Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20070731(Tue)

[]ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2 (XBOX360ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2 (XBOX360)を含むブックマーク ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2 (XBOX360)のブックマークコメント

ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2 - Xbox360

ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2 - Xbox360

トム・クランシー監修の近未来ミリタリーアクションゲーム最新作。ゴーストリコンシリーズはPC・コンシューマーでこれまで数作発売されているが、今作は去年発売された『ゴーストリコン アドバンスウォーファイター』のストーリー延長線上にある続編となる。米軍協力の元に再現された実際の武器、現実の世界状況に即したストーリー、被弾=即死も有り得るシビアなゲームバランス、そしてXBOX360最高峰のグラフィックで再現された世界、全てがどこまでも”戦場のリアル”を追求したゲームである。舞台は2014年のアメリカ・メキシコ国境付近、軍事クーデターにより焦土と化したメキシコへ、反乱軍制圧の為に米特殊精鋭部隊「ゴースト」が派遣される所から始まる。

実はオレはこのシリーズが結構好きで、PC版で発売されていた分は全てプレイしているのだが、前作『ゴーストリコン アドバンスウォーファイター』のみあまりの難易度の高さに音をあげて未クリアであった。今作ではプラットフォームをXBOX360に替えてのチャレンジだが、是非とも雪辱を晴らしたい気持ちで一杯である。ただしPC版とコンシューマー版ではゲーム内容やシステムがちょっと違うらしいんだけどね。トム・クランシー監修の同様なゲームとして『レインボーシックス』があり、この間も『レインボーシックス ベガス』が発売されたばかりだが、『レインボー〜』がビル内などインドアでの戦闘がメインだとすると、『ゴーストリコン』は主にアウトドアでの戦闘がメインの作りになってる。

これまでとの変更点で感じたのは自動セーブポイントの増加、負傷した兵士への救急キットの存在、それと仲間の兵士のスタミナ量かな。ゲームは三人の部下を指揮しながら進めて行くのだが、スタミナの少ない部下はなかなか付いてこない!特に狙撃兵はひ弱だ!負傷が重なりスタミナの低下した部下は命令しても動かない!これは、今までだと部下の体力というのが結構屈強に出来ていて、戦闘中は盾代わりに使えていたのだけれども、今回だとなるべく自分が先頭に出て戦わないと、体力の低下した部下がミッション途中から誰も付いてこなくなり、ミッション最後では孤立無援で戦う羽目になってしまう。低下したスタミナは取り戻せないし、また、どの程度の戦闘でスタミナが落ちてゆくのが分からないので、この辺はもうちょっと調整して貰いたかったかな。(ぐあ!あとで調べたらどうも不具合らしい!⇒G.R.A.W.2 ゴーストリコンアドバンスウォーファイター2 不具合まとめサイト

グラフィックは本当に綺麗。『ギアーズ・オブ・ウォー』も凄かったけれども、このG.R.A.W.2ではリアルさを追求した結果さらに細微まで描写したグラフィックに仕上がっていると思う。戦闘ヘリで移動中に上空から見える、破壊された市街地のあちこちから湧き上がる黒煙が空高くへとたなびいてゆく様の禍々しさは、確かに実際の戦場に足を踏み入れてしまったかのよう。また、戦闘中の爆発・爆炎は臨場感がありすぎて怖くなってしまうぐらい。こういうの観るとホントにハイデフモニター欲しくなってくるよなあ!しかも表示文字もハイデフ仕様なので、オレのTVのブラウン管だと小さくてよく見えないところが悔しい…。でもパソコン買ったばかりだから暫く辛抱しなきゃ…グスッ。

f:id:globalhead:20070729161100j:image

f:id:globalhead:20070729161138j:image

■G.R.A.W.2 Gimme Danger Teaser Trailer

D

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/31 13:59 この前アキバでデモっていたやつはなんてゲームですか?

globalheadglobalhead 2007/07/31 14:31 実はこのゲームです!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/31 23:00 あ、やっぱり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070731

20070730(Mon)

[]CWC限定プチブライス アルティメットツアー CWC限定プチブライス アルティメットツアーを含むブックマーク CWC限定プチブライス アルティメットツアーのブックマークコメント

アルティメットツアーちゃんはいつも笑顔で、困難も笑い飛ばしちゃう。
キュート&パワフルに前進していく女の子。
私にとっての究極の旅は、人生そのもの。
強く、そして優しくありたい。そんな想いと、
可愛くて、イタズラで、勇ましくて、優しくて、子供っぽくて、大人っぽくて……
“女の子はこうでなくっちゃ”を詰め込んだドールです
http://www.blythedoll.com/jpn/special/ultimate/collabo.html

お人形服作家”モモリータ”こと小森桃子さんとのコラボレーションで生まれたブライス《アルティメットツアー》のプチブライスであります。人形服作家製作のOFということで、ひと味違う雰囲気のブライスでしたが、大きいネオだと結構なお値段の為、今回もプチブライスで我慢することにしました。しかしプチブラでも十分キュート。長いおさげ髪とドレスはロマンチックですが、ショッキングピンクのタイツや編み上げブーツ、ドクロのアップリケなど所々にパンクテイストを配し、甘いだけじゃないタフな女の子でもあるのよ!という演出がされています。これは結構好みかな。しかし今回は何故かゴルフバッグ状のキャリーケースが付いてます。これにプチブラを入れて持ち運ぼう!という訳ですが、ううん…ちょっとユニークなコンセプト…。限定3000体の発売となっています。ちなみに今回は背景をピンク&ハートで攻めてみました。オレも行き着くところまで行ってしまいそうだよな…。

モモリータHP 

  • パッケージも凝ってます。なんだかゴスな雰囲気!?

f:id:globalhead:20070729194030j:image f:id:globalhead:20070729194106j:image

  • 長い髪は武器にも出来そうだ!

f:id:globalhead:20070729194139j:image f:id:globalhead:20070729194227j:image

f:id:globalhead:20070729194557j:image f:id:globalhead:20070729194251j:image

  • はい、これがキャリングケースに入った状態。鞄にぶら下げたらお洒落かも?かも?

f:id:globalhead:20070729194307j:image

  • しかしそんなブラ子をスパイダーマンが見逃すはずが無かった!スパイディーに拉致られるブラ子!「へっへっへっいいもんが落ちてたぜ」「きゃー!止めて止めて止めて!」

f:id:globalhead:20070729194319j:image

  • 背中には羽も生えてるっす。

f:id:globalhead:20070730221414j:image

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/07/30 13:27 画像いただきマシータ。うpもちっと待っててくだせえ。
今DTPでアップアップしてます。
一番下のスパイダーマンは
『るんるん♪これからアルティメたんとおでかけだー♪』
な画像に見えたんだぜ!なにげにラブラブな。

このこ背中の素肌に黒い羽?みたいなのなかったすか?

globalheadglobalhead 2007/07/30 22:23 相変わらず忙しそうだなバナナ牛乳。うpは手が空いてからでいいぞ。勉強頑張りまくりやがってくれ!しかし”アルティメたん”とはうまい名前をつけたな…。オレは「拉致ってる画像」という事で撮ったんだが見る人にはデートに見えるっていうのがなんだか心理テストみたいで面白いな!《問1.スパイダーマンが袋に入ったおにゃのこを肩から提げてます。何をやっているところに見えますか?》ってな。
黒い羽はあるよー。写真追加しておいたからみてみておくれ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/30 23:03 答え1:一見スパイダーマンが拉致した様にみえるが、ブラたんはわざと拉致られたのだ。微笑みの裏に謀略が見え隠れしている。この後スパイダーマンは痛い目に合うのだ。

答え2:行政から何度も警告を受けているにもかかわらず、すぐに落ちている物を何でも持って帰り、近所迷惑なゴミ屋敷の住人、巣廃田 満(64歳)

parfum30parfum30 2007/07/31 04:48 ひめです、こんばんは。あははw。Lazyさんのその2に一票。方から斜めがけにしてるところが「運んでる」って感じですね。

globalheadglobalhead 2007/07/31 09:29 心理テストの答え
答え1を選んだあなた:想像力と妄想力の強い方です。「わたしはマリー・アントワネットの生まれ変わりなんじゃないか」などと思ったり、街を歩いている人を見て「あれは本当は人間じゃなくて地球侵略に来た宇宙人じゃないのか」と思ったり、宝くじを買うと「これは4億円当たってるに間違いない」などと思ったりすることが多いです。豊かな想像力は生活を楽しくしますが妄想しすぎると危険なのでほどほどにしましょう。
答え2を選んだあなた:とても神経が細やかで潔癖症の方です。危ない中国産食品は絶対に買わず、パソコンは1日に3回ウィルスチェックをかけ、掃除は取り合えず3度拭きまでしてしまいます。しかし逆に気苦労も多いので疲れやすい反面もあります。こういう時は中国製肉まんを食べまくり、パソコンにガンガンウィルスを入れ、掃除は1週間ぐらい放っておきましょう。かなり気が楽になると思います。ただしその後どうなるかまでは責任は負いません。

globalheadglobalhead 2007/07/31 09:39 注:思いつきで作ったので本気にしないように!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070730

20070729(Sun)

globalhead2007-07-29

[]新宿エスニック 新宿エスニックを含むブックマーク 新宿エスニックのブックマークコメント

昨日は新宿までタイ料理を食いに行っておった。当日はコムスメとKちゃん(コムスメ2号)とでメシ食いに行く約束をしていたのだが、「何が食いたいーッ!?」とメールしたら「ピリ辛エスニック!」と歯切れのいい返事が返ってきたので、土曜日は朝からネットで食いもん屋検索しまくっていたオレなのであった。大体新宿でメシ食うことなんてあまりないので結構時間掛かった。(オレが新宿でメシ食うのはカレーの中村屋ぐらいだ!)ベトナム料理とタイ料理で調べたけど、ベトナム料理って思った以上に洗練されていて、ある種格式の高さまで感じたね。一番美味しそうだったのは《フォンベト》というお店。でもちょっとお値段が高めだったので、今回は見送り。で、結局決めたのが《タイ料理・居酒屋 トンタイ》という所。お値段がとてもリーズナブルな所と、お店の紹介文の「入口はちょっと「入りにくい」感じ(^_^;)ですが、勇気を振り絞って2階へおあがりください!」に何かを感じたオレだ!

タイ料理について勉強しよう!

ベトナム料理について勉強しよう!

という訳で6時過ぎに新宿京王百貨店前でKちゃんと待ち合わせ。今日は英語のお勉強しに学校へ行っていたという感心者のKちゃんだ!そして「フモさんは今日は何していたんですか?」というKちゃんの問いに「オニンギョ写真撮りまくり!」と夏の青空を望みながら発止とばかりに答えるオレ!Kちゃんはさすがに感心ならぬ寒心をしていたぜ!コムスメのほうはちょっと遅れるということなので、先に行くことに。「フモさんお店の案内持ってるみたいだからQRコード飛ばしておきますよ」と携帯でQRコードを読み取り両手でメール入力して送信、さらにお店にすかさず予約を入れるKちゃんに「ああ、若者は携帯電話を活用しまくるものだなあ」と携帯がまともに使えないオレはまたもや感心!

その後都営地下鉄に乗って東新宿へ。お店《トンタイ》はすぐ見つかったが、「入口はちょっと「入りにくい」感じ」とか書いてたけど普通に地味なだけでそれもまた妙に安心!このぐらい地味なほうが逆にいいっす。お店に入ると落ち着いたアットホームな雰囲気で、すぐにお店のタイ人の方が迎えてくれた。お客さんは多分現地の方らしい家族連れがいただけで混んでなかったからヨカッタヨカッタ。それにしても…お店のタイの方たち、とってもいい顔してらっしゃる。なにこの優しく穏やかな表情は!同じ東洋人なのに日本人と比べちゃうと全然平和で幸福そうに見えるよ。という訳で入店即タイランドLOVE!料理が来る前からすっかり和みモード!

そして席に着くと早速ビールを頼み、Kちゃんと乾杯して近況報告しあい料理を選ぶ。「どれにしようかねえ…」とメニューとにらめっこするオレ達にタイのお兄さんがすかさずフォロー、「コレ食ベル時ニハ、コレトコレ、一緒ニ頼ンデ食ベルトイイヨ」とアドバイス。おおお、もうフモのことどうにでもしちゃって!とタイの優しさに包まれてお兄さんに全てお任せするオレ。さらにKちゃんがちょっとしたタイ料理通で「これなんか美味しいですよ。あとこれもこれも。」とテキパキ選んでくれるから、オヂサンのやることといえばビール飲むだけだ!そして運ばれてきた料理を早速口に運ぶと、さっぱりした辛さがそよ風のように口の中に吹き込む!いやあ、この辛さ、極楽っす…。

料理の美味さに呆けているとやっとコムスメが到着。「いやー、伊勢丹の前でメール確認している最中に、目の前で万引きの人が捕まってました!」などと不穏なことを言っておる。席に着いて再度3人で乾杯、この3人が揃うのは久しぶりなので再会を喜び合う。二人とも会社の後輩で、コムスメはオレの会社に昔いたんだが退職、Kちゃんは在職中の女子なんである。短大卒業後に入社したからこいつらとももう4年ぐらいの付き合いなんだなあ、とオヂサン妙に感慨深くなり、「最初はお前らもお子ちゃまだったけど、この歳になるとさすがに綺麗で女っぽくなったなあ」などと呟くと「フモさん可愛い女子二人に囲まれて食事なんて両手に花で幸せでしょ!」などとからかわれる。

そしてその後あれやこれや喋りながら杯を重ね皿を重ね、コムスメたちは「タイのお兄さん素敵過ぎ!席に座らせて寄り添わせたい!」と興奮気味に鼻息荒くし、なんだかんだと夜も更けて、10時半にお開きにすることにした。レジではお店の方に何度も「とっても美味しかった!」と感激のエールを送り、「タイ料理は成功だったな!今度はベトナム料理に挑戦だ!」と意気を上げるオレにコムスメたちもにっこり頷き、またの再会を約束してこの日はお別れしたのであった。この店もまた行きたいなあ。

■生ビールがあれば今日も幸せ。すっかり出来上がっているオレ。

f:id:globalhead:20070729112553j:image

[]ネットのグルメサイト ネットのグルメサイトを含むブックマーク ネットのグルメサイトのブックマークコメント

しかしネットのグルメサイトって結構な数あるんですねえ。ちょっと自分用にメモ。

・Yahoo!グルメ http://gourmet.yahoo.co.jp/
・グルメぴあ http://g.pia.co.jp/
ぐるなび http://www.gnavi.co.jp/
・ホットペッパー http://www.hotpepper.jp/index.html
BIGLOBEグルメ http://gourmet.biglobe.ne.jp/
・livedoorグルメ http://gourmet.livedoor.com/
・グルメWalker http://www.walkerplus.com/gourmet/
・gooグルメ&料理 http://gourmet.goo.ne.jp/
食べログ http://r.tabelog.com/
・アスクユー http://www.asku.com/rgj/
・グルメGyaO http://gourmet.gyao.jp/

いろいろ調べたが「ここは殆ど網羅している」という所はさすがにないですねえ。口コミなる批評も、年齢や性別違うとあまり参考にならないし。ただ基本的に「どのグルメサイトでも取り上げられているからといって、それは単なる宣伝力や営業力であって味とは関係ないかもしれない」「綺麗すぎる内装の店は味がイマイチかもしれない」「自店サイトが洒落ている店はサイトに金を掛けられる資本力があるだけで料理と関係ないかもしれない」などと、持ち前のひねくれたモノの考えから、調べれば調べるほど疑心暗鬼になってゆく、という負のスパイラルに陥るオレなのであった!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/29 20:50 楽しそうな週末でしたね。私はタイ料理店には行った事がない(いまどきぃ?)けど、ベトナム料理屋は、25年位前に、大久保だったか新大久保だったかにある「喜南楽(ヒーナーラム?)」と言う、それはそれは大衆的過ぎる店に行ったのが最初かな。おばちゃんが、フォーの丼に指を入れて、ぽんっとテーブルに置いていく様な所でしたが、ベトナム料理は口に合う!とその時思いました。「チャージョ」とか言う揚げ春巻をニョクマムに付けて食べるやつなど、やみつきになったよ。店内に旧サイゴンの大きな地図が貼ってあったし、言葉からも、陥落(開放)後に日本へやってきた夫婦で切り盛りしてる店だと思ったけど、今はネット上にはでて来ないから、なくなったか、発展して違う店になったか、相変わらず大衆的過ぎて、ネットなんて知らね〜なのか。ちょっと懐かしくなりました。

globalheadglobalhead 2007/07/29 21:09 インド料理なら結構都内をあちこち食って回ったことがあるんだけれど、実はタイ料理は初めてだった!程よい辛さがオレにぴったり!なんとなく雑然としているところが東南アジアらしくてよかったな。まだ食ってない料理もあるし、なにしろタイカレーを食ってなかったのでまた挑戦したい。ベトナム料理も実はちゃんと食ったこと無い!中華料理をもちょっと繊細にしたような感じなのかな。それにしても25年前に行った店の名前を漢字で覚えているとは凄いなレイジー。まだエスニックが受け付けられるような胃だったら、その内ベトナム料理でも食いに行こうぜ。ってか、今回しみじみ思ったが、いっしょに食べに行く相手がいるから美味いもんの店も行くんだよな。一人で美味いもん食っても味気なくてさ。だからオレ一人で外でメシ食う時はファーストフードぐらいしか入らないし、家では適当なもんしか食わないんだよな。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/29 21:48 行こ行こ! こ汚くて怪しい店がいいな! トルコ料理の小さい店は時々行くんだけど、そこへ行くまで、トルコ料理が世界三大料理の一つだなんて知らなかったさ。ソース類にヨーグルトが沢山使われているんだけど、キッチンの奥を見たら、フツーに明治ブルガリアヨーグルトが積んであった。

FuetaroFuetaro 2007/07/29 21:51 夏に辛いものっていいですよねー。がっつり喰ってがっつり汗かくと、なんか健康に一歩近づいた!新陳代謝!!ってな感じで。今度は僕らもオススメの辛い料理店連れてってください。

globalheadglobalhead 2007/07/29 22:10 >レイジーさん、フエタロさん
トルコ料理も食ってみたいな!
あと新宿のタイ料理探してた時にもうひとつ気になったのが「バーン・キラオ」という店でさ、見てこのサッシの扉の怪しさ!
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000695893/P011552/
そいでもってこの怪しい店内!
http://r.gnavi.co.jp/g294604/
http://www.baankirao.com/shimokita/index.html
上は新宿店で下は下北沢店の写真みたいだな。
とっても辛いらしいけど辛いの大丈夫だったら今度打ち合わせて行ってみないかい。値段も安そうだしいい感じでねえかい。
という訳でオレとレイジーさんと怪しい店に行く人募集。フエさんも来るかい?

