼きジャケの身をほぐしてごはんの乗せお茶漬けにしたりとかよくやってたなあ。

・味噌汁
味噌汁ぶっかけめしも基本中の基本だった!それもわかめの味噌汁が特に好きで。今の親は子供にこんなもの食べさせないだろうなあ。ってか子供も食べないっすよねえ…。見た目残飯っぽいし…。漁師の方は夏場冷たいごはんに氷の入った冷たい味噌汁をぶっ掛けて食べる、というのをどこかで聞いた事がありますが、それはさすがにやったことはありません。

・焼き味噌
実は今回の「かけごはん」の中でこれが一番の好物だった!どういうものかというと、普通の味噌に砂糖と塩少々入れて油を敷いたフライパンで炒める、とただそれだけのものだったんですけどね。なんか異様に食ってましたね。文字通り「何杯もいける」ってやつでした。ちゃぶ台の真ん中にフライパンがドーンと置いてあってそこから焼き味噌とってごはんに乗せるだけですよ。自分でも作れたし、親は楽だったろうなあ…。

オチはありません!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/27 21:38 のりたまは苦手だ。特にあつあつふっくらのご飯にかけると、柔らかいご飯と堅いつぶつぶが口の中で一緒になる感じが嫌でね。お弁当にかけてあったのはのりたまが湿って柔らかくなっているから、これならまぁ大丈夫だったけど。でもエイトマンシールが欲しくてよく買った。鰹ふりかけは最初から湿っているから好き。とびっこも口中つぶつぶになるからちょっと…。あ゛〜!フジツボを思い出しちゃった。焼き味噌は、我が家では油味噌と言って、味噌に砂糖と刻み葱を入れてフライパンで炒めたやつを食べます。大好き! うん、永谷園のお茶漬け海苔で初めて茶漬けを食べた時は感動しました。でもアラレがふやけてから食べるの。

globalheadglobalhead 2007/04/27 21:55 レイジーさん前に「柔らかいのと堅いの混ざるの苦手」とか言ってたよね。そういう苦手って始めて聞いたのでなんだか面白かった!なんでだろなあ?ご飯は固目が好きなの?オレはのりたま自体は塩っ辛くてそれほど好きじゃなかったけどね。ネットで調べたら確かにシールとか付いてたらしいんだけど、オレ全然覚えてないなあ…。多分よく食ってたのが5、6歳ぐらいの時だったからかな。焼き味噌はやっぱりよそでも存在したんだ!ネギを入れるのは盲点だった!その後スーパーの惣菜で「紫蘇巻き味噌」というのを見つけ、味が似てたからこれもよく食べたな。味噌が紫蘇に煙草ぐらいの太さで巻いてあって、5本ぐらいが串で刺してあるの。今でもあるのかな?お茶漬けのアラレはパリパリした時とふやけた時の両方が好きだったな!それにしてもフジツボはやっぱりトラウマだったのか!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/27 22:46 膝裏の軟骨にガギガギのフジツボ!ウキャァ〜! ご飯単体ならやや硬めが好きです。
柔らかい卵焼きの中に殻のかけらなんて入っていようものなら、殴るね、隣りに座った奴を。

globalheadglobalhead 2007/04/28 12:43 ホントに感覚的なもんなんだろうなあ「柔らかいのの中の硬いの忌避」というのは。オレの場合「本来硬いのに柔らかすぎる忌避」があるな。茹ですぎておじやみたいになったスパゲッティとか、伸びてお箸で持ち上げるとプツプツ切れるラーメンとか、もう思い出しただけで吐き気がしそうだ!だけど関係ない隣の人を殴っちゃ駄目だレイジー!

paseyopaseyo 2007/04/28 14:07 炒った味噌を紫蘇で巻くのは、ウチあたりでは「油味噌」と言いましたよ。母がよく作ってましたが、胡桃を砕いて入れたりしてました。何処にでもありそうなもんですけど、どうも郷土料理だったらしく、お土産物としても売っていましたっけ。

globalheadglobalhead 2007/04/28 14:47 おおやっぱり「油味噌」ですか。案外ポピュラーなもんだったんだね。胡桃というのもいいな。そういえば昔「ピーナツ味噌」というのがあったのを思い出したぞ。味的には油味噌から油っけ抜いてもっと甘くしたような感じかな。でもご飯とピーナッツ、という組み合わせにどうも納得できなかったなあ…。それにしても今「あぶらみそ」を変換しようとしたら「脂味噌」になってしまい、この「脂味噌」はきっとたっぷりのラードで炒ったかな〜りギラギラギトギトした味噌なんだろうなあ、などとあらぬ想像をして気色悪くなったぞ!味噌だけど胃にもたれる、ってどないやねん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070427

20070426(Thu)

[]7SEEDS/田村 由美 7SEEDS/田村 由美 を含むブックマーク 7SEEDS/田村 由美 のブックマークコメント

7SEEDS 10 (フラワーコミックスアルファ)

7SEEDS 10 (フラワーコミックスアルファ)

タイトルは忘れたのだが、フレッド・セイバーヘーゲンのSF短編にこういうのがあった。

何処かの星系へと向う星間移民船。そこに乗っているのは数十人の少年少女だけである。そしてその中の一人の少年だけが、何故か十年に一度コールドスリープされては目覚め、いくばくかの期間を過ごした後またコールドスリープへと戻る。だからその少年は殆ど成長しないまま、目覚める度に回りだけがどんどん成長してゆく。成長し大人になった者たちは、星間移民船の中で政治と社会と法を作り、その中で愛し合ったり憎みあったりしている。さらにそこでは生殖が禁止されている。時が過ぎ、何度目かのコールドスリープから目覚めた少年は、回りの人間達が既に歳衰え、余命幾ばくも無い者ばかりとなっている事を目撃する。荒廃し絶望にまみれつつ彼等は言う。「この歳では既に他の星に降り立つ事など有り得ない。私たちは何のためにこの船に乗っているのか?」そして少年が次のコールドスリープから目覚めた時、老人となった他の者たちは既に死に絶え、逆に見た事もない少年少女たちがコールドスリープから目覚めさせられている。そこで船のコンピューターが少年に告げる。「これまで君は人間の一生をその目で間近に見る事により、人というものがどういう性質を持ったものであるか学習したはずだ。これから君は新たなリーダーとなり、ここにいる真の移民達の子孫を新しい星へ導きたまえ。」

記憶は正確ではないがそのような話だったと思う。死に絶えてしまった老人達は、少年の学習用の教材としてだけ生かされていた存在だったのだ。これは合理性のみを突き詰めて行くことが窮極的に非人間的な論理へと辿り着いてしまう、という恐怖と冷酷さを描いたものなのだろう。

この『7SEEDS』は現在雑誌連載中で単行本が10巻まで刊行されており、未だ完結はしていない。物語は一人の少女が見知らぬ場所で見知らぬ人たちと目覚める所から始まる。彼女らが訳の判らぬまま放り出された土地は動植物の生態が異様に変化しており、そして彼女ら以外に人間の姿は全く無かった。そしてその土地で危険に満ちたサバイバルを繰り返していくうち、ある真実を知らされることになる。ここは恐るべき天災に襲われ破滅した地球であり、彼女らはその大破壊を察知した当時の政府が、破滅後の未来に人類の種として残すため秘密裏にコールドスリープさせられた者達である事を。さらにこの日本では彼女ら以外にもコールドスリープさせられているグループが幾つかあるという事も。そしてここから、仲間探しと安住の場所を求め、残された者達の日本列島を縦断する旅が始まる。

破滅的なSFビジョンと極限状態でのサバイバルを描き、楳図かずお漂流教室』、望月峯太郎ドラゴンヘッド』、さいとうたかを『サバイバル』を思わせるスケールの大きなSF作品。物語は破滅後の日本各地で目覚めた幾つかのグループが交代交代に登場し、それぞれの視点から滅亡した世界の惨状を描く群像劇となっている。それらのグループが出会い別れ、またはすんでの所ですれ違ってゆく様が非常にドラマティックに描写される。ただそこは女流漫画家のせいか、瞳の潤んだ髪の毛の豊かな少女と細面でサラサラヘアーの長身の少年が主要人物であるところがちょっと違うか。物語りも女性ならではの情緒豊かなドラマが語られ、逆にそこが良くも悪くも”甘さ”を感じさせた。

しかしこれが後半、災厄前に召集され、人類の生き残りになる為選抜された百人余りの少年少女達の章に変わった途端、物語はこれまでと違った凄惨さを見せ始める。人里離れた土地に生活し寄宿学校の中でサバイバルのための知識を学ぶ彼等は、前半の物語の少年少女たちと違い自分らの選抜されている理由を知らされている。そしてその彼等の”卒業試験”がやってきたとき彼等を待っていたのは、”最後の7人”が生き残るまで行われる血塗れの死のゲームだったのである。たった今まで仲間同士だったものが離反し反目しお互いの命を奪い合ってゆく様は、小山ゆうの『あずみ』冒頭、そして小説『バトル・ロワイヤル』を髣髴させる。そしてこの作者の持ち味である豊かな情緒性は、この章にきて詩情と非情のギリギリの狭間で爆発し、この物語を非凡な作品として結実させた。

現在単行本最新刊10巻で描かれるのは、これも人類滅亡前にシェルターに送り込まれた人々の、抗えぬ死と絶望に彩られた破滅の物語である。事故により機能が喪失したシェルターに閉じ込められ、人々は己の命のみしか省みない鬼畜と化してゆく。時間軸を行き来しながら人類の破滅と再生を描く『7SEEDS』、これからこの物語が何処へ向おうとしているのか未だ見えないが、今後の展開にちょっと目を離せなくなってきたコミックであります。(教えてくれたフエタロさんサンクス!)

paseyopaseyo 2007/04/26 19:28 田村由美、独特のアグレッシブさが面白いですよね。「BASARA」も良かったけど、「7SEEDS」もやっぱり濃い。あと少女マンガアクションでオススメなのは、マンガ読む人なら「BANANA FISH」は読んでそうですし、ちょっと古いですけど樹なつみの「oz」、清水玲子の「竜の眠る星」あたりでしょうか。でも最近のはさっぱり判りませ〜ん。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/26 22:56 漂流教室は昔サンデーで読んで、そのあとテレビでドラマ化されたのを娘と観て、本が読みたいとのたまうので、単行本をかわされました。「7SEEDS」もぜひ読んでみたいです。でもね、大人になった私は、本当は気の優しいのんびりした漫画がすきなの。佐々木倫子とか。もう闘い疲れつて、考えつかれたのかなぁ。ピンクフラミンゴで検索したらあっちの映画がでてきた。無修正のやつが観たいな。

globalheadglobalhead 2007/04/26 23:18 >パセヨさん
おお、パセヨさんも結構マンガ読んでるクチみたいですな。オレも最近のはよくわかんないんですが、「ベルセルク」と「GANTZ」あたりの血飛沫満載系は大好きで読んでおります。(デスノも面白かったが)実は「BANANA FISH」はちょっと苦手だった!「竜の眠る星」は昔薦められて買ったのはいいけど読んでなかったなあ。今度再チャレンジしてみようかな。少女マンガは大島弓子と山岸涼子が好きでしたね。あと森脇真未味もよかったなあ!

globalheadglobalhead 2007/04/26 23:55 >レイジーさん
「漂流教室」は名作中の名作でしたねえ。オレもサンデー連載中ちょっとだけ読んでましたが、完結後単行本をまとめて買って読んだほうです。「デビルマン」や「寄生獣」と並んでトラウマになるほど衝撃的なお話でした。最近の漫画にはもう付いて行ってないです。小説読んだほうが面白いんだもの。戦い疲れましたか!オレは戦ってさえいない!戦わないから負けたことも無い!だから負け犬にさえならない!という万年人生不戦勝を標榜しております。まあそれは冗談としても、戦う時は別人格を用意しますね。この人格は下品で田舎者で頭が弱くて日本語の理解力がなくて暴力的です。要するに”話が通じない奴”または”バカ”です。たいていの相手はまともに相手をする気が無くなって戦わなくなります。そしてオレも戦いません。同じフィールドにいると思われてるから戦っちゃうんです。それにもしやられても別人格なのでダメージが少ないです。こっそり教えるとオレの日記のアホキャラというのはこれなんです。あと自尊心の無さも必要なんだがな!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/27 00:09 私も最近何か言われたら「だって馬鹿なんだもーん、ぴっぴきぴ〜」でやり過ごす。相手が呆れて戦意喪失し、論破しようなどと思わなくなるみたい。

globalheadglobalhead 2007/04/27 00:27 それそれ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070426

20070425(Wed)

[]Out Of The Woods / Tracey Thorn Out Of The Woods / Tracey Thornを含むブックマーク Out Of The Woods / Tracey Thornのブックマークコメント

Out of the Woods

Out of the Woods

暫く休止状態だったエヴリシング・バット・ザ・ガール(EBTG)のヴォーカリスト、トレイシー・ソーンが久々にソロ・アルバムを発表。なんとソロとしてはEBTG結成前の『遠い渚』以来25年ぶりのものとなるらしい。音のほうはというと休止前のEBTGと変わらぬエレクトロニカ風のものが多いが、パートナーであったベン・ワットの趣味であるハウスやドラムンベース調のものよりはもっとポップだしアコースティックな音もあったりする。プロデュースや演奏にはベン・ワットの名前は無く、本当にトレイシーの個人的なソロらしい。
そしてこの作品にはソロ時代やその後のEBTGのアルバムに見られたひりひりとした孤独感や喪失感が薄い。むしろ落ち着いた伸びやかな曲調と歌声が聴く事が出来る。EBTG休止の理由は彼女トレーシーが出産し、育児に専念したいという理由だったからだそうだが、そんな所からも、今現在の彼女の音楽的スタンスがどこにあり、モチベーションがどこから沸くのか想像できると言うものではないか。アルバム1曲目などは子守唄そのものなのである。
確かにこのアルバムにはEBTGで聴けた緊張感は殆ど無いのだけれども、それはいつも俯いているような青年期を過ごしていた友人と久しぶりに会ったら、子供の親となってとても満ち足りた表情をしている様へと変化していたのを発見したような、何か奇妙な感慨を覚える音として仕上がっている。
EBTGの2ndアルバム『Love Not Money』の中で「お転婆娘の自由な世界なんてワイフになっちゃったらおしまい」(Trouble and Strife)と歌っていたトレーシー・ソーン。彼女は母になって自分の居場所を見つけられたのだろうか。

[]EBTGアコースティック・ライブ EBTGアコースティック・ライブを含むブックマーク EBTGアコースティック・ライブのブックマークコメント

YouTubeにあったエヴリシング・バット・ザ・ガールのアコースティックライブ。
曲目は「Each And Every One」と「Rollercoaster」だが、オリジナルでの温かなホーンとジャジーなアンサンブルが絶妙だった「Each And Every One」も、柔らかなウッドベースの音色が耳に心地良かった「Rollercoaster」も、このアコースティックバージョンで聴くと彼らがソロで歌っていた頃の心に突き刺さるような切なさに満ちている音であったことに気が付かされる。
逆に言うとEBTGの音はどれもここから肉付けされたものであるということなのだろう。これまで様々な音楽スタイルを経ながらアルバムをリリースし続けてきたEBTGだが、その本質的な部分では常に頑固で変わらないものを持ち続けていたのだ。そんなことを窺わせる貴重なアコースティック・ライブ映像だということは出来ると思う。ベンとトレーシーのペアルックなシャツもなんだか微笑ましい。
(via:UPSETTING!-レゲエな日々-)

EBTG(Everything But The Girl) - Rollercoaster(acoustic live)
YouTubeのEmbedタグが使えない形式みたいなので上のリンクから飛んでください)
f:id:globalhead:20070418171235j:image

shidehirashidehira 2007/04/25 15:32 >EBTG
「オンナノコ以外は全部(揃ってる)」って、何言ってるんですか、フモ大兄にはオニンギョがいるじゃないですか!
なんてことはどうでもよくて、是非フモさんにはバート・バカラックを起点とした、EBTG、スウィング・アウト・シスター、ドリカム等の男女ユニットについて論じてほしいもんです。
P.S.YouTubeに「time after time」もありました。本家よりコッチの方がずっと好き。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/25 18:22 男女ユニットについて論じて欲しいです。蝶々&雄二とか敏江&玲児とか大助花子とかかつみサユリとか。

globalheadglobalhead 2007/04/25 21:28 >shidehiraさん
”Everything But The Girl”って「オンナノコだけはゲットできなかった!」という意味だとずっと思っておりました。実際はどこかのお店の名前から頂いたものなのだとか。男女ユニットといえばウルトラマンAの北斗と南以外考えられないじゃないですか。男女合体変身と聞いて子供心にドキドキしていた過去があるのはナイショだ!「time after time」はアルバム「Acoustic」に入ってて、オレも好きな曲です。こっちのほうがオリジナルか?と思うほど出来が良いですよね。

globalheadglobalhead 2007/04/25 21:29 >レイジーさん
男女ユニットといえば林家ぺー・パー子以外考えられないオレだ。ぺー・パー子の前に男女ユニット無くぺー・パー子の後に男女ユニット無しだとさえ思っている。しかし世界初のホモユニット『おかまのケン with スーパー ホモンキーズ』はその殿堂の中に入れてあげてもいいとはちょっと思っている。ちなみにぺー・パー子の結婚披露宴の引き出物がトイレットペーパーだったというのは暮らしに役立つちょっとした豆知識だ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/25 22:00 チョ、その「おかまのケンwithスーパーホモンキーズ」に関してまったく知らんのですが…。

globalheadglobalhead 2007/04/25 23:20 実はオレもよく知らないんだが(おいおい)、名古屋発の唄って踊れるホモユニットということらしい。あのみうらじゅん作詞作曲で華々しくデビューし、紅白を目指したがユニット名でNG、その後久本雅美命名でPINK・フラミンゴに改名。現在も活躍中?公式HPhttp://pink-f.com/index2.html。しかしコメントレス書く為夜中にホモユニットの検索を一生懸命やっている自分がイヤだ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070425

20070424(Tue)

[]WK Interact: Exterior - Interior Act 2 WK Interact: Exterior - Interior Act 2を含むブックマーク WK Interact: Exterior - Interior Act 2のブックマークコメント

WK Interact: Exterior - Interior Act 2

WK Interact: Exterior - Interior Act 2

ニューヨークに住むフランス人アーティスト「WK INTERACT」。過去にコム デ ギャルソン、ヨウジ ヤマモト、クーパー美術館、ヘンリーベンデルなどのディスプレイを手掛けてきた彼の作品集。スケーター、カンフーマスター、ボクサーなどダイナミックで独特な人物像が、ストリートを中心とした様々なオブジェに現れる。グラフィック・デザインはもちろん、インスタレーション作品等も収録されています。

InteriorVibe http://interiorvibe.com/56.html

ヒップホップやグラフィティアートには興味は無いのだが、ストリートアートには何故か惹かれるものがある。そしてこのWK Interactのグラフィックアート/インスタレーションには非常に洗練され完成されたものを感じた。美術の門外漢なりに考えると、アートと言うのはひとつの手法をどこまでも洗練(または極端にカオティックに)させていくことなのかな、などとこれを見て思った。WK Interactがやろうとしていることはストリートアートが持つ手法としての直接性に注目し、その視覚的な衝撃性と暴力性を抽出して洗練させ、そしてそれが存在する街並みを含めてひとつの作品としてみることなのだろう。だからこれは都市の存在そのものを批評したシチュエーションアート/インスタレーションということも出来る。何も無い山の中にこのアートを持ってきても意味が無いからである。もしも山の中ならWK Interactは山の中なりのアートを描き出すだろう。多分WK Interactは山の中に興味は無いと思うが。
以前紹介したBanksyやShepard Fairey含めこのような作品を面白いと思うのは、多分これらの作品に、先程も書いた表現としての直接性、即ち社会と現実の在り方にシンクロナイズした作品存在の生々しさ、そして批評性に興味を覚えるからなのだろう。こうしたストリートに根ざしたアートからは非常に強固なタフさを感じる。このWK Interactに関してはストリート・アートとして洗練されすぎているきらいがあり、その辺が有名デザイナーのアパレルブランドに起用される所以でもあるのだろうが、それは手法の剽窃というよりもアーチストとしての目の付け所の違いと判断したほうがいいのだろう。

