Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20070506(Sun)

[]鬼太郎ドリンクあれこれ 鬼太郎ドリンクあれこれを含むブックマーク 鬼太郎ドリンクあれこれのブックマークコメント

この間は鬼太郎バーで鬼太郎ビールなんぞを飲んできたオレだが、鬼太郎関係の酒やドリンクは結構出ているらしい。ネットであれこれ調べてたのでここにUPしてみよう。

《鬼太郎ビール》

水木氏の出生地、鳥取県は境港の地ビール、「夢みなとビール」が販売している《鬼太郎ビール》である。ケルシュ・アルト・ヴァイツェンの3種類があり、それぞれ330㎖入りの小瓶と1000㎖入りの大瓶がある。ちなみにこの3種は上面発酵ビールで、フルーティーな芳香と深いコクが特徴。日本でよく飲まれているビールの大多数は下面発酵のピルスナータイプである。

f:id:globalhead:20070506123236j:image f:id:globalhead:20070506123339j:image

《妖怪酒 その1》

これも境港市の「千代むすび酒造」で作られている地酒。本醸造辛口ツボ酒ということで「鬼太郎のツボ」「ねずみ男のツボ」「目玉おやじのツボ」「子泣き爺のツボ」「砂かけ婆のツボ」がある。

f:id:globalhead:20070506123507j:image

他に瓶入りで「一反木綿」「鬼太郎ボトル」「ねずみ男ボトル」、純吟酒の「鬼太郎純吟」、焼酎ボトルで「ぬりかべ本格純米焼酎」、「本格米焼酎 目玉おやじキュート瓶」が発売されている。(全て境港物産村、キュート瓶のみ千代むすび酒造HPより。)

f:id:globalhead:20070506123525j:image f:id:globalhead:20070506123602j:image f:id:globalhead:20070506123633j:image

f:id:globalhead:20070506123700j:image f:id:globalhead:20070506123719j:image f:id:globalhead:20070506123739j:image

《妖怪酒 その2》

鳥取県の酒蔵「稲田本店」から発売されている妖怪焼酎。 目玉おやじが茶碗風呂に浸かっているラベルの本格芋焼酎「なまけ者になりなさい」と、ねずみ男、鬼太郎、目玉おやじが3人寝そべっているラベルの本格米焼酎「のん気にくらしなさい」が販売されている。(楽天で取り扱ってます。)同じく「稲田本店」からは「清酒稲田姫 純米酒ゲゲゲの鬼太郎」の販売もあり。(楽天

f:id:globalhead:20070506123755j:image f:id:globalhead:20070506124735j:image

《妖怪ドリンク》

鬼太郎キャラを使ったソフトドリンク。調べた限りでは、「妖怪汁」「目玉のおやじ汁」「ねずみ男汁」「猫娘汁」「妖怪珈琲」「一反木綿の絞り汁」「目玉おやじのハ〜イ緑茶」が発売されている。全て妖怪の濃いいエキスがたっぷり詰まった怪しい汁です(というのは嘘だが)。

f:id:globalhead:20070506123809j:image f:id:globalhead:20070506123821j:image f:id:globalhead:20070506123850j:image f:id:globalhead:20070506123912j:image

f:id:globalhead:20070506123926j:image f:id:globalhead:20070506123947j:image f:id:globalhead:20070506124001j:image

※(5月17日追記)
新たに「鬼太郎の住む森の湧き水」、「みんなの汗」という妖怪ドリンクを発見しました!”みんな”とは”妖怪のみんな”のことらしく、妖怪キャラ総出演のドリンクです!ちなみに”汁”ではなく”汗”ですが、もうなんだかどっちでもいっしょだ!
f:id:globalhead:20070517043152j:image f:id:globalhead:20070517043243j:image

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/05/10 12:42 汁がいっぱいだあああ(・∀・)
鬼太郎DAISUKIのくせにどれも飲んだことない。つか怖くて飲めねえ!
どれもこれもネーミングが秀逸ですが「おやじ汁」ってヤツは
なんだか団塊の世代の味がしそうでいやんです。
「猫娘汁」って……なんかエロくね?

globalheadglobalhead 2007/05/10 20:54 汁だ!汁なんだ!妖怪分泌物と妖怪成分100%の妖怪汁を飲んで君も妖しい世界の扉を開くんだ!なお「一反木綿の絞り汁」だが、一反木綿は履き古したフンドシが化けた妖怪だから、それの絞り汁となると、もっと別の成分が大量に混入してかな〜り怖ろしいことになっているな!
ここに載せたのはネットで通販はやってるが、その辺で売ってるようなもんじゃないだろうな。基本的に水木氏の出身地である鳥取県境港で作られた酒ばかりのようだな。鬼太郎ビールはなかなか美味かったよ。
「猫娘汁」は猫娘のどのような汁なのか調査が必要だな。やはりポイントは”娘の汁”というところだな。しかしもしも「砂かけ婆汁」などがあったとしても見向きもしたくないのが正直な所だ。”婆汁”と”おやじ汁”…濃すぎだ…濃すぎだよ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070506/p1