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/29 22:29 「バーン・キラオ」→訳すと「酔っ払いの家」・・・行くしかないじゃん。

globalheadglobalhead 2007/07/29 22:46 わはは、行こう行こう、「怪しいはてなダイアラー、怪しい店に行く」だ!他にも来たい人はコメントくれたりメールくれたりすればいいさ!

parfum30parfum30 2007/07/30 01:51 ひめです、こんばんは。辛いのとくさいのが食べられない私は行かれない・・・(´・ω・`)

globalheadglobalhead 2007/07/30 08:44 おおそれは残念!一度ひめさんともお会いしてみたかったんですが!今度ひめさんも参加できるようなのを企画しますので、またその時は是非是非参加されてください!気〜長〜に待て〜♪

FuetaroFuetaro 2007/07/30 08:50 もちろんいくっすよ〜。下北でも新宿でもOK!

globalheadglobalhead 2007/07/30 10:12 おお心強い!皆さんには声掛けておきました。11,12日は予定あるのでその前後で予定組むと思います。よろしくぅ〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070729

20070727(Fri)

[]今月の小ネタ 今月の小ネタを含むブックマーク 今月の小ネタのブックマークコメント

  • 戦時のオカルト (via:【2ch】ニュー速クオリティ)
    戦争にまつわる幽霊話などを集めたもの。普通のオカルト話と違って、やはり重いものを感じるなあ。

fumi_ofumi_o 2007/07/27 14:56 リンク先「戦時のオカルト」──実はこういう話むちゃくちゃ好き。:-) 因みに、99歳で亡くなった義理の祖父は、唯一沈まなかった戦艦長門に乗ってました。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/27 21:41 ・フェンダーのテレキャスじゃなくて、ヘンダーのドリキャスね。・昔、中野ブロードウェイの喫茶店で、アイスコーラコーヒーと言うのを飲んだ事があります。この店はココアコーヒーとか、カルピスコーラとか、色んな物があったけど、潰れました。

globalheadglobalhead 2007/07/27 23:04 >フミヲさん
フミヲさんには時々思いもよらないツボがあって面白いなあ。「戦時のオカルト」は真偽がどうとかいう以前に、人には魂というものがあるんだなあ、ということを改めて考えてしまった。戦時下の幽霊ってもっと出てもいいよなあ。それともみんなお国を信じて成仏してしまったのだろうか。長門の話はある意味凄いね。歴史の生き証人だなあ。水爆実験でも沈まなかった、という話も載ってたね。

globalheadglobalhead 2007/07/27 23:17 >レイジーさん
テレキャスじゃなくドリキャス!その発想は無かった!アイスコーラコーヒーは存在を確認したからといってホントに飲むのはまた別の話だ!そういえばオレ、昔「アイスクリームラーメン」を食べに行く、というエントリを書いたことがあるから読んでみるがいいさ!
http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20060504#p1

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/28 00:15 菊屋はまだあるよねきっと。あの黄色いバナナみたいな茹でナスみたいなのがアイスですか? 私は問題なくいけそうな気がする。暑い日が続いているしね。フモさんの、ライトグレーのジャケットも素敵だ。

parfum30parfum30 2007/07/28 02:14 ひめです、こんばんは。かめさんかわいい。プレゼントしてください。

globalheadglobalhead 2007/07/28 07:09 >レイジーさん
アイスクリームラーメンは、暑い日の出前で子供のリクエストがあったから作られたラーメンらしいな。冷やし中華とは違う冷やしダレに店主の工夫を感じたよ。でもアイスは駄目だった…。

globalheadglobalhead 2007/07/28 07:16 >ひめさん
おおおおう!素敵なひめさんのためなら!プレゼントでもなんでもしちゃいますううう!(いつもの様に何か勘違いしてのぼせ上がっているオレ)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070727

20070726(Thu)

globalhead2007-07-26

[]コンパクト・レーベルに夢中 コンパクト・レーベルに夢中を含むブックマーク コンパクト・レーベルに夢中のブックマークコメント

1998年よりドイツはケルンで長期にわたって最重要テクノレーベルとして君臨してきたKOMPAKT。そのブランド力と、幅広いジャンルでダンスフロアはもちろん、家でも聞けるアンビエントなものから、多岐にわたるクリエィテビティーで多くのアーティストを発掘、多大な貢献を残してきた。レーベルの基本となるKOMPAKT POP KOMPAKT EXTRAとジャンルの幅をまたいで展開する3つの名義、そのリリース量は2007年現在200を超え、創設9年目を迎えても尚、リリースの質を落とすことなく、常にシーンをリードしトップの座にいまだに君臨している。

http://www.cisco-records.co.jp/docs/topics/techno/hellokompakt.php

最近この《コンパクト》レーベルにはまっております。紹介文にあるようにヨーロッパで10年近く活動を続けていたテクノ・レーベルだということなのですが、実はオレ、全く知りませんでした…。これではテクノファンの名折れであります。以前紹介したThomas Fehlmannを聴いて以来、「このレーベルって実は凄いんじゃ?」と思って次に今回紹介しているThe Fieldを手にしてみたのが運の尽き、そのあまりの素晴らしさに芋づる式にコンパクト・レーベルのCDを購入、ここの所テクノはコンパクトものしか聴いておりません。コンパクトのサウンドの特徴は実に整理整頓されクリーンな音像とポジティブで美しいメロディというところでしょうか。ドイツ人の美意識が生み出した電子音楽であるという言い方も出来ると思います。ドイツではホテルでも普通にテクノ・ミュージックが流れていると言うし、決して若者がクラブで踊るためだけの音楽ではない、日常的に生活の中で聴くことの出来るコンテンポラリー・ミュージックという位置付けがされているのではないでしょうか。

■From Here We Go Sublime / The Field

From Here We Go Sublime

From Here We Go Sublime

官能的なループ音とミニマル・ビートがくるくると螺旋を描きながら、あたかも空へと上ってゆくような高揚感を感じさせるThe Fieldのフルアルバム。その音はエレクトロニカで奏でられるMy Bloody Valentineシューゲイザーサウンドとまで言われるほどの恍惚感に満ちています。どの曲も天界から聴こえて来るかの様な極上のミニマル・アンビエント・ダンス・チューン。これは大傑作でしょう。

試聴

■Chromophobia / Gui Boratto

CHROMOPHOBIA

CHROMOPHOBIA

ブラジル人アーチストGui Borattoが奏でるエレクトロニカはジャケットそのままのカラフルな色彩を帯びたミニマル・チューン。陽性でポップな味わいの美しいメロディが聴けます。

試聴

■Kosi Comes Around / DJ KOZE

Kosi Comes Around

Kosi Comes Around

WIRE07への出演も決定したDJ KOZEのフルアルバム。どこかお茶目な味わいのクリック・ハウス、フロア仕様のミニマル・トラック、そして美しいアコースティック・チューン、と万華鏡のように変幻自在なサウンドが織り成されます。

試聴

■Immer / Michael Mayer

IMMER 1

IMMER 1

コンパクト・レーベルの総裁、マイケル・メイヤーが自らのレーベルの音源をDJミックス。ドイツの森を思わせるスモーキーでひんやりとしたミニマル・サウンドにまとめられています。後半クラシック・オーケストラのストリングスが徐々にダビーでダークなビートへと変転してゆく曲がハイライトとして配され、味わい深い傑作ミックスとして仕上がっています!

試聴

■Immer 2 / Michael Mayer

IMMER 2

IMMER 2

「Immer」の5年後にリリースされた「Immer 2」は前作同様マイケル・メイヤーがDJミックス。ミニマルな味わいを残しながらニュー・ウェイブっぽいディスコ・ダブ・スタイルを取り入れています。なおこのCDにはコンパクトのウェブ・サイトからmp3を7曲をDLできるクーポンが付いていてお得です。

試聴

■Kompakt 100

Kompakt 100

Kompakt 100

コンパクトがリリース100枚目を記念して製作した2CDのリミックス集。時にはダンサンブル、時にはポップ、時にはアンビエントと、様々な表情を見せる選曲からはコンパクトの多彩さを知る事ができますが、それと同時に、聴き易くポジティブで明快なサウンドという”コンパクト・カラー”はどの曲にも共通して聴くことができます。

試聴.1 試聴.2

■Total 6

Total 6

Total 6

コンパクトのオムニバス・シリーズ「TOTAL」のシリーズ6作目2枚組。アンビエント、ミニマル、クリック、そしてニュー・ウェーブチックなヴォーカル曲など相変わらず多彩ですが、コンパクトの明るく淡いコンパクトカラーは変わりありません。

試聴

■Speicher CD3 Michael Mayer,Jorg Burger

SPEICHER CD 3

SPEICHER CD 3

コンパクトのサブレーベル、Kompakt ExtraからのミックスCDシリーズ第3弾。DJはMichael MayerとJorg Burgerが務め、思った以上にハードでソリッドなミックスを聴く事が出来ます。

試聴

■Pop Ambient 2007

POP AMBIENT 2007

POP AMBIENT 2007

コンパクトのリリースするアンビエント・ミュージックを編集した1枚。どの曲も渓谷をたゆたう朝靄のように静かで雄大、美しく爽やかな音。大きい音で聴きたいアンビエント

試聴

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070726

20070725(Wed)

[]毎日かあさん4 出戻り編 / 西原理恵子 毎日かあさん4 出戻り編 / 西原理恵子を含むブックマーク 毎日かあさん4 出戻り編 / 西原理恵子のブックマークコメント

毎日かあさん4 出戻り編

毎日かあさん4 出戻り編

西原理恵子の子育て奮闘マンガ第4弾。子育てとは言ってもそこは西原、相変わらずの毒塗れ&異様なハイテンションで愛する悪童達と大格闘を繰り広げている。男は子供の頃から既にどうしようもなくお馬鹿で、女は子供の頃から既にしっかり計算高い、という観察眼はなるほどな、と思わせるものがある。

ところで今回はいつもの『毎日かあさん』とは違う展開になっている。それは一度離婚し、その後復縁した旦那、”鴨ちゃん”の死である。今年3月に癌で亡くなられた”鴨ちゃん” こと鴨志田穣氏はフリーの戦場カメラマンとして東南アジアを中心に戦中・戦後の混乱と貧困の中にいる人々を追い続けてきた。西原と鴨ちゃんは雑誌企画の海外取材で出会い、そして結婚したが鴨ちゃんのアルコール中毒を理由に一度破綻している。鴨ちゃんの人物像は西原マンガの中にその一端もあるのだろうけれども、そこは当然西原流ギャグの脚色がされているだろう。しかし『アジアパー伝』などの彼の著作で見ることの出来た”鴨志田穣”は、発展途上国の悲惨さを憂い、そしてまたその国で貧しいけれども逞しく生きる人々と交わる事により、自らの立ち位置を確認し続けてきた熱血漢であった。

しかし平和な日本でそれを何一つ疑問を持つ事も無く享受しまくっているオレのような人間は、逆に彼をそこまで突き動かすものとはいったいなんだったのだろう、と不遜ながら不思議に思っていたのだ。彼のアルコール中毒は世界の不幸を自らにも背負い込んでしまったその苦痛を紛らわす為にあったのではないか。そういった彼の真摯さこそが彼自身の不幸だったのではないかとさえ思ってしまうのだ。だとすればそれは不条理な事であり、彼のその”救われなさ”が哀れで堪らない。世界の不幸は、彼の肩にはあまりにも重かったろう。そしてそれはもとから彼一人の手ではどうしようもないものだったはずだ。しかしそのような中で、病魔に襲われながらも最後に彼の心を救ったのが妻と子のいる《家族》だった。ここで家族礼賛などするつもりは無い。家族である事から不幸になってしまう人々だっているからだ。しかし、少なくとも、家族というものによってしか救済されない魂というものもあるのだ、ということは、西原のマンガからひしひしと伝わってくるのだった。

[]青春うるはし!うるし部 / 堀 道広 青春うるはし!うるし部 / 堀 道広 を含むブックマーク 青春うるはし!うるし部 / 堀 道広 のブックマークコメント

青春うるはし うるし部 (URUSHI COMICS)

青春うるはし うるし部 (URUSHI COMICS)

グア。なんだこの汚い絵は。まるで足で描いた様なあまりに惨い表紙の絵に心神喪失状態になり、気が付くと買ってしまっていたのがこのマンガである。内容も作者も全く知らないまま手にしてしまったのである。そして一抹どころか十抹ぐらいの不安を抱えながら読み始めると、あろうことかこれが結構面白いではないか。しかもこのマンガ、ただのマンガではない。日本の伝統工芸である”漆器”の世界を事細かに解説した”漆塗りマンガ”だったのである。あ!だからタイトルが「うるし部」なのか!?

作者堀道広は実際に漆塗り職人で、「輪島塗の修行、社寺建築の漆職人、御徒町の漆屋さんなど13年も漆関係の仕事をしていた(あとがき)」とあり、このマンガでは漆塗りの材料から製作工程、その歴史、そして世界の漆器の紹介など、一般人には馴染みの薄い漆器の世界を詳らかにした薀蓄マンガなのだ。しかーし!ただの薀蓄マンガではない。伝統工芸だの漆器だ言っているが、この絵を見ると分かるようにそのストーリーはお下劣低劣シモネタ満載、シュール&ナンセンスなお馬鹿マンガなのであった。つまりは”漆器ギャグ”という前人未到唯一無二のジャンルなのであるが、このような訳の分からないものを何の必然性も無く生み出す強引さそれ自体が、もう既にギャグなのであった。漆モビルスーツとかさ。しみじみと馬鹿である(絶賛)。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/25 23:46 漆器ギャグ、めちゃくちゃ興味湧いてきました!

globalheadglobalhead 2007/07/26 00:30 同じ伝統工芸仲間としてこの漫画家の生き様を看取ってあげてほしい!そしてこれに感化されたレイジーが同じくギャグマンガ「ぼちっとナ」を発表!一躍ギャグマンガ界の寵児に…!?

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/26 04:56 脳が休まらない。誰か私を気絶させてくれないかな、

globalheadglobalhead 2007/07/26 08:34 オレは脳が休止状態で大変だ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070725

20070724(Tue)

globalhead2007-07-24

[]アドレナリン (監督:マーク・ネヴェルダイン 、 ブライアン・テイラー  2006年 アメリカ・イギリス映画) アドレナリン (監督:マーク・ネヴェルダイン 、 ブライアン・テイラー  2006年 アメリカ・イギリス映画)を含むブックマーク アドレナリン (監督:マーク・ネヴェルダイン 、 ブライアン・テイラー  2006年 アメリカ・イギリス映画)のブックマークコメント

ウガアア!なーんじゃコレ!なーんじゃコレ!頭痛いぞクソタレうっはなんかビデオ映像見れってかコノガキ何々?お前に注射したのは中国製の毒薬だァ?アドレナリン出しまくってないと死ぬぞォ?なんだとオオオオオオオ!?誰が死ぬかっちゅうんじゃこの抜け作田吾作アホンダラ!!解毒剤奪ってテメエラ全員皆殺しだこのバカタレクソタレ!待ってろよタコカスボケ豚のケツ!…そしてアドレナリン流れっぱなしのブチキレ大暴走を起こしまくる男を描いたアクション映画、それがこの《アドレナリン》だああああああああああああ!(ハァハァゼィゼィ…。書いていて疲れた…。)

実はこの映画、こんな風に生きるか死ぬかの緊張感溢れるオープニングから始まり、取り合えず手に汗握るカーチェイスなんかやったりして最初はよくあるアクション映画かなと思って見ていると、段々とアドレナリンが出ればなんでもありだろ!?と脱線してゆき、、中盤からはズッコケ爆笑映画へと変貌、何処までもお馬鹿の限りをつくすのだ!そしてそのお馬鹿振りを眉間に皺寄せ大真面目で演じる所がまた笑いを生む!そう、この《アドレナリン》は、なんとギャグ映画だった!追い詰められた病院で病衣に変装したが見つかってしまい、ケツ丸出しのまま延々逃走!毒物緩和剤を過剰投与してしまい興奮し過ぎて頭がパッパラパーになり「オレは風になるんだああああ」とバイクで突然アクロバット!さらに「セクロスすればアドレナリン出るかも!?」と突然道のど真ん中で彼女とおっぱじめ、見守る通行人がやんややんやの拍手喝采をおくる所なんざ、もうメチャクチャである。

まあ基本的にバカ映画なので、「最初ッからなんで即効性の毒を注射しないの?」などと身も蓋もないことを言っちゃいけないんだ!あと劇中Google Earthが頻繁に画面一杯に出現し、登場人物の位置情報を表示する所が意味も無く可笑しかった。 主演は「トランスポーター」で御馴染みのジェイソン・ステイサム。結構オレこいつ好きかも。ヒロインのエイミー・スマートは典型的な「金髪バカ女」を好演していてこっちも気に入った!

蛇足だが公開はユナイテッド・シネマ系列のシネコンなんだが、オレ、シネコンってあんまり好きじゃないんだよなあ…。受付けと同じフロアになったフードショップから漂うシロップだかなんだかの甘ったるい匂いが胃にもたれるのよ。なんかこう、いたいけな子供達でさんざめく遊園地に小汚いオッサンがひとり紛れ込んでしまったような違和感を感じるのね。あと他の劇場に比べて観客のポップコーン食っている割合が実に多いんだが、なんだかパブロフの犬状態とでも言うか、日本人ってそんなにポップコーン好きだったっけ?うまい具合に乗せられてねえか?どっかでサブリミナル広告でも流してるんじゃないのか?とさえ思ってしまうんだが。四方をポップコーン抱えた観客に囲まれ、劇中えんえんポリポリ食ってる音を聴かされると血圧が上がりこのオレも《アドレナリン》状態になりそうだから要注意だ!

■アドレナリン(原題 Crank) Trailer

D

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/24 16:21 バナナ牛乳さん監修のサイト行って来ましたよ。お洒落で素敵だね。同じ写真を見るにしても、エディターによって全然違う物に感じるのは不思議です。 「アドレナリン」はレビューだけ読むと、筒井康隆の短編みたいだ。結構好きかも。

globalheadglobalhead 2007/07/24 21:49 おお見てくれたか。発案はバナナさんでオレはある意味素材を提供しただけなんだよな。自分じゃあんなの出来なかったし作ろうという発送も無かったよ。ありがたいことだ。「アドレナリン」はお馬鹿B級映画だ!しかし切り株系のスプラッタもあり!スカッとした面白い映画だったぞ。ちょっとお下劣ネタもあるけどな!筒井は学生の頃よく読んだなあ。「霊長類南へ」と「幻想の未来」が好きだったよ。

parfum30parfum30 2007/07/24 23:22 ひめです、こんばんは。フモさんもドール派なんですね。はてな友達を通じて初めてリトルプとかブライスとか知りました。カスタムしてる人もいるし、奥が深そうですねぇ。

globalheadglobalhead 2007/07/24 23:27 そうなんす。オッサンのドール派という微妙な、微妙すぎる立ち位置にいるオレな訳ですな。怪しいもんじゃないからね!ないってば(強調するところが怪しい)!ひめさんとはヒロミさんのところでよくすれ違ってたと思うけど、ヒロミさんみたく超絶カスタムとかは出来ないんですよ〜。もっぱらコレクションのみですね。

20070723(Mon)

[]オレのオニンギョ写真サイトができたんだぜ! オレのオニンギョ写真サイトができたんだぜ!を含むブックマーク オレのオニンギョ写真サイトができたんだぜ!のブックマークコメント

毎度毎度オニンギョ写真を撮影しては日記に掲載し、マニア以外の方々を恐怖とパニックのズンドコに陥れているオレであるが、ななななんと!このたび、オレのそのオニンギョ写真を一同に会したホームページが完成したのであるッ!(ドンドンドンドンパフパフパフ!)momokoDOLLとBlytheを中心にまとめたそのHPのタイトルは《FLd:FUMO LOVES DOLL》だ!フモさんはオニンギョを愛してるんだ!もう誰にもオレを止めることはできはしないぜグフフ!基本的にはこれまでオレの日記で掲載したオニンギョ写真ばかりなのだが、サイト作成のために新たに撮り直した写真も何枚かあった。みんな是非見てくれ!さあ早速アンテナとブクマとお気に入りに登録だ!

■オレのオニンギョサイト《FLd:FUMO LOVES DOLL

f:id:globalhead:20070722212441j:image

写真は《momoko》サイドと《Blythe》サイドに分かれ、他にコンテンツとして壁紙のダウンロード、自己紹介、リンク等があります。写真の総枚数は120枚以上!さすがに昔撮った写真はピントが甘かったり小さかったりしてまだまだなんだが、それでも最近のものになるにつれちょっとづつ撮影の腕が上がっているところを分かってあげてくれ!

f:id:globalhead:20070722212531j:image

f:id:globalhead:20070722212600j:image

f:id:globalhead:20070722212620j:image

f:id:globalhead:20070722212633j:image

ところで実はこのサイトを作成したのはオレではなかった!このサイトの真の製作者はオレの日記によく遊びに来てくれているバナナ牛乳さんなんである。バナナさんはWebページ製作のお勉強をされているのだが、その課題の題材としてオレのオニンギョ写真を選んでくださったのであった。バナナさんとの数ヶ月にわたる写真ファイル交換とメールによる打ち合わせで完成することの出来たホームページなのだ。バナナさん素敵なサイトを作ってくれて本当にありがとう!なおサイトは今後も新着オニンギョ写真があり次第更新していく予定なので、皆さんこれからも見てやってくださいね!

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/07/23 12:47 どーもお世話になりました(´・ω・`)

FUMOさんはブログのキャラまんまだったんで安心したっす。
そして俺は美人ちゃんなんかじゃないぜえ。世界の美人ちゃんに謝れ!
うそです すいません。テレマカシー……じゃねえや。照れ隠しです。

そして全然敬語使ってなかったのに…すまんです。
何故か文章の中のおいらは礼儀正しいなあ。誰だこれ!
FUMOさんがいろいろ準備してくれてたんで、すごくスムーズに
事が運んだんだと思われ。ほんと多謝です!
ゴハンも美味しかった。なんかmomokoとピクニック気分で。

サイトももっとがんがるよ。
生温かい目で見守ってあげてください……
>サイトを覗いてくだすった皆様

おいらのほうも上京話はボチボチうpしますです。
ほんとありがとうっす!

dekoponndekoponn 2007/07/23 13:07 ものすごく綺麗なサイトでした。素晴らしい。
アンテナにも入れました。(上限まで残り少ないというのに入れましたよ。つうか、どこで更新がわかるのかにゃ?)
ついでなので綺麗な壁紙をごっそり持って帰りました。ほくほく。

FuetaroFuetaro 2007/07/23 15:26 やべぇ、やべぇよこのサイト、ラブリーすぎてキュン死するかと思った。

huhitohuhito 2007/07/23 16:56 はじめまして。
以前から「メモリの藻屑〜」様をアンテナに登録してコソコソ覗きに来ておりました。
さっきまでうつらうつらしてたのですがものすごい素晴らしいサイトに目が覚めました!
ものすごく嬉しかったので
コメントさせて下さい!
FUMOさんとバナナ牛乳さん、
こんなにすごいdoll写真サイトを出して下さりとても、すごくありがとうございます!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/23 19:45 出先だったので、取り敢えず携帯で行ったら、最初に「ビジョ美女」というタイトルがあった。あながち間違ってはいないかな〜などと思いながらクリック。無料サイトだから安心しろ→ふむふむ、18才以上ですか?→余裕で〈ハイ〉をクリックしようとするところで気が付くアホな私。あとでゆっくり拝見致します。

lockedroomlockedroom 2007/07/23 21:50 早速拝見しました。……何て可愛いお人形さんたち!今までもこちらで写真を見る度可愛いなーと思っていたのですが、まとめて見ると圧巻ですね。凄く素敵なサイトだと思います。早速壁紙をダウンロードさせていただきました♪アンテナにも勿論追加しましたよー。

globalheadglobalhead 2007/07/24 06:03 おお、反響があってとっても嬉しい!

>バナナさん
きたな熊本美人バナナ牛乳。こちらこそ2日間ありがとう。あっという間だったな。しかしフモ2デイズ!という恐るべき暴挙をあえて英断したバナナはチャレンジャーだ!帰ってから何かに取り憑かれた様な肩の重みとかないかバナナ牛乳!?でもそれぞれ時間が短かったからちょっとバタバタしちゃったのが残念だな。今度はゆっくり酒でも飲みたいもんだ!敬語の事は気にすんな。そのぐらいフランクに喋れたってこった。オニンギョサイトは今日公開したよ。下のコメントを読んで貰えば分かる様に皆さん大絶賛だ!寝ないで頑張った甲斐があったな。自信がついたろ。いい具合に将来に繋げていければいいな。これからもがんがってくれ!