■WK INTERACTオフィシャルHP

f:id:globalhead:20070306154907j:image f:id:globalhead:20070306155011j:image

f:id:globalhead:20070306155230j:image f:id:globalhead:20070306155024g:image

■作品制作風景

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070424

20070423(Mon)

[]テキサス・チェーンソー・ビギニング テキサス・チェーンソー・ビギニングを含むブックマーク テキサス・チェーンソー・ビギニングのブックマークコメント

伝説のホラームービー『悪魔のいけにえ』をリメイクした『テキサス・チェーンソー』の、その前日譚である。レザーフェイスの誕生と彼の基地外家族の成り立ち、”あの”ホイト保安官がどのように保安官になったのか、などが描かれ、例によって虐殺行為てんこ盛りの内容になっている。だがしかしそれ以外の部分で1作目『テキサス・チェーンソー』と何か違うのかというと、殆ど同じ内容だ!『テキサス・チェーンソー』をもう1回観直すのと何が違うのか判らないぐらい新鮮味が無い出来だ!
レザーフェイスの誕生も、出産シーンは描かれるが少年時代とかがある訳でもなくいきなりデカイ成りになって生肉工場で肉きり包丁振り回してるしな。確かに初めて電ノコに触れるシーンはぞくぞくきたし、ホイトに”そいつをうならせろ!つっこんでやれ!”とガナられて「初めての電ノコ殺し(はあと)」を行うシーンは「来た来た来た!」と盛り上がったけどね。それ以外はなんだか”前日譚”としての説明的な描写が続くだけで、そこに至るおぞましい原因だとか動機が明らかにされる訳では全然無いんだよね。要するに基地外家族は最初っから基地外だったというだけだ!一応物語の背景にはベトナム戦争をしてた時代だったというのと、それに先立つ朝鮮戦争の影が見え隠れはするが、そんな社会派の映画なんかじゃ全く無いです、ハイ。
そして今回の犠牲者の皆さんはベトナム戦争に召集されたワカモノ達とその恋人ということになるが、みんな今風のルックスなワカモノな為に時代の雰囲気が伝わってこないのも難在りだな。しかしホイト保安官役のリー・アーメイが”前日譚”だというのに前作よりも老け込んでいるのがなんだか笑ってしまったが、それは別としてもこのリメイク版の本当の主役ってレザーフェイスじゃなくてホイト保安官なんだよな。これって観た人は皆思ってるんじゃないかな。今回のレザーフェイスって単に図体のデカイ馬鹿ガキって感じで狂気や禍々しさが薄いの。
だからいっそのことレザーフェイスで続編を作るんじゃなくて、ホイト保安官を主人公にしてダラダラと続編作り続けるというのもいいかもね。そういうわけで次作はあいつの朝鮮戦争時代の血塗れの日々を描いた『ホイト保安官ビギニング』『ホイトたちの沈黙』『ハンニバルホイト』『ホイト・ドラゴン』というタイトルで企画を練るというのはどうだろう。なんか聞いた事のあるタイトルばかりだが、ホラー映画に二番煎じは付き物だ!
前作『テキサス・チェーンソー』については凡作という意見が多いがオレとしてはこれはこれで好きだったな。ホイト大活躍!というのもあったが、廃物感覚溢れる美術と撮影はとても見所があったのではないかと思う。それとやっぱりあのしつこさね。この『ビギニング』に足りなかったのは案外あのしつこさだったのかもしれないな。

[]ディセント ディセントを含むブックマーク ディセントのブックマークコメント

THE DESCENT [DVD]

THE DESCENT [DVD]

この『ディセント』、これがもう箸にも棒にもかからないグダグダのホラー映画で、オレは途中で何度観るのを止めようかと思った事か。物語は6人の女子がとある洞窟へ冒険しに行くのだけれど、そこは人食い族の棲む恐怖の洞穴だった…というものなんだけれど、ハイキング感覚で車で行ける様な場所に、なんで今まで誰からも発見された事のないような人食い人種が棲んでるんだよ!それに洞窟冒険の理由が交通事故で家族を失った一人の女子を励ます為、って、もっと別のことで励ませよお前ら!しかもこの交通事故の惨たらしい様子は冒頭で描かれるのだけれど、物語と何の拘わりも伏線にもなっていないんだよ!
でまあ洞窟に入ったのはいいんだけど女子達がいきなり落盤にあって閉じ込められちゃうのね。だけど慌てず騒がず「でも役所に洞窟入るのは届けてあるから救援隊は来るよね?」と話している所に今回の冒険の発案者らしい一人の女が、「いいえ、言ってなかったけれど、ここは誰にも知られていない秘密の洞窟!役所には届けてなんかいない!何故って真の冒険は未踏の場所を踏む事にあるからよ!だから救援隊は来ないわ!」などと周囲の神経を逆なでするような衝撃の事実を話し出す!しかも全く悪びれてない!さらにこの女は最後まで図々しく生き延びちゃったりしてんのな。要するにこの女がアホなばかりに全員巻き添えを食ってさらに化物には食われちゃう、というお口ポカーンな設定なんだよ!大体なんなんだよ誰も知らない秘密の洞窟ってぇのはよ!
で、出てくる化物ってぇのはLOTRのゴラムに毛が生えたような裸族で、顔がブサイクな以外は痩せこけちゃって単なる可哀想な人たちなんだよ!ただこれがなんと何十人もいる!これだけの化物が人間食い漁ってたらどこかでバレるに決まってんだろ!ああもう本当にいい加減にしてくれ!…という訳で今年見たサイテーのホラー映画に決定した『ディセント』なのであった。

[]サスペンスとかそういうの サスペンスとかそういうのを含むブックマーク サスペンスとかそういうののブックマークコメント

ホラーでもサスペンスでも一番うんざりさせられるパターンは、登場人物がアホなゆえに事件が起こり事態が混乱し悲劇が広がる、というヤツだな。で、大概が何十人も死なせておきながら事件の発端を作り全てをヤヤコシクさせたヤツがクライマックスまで生き残り、「何故こんな恐ろしい事が起こるんだ!」なんて叫んじゃったりするのな。それはオメーのせいだってば。そういうのに限らず、サスペンスを盛り上げる為にわざとらしいぐらいドン臭くて行動のじれったいヤツが出てきて、周囲の足を引っ張るとか誰か仲間を死なせちゃったりするのな。
これはこういうドン臭いヤツにイライラさせられるというのと同時に、サスペンスの盛り上げ方として安易だし下手糞だと思うのよ。パニックに至って身がすくむと言うのは人間あるのだろうが、それを物語内でやられると確実にテンポを殺ぐな。結局自分の身を守れないヤツがヤラレちゃったって、そんなもんホラー映画ならザコな訳だから描写するだけ時間の無駄なんだよ。
あの名作スプラッタホラー『ゾンビ』が何故凄い映画だったかというと、登場人物達がお互いの知力や能力を最大限生かし協力し合いながら極限状態の中をサバイヴするのだけれど、それでもなお死の暗い穴が彼等をいやおう無しに飲み込んでゆく、という悲劇性があったからだと思うんだよな。

shidehirashidehira 2007/04/23 13:04 >「ホイト」シリーズ
ホイトがレンジャースかカウボーイズの試合のスタジアムを警備に借り出される(だけ)の『ホイトの黒い日曜日』も是非ラインナップに。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/23 20:38 アホなゆえに事件が起こり、混乱し悲劇が広がるパターンや、ドン臭いやつに足を引っ張られたり大迷惑を被るのって、現実社会では当たり前の様にあるのだよね。それを作品にもってこられてもつまらんよね。しかし「ホイト保安官ビギニング」は観てみたい気もする^^

globalheadglobalhead 2007/04/23 21:20 >shidehiraさん
わはは、実はshidehiraさんの登場をちょっと期待しておった!単なる警備員のクセにタイトルに名前が付いているホイト保安官!そして多分何も活躍しない!いっそリー・アーメイにはコメディに転向してもらって「裸の銃を持つホイト」とか少しも面白くない映画を作ってもらいたくなってきた!

globalheadglobalhead 2007/04/23 21:21 >レイジーさん
あー、それは言えてるような気がする!やっぱりオレが映画に求めてるのはヒロイックな活劇なんだろうな。時々映画観てると「こういう状況だったらオレなんかは、真っ先にテロリストに蜂の巣にされるかゾンビに齧り殺されるザコだよな。」としみじみ思ったりするよなあ。やっぱり自分に無いものを求めてるのかよ!「ホイト」シリーズは現在「日本一のゴマすりホイト」「「Mr.ホイト!インベーダー作戦」などが鋭意製作中との事です。(ホントかよ)

20070422(Sun)

globalhead2007-04-22

[]今日は普通に日記 今日は普通に日記を含むブックマーク 今日は普通に日記のブックマークコメント

■ネタばかりだと疲れるのでたまには普通に日記のようなものも書くのだ。
■先週は実は風邪引いて二日ほど会社休んで寝ておった。日記は書き溜めしてあったのを載せたのであった。もうたいがい治りましたので心配無きよう。
■あとXBOX360の『ギアーズ・オブ・ウォー』クリア。エライ出来の良いゲームであった。これでなんで日本でXBOX売れんのかサッパリ判らん。
■続いて放置中だった『ブルー・ドラゴン』をやっと再開。同じくXBOX360。「もうRPGのレベル上げなんてやってらんないですよ?」などと減らず口叩いていたくせに今日はせっせとレベル上げ。気が付くと6時間みっちりプレイしていたオレガイル。ええ、とっても面白いっす…。
■ああ…FF12はいったい何時プレイ再開となるのか…。
■その他では本読んだりDVD観てたり相変わらずピザ食ったりと愉快なインドアライフの二日間。
■これでいいのだ。
■髪切った。2ヵ月半ぶり。
■コーヒー飲み過ぎて神経が昂ぶっちゃったらしく虫歯でもないのに歯がイタイ。
■珍しい方からメールが来ていてちょっと嬉しかった。オレのようなもんでも何かの役には立つらしい。
■なんだかアマゾヌで無意味にボロボロCDを買ってしまう。今週だけで10枚…。
■明日会社の健康診断なんだが今日もいつも通り酒カックラッてるのだと思います。
■そんな毎日。

[]レイジーさんへの公開書簡 レイジーさんへの公開書簡を含むブックマーク レイジーさんへの公開書簡のブックマークコメント

いつもありがとなレイジー。ネットって物事が大げさに伝わるから風邪ぐらいならこっそり書くことにしたのだよ。入院とか手術とかだったらすぐ書くだろうけどな。幸いそういう体験は未だ無いのだな。若いというのはよく言われるし素直に嬉しいよ。でもそれはオレには家庭のような現実的なしがらみが無いからなのだと思うよ。もっと言っちゃうとオレは現実を現実と思ってないからなんだろうな。それが正しいか否かはまた別の話だけれどな。

いつか書こうと思っていたけれど、30代40代の家庭があり子供がいてそういう現実に四苦八苦している人たちが幸福だと思える社会じゃないとそれは駄目だろう、ということは頭にあって、だからオレはたまさかユースカルチャーと戯れてはいるけれど、それが世の中で一番だと本当は思っているわけではないのだよ。ただオレはオレの立場でモノを言うだけなのだけれどな。

しかし快楽物質が頭から出まくっているような日常というのは、これは努力しなければ出来ないものだ!そもそも幸福なんてぇのは、それを強く望まなければ成れるわけが無いのだ。オレは口を酸っぱくしていいたいのは、「人は自分の想像できないものにはなれない」ということだ。これホントだよ。

不平不満や愚痴や憤怒は、それはあるのだけれど、それにかかずらう体力精神力そして時間の無駄を考えると、決してペイするものではないというのがよくわかるのだよ。

だったら別の事を考えていたい。だって人生は短いじゃないか!オレが音楽が好きなのは、たった3分ぐらいの時間の中にリズムとメロディに対するありったけの想像力が込められているからだ。人間の耳というのは原始的であるのと同時に正直でね。どんなに音楽に疎い人でも1秒たらずのリズムの遅れでさえ気が付く。それは文章や映像と違い誤魔化しが難しいものなんだ。その中で切磋琢磨する想像力にオレはリスペクトする。音楽は、それをなによりダイレクトに表現する。オレはいつだか、はてダで知り合いになれた方に「フモさんは映画や本やいろんなことが好きみたいですが、本当に好きなのは何なんですか?」と訊かれた事があって、その時は「音楽です」と即答したよ。何がいいたいかというと、オレは、他人の想像力に触れているときが一番幸福なんだ。だからね。その愉悦の中にいる限り、オレは幸福なのだと思うわけなんだよ。それが、オレの、幸福の原点です。

飲むと確かに喧しいんだオレは!なにしろオレの行動の基本は”楽しい”だけだからな!それはもう動物的なもんなんだが、理屈ばっかり言うことが当たり前になっている人は、人というのは、即ち自分はひとつの動物であるということに気付くべきだと、これもしみじみ思ってるんだがな。まあ、前回はちょっと緊張したというのもあるんだが、実はあのオフ会はレイジーさんと会ってみたかったから企画したものでもあるのだよ。リアルの会話では煙幕を張りまくるがオレの癖なんだが、今度は素面で話せるといいな。わかんないけどな!

以前書いたカート・ヴォネガットの記事で、「愛は負けるが親切は勝つ」と彼が言っていたというようなことを書いたが、実はこの日記ってオレがとある女子にフラレたことがきっかけで書き始めた日記なのだよ。最初はそれなりに荒れていたんだが、書き続けると自分に客観的になってくるのと同時に、いろんな人がオレに声を掛けてくるようになったんだよ。なんでこの人たちはオレに親切なんだろう、と思ったよ。そして、なんだ、生きてるのってそんな捨てたもんじゃねえな、と思えたんだよ。だから自分は孤独だ!とか自分は理不尽な目に合っている!とかもう思わないようにしたんだ。これが今のオレであります。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/22 21:48 ありゃあ、お休みしていたんですね。回復してから書くところが大人だねぇ。長引かなくて良かったです。でも風邪は侮らずにね。年なんだから(プププッ)とは言え、フモさんは若い! たえず快楽物質が脳からでている感じがする。社会人につきものの嫌な事や不満や愚痴が、絶対に文面に出てこないものね。意図的にせよ、そゆとこ好きです。でもたまには怒ったり大声だしたりするのですか?いや、飲むとヤカマシイのはわかったが。

globalheadglobalhead 2007/04/23 00:53 レイジー、コメントの返事書いてたら例によって長くなってしまったんでまたエントリにしとくな!滅茶苦茶”自分語り”しまくりの文章だ!ザマミロ!人生への深い含蓄に満ちた聞くも涙、読むも涙の文章だ!こういう文章は酔っ払っている時しか書かないから心して読むがいいさ!(なんだい結局酔っ払ってんのかよ…。)

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/04/23 12:45 FUMOさんがプロフの画像にしてるバンクシーの壁絵
間違って消されちゃったんだね(´・ω・`)

なんか忙しそうなんでほんと、時間があいた時でいいんで……
なんか申し訳なくなってきた。
ほんと……往生しなっせ! あ、じゃなくて、療養しなっせ!

「人は自分の想像できないものにはなれない」
はいい言葉だね。ちょっとグっときたのは秘密だ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/23 13:45 う〜む。。。確かにかなりグッときた。想像だけして努力をしない自分を反省したぞ。私がはてダを徘徊し始めたのは、やはり音楽関係を軸に日常を書いている方に4〜5年前に誘われたのがきっかけだが、色々なブログの中にある知識や情報量もさることながら(これは二の次かも)、自分には無かった物の見方や考え方に絶えずハッとさせられ、自分の浅はかさを思い知らせられる快感があるからなんだと再確認したよ。

globalheadglobalhead 2007/04/23 21:19 >バナナさん
おおバナナもバンクシー注目してくれていたか。壁絵の消されたニュースはオレも見たが、ああやって消えてゆくというのもバンクシーのアートらしいなと思ったよ。
たいした忙しくないから安心しろ。忙しい人間は休日6時間ぶっ続けでゲームしない!日記には「いつも素敵なバナナさんから」と書こうと思ったが甘やかすとまずいのでああいう書き方をしたのは秘密だ!ってか、まだ往生しないからな!

globalheadglobalhead 2007/04/23 21:19 >レイジーさん
いやー、ビールがんがんに飲みながら「ガキつか」観てゲラゲラ笑ったあとに書いた文章だからかなり割り引いて読む必要があるな!努力はオレも全然してないから安心しろ!肝心なのはその結果に文句を言わない事だ!という訳でド貧民の生活に首まで浸かって満足な日々。(…ん〜やっぱり考えちゃうか…。)
>自分には無かった物の見方や考え方
日記なんぞを始める前、いっぱしにモノ知ってるつもりで粋がってたオレだが、日記を始めて人の日記も読むようになると自分なんて何にも知らないアマちゃん、ひよっこだったってことが骨身に染みて判ったよ。やっぱり日記の基本は”謙虚”だっていうのはホントだよな。

FuetaroFuetaro 2007/04/23 21:33 僕はバックシーって人よく知らないけど、グラフティがプロの清掃員に消されて一生を終えていくっていうのはある意味かっこいいなぁと思いましたねぇ。変に何千万の価値があるとか決め付けたり、自称友人が抗議の落書きしたりするのはカッコ悪いけど(笑)

globalheadglobalhead 2007/04/23 22:47 >フエタロさん
そそそ。ストリートアートってひとつの都市論なんだから、都市が変化すると同時に風化していったり消されたりするのはありえることなんだろうと。まあバンクシーも一応食わねばならないのでアトリエ持って作品売ってたりもするけども。作品はサザビーズオークションで6点で8500万円とか値が付いたらしいが、こんだけ有名になってもディズニーランドにイラク兵囚人の人形置いたりして遊んでいる所が、やっぱカッコよかったりするんですよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070422

20070421(Sat)

[]されど小ネタの日々(その3) されど小ネタの日々(その3)を含むブックマーク されど小ネタの日々(その3)のブックマークコメント

「俺にもしもの事があったら」を自動化する (via:ITmedia.)
もしもの事があった時、パソコンに保存してある人に観られたくないあんな画像やこんな動画を自動で消してくれるという画期的なツールです。あ、オレはこんなの必要ないけどね!

