Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20070514(Mon)

[]スネークフライト スネークフライトを含むブックマーク スネークフライトのブックマークコメント

スネーク・フライト [DVD]

スネーク・フライト [DVD]

ホノルル-LA便の旅客機の中に突然湧いた毒蛇の群れ!あたりはどこもかしこも蛇蛇蛇!おまけに天候は最悪で飛行機は大揺れ!機内はもう大騒ぎさ!というお話である。

まあ、すれすれおバカ映画なんだと思えばいいのだと思う。マフィアが殺人の目撃者を抹殺する為に放たれた毒蛇の群れ、ということらしいんだが、何も蛇じゃなくともいいじゃないか。大体蛇を蛇じゃないと偽って貨物室に運び時限装置付きで蛇のケージを開けさせ、蛇が凶暴になるように乗客の首に掛けられる花輪にフェロモン物質を撒き掛け…と裏に手を回してあれこれ仕掛けが出来るほどの密通者がいるのなら、爆弾仕掛けたほうが早くねえか?それにいくら凶暴化させられた蛇だからって電気系統を噛み切ったりするか?貨物室から客室へ蛇がワラワラ押し寄せられるほど航空機の構造ってスカスカな作りしてるのか?などと疑問がわんさかなんだが、まあ物凄いマフィアが仕組んだんだから何でも可能なのかも知れんな!それにしてもなんで蛇なんだよ!

多分製作者は、旅客機の密室の中で蛇に大パニックになる乗客の姿を撮りたくて撮りたくてしょうがなかったのだと思う。その心意気を買えるか買えないかで映画の評価は変わってくるだろう。「凄いね!蛇だね!怖いね!」とノれれば楽しめるし、「ありえねーよ」と思ってしまえば駄作になる。だからこのような様々なインチキ臭さは一切無視し、蛇で客室大パニック!というただ一点のみを楽しめればそれでいいと思わなければならないのである。

だいたい動物パニック映画と航空パニック映画を足して2倍ウマー!を狙った安直な映画ではあるが、そういう一発ギャグみたいなアイディアを臆面も無く映像化したところはB級映画らしい馬鹿馬鹿しさがあって、取り合えず許してあげていいかもしれない。ラストはパイロット全滅で絶対の危機に襲われた飛行機に救世主のように現れた操縦経験者、というよくある展開だが、これもそこそこ捻ってあって楽しめた。プレステ2万歳!

[]洗脳 洗脳を含むブックマーク 洗脳のブックマークコメント

洗脳 [DVD]

洗脳 [DVD]

主人公はハイスクールの転校生。そしてその転入先の学校には”ブルーリボン”なる特権階級的なグループを作っている生徒達がいた。どうもこいつらは鼻持ちならない上に薄気味悪い。さらに主人公の友人になった落ちこぼれ生徒から、連中の一人が殺人を犯したのに、それを警察が見逃している事を教えられる。おりしも”ブルーリボン”の連中から主人公に「君も仲間に入らないか?」なんて勧誘が来て…。こいつら一体何者なんだ?

まあようするに優等生なんてぇのは大人に洗脳されたロボットなんだ!そして大人っていうのはガキの人格なんざどうでもいいと思ってる薄ら馬鹿なんだ!という青春期にあるお子様なら誰でも思いつきそうなお話である。ドント・トラスト・オーバー・サーティー!これに陰謀とかSFチックな設定とかが絡んでミステリアスに物語りは進んでゆく。ハリウッド映画では新人ティーンエイジスターの試金石的ミステリ、ホラー映画がよく作られるが、ライトだがよくこなれた脚本とスピーディーで判りやすい展開の作品が多く、新人俳優達の新鮮さもあいまって、そこそこの佳作が多いと思う。この作品もそんな流れの一作だが、心に残るようなものは何もないにしろ、まとまりのいい作品に仕上がっている。逆に言えば小品ということも出来るが、週末DVDで流し見するには丁度いいぐらいの軽さとほどほどのサスペンスがあることは保障できる。

製作には人気TVシリーズ『X -FILE』のメンバーが拘わっていると言う事だが、そう思ってみると多分カナダロケであろうその風景のひんやりとした寒々しさと暗さ、そして”世界の背後には陰謀が渦巻いている”というパラノイアックなストーリーは『X-FILE』と通じる所があるかもしれない。それにしてもクライマックスの大殺戮シーン、「そこまでやるか?」という結末の付け方は結構好きだった。そうさ、奴等の仲間はみんなぶち殺さなければならないのさ!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/05/14 21:12 スネーク・フライトはTVでプロモをやっていたでしょ? もうあのワンシーンだけで、B級を確信したね。私はおばか映画が大好きだけど、蛇が嫌いじゃないから怖がれないし、かと言って笑い所もなさそうだな、と。
そうそう、スネークセンターへわざわざ行って、ニシキヘビを首に巻かせて貰った事がある。目がつぶらで、お肌がサラッとしてて、お持ち帰りしたいとおもったよ。

globalheadglobalhead 2007/05/14 22:25 そうなのよ。蛇ってオレも別に怖くないし。ただ、アマゾンの奥地の大蛇を描いた映画「アナコンダ」は面白かったな。お話が良く出来てて。バリバリB級だけど、結構一般の評価も高いのよコレ。暇あったら見てみ。しかし爬虫類系得意そうだねレイジーさん。ここはひとつ、フジツボ系にも範囲を広げてみてはどうだ!(そしてさらにレイジーを怖がらせようとグロ生物を集めたHP見てたら逆に自分がキモチ悪くなり立ち直れなくなってしまったという罠。…凄いんだけど…見たい?)

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/05/14 23:30 嫌!やめて!ぶつよ!あと蛇は好きだけどミミズとか目がはっきりわからないのは駄目。アイコンタクトできないものが嫌。だから「スクワーム」はちょっと…。

globalheadglobalhead 2007/05/14 23:47 ええええ「目のはっきりわからないヤツ」どころか「アイコンタクトというよりも小さな目玉みたいのがツブツブ並んでるヤツ」とか「どう考えても地球外生命体」とか、「コイツら絶滅したほうが地球にも宇宙にも優しい」とか、「多分実物見たら死ぬ」とか、そういう「みんなみんな生きているけど絶対友達なんて有り得ない」生き物が目白押しだというのに!!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/05/14 23:53 実際にいる奴等なの?つぶつぶ以外ならちょっとだけ…。

globalheadglobalhead 2007/05/15 01:26 **グロ注意報発令** 閲覧は自己責任で。好奇心は猫をも殺すぞレイジー!
http://www.heiwaboke.com/2007/05/post_884.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070514