>でこぽんさん
ありがとうございます。でこぽんさんにまず見てもらえて嬉しいです。今まで適当に撮り続けた写真がこんなふうに一つの形にすることが出来たのは予想もしてませんでしたが感慨深いものがあります。更新履歴は入れるみたいなんですが、問題はオレがどんだけ写真撮るかにかかっているという…。

>フエタロさん
フエタロさんありがとー。このラブリーさはひとえに製作者のバナナさんのデザインとアレンジのお陰であります。長く日記やってるとこんなこともあるのだなあ、と思いました。

>huhitoさん
はじめまして!ラブリーな人形とゲロゲロのホラーとアホアホな日常という、一貫性がどこにも無いカオスな日記ですがいつも読んでいただいてありがとうございます。目を覚まさせちゃいましたか!これを期にhuhitoさんも人形道に目覚めてくだされ!素晴らしいサイトは2年ぐらいかけてダラダラ撮ったオレの写真をまとめてくれたバナナさんの力量によるものです。オレの日記のほうはしょうもない展開をこれからも続けていくと思いますがどうぞ宜しくお願いいたします。たまに見るのが飽きないコツです。

>レイジーさん
いったいどこのサイト行ったんだレイジー!このサイトは会ったことも無くハンドル名でしか名前の知らない遠い土地の方と何ヶ月も掛け共同で作り完成させたサイトなんですよ。こういうことが出来るというのはネットというのは不思議な所だなあと改めて思いました。バナナさん自身、本物の人形はこの間お会いした時オレが持ってきたので初めて見たぐらいなんですよ。

>あやさん
おお、あやさんありがとうございます。怪しげなオヤジの撮る可愛い人形、という猟奇的なコンセプトのもと撮影してきましたが、どんだけの人がついてきてくれるのかなあ、とか思ってたけど、あやさんのような女性に普通に喜んでもらえると嬉しいものです。壁紙DLしまくってくだされ!これからも宜しく〜。

azecchiazecchi 2007/07/24 23:25 フモさん、よりにもよって、なんてメルヘンなサイトを作ったんだ?!ある意味凄いぞ凄すぎる!!と思ったら、なるほどそういうことですか。納得。

globalheadglobalhead 2007/07/24 23:31 わはは!これからの男はメルヘン!メルヘンに生きることこそ男の証!さあアゼッチさんもご一緒に!血を〜汗流せ〜涙を拭くなァ〜ゆけゆけメルヘン〜どんとゆけェ〜♪

ヾ(=ΘΘ=)ノヾ(=ΘΘ=)ノ 2007/07/25 17:44 出遅れちゃいました〜。オニンギョサイト、開設おめでとうございます!
こうして全部が並ぶと、壮観ですねえ。それぞれに添えられているコメントも楽しいですね。一時は、オニンギョから足を洗うのではないかと心配しましたが、これでもう逃げられませんな。着ぐるみのプチは、やっぱカワユイしね♪
(バナナさん、熊本なんですね。ヒゴタイという花がわかってしまう、元熊本県人の私です;;)

globalheadglobalhead 2007/07/25 20:38 ありやとやんす!確かに並ぶと壮観なものがありますねえ。足掛け2年ほどですが本腰を入れて撮り始めたのはここ1年ぐらいなんだろうなあ。これだけむきになって撮ったのは、最初全然上手に撮れなかったから悔しかった、というのもあるんですよ。写真を撮る趣味のないオレが人形の写真を撮るためだけに数万円するデジカメを半年で買い換えたくらいですから。今は割りと満足していますが、でも他の方の人形写真のブログなんか見るとオレなんかまだまだですね。そういう方はやっぱり女性の方が多くて、こういうセンスは絶対勝てないだろうなあ、と思いますよ。そういった意味では、そこそこの写真をこれだけ素敵に見せてくれたバナナさんにとても感謝している次第なんですよ。
熊本といえば、オレの日記によく来てくださる方は九州出身か元出身の方がずば抜けて多いですねえ。なんでなんだろ。おまけにみんな善い方ばかりで、行った事が無いけれども九州には妙に恩義を感じてます。

o-zo-m-pio-zo-m-pi 2007/07/25 21:56 めちゃめちゃ可愛いサイトですね!
フモさんとバナナさんの愛を感じます、本当に!
やばい、可愛すぎてお人形さんに興味が出てきました。

サイトの「ブログ」のところをクリックしたら、フモさんのこの日記が開いて、可愛いお人形サイトとのギャップがとても素敵です!

globalheadglobalhead 2007/07/25 22:27 ozompiちゃんありがとー。いろんな人に喜んでもらえて嬉しいよ。今まで苦労してきた甲斐があったなあ。オニンギョさんに興味が沸いてきたかね…。しかし「1個だけ」のつもりで買ったらあとからあとから増殖して気が付くと部屋中パンパンになっているから要注意だ!サイトのギャップ…確かにこのあいだの日記は「ウガア!」とか「だあああああ」とか言ってて、ギャップはありまくりだよなあ…しかしこのギャップがこのオレの魅力なのだよ!きっとそうだ!そう思い込むことにしておこう!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070723

20070722(Sun)

[]プチオフ in 六本木・森美術館 プチオフ in 六本木・森美術館を含むブックマーク プチオフ in 六本木・森美術館のブックマークコメント

昨日に続いてバナナ牛乳さんと六本木美術鑑賞ツアー、本日は六本木ヒルズ、森美術館で開催中のル・コルビュジェ展。さて性懲りも無くアマンド前で待ち合わせたが、現れたバナナさん開口一発、「昨日寝てません〜」などとと言うではないか。聞けば遅くまで飲んでいて結局朝まで過ごしていたんだという。以前から酒飲みとは訊いていたが、そこまでツワモノだったとは…。さすがは九州女!具合悪そうに「グフゥ〜」とか言っていたので今日はテンション低めに進行することに決定。

f:id:globalhead:20070722155725j:image

昼飯一緒に食うことにしていたのだが、気持ち悪いんじゃどうしようかなあと思いつつ、無慈悲なオレは「エスニックだ!こういうときはエスニックに限る!」と頓珍漢なことを言って気持ちの悪いバナナ牛乳を連れスパイス満載のインドネシア料理店《バリカフェ プトゥリ》へ。二日酔いの頭に朝からカレーを食わせるという嗜虐プレイに走るオレだ!オレと一緒に行動したらカレーを食わされるのは一つの定め!さてここでバナナさんが昨日見たいといっていたmomokoDOLLを店の中で御開帳!鞄の中から次から次へとオニンギョを出し、テーブルに並べ始めるオレ。店内に緊張が走る!固まる店員!目をそらす他の客!しかしそんなことなど一切構わず「ほら、この子がママトールドミーたん。この子は避暑地のメヌエットたん。グフフ」とオニンギョの解説に忙しいオレだ!バナナさんもお構いなく「おお可愛いですねぇ。グフゥ〜」と気持ち悪いながらもオニンギョを愛でてくれておりました。

f:id:globalhead:20070722155804j:image

昼飯食った後は六本木ヒルズの庭園をさらっと通り、イベント会場で開催されていたポケモン祭りをちょろっと撮影。ピカチュウでかすぎだ!絵的にはいたいけな子供に襲い掛かる黄色い巨獣のようではないか!ちょっと怖いぞこれ!

f:id:globalhead:20070722155819j:image

さて腹ごなしも済んだので屋上展望台にのぼり森美術館へ。ル・コルビュジェは「建築界の巨人、近代建築の始祖」ということらしいが、オレはどうも建築関係は暗くて存じ上げておりませんでした。建築模型を見てもミサワホームとの区別がつかない痴れ者です。スイマセン。今回ちゃんと勉強させていただきます。ただキュービズムっぽい絵画は楽しかったです。あとメートル法ではなくて人体を基準にした寸法基準で設計された家、という発想が面白かった。ちなみにバナナさんは学生時代は建築やインテリアを学んでいたらしく、「コルビュジェ懐かしいー」とおっしゃってました。

森美術館ル・コルビュジェ展
ル・コルビュジェってどんな人!?

f:id:globalhead:20070722155831j:image

というわけで美術展も堪能し、この日4時の飛行機で立たねばならないバナナさんを見送りに一緒に浜松町へ。この頃にはバナナさんもすっかり気分が良くなっており、「あっという間だった、もっと時間があればよかったー」とちょっと口惜しそう。確かにあっという間の二日間でした。「バナナさん帰ったらすぐ主婦に戻るの?」という質問に「いや。学生のほうに戻ります」との返事。実はバナナさんは主婦しながら仕事もし、おまけに学校まで通っている頑張り屋さんだったんです。そしてモノレール改札前でバナナさんとまたの再会を約束し、この日はお別れしたのでありました。バナナ〜、またな〜。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/23 04:42 オハヨ。今日も長くなりそうだけど、農家の人ってこんな感じかな。なんか食べてる間に明るくなるでしょう。そしたら野良仕事をして、暑い昼間はシェスタでもしよう。暑い夏は、暑い国の真似も一理あるよね。

globalheadglobalhead 2007/07/23 10:05 おはよう御座います。土に触れ土を愛でる事こそが農耕民族たる日本人の証。「勝ったのは俺たちではない。あの百姓たちが勝ったのだ。百姓たちは土とともにいつまでも生きるのだ。」と七人の侍でも申しております。レイジーさんも土とともにいつまでも生き続け、野良に励むのだ!(でも今日は雨だし蒸しますねえ。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070722

20070721(Sat)

[]プチオフ in 六本木・国立新美術館 プチオフ in 六本木・国立新美術館を含むブックマーク プチオフ in 六本木・国立新美術館のブックマークコメント

今日はネットのお知り合いであるバナナ牛乳さんと六本木でお会いしましたよ。バナナさんはなんとこの日の為にはるばる熊本から来てくれたんだよ!わざわざオレの為に…スマンのうバナナ牛乳…。するとバナナさん曰く「いえ、いつもお世話になっている東京のブロガーさんたちとこの日かわるがわる会うことにしたんです。12時から3時までは別のブロガーさんと、フモさんとは3時から5時までで、5時からはまた別の方と予定あるんですよ。」とのこと。なんだオレのためだけというわけでもなかったか!そりゃそうだね!じゃあケツカッチンなんでサクサク行ってみよう!

バナナさんとは六本木の駅で待ち合わせるつもりだったがお互いよく判らず、急遽六本木の交差点で、ということに。「じゃあアマンドの前で、目印として、バナナと牛乳持って待ってます」とメールするオレ。そう、この日昼過ぎ、アマンド前でバナナと牛乳持って突っ立ってた怪しいオッサンは誰あろうこのオレだ!暫らくしてバナナさん登場。「いやあ、まさか本当にバナナと牛乳持って立ってるとは思いませんでした…。」と初っ端から軽い”フモ酔い”気味だ!しかしオレの本当の恐ろしさを知るのはこれからだ!ってか恐ろしがらせてどうすんだオレ!しかしこのバナナの仕込みの為に出向く前バナナを一房買ってしまい、ずっと鞄に入れていて重い思いをしていたのは内緒だ!

f:id:globalhead:20070721210903j:image

しかし初めてお会いするバナナ牛乳さんはなんだか惚れ惚れするほどの美人ちゃんだ!そういや今までオフ会でいろんな女子の皆さんとお会いしたが、オレの日記を読んでいる女子の方は皆美人ちゃんばかりだな!美人ちゃんしか読まない日記「メモリの藻屑」!これからは「メモリの藻屑」を読むのが美人ちゃんのバロメーターなんだ!女性誌でも特集組まないかな、「メモリの藻屑を読んで美しくなる」とかなんとかな!

さて世迷い事はこのぐらいにして、この日の目的地である国立新美術館へと向かったオレとバナナさんだ!しかし前日までの打ち合わせで六本木は庭のようなことをほざいておきながら、早速道に迷い嘘つきがバレバレになってしまったオレ!「フモさん道逆じゃないですか」「フモさんそっち違うと思います」などと熊本から来たばかりの女子に逆に東京の道を案内され情けなさ炸裂のフモさんだ!そうだよオレは東京に27年住んでるけどその内26年10ヶ月ぐらいは部屋に引きこもってたんだよッ(開き直り)!とまあなんやかや言いながら国立新美術館に到着。この日は「スキン+ボーンズ-1980年代以降の建築とファッション」というのをやっていたんだよ。「建築とファッションのことならオレに任せてくれ!」と眉唾だとすぐ分る大法螺を吐くオレ!しかし会って数10分ですっかりオレの性格を見抜いてしまったバナナさんは、フモさんまた始まったよという表情を出すこともなくニッコリ微笑んでくれるのであった!大人じゃんバナナ!

f:id:globalhead:20070721205626j:image

さて会ったばかりだしちょっと茶でもしばこう、と、国立新美術館の2階にある《サロン・ド・テロンド》という「オペロンオペロン」とか「テロンテロン」とかいう語感に似た名前のキャヘエエに乱入、じゃなくて入店、ブログやドールの話で花を咲かせていたのであった。バナナさんはオレの日記の人形写真にとっても興味を持ってくれていたらしく、実は数ヶ月前から彼女とあるプロジェクトを立ち上げていたのであった。これは後日報告することにしよう。やっぱりオニンギョで仲良しになれた方なのでオレはプチブライスをバナナさんにプレゼント、そしてバナナさんは熊本城イメージキャラ「ひごまる」君の根付をオレにくれた!「おおおお!欲しかったんだよ「ひごまる」!今ヤフオクで相当な高値なんだよ!今例のゴミ袋かひこまるかって言うぐらい人気なんだぜ!」などと喚いてたら「フモさんそこまでバレ易い嘘つかなくてもいいです…」とたしなめられるオレ!あとバナナさんからは熊本銘菓「阿蘇高原ひごたい」もいただいた!九州に植生する”ひごたい”なる植物を模したお菓子らしい。ふわふわして美味しかったぞ!

f:id:globalhead:20070721205640j:image

そんなことをやっているうちに時間は経ってしまい、なんと美術展を見ないうちにお別れの時間が来てしまう。「1980年代以降の建築とファッション」というよりは「フモの怪しいドール趣味と日記裏話」で終わってしまった本日であった。すまんバナナ…。さてバナナさんは次は吉祥寺に移動だ!ハードスケジュールだぞバナナ!そして新宿までバナナさんを見送り、この日はお開きになったのであった。とか言いつつ、実はバナナさんとは明日も六本木でデートだ!フモ2デイズ!明日はどっちだ!

[]ツインピークス・セカンド・シーズンDVD発売日決定 ツインピークス・セカンド・シーズンDVD発売日決定を含むブックマーク ツインピークス・セカンド・シーズンDVD発売日決定のブックマークコメント

ファースト・シーズンDVDBOX発売後暫らく発売が延びていたセカンド・シーズンの発売予定日が2007年11月9日に決まりました!どうやら複数バージョンあるらしい!

Amazon.co.jpより)

【ツイン・ピークス 一挙3バージョン 同時発売!!】 ※詳細は各商品内容をご参照ください。

●『ツイン・ピークス ゴールド.ボックス』 (初回限定生産)
デイヴィッド・リンチ自身が本編映像を完全リマスターした究極のコレクターズ・アイテム!!
ファースト&セカンド・シーズンが一気に観られる全集タイプで、TV版ツイン・ピークスのすべてを収録したファンには嬉しいボックス!!
このボックスのために集められた4時間に及ぶ映像特典はファン感涙の見応え! ※『ツイン・ピークス セカンド・シーズン Part1&Part2 スペシャル・コレクターズ・エディション』の映像特典とは異なります。

●『ツイン・ピークス セカンド・シーズン Part1 スペシャル・コレクターズ・エディション』 『ツイン・ピークス セカンド・シーズン Part2 スペシャル・コレクターズ・エディション』
お待たせいたしました!!!! ファン待望のセカンド・シーズン、ついに初DVD化!!
デイヴィッド・リンチ自身が本編映像を完全リマスターした究極のコレクターズ・アイテム!!
映像特典はPart122分収録、Part2は32分収録!※『ツイン・ピークス ゴールド.ボックス』の映像特典とは異なります。

●『ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間』
ローラが殺されるまでの7日間を描いた劇場映画。様々な伏線が張り巡らされ、TV版の謎が解き明かされる。
デヴィッド・ボウイキーファー・サザーランドデイヴィッド・リンチら出演も見逃せない!

【ツイン・ピークス ゴールド.ボックス 映像特典】
◆Disc1:ヨーロッパ版パイロット別エンディング、ロケ地訪問、キャスト/スタッフとの再会、ABC番宣スポット
◆Disc3:当時の思い出、カイル・マクラクラン「サタデーナイトライブ」出演映像
◆Disc10:「闇世の中に」、「ツイン・ピークス」の時代、ショージアTVCM、デイヴィッド・リンチの横顔、「ツイン・ピークス」関連世界のCM集、インタラクティブ・マップ
※各冒頭に"ログ・レディのイントロ"収録

『ツイン・ピークス ゴールド.ボックス』は10枚組でファースト&セカンド・シーズン全ての回が網羅されている!気になるお値段は定価¥31500のところアマゾン価格¥23625!(25%OFF)『ツイン・ピークス セカンド・シーズン Part1 スペシャル・コレクターズ・エディション』『同 Part2 』はそれぞれDVD3枚組、お値段は¥12285のところアマゾン価格¥9214!(25%OFF)しかも両バージョンとも特典映像が違うという憎たらしいつくり!

オレはファースト・シーズンのDVDBOXは持っているのでセカンドシーズンのPart1&Part2を買えばいいのだが、プラス¥5000あまりで全巻網羅のゴールドボックスが手に入ると思うとなんだか考えちゃうなあ…。いやいや、ここはぐっとこらえて安いほうを…、いやいややっぱり…。などとどうにも悩んでしまうのであった。

rinjirinji 2007/07/21 19:57 実は観てなかったのでこの機会にゴールドボックスを買おうかしら(観る自信がないけど)。

globalheadglobalhead 2007/07/21 21:22 おおまさかツインピークスを観ていないなんて!厘時さん今からでも遅くない、ゴールドボックスを買ってマニアの仲間入りを果たすんだ!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/22 00:08 観る自信はあるが買う自信がない。半月暮せる。

rinjirinji 2007/07/22 00:16 とりあえずアマゾンのカートに入れてみました。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/22 00:27 と、書いたら日記が・・・。「ひごたい」も「ひこまる」もわからないけど、楽しそうな数時間でしたね。明日もウヒョ〜な時をすごすのね。アマンド前でバナナと牛乳を持つ男・・・。まぁ、典型的なカロリー及び栄養補給食品だから、六本木という土地柄は置いといて、それほど違和感はないと思うが。そゆ人、たまにみかけるよ。六本木という土地柄は置いといて。

globalheadglobalhead 2007/07/22 00:57 >厘時さん
ポチれ!ポチるんだ!ポチることこそ喜びなんだ!(オレはアマゾヌの回し者かよ)

globalheadglobalhead 2007/07/22 08:38 >レイジーさん
最初「半年暮らせる」と読んでしまい、いったいどのような節約術を…などと思ってしまった…。

parfum30parfum30 2007/07/23 00:24 ねむりひめです、こんばんは。過去日記にレスつけてごめんなさい。ツインピークス、DVD出てたんですね。どこまでがファーストシーズンなんだろう?ゴールドボックス買ってしまいそうな私が怖いです。

FuetaroFuetaro 2007/07/23 00:41 最初はスルーの予定だったけど、アマゾンで商品仕様みて買いたくなった!!最後の七日間もパイロット版エンディングもジョージアCMまでも収録!!そしてこのお値段って!!!興奮のあまり靴下に石鹸入れて振り回したくなった!!

globalheadglobalhead 2007/07/23 00:51 >ねむりひめさま
おおお、ひめさんこんばんは!ファーストシーズンはepisode7までですが、公式サイト(http://www.paramount.jp/twinpeaks/)からだと「クーパーらは、ジャックを罠にかけ、ローラ殺害容疑で逮捕する。レオは妻シェリーの不倫に怒り、彼女を製材所に縛って時限発火装置を仕掛ける。その夜、集中治療室のジャックの枕元に人影が近づく。ホテルでは、クーパーがルームサービスだと思い、部屋のドアを開けると……。」となってます。しかしこれじゃなんだか分かんないですなあ。要するに観よう、というこった!ただし、セルDVDはまだ未発売ですが、レンタルでは全話レンタル開始されているようですよん。

globalheadglobalhead 2007/07/23 01:08 >フエタロさん
ゴールドBOXはセット3つバラで買うより安い!あああオレ、ファーストシーズン先走って中古で買うんじゃなかった!あとフエタロさん、ゴールドには映画版は入ってないような気がするので要注意だ!しかしジョージアのCMなんてすっかり忘れてるなあ。どんなんだっけ…ってそれはBOX買って確かめろということなのか!

o-zo-m-pio-zo-m-pi 2007/07/25 21:07 バナナと牛乳持ってるフモさん画像に笑いすぎてお腹が痛いよ〜!

globalheadglobalhead 2007/07/25 21:24 そう!そしてこの格好で六本木アマンド前に突っ立っていた!なんかの罰ゲームなのか!?といぶかしげにしながらも目を合わせようとしない通行人!「いやオレは今とてもお腹が減っていてこれから食べるからこうやって持っているんですよ?」と一所懸命自分に言い聞かせるオレ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070721

20070720(Fri)

globalhead2007-07-20

[]ファクトリー・レコードの時代 ファクトリー・レコードの時代を含むブックマーク ファクトリー・レコードの時代のブックマークコメント

何度かに渡って80年代UKインディペンデンスレーベルのことを書いてきましたが、今回はファクトリー・レコードを取り上げます。

ファクトリーというとピーター・サヴィルによるレコードジャケットのアートワーク、そしてそれを含むトータルなグラフィック・コンセプトが目を引くレーベルだった。リリースされる音自体も実にアーティスティックなセンスを持ったものが多く、それは初期にプロデューサーを務めたマーティン・ハネットの力も大きかっただろう。そして、なにより、ファクトリーには、もはや伝説と化したあのバンド、ジョイ・ディビジョンが在籍していた。