カルピス豚汁レシピ(via:カルピスカフェ - カルピスクッキング)
カルピスで豚汁!他にカルピススパゲティカルピス鍋など盛りだくさんだ。
f:id:globalhead:20070418155910j:image

街灯のミニチュアが入った飛び出す絵本 (via: Gizmodo Japan)
飛び出す絵本ってなんか好きだな。これは本を開くと街灯の明かりが灯ると言うものです。
f:id:globalhead:20070418160100j:image

スター・ウォーズネタ4連発!
空飛ぶダースベイダー (via:Fresh News Delivery)
あとジャバザハットやC3POなんかも作るといいと思います。しかし当然ジャージャーは誰も作らないという罠。
f:id:globalhead:20070421114228j:image
「スター・ウォーズ」が切手に!R2-D2型ポストも登場!(via:eiga.com)
勿体無くて使えません…。
f:id:globalhead:20070418160009j:image
YouTube - 自主映画「手づくりのスターウォーズ
D
YouTube - ヨーダダンス
D

友達を驚かせたいときに使える枕『Blood Puddle Pillows』(via:POP*POP)
寝心地は悪そうだけどな。しかし本当にこのような事態になったときに今度は誰も相手にしてくれなかったりして。
f:id:globalhead:20070418160037j:image 

彼女は体が弱いんだ!(via:字幕in)
キャバクラネタ。最後に大統領が突っ込んでくれます。

マイクロソフトの「ペイント」だけを使って「モナリザ」を描く超絶技術(via:ひろぶろ)
高機能なグラフィック・ツールではなく「ペイント」だというところがミソ。才能がある人はツールを選ばないという事でしょう。
《Spluch: How to paint the Mona Lisa with MS Paint》
D

Google Earthで上空から見つけた動物たちの数々(via:小太郎ぶろぐ)
いっぱいいるように見えつつも年々減少しているのでしょうなあ。
D

生まれつき前足がなく、後ろ足だけで立ち歩きする犬(via:動画百式
あたかも進化した犬であるかのように見える。犬がんばれ。
D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070421

20070420(Fri)

[]されど小ネタの日々(その2) されど小ネタの日々(その2)を含むブックマーク されど小ネタの日々(その2)のブックマークコメント

Googleでmp3ファイルを検索する(via:μ-ziq.com)
Googleで以下のコードを入れて検索するとmp3ファイルを検索できるという裏ワザ。下の例ではNirvanaを検索しています。" "の中を代えて入力すること。

 -inurl:(htm|html|php) intitle:"index of" +"last modified" +"parent directory" +description +size +(wma|mp3) "Nirvana" 

吉野家の牛丼「ねぎだく」は今どうなっているか
暫定的に復活している吉野屋牛丼。この時期に「ねぎだく」を頼んでも受け付けてもらえるかしらん?というお話。

あなたの知っているまったく役に立たない雑学(via:無気力通信↓)
・津波や地震などあらゆる自然災害の中で、有史以来、最も多くの人間を死に至らしめてきたのは、落雷。
・地震・雷・火事・おやじ の「おやじ」は元は「親父」ではなく、台風を意味する「おおやじ」(やじ=強風)
・エレベーターの中の鏡は身だしなみ用ではなく、車椅子が安全に乗降できるように後ろを見せるため
・秋田には「トヨタカローラなまはげ」がある 

『トランスフォーマーNIKE』の靴がすごいです… (via: P O P * P O P)
映画のほうも楽しみですな。しかしこの靴を履くのか遊ぶのかそれが問題。
f:id:globalhead:20070418155940j:image

名古屋ではピザも名古屋風(via:News-Walker.NET)
エビフライ、名古屋コーチン(ゆで卵)、味噌カツ!名古屋名物トッピングしまくり!
f:id:globalhead:20070418160201j:image

ゲゲゲの鬼太郎妖怪村
いかん、『水木しげる原理主義者』のオレとしては是非行かねば。
f:id:globalhead:20070418160130j:image
asahi.com:目玉おやじゼリー人気 サンシャイン60に鬼太郎カフェ - 暮らし
目玉おやじ食ってます。
おまけ:ネコ娘の変遷

■(記事追加!)「鬼太郎妖怪バー」がオープン!

バーでは「血の池ワイン」や「砂かけばばあの砂肝」など、ユニークなアルコール&おつまみを販売。5/3〜5には、なんと!鬼太郎・猫娘(着ぐるみ)が遊びに来るよ♪
【鬼太郎妖怪バー メニュー】
・血の池ワイン(赤)
・妖怪の泉ワイン(白)
・砂かけばばあの砂肝
・鬼太郎ビール(3種)
・ぬりかべチーズ盛り合わせ
・骨骨セット(手羽元&イカ軟骨)

f:id:globalhead:20070420204821j:image

香港版のリアルドラえもんがなんだかちょっとすごいぞ (via:小太郎ぶろぐ)
妙に痩身のドラえもんとノビ太が中国語で会話しているだけでも可笑しい。
D

オフィスでブチキレる人ワースト10
みんなブチキレまくってます。
D

黒澤明『生きる』をフルムービーで(via:DIGITAL DJ)
2時間22分フルで観られます。大きいサイズはこちらで。
D

ヾ(=ΘΘ=)ノヾ(=ΘΘ=)ノ 2007/04/20 12:43 ド、ドラえもんが凄いぃぃ〜。可笑しすぎるぅ〜。
これは香港のコントなんでしょうか。いや、ウケました(笑)

一反もめんの牛乳かん、これもいいぃ〜。

globalheadglobalhead 2007/04/20 20:55 ドラえもんの細さとダルそうな様子がいいよね。しかも香港製なのに何故か関西の匂いがする…。”牛乳かん”ってそういえばよく判ってないなオレ。(一反木綿のおでんだとばかり思っていた!記事読んどけオレ!)牛乳の寒天?昔みつまめとかに入っていたやつ?みつまめなんて単語自体懐かしいよ?タマさんママはお子ちゃまに作ってやったりします?HP見たらまた記事追加してたんでこっちものっけておきます。ぬりかべチーズ盛り合わせ!鬼太郎バーは面白そうだからこれは是非行かないとなー。誰か暇なヤツー!付き合えー!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/20 22:30 みつまめに牛乳寒は入ってない。ぬりかべチーズに血の池ワインはいいね、下界を眺めながら。テレビでおやじキャンディーを実際に舐めていたけど、本当に白目が筋状に充血してきて、気持ち悪かったよ。

globalheadglobalhead 2007/04/20 23:21 そうか、オレみつまめに入ってるサイコロ状に切った寒天って結構好きだったんだよね。そうするとなおさら謎の牛乳寒だ!大体みつまめってオレが食ってたのは缶詰のみつまめなんだけれど今は存在しないんだろうなあ。東京育ちの知り合いに甘味処連れて行って貰った時は「甘いもん食うだけの為にどこかの店に入ることは今後一生無いだろうな」としみじみ思ったな。…思ったがその後京都でキャワイイ女子と甘いもんを楽しく食ってたのを今唐突に思い出し、いやあ、あれはオレの人生でも稀有の体験だったなあ、と遠い目で回想に浸るオレであった。昔話昔話。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/20 23:32 都内の老舗和風甘味処はまかせて。ごつい男達でツアー組むのもオツだ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/20 23:41 あ、今でもスーパーやコンビニで栄太楼のみつまめとあんみつ(白蜜、黒蜜)は定番ぽく売ってるよ。今日から旦那が出張だから、娘と居酒屋でめし。娘が「スリムスリムスリム」と言うカクテルが飲みたいと言うのでお姉さんを呼んだら、ファットファットな方がみえて、で、なんか言い辛くて、変におどけてしまいました。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/21 00:08 おおやじ=台風、また一つ勉強になりました。

globalheadglobalhead 2007/04/21 10:29 和風甘味!甘いもんはあまり食わんのだ。ただ和風と訊くとなにか風情があってよいな。もしかしたら案内してもらう事があるやもしれん。甘いもんといえば仕事中に間食でよくチョコレート食うな。チョコ食うと背中がぽかぽかしてきて新陳代謝の衰えてきたオレには重宝するのだよ。
>「スリムスリムスリム」
昨日は居酒屋からコメントくれてたのか?スリムx3はいったいどのようなカクテルだったのだろう…。お姉さんには顔をじっと見ながら母子で「スリムスリムスリム!」と連呼してあげると吉。オレは昨晩はホラー映画観ながら酔っ払ってたぜ!
>おおやじ=台風
スレによると山風(やまじ)、大東風(おおあじ)説もあるようだな。どちらにしろ強風のことらしいな。

paseyopaseyo 2007/04/21 10:40 鬼太郎バー、付き合うー。甘味処巡りも仲間に入れてください。
>「スリムスリムスリム」
最近甘いものの食べすぎで肥えてきた…でもツアーには行きたいし…うああぁ。

globalheadglobalhead 2007/04/21 10:50 おおパセヨさん!メンツが揃ったという事はやらねばならないということだな!鬼太郎バ−は4月27日(金)〜5月6日(日)の連休中開店ということだからその時期だな。その後甘味処などもよかろうか。あとはレイジーさん次第だ!という訳で池袋近辺妖怪&スイーツオフということで来たい人はオレにメールでもくれるといいさ!(あとで告知でもしようかなあ)
>肥えてきた
いやー、パセヨさんはめっちゃスレンダーな女子だったからなんも心配いらんのではないかと!

FuetaroFuetaro 2007/04/21 11:11 時間があれば僕も行くー。けど仕事があるのでGWは微妙…。

globalheadglobalhead 2007/04/21 11:23 今フエタロさん誘おうかと思ってmixi開いてた最中だった!既にレイジーさんとは連絡取れてますのであとは日にちだなあ。日暮里3時集合という話が出てますよ?

FuetaroFuetaro 2007/04/21 13:36 5/3か5/4あたりが空いてるかも…仕事にもよるので流動的ですが…すまんです。

globalheadglobalhead 2007/04/21 14:00 判りました〜。今みなさんの予定調整している所です。そのあたりでやりたいですね!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070420

20070419(Thu)

[]されど小ネタの日々(その1) されど小ネタの日々(その1)を含むブックマーク されど小ネタの日々(その1)のブックマークコメント

土星のナゾの六角形(via:Technobahn)
当然悪い宇宙人の陰謀に決まっています。
f:id:globalhead:20070418155657j:image

ヘビメタなどの音楽にはリラックス効果がある、英国で論文発表(via:Technobahn)
好きな音楽を聴いていればどれもリラックスするのではないかと。

「らーめん缶」が発売に、自販機でも近日発売予定
「伸びちゃってるんじゃないのか?」と思いますが、”コンニャク麺”を使ってあるから大丈夫なんだそうです。
f:id:globalhead:20070418155813j:image

お寿司自動販売機
フェリー限定のようですがお寿司まで自動販売機に。

「定食屋だと思って入ったら、高級和食店だった。」 (via:アルファルファモザイク)
ええ話やん…。

Xbox 360 モバイル mk2 (via:engadget japanese)
これでいつでもどこでもエックスボックス!
f:id:globalhead:20070418164036j:image


Universcale
原子核を構成する陽子は1フェムトメートル=1000兆分の1メートル。宇宙の果ては137億光年先。
f:id:globalhead:20070418155839j:imagef:id:globalhead:20070418155852j:image

■エスカレーターに”閉じ込められた”人々《Escalator Temporarily Stairs.》
エスカレーターから出られない!
D

YouTube VIDEO AWARDS
YouTube2006年度の7本のベスト・ビデオだとか。《Kiwi!》が可愛かったっす。
D


azecchiazecchi 2007/04/19 18:59 どうして「わるい」宇宙人って決めつけるんですか!!意外と「エロカワいい」宇宙人かもしれませんよ!!しかしこのニュース、本当なんですか???宇宙は謎だらけですね!!(バカっぽいコメント

globalheadglobalhead 2007/04/19 19:31 確かにオレも「エロカワいい」宇宙人だったら地球も宇宙も支配されても構わないと思います。ただ問題は「エロカワいい」けれども舌が二つに裂けていたりとか両手がタコみたくニュルニュルしてたりとか脇腹から触手が生えていたりなど、オプションが付いている場合です。…いかん、それはそれでもっとエロくていいような気がしてきた…。男は謎だらけですね!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/19 23:37 舌先が二つとか手がニュルニュルなんて、悶絶間違いなしだ。しかし一説によると、細木数子が絡んでいると言う噂が…。 90弔離灰鵐縫礇麺に300円はどうかと思うが、スープの味はなかなからしい。

globalheadglobalhead 2007/04/20 00:18 ほ、細木数子が真の黒幕だったのか!?まさか他の惑星にまで手を出していたとは!あいつならやりかねない、という妙な説得力があるのが逆に怖い…。そのうち特撮戦隊モノにボスキャラとして出演してもらいたい。「らーめん缶」については既に自販機で発売されているらしいな。http://netafull.net/eat/019598.html しかも値段が¥250とお安くなっている!以前アキバで流行った「おでん缶」の流れだと思うが、話のネタに食べたとしても2回目も食いたいような商品だとは思えないよなあ。そういえばオレ、上京した時最初にびっくりした自販機商品はハンバーガーだったな。確か植物タンパクをパテに使ってるやつ。グーテンバーガーという名前だったな。http://www3.famille.ne.jp/~nom/jihanki/gutenburger.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070419

20070418(Wed)

[]大失敗 / スタニスワフ・レム (その2) 大失敗 / スタニスワフ・レム (その2)を含むブックマーク 大失敗 / スタニスワフ・レム (その2)のブックマークコメント

前回からの続きです。

■断絶
これまでのレム小説で描かれてきた異星知性体との”絶対的ディスコミュニケーション”は、科学的推論からいえば至極真っ当な結論なのかもしれない。その観念の基盤となるものの原型が完膚無きまでに違う”文明”が相互理解することなど”有り得ない”。宇宙を支配する物理法則はひとつであり、そこから導き出される理論の結果は同じものであるとしても、異なった環境を持つ惑星から進化する生物が人類と同等の形を持った知性の鋳型に当てはめられる物であると言うのは単なる楽観主義でしかない。言ってみればこの楽観主義的なSFを生み出したのがアメリカSFなのだとすれば、東欧のSFはどこか悲観的な観点に立つ作品が多いのではないか。これは、社会学的なコミュニケーションの立場が自由主義国と共産主義国というそれぞれの社会背景によって異なるからだということが出来るのではないかと思う。”絶対的ディスコミュニケーション”、それは、科学的推論であると同時に、共産主義国家に生まれたレムの個人と社会との断絶を表徴したものであるとはいえないか。

■予兆
レムがそのヨーロッパ知識人としての知性からこの断絶に絶望していたのだと仮定することは想像に固い。そしてその絶望は”個人と社会との断絶”に対する徹底した無力感を導き出したのではないか。これがレムの描いた”絶対的ディスコミュニケーション”だったのだろう。しかし、事態は急変する。先に挙げた東欧社会の激変、これが今回の『大失敗』の執筆時期とどう重なるのかは記録が無い為に不明であるが、”変革の予兆”は既にレムの身にもひしひしと感じられていたはずだ。そして”徹底した無力感”の蓋が割られ、そのような無力感を強いてきた体制と構造への怒りと侮蔑に似た感情がレムの中で頭をもたげたのではないか。無益で無意味な対立を惑星規模で展開する惑星クウィンタ。これは当時の米ソ両国の冷戦構造を揶揄したものであったろうことは明らかだ。しかしそこに赴き、コミュニケーションを行う筈だったにも拘らず遂にはこの惑星を破滅に導かんとする人類の宇宙船「エウリディケ号」とはなんなのか。

■モラルと良心
物語後半、この惑星規模の大破壊行為を実行するかどうかについて二つの対話がなされる。一つはコンピューターとの対話、もう一つは神学者との対話である。無神論的である日本ではこの部分はあまり重要視されていないようだが、キリスト者の多いヨーロッパ社会においてはこの宗教的対話こそが物語の核心に触れるものだという事が出来るのではないか。これは光速で宇宙を駆ける未来に神は存在するのかという論議ではない。破滅的対立のある世界で良心とは何かという問題なのだ。そしてこのクウィンタ星=東西両陣営の対立、という図式の中に持ち込まれた人類の宇宙船「エウリディケ号」とは作家であり知識人であるレム自身の視点なのではないか。
コンピューターとの対話は冷徹なる事実であり現実の問題を指し示す。(しかもこのコンピューターの名前がGOD。)
そして神学者との対話はモラルと良心の存在について行われる。
冷徹なる事実に良心はどう応えるべきであるか。
即ち、我々は歴然と存在する陰鬱なる現実にどう人間として対処してゆくのか。
不信と猜疑心に対する良心の存在とその有効性。
そのような問い掛けの中、レムの物語で選ばれた行為はジェノサイドとも呼べるような、世界の全き破滅である。

■終わる世界
これまで、レムはそのファースト・コンタクト3部作の中で”絶対的なディスコミュニケーション”を描いてきた。これはある意味知識人であるレムらしい絶望のあり方であり、そしてまた知識人の持つ限界であったのかもしれない。それは明白に”全ては無効である”と知ってしまったヨーロッパ的知性の絶望であるからだ。だが『大失敗』におけるレムの視点は、”変革の予兆”をその身に体験する事により遂に突き抜けてしまう。レムはここで、不信と猜疑に満ちたクウィンタ星人を全て滅ぼしてしまう。ではレムは世界は破滅に相応しいものと考えていたのか。いや、そうではない。レムが本当に破壊したかったもの、それはこの世界を覆う”不信と猜疑そのもの”だったのである。レムは物語の中で”大破壊”を行うという形で、膠着し停滞したこの世界の状況に能動的な”否”を突きつけたのだ。新たに胎動しつつあった世界の自由と開放を幻視しながら。『大失敗』は、これまで絶望の中に押し込められてきたレムの怒りの表出であり、決意の書だったのである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070418

20070417(Tue)

[]大失敗 / スタニスワフ・レム (その1) 大失敗 / スタニスワフ・レム (その1)を含むブックマーク 大失敗 / スタニスワフ・レム (その1)のブックマークコメント

■球体戦域
レム最後の長編、待望の翻訳。物語は土星の衛星タイタンにおける遭難者探索から始まる。このタイタンでの何処か築年齢を経た鉄鋼所のような前進基地の様子と重機めいた作業用ロボットの重々しく古めかしい描写に驚かされる。奇妙にレトロな雰囲気なのだ。しかし舞台は一転、22世紀へと飛び、近隣恒星における知的生命体の存在を確認した人類が、恒星間宇宙船によりこの星とのファースト・コンタクトに赴くところから物語の真のテーマは語られ始める。人類が亜光速の宇宙船を駆り到達した始めての知的宇宙種族の惑星クウィンタ、そこは惑星を中心とした《球体戦域》を宇宙空間に展開する、同族同士が敵対し冷戦状態にある一触即発の世界であった。

■レム的思弁
ここでレムは物語を進める事よりも物語の世界観を形作る様々な科学、政治学、思想、歴史、倫理と宗教を片っ端から語りつくす事で、フィクションというよりも「レム的思弁の流れ」を読者は読まされる事になる。これがまた膨大緻密であり、これほど瑣末な事まで書かねばならなかったのか、と思わせるほどだ。しかしだからこそ、レムならではの恐るべき思考と知識の深さを読者は覗き見ることが出来る。その為だろうか、この作品は「非SF」と評されることさえあるようだ。ただ逆に、レムを読み慣れない読者は彼の理屈っぽさを晦渋なものと受け取るかもしれないし、その奔放に展開される理論で若干停滞気味のストーリーの流れ方にじれったさを覚えるかもしれない。レム本を読むということはこの作者の知識との格闘ともなる訳で、気軽に読める本だと思って取り掛かると痛い目に合うから気をつけたほうが良いかも知れない。

■絶対的ディスコミュニケーション
これまでレムは人類と異星の知性との”絶対的ディスコミュニケーション”を描いてきた。それはもはや絶望とさえ言えるほどのものであった。『ソラリス』のコロイド状の海しかり、『砂漠の惑星』の機械知性しかり、そして最近新訳された『天の声』の超古代銀河文明しかりである。言ってみればアカアリとシェパード犬にコミュニケーションは可能か?と問うているかのような恐るべき断絶と不可能がそこにはあった。しかしこの『大失敗』では、少なくとも人類が訪れたクウィンタ星の知的生命体には、人類が理解可能な社会と科学と文明が存在し、それを成り立たせる”動機”すらも容易に推測できる存在として描かれる。だがしかしここでもレムは絶望的な陥穽を用意する。歩み寄りさえすればコミニュケーション可能とまで思われる両者は、クウィンタ星人の”絶対的なコミニュケーション拒否”によって、遂には破滅的な終局を迎えてしまうのだ。この”絶対的なコミニュケーション拒否”とは、不信でありそこから生まれる得体の知れない憎悪である。そしてこの不信と憎悪からは、単なるディスコミニュケーションを超えたさらに深い絶望を感じてしまう。だからこそこの作品はこれまでのレムのファースト・コンタクト・テーマをより深化させたものとして捉える事ができるわけであり、さらにレム自身の世界への苦悩がより一層明確になった作品だと言えるのではないか。