JOY DIVISION

ジョイ・ディビジョンの存在を知ったのは音楽雑誌からだったが、既にその時彼等の2ndが発売されており、そしてボーカルのイアン・カーティスの自殺が騒がれていたときだった。音さえ聴いていなかったものの、その冷たく荘厳なデザインのアルバムジャケットと、「80年代版オルガン抜きドアーズ」というような評価のされ方から何かピンとくるものを感じていた。当時住んでいた北海道の田舎町には輸入盤を扱うレコード店など存在せず、だから冬休みを利用して札幌の親戚の家に遊びに行った時に、このファクトリーのものも含むUKからの輸入盤を大量に購入した(バウハウスの1stもその時に買った)。輸入盤屋で初めて彼等のレコードを手にした時、その美しいジャケットのアートワークにしばし魅入ってしまったのを覚えている。勿論ジョイ・ディビジョンは2枚のアルバムと全シングルを買い集め、そして家に帰り聴いたその音は、じわじわと闇が身を包んでゆくような絶望感に満ちたものだった。それは暗く甘やかなる死の臭い、空虚で鬱々とした生を終わらせる為のタナトス。当時の自分はよく居るような熱病のように死に憧れる十代だったのだろう。そしてオレはそれから何年も呪縛に掛けられた様にこの鬱々とした音を聴き続けた。それはそれから何年も自分が鬱々とした生活をしていたことの表われでもあるが。

JOY DIVISION - TRANSMISSION

D

NEW ORDER

このジョイ・ディビジョンの解散後、残されたメンバーによって結成されたバンドがニュー・オーダーである。その前身の暗さに満ちた音から一転、デジタルビートを導入したきらめくようなダンスサウンドを作り出した。しかしその狂騒は、失った友という悲痛な記憶から少しでも歩み去りたいという反動だったのではないかと思う。だからニュー・オーダーのダンスビートは、どこか鬼気迫る狂気に似たものを孕んでいる。それと同時に、オーソドックスなロック・ミュージックも演奏するが、これはひどく青臭く、不器用で、そして切ない。

NEW ORDER - EVERYTHING'S GONE GREEN (Live 1981)

D

■DURUTTI COLUMN

他のファクトリー・アーティストも紹介しよう。ドルッティ・コラムはギタリスト、ヴィニ・ライリーがギターとドラムボックスのみで演奏する非常に透明感溢れる美しい楽曲が特徴のソロ・プロジェクトである。殆どの曲にはヴォーカルさえ入っていない。こう書くとニューエイジっぽいのだが、その音は壊れそうなぐらい繊細でメランコリーに満ち、静謐な佇まいを見せている。当時のオレにはヒーリング・ミュージックとして機能していた。なお、ドルッティ・コラムの1stアルバムの初回プレスはレコード盤がサンドペーパーの袋に入れられてたという。

■DURUTTI COLUMN CLIP

D

■A CERTAIN RATIO

もう一つは浮遊感溢れる幻惑的なファンク・サウンドを生み出していたバンド、ア・サータン・レイシオ。このバンドの名前はブライアン・イーノの楽曲の歌詞から取られたものである。熱くも無く冷たくも無い白いファンクのノリは、肉体よりも精神を痺れさす様なビートに満ちていた。打ち寄せる波のように延々と繰り返される電子音とベースのフレーズが催眠術のように思考を酩酊させる。オレはこのア・サータン・レイシオの演奏を、今は無き芝浦インク・スティックで目撃したことがある。レコードではクールな楽曲をリリースしていたア・サータン・レイシオであったが、その時のライブ演奏はさすがに熱いものがあった。

■A CERTAIN RATIO - AND THEN AGAIN
(ビデオがリンクしないみたいなんで見たいかたはこちらで。)

D

さて今回、いつものようにレーベル・コンピレーションを探したのだが、見つけたのは『Too Young to Know, Too Wild』というタイトルのもの1枚だけなのである。そしてこのアルバムが、何故かどうにもつまらないのだ。勿論ジョイ・ディビジョンやニュー・オーダーなどは収録されているのだが、今聴くと実に時代を感じてしまう。そして多くが単なるニュー・オーダー・フォロワーでしかないのではないかと思わせるような平凡なエレ・ポップ・バンドなのである。ラストにはニュー・オーダーのバーナード・サムナー、ペット・ショップ・ボーイズのニール・テナント、ザ・スミスのジョニー・マーというそうそうたるメンツによるユニット、エレクトリックが収められています。

なお、このファクトリー・レコードの盛衰と当時のマンチェスターの音楽シーンの喧騒を、マイケル・ウィンターボトム監督が『24アワー・パーティー・ピープル』という映画で描いている。

■Designed by Peter Saville

Designed by Peter Saville

Designed by Peter Saville

■シャドウプレイヤーズ - ファクトリー・レコードとマンチェスターのポスト・パンク 1978~81

24アワー・パーティー・ピープル

24アワー・パーティ・ピープル [DVD]

24アワー・パーティ・ピープル [DVD]

『To Young to Know, Too Wild to Care: The Factory Story, Pt. 1』の曲目を以下に。興味のある方はどうぞ。

続きを読む

[]ジョイ・ディビジョン アウトテイク集 ジョイ・ディビジョン アウトテイク集を含むブックマーク ジョイ・ディビジョン アウトテイク集のブックマークコメント

■Martin Hannett's Personal Mixes / Joy Division

Martin Hannett's Personal Mixe

Martin Hannett's Personal Mixe

ジョイ・ディビジョンのプロデューサーであった故マーティン・ハネットによりお蔵入りされていた2ndアルバム『クローサー』の別ミックス・アウトテイク集。CD前半には『クローサー』で使用されたドアの開閉音などのサウンド・エフェクトが多数収められ、資料的価値はあるがあくまでもマニア向けのものだろう。

■Let the Movie Bigin / Joy Division

レット・ザ・ムーヴィー・ビギン

レット・ザ・ムーヴィー・ビギン

ジョイディビジョンのレアなアウトテイク・ライブ音源を集めたコンピレーション。1曲毎にインタビュー音源が挟まれ、これも資料的価値はあるが、CDとして聴き通そうとするとかなり邪魔だという妙な編集になっている。あとジャケットがカッコワルイ…。

shidehirashidehira 2007/07/20 15:02 おお伝説の商品ナンバー1がポスターであるレーベル!
http://www.factoryrecords.net/catalogue/fac1-50.htm

globalheadglobalhead 2007/07/20 20:56 そうそう。ハシエンダのクラブにも商品ナンバー付けちゃってるんだよね。紹介しているシャドウプレイヤーズというDVDは観てなくて、M・マクラレンのDVDと合わせ「あーこれどうしよう…」と悩んでる最中。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070720

20070719(Thu)

[]山へ行く / 萩尾望都 山へ行く / 萩尾望都を含むブックマーク 山へ行く / 萩尾望都のブックマークコメント

山へ行く (flowers comicsシリーズここではない・どこか 1)

山へ行く (flowers comicsシリーズここではない・どこか 1)

オレが高校生の時分、クラブ活動といえば映画研究会なんぞに入っており、オレが部長になって会誌を作ったりしていた。部員は10数人いたけどその会誌は殆どオレの文章ばかりで、どうもあの頃からしょうもない文章を垂れ流す悪癖があったのだなあ、と今更ながらに思う。(あと文芸部にいて詩書いてましたよギャハハッ!)その映画研究会の部室は新聞部と文芸部と漫画研究会とが一つの部室を兼用して使っており、放課後はいろんな人間が出入りして実に楽しかった思い出がある。その中の漫画研究会は女子ばかりで、クラブ発表の時に公開される彼女らのマンガは全員「やおい系」だったという凄まじいものであった。そしてその彼女らとマンガの話を始めると、決まって萩尾望都の名前が出され、「ポーの一族」あたりをしつこく薦められた。萩尾望都は確か短編「11人いる!」あたりで知っていたと思うが、やおいな連中に薦められるマンガなんぞ読めねえ、と、今に至るまで萩尾望都の代表作である「ポーの一族」は読んでいない。それでも、何作かの長編SFマンガは気に入って読んでおり、一目置いている漫画家であるのは確かだ。ちなみに彼女のマンガで一番好きなのは《銀の三角 (白泉社文庫)》である。

萩尾望都の最新短編集《山へ行く》はまず冒頭のタイトル作《山へ行く》がいい。今日は山へ行こうと、心に決めた主人公だったが、あれやこれや邪魔ばかり入ってなかなか山に行く事が出来ない…とただそれだけの話なのだけれど、ベテラン作家の筆致がそれをあたかも文学小説のようにまとめている。円熟の一作ということが出来るだろう。その他の作品も日常生活にちょっとだけ入り込む不思議な世界を描いているが、共通するのは非常に生活感溢れた描写だろう。萩尾望都作品にこのような生活感のイメージは無かったので、多少驚いた。ただどうしても萩尾望都独特のギリシャ彫刻のような登場人物たちの顔が浮いている様に見えるのは致し方ないか。そして圧巻だったのがラストの『柳の木』である。萩尾望都が作家として持つ作品テーマというのは「完膚無き”虚無”とそれに抗う人々とのドラマ」というものだと思っているのだが、この短編では死という虚無に愛でもって抗う美しく切ない感動作に仕上がっている。萩尾はそれを確信に満ちた恐るべき力量で描く。淡々とした描写の最後に爆発する愛惜に満ちた情念。名作である。

[]ココロミくん(1)(2) / べつやくれい ココロミくん(1)(2) / べつやくれいを含むブックマーク ココロミくん(1)(2) / べつやくれいのブックマークコメント

ココロミくん

ココロミくん

ココロミくん2

ココロミくん2

イラストレーターべつやくれいさんが人気ポータルサイト「デイリーポータルZ」で連載しているシリーズを本にまとめたものである。内容はべつやくさん自らが写真で登場し、漫画のこま割りのスタイルで「別にやらなくてもいいことをひたすらココロミる」という、体を張った大企画だ!かっこいい鼻メガネを作って着用し、町に繰り出してみる!スタバや東急ハンズやTSUTAYAの店員のコスプレをして当のお店に入って顰蹙を買ってみる!ルーズソックスを両手に着用し、意味も無く公園の真ん中で文字を作ってみる!「猫ふんじゃった」の唄は猫に失礼だったとその辺のノラ猫に土下座してみる!ちくわぶを愛するあまり自家製ちくわぶを作成、ちくわぶだけの豪華なおでんを食してみる!街中のいろんなものに「イエーイ」という吹き出しを付けてみる!十徳ナイフに対抗していろんなトングを10個くっつけた「10トングナイフ」を作ってみる!突如現れた巨大ダコに襲われてみる!などなど、思いついたからといってわざわざやる必要もないし、ましてや公衆の面前でやらなければならない理由は何も無い、というようなことを、あえて実行しているチャレンジャーなべつやくさんを十二分に楽しめるシリーズなんだ!まあしかしやってる事は変なんだが、べつやくさんののほほんとしたキャラがとっても生きていて、これが実にキュートでチャーミングでグッドなのだよ!イラストもラブリーでプリチーでナイスだね!おまけにべつやくさんは結構ビュリホーなレデェーなんだ!オレは既にそんなべつやくさんに萌えまくりだ!オレのネットアイドル、それはべつやくれい!べつやくさんLOVE!け、結婚してく(ry

自由浮遊社:べつやくれい特集

べつやくれいリンク集

dekoponndekoponn 2007/07/19 14:07 先程長々と書いたコメントがなぜか消えてしまいました。呆然。それで簡単に。
素晴らしい書評でした。感動しました。もう一度読みたくなりました。です。
『銀の三角』はわたしも持ってます。いいですよね。でもかなりマニアックだと思いますが。もしかして『百億の昼と千億の夜』とかがお好きだとか? でもやはりここは定番のやおい系漫画、萩尾大先生の代表作である『ポーの一族』と『トーマの心臓』をお読みなってほしいです。
変な文章になってしまってすみません。では。

globalheadglobalhead 2007/07/19 20:45 でこぽんさんコメントありがとうございます。萩尾望都はSF中心で断片的にしか読んでないんですよねえ。読んだのはマージナルとスターレッド、あと幾つかの短編集ぐらいかな。百億の昼〜も読みましたよ。彼女の作品はちょっと観念的な部分があって読んでて草臥れちゃうんです。それでも銀の三角はまるまる一つの異世界を創造した部分が凄い、と思いました。ポーの一族も随分昔古本で全巻買ったんですが積読のままどこかへ消えてしまいました…。しかしこの「山へ行く」の最後の刊行リストとか見ていたら「あ〜やっぱり読まねばいけないのか」という気持ちがふつふつと。この間でこぽんさんに薦めてもらった短編あたりから手を付けてみるかなあ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/20 01:27 べつやくれいさんは、ずっとずっと年下の、学校の後輩かな? あと、お父さんの本の編集を、うちの旦那がやっていた事がある。

globalheadglobalhead 2007/07/20 09:01 おお!べつやくさんがなんだか身近に感じてきたぞ!?これはいよいよけ、け、け(何かいろいろ激しく勘違いしているらしい)

20070718(Wed)

[]ゴーレム100アルフレッド・ベスター asin:4336047375 ゴーレム100 / アルフレッド・ベスター asin:4336047375を含むブックマーク ゴーレム100 / アルフレッド・ベスター asin:4336047375のブックマークコメント

22世紀の未来、膿胞のように肥大した巨大都市ガフで猟奇的な連続殺人事件が起きる。その犯人は上流カーストの女性達が手慰みで行った悪魔召喚で目覚めさせられた怪物ゴーレム100。事件に巻き込まれた香水科学者シマ、精神工学者ナンは警察官インドゥニと共にゴーレム100の正体を追うが、そこには潜在意識と集合的無意識との無辺の精神宇宙が待ち構えていた…。

ストーリーを語ることは殆ど意味が無いかもしれない。この物語の面白さはその語り口にあるからだ。プロットからはP・K・ディックの悪夢的な未来世界SFを連想させられるが、ベスターにはディックのルサンチマンは微塵も無い。むしろ自由な連想と奔放な言語遊戯から紡ぎ出されるスラップスティックな作品世界と、変幻自在な物語構成が楽しい作品だという事ができるだろう。その柔らかく生物のように脈打つ文章からはフランスの幻想文学作家ボリス・ヴィアンを連想した。ある意味この作品はストレートなSF作品として読むよりも未来を舞台にした幻想文学であり、内宇宙を描いた現代文学として読むほうが読者にとって受け入れやすいのではないか。また、本文にはナボコフやバージェスの如き造語が犇き、クライマックスではウィリアム・バロウズもかくやと思わせる錯乱し崩壊した言語感覚の文章が乱れ飛び、終盤ではジェイムス・ジョイスばりの融合し混沌となった言語世界が表出し、そういった言葉遊びと現代文学史へのオマージュに楽しみを覚える読者にもお薦めできるかもしれない。ただしかな〜り読者を選ぶ作品でもあるので要注意!

物語の中心となるのはエキセントリックな登場人物たちとそのリズミカルな会話、ゴミ箱と玩具箱を同時にひっくり返したような稚気と汚濁がゴタ混ぜになった未来世界とそのガジェット、そして分かりやすいぐらい胡散臭い精神分析論とそこから生み出されたサイケデリックなイメージの奔流だ。高尚でありながら卑俗であり、知的でありながら痴的であり、そしてゴミのようでいて黄金のような物語である。なにしろ読んでいて楽しい。本文では活字に混じってイラストとタイポグラフィが踊り、それが決して添え物ではなくベスター世界を形作るひとつの構成要素として生き生きと蠢く。だが馬鹿馬鹿しいといえば馬鹿馬鹿しくもあるのだ。このどちらに転ぶか分からないバランスと振幅がベスターの持ち味か。そしてベスター自身は「どっちに転んでも面白ければいい」と思っているのかもしれない。物語そのものが遊びなのだから。アメーバのように刻々と形を変え何処に行くのかさえわからない不確定性に満ちた物語は、逆に言えば一つの物語としてお定まりの良い鋳型の中に収まることを拒絶しているからなのだろう。それはひとえに作者ベスターが想像力の自由さを尊重していたからであるまいか。

アルフレッド・ベスターといえばSFファンの必須科目、『虎よ!虎よ!』の作者であるが、彼は生涯5作の長編しか書かなかった寡作家でも知られており、この『ゴーレム100』は1980年に出版されたその第4長編である。偉そうな事を言いつつオレ自身も『虎よ!虎よ!』しか読んだ事のないナマクラ読者であるが、確かに『虎よ!虎よ!』は異様なまでの熱気に満ちた、実に実にこってりした作品だったという事は記憶している。実際に読んだのは20年以上前になるのだが…。しかし本作では『虎よ!虎よ!』で抱いていたイメージが良い意味で裏切られ、ベスターという作家の底力を思い知らされたとても良質の読書体験だった。また今作の翻訳はとりわけ評判が高い。翻訳者の良否を述べるほど翻訳作業というものを知っているわけではないが、翻訳あとがきでも歯切れのいい言葉使いをする翻訳者渡辺佐智江氏の訳文は確かによくこなれ、勢いがあって楽しい。他の訳書も読みたくなった。

paseyopaseyo 2007/07/18 17:44 >SFファンの必須科目
ガビーン、読んでません先生! ゴーレム100、評判いいですね。しかしここ見てると必読リストが魔法のように増えていきます…。

globalheadglobalhead 2007/07/18 20:28 虎よ虎よにひとみごろ!富士山麓王蟲啼く!そう!虎x2は必須科目!ちなみに午前の授業はP・K・ディック!午後はスタニスラフ・レム!理系ならイーガン!文系ならヴォネガットを選択のこと!IT関係就職希望者は明日までにギブソンを読んでおくこと!以上SF学園からの回覧でした!ちなみに校長は勿論ヒューゴー・ガーンズバック!

rinjirinji 2007/07/19 01:04 ベスターといえば『虎よ、虎よ!』よりも『分解された男』の私が来ましたよ。『ゴーレム』はまだ80ページです。また先に読み終わられてしまって、たいへん口惜しいです〜。

globalheadglobalhead 2007/07/19 01:24 『分解された男』も読まなきゃだなあ。『コンピュータ・コネクション』も復刊希望ですねー。刊行記念のトークショーはかなり面白かったようですね。行ってみたかったなあ。http://d.hatena.ne.jp/ToyoSF/20070706 でもオレ喫茶店でディック読んでたけど別に何も無かったが…。あとディレイニーの『ダールグレン』はいったいいつ!?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070718

20070717(Tue)

globalhead2007-07-17

[]スパイダーマン3 (監督:サム・ライミ 2007年アメリカ映画) スパイダーマン3 (監督:サム・ライミ 2007年アメリカ映画)を含むブックマーク スパイダーマン3 (監督:サム・ライミ 2007年アメリカ映画)のブックマークコメント

関東台風上陸というのに映画なんぞ観に行っているお気楽な人間とは誰あろうオレのことである。しかも観に行ったのがとっくの昔に公開してて話題的に旬を過ぎた《スパイダーマン3》である。今更観に行く、というのは実はあんまり観る気がしていなかったからだ。またぞろウジウジした人が一杯出てきてウジウジしまくるんだろう、と勝手に思ってたのである。別にウジウジすることは悪くはないのだが、3作続けてウジウジされたら、それは君、進歩も学習もしていないと言うことじゃないのかね、などとオレなんかは思うわけである。それと、観た人の評判があんまり良くない。つまらなかった、と言うわけでもないが物凄く面白かった!と言う声も聞かない。そんな先入観からなんだか足が遠のき、忘れた事にしていたのだが、どうも観る映画が他に無いのと、一応VFXだけ観ても楽しめるんじゃない?と自分に言い聞かせ、チャレンジすることにしたのである。

で、《3》である。えーと、物語はすっかりヒーローになっちゃって、ガールフレンドも出来て、生活も充実していて、ヘタレでモテなくてダサかったこれまでとは全く違う、悠々自適な主人公ピーター君の幸福に呆け切った毎日から始まる。スーパーヒーロー・スパイダーマンに勝てるものなどいない。もはやどんな危機的な状況だってお茶の子さいさいで解決できる。締りのないオープニングだが、しかし、これはスーパーヒーローが完膚なきまでに”悪”を撲滅したら、当然獲得されるべき平和な世界だ。これまでの話の流れから当然の世界がここで描かれているのだ。

ここからいつも通り悪役の皆さんが出現するのだが、これがどうもインパクトが弱い。サンドマンなんて単なる力馬鹿だし、元友人オズボーンの変身したニュー・ゴブリンは親父の劣化コピーだ。だが、ちょっと待て。回を増すごとにインパクトの強い敵役が出現するのはこの手のヒーロー物では当然の宿命だが、それと同時に”強力な敵”のインフレーションを起こすこともまた宿命である。次から次へと”もっと強い敵”が登場し、ヒーローがどれだけ活躍したって世界は絶対平和にならない。要するに、いつまでやったってキリがないということだ。監督サム・ライミは、この《3》で、そのありがちなインフレーションの螺旋を回避したかったのではないか。今作で弱い、と言われるアクション・シーンだが、ライミは、《スパイダーマン3》を、そういったアクション・シーンのみを主眼としたヒーロー映画として”撮りたくなかった”のではないか?

観客誰もが期待しているであろうアクション・シーンまで犠牲にしてライミが撮りたかったもの、それはまあ、ベタであるが、”物語”である、と思う。黒いコールタール生物に寄生されて自分を無くすピーター君の描写はちょっと失笑物ではあるが、ある意味普通の青年で、清廉潔白な殉教者のようなヒーローというわけではないピーター君が、己の力と名声に酔い、驕り昂ぶって粗暴な態度をとる、というのは、逆に言えば随分と人間臭い話ではないか。考えてみれば、ライミというのは、このシリーズで一貫して”人間臭いヒーロー”を描こうとしていたことから考えると、このヒーローの逸脱行為というのは、平和で呆けた世界とヒーローのその後の零落という風に考えれば、実に筋の通った流れなのである。ただそんな物語が面白いかどうかではあるが。

ライミはそういった点で”物語”を描くということに対しては物凄く正直で天真爛漫ではあるが、実直すぎてつまらなくなってしまっているということなのだろう。つまりストーリーテリングの監督ではないが、それをやろうとして失敗した、というのが今作ではないか。ラストには「本当の”悪”など存在しない。そして、”許す”という行為こそが貴いのだ」というメッセージが込められているけれども、それはとても高潔で正しいけれど、それやっちゃうと、もう、あとが無いんではないか。いや、あとなんか無くてよくて、これまで3作で語り続けられてきた、ヒーローと登場人物、そして様々な悪役達の背後にある、止むに止まれぬルサンチマンが、実はこの《3》のドラマにおいて全て昇華されたことを考えると、これは実に結末らしい結末と言うことも出来る。それが多分ライミが結実させたかった”物語”の終焉なのだと思う。ただね。4作目作るっていうじゃないですか。でも、この3作目のラストで、”物語”をまとめちゃったライミに、結局は望まないインフレーションを起こさせるしかない4作目が必要なのか?と思うんですけどね。ホントに作るのか?

蛇足だが、類型的な人物描写の中にあって、ヒロイン・キルスティン・ダンストの存在感や細かい感情の機微の伺える演技はこの3作の中でも際立って素晴らしいものがあった。彼女の存在がこの映画を1ランク高いものにしていると思う。これまでブサイクとか言ってスマン。マリーアントワネットもよかったぞ。許せキルスティン。

■Spider-Man 3 Final Trailer

D

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/17 14:52 1も2も観てるのね? 私はどうもスパイダーマンには最初っから食指が動かなかったな。これは私の悪いところで、主人公の男優に魅力を感じないともうダメ。ストーリーより見た目な、浅はかなオバハンです。

globalheadglobalhead 2007/07/17 19:55 トビー・マグワイアはとっちゃん坊や顔だからなあ。オレの会社にこのマグワイアと似た雰囲気のNという男がいるんだが、1を観た時は「何でNが活躍しているわけ?何で主人公でヒーローなわけ?」と恐ろしく納得できないものを感じ、映画の内容とは全く関係ない部分で乗れなかったという過去があるな…。ちなみに会社のNは相当のヘタレです。

FuetaroFuetaro 2007/07/17 23:13 正直、トビー君は原作のイメージとも違うしイマイチかなー、って思ったけど、3のハジケ演技を見て、『こいつ…サム・ライミ組がお似あいじゃん』とか思ったっす。あとダンストはちょいブサなのがいいんですよ!!(力説)

globalheadglobalhead 2007/07/18 00:31 サム・ライミ、完全トビー君に自分を反映させてますね。とっちゃん坊やな顔の雰囲気とかそっくりなんだもん。原作は読んだこと無いんだけど、そんな意味で違うイメージだったんでしょうかね。それにしてもたしかにハジケていた…。あとダンストはちょいと見直しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070717

20070716(Mon)

globalhead2007-07-16

[][][]浮世絵見て寿司食って江戸漫画を読んでいた 浮世絵見て寿司食って江戸漫画を読んでいたを含むブックマーク 浮世絵見て寿司食って江戸漫画を読んでいたのブックマークコメント

今日は原宿の大田記念美術館に浮世絵見に行っておったよ。ここは毎月展示内容が変わって、今月は《浮世絵はどのようにして生まれたか》というテーマの展示をしておった。肉筆画から版画へ、白黒から多色刷りへと変わってゆく浮世絵の変遷を見る事が出来たな。ま、そういうお勉強みたいのは別としても、パノラマみたいになが〜〜〜い巻物に当時の江戸庶民の生活がこまごまと描かれている画なんざ眺めるのは楽しいやな。展示場には浮世絵の元木や版画の色が刷り重ねられてゆく過程を1枚1枚並べていった展示もあって興味をそそったよ。え、こんな所に色が入ってたの?とびっくりしちゃったぐらい立体的な製作過程だったな。

あとさ、浮世絵って、シンプルにまとめているように見えて着物の柄だけはえらく細かく描くのね。それと描線とその曲線がとっても綺麗なんだよな。色使いも和物独特の階調があって綺麗なんだよ。イラストなんか描く人は浮世絵の描線や色彩から結構勉強になるもんがあるんじゃないかとちょっと思ったよ。8月の展示は《AYAKASHI 江戸の怪し−浮世絵の妖怪・幽霊・妖術使たち−》だってさ。これも見に行きたいなあ。

そして家帰ったら浮世絵見てたせいか無性に寿司食いたくなって、こりゃあ食うしかあるめえ、と昼真っから酒飲みながら食ってたぜ。「寿司食いねえ寿司食いねえ。道産子だってね?ロシア領近くの生まれさ」とかなんとか一人で言っていたかどうかは謎だ!

そして酒飲んで気持ちよくなってきたオレは、杉浦日向子さんの江戸漫画『百日紅』を引っ張り出して夕方まで読んでおったよ。この漫画は北斎が主人公なんだが、北斎よりもその周りの人々にスポットを当てた漫画で、江戸情緒豊かな人々の生活と風俗、それとあわせてこの世とあの世の混ざり合った朦朧とした”あやかしの世界”をも描いているんだね。この”あやかしの世界”の描写はその後『百物語』でより深化した世界へと結晶し、江戸時代を生きた人々の精神の片鱗を伺わせる大傑作となるんだね。

百日紅 (上) (ちくま文庫)

百日紅 (上) (ちくま文庫)

百日紅 (下) (ちくま文庫)

百日紅 (下) (ちくま文庫)

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/16 22:44 私はその昔、手書き友禅の模様師と言うのをやっていたんだけど、日本人の色の感じ方や表現の仕方の細かさは凄いよ。利久、利久ねず、銀ねず、古代紫、江戸紫、なす紺、萌黄、木肌、はなだ色、錆朱、燕脂、浅葱、浅黄、青の上に乗せた黒と赤の色に乗せた黒。
それはそれは繊細でした。虫の音(ね)を細かく聞き分け、味を微妙に嗅ぎ分け、発色を細かく表現し分ける日本人の感覚は素晴らしいです。

globalheadglobalhead 2007/07/16 23:47 レイジーはそっち方面のアーチストさんだったんだよな。オレは一時ウォーホールがシルクスクリーンでペイルトーンをよく使っていたので、「この微妙な色はなんじゃろ」とか思っていたら和色にたどり着いたんだよな。ネットで和色のHPなんぞを見つけてうっとり眺めていたこともあったよ。和てぬぐいも色使いが綺麗なので家でよく使っておるよ。これ実はペットボトルのお茶の景品なんだが、むきになって集めた!昔の日本の感性というのはいいな。オレも思い出した頃に江戸物に手を出すことがあるよ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/17 00:24 アーティストじゃなくて、伝統工芸の見習い職人。

globalheadglobalhead 2007/07/17 00:47 職人はやっぱり頑固だ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070716

20070715(Sun)

[]最近買ったオモチャなどなど 最近買ったオモチャなどなどを含むブックマーク 最近買ったオモチャなどなどのブックマークコメント

■CWC限定プチブライス レモンバター
定番の動物被りモノシリーズ、今回は小鹿をイメージしたブラ子である。ブロンドの髪にそばかす姿がとってもキュート。今回もなかなか可愛らしく出来ていてオジサン大満足だ。そしてさらにドングリ手にしたリス君も付いているではないか。やはり小鹿ブラ子に「いじめる?いじめる?」などとオネエ言葉で訊いてウザがられているのであろうか。つくづく難儀である。なおこのブラ子はCWC限定の為アマゾヌにはございません。詳しくはこちらなどを参照のこと。(追記:ありゃ、これ限定3000体だったのね。)

f:id:globalhead:20070715145646j:image f:id:globalhead:20070715145746j:image

f:id:globalhead:20070715145819j:image f:id:globalhead:20070715145841j:image


■ソフビ魂スパイダーマン赤・黒
ソフビ・赤スパイダ−マンと黒スパイダーマンである。実はこれ、別にフィギュアで発売予定のものがあるんだが、これを買うと高く付く為に回避策としてこちらの安いソフビモデルを買ったという、いわば節約の為に買った代替品なのであった。でもソフビとはいえ塗りもなかなかじゃん。

f:id:globalhead:20070715145902j:image f:id:globalhead:20070715145915j:image

○藻屑劇場《すぱいだー君とぶらっく君》

赤「お、久しぶり!なんだお前真っ黒だな!随分焼けてんじゃん!」
黒「当たり前っすよ!もう夏休みとって南の島行って来ました!そういう先輩も随分真っ赤ですね!」

f:id:globalhead:20070715150001j:image

赤「ああ、オレはどこにも出掛けずに家で酒ばっか飲んでたから酒焼けだ…。」
黒「…。」

f:id:globalhead:20070715150025j:image

ソフビ魂 スパイダーマン

ソフビ魂 スパイダーマン

ソフビ魂 ブラックスパイダーマン

ソフビ魂 ブラックスパイダーマン

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/07/16 09:29 うわ……なんすか蜘蛛男のかけあい漫才。
番外コンテンツも作りたくなった……。
隠しサイト的にボタン作ったりして(´・ω・`)

globalheadglobalhead 2007/07/16 09:47 おはようバナナ牛乳。やっと掛け合い漫才に突っ込んでくれる人がいた…(泣)。
番外コンテンツ!ご、ご要望があれば何枚でも…!?

ヾ(=ΘΘ=)ノヾ(=ΘΘ=)ノ 2007/07/16 09:49 フモさん、遊んでるな〜。続編あり?
ずいぶん前に、dollでこういう遊び方しているブログを見かけたことがあるな。ミニチュアのセットもバリッと揃えていて、怠惰なオンナが暮らしてんの。笑えたんだけど…。

ところで、プチ、かわゆいですねえ。実を申しますと、最近買っているのです。少し前の着ぐるみのやつ。tip toeのやつがどうしても欲しくて、というか、あのちっこい靴が目当てだったという、本末転倒な嗜好…。

globalheadglobalhead 2007/07/16 10:30 続編…あるのか!?それ以前にネタがひねりだせない〜〜。あとmomokoでアニメーション作るのを思いついたことがあったけど、さすがに泥沼になりそうなので止めた…。やらないからね!
プチはこれからは選んで購入しようかと。いや〜今2体セット7千円なんていうのも限定で出てて、さすがに値段で止めました。あ、2つ買ったと思えばいいのか。いやいやまてまて!tip toeは時々脱げるのでこっそり両面テープで貼っているオレ。

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/07/18 07:21 FUMOさんが時間持て余してる時があればぜひぜひくださいおヽ(´ロ`)ノ三
ちょっとずつ、必要なところ補整してますんで。
スパイダーマンも好きだし。クリーチャーとかアメコミ系コンテンツいいかも。
わくわく(*´・ω・)(・ω・`*)
もちろんコント仕立てアリで。

やっぱレモンバターたんはイイ!
可愛さがダントツです>俺の中で

globalheadglobalhead 2007/07/18 08:57 アメコミ系は昔スポーンのフィギュアを大量に買っていたことがあったよ。でもそれ以外はないよお。他はエヴァの綾波・アスカフィギュアかな。フレディやジェイソンもあるんだがこっちは基本的に箱出ししないことにしてるんだよ。箱(ブリスター)の上からの写真でいいなら撮ってもいいけど。だからあんまり期待しないでくれー。その代わり今月中にあと2個プチブラ子が届くと思うのでそっちで我慢してくれ!しかも1個は限定モノですよ?(結局プチブラアリ地獄に逆戻りしている因業なオレ)

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/07/18 14:13 オゲっす!
子犬のような目で待ってます!

globalheadglobalhead 2007/07/18 19:49 おう!待ってておくぅ〜れぇ〜♪(何の歌なのかは自分でも謎)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070715

20070714(Sat)

globalhead2007-07-14

[]オレと大停電 オレと大停電を含むブックマーク オレと大停電のブックマークコメント

関東に台風接近中である。西日本の既に被害に遭われている方には誠に痛み入る次第である。ネットのお知り合いで沖縄出身のタマさんも日記で今回の台風で難儀されている事を書かれていたが、時たま停電もあるのだという。オレは関東に永らく住んでいるが停電の憂き目に遭った記憶があまりなく、そういえば随分と前に近所で火事があったときにちょっとだけ消えたかな、というぐらいだ。ただ、実家の北海道に住んでいた頃には停電というのはしょっちゅうとあったような気がする。

北海道に住んでいた頃の最大の停電は、冬の最中、北海道中部から北部へと走る大動脈である送電線が雪の重みでぶった切れ、北部北海道一帯が一週間にわたって送電ストップしていたという事件であろうか。時期の頃ならばオレが小学生の時だったろうから、かれこれ35年以上も前の話である。学校は開校していたのか休校していたのかは覚えていない。生活に支障があったかというとそれは父母が切り盛りするものだからそれもよく覚えていない。煮炊きは普通に出来たから食事に困る事もないし。ただ子供の自分はテレビが観られない事、とりわけ毎日見ていたアニメや特撮モノの番組が一週間まるまる観られなくなってしまったことに意気消沈していたと思う。

だが夜になりロウソクの炎だけで生活するのはキャンプか何かに遊びに行っているような感覚で、実は結構楽しんでいたことは覚えている。広い家ではなかったが部屋毎に何本かのロウソクを灯していると毎日相当の本数のロウソクが必要で、いつも買いに行かされていた様な気がする。そしてそのロウソクも、溶けて流れたロウを集めて粘土よろしく捏ねてはあれこれ作って遊ぶ道具になっており、ロウソクの炎自体も子供にとっては何やかや遊ぶ材料になっていた。炎のどこが一番熱いか指を突っ込んでみたりとか、溶けて流れ出したロウを兄弟で弄って熱い熱いと騒ぎながら我慢比べなんかをしていたりもしたよ。ロウソクがオモチャ代わりになっちゃってたんだね。暗闇の中の炎の動きって子供心にも神秘的なものがあったしね。

トイレもお風呂も当然ロウソクで、それも何か遊びのような気がしてやはり不便だとは思わなかったな。ロウソク片手にトイレ行くって、なんだか楽しくない?いや、子供の頃はそれが楽しかったんだよ。そういえばテレビが無い分ずっと夜は家族みんなで固まってあれやこれやと話をしていたな。「昔はこうやって生活していたもんなんだよ」という父親の言葉をまだ覚えてるよ。病院や市役所は自家発電機があったからそういうところだけは電気が灯っていたね。信号はどうだっただろう。田舎だったからそんなに交通量もないし、昼間の交差点でお巡りさんが手旗振っていたりしていたんだろうか。

今もしも東京で一週間停電なんて言ったら、これは大災害の部類に入っちゃうよね。まず停電することはあっても一週間なんて有り得ないもの。仮に一日停電だったとして、通勤とか考えずに部屋にいるのだったら、ずっと一日本読んでるだろうね。夜はロウソク灯して酒盛りして、さっさと寝ちゃうだろうな。

■参考記事:YOMIURI ONLINE《冬の停電》(この記事の事件がまさにオレの体験したことです)

そう奮起していた北電の研究者たちの出はなをくじくように、翌72年12月、道北、道東を歴史的な大雪害が襲った。56基の鉄塔が倒壊。特に道北北部の基幹線である稚内線(延長47キロ)では3分の2にあたる47基が倒壊し、道東と合わせて5万世帯以上が停電する空前の事態となった。しかも、降り続ける雪で国道の通行止めや鉄道の運休が相次ぎ、復旧作業員の派遣も難航。停電は最大1週間にも及んだ。「道北 暗黒の“孤立”」「頼みのロウソクも品切れ」。同年12月4日の読売新聞道内版はそんな見出しで状況を伝えている。稚内市などでは長引く停電のため、生乳処理工場や魚介類の冷凍所で廃棄処分が行われたことも報じている。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/kikaku/025/181.htm

[]寝言と会話 寝言と会話を含むブックマーク 寝言と会話のブックマークコメント

《情熱シャーベット》のローラさんという方が彼氏の寝言と会話成功したらしい。

そういえば、つねづね寝言と会話出来ないか、と鴻野くんの横で寝るたび機会をうかがっていたら、きゅうにもにょもにょ言い出した睡眠中の鴻野くんがはっきり、
「ローラも行く?」
すかさず、
「どこに?」
「わかんない」
会話に成功!たぶん「わかんない」のときは、「ローラも行く?」のときよりは覚醒に近い状態だったろうと思われるけども、まあ完全に寝てたので翌朝の鴻野くんの記憶には全く無かった。

実に可愛らしい記事である。若さだなあ、と思う。女子だよなあ、と思う。その点オレのような介護とか年金とか四十肩とか加齢臭とかいう言葉の似合うナイスでお茶目なクソジジイがもしも会話するとしたら霊ぐらいなもんであろうか。しかし霊なんぞと会話したら

そういえば、つねづね霊と会話出来ないか、と夜の暗闇の中で寝るたび機会をうかがっていたら、きゅうにもにょもにょと動き出した黒い影がはっきり、
「FUMOも行くか?」
すかさず、
「どこに?」
「あの世だよ…」
会話に成功!たぶん「あの世だよ…」のときは、「FUMOも行くか?」のときよりは霊界に近い状態だったろうと思われるけども、まあ完全に寝てたので翌朝には部屋に恐怖新聞が届けられていた。

などということになってしまい、可愛らしいどころか恐ろしいお話となってしまうんである。ホラーである。恐怖である。怪談である。こうして歳を経るごとに段々と死者の国に近づいていっているオレなのであった。

ヾ(=ΘΘ=)ノヾ(=ΘΘ=)ノ 2007/07/14 14:26 TBありがとうございます。いや、凄いね。雪の重みで送電線やら鉄塔やらまでやられちゃうとはっ!雪の重みで家が潰れた、みたいな記事はみたことありましたが、これは凄い。吃驚です。
停電の思い出、私のも似たような感じです。高校卒業までは鹿児島にいましたので、台風も多かった。停電しなくても雨戸が閉まってますから、やはり懐中電灯やらろうそくで遊ぶわけ。楽しかったな。大変だぁって叫んでるのは大人だけなのよね、きっと。
(ってことで、ヾ(=ΘΘ=)ノは沖縄出身ではなく、単なる移住者です。いや永住か…。)

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/14 14:55 霊の誘いにのったらダメだよ〜。翌朝が来ないかもしれないから。数年前、杉並、練馬あたりで、停電があったとき、私はロッテリアに入ったところで、「こちらでお召し上がりですか?」と聞かれた瞬間にパッと店内が暗くなり、非常灯だけになったの。店中大騒ぎになり、店長らしき人が携帯で本部と連絡をとりながら、「はい、〇〇と△△は動きますが□□は全部ダメです!はい、隣も、前の信号も消えてます!はい!」と大慌てになってました。交差点に警察官が来るまで大変だったよ。結局ハンバーガーは買えず、私も急いで帰宅しましたが、軒並み店々から店員や客が外へ出て来て(昼間だったから外は明るい)かなり混乱していました。

globalheadglobalhead 2007/07/14 16:02 >タマさん
これ、この間タマさんにコメント貰ったときに思いついた記事なんですよ。タマさんのお陰でネタが一日埋まった!タマさんありがとう!しかし「雨戸」の話が出たけど、そういえば北海道にいた頃は「雨戸」というものが存在しなくて、漫画なんかで見かけると「コレは何?」なんて思ってたな。今は普通に雨戸なんか無い家のほうが多いのかな。あとオレの田舎は台風というものが来ないから、台風が来る地方で戸や雨戸が飛ばないように釘打ち付けてるお話なんか読んで「どんだけ凄いんだ」なんて思ってましたよ。昔は本当にそんなことしてたんだろうか?

globalheadglobalhead 2007/07/14 16:03 >レイジーさん
まあ実際は霊は見ないし信じてもいないオレだ!でも霊見る話や怪談話は好きなんですよ。ロッテリアの話面白いなあ。結構人間ってすぐパニックになるものなのね。オレは自分は大丈夫だ、と思ってるけど実際なってみると分かんないな!地震なんかは平然としてるほうかな。映画館で地震に遭った時は「これで避難になって、またあとからこの映画観直しにくるのは面倒臭いなあ」なんてそっちのほう考えていたな。銭湯行っていて地震に遭った時は「フル○ンで逃げるわけにもいくめえ」とそのまま湯船に浸かっておったよ。

lockedroomlockedroom 2007/07/14 20:20 停電一週間は凄いですね……。確かに子どもにとってはTVを観られないというのは辛い! 私も小学生の時、夕方にやっていたアニメ『北斗の拳2』の最終回が停電で観られなくて、残念だったんですよね……(いまだに最後どうなったのか知りません・笑)。

globalheadglobalhead 2007/07/14 23:30 あやさんが北斗の拳好きな女子だったとは!オレの場合TVの故障で「スーパーロボットレッドバロン」の最終回が観られなくて号泣していた思い出があるなあ(スマンおじさんの世代の特撮ロボット番組だ!)。あと停電の時ドリフの「8時だョ!全員集合」が観られなかったのがかなり辛かった!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070714

20070713(Fri)

globalhead2007-07-13

[]大宇宙大馬鹿大阿呆教 大宇宙大馬鹿大阿呆教を含むブックマーク 大宇宙大馬鹿大阿呆教のブックマークコメント

「バカタレ」「アホタレ」「ハナタレ」「シミッタレ」「アマッタレ」「ヘタレ」など、世間一般では”タレる”ことには碌な意義がないと思われているようである。しかし鼻(水)が垂れるのは判るとして、”馬鹿”や”阿呆”が「垂れる」とはいったいどういう事態なのか。それは”馬鹿”や”阿呆”と目される人物のその”馬鹿阿呆成分”が、あまりの量である為体内で飽和し溢れ返り、目や耳や口や鼻や体中の毛穴からじわじわと垂れてくる状態を指しているということであろうか。全身から”馬鹿”なら黄緑、”阿呆”ならからし色の不気味な液体をたらーりたらりと垂らして「グヘヘ」などと笑っている人物などいたらこれはもう既に「バカタレ」「アホタレ」状態であると認めていいということなのであろうか。これではまるで致死率100%の恐ろしいウィルス感染者のような有様である。要するにそれだけ「アホタレ」「バカタレ」は危険な存在である、ということを言い表しているのであろうか。

しかしここでもう一つ語義の違う「垂れる」がある。これは「垂訓」など教えや恵みをもたらすという意味の「垂れる」である。「バカタレ」や「アホタレ」の”タレ”がこちらのほうだとしたら意味が180度違ってくる。つまり馬鹿であることの教えを説き阿呆であることの恵みを伝え、そして馬鹿であることの喜びを分かち合い阿呆であることに感謝するのである。馬鹿の徳を讃え阿呆の慈しみに身を委ねるのだ。

このように「馬鹿の教え」「阿呆の教え」といったどこか宗教的な意味合いさえ持つ言葉になってしまうのである。「馬鹿アホ間抜けは幸福である」とまさにキリスト教でいう”山上の垂訓”に似た教義がここで展開されるのだ。だからもしもあなたが誰かに「バカタレ!」「アホタレ!」などと言われたとしてもそれは叱咤罵倒の類ではなく、「あなたに馬鹿の誉れあれ」「あなたに阿呆の光あれ」といった”大宇宙大馬鹿大阿呆教”の慈愛に満ちた祝福だと思えばいいのだ。そう、お馬鹿の世界には喜びが、ド阿呆の宇宙には安らぎが待っているのだ。だからこそ今、あなたにも”大宇宙大馬鹿大阿呆教”をお薦めするしだいなのである。ちなみに本尊はこのオレである。(勧誘だったのか!?)