■東欧の大変革
当然、フィクションにはその背景となる社会事情があるはずだ。東欧の作家レムの作品からは執筆当時の東西冷戦の有様を読み解く事は簡単だろう。この『大失敗』が出版されたのは1987年、実はこの前後の年は東欧にとって激動の年であった。1985年、ソビエト連邦書記長に就任したゴルバチョフは一党独裁による腐敗を正す為ペレストロイカとグラスノスチを推進する。続く1986年、アメリカ・レーガン大統領とゴルバチョフは戦略核兵力の5割削減、中距離核戦力の全廃について基本的な合意を成立させ、それは1987年に成立する中距離核戦力全廃条約(INF全廃条約)へと繋がり、核の脅威が東西陣営から次第に払拭されていった。そして1989年、ソ連の共産主義体制は遂に崩壊し、ベルリンの壁は破壊され、東西緊張はなし崩しに消滅する。レムの母国ポーランドでは1988年から民主化運動が顕著化し、これと同時に1989年、ソ連衛星国の東欧諸国において共産主義政権が次々に崩壊するという東欧革命が起こる。ポーランドでは1990年、「連帯」のワレサが政権を握る事により完全な民主化政権へと移行する。そう、レムの『大失敗』は、このような大変革の時期に出版された作品だったのである。

次回に続きます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070417

20070416(Mon)

[]キンキーブーツ キンキーブーツを含むブックマーク キンキーブーツのブックマークコメント

イギリス、ノーザンプトン。傾きかけた靴工場を立て直す為に新社長が目をつけたのは、ゲイたちがドラッグクイーンとしてショウで履く為のブーツだった。靴工場の再生、そしてゲイとノーマルの心の交流を描いたイギリス映画。冒頭、デビッド・ボウイの『プリティエスト・スター』の調べに乗って赤い靴を履いたドレッドヘアの少女が踊るシーンでボウイ・ファンのオレなんかはにんまりさせられる。そしてこの少女が実は…という所から映画が始まる。ちなみに「キンキーブーツ」とは”お下劣ブーツ”とでも訳せば良いか。

ゲイとはいえ肉体は男であるから、大きな体躯でダンスをすると女性用のブーツでは体重を支えきれない。だからゲイ達、それもドラッグクイーン達が履くブーツを作ろう、ということなのだが、会社を経営するものが利益の見込まれるニッチな製品に目をつけるというのは、ゲイ理解がどうこうということなどではなくビジネスである。だから、新社長とゲイ青年は最初から友好的であってしかるべきだし、それは打算でもなんでもない。映画もそのようなさばさばした雰囲気でトランスジェンダーを扱う。勿論ドラマとして無理解や衝突はあるにせよ、やはり映画的に丸く収まることになる。そんな中で、映画クライマックスでの新社長とゲイ青年の諍いは、新社長のものの言い方に対し「お前今まで何を見て来たの?」という気がして違和感があった。ある意味ここが盛り上げ所だというのは判るが、この段階で気弱になる新社長を人間的と見るか煮え切らないヤツと見るかは観客の判断に委ねられるだろう。

工場で働く労働者の人々の生き生きとした様がいい。工場であると同時にこれは工房でもあるから、単なる工業製品を作っているのとは違うクラフツマン的な柔らかさを感じる。勿論そこにはこの手の映画では定石とでもいえるような力自慢なだけの粗野な男もいたりはするが、それはそれで何故か憎めなかったりする。イギリス映画というとこのような労働者階級の生活を中心に描かれるものが多いような印象を受けるがどうだろう。かの国ではこのような作品の作りのほうがウケがいいということだろうか。新社長のほうの人間関係でも別れや出会いがあったりと、ある意味お約束な演出や配役が成され、安心して観られるそつなく作られた映画として仕上がっている。逆に突出した部分や強い主張があるというわけでもないので娯楽映画以上の感動は無いかもしれない。そしてラストのドラッグクイーン達の晴れ舞台は「まってました!」と言わんばかりにやはり楽しいものであった。

[]グエムル -漢江の怪物- グエムル -漢江の怪物-を含むブックマーク グエムル -漢江の怪物-のブックマークコメント

韓流モンスタームービー『グエムル』であります。えーっと川からオタマジャクシのでかくなったような怪獣が現れて人々を襲ってゆくわけですな。で、その怪獣に連れ去られた女の子を家族が力を合わせて救おうとする、という物語です。特筆すべき点は長女ナムジュを演じるペ・ドゥナのジャージ姿と中学生のヒョンソの濡れて体に張り付いた制服と、次男のナミルのぶちきれそうな目つきと家長であるヒボンの爺さんぶりと、そしてなによりソン・ガンホ演じる長男カンドゥのブヨブヨの体格にイケテナイ染めた金髪、といったところでしょうか。この長男カンドゥのドン臭さがちょっと笑えなかったんですが、要するにダメダメ父ちゃんが娘の危機に一念発起して最後に生まれ変わったような大活躍をする、ということを描きたかったのでしょうか。韓国映画ってこういった強烈な家族主義の描かれ方が一般的なのかどうか判りませんが、なんとなく「あー韓国といえばこういう激情なんだろうねえ」などと妙に納得して見ておりました。韓国映画のイメージってどうもこのオーバーな激情ぶりって感じがして、オレはこれがどうも苦手なんです。悲劇的な体験に対して床を這いずりながらワアワアと泣けるのは実は素直で健康な事なのだとは思いますが、そのストレートさが苦手なんでしょう。

さて今回の『グエムル』ですが細部のツメが微妙に甘いような気がする。何故あんな立派な牙を持ちながら人間を食っちゃうときに「飲み込む」ことしかしないのか?などと考え始めるともう駄目です。お陰で、結構人は襲われますがスプラッタシーンはそれほどありません。人体破壊も臓物もありません。人を襲って食うくらいならやっぱりここはバリバリと獰猛に肉体に喰らい付き、手足バラバラ首チョンパ、ハラワタドッカーンッ!血飛沫ドッバーッ!と来てくれなければ納得がいきません。え?そんなものを期待するのはお前だけだ?…やっぱりそうでしたか…。どうもオレがこの『グエムル』をフツーに観てしまったのはそこに原因があったのだと思えてなりません…。

shidehirashidehira 2007/04/16 16:09 >「飲み込む」ことしかしない
それはポン・ジュノ監督の狙いが、蛇のような動物が獲物を丸呑みして、ゆっくりと消化していくといった生態に拘ったからです。
とはいえ、”韓国のスピ”なんて言われたり、今回VFXにWETAワークショップが参加(WETAディジタルは予算の都合で使えなかったそうです)してんのでピージャスを連想させたりする割には残虐大将ぶりが無いのは、フモさんの仰るとおりですね。
それはやっぱりポン・ジュノが「手塚系」か「水木系」かなんて考えた場合、手塚系だということかと思います。

globalheadglobalhead 2007/04/16 20:01 韓国映画を殆ど観てないのとどうも興味が沸かないのとで、比較対照するものが無くて感想書くの難しかったですね。(「シュリ」という映画の印象が相当悪かったんです。)だから無理矢理自分の理解できるスプラッタに引き寄せて書いたと言う強引な文章だったというのが正体だったりします。その為韓国の歴史や政治背景がこの映画にあるというのはいろんな方の感想を読んで知ってはいましたが、それについて触れるほどの知識が無いので書く事もできません。駄作や凡作では決して無い熱気は伝わってくるものの、韓国映画のペースというのが掴めなくて表現したかったものを受け止められなかった歯痒さというのもあります。これはかつて香港映画を観た時の違和感と似ていて、ハリウッド映画の流儀に慣れちゃってると「なんじゃこりゃ?」という風に受け取っちゃうんですね。でも今は逆に香港映画は嫌いじゃなかったりする。そういった意味でこのグエムルも韓国映画を数こなせば感想も変わるだろうな、という気はします。ただなにしろ今の所どうも苦手で…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070416

20070415(Sun)

globalhead2007-04-15

[]DERRICK MAY HITEK SOUL 07 feat. KEN ISHII DERRICK MAY HITEK SOUL 07 feat. KEN ISHIIを含むブックマーク DERRICK MAY HITEK SOUL 07 feat. KEN ISHIIのブックマークコメント

14日夜は《代官山Air》へDERRICK MAYKEN ISHIIのプレイを観に行ってきたぞ。DERRICK MAYといえばテクノ好きには説明の必要も無いデトロイト・テクノのオリジネイターの一人。そしてKEN ISHIIは日本が世界に誇るテクノDJの人だ!メンバーはいつものクラブ仲間、T君、D君、コムスメ、そしてT君の友人2名が当日飛び入りで参加してくれた。例によってワカモノ達のなかで一人極端に平均年齢を上げていたオレだ!とか言いつつ今回のクラブ行きをみんなに声掛けたのはこのオレ様だ!一人で行くのは淋しいからワカモノ達を道連れにして現場では年齢を笠に着てブイブイ言わせるといういつものパターンだ!意外とセコイ奴だなオレ!待ち合わせは渋谷のモアイ像というあまりにベタな場所だったがさすが深夜ともなると誰もいなかったな!

《代官山Air》には以前KEVIN SANDERSONのプレイを観に行った事があるが、ちょっと狭いクラブで混み始めると空調が効かず汗だくで踊らなきゃならないクラブなんだ!さらに疲れても避難場所が無くて結構キツイ。この日も12時過ぎに入ったんだけれどフロアは既に満杯、KEN ISHIIがプレイしてたけどぎゅうぎゅう詰めの中で踊る事となった!だがKEN ISHIIのクールで計算されたプレイはなかなか盛り上がった!

2時から3時を廻ったあたりでDERRICK MAY登場と相成ったが、30分もプレイした頃にPAの調子が悪いのかプレイが中断、2、30分間が開いてしまうというハプニングが。どうしようかねえ、などとバーのあたりで休憩する事にしたがD君が行方不明だ!みんなをバーに残してD君を探しに行ったオレだが、あちこち歩いているとD君に肩を叩かれた!振り向くとD君、金髪美人にしなだれかかれながらデレデレしているではないか!いつものD君外人ナンパ攻撃が功を奏した結果らしい!聴く所によるとロシアからやって来たノアさん?歳、ナイストゥーミーチューとか言ってたが、どうでもよくなりD君を放置してみんなの所に戻った!

すると今度はT君が不思議ちゃん系の若い娘に逆ナンされてタジタジとなっているではないか!どの程度不思議ちゃん系だったかというとT君相手に体クネクネ腰ヘコヘコさせながらポールダンスを踊っておる!なんと羨ましい!聴く所によるとクラブ大好き無職のシオリちゃん25歳だ!なんだかT君以外はみんな呆れ顔で「これどうすんの?」と言いたげだ!でもいいんだ!クラブはマジックの起こる所なのさ!なんだかカオスになってきた所でDERRICK MAYのプレイも再開、そろそろいい時間になってきたからみんなでフロアに再突入だ!いい具合に盛り上がって5時になろうという頃DERRICK MAYのプレイ終了。アンコールが10数分続いたが遂にこの日は顔を出す事は無かった!プレイ途中の中断もあったし、今回はちょっと食い足りなかったなあ。DERRICK MAYは何度か観ているけれど、今回のプレイはかなり大人しめだったような気がするし。

という訳で帰ることになり空のすっかり白んだ渋谷の街を駅前へと歩く。勿論外人とデレデレしていたD君はクラブに放置だ!渋谷駅前の歩道橋を歩いているといつの間にか姿をくらましていた不思議ちゃんことシオリちゃん25歳が前を歩いている!しかも彼氏らしい男の子といっしょだ!T君それを見て「オレは当て馬だったのかよ!?」と言いつつも取り合えず呼び止める!シオリちゃん25歳は悪びれる様子もなく彼氏をどこかへうっちゃって「ねえこれからみんなで別の所行って遊ばない?」と来たもんだ!「彼氏はどうすんだ!」というみんなの声に「なんか帰るみたいだし」とか言っている!しかし皆は面白がってるだけで特に行く気もないらしく、T君に「電話番号訊いとけ!」と囃し立てるだけ囃し立て、結局シオリちゃん25歳とはそこでお別れすることに。

駅の改札を抜けホームで電車を待ちながら、T君に「折角電話番号訊いたんだから今電話してみろよ!」と皆で詰め寄り、イヤイヤ電話をするT君。しかしたった今別れたばっかりなのに電話には全然出やしない。「なんだったんだアレは!」と皆でゲラゲラ笑ってるうちに電車がやって来て、乗り込むと各々の降りる駅で別れてゆく。最後はオレとコムスメ二人で「なんかいろいろあった一日だった!」と今日のマトメをし、またクラブ行こうぜェ!と約束してお別れ。音楽以外で面白かった今回のクラブでありました。

代官山Air

Derrick Mayオフィシャル・サイト 

Derrick May - NYE 2006 Skopje

D

DERRICK MAY @NAGISA MUSIC FESTIVAL 2007 Spring April 8

D

Derrick May (LIVE PS1)

D

RHYTHIM IS RHYTHIM - STRINGS OLD SCHOOL DETROIT TECHNO 1987

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070415

20070414(Sat)

[]悪魔とダニエル・ジョンストン 悪魔とダニエル・ジョンストンを含むブックマーク 悪魔とダニエル・ジョンストンのブックマークコメント

悪魔とダニエル・ジョンストン [DVD]

悪魔とダニエル・ジョンストン [DVD]

君は絵が好き?僕は絵が好き。
君は歌が好き?僕は歌が好き。
ねえ、世界はどうしてこんなに辛い所なんだろう。
どうしてあの人は僕の側にいてくれなかったんだろう。
どうして全ては駄目になってしまうんだろう。

ねえ、僕のことを好きでいてくれるかい?

不世出の天才シンガーを描いたドキュメンタリー、映画『悪魔とダニエル・ジョンストン』。
少年時代の輝くような喜びと煌きを、孤独と狂気の中に塗り固められてしまった青年の物語。
そして、オトナコドモのまま、糖尿病の、躁鬱病の、イタいキモデブと化した中年男の、天使のような歌声の物語。
彼が始めてメジャーレーベルと契約したのは精神病院に入院中のことだった。
2006年、オレが最高に感動した映画がこの度DVD化されました。
興味の沸いた方は是非ドウゾ。


ねえ、僕のこと、好きでいてくれるかい?

(以前書いた映画レビューはこちらで。)

[]私家版魚類図譜 / 諸星大二郎 私家版魚類図譜 / 諸星大二郎を含むブックマーク 私家版魚類図譜 / 諸星大二郎のブックマークコメント

私家版魚類図譜 (KCデラックス モーニング)

私家版魚類図譜 (KCデラックス モーニング)

諸星大二郎、『私家版鳥類図譜 (KCデラックス モーニング)』に続くシリーズ第2弾。第2弾なんだがあとがきで「これ以上シリーズ化しないよ」と作者が言っていたのがちと残念。

”鳥=空”が”死”のイメージで結びついたものであるとしたら、”魚=海”は生命というよりも”混沌”の別称なのかもしれない。この作品集の中で描かれる物語はホラーやファンタジー、SFなど多彩だが、どの物語もラストが取って付けた様ななし崩しな終わり方をしている。ここで諸星はもはや物語的な起承転結などお構い無しに、海という名の生命のプールへ還るという主題を何度も繰り返す。『魚の夢を見る男』も『魚の学校』も、”退化してしまいたい”という後ろ向きの暗い欲望だし、『魚が来た!』は海の存在しない未来に魚を求める物語である。この作品集のハイライトというべき『深海人魚姫』『深海に還る』の連作も、やはり”還るべき場所”の物語だ。

しかしこの『深海人魚姫』『深海に還る』がなにしろいい。文字通り童話の『人魚姫』の諸星版だが、海底火山の硫黄成分で生育する奇妙な生物チューブワームがあたり一面に生い茂る海底を舞台にしており、このあまりに異質で非現実的な深海の光景の中で漂う人魚、という設定が、この物語が単なる御伽噺の焼き直しではない事を感じさせる。そしてなんと『深海に還る』に至ってはラブロマンスものなのだ!深海艇に乗り込んだ二人の男女が光の射さぬ暗く冷たい海の底で、ぽつぽつと己の心の裡を明かしてゆくという、実に切なくロマンチックなシチュエーションなのである。そして2作品ともラストが唖然とするほど大甘なんだが、結局諸星にとってはロマンスとはファンタジー以上でも以下でもないということなのか。

『鮫人(こうじん)』は中国宋の時代のある官吏が、難破した船から見知らぬ南洋の島に打ち上げられて…というもの。そこには女達だけが住み男の姿は無く、そして夜な夜な鮫たちを相手に祭りが催され…というクトゥルー神話を思わす諸星らしい傑作ホラー短編。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/14 23:22 20代の後半、「深海魚」という寂れた町の寂れたカラオケスナックへ良く行っていた。マスターに「お前は日のあたる海面に出てはいけないと言われました。その時は素直に納得してました。

globalheadglobalhead 2007/04/15 10:50 ♪ワタシわぁ〜愛のぉ〜深海魚〜ってか。まだまだ花のある20代であったろうに何をそんな寂れたスナックで飲んでいたんだレイジー!♪深海魚の夢は夜開く〜なのかレイジー!深海魚ならまだしも半魚人などと言われなかったのがせめてもの救いだ!だがお会いした時は素敵なミセス(ワッショイ)だったからマスターの言っていたことはもう気にしなくていいぞ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070414

20070413(Fri)

globalhead2007-04-13

[][]カート・ヴォネガット氏死去 カート・ヴォネガット氏死去を含むブックマーク カート・ヴォネガット氏死去のブックマークコメント

『タイタンの妖女』、『スローターハウス5』などの作品で知られ、アメリカ現代文学を代表する作家のカート・ヴォネガット氏が4月11日に亡くなられたのらしい。享年84歳。

オレは人の生き死にというのにあまり驚かないほうで、それは人は基本的に死ぬものだと思っているからだ。死に方も死ぬ時期も選べはしない。若くして逝去される方はとても残念だとは思うが、では年寄りならいいというわけではない。事件や事故で亡くなられる方はさぞや無念かとは思うが、では病死ならいいというわけでない。死は死である。そして死んでしまえば残念も無念も本人にはありはしない。それは残されたものの感情だ。そして死を思うことというのは生を思う事であるのだろう。誰かの死を思うということは、その人間の生を思うことであり、そこから自らの生を翻り、自らの死を思えばいいのだと思う。

カート・ヴォネガットはオレの青年期の読書の中で最も重要な作家だった。とはいっても、マンガとSF小説しか読まないようなガキだったから、偉そうな言い方は出来ないのだが。ただ、カート・ヴォネガットの作品は、オレの貧しい読書体験の中でも特別に何かが違う作品であった事は確かだ。第二次世界大戦におけるドレスデン空襲を描いた『スローターハウス5』は、大量虐殺というあまりに陰惨な現実体験を、SFという御伽噺にしなければ描く事ができなかったという苦痛に満ちた物語だった。『タイタンの妖女』は人類の進化も歴史も文明も、全て無意味で無価値なものとして描く冷笑的で虚無的な物語であったが、にも拘らず作品全体に底流するからっけつの慈愛が奇妙に胸を打つ感動作だった。

ヴォネガットの作品は人間の愚かさと人生の無意味さを描きながら、それをギリギリの所で全否定出来ないなけなしの優しさを持っていた。現実は矛盾に満ち不条理で残酷だが、それでも人は生きなければならない。それも、決して絶望に堕ちることなく。それでは人は何に希望を見出せばいいのか。世界の滅亡を描いたSF作品『猫のゆりかご』という作品には、架空の宗教《ボコノン教》が現れ、「無害な非真実を信じなさい」と説く。これは”現実など信じるに値しない”と言っているのか。そして隠れボコノン教の信者となったオレは、それからずっと現実世界を虚仮にしながら愉快な非現実の世界で楽しく過ごすことに腹を決めている。これはニヒリズムなのかもしれない、しかしこの世界をタフに生き抜くためのニヒリズムなら、オレは堂々とやってのけたいと思っている。