[]13日の金曜日 13日の金曜日を含むブックマーク 13日の金曜日のブックマークコメント

  • 今日だけ《13日の金曜日》バージョンでお送りする”メモリの藻屑”であります。
  • とか言ってこの映画まともに観たことが無いんだが。
  • 「書く事無い」と言っておきながら夜中に更新しているオレは何者なのか、と。
  • しかし悪趣味だなあオレ…。
  • 今日一日仕事すればあとは3連休だ!…日記も休みたいんですけど…ダメ?
  • 予定としては恍惚と官能のゲーム三昧な日々をおくっていることでしょう。観たい映画も無いんだよなあ。お金も…無いんだよなあ…。
  • 最近アイスティーばかり飲んでいる。
  • あと誰かがカロリーメイトのポテト味が旨いと言っていたので、残業中はこれをポリポリ。悪くないっすねこれ。

lockedroomlockedroom 2007/07/13 00:54 日記を休む……? 駄目でーす!なんて。嘘です(笑)。ゲーム三昧ですかぁ。私はとうとう“アレ”を読もうかな、と。ゴゴゴゴゴ……。早く休みになってほしいですね。あと1日頑張りましょー!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/13 01:08 更新しない?ダメです。てか絶対更新してる筈。ポテト味美味しいでしょ! チョコ味はなにだし、チーズ味は2本で胸がいっぱいになるし。ポテト味はビールにもコーヒーにもアイスティーにも合うの。

globalheadglobalhead 2007/07/13 01:59 >あやさん
いえ、「日記休む」と書いても書いちゃう難儀なヒトなんですオレってヤツは…(何故だ何故泣いているんだ)。でもクリアしてないゲームが増えてきたのでやらなきゃな、と。積読している本は…むにゅむにゅ。それにしてもいよいよゴゴゴ行きますか!あと一日頑張りましょう!

globalheadglobalhead 2007/07/13 02:06 >レイジーさん
はい、オレの「日記休む」は殆ど「羊飼いと狼」の狼少年状態となっております。そのうち誰も信じてくれなくなる、というか、既に誰も信じてない…。しかし誰も信じなくなってから狼が登場したように、オレの言ってることもそろそろホントになるんです!多分…。

ヾ(=ΘΘ=)ノヾ(=ΘΘ=)ノ 2007/07/13 15:27 うはー、なんか怖そうなサイトに変身しているぅ。。
フモさんみたいなインドアの人、もしも台風で長時間停電になったときには、一体どうやって過ごすんだろう、と思いました。(←30分の停電が苦しかった人の発言です;;)

globalheadglobalhead 2007/07/13 17:28 台風で大変なタマさんご無事ですか!?今日だけホラーテイストに!と思ったんですがなんだか気に入ってしまって、元に戻すのが勿体無いなあ。しかし台風で怖いときに怖いもん見せてスマン!
長時間停電!昼間なら本読んでるしかないですなあ。夜は酒飲んでさっさと寝ちゃうかな。もしかしたらロウソクの炎にブツブツ語りかけているかもしれない!?そういえば昔オレの田舎で一週間停電、なんてことがありましたよ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/13 23:53 やっぱり書きたしてるし・・・。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070713

20070712(Thu)

globalhead2007-07-12

[]はてな障害しまくり情報 はてな障害しまくり情報を含むブックマーク はてな障害しまくり情報のブックマークコメント

自分の日記を開こうとしたら「そんな日記はありません」とけんもほろろにはてなさんのアナウンスが。「?」と思いオレの日記に関わるいろんなサービスを開こうとしたら今度はログイン出来ないではないか。おおこれはいったいどうしたことだ。ひょっとして誰かとってもワルイ人にオレの日記が消去されてしまったの!?イヤ〜ン!

などと軽い被害妄想に至ったものの、気を取り直してはてな障害情報を見るとかなりの規模で障害が出てるという事実が。へえ。しかし理由が分かったからと言ってオレの日記が全て消えちゃったかも、という疑念は決して消えはしない。はてなはやるときはやるよ!そして考えたのは「オレ、日記が全部消えちゃったらどうしよう?」という事だ。うむ。しかしどうしようもこうしようも、消えた日記を戻す事ができないのならグダグダ考えても無駄だ。オレは諦めが早いのだ。それ以前に何が何でも復旧しなければならない重要なことが書かれているわけでもない。日記で知り合った多数の人とは既にリアルでも連絡が取れるからそれは困らない。日記しか知らない人とは縁があればまた日記を読む事が出来るだろう。ダメならもう読むことは無いだろう。ありがとうさようなら。まあなにしろ執着心も薄いんでな。

日記もアンテナもブクマも皆消えて、で、オレはどうするんだろう、と考えたが、きっとまた日記を書いちゃうんだろうな。でもきっと今度書く日記はもっと簡単になるだろう。IDはglobalheadじゃなくfumoとかfumofumoとかもうちょっと自分らしいものにしよう。しかしこれって何かに似てるな。大病して臥せって、命は取り留めたけれども、病床でこれまでの人生やこれからの人生を考える感じというのかな。…なーんて考えていると、はてなは何事も無かったようにいつもの状態に戻っていた。お前はもしかしたらメモリの藻屑となって消え去っていたのかも知れないんだよねえ、と自分の日記を見ながら思う。ヤベエ。自分の日記に語り掛けるなよオレ。そうか、やっぱり、執着は、あるんじゃん。

[]ウェス・クレイヴン's カースド ウェス・クレイヴン's カースドを含むブックマーク ウェス・クレイヴン's カースドのブックマークコメント

f:id:globalhead:20070711232315j:image:leftこの頃いつにも増して日記を書く気力が無い。随分と前から「書く事が無い書く事が無い」とぼやき続け、どうでもいい事柄に無理矢理言葉を搾り出し、あーだのうーだの無意味な間投詞を入れて文章を水増しし、そうやって誰に頼まれた訳でもないのに益の無い無駄な苦労を自らに強いて日記を1本仕上げるのである。そうだ、こういうネタの無い時はDVDでもレンタルして、たいしたことのない映画のカンソーを意味ありげにグダグダと書き散らかすに限るわい、と、いつものように穴埋め記事を作る事を思い立ったのだ。

しかしレンタル屋に行くとなんだか長くてダルそうな映画や、カンソーさえ出なさそうなダメ映画や、カンソーブンを書くのに労力の要りそうな社会派ドキュメンタリーばかり並んでいるではないか。いかん。これでは穴埋め記事が出来ない。サクッと観られてサクッと記事の書けるもの。そうだ。ホラーだ。オレにはホラーがある。そう思って棚を探すと、《ウェス・クレイヴン's カースド》の名が。おおウェス・クレイブン。《エルム街の悪夢》他ホラーの良作を作り続けたこの監督の作品なら間違いあるまい。しかも脚本はクレイブン監督のあの大傑作《スクリーム》のケヴィン・ウィリアムソンではないか。なんだか作品名は聞いた事が無いのだが、一応劇場公開はされてるみたいだし、何の話題にもならなかったとしてもホラーではよくあることだ。

という訳で1本借りると例によってピザ食いながら観ていたのである。どうやら映画は現代の狼男を題材にした映画らしい。ティーンエージャーの弟とTV製作会社に勤める姉を主人公にしているらしい。この姉がなんだか陰気臭さが骨の髄まで染み込んだ女子で…って、よく見るとクリスチーナ・リッチはないか。さすがアダムス・ファミリー、陰気なわけだ。舞台はハリウッド、最初のシーンがマルホランド・ドライブで、ちょっとリンチを思い出すオレであるが、おお、いきなり車の事故!そして怪しい影!怪我をした姉弟は体に異変を感じ…って、要するに狼男になっちゃうんだろ。…なんかウダウダしてるな…。だから狼男なんだって。早く気付けって。…。テンポ悪い…。…。ああ終わった…やっぱりグダグダだった…。

という訳でカンソーを書く気にもならないグダグダのホラー、《ウェス・クレイヴン's カースド》であった。ウェス・クレイブンどうしてこんなもん作ったんだろうなあ…。あ、そうか、オレと一緒で、クレイブンも「撮りたい映画が無い」とぼやき続け、どうでもいい映画を無理矢理搾り出したんだろうなあ、と思ったんであった。映画監督が何のイマジネーションもインスピレーションもなく惰性で作った映画。オレの日記と一緒ではないか。そう気付くと「人の事は言えねえなあ」となんだか哀れになり、貶す事さえできなくなってしまったオレであった。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/12 15:16 私のとこにも、はてなから、何だか英文のメールがきました。アイ アム ソーリーって書いてあるから、なにか謝っているんだろうけど、日本語にしてほしいな。

globalheadglobalhead 2007/07/12 15:49 はてなから英文メール?はて面妖な。Hatena じゃなくてHaiena とかHatona とかになってない?(しかしはてなって「T」を「I」に変えるとハイエナになるのね…。)オレもたまにAmazom.comなんてところから英文で変なメール来るけどな。あれはフィッシング詐欺なのかな。あとはレイジーが国籍をマーシャル諸島とかナミビア共和国なんてはてなに登録していたからだとか(国籍の登録なんかなかったな!)。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/12 17:25 国籍は「M78星雲」。なんかねぇ、携帯から日記を送信する時に経由する、メールデリバリーシステムってのがあって、そこが何かを謝ってるけど、別に影響は出てないから放置。

globalheadglobalhead 2007/07/12 18:13 ということはレイジーの正体は…ウルトラの母!?

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/12 18:49 実は14万歳。胸からマミィ光線も出せる。

globalheadglobalhead 2007/07/12 19:24 「14万○○歳」と言わないところに女の恥じらいを感じたぞレイジー!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/12 19:57 見透かされた(悔)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070712

20070711(Wed)

[]虐殺器官伊藤計劃 虐殺器官 / 伊藤計劃 を含むブックマーク 虐殺器官 / 伊藤計劃 のブックマークコメント

[rakuten:book:12080686:detail]

近未来。米情報軍の暗殺部隊員クラヴィス大尉は、様々な国で作戦を展開しながら民族虐殺の影に暗躍する男が存在する事を突き止める。クラヴィスはプラハ、インド、アフリカとその男を追跡してゆく。

軍事SFということで陰謀と硝煙が渦巻くアクションスリラーを期待していたが、作品の主題はそこでは無かったらしい。人々の深層心理に影響し虐殺を促してしまう”言語”がこの物語の核となる部分であるが、アイディアとしてはそれほど目新しいものではない。『攻殻機動隊』では”強制言語”という形で物語の中の瑣末なアイディアとして使われているし、ニール・スティーブンスンの『スノウ・クラッシュ』は人類全てに共通するアーキタイプの言語を発見した者が”言語による支配と破壊”を行おうとする物語だった。近未来SFガジェットもギブソンやイーガンほどの強い印象を残さない。むしろこの作品で散見したのは登場人物のナイーブさと過剰なセンチメンタリズムである。

主人公クラヴィスは暗殺部隊に所属し精神療法による”感情遮断”を処置されているにも拘らず、物語内において執拗なまでに母の死に対する悔恨を訴え続ける。これは物語序盤のみならず終盤までしつこいぐらいに語り続けられる。同僚の隊員も職業軍人でありながら戦場に”地獄を見た”と言ってあっさり自殺してしまう。戦場の死体の描写も情緒的であり、これもいかに惨たらしいかということを繰り返し語る。確かに戦場は地獄であり死体は惨たらしいものであるが、職業軍人として他国でさんざん暗殺作戦を繰り広げてきた暗殺部隊員の、このナイーブさはなんなのだろう。これでは軍人の視点であるとは言えない。主人公の”20世紀の映画好き”で”文学部卒”というキャラクター造型も今作に必要なものであるとは思えない。強制徴用された民兵ならいざ知らず、仮にも合衆国に忠誠を誓い軍人であることをその生業としているのならば、少なくともこの物語で語られるような脆弱なメンタリティを持った人間が勤まるはずはない。というより、ここまで迷うなら軍人辞めろよ、と言いたい。

ナイーブで感傷的な視点、これは作者本人の視点ということなのだろう。即ちここで語られる心情も思想も作者本人のものなのだといってもいいのではないか。勿論小説作品で主人公=作者であることはままあることだし、その中で自分の世界観を語ることを禁止するものはない。しかし問題なのは、この作者個人なのであろう主人公の内面描写が、軍人というもののメンタリティとしてみるとつり合っていないという部分である。心情吐露する際の文章の書き方が無防備で散文的なのだ。そしてこの”作者の視点”なるものが、エンターテイメント小説として読むのであるのならあまりにも”青臭い”。そしてその”視点”が個人的なものを超えないのだ。

戦争が恐ろしいのは人が人を殺す事ではない。戦争が恐ろしいのは、戦争になれば”誰もがそれが当たり前のように”人を殺す事である。1992年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争では内戦が始まった途端、それまで平和に生活していた隣人同士が民族が違うというだけで突然殺し合いを始めた。その殺戮には作者の考えるような人間的倫理など軽く消し飛ぶような絶望的な憎悪と狂気がある。これが人間だ、というつもりは無い。しかし人間にはこのような暗い獣じみた残虐さがどこかに眠っているものなのだ、と言う事は出来る。つまり、この自分でさえも、戦争になれば、平然と人を殺すだろう、ということだ。それが戦争の怖さなんだ。しかし主人公は殺戮の只中におり職業として自らも手を下しているのにも拘らず、自分だけが無垢なナイーブさの中にいようとし、死んだ母親への懺悔のみを己が免罪符のように感傷的に語る。あたかもこの世界で自分だけが傷ついているかのように。そして”衝撃のラスト”なるものはこのエゴイズムの拡大再生産でしかない。これでは偽善的ではないか。そこが作品として納得できなかった。

ただ逆に、この視点をそのまま文民のものだ、とするのならまだ共感すべき点もあるのである。戦争をするもの、それに巻き込まれるもの、様々な立場や視点があるはずだ。作者はただ自らの視点を語るのではなく、「誰の、誰による視点であるか」を明確にする事により、読者に感情移入を促すべきだったのではないか。小説を書く上でまず考えなければならないのはこの”視点”を選ぶことであると思う。その点ではこの『虐殺器官』は、独善的な一人称視点が”戦争”というグローバルなものを一個人の感傷的感情のみに矮小化させたことで失敗しているのではないだろうか。

kadockkadock 2007/07/12 02:19 この作品僕も一昨日読みました。僕が思うに全部記号なんです。登場人物、テーマ、設定、章分け総て既視感があって、それが記号。筆力もあるようでない。いきなりどこかから借りてきた言葉が並ぶ。エンディングなんて地獄絵図にセンチメンタリズムでさえが記号。でもその記号体が意外にうまくまとまっていて読ませるんですよね。だから最後までいっちゃう。読み終わると決して嫌な読後感ではないんです。それって才能かなと思います。一応デビュー作だしもう少しだけ付き合ってあげようかなって思ってますが。FUMOさんは付き合いますか?

globalheadglobalhead 2007/07/12 10:01 おおkadockさん。オレはどうもこのウジウジした冗漫な文章が苦手でした。だから後半は自己言及の部分は飛ばして読みましたよ。そうしたら物語の骨子自体はオーソドックスなSFとして悪くは無い。結局シェイプアップが必要な文章なのであり、あの頁数の半分でこの物語は語られるべきだ。むしろ脇役の人物造形や組織構図は描写が足りない。描写が足りないからそれぞれの舞台はピンポイントで狭い。結局主人公は自分のことしか興味ないし、ラストはああだし、内向的な青年が至りやすい精神構造と世界観がそのまま小説になってるなあ、そういった意味で青臭いなあ、と感じた。まだまだアマチュアの臭いがする。だからあとはいい編集者が付けばいいのかもしれないですね。ただ今後もこの作者で読むかというと謎だなあ。

FuetaroFuetaro 2007/07/12 10:34 フモさんの感想を読んで、主人公がGoWのマーカスだったらと想像してしまった。あんな屈強なタフガイだったら話が成立しねぇよなぁ、とか。

globalheadglobalhead 2007/07/12 11:30 そうなの。成立しないの。まあマッチョである必要は無いけど、主人公は実戦の精鋭部隊な訳だから、この精神状態だと精神鑑定で作戦から外されるわな。だから、文民か、もしくは諜報部の事務屋とかだったら、この主人公のメンタリティはまだアリなの。だから視点って書いたのね。その根本の所でちぐはぐなんじゃないかなあ、と思った。

FuetaroFuetaro 2007/07/12 11:33 なるほど、納得です。

globalheadglobalhead 2007/07/12 12:32 しかし☆機能、なんだか分かんないで自分の記事で連打したら☆いっぱい付いてしまって恥ずかしい…。

kadockkadock 2007/07/13 00:38 このウジウジした冗漫な文章、ねらいだと思うんですよ。この主人公のVisionを読み手に納得させるにはウジウジしないと難しいじゃないですか。どう読んでもミリタリーSFとしての体裁はとってるとは言えないから。そのあたりをどう捉えるかで評価が変わるんじゃないかなぁ。なんでも映画評論とかでは有名な人らしいですね。

globalheadglobalhead 2007/07/13 01:55 プロフィールでは「1974年東京都生まれ。武蔵野美術大学卒。webディレクター。」とありますね。実ははてなでも日記書いておられるんですよ。映画の評論が多いようですからこちらの評判じゃないでしょうかね。

sambosambo 2007/07/19 07:42 はじめまして、通りすがりの者です。
主人公の視点=作者本人の視点かな?と最初は思ってたんですが、心理療法で罪悪感を切り離す描写があることと、繊細さそのものがラストで最悪の事態を引き起こしているあたりで、独善性も感傷的感情も客観視できてるように思います。射撃音を聞きながらピザ喰ってるあたりとか。
あと、軍もヤバイ奴入れちゃったなあ、と気づいたときには最先任になっちゃったし人不足で辞めさせるわけにもいかずウィリアムズに命じてオフにも訪問させて監視させてたとか。
まあ好きな人はどこまでも擁護するし、引っかかってたらどこまでも引っかかるんでしょうね。頭文字Dとかときメモとか。

globalheadglobalhead 2007/07/19 15:46 コメントありがとうございます。いやー、「引っかかってたらどこまでも引っかかる」っていうのは確かにその通りで、一人称「ぼく」が初っ端から「かあさんかあさん」言っていた所でまず駄目でしたね、しかもそれが最後までなんだもん。君はリリー・フランンキーか?などと突っ込み入れたくなりました。ラストに至っては「かあさんを殺したぼくを罰しない世界は滅んでしまえ」という所謂セカイ系のお話な訳で、エヴァのシンジ君ならまだしも成人男子がそれじゃマズイだろ、なんて思いました。なんだか成長しきってない、子供じみたところが厭だったんでしょうね。主人公のこういった性格造型に共感できず好きになれなかったというのがあまり評価できなかった理由です。まあそこを読む小説ではなかったというのが本当なのかもしれませんが、最後まで気になってしまいました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070711

20070710(Tue)

[]悪魔のいけにえ2(完全版) 悪魔のいけにえ2(完全版)を含むブックマーク 悪魔のいけにえ2(完全版)のブックマークコメント

もういちいち説明したくない極悪ホラーの金字塔『悪魔のいけにえ』の正統なる続編がこの『2』である。『テキサス・チェーンソー』も『(同)ビギニング』もリメイク&焼き直しなので、本当の”いけにえスピリッツ”を受け継いでいるのはトビー・フーパーが監督したこの『2』である、ということで皆さんよろしいであろうか。そしてこの『2』、以前¥1000という超廉価版で発売されていたのだが、今回特別完全版ということで¥4000ぐらいの値段で再発なんである。即ち完全マニア向けだ。そして¥1000の『2』を持っているにも拘わらずこの完全版も買っちゃったというのは誰あろうこのオレ様である。ちなみにロメロの『死霊のえじき』もDVD2枚持ってるよ!

なにしろ”1”がああいう作品だったから、この『2』はそれほど評判は高くない。というか、この『2』、殆どコメディなのだ。だが個別の作品としてみると見るべき所が多い上に、”1”と同じものを作りたくなかったという監督トビー・フーパーの心意気というかヒネクレた性格がなかなかに伝わってくる意欲作なのである。フーパーはあまりにも話題になってしまった”1”を壊したかったに違いない。そして出来上がった映画は実に壊れていて楽しい出来になっている。

なにしろ登場人物がみんなキチガイなのは前作と同じとしても、この『2』の狂気はコミックブックのようなスラップスティックな狂気なのである。まずはレザーフェイス、”1”では意思疎通不能の危険な猛獣であり化物であったが、今作では単なる力馬鹿の知恵遅れだ。おまけにチェーンソーを高々と頭上に振り上げるアクションの時はなぜかヘコヘコと腰を振るのである。ヒロインの股間にチェーンソーの歯を突き立てて興奮するシーンなどがあるのを見ればわかるように、チェーンソー=男根という、あからさまにフロイト的メタファーが描かれている。しかも今回はスーツ姿で登場だ!おまけにヘアスタイルが寝癖なのかなんなのか爆発している!この姿が実にもうコミカルだ!

これに対するはレザーフェイス一家に復讐を誓う連邦保安官のデニス・ホッパーだが、これも映画が進んでいくうちに、単なる危ないオッサンでしかないことがバレてゆく。だいたいデニス・ホッパーで、危なくない訳が無いのだ。もうキチガイにはキチガイを、というやつである。何しろ今作いちの爆笑ポイント、それはデニス・ホッパーの腰に下げた二挺拳銃ならぬ二挺チェーンソー!これでレザーフェイスとチェーンソーのチャンバラを演じるのだ!それ以外の見せ場は「ウガーッ!」とか言いながらレザーフェイス一家の地下秘密基地の梁をチェーンソーでぶった切りしまくったりとかな!要するに破壊行為以外何にもしていないのだ!おっさん、あんたこの戦いが終わったらポケットから出した青いベルベットに頬ずりして「ママーッ!ママーッ!」とか喚くんじゃないだろうな!

あと特筆すべきはレザーフェイス一家のチップチョップだかチュッパチャプスだかいうキチガイ!こいつはベトナム戦争だかの怪我で頭の一部がスチールプレートになったサイコ野郎だ!で、いつも鉤爪を持ち歩いていて、それを使ってスチールプレートと本物の肉の境目に出来るカサブタだか肉芽だかをこそげとってはペロペロと食っちゃうのだ!ぐっはぁ!メチャキモー!(嬉しい悲鳴)よくもまあこんな気色悪いキャラを考えたもんだ!(賞賛)もう一人レザーフェイス一家のミートソース親父はルックスこそ普通だが、レザーフェイスが屠った犠牲者をミートソースにして売り出し、死体を見ると「いい肉だ!いい肉だ!」「わしにはいい肉を提供する義務がある!」などと喚くという、やっぱりナイスなガイキチオジサンだ!そしてそんな彼等が根城にしている”レザーフェイス秘密基地”の地下納骨堂を遊園地にしちゃったような悪夢的な美術がまた秀逸!この美術だけでも見る価値があるだろう。

惜しいのは主人公であるヒロインがいまひとつ魅力が無かったという所かな。しかしそんな彼女にもラストとんでもない見せ場があり、その唖然とするほどの馬鹿馬鹿しさには拍手喝采せざるを得ない!あれは笑うところなんだろうな!トム・サビーニの今見ると実にちゃちい特殊効果も味があっていいね。という訳でホラーファン必見の作品だからスプラッタ好きの皆は是非観てね!

■LEATHERFACE :Texas chainsaw massacre 2 Music Video

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070710

20070709(Mon)

[]XBOX360が… XBOX360が…を含むブックマーク XBOX360が…のブックマークコメント

Xbox 360(通常版)【メーカー生産終了】

Xbox 360(通常版)【メーカー生産終了】

XBOX360が壊れた!」と先日書いたオレだが、ようやっとサポートに電話したのである。いや、今までも電話していたのだが、かなーり混雑していてなかなか繋がらなかったのだ。うむむ、例の”故障率33%”という恐るべき情報にユーザーの皆さんが大パニックを起こしてしまってるんであろうか。どうも間が悪い時に壊れたもんである。

さてそのサポートだが、回線パンク状態のときは何故か英語のアナウンスが聞こえてくる!何故英語なんだ!?フリーダイアルが一回本国に繋がってる訳じゃないないだろうな!その状態をクリアすると今度は録音の案内を聞かされ、さらに「順番にお繋ぎしますから暫らくお待ちください」とずぅっと待たされるのである。マイクロソフトのカスタマーセンターというのはかなりしっかりしているという話を聞いたが、この繋がら無さはきっと予想をはるかに超える電話数ということなんだろうなあ…。Windowsのアクティベーション電話受付の担当の方とか回したら?などとよく分かんないくせに思ったオレであった。

さてやっと本物の人間の声が聞こえ「ヤタ!」と喜んでいたら今度は「こちらは受付担当のものです、今現在エンジニアにすぐ繋げられませんので、お客様のご都合の良い時間帯にこちらから再度電話させていただきます」とか言うじゃないか。録音でも人間の受付でも間に合わない電話件数!それにしても、マイクロソフトからオレのところに電話が掛かってくるなんて妙な気持ちじゃわい、と思いつつ数時間先に時間を指定して電話を切る。

さてその時間になり、待っていたらマイクロソフトのエンジニアさんから電話キターーー!!「XBOX360が動かないということでお電話頂きましたが…」電話の声はお兄さんのようだったが、君大丈夫か?と言いたくなるぐらいヘロヘロの声をしているじゃないか!お兄さん、今日は一体何百件の電話を取ったんだ…スマンお兄さん…と思いつつ、故障の症状を話す。

「ええと、音は出るんですが、画像が出なくなっちゃったんです」とオレ。「なるほど…ええと、AVケーブルのXBOXに指す側にですね…切り替えのスイッチがありませんか?」…えっ。そんなもん見たことも聞いたこともない。探してみたら【TV/HDTV】と書かれたスイッチが確かにある。「それを切り替えて、もう一度画像が出るかどうか確かめていただけますか」…確かめてみる…おおおおお!映った!映ったよお兄さん!しかし…と言う事は…故障でもなんでもなかったのね…。要するに、その程度のことだったのである。パソコンが立ち上がらない、とサポートに電話したら、電源コード抜けてませんか?と指摘されてその通りだったみたいに恥ずかしいぞ!スマンスマン、マイクロソフトよスマン!君のことを疑っていたオレを許してくれ!オレはサポートのお兄さんに篤く篤くお礼をし、ついでに「がんばってね!」などとエールを返して電話を切ったのだ。

と言うわけで今回の作動不良は全てオレの確認ミスだということなのであった…。皆さんお騒がせしました…(ってか誰も気にしてないと思うけど)。まあしかし怪我の功名じゃないが、今度こそ故障しないように、熱廃棄の良い置き方に変えたし、あわせてゲーム機まわりもちょっと片付けたし、まあいい教訓ってヤツかなあ…。さあ!これで安心してゲームが出来る!とオレはゲーム機にスイッチを入れ、ああ、シリアルナンバー読むために縦置きにしてたから横向きに変えよう、と、ゲーム機を傾けたら、「ガリガリガリ」と異音が!「!」CDを取り出すと、これもまた噂に聞いていた”盤面削り現象”が起こっちまった!うああああ!あわてて入っていた「デッドライジング」を再起動したけど…途中から読み込みません…。ねえ、オレが悪いの?オレが悪いの?サポートの人に余計な手間を掛けさせたからバチが当たったの!?

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/09 22:32 ええと、まず、ケーブル差し込み口付近のスイッチはいつの間にか何かの力で切り替わっていたって事ですか? 夜中にドールが動いているかもよ。そして、箱を横にする時は、電源を入れる前に(CDを入れる前に)横倒しにすれば良かったって事ですか?

globalheadglobalhead 2007/07/09 23:53 マジレスするとケーブル周り整理していた時に触っちゃったんだろうね、スイッチ。あまりにチッチャイ上に存在すら知らなかった。あと「箱を横にする時は」だけど、XBOX360はメリケンの作ったゲームマシンだけにアバウトな作りで、CD/DVD起動中に本体を傾けると、なんとトレイの中で変な擦れ方して、ディスクに傷が付いちゃうのだ!普通有り得ないよな!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/10 00:24 B型だっけ?

globalheadglobalhead 2007/07/10 00:27 XBOX360はX型だ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070709

20070708(Sun)

globalhead2007-07-08

[]第1回!チキチキ・ザッツ・イリュージョン!魅惑と興奮と幻惑の秋葉原ツアーオフ! 第1回!チキチキ・ザッツ・イリュージョン!魅惑と興奮と幻惑の秋葉原ツアーオフ!を含むブックマーク 第1回!チキチキ・ザッツ・イリュージョン!魅惑と興奮と幻惑の秋葉原ツアーオフ!のブックマークコメント

  • 昨日は秋葉原でお深いオフ会だったのだよ!
  • プロフェッサー・フエタロの先導の元、魔都秋葉原の秘密のベールに包まれた隠微と爛熟の饗宴を探検して歩いたんだ!
  • 砕氷船の如くアキバの街を突き進むパワフルなプロフェッサー・フエタロに付き従った探検隊の面々はパセヨさん、レイジーさん、そしてオレの3人だ!
  • 「ふうむ…この店のメモリは格安ですね…」「ほう…ここのジャンプは早売りですね…」あたかもトロイア遺跡で遺物を発掘するハインリッヒ・シュリーマンのように、はたまた本草学の図説を解読する貝原益軒のように、謎と危険に満ちた秋葉原に点在するお店の数々を吟味してゆくプロフェッサーの手腕を我々探検隊員は畏敬と感嘆の目で見守っていたのさ!
  • そしてアキバRPG攻略の最初の中ボスキャラはカラオケパセラだ!ここの野球部室みたいなお部屋でアニメしばりのカラオケ大会だ!プロフェッサーはマニアなセレクトソングでここでも我々探検隊員を圧倒していたのさ!オレは宇宙戦艦ヤマトを歌っていたよ!そういう歳なんだよ!美人のパセヨさんは何を歌っていてもやっぱり美人ちゃんでうっとりだ!あとレイジーさんの歌うアニメソングが何故か白黒アニメばかりだったことは決して誰も追及しちゃいけない事実だ!
  • カラオケを6時ごろ出た後、新潟からはるばる探検隊に参加する為馳せ参じたリンジさんを拾って呑み会だ!ここでリンジさんが北○鮮の秘密工作員に拉致されかけたことが判明!さらに実はリンジさんが北○鮮対策の為に隠密裏に作戦を展開している国家公○局のシークレットエージェントメーーンらしいということが明らかになったんだよ!でも勿論これはヒミツだから日記になんか書けないし書いたらオレは消されちゃうかもしれないから要注意だ!
  • そしてアキバと北○鮮とフリー○ーソンの関係やアキバ新開発に関わるユ○ヤ人謀略説、さらにNASAの月面着陸は海○堂のミニチュアで撮影されたフェイクだったという恐るべき事実などが開陳され、ディープ秋葉原の恐るべき実態に魂まで凍らんばかりだった探検隊の面々さ!
  • さてあらかた出来上がった探検隊員たちは再びカラオケパセラに侵攻!一日に二回同じ店でカラオケする難儀なオレ達!すっかり経験値も上がり得意の武器と魔法を携えて、今度はショッカーの部屋に乱入だ!そしてまたもアニメしばりのカラオケソングを喉も潰れんばかりに歌い踊り狂乱の夜は過ぎていったのさ!
  • と言うわけで皆さんお疲れ様でしたッ!またの機会をお待ちしております!

[]ここん所の日々 ここん所の日々を含むブックマーク ここん所の日々のブックマークコメント

  • 実は金曜日も会社の若いヤツらと飲みに行ってたので、二日連荘の泥酔野郎なオレであった。
  • さすがに二日間ガチで飲むと脳細胞の死滅度が幾何級数的に増加するのを生で体感したオレだ。
  • 即ち今日の朝は目が開いた後も数時間ぐらい頭カラッポでホゲラーとしていたのであった。
  • 「いつも頭カラッポじゃん」などと突っ込まないように。本人が一番知っている!
  • この「前夜酒を飲んだ量」と「翌朝ホゲラーとしている時間」を数学的に関連付けた公式が世に言う《ホゲラー関数》である。
  • ま、嘘だがな。
  • どっちにしろ昼過ぎまで沢庵石程度にも使い物になっていない状態のオレであった。
  • 髪切りました。現在ペルーのインディオのようなルックスになっております。勿論ワードローブはポンチョで決まりだ!
  • コンドルは飛んでゆく!
  • そして使い物にならないままもうすっかり夜である。ああ今日もまた無駄な一日であった…。
  • かつてキング・クリムゾンというロック・バンドは「混乱こそが我が墓碑銘」と歌っていたが、オレの場合「無駄こそが我が墓碑銘」ということになるのだろうな。
  • 要するにオレの墓には《無駄》と刻まれていると言うわけだ。
  • 無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!
  • ちなみに↑の語句でgoogle検索掛けたら約 3,400,000 件の検索結果が出ました。
  • まあ、無駄が出来るほうが豊かという考え方も出来るしな。
  • そうさ、優雅で典雅な生活なんだよオレは!
  • 高校生の頃、オレのガールフレンドは「人生なんて暇潰し」と言っていた。
  • いがらしみきおは漫画の中で「人生とは限られた人々と出会う限られた期間」と言っていた(多分)。
  • 亡くなられた漫画家の杉浦日向子さんは「40過ぎたら人生は余禄」と言っていた。
  • あとは余禄さ。
  • と言う訳でこれからまたビールかっくらってホラーDVD観ているオレだよ!明日も有給貰ってお休みのオレだ!
  • それでは皆さん、おやすみなさい。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/08 14:15 白黒だけじゃなかったからね!ちゃんと色付きも歌ったかんね! しかしアキバは奥深くてエグイなぁ。また近いうちに一人でほっつき歩きそうで怖い。

globalheadglobalhead 2007/07/08 14:22 日本でTV放送が始まる前のラジオドラマの主題歌も歌っていたぞレイジー!しかしレイジーが出没し徘徊する秋葉原には新たな都市伝説が生まれないかオレは固唾を呑んで見守っているところだ!

FuetaroFuetaro 2007/07/08 15:21 フモさんは歌うというよりも『ヤマトの諸君〜』とブツブツゆってただけという気がした。あとカラオケの選曲は全然マニアックじゃないのでゴメン!本当にマニアな局歌うとみんなを置いてきぼりにしちゃうからな!!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/08 16:05 土曜の夜になると出没する「アキバババ!」上空を見上げては「シュワッチ!」と言うらしい。ちょっと目を放した瞬間に何処かへ飛び去るらしい。「お仕置よ!」と言いながら、見境なくハリセンで殴るらしい。第四土曜日には昭和橋出口階段下で壁に向かって座禅を組み、エネルギーをチャージするらしい。うっかり神田明神で甘酒をすすっていたりもするらしい。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/08 16:13 書いておいてなんだが、昭和橋なんてあったっけか?

globalheadglobalhead 2007/07/08 19:27 >フエタロさん
お疲れ様ですッ!先日はありがとうございました。
>ブツブツゆってた それをバラしちゃいけない!
>マニアック まだまだ奥が深いということだったのか…。精進します…。

globalheadglobalhead 2007/07/08 19:27 >レイジーさん
それは強力な都市伝説だ!むしろ水木しげるキャラ!特にハリセンの言い伝えは怖すぎて近隣の小学校は軒並み休校&集団下校!しかしエネルギーチャージ状態のときが無防備なのでそこを攻めれば勝てる、と鬼太郎の妖怪ポストに手紙を書いて入れておいた!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/08 23:05 アムラー(古っ)とかシャネラーみたいに「ホゲラー」を流行らせよう! 勿論合言葉は「無駄」

paseyopaseyo 2007/07/08 23:42 あれはTV放送が始まる前のラジオドラマの主題歌だったのか…。
昨日はありがとうございました! 集まるたびにどんどん楽しくなりますね。またやりましょう。

globalheadglobalhead 2007/07/09 10:31 >レイジーさん
日本全部皆ホゲラー!ううむ、思いっきり平和になるか滅ぶかどっちかだな!

globalheadglobalhead 2007/07/09 10:31 >パセヨさん
最初「ラジオドラマのアニメ」と書こうとして「それって矛盾してないか?」と書き直したことはナイショだ!先日は楽しかったのでまたやりましょう!今度はなんの名目にするのか考えなきゃなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070708

20070707(Sat)

[]momokoDOLL Groovy Baby momokoDOLL Groovy Babyを含むブックマーク momokoDOLL Groovy Babyのブックマークコメント

『グルーヴィー・ベイビー』たんである。Aラインのワンピースが60年代っぽいレトロな雰囲気で、オレはなんとなくツィッギーなどを連想してしまった。しかしこの子、写真に撮るのが結構苦労した。Aラインドレスは広がった裾とそこからのぞく細い足、という対比が綺麗なフォルムを見せるのだろうが、その為には全身を写すかせめてスカートの裾の切れ目まで写さないと映えないのだ。しかし、Aラインドレスというのはポイントが下部になる為、動きのあるポースを作り難い。どうしても作ったようなポーズになる。そしてバストアップの接写をすると膨らんだドレスが体のラインを隠して何かツンツルテンに見え、締まらない画になる。さらに瞳が正面を向いているので表情を作り難く、これも動きが無いものになってしまう。そんなだったので結構な枚数は撮ったが、これはという写真にならなかったのがちと残念。あともう少し関節が動いてくれればなあ、とちょっと思ってしまったグルーヴィーたんであった。それにしてもオレがおニンギョ写真を撮るとオレが男だからなのかどれもマニッシュになる。鋭角的ではっきりした画面が好きだし。しかしオレのおニンギョ友達のでこぽんさんの撮ったグルーヴィーたんはやっぱり柔らかくて女性的な雰囲気の写真に仕上がっている。比べてみると面白いかもしれない。

f:id:globalhead:20070702185544j:image f:id:globalhead:20070702185353j:image

f:id:globalhead:20070702185438j:image f:id:globalhead:20070702185500j:image

f:id:globalhead:20070702185530j:image f:id:globalhead:20070702190723j:image

f:id:globalhead:20070702185559j:image

momokoDOLL Groovy Baby

momokoDOLL Groovy Baby

dekoponndekoponn 2007/07/07 15:16 ご紹介ありがとうございます。
私の撮ったグルービーさんとずいぶん雰囲気が違いますね。やっぱりフモさん撮る写真はどれもきりっとしてカッコイイです。なんだか別のお人形のようです。いやほんとに面白い。

globalheadglobalhead 2007/07/08 11:46 でこぽんさんの所のグルービーちゃんがオレのよりも全然可愛く写っていたのでつい紹介しちゃいました。オレのはあんまり可愛く写ってくれないので一時はどうしようかと思いましたが、今は何故か壁紙になっております…。

ヾ(=ΘΘ=)ノヾ(=ΘΘ=)ノ 2007/07/09 00:22 momokoとは最近距離を置いているヾ(=ΘΘ=)ノでございます。いや、目の毒。これは実は結構好きなの。FUMOさんのは、凛々しいねえ。でこぽんさんのとの違いは、やはり前髪の撫で付け方でしょうかね。どちらもステキです♪

globalheadglobalhead 2007/07/09 10:32 おお、意外に人気のグルービーたん。オレのはなかなか可愛くならなくて…(泣)。そうか前髪だったか。でこぽんさんも「そこいじってみれば?」と言ってたな。その辺が難易度が高かったのか!お褒めいただいてありがとうでヤンス。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070707

20070706(Fri)

[]読んでないし読むつもりもないがちょっと気になるバカ本 読んでないし読むつもりもないがちょっと気になるバカ本 を含むブックマーク 読んでないし読むつもりもないがちょっと気になるバカ本 のブックマークコメント

■ルー 炎上!恥かけ、汗かけ、涙しろ / ルー大柴

ルー 炎上! 恥かけ、汗かけ、涙しろ

ルー 炎上! 恥かけ、汗かけ、涙しろ

ヘイエブリバディー!トゥギャザーしようぜ!トゥーマッチなテイストならルー大柴にも負けないFUMOとはミーのことさ!(…書いててメッチャ疲れるんだが…)という訳でルー大柴である。濃くて暑苦しくてクドい人である。全くオレの性格そのものである。こういうなんだか似ている所のある人間に対してはあまり見たくない、という気持ちが強い。自分もこのぐらい恥ずかしい人間なのだろうなあ、などということが客観的に見えちゃって厭なんである。かと言って嫌いという訳でもない。実は心の底ではちょっと応援しているオレである。
ルー大柴と言えば怪しい英語がチャンポンになった喋り方だ。この《ルー語変換》ではWEBページを簡単にルー語にしてしまう恐るべき兵器である。ちなみにオレの日記はこう(↓)なる。うーむすっかりルー大柴だ…。

《ルー語で書かれたオレの日記》

ルーブログ

■適当教典 / 高田純次

適当教典 (河出文庫)

適当教典 (河出文庫)

日本一の適当男・高田純次の人生相談らしい。だいたい適当をウリにしている人間に人生相談をするということ自体、既に人生を投げているということである。いったい何を期待しているのか、と言いたい。しかし逆に、適当でいいや、と思ったほうが楽なこともあるんである。そして案外、それが一番正しい道だったりもするんである。人生の殆どの悩みは、適当で良いことを適当に出来ないから悩みになっちゃうものかもしれないではないか。人一人の恣意で他人や社会など変えられるものではない。むしろ、自分の中の「こうしなきゃダメなんだ」という決め付けが実は自分をがんじがらめにしているだけなのかもしれない。その決め付けを”適当”にする事で楽になる事もあるんではないか、とオレなんかは思うんである。適当は深い、ということなのである。しかし適当にし過ぎて、嫁も来ず、安月給で、友達もいないまま、歳だけはどんどん取っていくオレのような人間もいるのであまり真に受けてもダメである。それにしても表紙がスゴイ。大きい画像でUPしておくから皆さんも楽しむがいいさ!

f:id:globalhead:20070705005506j:image

■ビバ! ひきこもり〜働いたら負けかなと思ってる

ビバ! ひきこもり~働いたら負けかなと思ってる~

ビバ! ひきこもり~働いたら負けかなと思ってる~

「ひきこもるための30のヒント」が書かれているらしい『ビバ!ひきこもり』である。ひきこもり生活はミニマルライフなのである。生産もせず消費もしないというのならそれはある意味エコであるではないか。引きこもりは地球に優しいのである。しかしひきこもっているオレはアマゾヌで一杯買い物しているから実はエコでもなんでもないのである。パソコンも点けっぱなしだしな!結局全然地球に優しくないオレである。考えてみればホームレスの方なんかは究極のエコだな。もはや住む場所さえも捨てたある意味”ひきこもりを極めたひきこもり”ということが出来るのではないか。だからこれからエコを目指す人は別にホームレスにならなくてもいいけど単に消費生活止めて生活水準落とせばいいだけなのである。それ以外のエコなど「沢山食べてスリムになりたい」と言っているようなもんじゃないのか。オレは別にエコ興味ありませんが。

ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る

ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書)

ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る (宝島社新書)

いくら働いても報われない。由々しきことである。だがそういうオレなんか、昔からいろんな意味で報われたためしなんぞ無いんである。報われない時代が来る、ではなく、もう既にずっと報われてないのである。あとオレの場合、ワーキングプアというより、単にあんまり働きたくない、というのもあり、「気楽だったらプアでもいいや」という最初からやる気の無い人間なので、”報われない時代”とか言われてもあまり実感が無いのであった。酒とアマゾヌ止めれば15万ぐらいで生活できるかなあ。でもあと社会保障も止めなきゃならんのかな?などと下のほうへ下のほうへ想像を膨らます、自分の人生にハナっから夢も希望も持っていないのに呑気にしているオレであった。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/07 00:22 適当教典は購入予定。レジへ差し出す時、ちょっと恥かしいけど。

globalheadglobalhead 2007/07/07 09:54 純ちゃんファンだったのか!?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070706

20070705(Thu)

[]XBOX360が… XBOX360が…を含むブックマーク XBOX360が…のブックマークコメント

Xbox 360(通常版)【メーカー生産終了】

Xbox 360(通常版)【メーカー生産終了】

…壊れた!音は出るんだけど画像が映らない!あああああ!これからまた新作ゲームがいっぱい出るというのに!出るというのに!オレの人生どうなっちゃうんだよッ!もうお終いだあああッ!