ヴォネガットの言葉で一番好きなのは「愛は負けるが親切は勝つ」というものだ。オレはこれを、愛してくれる人はいなくとも、親切にしてくれる人は沢山いるじゃないか、だから寂しいとか言っちゃ駄目だよ、というふうに取ったよ。だからオレは寂しくはない。こんな風に奇妙にヴォネガットはオレの心の支えだった部分もあった。好きな作家だったのだけれども、自分の中であまりにも大きな存在であった為に、3年も続けてきたこの日記の中でさえ触れる事ができなかった。こうして書いていても、やっぱり巧くまとめられないや。

カート・ヴォネガットの著作は殆ど読んでいるのだけれど、何故か処女作の『プレイヤーピアノ』と最後の短編集『バゴンボの嗅ぎタバコ入れ』が読めていない。こうしてヴォネガットが逝ってしまった今、そろそろ全ての作品をコンプリートする時期が来たのかもしれない。しかし彼の作品で初めて感動したのが中学生の時だったから、月日が経つというのは本当に早いものだなあ…。

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)

タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)

猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)

猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)

[]ミミズだってオケラだってアメンボだって(でもゴキは含まれない!) ミミズだってオケラだってアメンボだって(でもゴキは含まれない!)を含むブックマーク ミミズだってオケラだってアメンボだって(でもゴキは含まれない!)のブックマークコメント

土佐犬問題
12日のレイジーさんのコメントを受けまして。詳しく書くと例の土佐犬は別の犬の血もちょっと混じっているらしくて、売却に適さないような事も聞いたな。それにあの大きさだからね。保健所でも里親探しはやっているようだが、一般の人には洋犬のほうが人気がありそうだし、土佐犬は難しいだろうなあ。とか思って調べたら『土佐犬(土佐闘犬)』は”明治時代に入ってから、闘犬の盛んな四国、土佐藩でその地の地犬(四国犬)を洋犬と交配したもの”ということらしくて、広義では『日本犬』であっても純粋な『和犬』ではないらしいんだね。また土佐闘犬は闘犬の為だけに品種改良された為に通常考えられるような犬の特性を失っていて、2chなんかでは「獲物を捕まえる能力が無い。匂い追跡できない、走るの遅い、噛み付く素早さが無い=人間に食わせてもらえないとすぐ死ぬ駄犬 」なんて書き方もされていたな。まあオレがあの土佐犬をどうこうすることはできないが、こうしてちょっと土佐犬のことを知ってあげるのがせめてもの餞かな。

フェレット問題
「動物の愛護及び管理に関する法律」というのは何か奇妙な気がして、それは”愛護”と”法律”がイメージ的に結びつかないからなんだよな。これは動物の命を守る法律というよりは占有物としての動物を名前通り”管理”する為の法律である事が第一義なんだろうとシロウト考えで思ってしまうな。当たり前の話だが法律は人間社会が円滑に存続する為のものでしょうから。(動物によっては「人が占有しているか否か」は問われずにこれを犯したものに罰則が適用される。)しかし法律の適用は哺乳類・鳥類・爬虫類までで、『両生類以下の脊椎動物並びに無脊椎動物には本法の適用はされない』ということらしくて、例えば人んちの金魚を殺しても『器物損壊罪までしか問うことが出来ない』ことになっているのだとか。つまり人の飼ってるヤモリ(爬虫類)ぶっ殺すのとイモリ(両生類)ぶっ殺すのでは法律の適用が違う!ということ。オレはここで別にカエルや金魚も動物愛護に適用しろ!などと言いたいのではなくて、例の事件はフェレットじゃなくてゴキブリあたりをぶっ叩いていればよかったんじゃねえの?と言いたかったのであった。しかしゴキブリぶっ叩くビデオをネットで流されてもやっぱりイヤだけどな!

■参考:Wikipedia『動物の愛護及び管理に関する法律』

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/13 15:57 なるほど!土佐犬て日本犬(柴や甲斐や紀州系)よりマスチフとかに似ているものね。またひとつ勉強になった。

globalheadglobalhead 2007/04/13 19:47 そうそう。実は土佐犬って直に見たこと無くて、今回の件であれこれ調べたついでに写真も見たら、顔つきが和犬じゃないのね。ありゃ、と思ったらそういう血統だったという訳。

…ところでレイジー、話に続きがあるんだよ。今日今回の差し押さえを担当した会社の同僚と話したら、なんと!例の家から土佐犬が消えていた、と言うんだよ!行方は判らないけど、これって飼い主だった義眼投擲親父が連れ去ったとしか思えないよな!なんだいオヤジ、最後に男気見せたんじゃないかよ!法律云々の話を持ち出せば、もし土佐犬が見つかったらまた連れ戻されるんだろうけれども、でもオヤジはテツ(土佐犬の名前)のことをやっぱりとっても愛してたんだな!こうなったらあの土佐犬には生きていてもらいたい気持ちになってきちゃったなあ。

EbisEbis 2007/04/13 20:33 ヴォネガットの訃報はいろんなとこで読みましたけど、今のところ今ここで目にした写真がいちばんぐっときました。

globalheadglobalhead 2007/04/13 20:43 グーグルイメージで検索して一番目に飛び込んできた写真をかっさらってきたんですが、すんごい可愛い人懐こそうな顔してますよね。陰鬱さのかけらも無い稚気に富んだ顔。本人も素敵な人だったんだろうなあ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/13 23:28 やるな義眼親爺。ウ゛ォネガットは実は読んだ事がありません。若い頃は翻訳物は数えるほどしか読んでなくてね。ナチスの捕虜になっていた時にあの大空爆にあっていたのも、残した名言も、今回調べてわかった次第です。でもフモ様が尊敬している作家との事、これから読み始めようかとおもいます。それにしても素敵な笑顔ですね。

globalheadglobalhead 2007/04/14 16:22 ヴォネガットってセーシュンの一冊といった感じがあって、結構いい歳になってから人に勧めるのは面映いものがあるね。まあそういう作家だと思ってください。『チャンピオンたちの朝食』が一番好きかなあ。

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/04/14 16:23 訃報には強烈に衝撃を受けてしまうなあ。
その人のことに興味がなくても知らなくても。
だからまったく存じなかったこの作家さんの死にも
FUMOさんの文章によってじわじわと衝撃を受け
さらにちょっと揺らいでいるふうなFUMOさんにも
動揺してしまったよ。最近だいじょうぶかい。
そして毎回コメント後のキーワードを
入力ミスしまくる自分もだいじょうぶなんだろうか。

globalheadglobalhead 2007/04/14 21:04 じわじわ衝撃を与えてしまったかバナナ牛乳。文章が揺らいでいるのはなんにも頭でまとまってないまま書いたので段々収拾が付かなくなってきたからだ。この人の重要な作品は結構昔に読んだものが多いのと、20年以上ファンとして読み続けてきたので簡単にまとめるのは難しいよな。文章的にはちょっと感情入ったのは確かだな。まあこの人もいい歳だったから、ある意味寿命だったのかな、などと思っているのだよ。それなりに長生きしたしな。だからバナナも動揺しないでくれ。最近はなあ。大丈夫かと言われれば大丈夫だ。でも体力と集中力の衰えは感じるぜ。とか言いつつ今日はこれからクラブ行ってオールだ!朝まで踊り狂ってくるからな!無事だったらまた明日更新されているだろう!

20070412(Thu)

[]S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版) (Windows) (その2) S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版) (Windows) (その2)を含むブックマーク S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版) (Windows) (その2)のブックマークコメント

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版)

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版)

昨日の続き。

■装備と戦闘
銃の種類は多いがスロットは二つだけで、それ以外と交換する際はいちいちインベントリ画面を開かなくてはならない。このインベントリをはじめマップやミッション内容は全てPDAで管理されているが、他のFPSと違ってインベントリ画面を開いている時もリアルタイムで時間が過ぎている。つまり、インベントリ開いている隙に撃ち殺されたりもする。というかインベントリを開いている時に限って敵が襲ってくるという意地の悪い仕様だ!また、装備やアイテムを取り替えることでパラメーターを上下させる事が出来、この辺もRPGっぽい。このアイテムというのが異次元の遺物のような謎の物質(Artifactと呼ばれる)で、装備すると能力値を上げる代わりに放射線被爆してしまったりするが、この辺がなんだかファンタジーRPGの”呪われたアイテム”っぽくて可笑しかった。装備や持ち物には重量の概念があり、重すぎると体力が落ちてきたり動けなくなったりする。その為昨日は持っていたウォッカ12本を捨ててしまった。ああ勿体無い…。

マップは常に画面端に表示されており、また、ミッションに沿った行き先が矢印で表示されてるので迷う事が無い。ミッションはかなり多数あり、選択可能ではあるが、選んでしまえば結構1本道でゲームを進行出来る。これはどうもゲーム世界全体が30平方劼△襪箸い広大なマップのせいもあるのだろう。広すぎて、迷っちゃたらゲームにならなさそうだ。選択するミッションによって敵や味方の勢力図も変わるのだそうだが、オレは英語が不自由なので何のミッションかも判らず適当に請け負って、矢印任せにうろついているだけである。でもそれだけでも楽しい。ただ、戦闘はリアル系に近く、バリバリぶっ放してバリバリ敵を倒す、といった爽快感は薄い。何しろ敵がカタイ。全員射殺のフラグが立つ事もあるが、戦闘を回避してもゲーム進行に問題無い場合もある。逆に、フィールド内の敵を全て掃討したと思っていても、全てが地続きになっているマップの為、戦闘の臭いを嗅ぎ付けた敵が後から後からフィールド内に進入してくる場合がある。これはミッションの進行具合を確認し、時には退却の必要があることも心得ておかなければならない。

■ウクライナの荒野
そしてこの箱庭的なマップの廃墟と廃物、雑草だらけの平原の荒涼とし寒々とした光景がゲームの臨場感を上げている。世界には昼夜があり、時には雨が降り稲光が鳴り、どんよりとした雲の下では黒い野鳥どもが陰鬱に羽ばたき、晴れた日でも砂埃が舞い…と重苦しい雰囲気をなお一層重くする。広大だが閑散としたマップは逆にゲーム世界の寂莫感をひしひしと伝える。犬の吠え声に気付いて目を凝らすと平野の向こうでは畸形化した犬達が群れを作り、体の爛れた牛のような化物を追い回している。遠くから名も知らぬStalker達が疲れ果てた様子で歩いてくるが、擦れ違っても肩を落としたまま目を上げようともしない。

このようにモンスターや他のキャラクターはそれぞれ自律した思考ルーチンの元に世界の中に生きており、あたかも一つの生態系が存在しているかのような演出がこのゲームには成されている。プレイヤーはヒーローでもなんでもなく、記憶喪失であるがゆえに理由も判らずこの世界に居合わせ、そして戦い、世界の謎を解くこととなるのだ。この主人公をはじめとするNPC達のうらぶれた雰囲気がいい。放射能の残留する死の世界と化したウクライナの荒野を、冷酷な略奪者集団や残忍なモンスターを相手にさ迷い歩く、この孤独で冷ややかな雰囲気は今までのFPSに無かったものかもしれない。傑作の予感がする新作FPSです。

【公式HP/詳細】

■Stalker Shadow of Chernobyl GameplayTrailer (Mar 01, 07)

D

[]そこそこにそこかしこに そこそこにそこかしこにを含むブックマーク そこそこにそこかしこにのブックマークコメント

■以前日記に書いた土佐犬なんだが。差し押さえ物件として相応しくないとして、持ち主が退去させられた後の家に置かれたままで、近所のおばちゃんやうちの会社の人間が餌やっていたのらしい。しかしその後の処遇が決まらないとして、どうなったのかというと、ええと、保健所送りになってしまいました…。保健所送りになった動物の末路は…ううう…。

■読んでた本がやっと読了、さあ今日から別のを読もう、と、鞄に詰め込んだ新刊本を電車で出したら、それ、上下巻の下巻のほう。上巻まだ読んでないし…。

paseyopaseyo 2007/04/12 15:37 土佐犬…もったいない…。
随分前ですが水戸は偕楽園で梅を見ながら歩いていたら、立派な化粧回しを付けた土佐犬とおぼしき子牛のような犬に出会ったことがあります。ババーン!とした犬のそばには羽織袴で床几に坐った親分さんがドーン!周りには若い衆がビシィ!で、なにやら矢鱈と迫力満点でしたよ。梅の木の陰からじっくり眺めてしまいました。
確かに土佐犬は大きさ、気性、運動量、消費量、殺傷能力のどれをとっても普通のオウチで飼うのは難しいでしょうねぇ。そっちの筋の方なら、物凄ぅく適した環境で愛情注いでもらえそうな感じがして、犬としては幸せなのかもしれませんなぁ…。

globalheadglobalhead 2007/04/12 19:47 会社では件の土佐犬を実際に見た人間が何人かいて、やっぱり子牛のような大きさだったと言ってましたね。携帯で撮った写真まで見せられましたがいったいオレにどうしろと!
それにしても確かに土佐犬は”普通のオウチじゃムリ”光線出しまくってますよなあ。そもそも大型犬自体「おっきいオウチで飼われてますよ!」というオーラを身に纏ってますから、格差社会の底辺に位置するオレなどは大型犬を見る度に「生活レベルはひょっとしてこのお犬様のほうが上かも…」などと浅ましいヒガミ根性に身をよじる有様であります。
しかしオレんちの近所でよく散歩しているのを見かける大きな白犬なんぞは、それはもう毛並みの艶やかな立派な犬なんですが、連れているオヤジが「なんかあったの?」って思っちゃうぐらいヘニョヘニョに萎びたオヤジで、「これって犬に何もかも奉仕して、”立派”を全部お犬様に吸い取られちゃった結果なんだろうなあ」などと変な理屈をつけて納得していたりします。…いや待てよ、あれはひょっとして、お犬様が不憫なオヤジを散歩に連れてってあげていたのか!?かの家では実は座敷にお犬様がおわし、そしてオヤジは…ッ!?
まあそれは兎も角として土佐犬ちゃんは可哀想な事になっちゃいましたなぁ。職場でもパソコンの壁紙を土佐犬にして遊んでたんですがね。(これ↓。結構可愛い。)
http://image.blog.livedoor.jp/marbodon/1023320e.jpg

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/12 23:09 さて、気をとりなおして今日もやって来ましたよ!昨日の凹みを忘れようと、DSLの脳トレ2をやりました。72才だってさ、アハハハハハ、アハ、アハ、ア〜ア(; ̄_ ̄)
誰かその土佐犬を救済してくれる、男儀のある親分さんはいないのかねぇ。昭和は遠くなりにけりか。せめて最後の日に、松坂牛とか差し入れに行きゃあいいのに。てか、最後まで責任と愛情をもって飼えないのなら、詫びながらテメエの手で一発で絞めるくらいの痛みを味わって欲しい気もするが、相手が相手だしな。あ、今フェレットが問題になってるから、絞めるはまずかったか。問題になってなくてもまずいか?いやぁ〜ん、誰か私を絞めてぇ。

globalheadglobalhead 2007/04/13 01:23 またレス長くなったから4月13日のエントリにした!
>いやぁ〜ん
そんなこと言われてもオレもいやぁ〜ん!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070412

20070411(Wed)

[]S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版) (Windows) (その1) S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版) (Windows) (その1)を含むブックマーク S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版) (Windows) (その1)のブックマークコメント

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版)

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl (輸入版)

チェルノブイリの影
チェルノブイリ。かつてメルトダウンを起こし周囲一体を死の土地へと変えたその原子力発電所跡地で再び謎の大爆発が起こる。拡大した放射能汚染地域には突然変異を起こした醜悪な生物達が跋扈し、死をもたらす不気味な力場が間欠泉のように現れては消え、悪夢のような世界と化したその土地は”Zone”と呼ばれるようになった。いつしかその”Zone”に、危険作業を担い事故後発見された特殊物質を集めて売買する命知らずの賞金稼ぎたちが集まりはじめた。彼等は”Stalker”と呼ばれた。軍人や犯罪者や食いつめ者の集まりである彼ら”Stalker”はセクトを作り互いに抗争を繰り広げていた。プレイヤーはその”Stalker”の一人となり、数々の危険な依頼をこなしながらチェルノブイリで起こった謎の爆発の真相に迫ってゆく。

ウクライナのGSC Game Worldが開発したSFタイプのサバイバルFPS。タイトルからA&B・ストロガツキー原作で後にタルコフスキーが映画化したSF作品『ストーカー』をモロに連想するが、舞台をチェルノブイリにしているだけで実際モロ。あの原作では”Zone”とは遺棄されたエイリアンテクノロジーの産物ということになっているが、面白いのは、そこにあるものが”何”で”何の為にあるのか”、最後まで誰も判らず明かされることも無い、というところだろう。このゲームでもところどころで訳の判らない力場が軋む様な音を立てながら空間を歪め不気味に閃光を放ち、あるいは暗闇に燐光を灯しながら、そこに足を踏み入れた者の命を奪う。合わせて残留放射能がガイガーカウンターを鳴らし、プレイヤーの体を蝕む。もうこの辺からこれまでのFPSゲームとは違った一癖も二癖もありそうなヤバイゲーム世界を演出している。

■プレイ開始
この作品は長年に渡る開発延期により発売が危ぶまれていたが、この3月にようやく発売の日の目を見ることが出来た、といういわく付きである。という訳で早速購入、プレイしてみたのだが、…う〜〜ん、動作が重い!動作環境はクリアしているのだが、オレのP4/3.2G、メモリ1G、グラボGeForce7800GSではグラフィックタイプ:Mediumで殆ど動かない。これをLowにしてやっと十分なプレイが出来るぐらいだ(Static Lightingを選択したらMediumで動くようになりました)。HL2もDOOM3も普通に動いたのに…。それとロード時間が長い長い!最初はロード中文庫本でも読もうかと思ったぐらいだ!さてそうしてやっとロードしたゲームであるが、グラフィックのレベルが思ったほど高くない。全体的にスモーキーな陰影に乏しい色彩設計で、テクスチャも写真から起こしたと言う割にはビビッドさに欠けている様な気がする。以前ロシア製のFPS『Codename:Outbreak』というのをやった事があったが、くすんだ色彩や荒れ果てた光景、癖のあるシステムがそっくりである。…と思ったらどうもそこのチームが参加しているのらしい。

ゲームの最初の場面はアイテムを売り買いする雑貨屋の中である。FPSで撃ちまくろう!と思っていたらなんだかRPGっぽい展開ではないか。しかも最初の戦闘ではショボイ拳銃だけ持たされてあっけなく頓死、「長年待たされた」のは何の為だったかと気分が段々憂鬱になってくる。しかし、従来的なFPSとちょっと違うシステムに慣れてくると途端に面白くなってきた。まずアイテムは拾う事もできるが(これが転がってる死体を漁る事で手に入る…)売買の概念もある。RPG風の”お店”もあるが荒地を歩いている他のStalkerとトレード可能。パラメーターには生命力と体力の他に放射能被爆値がある。この被爆値、救急キットでも下げられるがウォッカを飲んでも治せる、というのが東欧産ゲーム的!しかもウォッカ飲み過ぎると酔っ払って視点が揺れ始めます!

長くなりそうなので次回に続きます!

f:id:globalhead:20070401143316j:image f:id:globalhead:20070401143054j:image

f:id:globalhead:20070401143013j:image f:id:globalhead:20070401143041j:image

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/11 22:04 ゲームしてDVD観て映画観てドラムンベース聞いて本読んで酒飲んで、仕事して(たぶん)、やっぱりタフガイだよフモ様は。昨日はすまんかったです。ギンギンの朝を迎えたぜ。時々更年期の戯言を呟くかもしれないけど、うっちゃっておいて下さい。とある方のブログで「あたしは人の日記に五行以上コメントを書く人を信用しない」みたいな事が書かれていて、確かに一理あるかも知れんと一瞬考えました。無礼者ですまん。でもここまできたら、生涯一馬鹿を貫いてやる!

globalheadglobalhead 2007/04/11 23:11 歳はお互い様だレイジー!そもそもオレん所は年齢層高いからな。ガキには判らん大人の話題なんだ!年金とか介護とか成人病などの愉快で夢膨らむ話題がな!(…。)だいたいここのコメント欄はコメント欄であると同時に君との掛け合い漫才のコーナーとして既に一部からマニアックな人気を博しているからこれからも堂々と馬鹿戯言書いてくれ!将来的には書籍化だ!タイトルは「フモとレイジーの譫妄日記」だな!
>五行以上コメントを書く人
そいつに言わせりゃ自分の日記のコメント欄に5行以上の返事を書くオレなんぞは人間の屑、鼻毛の先の鼻クソだな!大体オレの日記の基本テーマは「質より量」だ!料亭の味なんかじゃなくて千円で吐くまで飲める立ち飲み屋だ!でもモツの煮込みは旨いんだぜ!問題は何のモツか判んないことだがな!それにしても5行がどうだの信用するだのしねえだのケツの穴のちいせえ奴だな!「ケツの穴が小さい奴が天国に入るのは、らくだがケツの穴を通るより難しい」と聖書にも書いてるぞ!きっと便秘で悩んでいる可哀想な人だろうから何か繊維質なものでも贈ってやってくれ!電話帳とか荒縄とかな!
>ゲームしてDVD観て〜
ってかあれこれやり過ぎて体持ちましぇん…。それぞれに1週間1日づつ割り振りたいぐらいです。だがそうすると仕事に行く日が無くなってしまう…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/12 21:29 。。。(〃_ _)σ‖

globalheadglobalhead 2007/04/12 22:24 ( -ω-)ノ-=☆?(>。<)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070411

20070410(Tue)

[]ブロークン・エンジェル/リチャード・モーガン ブロークン・エンジェル/リチャード・モーガンを含むブックマーク ブロークン・エンジェル/リチャード・モーガンのブックマークコメント

SF小説読みとしてはレムもイーガンも嫌いじゃないが、作品を読む事にどこか作者の思弁と格闘を強いられている部分があって、お気楽に読み飛ばせない反面もある。だからこそ歯ごたえのある作品だと言う事も出来る訳だが、たまにはアドレナリン出まくりみたいなスカッとしたSFも読みたい。そんな訳で今日はこの1冊、リチャード・モーガンの『ブロークン・エンジェル』。物語は恒星間に人類が広がった27世紀の未来。その世界では人間の意識が体内に埋め込まれた”スタック”と呼ばれる記憶装置に記録され、肉体が死んでも新たなバイオ・ボディ”スリーブ”に移植する事により不死が可能となっている。主人公タケシ・コヴァッチは宇宙最凶と恐れられている特命外交部隊”エンヴォイ”を除隊後、傭兵として様々な惑星の紛争地帯を渡り歩いてきたタフ・ガイ。彼の新たな”仕事”は、遥かな昔に消失した火星人文明の遺物と見られる巨大宇宙船を探し出す事であった…というもの。

前作『オルタード・カーボン』ではブレードランナーを髣髴とさせる未来世界で(ああ、陳腐と知りつつ使ってしまうこの比喩!)ハードボイルドに事件捜査を遂行するというフューチャー・ノワールであったが、今作の特色を一言で言うなば、『今度は戦争だ!』である。政府軍と反政府軍との泥沼の戦闘状態にあるサンクション星系第4惑星、ここで見つけられた巨万の富を生むと目される超古代に建造された恒星間宇宙船の利権を巡って、激しい戦闘と陰謀術策が繰り広げられる。その中で傭兵同士の固い絆、女考古学者とのロマンス、一匹狼タケシ・コヴァッチの熱く孤独な魂の遍歴、そして謎に満ちた火星文明の遺物の真実などが描かれ、ミリタリーSF、冒険SFとして血湧き肉躍るエンターティンメントとして仕上がっている。

この物語で面白い所はさきにあげた登場人物達が”不死”ということだろう。そして意識のみの電脳世界で生活したり、肉体を何度も取り替えて何世代も生き続ける事も可能であるが、意識と人格をデジタルに収容した”スタック”が破壊されると”リアル・デス=真の死”を迎える事になり、実の所決して本当に”不死”という訳でもない。また”死なない”ということから現実世界や電脳空間での精神と肉体への終わり無き拷問が逆に顕著に行われ、凄惨な描写も多数描かれる。物語でも登場人物たちが使い捨ての肉体の中で放射線障害でボロボロになりながら古代宇宙船の探索を行い、戦闘場面では”スタック”が最後に残っているかどうかが本当の生死の分かれ目となる。この辺のSF的なアイディアが独特の世界観を生み出している。

そして何より戦闘用にチューンナップされた最強のバイオ・ボディと百戦錬磨の不屈の魂を持ちながら、かつて幾多の戦闘で失った部下の悲惨な末路をトラウマに持つ主人公タケシ・コヴァッチの”漢(おとこ)の生き様”がハートにぐっと来る!ゴリラの体躯と狼の戦闘本能を持ち合わせ、いざ戦闘ともなれば殺戮マシーンとなって重火器小火器両手抱え、さらには肉体そのものを凶器と化して、どんな敵でも千切っては投げ千切っては投げ、例えその身がどれほど傷つこうと、戦場で最後に立っているのは彼一人のみ!そんな男がふと独りになった時に心をよぎる、失った友や去っていた女への悔恨と郷愁。この男のセンチメンタリズム!くぅう、ハードボイルドは男の痩せ我慢と見つけたり!

(前作『オルタード・カーボン』のレビューはこちらでドウゾ。)

f:id:globalhead:20070410121552j:image f:id:globalhead:20070410121755j:image

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/11 04:03 すまん、パセヨさん曰く、人のコメント欄に日記書くなよだけど、「眠れねぇ〜!」

globalheadglobalhead 2007/04/11 06:07 わはは、どうしたレイジー!まあ、知らん仲でもないし水臭いこと言わなくても良いぞ!なんだったらメールでもよこしとけー。

paseyopaseyo 2007/04/11 12:31 ぼわん。呼ばれて飛び出ました。願い事は何ですか、レイジーさん。
「日記書くな」は途中が略してあるんですよ。どんなコメントでも面白くなればいいんであって、こっちの返事力の問題でもあるんです。ヘタレですまん。正式には「日記風コメントを書くなら返事のノリに合わせろ、変化球に合わせられないなら書くな」です。レイジーさんはその点、問題ないかと。

globalheadglobalhead 2007/04/11 15:53 呼ばれて飛び出てハクション大魔王だな。君は女子だからアクビ娘ならぬパセヨ娘ということにしておこう。しかし問題はパセヨ娘の後ろに句読点を付けるとパセヨ娘。になり、ハロプロデビュー!ということになってしまうのである。喫煙と温泉旅行には要注意だ!
という訳でパセヨ娘。もこう言っているのでエブリシングOKということだレイジー!ところでちゃんと寝れた?

20070409(Mon)

globalhead2007-04-09

[]土佐犬が来る 土佐犬が来るを含むブックマーク 土佐犬が来るのブックマークコメント

オレの会社で所有する不動産に建つ一軒家の住人が、長期に渡る家賃不払いを起こした為裁判沙汰になり、判決で家財道具一切合財押収の上立ち退きという強制執行になったのだとか。債権額は300万円。これまでうちの会社のエライ人が何度か催促に行ったのだが、ここの住人がもと大工の棟梁だかなんだかで、とんでもない偏屈頑固親父らしく、交渉は一筋縄ではいかなかったらしい。なにしろオヤジは興奮すると義眼の目玉をほじくり返して相手に投げつけるという!ある喧嘩の強いヤクザの必殺技に「いつでも何処でも自由自在にゲロを吐ける」というのがあるらしいが、この”義眼を投げつける”と言うのも、いきなりゲロを吐き掛ける喧嘩相手と一緒にタチの悪いシロモノだな!そりゃあ相手もヤル気無くすわ!わはははは!おまけにこのオヤジ、裁判で立ち退き&強制執行の判決が出たというのに今度は家に自分とこの婆さんを住まわせ始めたとか、なんだかもう訳が判らない。

さらにここの家ではなんと体重80kgの巨大な土佐犬が飼われていて、これが庭の檻の中でギャンギャン吼えているのだが、これは流石に押収しても困ってしまうので、これだけは押収ナシにしたらしい。そして土佐犬を除くこれら押収物件はオレの職場の倉庫に収められる事になっており、本日持ってこられるのである。そこでオレは職場のA君をだまくらかし、「どうやら土佐犬も押収するらしい。倉庫で暫く飼うから、君、飼育係に任命。餌と散歩を忘れないように。それとこれまで幾多の闘犬を血の海に沈めた連戦連勝の最強闘犬らしくて、かなり血に飢えているというから気をつけろよな。んじゃ宜しく。」と3日前から宣告しておいたのであった。このとき「血に飢えている」の部分を特に強調したオレである。そして言い渡されたA君、すっかりビビッっちゃって3日前からブルー入りまくりなのである。それを知りつつ「土佐犬でかいんだよなあ…」とか「土佐犬には何を食わせればいいかなあ…」とか「名前なんて付けようか?」などと事あるごとにA君に聞こえよがしに呟く嫌らしいオレである。性格が悪い、とはまさにこのような事を言うのであろう。いや、案外A君、楽しみにしていたりして。それはそれで期待を裏切って可哀想かも…。

[]鳩が巣を作る 鳩が巣を作るを含むブックマーク 鳩が巣を作るのブックマークコメント

オレの職場のおんぼろ倉庫に鳩が棲みついていたらしい。

この倉庫、一応セキュリティ装置が付いていて、ロックをかけた後に中で動くものがあると警備会社に通報が行くようになっているのだが、この間休み明けに警備会社から報告書が来ていて、日曜日に2回動体感知センサーが作動し出動があったが、異常はなかったと書かれていた。なんか気持ち悪いなあ、と思ってゲンバの方に訊くと「鳩が倉庫内に巣を作っていて、中で飛んでるんですよ」と教えてくれたのである。鳩が巣をねえ、と思い職場の若いヤツに話すと、こんな話を教えてくれた。

作業員の一人、フィリピン妻を持つパロパロ社長のところのSさんが、鳩の巣のありかを知っていて、この間そこから鳩の卵を両手一杯にかっぱらってきたのを見せられたんだという。「鳩の卵なんかどうするんだ?昼飯にでも食うのか?」とオレが訊くと、どうもそうではないらしい。かっぱらってきた鳩の卵はなんと倉庫前の芝生にばら撒かれるのである。そしてそれはどうなるかと言うと、カラスの餌にされるらしいのだ。要するにSさんは、鳩の卵を使ってカラスの餌付けをしているのである!以前も日記のここで紹介したのだけれど、まだカラスの餌付け続けていたのかよ!それにしても、鳩もカラスも特に興味も無いが、いくら卵とはいえ無体な事をするなあ、などとちょっと思ったオレではあった。というか、別に鳩の卵じゃなくてもカラスなんざその辺の残飯なんかで十分なんじゃないのか!?

shidehirashidehira 2007/04/09 12:53 >充分なんじゃないか
たぶん、餌付けしている人たちの耳元でミツバチがささやいてるんですよ。
鳩の卵じゃなきゃだめだよって。

globalheadglobalhead 2007/04/09 20:59 すっぽんなんぞを食べる中高年のようにやっぱりカラスの世界でも「鳩の卵きくぜ?羽根も黒々してくるし嘴もつやつやだぜ?」などと囁かれているのでしょうか。奇妙に色艶のいいカラスばかりオレの職場に集まられてもあまり嬉しくありません。というか色艶よくなくても「仲間たちに大評判の鳩の卵のある餌場」なんぞとカラスの間で風評が立てられ、TVで観たとか雑誌で読んだなどと日本全国のグルメカラスが大挙して飛んできたら大変です。オレの職場はカラスが雲霞の如く群がる「カラス御殿」なる名前が付けられ、いつでも空には蚊柱のように大量のカラスがグルグル廻っているなんて想像するだけでオレの目もグルグル廻りそうです。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/09 23:43 うまく立ち退いたとしても、その一家は婆さんと横綱級の土佐犬を連れて家探しか…。
からすのsさん(たしか巨漢だったかな)優しいんだか何だかわからないね。でもカラスが好きな所は私と一緒だ。友好の証しまでくれたしな。カラスもその他の生き物も、殖え過ぎと言うよりは、住家を侵蝕されているだけなんだよね。色々な生き物が減っていくと、最後に手痛いしっぺ返しをくらうのは人間なのに。
あのさ、今度はもっと安酒屋でいいから時間早めに集まって、その後カラオケで乱れようね。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/09 23:54 あ、今書いてて思い出した。私が子供の頃、田舎で土佐犬(無タイトル)を飼っていて、檻じゃなくて鎖で繋いでいたの。それが外れて山羊とお爺さんを噛みころしたんだよ。あのあとどうなったのでしょう♪ママァ〜ドゥユリメンバー ザビッグファイティングド〜ッグ♪

globalheadglobalhead 2007/04/10 09:11 オヤジの家探し、一応オヤジの子供らが他に住んでいるらしいからそちらを頼るのかなあ。ただ土佐犬はどうするんだろ…。餌代だけでも馬鹿にならんでしょうなあ。冗談で「1日に生きた鶏3羽」とか言ってたけど、実際量は食べるだろうしねえ。
カラスのSさんは巨漢だが西郷隆盛似の明朗肉体労働者だが、何故カラスに魅入られたかは謎。
>住家を侵蝕されているだけ
あ、実はその通りで、鳩が増えたのはオレの職場の両端の倉庫が同時に解体建て直し工事始めたからなんだよな。鳩も行き場所が無くなったんだろう。
>今度はもっと
思ったより予算オーバーだったな。オレもカラオケだけだと辛いから次は二段構えがいいかもな。それにしても次はもうちょっと酒セーブします…(やはり反省しているらしい)。
>山羊とお爺さん
山羊とお爺さんには可哀想だがなんか並べると日本昔話みたいだな!「昔々あるところに山羊とお爺さんが暮らしておりました。ある日の事、お腹を減らした土佐犬がやってきて、(中略)着物を脱ぐと中から現れたのは土佐犬でした。土佐犬は言いました。「わはは!山羊とお爺さんはもう食べてしまったよ!」」…やっぱりホラーになってしまった…。

FuetaroFuetaro 2007/04/10 11:52 はーい、安く済ませようと思ったら、昼カラオケの方がいいと思います!そして夜はさくら水産とかの安居酒屋とか。日程決めてもらえれば店は僕が探してもいいっすよ。

globalheadglobalhead 2007/04/10 12:33 おおそういう手もありますか。他の方の意見もまとめてみたいですが、お店探し手伝ってもらえるなら助かるなあ(カラオケ詳しくないんっすよ)。どっちかだけ参加というのもあるかもしれないしね。という訳で次回もガチでやりますので、今回来た方も来られなかった方も是非参加お願いします!(呼びかけ)あとはいつやるかだなあ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070409

20070408(Sun)

globalhead2007-04-08

[]《第1回!チキチキ・メモリの藻屑のフモとかいうヤツを遠巻きに眺めながら一杯飲み屋で安酒をあおりつつはてダでは書けないあんな話やこんな話をひそひそと呟き合う猟奇オフ!》 《第1回!チキチキ・メモリの藻屑のフモとかいうヤツを遠巻きに眺めながら一杯飲み屋で安酒をあおりつつはてダでは書けないあんな話やこんな話をひそひそと呟き合う猟奇オフ!》を含むブックマーク 《第1回!チキチキ・メモリの藻屑のフモとかいうヤツを遠巻きに眺めながら一杯飲み屋で安酒をあおりつつはてダでは書けないあんな話やこんな話をひそひそと呟き合う猟奇オフ!》のブックマークコメント

という訳で昨日はオフ会をやっつけてきたんであった。フエタロさんワッシュさん、レイジーさん、パセヨさん、皆さんはるばるいらして下さってありがとう御座いました。フエタロさんとワッシュさんの知的で薀蓄の深いマニアックなトークに頷き、レイジーさんの落ち着いた大人の雰囲気に心和ませ、パセヨさんの驚くほどの美女振りにしみじみと見惚れていたオレなのであった。そういうオレはというと妙に緊張してしまい「フモさんが挙動不審だ」と言われてしまうほど怪しい動きをしておりました。面目無い。気持ちを落ち着かそうとピッチ早く呑んでしまったら後半訳が判らなくなり、今度は「フモさんが壊れている」と言われてしまうほどハチャメチャな状態となってしまいました。面目無い。なにか粗相は無かったでしょうか。ええと実は所々記憶が無い部分が…。なにしろ今朝目覚めたら穿いてたズボンの膝に何故か穴が…。オレいったい何やってたんだ?

そんなでしたから今日はすっかりグロッキー気味で、遅い時間まで布団の中でダラダラとしておりました。お昼頃来て下さっていた皆さんの日記チェックして「おお取り合えず問題は無かったようかな?」と多少安心しておりました。オレの不埒な悪行三昧にパセヨさんなどはアンテナ切ってプライベートモードになっていたりしたらどうしようかと思っていましたが今の所そういう事は無いみたいで胸を撫で下ろしています…。(何やってんだオレ!)それにしても結局起きれたの4時過ぎだもんなあ。まだ少しボーッとしております。最近飲むと次の日かなーりダウンしている事が多いなあ。しみじみ無理が効かない体になって来ているようです。

とか言いつつ面白かったのでまた何か機会があったら何処かで集まりたいもんです。これに懲りていませんでしたらまた宜しくお願いします!(でも次はもう少しセーブしなきゃなあ…。)

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/08 20:39 昨夜は本当に楽しかったです!ありがとうございました。私など「ヘェ〜!」とか「はぁ〜!」とか聞くばかりで、でも内容が深くて濃くて、もっともっと聞いていたかったな。時間がアッと言う間にすぎちゃったね。記憶が飛んでるか…。みんな優しいからさぁ黙っているけどさぁ、あんなコトとかこんなコトとか、覚えていないんだ〜。フフフフ…。
(-.-)y-~~~

globalheadglobalhead 2007/04/08 21:46 おおレイジー、昨日はありがとう!お会いできて嬉しかったです!ナマフモは如何だったでしょうか。あんなのでしたががっかりされなかったでしょうか。なんか基本的にオレは一人でバカなこと言って一人で腹抱えて笑っていたような気がするが…。ちょっと飲みすぎたようで、この時間でもなんだか頭がもやんとしてるわ。今日は酒抜いて早めに寝ます…。
>記憶 ううう、あんなコトやこんなコトですか!ここは厚顔無恥を貫き通し、何もなかったフリして口笛吹いていよう!いやあドンマイですよドンマイ!(自分を励ますいじらしいオレ)また機会があったらお会いしましょう。今度は緊張してないと思うんで普通にしていられると思いますが…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/08 22:01 機会があったらじゃなくて作るのだ。あたしゃ今また飲んでます。ではお休み〜。

globalheadglobalhead 2007/04/08 22:17 おう。おやすみぃー。

paseyopaseyo 2007/04/08 23:25 ええっ、あんなことして膝をすりむいたのに覚えてないんですか?! 忘れたふりするなんて、ひどすぎます‥‥。

それはさておき、昨夜はありがとうございました。とても楽しゅうございました。本当に笑いすぎで酸欠になりました。次回も是非、機会を作ってください。

globalheadglobalhead 2007/04/09 09:04 おおパセヨさん、こちらこそありがとう御座います。あんまりパセヨさんが美人ちゃんだったので緊張してしまいました…。それにしても何をして膝すりむいたのだ!忘れたふりじゃない!ってか忘れたい部分も無きにしもあらずな部分もちょっとあったが!こっちは積極的に忘れたふりをしよう!
しかし”第1回”が終わったばかりなのに次回の話が出ているというのはあれはあれで成功したと言う事でいいんでしょうか!?それともフモ抜きだったら次回もありということなのか!?いやそんなことはあるまい!取り合えず善処しよう!また席を設けますから是非いらしてくださいね〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070408

20070407(Sat)

オフ会のお知らせ! オフ会のお知らせ!を含むブックマーク オフ会のお知らせ!のブックマークコメント

日記1000回を記念して《第1回!チキチキ・メモリの藻屑のフモとかいうヤツを遠巻きに眺めながら一杯飲み屋で安酒をあおりつつはてダでは書けないあんな話やこんな話をひそひそと呟き合う猟奇オフ!》を開催いたします。(えー、タイトルに深い意味はありません。)
日にちは4月7日土曜日の7時ぐらいを予定しています。
参加ご希望の方は下記リンクに案内を用意しておきましたので御覧になってくださいませ。
《■第1回チキチキ!(以下省略)オフ会のご案内》
なおこれまでの経緯やコメントは《こちら》に移動しましたので合わせて御覧ください。

【4月1日更新】 【4月1日更新】を含むブックマーク 【4月1日更新】のブックマークコメント

《オフ会のお店》《日時》《締め切り日》《お店周辺の地図》《道順の写真紹介》《品川までのアクセス》を更新しました。参加される方は必ずご覧になってください。

20070406(Fri)

globalhead2007-04-06

[]ブラックブック (監督:ポール・ヴァーホーヴェン 2006年 オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー映画) ブラックブック (監督:ポール・ヴァーホーヴェン 2006年 オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー映画)を含むブックマーク ブラックブック (監督:ポール・ヴァーホーヴェン 2006年 オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー映画)のブックマークコメント

■1944年オランダ
1944年ナチス・ドイツ占領下のオランダ。ホロコーストの魔の手から逃れるために主人公の女ラヘル(カリス・ファン・ハウテン)は家族共々安全な地域への脱出を試みるが、ドイツ軍に発見され彼女を除く家族全員が殺害されてしまう。命からがらレジスタンスの元に身を隠すラヘルだったが、そこでドイツ軍諜報部のとある大尉に色仕掛けで迫り、ドイツ軍の情報を盗み出す事を命じられる。

シンドラーのリスト』『戦場のピアニスト』等”反ナチ・反戦”映画と並び評されている部分もあるが、この映画のテーマとはずばり《復讐》である。そして復讐とは人間の根幹にある暴力的な情念の中でも最も大きくそして破壊的なものなのではないか。どれだけアンモラルで反社会的であろうと、《復讐》に取り憑かれた者にとって、それを完遂することはえもいわれぬ極上の甘美に満ちているものだ。だからこそ《復讐》の物語はどれも歓喜と虚無に満ちている。《復讐》によって生まれるものは何も無いが、にも拘らず人は《復讐》の暗い恍惚に身も心も奪われ、《復讐》に振り回されたまま、自らも自滅してゆく。

■復讐の連鎖
家族を皆殺しにされた主人公ラヘルは殺戮現場で目撃したドイツ軍中尉に激しい復讐心を抱く。そして彼女が身を寄せたレジスタンス組織では首領者の制止を訊かずにドイツ軍に情報を売っていた味方の筈だった男へ復讐を遂げる。その復讐としてドイツ軍は逮捕されていたレジスタンス構成員の銃殺を遂行しようとする。さらにはラヘル自身が裏切り者としてレジスタンス組織により復讐の対象となってしまう。終戦後にさえ戦争協力者達にはサディスティックな復讐行為が同国民からなされ、さらに終わることの無い復讐の計画が練られる…といった按配に、様々な復讐が変奏曲のように繰り返される物語なのだ。ここで描かれるのは正義=連合軍と悪=枢軸軍といった単純で二元論的な戦争の物語なのではなく、どこまでも終わることの無い復讐の連鎖と、それを生み出す人間の暗く嗜虐に満ちた情念なのだ。そして映画の冒頭と終盤で描かれるイスラエルに安住した主人公の”現在”、1956年は、第2次中東戦争、すなわちスエズ危機が勃発した年であり、《復讐》による殺戮がどこまでも終わることが無いということを暗に示す。

ポール・ヴァーホーヴェンのお家芸である確信犯的な下劣さと冷笑に満ちたニヒリズムは今回も健在だ。バイオレンスとセックスとグロテスク。この人がなんでホラーを撮らないのか不思議なぐらいであるが、実の所、ホラーよりも現実のほうが一層恐怖と不条理に満ちている事をこの人はよく判っているんだろう。しかしこのような物語でありながら映画自体は実に良質のエンターティンメントとして完成されているのだ。それはひとえに運命に翻弄される主人公ラヘルの悲劇に彩られた人生に対して十分に感情移入できるということと、そしてラヘル役であるカリス・ファン・ハウテンが実に魅力的に描かれているからだろう。さらに脱出劇やスパイ活動、レジスタンスの抵抗運動など、アクションやサスペンスの要素が存分に盛り込まれ、裏切りに次ぐ裏切りによる最後まで読めない展開に、観客は目が離せなくなってしまう。これはヴァーホーヴェンの新たな代表作となる予感さえする。

■俗であり聖であるもの
この映画でヴァーホーヴェンは「白でもなく黒でもなくグレイな物を描きたかった」と言っている。オランダ人レジスタンス組織は正義の為に戦いながら終戦後は私刑を平然と行う無頼の徒と化した。ラヘルの標的だった本来敵である筈のドイツ軍大尉は、ユダヤ人と知りつつラヘルを愛し、犠牲者を減らす為にレジスタンス組織と密約を結び、その為に銃殺を言い渡される。このように人は俗であり聖であり、残酷でありながら慈愛も持ち合わせる。どちらというのではなくその総体が人間なのだろう。そして人間はその時自らがどういう立場で、そのバイアスがどちらに振れているかによって己を定めてしまう存在なのだろう。これまでひたすら露悪的に人間内面のどろどろとした暗部を描いてきたヴァーホーヴェンであるが、この映画ではラヘルの愛や生きることへの渇望といった、負の部分だけではない描写が際立つ。ヴァーホーヴェンは人は本来利己的で欲望に満ちた存在であるという性悪説的な映画を多く撮ってきたけれど、この映画では決して否定的な要素のみを撮っている訳ではない。勿論肯定的でもない。人の持つ業の深さを描きながら、このように人は揺れ動く存在であると彼は描写する。それもまた人間の性なのであり、それに目を背けるべきではないのだと。

■Black Book trailer

D

[]民主主義と復讐 民主主義と復讐を含むブックマーク 民主主義と復讐のブックマークコメント

ぶっちゃけ、ギタギタにしてやりたいような奴はオレにもいたりするんだよな。だけど実際そんなことを実行に移すのは社会的なリスクを別として、確実に自分自身の精神を蝕むのは目に見えてるんだよ。しかしだからこそフィクションというのはあって、妄想の世界で遊ぶのは自由だし誰にも咎められない。アブナイ妄想だけたっぷりして「あ〜あ、でもこんなこと本当にやる奴はやっぱ頭おかしいよね」と自分の中で相対化する。なんかそんな風にして精神衛生に努めてるな。だからホラー映画とか犯罪小説って、実はかなり健全なんだよ!

ただ生き死にの問題になると別だよな。強殺云々は仮定の話だとしても、ある犯罪行為に対する量刑が第三者から見てもどう考えたって軽いだろ、なんて思うことはあって、しかし法治国家であり民主主義国家である以上、司法の判断を無視した個人の断罪行為はつまるところ私刑になってしまうんだよ。単純な例だと「あんな奴死刑だ!」って吠えまくる奴ね。被疑者がその犯罪の内容により民主主義的な裁量を適応するのが不適切だ、というなら、逆に自分自身を守る法律とそれを尊守する民主主義は、自分自身に適応されなくとも文句は言えない、という事になってしまうんだよな。でもこの間の通学時の子供達に車突っ込んで何人も死なせた事件は、判決が数年の禁固刑だったが、これじゃあ親達は可哀想過ぎるよ、とオレなんかも憤った事は確かだよ。

じゃあここで何が問題なんだろう?と考えると、それはオレ等というのが社会的であるのと同時に個人的な存在であるという事なんだよな。…でもこれ以上話を展開させるとキリが無いでこの辺で唐突に止めておこう!

あと忠臣蔵の時代というのは封建主義の時代であり西欧的な個人主義は明治において”輸入”された概念でしかないから、今オレ等が考えるような”復讐”とはまた違った意味合いがあるのな。なによりあの時代は”家”はあっても”個人”は存在しないのよ。だから忠臣蔵の討ち入りはある意味”家”に忠実であったが為に行われたことであり、だからこそ英雄的な扱いを受けるお話なのよ。そしてまた”仇討ち”も”家”の為に行われるのよ。つまりそこに”個人”の思惑は存在しないのね。なにしろさっきも書いたようにあの時代は”個人”という概念が存在しないんだよ!だからよく時代劇である”個人の考えを無視した政略結婚”というのは有り得ないんだよな。…これも話はこれ以上展開させません!

さて帰依するものかあ。ええとこれも書くと長くなりそうだからまたまた割愛!ってか今酔っ払ってるし。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/06 21:39 復讐心て、顕にはした事はない(筈」けど、私の心の中にそう言うひきだしには確実にあると思います。でも嫌なのは、それが忠君とか国や信ずるボスや教祖の為ってのは絶対にないな。忠臣蔵や寺子屋に見られる美しい(らしい)仇討ちみたいなのは馬鹿らしい連鎖だと思う。相手にだってそれぞれ個人や家族の歴史があるわけだし、民族や宗教、国家絡みの復讐心はまったくないや。帰依するものがないって、悲しいのかなぁ。でも娘が強殺なんて目にあったら、私はその犯人を許せるだろうか。法の裁きなんて関係なく、相手と刺し違えるかもしれないし、しないかもしれないし、同じなのかなぁ。

globalheadglobalhead 2007/04/06 23:31 ええと、コメント返そうと思って書いてたらあまりにも長くなったのでエントリにしておきます!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070406

20070405(Thu)

globalhead2007-04-05

[]憂鬱と悲哀のサンバ 憂鬱と悲哀のサンバを含むブックマーク 憂鬱と悲哀のサンバのブックマークコメント

■上司と同じ
オレの会社の別事業所のM君の話だ。その頃繁忙期ということで毎日が残業の連続、仕事が深夜に及びとうとうカプセルホテルに泊まるはめになったM君。その時一緒にカプセルに泊まることになった彼の上司のH氏が、毎日忙しい思いをさせて不憫だ、ここは替えの下着ぐらい俺に買わせてくれ、と二人でコンビニに行ったのだという。そしてH氏はM君と自分の分、パンツを2枚買ったのだが、コンビニにあったのは同じ柄のものだけであった。じゃあこれ履いてくれ、とパンツを渡されたM君だったが、その時なにか言いようのない悲しみに襲われたのだという。その悲しみは、残業続きの毎日が彼に感じさせたものではない。彼は、上司と御揃いのパンツを履かねばならない自分が悲しかったのだという。

■昨日と同じ
日夜酒席に明け暮れ酒でどんより濁った眼には太陽が黄色く見えて堪らないあたかもカミュの『異邦人』の如き日々を送るオレであるが、その日も外で会社の仲間達と親の敵のように痛飲し、家にはたどり着いたのはいいものの洋服着たまま布団で眠ってしまったのであった。オレは会社に私服で出勤してるのでスーツで寝た訳ではないが、なにしろ次の日の朝はなかなか起きることが出来ず、時間ギリギリまで寝て昨日着てた服のまんま会社に行ったという訳だ。つまり二日間着っぱなしである。当然下着もそのまんまである。朦朧としながら一日の仕事を何とか遣り遂げ、帰りに別の部署の女性社員Kちゃんと顔を合わせたので「いやあまたやっちまったぜ!」などと昨日の惨状を話して聞かせた。「服着たまま寝ちまったぜ!勿論風呂なんか入ってないからな!」と己のだらしなさを意味も無く自慢するオレ。「ううう…早く帰ってお風呂入ってください…。」とKちゃん。「当然下着も替えてないのさ!わはは!」「…もういいです!近寄んないで下さい!」と当然の如く眉間に皺を寄せるKちゃん。こうしてデリカシーの無い下品なオヤジは若い娘達から嫌われてゆくのである。身から出た錆、というのはまさにこのことであろう。(教訓的)

■それはおいしい
オレの事務所のA君がこの間電話で「お忙しい所すいません」と言う所を「おいしい所すいません」と言っていた。ああ…君自身がオイシイよAよ…。

■恋は素敵
最近、職場の部下であるA君の顔が妙に荒んでいる。肌が荒れまくっているのである。干上がった田んぼのようにカピカピなのである。何かあったのだろうか。仕事のせいだろうか。ここのところ仕事はたいした忙しくなく、大体7時には帰れているのだが。やはり私生活が乱れているのだろうか。A君が交際しているフィリピンパブのフィリピンギャルに旦那と子供がいるという事実にやっと気付いたのだろうか。今まではそんな現実知りたくない、と頑なに耳を傾けようとしなかったA君だったのだが。なにしろその事実を持ち出すと「そんなの嘘だ!俺は彼女から訊かされていない!」と怒りむくれイジケるのである。恋は盲目、とはこのことである。所帯持ちのフィリピンギャルに数十万貢ぐのも恋の力あればこそである。どうもそのフィリピンパブのボーイさんまで「ちょっと入れ込み過ぎだからもう止めさせたほうがいい」などと言っているらしい。

何故こんな事を知っているかというと職場の他の従業員もよく行く店だからである。別に何も訊かなくとも皆さんオレの耳に入れてくれるのである。それにしても普通ならケツの毛まで毟るのが商売の方からストップが掛かるなんて、尋常じゃない恋の力である。本国の両親にも送金しているらしいが、こうなるともはや聖人である。彼はフィリピンギャルとその旦那と子供とその親まで養っているということになるからである。遠回しに「A君、貯金とかちゃんとやってるのか?」などと訊くとバサバサの顔とボサボサの髪で血走った目の下に隈を作ったA君が「大丈夫です、お金ならありますから」と薄笑いを浮かべて言うのである。いろいろ情報をまとめると、そのフィリピンギャルは現在本国に帰っているのらしい。多分家族水入らずでな!日本は半月留守にするのだという。なるほどそういうことだったのか。A君、いい機会だ、早く目を覚ましてくれ…。

shidehirashidehira 2007/04/05 18:55 がんばれ、いや、もうがんばるなAくん!
実は僕、とあるバーで働いていたことがあって、そのオーナーの奥さんがフィリピーナで、毎日のように上得意様(僕らは若旦那と呼んでいた)をアフターで連れて来ては飲みもしないヘネシーで売り上げか増やしてました。でもっておつりの中から千円を僕にくれて、”コレデゴ飯食ベテ帰レバ”とかもあって非常に助かりました。
で、その若旦那から真顔で”そろそろ結婚申し込もうかと思ってる”と告げられたときは、笑いをこらえるのに必死でしたよ。

globalheadglobalhead 2007/04/05 20:18 おお椣平さんそんな仕事もされていましたか。オレは母親が飲み屋やってたんで子供の頃から夜の商売関係者が家によく出入りしており、あの辺のホステスさんの生活事情とかよく知ってたもんですから、水商売のお店とか行ってもあんまり楽しくなかったりしますなあ。家じゃあ子供が一人ぼっちでTV見てるんだろうなあ、とか想像しちゃってね。
困った事にA君実はマジで結婚を考えているようなんですわあ。そりゃムリだろ、とは思いますが、プライベートに口挟むのもなんだしなあ、というのと、大人なんだから自分でどうにかして欲しいと思ってるんですけどねえ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/05 21:46 夫のいとこも一時期中国スナックのお嬢に夢中でした。「やっぱり日本人と違って優しいんだよね〜」と私の前で言いやがった。おいおいそれはお金絡みだぞ、と言いたかったけど、本人が幸せ気分ならいいやと放っといたら、もっといい旦那を見つけて結婚しちゃいましたとさ。

globalheadglobalhead 2007/04/05 22:06 中国スナック!一瞬「中国菓子」と脳内翻訳されてしまった…。実はオレの高校時代からの友人がフィリピンパブのオネエサンと駆け落ちして行方不明になったことがありまして、その細かい経緯があんまりシャレにならないお話なもんだからさすがに日記ネタとしては封印してたなあ。とか言いつつ、大昔会社の中国人女子社員に密かに惚れていたことを突然思い出して、なんか人のことが言えなくなってきたなあ。いや、こっそり中国語勉強したりしてたよ!中国語で口説いたら冷静に文法訂正されたよ!…なんでオレこんなこっ恥ずかしい過去を暴露してるんだああッ!!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/05 22:31 中国人のいるスナックですね^^ 辛い、否恥ずかしい過去があったのですね。その会社にいらした中国人女性は正しいと思う。

globalheadglobalhead 2007/04/05 22:38 あの頃はオレも若かったしなあ…フッ…。(とか言いながら今も全然学習する事無く恥ずかしい事を繰り返しているオレ。人生なんザ恥かいてナンボだ!←さらに開き直り)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070405

20070404(Wed)

[]伝説の番組 完全復活宣言 ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!2007 テレビでは放送できないのでDVDにしてみましたバージョン 伝説の番組 完全復活宣言 ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!2007 テレビでは放送できないのでDVDにしてみましたバージョンを含むブックマーク 伝説の番組 完全復活宣言 ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!2007 テレビでは放送できないのでDVDにしてみましたバージョンのブックマークコメント

かつては結構お笑い番組も見たものだが、最近はすっかり付いていけなくなっているオレである。これはあまりTVを見なくなったことと、TVのお笑いというのがワカモノ向けなので、観ても面白くない、というよりもなんだかよくワカンナイからなのであった。ダウンタウンの番組は今でも見はするが、それも単なる習慣みたいなもので、最近はこれ本当に面白いのか?などとさえ思えてくる始末である。年齢というのはこういう所にも出て来るものなのか、とちょっと思ったが、しかし2chのVIPネタなんかは普通にゲラゲラ笑って見てるんだけどな。

ビートたけしにもはやお笑いを求める人は誰もいないだろうが、しかしそれでも『お笑いウルトラクイズ』ともなれば話は別である。だいたいオレの夢もチボーもお金も無いナイナイ尽くしの20代の頃はビートたけしの番組があったからこそなんとかくたばらずにしのげていたのである。あと漫画の連載とかな。『AKIRA』まだ終わってなかったし。お笑い番組と漫画で命を繋いでいたというのも安くてオレらしい話だな。『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!』はなにしろ年数回特番で放送ということで、毎日毎日玉子のぶっ掛け飯しか食えないような日々の中で1日だけ寿司の盛り合わせを食えるような特別さに満ちた番組なんであった。もうね。『お笑いウルトラクイズ』で1年分の憂さも晴れようかというほど笑ってましたわ。ホント好きだったよなー、お下劣でナンセンスでひたすらお馬鹿で。

そんな『お笑いウルトラクイズ』も下品すぎて苦情が殺到(こういうのでいちいち苦情するヤツって逆に病んでいるような気がするけどな)、TVからは暫く姿を消していましたが、なんと2007年1月に11年振りに復活しました。これまでの『お笑いウルトラクイズ』を編集して発売されたDVD『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!DVD-BOX』が飛ぶように売れたことが原因らしい。やっぱりみんな見たかったんだよ!みんな低俗でお下劣なもんが大好きだったんだ!勿論オレも大好きだ!

さてこのDVDはその復活『お笑いウルトラクイズ』にTVで放送できなかった映像を追加し、DVD2枚組200分あまりに渡ってどこまでもサイテーでしょーもない笑いを爆発させております。まあね、やってることはいつもと同じなんだけどね。DVD観ていると何人もの若手芸人が「お笑いウルトラクイズがあったから自分はお笑い芸人になった」と言っていて、やっぱり影響力の強い番組だったんだなあ、とつくづく思った。そうだよなあ、ここまでバカな番組って、そうそうあるもんじゃないからなあ。こんなのばっかりでも案外困るがな!アメリカじゃあアホアホ低俗番組『ジャッカス』なんてぇのがあるけど、『お笑いウルトラクイズ』の腰砕け感にはまだまだ至ってないよな。復活第2弾の放送を心からお待ちしております!

[]人形が見てる 人形が見てるを含むブックマーク 人形が見てるのブックマークコメント

遥か遠いジュラ紀白亜紀から狭いながらも侘しい老朽アパート(通称なめくじ長屋)に自縛霊のように棲み付いているオレであるが、どうやら流し台がいかれて下の部屋の天井に水漏れが発生したらしい。慌てて大家がやってきて、流し台を治さなければならないから暫く水を使わないでくれという。炊事を控えて洗面はトイレで行えばいいし、水代わりにビール飲んでりゃあ事足りるから、まあしゃあねえべ、と了承したのだが、段取りが悪いのか工務店のおっちゃんに「あそこの部屋には魔物が出るから」と断り続けられているのか、なかなか修理にやってこない。

5日ほど我慢していたら今日修理に取り掛かれるという大家からの連絡があり、ああやっとかと思って部屋に帰ると既に修理は終了、この間までは侘び寂びを形で表わしたような苔生し巌となりつつあった流し台が文字通りピカピカに輝く新品に替わっているではないか。まるでiPodの鏡面加工並み、実はあれは世界でも日本の新潟地方でしか出来ない匠の技だとどこかのwebページで読んだ事があるが、まさにそれを思わす技術大国日本の職人たる優れた仕事振りにしばし感嘆したオレであった。いや、かなり大袈裟に書いたけど。

しかしその時オレはあることがちょっと気になっていた。オレの部屋に仕事に来た工務店のおっちゃんは、オレの部屋に水子供養の地蔵の如く並ぶ大量のフィギュアーズ&ドールズの熱い注視の中でお仕事をしていたんだろうなあ、と。オレはここの住人だからなんとも思ってはいないが、おっちゃん、「いったいこの部屋のヌシは何者なんだ?」と磁場や霊気に似た重苦しい雰囲気に包まれながら脂汗タラタラで仕事していたんだろうなあ。おっちゃん良い仕事してくれたのにゴメンな!今晩うなされてなければいいんだが…。「に、人形がぁ〜人形がぁ〜!オレを見つめてるんだぁあぁ〜〜〜ッ!」などとうめき声を上げのたうちまわったりしてないだろうなあ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070404

20070403(Tue)

globalhead2007-04-03

[]ショッカー幹部パーティーワインセット ショッカー幹部パーティーワインセットを含むブックマーク ショッカー幹部パーティーワインセットのブックマークコメント

■ショッカー本部御用達、至高の高級ワインです。

偉大なるショッカー首領と世界制服を祝うために作られたワインが話題になっておるらしい。「ショッカー日本支部ワイン」と「ショッカースイス支部ワイン」の赤ワイン2本と専用グラス2個、さらに「ショッカー幹部パーティー招待状」が付き、ショッカーマーク銀箔押し 豪華化粧箱に入って15750円だ!ゾル大佐や死神博士も地獄大使も舌鼓を打ったと言う至高の高級ワイン!しかしショッカー幹部が飲むにしては随分リーズナブルな価格だな!勿論ワインもグラスもショッカーマーク入り!

参考:話題沸騰!「ショッカー幹部パーティーワインセット」(via:exite.ニュース)
バンダイネットワークス開発担当の方のお話が掲載されております。

■ショッカー特集(ゲルショッカーもあるよ)
このワインセットの発売を記念して(?)ネットでショッカーネタを集めてみました。

○ショッカー戦闘員随時募集中!
これは随分前にネットで出回っていた写真ですね。

f:id:globalhead:20070403120354j:image

ゲルショッカーの結成式場は今…?
ゲルショッカーの結成式が執り行われた猿島に行った方のレポート。

ショッカー占い
オレの結果は「ショッカー(バイト)」だった…。

やめろー!ショッカー!
なんて残酷なんだーッ!やめろーッ!

○京都秘密基地 秘密結社ショッカー
実はバーだったりして。『くも男』『死神博士』『じごく大使』などのカクテルもあります。『イカデビル』は”サッパリして意外と飲みやすい”とか。ショッカー戦闘員の皆様も出現するらしい!

f:id:globalhead:20070403120446j:image

ゲルショッカーの掟
要するに気に食わない者は皆ぶち殺す!という判りやすい掟。

f:id:globalhead:20070403120534j:image

○ショッカーガシャポン
今知ったんだが「ガシャポン」と「ガチャポン」は登録商標で微妙に違うものらしい。
ガシャポン はてなダイアリーキーワード

f:id:globalhead:20070403120605j:image

○ショッカー折り紙
なにげに可愛い。

f:id:globalhead:20070403120626j:image

○ショッカージャージ
これを着て「イー!イー!」と叫びながら外で遊ぼう!

f:id:globalhead:20070403120656j:image

○(追加)ショッカーが開けたと見られるグァテマラの巨大な穴(嘘だってば)(via:AIM HIGH FUNNY BLOG)

D

○(追加)-女戦闘員研究所-ショッカー婦人部
ショッカーにも女戦闘員がいた!?特撮モノの女戦闘員をクローズアップしたマニアの為のホームページです!

f:id:globalhead:20070403221610j:image

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/03 19:22 私はショッカー(左遷)でした(-д-;) テンションが上がり過ぎてライダーを倒しちゃったんだと。ライダーを倒したらあと仕事がなくなるから。絶対にやってはいけない事をやっちまった訳ね。来週グアテマラに飛ばされます…。

globalheadglobalhead 2007/04/03 20:21 今までどんな凶悪な改造人間でさえ倒す事の出来なかったライダーを倒してしまうとはどんな強力な戦闘員なんだレイジー!ってか君の倒したのは多分仮面ノリダーだ!ファンファン大佐!フェスティボー&カーニボー!くえっくえっくえっチョコ玉男!そして戦闘員のレイジーは倉田プロモーションのみなさんということになるな!
だいたい今度グァテマラって、行ってなにするんだレイジー!…ハッ!ひょっとして以前日記に書いたことがあるグァテマラの大穴、あれ君の仕業だったのかッ!?(調子に乗って動画をUP!)

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/03 21:15 これは重大機密だが、まぁココを見ているのは極少人数だろうから(コラ!)言っちゃいます。あそこの地下はショッカー秘密基地グアテマラ支局でね、突然天井が落ちて仲間が大勢死んだのだよ。中南米の奴等は気のいい奴ばかりなんだけど、仕事ぶりも脳天気でね。俗に言う耐震構造の偽装ってやつ? その立て直しに私が派遣されるらしい。まあ私としては、戦闘より土木作業の方が好きだし、思いっきりユンボ走らせてきますよ!

globalheadglobalhead 2007/04/03 22:24 わはは、あれは陰謀ではなくて手抜き工事による事故だったのか!ショッカーにも姉歯みたいなヤツがいるんだな!ってか天下のショッカーも随分舐められたもんだな…。それでレイジーはグアテマラでドカチン作業に赴くと言う訳だったのか。完成したあかつきには基地の偽装として造園もするつもりだな!なんだか今までのレイジーとのコメントが全部当てはまって怖いぐらいだ!そんなレイジーの為に君の仲間のショッカー女戦闘員の皆さんが沢山載ったwebページを見つけたぞ!また追加しておいたから見るがいいさ!…でもレイジー、あの格好でやるの…?

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/03 22:40 あれ?左から四番目がもしかして…。

globalheadglobalhead 2007/04/03 23:08 …な、なかなか似合ってるよ、レイジー!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070403

20070402(Mon)

globalhead2007-04-02

[]ドミノピザ 4種のチーズメルトシリーズ ドミノピザ 4種のチーズメルトシリーズを含むブックマーク ドミノピザ 4種のチーズメルトシリーズのブックマークコメント

ドミノピザから期間限定で《4種のチーズメルト》シリーズが発売されました。種類は《ボロネーゼ》《シーフード》そしてこの2つのハーフ&ハーフとなります。

この《4種のチーズメルト》、造りがちょっと変わっていて、まず普通のピザクラストの上に《ボロネーゼ》《シーフード》のソースとチーズ、その上に薄皮のようなソフトイタリアンクラストが乗って、その上にさらにソースとチーズ、さらにまたソフトイタリアンクラスト、そしてチーズ、そしてまたまたソフトイタリアンクラスト…、という3層になっているんですね。そんなですから見た目にボリュームがあり、さらに3層になったソフトイタリアンクラストのせいで普通のピザとはちょっと違う食感を楽しむ事が出来るんです。

ドミノピザには《ミルフィーユ》というシリーズがあって、これはクリスピータイプのクラスト2枚にチーズがサンドされたピザなんですが、チーズの量もさることながら実質2枚分のピザクラストを食べる事になり、ボリュームが多すぎて食べててすぐ飽きてしまうんです。だからこの《ミルフィーユ》のシリーズはあまり好きではなかったんですが、この《4種のチーズメルト》では薄皮状のソフトイタリアンクラストを使う事によってクラストよりもソースやチーズを中心に味わう事が出来、結果とても味わい深いピザとして仕上がったようです。ちょっとチーズのボリュームが多いので一人で一枚はきついかもしれませんが、一度試してみてもいいかも知れません。

《4種のチーズメルト・ボロネーゼ》は要するにミートソースだ!でもミートソースのピザって結構美味しい。これに様々なチーズの美味しさが絡まりあってこれはいけます。なによりカマンベール・チーズの風味が絶妙。さて例によってボロネーゼについておさらいしてみましょう!

発祥はイタリア北部の都市ボローニャで、南部の簡単な調理法しかなかったパスタを、ある貴族がフランス料理風にセロリ・人参・玉ねぎと肉を煮込んで作らせたのが始まりと言われ、それにちなんで、ボロネーゼ(Bolognese)(またはボロネーズ Bolognaise)と呼ばれる。それが後にアメリカへ渡って、ミートソースと呼ばれるようになった。
※ボロネーゼとミートソース
ボロネーゼとミートソースは似て異なるものだという説もある。
ボロネーゼの方が使用するトマトの量が少なめ
ミートソースはトマトを入れてから煮込むが、ボロネーゼはトマトを入れずに煮込み、仕上げにトマトを入れる
ミートソースはパスタの上にソースをかけることが多いが、ボロネーゼはフライパン上でパスタとあえる
なお、ボローニャではタリアテッレと和えるのが普通。リガトーニなどの、短い管状のパスタと合わせることもある。また、日本のミートソース・スパゲッティはパルメザンチーズやタバスコをかけて食べられることが多い。
『ミートソース』Wikipedia

《4種のチーズメルト・シーフード》はホワイトソース仕立て。ソースの中にたっぷりのカニとエビとホタテが入っていてこれらシーフードの風味がえもいわれない美味さであります。しかし考えようによっちゃ”カニクリームコロッケ”の中身がピザに乗っていると言う事もいえるのかも!?これにチーズが4種も絡まるのでかなりこってりしています。これを単独で1枚だけだと結構飽きるかもね。

なにしろボリュームが満点であります。大食漢のオレでさえ1枚食べきるのが危うかったです。しかしお味はなかなかのものでありました。チーズこってりがお好きな方にはお勧めです。注文するならハーフ&ハーフが一番無難かな。

■4種のチーズメルト・ボロネーゼ M¥2800 L¥4200

f:id:globalhead:20070401150131j:image

ミートたっぷりのコク深い味わい。じっくり煮込んだボロネーゼソースは、トロ〜りチーズと相性バツグン!!
【Bolognese Sauce】:合い挽き肉、トマト、オニオン、ガーリック、セロリ
1段目:パセリ、クリームチーズ、ナチュラルチーズ、ソフトイタリアンクラスト
2段目:モッツァレラ・ミックスチーズ、ボロネーゼソース、ソフトイタリアンクラスト
3段目:カマンベール・ミックスチーズ、ボロネーゼソース、レギュラークラスト

■4種のチーズメルト・シーフード M¥2800 L¥4200

f:id:globalhead:20070401150155j:image

ホワイトソース仕立ての優しい味わい。4種類のチーズが、具だくさんのシーフードを引き立てます!!
【Seafood Sauce】:ホワイトソース、海老、本ずわいがに、ほたて
1段目:ブラックペッパー、クリームチーズ、ナチュラルチーズ、ソフトイタリアンクラスト
2段目:モッツァレラ・ミックスチーズ、シーフードソース、ソフトイタリアンクラスト
3段目:カマンベール・ミックスチーズ、シーフードソース、レギュラークラスト

■4種のチーズメルト・春のハーフ&ハーフ M¥2800  L¥4200

トロ〜りとろけたチーズがたまらない「チーズメルトクラスト」を、ボロネーゼとホワイト、2種類のソースで欲張りに!!
4種のチーズメルト・ボロネーゼ
4種のチーズメルト・シーフード

蛇足。この間からやっているピザレビュー、自分で書いておきながら「こんなの誰が読むんだろう?」なんて思っていたら結構検索で来られる方が多いんですよねえ…これってなんか役に立ってるのか?

ドミノ・ピザHP

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/02 20:40 ウヒャー美味しそう!チーズ好きの私にはもってこいのピザです。しかし今、体重マックスだからね〜。気持ちばかりのダイエットを始めたのですよ。このピザが病み付きになったら、私のキャッチフレーズを「よくそのへんに転がってる普通のオバハン」から「よくそのへんに転がってる太ったオバハン」に変更しないとな…たぶん。

globalheadglobalhead 2007/04/03 08:42 わはは!オレも「そのへんのジジイ(注:既にオッサンを通り越している)」だから大丈夫だ!しかしなんだな、気持ちダイエットも大事だ。オレはこの間二日酔いでダウンしてから4日ばかり酒抜いたらみるみる体重が減ったな。しかし4日が限界だ!
レイジーもチーズ好きか。オレも結構好きでミモレットだのパルミジャーノだのゴルゴンゾーラだのをたまに買って来てはビール飲みつつ食しておる。しかし輸入チーズはちょびっとお高いので月一回だけだ!ホラーDVDは月に何枚も買うがな!食い気よりホラーっ気だ!
4種のチーズメルトはかな〜りコッテリタイプなので、女子ならふた切れも食せばお腹一杯になるかも。勿論レイジーがふた切れだけで満足できるかどうかはオレはあえて言わないがな!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070402

20070401(Sun)

[]あなたはどんなポーズで寝てますか? あなたはどんなポーズで寝てますか?を含むブックマーク あなたはどんなポーズで寝てますか?のブックマークコメント

■入眠姿勢で性格分類 ― 胎児、丸太、切望、兵士、自由落下、ヒトデの6つのポーズ(via:なんでも評点)
クリス・イジコウスキ教授なる方が、寝る時のポーズで人の性格が判断できる、と主張しているようです。

Foetus:胎児のポーズ
左右どちらかに横臥して、手足を胎児のように丸めて眠る人は、外面的には頑張り屋だが、繊細な内面を併せ持つ。初対面の相手にはシャイな接し方をすることがあるが、すぐに打ち解ける。
Log:丸太のポーズ
左右どちらかに横臥して、背筋を伸ばし、両手を体に沿わせて眠る人は、おおらかな気性で、群れの中に加わることを好む社交的な人物で、他人をあまり疑わない。だまされやすい傾向もある。
Yearner:切望のポーズ
左右どちらかに横臥して、何かを切望するかのように両手を前に投げ出して眠る人は、開けっぴろげな性格に見える一方で、うたぐり深かったり、ひがみっぽかったりする面を併せ持つ。何かを決めるときに時間を要するが、いったん決めたことは、めったなことで変えようとしない。
Soldier:兵士のポーズ
仰向けになり、両手を体に沿わせて眠る人は、概して物静かで、自制心が強い。大騒ぎを好まず、自分にも他人にも厳しい。
Freefall:自由落下のポーズ
うつ伏せになり、頭を左右どちらかに向けて、両手で枕を抱えるようにして眠る人は、社交好きで気の強い人が多い。その反面、神経質で気難しかったりする。批判や修羅場が苦手。
Starfish:ヒトデのポーズ
仰向けになり、両手を枕の周囲に投げ出して眠る人は、人の言葉に快く耳を傾け、助けを必要としている人を快く手助けする性質を持ち、人に好かれやすい。ただし、人より目立つことは好まない。

f:id:globalhead:20070401130914g:image

うーむ、オレはこの中では《切望のポーズ》だな。「うたぐり深かったり、ひがみっぽかったりする面を併せ持つ」だと?ホントかよそれ。どうせオレなんて猜疑心ばかり強い小物だよ、けっ。…って、あれ…?性格判断の通りじゃないかよ!?
だいたい寝るときは体を右か左の横向きにするけれど、不思議なもんで右だと落ち着かないが左にするといい塩梅だったりする(またはその逆)んだよな。その時のオレの体の右左では何が起こってるるんでしょ?体を右向きにすると心臓が若干下側になるとか、左向きだと胃から腸への流れが具合が良いとか、そんなことを体が微妙に感じ取っているのかしらん。
仰向けになってはあんまり寝ないなあ。って事は何かい、正確判断を裏読みして逆に言うと「五月蝿くて自制心が無くて大騒ぎが大好きで、他人にも自分にも甘い」「人の言う事を聞かず他人には手助けなんかせず、人に嫌われやすく、ただし、人より目立つ事を好む」ってことかよ!…って当たってるじゃないかよおお!
「胎児のポーズ」もとらないね。これも逆から言うとオレは「外面は怠け者で内面は大雑把。初対面の相手には図々しく接するが、すぐには打ち解けない」ってことかい!おいおい当たってるってレベルじゃねーぞ!オレ、サイテーじゃん…。
あとうつ伏せになって寝る事も結構ありますね。「神経質で気難しかしくて批判や修羅場が苦手」ですか…。修羅場苦手です…。ええ、小心者なんです…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/04/01 22:33 小学生の頃は横向いて両手を股の間にはさんで。〜30才位まではうつぶせ。それ以降は胎児のポーズの下になってる足だけ真っ直ぐに伸ばして寝てます。おそらく仰向けで寝た事はないかも…。
修羅場は避けます。人に厳しく自分に甘いです。怠け者です。嫌いな言葉は努力と根性です。

globalheadglobalhead 2007/04/01 23:58 小学生の頃かあ。なんか仰向けで寝ていたことが多かったのを思い出したぞ。豆電球を点けて寝ていたから天井が見えるんだよね。それで、染み怖いなあとか、天井の板外して忍者とかお化けとか入ってきたらイヤだなあ、とか、そんな事を考えながら寝ていたみたい。TVで幽霊特集で天井から覗く怨霊とかそういうのをやるのよ。あと胸の上で手を組んで寝ると胸が苦しくなって怖い夢を見る、というのを何かの雑誌で読んで、絶対胸の上で手を組んで寝るまい、と心に誓ってたな。ここから、いつも仰向けで寝てたんだろうということが類推されます。
>努力と根性
やるべきことをやればいいというだけの話だよな。不必要に尻馬叩かれるのは資本主義の悪弊だと言う気がちょっとする今日この頃。

ヾ(=ΘΘ=)ノヾ(=ΘΘ=)ノ 2007/04/02 00:25 あぁぁぁぁぁぁ…、ヒトデだぁ。。。。なんか仕事の心得そのままのような気が;;仕事に生きろってか?うんうん、確かに目立たないもんな。地味だもんな。しくしく。
(でもさ、起きるときは時々胎児なのよ。謎。)

globalheadglobalhead 2007/04/02 00:47 いや、タマさんは世のため人のため生きられる崇高な方だということなんです!でも大丈夫だ!そんなママが素敵だと家族は判ってくれるさ!
>起きる時は
寝ている時って実は結構バタバタ動いているらしいけど、オレの場合はよく布団蹴飛ばすんだよねえ。夜中寒気がして目を覚ます事がよくあります。ひどい時はそれで風邪引いちゃったりすることもあるけど、寝ているときだけに防ぎようが無いんだよなあ。逆にかなーり疲れて昏々と寝ていたときは、あんまり体動かさないらしく、そういう時に限って恐るべき寝癖ヘアーになっていますが、勿論そのまま気にせず出勤します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070401