…修理まわそう…。

[]人志松本のすべらない話 其之参 人志松本のすべらない話 其之参を含むブックマーク 人志松本のすべらない話 其之参のブックマークコメント

すべらない話もDVD3枚目であるが、内容はこれまでと変わらない一定水準の笑いをキープしてきている。今回は、これまで披露してきたすべらない話をもう一度披露する回があったのだが、「もうDVDで持ってる回の話を繰り返されてもなあ」などと思っていたら、収録中にどんどんルールが変更され、思ってもみなかった笑いが生まれたところが面白かった。でも確かにこのすべらない話、面白いんだけれども、これからもこの雰囲気でずっと続けられると飽きるかなあ。あと初回特典として、番組でカットされた部分を収めた完全版というのが付いていて、これはこれで面白かったのだけれども、最初から本編としてDVD収録してほしいよな。たいした手間じゃないだろ。TV関係の商品って微妙にこういうセコさがあるところがイヤ。

[]BLUE DRAGON ラルΩグラド(2) /小畑健鷹野常雄 BLUE DRAGON ラルΩグラド(2) /小畑健・鷹野常雄を含むブックマーク BLUE DRAGON ラルΩグラド(2) /小畑健・鷹野常雄のブックマークコメント

Blue dragonラル・グラド 2 (ジャンプコミックス)

Blue dragonラル・グラド 2 (ジャンプコミックス)

デスノの小畑健の「ラルΩグラド」第2巻。デスノと違って100%少年ジャンプお得意の”対決”モノになっちゃってて、決して出来が悪いという訳ではないが、これも小畑の絵があるから読んでるって感じだなあ。しかし女子の”乳”が何よりも好きな主人公、って、分かり易すぎで凄い。

[]ピザーラ こだわりの全粒粉ピザシリーズ新製品 ピザーラ こだわりの全粒粉ピザシリーズ新製品を含むブックマーク ピザーラ こだわりの全粒粉ピザシリーズ新製品のブックマークコメント

全粒粉生地を使った《ピザーラこだわりの全粒粉ピザシリーズ》の新製品が2種類販売されています。「バジルシュリンプと殻付きアサリ」「イタリア産辛口サラミと粗びきポーク」がそれ。ピザ好きでピザマスターと呼ばれピザ大魔王と恐れられているオレは勿論早速食べたんだ!

■バジルシュリンプと殻付きアサリ (Mサイズのみ 2,520円)

f:id:globalhead:20070705003524j:image

旨み凝縮されたあさりソースに海老・イカ・ホタテ・殻付あさりをたっぷりトッピング。特製バジルソースとフレッシュバジルを後のせして爽やかな香りも楽しめるシーフードピザです。
アサリソース
フレッシュバジル・殻付きアサリ・エビ・ヤリイカ・貝柱・チェリートマト・オニオン・粗みじん切りガーリック・ブラックペッパー・バジルソース

ピザの上に殻付きアサリ!聞いただけでもう邪魔臭いトッピング!注文するとこの殻付きアサリが蒸したてで別のパックに入って届けられます。当然ピザの上に乗せるときは殻を外して身だけ乗せたオレだ!やはりパックに入った生バジルが付いているのでこれも千切ってピザに乗せる!さらに別添えのバジルソースをかけて完成だ!いちいち面倒臭いピザなんだ!しかし食ってみるとこれがなんと実に美味い!かな〜りハズレの多かったこの《こだわりの全粒粉ピザシリーズ》の中で唯一美味いピザだと言う事ができるのではないか?シーフードピザってのは結構あるが、これにバジルソースというのもいいね。なかなか気に入ったのでこれならまた食べてみたいと思うオレなのであった。

■イタリア産辛口サラミと粗びきポーク (Mサイズのみ 2,100円)

f:id:globalhead:20070705003616j:image

粗びきポークとイタリア産辛口サラミをトッピングした夏にぴったりの辛口ピザ。別添えのシャッキリとした食感のレッドオニオンがこだわりです。
トマトソース
レッドオニオン・粗びきポーク・イタリア産辛口サラミ・チェリートマト・オニオン・パルメザンチーズ・粗みじん切りガーリック・ブラックペッパー・パセリ

イタリア産辛口サラミと言っているが実際の所単なるペパロニのピザなんじゃないか?という気がしてならないのである。厳選素材とかそういうのかもしれないが、それほど味の違いは判らなかったのである。千切りにしたレッドオニオンがパックに入って届けられるので、これを食べる前にトッピングするのだけれど、…別に最初から乗ってても構わない程度の味なんだよなあ…。辛口ピザということだが、基本的にオレはタバスコを山のようにかけて思いっきり辛くしちゃうんで、どの程度辛いのかも謎だった!これもフツーのピザだったなあ。

■これまで日記で紹介した《ピザーラこだわりの全粒粉ピザシリーズ》。
ルッコラとイタリア産プロシュートのサラダピザ&マルゲリータ
厚切りベーコンとほうれん草のとろ〜り半熟たまご添え
トマトとモッツァレラのトマトクリーム仕立て

PIZZA-LA HP

FuetaroFuetaro 2007/07/05 20:33 たしか筐体内の風通しが悪いと、GPUとDVDドライブの間に熱が溜まって、加熱されたGPU廻りのハンダが浮いてしまうというトラブルが構造上多発しているとかいう話を聞いた覚えが…修理上がってきたら風通しの良い処に置いてあげて下さい。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/05 22:30 私も男子の“  ”が好き。… さて、殻付きアサリと読んだ時点で、「食べずらいじゃん!」て突っ込もうと思ったら、ちゃんと別になってたのね。バジルソースは美味しいよ。パスタのジェノベーゼも好きです。

globalheadglobalhead 2007/07/06 01:17 >フエタロさん
360買ったとき廃棄熱が凄かったのと、背面のコネクタ類の配置が強制的に背後に空間作るように出来てたので、ああこれ熱に弱そう、とは思ってたんですけどねえ…。油断した!まだカスタマサポートは連絡してないんで修理はまだ先になりそう。それにしても、ゲームできない、と思うと前よりやりたくなるのは何故だ!?

globalheadglobalhead 2007/07/06 01:17 >レイジーさん
ジェノベーゼ美味しいよねえ。と言ってもオレはペースト買ってきて作ったのしか食べたことないんですが。でもあれも微妙にいろんな種類があって、松の実やナッツの入ったのとかこってりして美味しかったなあ。そして思いっきり沢山粉チーズ振るのよ!あんまり沢山掛けるから粉チーズ5回ぐらいで無くなる…。あと前話したかなあ、ピザとかパスタとか好きだから「オレの味覚はイタリアなのか!?オレの味覚的アイデンティティーはイタリアにあるのか!?性格もひょっとしてイタリアンなのか!?」などと勝手に誤解してイタリア料理の本買ってきて素直に挫折しましたよ。(時々何がやりたいんだか判らなくなるオレ)実はそれ以前は「オレの味覚はドイツなのか!?」とか言っていた過去もあり。ええ、これも単にソーセージとビールが好きだったからで…。

globalheadglobalhead 2007/07/06 01:40 >男子の“  ”が好き
…生き血?

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/06 02:43 ニ、ニンニクはやめて!

paseyopaseyo 2007/07/06 10:36 私の心の故郷は、料理の90%にトマトが使われているというエスパーニャです。にゃ。
>生き血
レイジーさん、ここのところお疲れ気味だからフモさんが協力してあげるといいと思うよ!

globalheadglobalhead 2007/07/06 12:26 >レイジーさん
十字架じゃなくて数珠の効きそうなヴァンパイアだな!

globalheadglobalhead 2007/07/06 12:36 >パセヨさん
エスパーニャ!何故かオレの部屋にはスペイン料理の本もあった!串焼きが多いということが分かっただけで、結局一つも作らなかったがな!そういえば以前パセヨさんの日記でモンゴル粥の話を読んだ時は「ひょっとしてオレの魂はモンゴルにあるのか!?」などとやはり逆上気味に食欲が昂ぶった覚えがあるが、つまり飯さえ美味ければなんでもいいということなのか!?ホント自分が何やりたいのか何処へ行きたいのか皆目分からん…。レイジーにはオレよりももうちょっと若い生き血がいいと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070705

20070704(Wed)

globalhead2007-07-04

[]ダイハード4.0 (監督:レン・ワイズマン 2007年 アメリカ映画) ダイハード4.0 (監督:レン・ワイズマン 2007年 アメリカ映画)を含むブックマーク ダイハード4.0 (監督:レン・ワイズマン 2007年 アメリカ映画)のブックマークコメント

良い子のみんな!なかなか死なないマクレーン警部補のダイハードが「4.0」になって帰ってきたよ!しかし「4.0」ってなんだろね!その後バージョンアップして「4.01」とか「4.0ServicePack2」とかが出るのかな!?いろいろと謎の多いタイトルだね!お話のほうは謎も何も無い単純明快のジェットコースターアクションムービーだから心配しなくても大丈夫だ!しかし前作から12年も空いたとはいえ、ダイハードファンのオレとしては復活は嬉しい限りだね。今回の敵役はサイバーテロリストだよ!ハッキングなんかしちゃうなんて悪い人たちだね!こういうオレ様もカワイコちゃんにハートをハッキングされた事があるよ!…さて座が白けた所でサイバーテロリストだ!交通や電気などの都市インフラを制御するコンピューターがハッキングされて都市機能が麻痺しちゃうんだ!都市システムがダウンすると現代なんて簡単に石器時代にもどっちゃうんだね!とっても怖いね!さてそこで登場するのが人間自体がもともと石器時代なマクレーンだ!とりあえず体力だけならキーボード叩くしか能の無いハッカーに勝るよ!でも敵ハッカーはジェット戦闘機の通信までクラックするツワモノだ!体力と知力、どっちが勝つか!?今回はハッカー少年も助っ人に立つから心強いよ!

という訳で『ダイハード4.0』である。このテのアクション物が大好きなオレには実に楽しめる作品でありました。もうなにしろハッカーの皆さんのせいで全米の機能が停止し、あたりはパニックに至り、マクレーンは敵と戦争状態で、銃撃・爆発・破壊と街中どこもかしこも瓦礫の山ですよ!何故軍隊が出てこないか不思議なぐらいだが、マクレーン一人で一個中隊ぐらいの戦闘力があるということか!?脚本はこれまでのシリーズで一番穴だらけだしアクションも有り得ないシチュエーションがあり過ぎではある。証拠隠しに小物ハッカーたちを次々と抹殺する所からサイバーテロの実態が浮き上がってくるのだけれども、どうせ通信も遮断されるし当局の記録なんて簡単に改ざん出来そうだし、わざわざ殺す必要なかったんじゃん?とか、発電所のシステムは閉回路だから外からハッキング出来ない為、中に乗り込んでゆくテロリストだが、ガス流通網を操作して発電所を爆破出来る位なら最初から爆破してしまえよとか、交通機関が麻痺している筈なのにラストでは高速道路をトレーラーでガンガン飛ばしてたりとか、それ言っちゃうとお話が成り立たないという部分でインチキしちゃってるのが惜しいかな。まあこういうのは勢いで観ちゃうんだよ勢いで!それにどんな無理っぽいシチュエーションも「兎に角この人は死なない人だし」と思えればとりあえずOKだ!だって丸腰で戦闘ヘリやジェット戦闘機とタイマン張って勝っちゃうんですよ?それを可能にしてしまうアクションシーンをひねり出してくれるのだから、細かいことはこの際大目に見よう!あと今作も小火器のバリバリ言う発射音がとてもよく再現されていて、「撃ち合い場面は射撃音が命」と思っているオレも納得の行く出来であった。まあなにしろとっても面白い映画だからみんなも観に行くといいさ!

出演者の話をするとマクレーン役のブルース・ウィリスが年老いたとはいえ餅は餅屋なダイハード野郎ぶりを演じていて、この人いろんな映画に出てるけど、やっぱり原点はここだよなあ、と思わせる好演。ハッカー青年マット(ジャスティン・ロング)もなかなか好印象で結構役柄的に雰囲気がはまっていた。敵役のスーパーハッカーの人(ティモシー・オリファント)は酷薄そうな表情がいいが今回はアメリカ人で、これまでの3作の敵役がヨーロッパ人らしい退廃の臭いをさせていて、それがダイハードの色だった事を考えると、ちょっと青いかな、という感じ。スーパーハッカーの恋人であり同じくテロリストのクンフー姉ちゃん(マギーQ)はオレ好みのオリエンタルビューティーであったが、ハッカーには見えねえかな。マクレーンの娘役の人(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)はちょいと活躍する場所が無くて地味であった。そして監督はレン・ワイズマンですか。この人『アンダーワールド』『同レボリューション』というビジュアルはいいんだがイマイチ物語的に整理されてない作品を撮っていた人で、どうかなあ、とか思ってたが結果的には大作続編の監督をそつなくこなしていたようだ。

ところで日本におけるサイバー犯罪はどういうものが多いかというと、1.オークション詐欺、2.猥褻画像配布、3.違法コピーソフトウェア、だそうである。…なんか意外とセコイ犯罪ばかりですね…。やっぱり都市機能を麻痺させるほどのハッキングってテロリストぐらいじゃないとやっても意味ないもんな。それにウィザードと呼ばれるほどのハッカーはお金には興味なさそうだし。さて1作目で超高層ハイテクビルを、2作目でワシントン・ダレス空港を、3作目でニューヨーク市を、そしてこの4作目でアメリカ全土を、と、作品毎にどんどんワルモノ達がパニックに陥れる範囲が広がってゆくダイハード・シリーズであるが、やはりこうなると5作目では地球の危機を救う事になるのかブルース・ウィリス!?しかしそれって『アルマゲドン』!?そして6作目では宇宙の危機を救うのか!?いやそれは『フィフス・エレメント』じゃないのか!?やっぱりこれでは敵役のインフレ起こしすぎだから、7作目は原点に帰っていたいけな少女を救うとかだな…。ああああこれは『シン・シティ』!?

■DIE HARD 4.0 Trailer

D

paseyopaseyo 2007/07/04 14:01 わかった、じゃあ、少し目先を変えてサイコスリラー風味にして時間軸を越えちゃったりしつつ世界を救う話にすればって、それは12モンキーズ…。

FuetaroFuetaro 2007/07/04 16:08 なんだか語尾だけ帰れば淀川長治になりそうな解説だと思った(いい意味で)。あと僕はブルース・ウィリスだとラストマン・スタンディングが一番好きです。

FuetaroFuetaro 2007/07/04 16:24 訂正 ×「帰れば」→○「換えれば」

globalheadglobalhead 2007/07/04 20:45 >パセヨさん
そう!マクレーンは世界を救うためなら時空も飛ぶダイハードデカ!しかしさらに次作では刑事を辞め、一人のチンピラとしてスクリーンに登場!そしてボクサーになりマフィアのドンに八百長試合を持ち込まれるが…ってこれはパルプ・フィクション!

globalheadglobalhead 2007/07/04 20:49 >フエタロさん
「ハイ、ダイハード4.0なんですねえ、シリーズも4作目になるんですねえ、なかなか死なないからダイハード言うんですねえ、そして!今回の敵はサイバーテロリストなんですねえ、怖いですねえ、怖いですねえ、街の信号がみんな止まっちゃうんですねえ、街中パニックになった所をブルース・ウィリスのマクレーン警部補が立ち向かってゆくんですねえ、それでは皆さん、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。」
よかった、水野晴郎って言われなくて…。(いやそれはそれでオイシイのか!?)

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/04 21:23 >4.01に吹いた(笑) もう、ほんの少しだけのバージョンアップで充分だよ。やっぱり丸腰や裸足で戦うには、ビルの中が限界だと思う。つまりダイハードは1が一番面白かったし、いままでにない衝撃敵なアクション映画だった様な気がします。あんなに強いのに、愚痴っぽい主人公はいないよね。

globalheadglobalhead 2007/07/04 21:32 人間の敵には銃使うくせにヘリコプターとジェット機には丸腰だった!確かにダイハードはシュワルツネガーやスタローンじゃないその辺のオッサンがブツブツ言いながら戦うのが面白かったよな。その点今回の4.0はちょっとスーパーマン過ぎたかな。でもオレこのシリーズ全部好きっすよ。確かに1のまとまりのよさは無いけれど、2も3もそれぞれカラーがあって好きだ!勿論DVDはトリロジーセットで全て所有!

20070703(Tue)

[]ララバイ / チャック・パラニューク ララバイ / チャック・パラニュークを含むブックマーク ララバイ / チャック・パラニュークのブックマークコメント

ララバイ (ハヤカワ・ノヴェルズ)

ララバイ (ハヤカワ・ノヴェルズ)

チャック・パラニュークは『ファイト・クラブ』の原作者といえばお分かりになる方も多いだろう。彼はこの作品の他にも非常にエキセントリックでユニークな作風の作品を執筆しており、墜落する飛行機の中で綴られるあるカルト教団教祖の物語『サバイバー』、セックス依存症の主人公と、オナニー中毒の友人と、西暦2556年からやってきたと言い張る恋人、という登場人物達が織り成す物語『チョーク!』など、『ファイト・クラブ』同様実に鮮烈な印象を残す作品が多い。彼の作風はそのファナティックな饒舌さと分裂症的な筆致、過剰で無意味なデータの羅列が特徴として挙げられるだろう。彼の作品は高度資本主義社会の中で、興奮剤を与えられたこま鼠のようにぶち壊れた踊りを踊る人間達の哀れさと滑稽さが主題となっている。ラストの熱死へと向って雪崩のように増大してゆく無秩序、この崩壊感覚がチャック・パラニュークの物語なのである。ただ彼の文章は読み難い。あたかも描かれた物語そのものを模しているかの如く、描写は唐突で痙攣的に飛ぶのだ。その混乱振りが読者に眩暈に似た感覚を起こさせる。それも彼の狙いなのだろう。

今作『ララバイ』でもその冒頭から意味不明のエピソードが積み重ねられ、読むものを煙に巻く。幽霊屋敷ばかり売る不動産屋。暗闇でミニチュアハウスを作り、それを壊す男。雲を操り空に文字を形作る女。そして物語は乳幼児自然死症候群の取材を続けるジャーナリストの主人公へとやっと辿り着く。そこで彼はそれらの事故に共通する事柄から、心で唱えるだけで人を即座に死に至らしめる『間引きの歌』の存在を知り、そして自らがその歌を会得してしまったことに気付くのである。主人公の回りに続々と築き上げられてゆく死体の山。良心の呵責に苛まれる主人公が助けの手を求めた先は奇妙なコミューンであった…といった物語。これだけ書くと何か『リング』や『デスノート』を思わせるホラー小説のようであるが、今回の作品で作者の主眼とするものは”死”を支配する事によって”権力”を得てしまった人間達が狂奔する姿を描く事にあったようだ。

人が他者に”死”を与える事は究極のエゴである。”死”は”生きる”という、存在の根源にあるものを根絶やしにする。殺すという事は相手の人間の生命のみではなく、その人間がそれまで培ってきた”歴史性”の全てを奪うという事だ。そしてそれは究極の権力的行為でもある。それは国家が集権的であればあるほど死刑執行者数が多いことからも窺えるのではないか。当然ながら死刑制度は人が人を殺す制度ではなく、国家が人を殺す制度だ。つまり死刑とは国家の権力顕示行為であり、権力の強固さを示す行為でもあるのだ。そして人は、”死”そのものよりも、そのような”権力”にこそ恐怖するのではないだろうか。「死ね」という言葉で死ぬ人間はいないが、「死ね」と言う人間の”権力的態度”が、人を恐怖させ不快にさせるように。この小説『ララバイ』では、”魔術”という形で図らずもそのような”権力”を得てしまった人間の悲劇と、同様に”魔術”を得たもの同士の権力闘争が描かれる事になる。

だがしかし、今作は”死”と”権力”というテーマの大きさを持て余したようで、物語がテーマに振り回され消化不良に至ってしまい、作者がどう結論付けたいのかはっきりしないまま終わってしまう。また、メインテーマとなっている”死による支配”と対比的に描かれる”愛による支配”というアイロニカルなテーマも、最初語られたままうやむやになり、結局は平凡なメロドラマに陥ってしまっているところに不満を感じた。グローバリゼーションにより現存種が外来種に駆逐され滅んでゆくアメリカの自然環境についての言及や、家族を失ったもの同士が擬似家族となって再びよりそいあう光景や、強大な”力”を消滅させる為に旅に出る、というあたかもLOTRを思わせるモダンファンタジー的な物語構造など、掘り下げてゆけば面白くなりそうな部分はいくらでもあったのだが、作者の持ち味でもある”様々な情報がガジェットとなって飛び交う描写”が今回は”集中力の無さ”へと裏目に出たようで、興味を引く部分も多かったが全体的には未完成さを感じさせる出来となっているのが残念である。

サバイバー (ハヤカワ文庫NV)

サバイバー (ハヤカワ文庫NV)

チョーク! (Hayakawa novels)

チョーク! (Hayakawa novels)

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/03 18:34 「チョーク!」と「ララバイ」は面白そうですね。文庫になってないかなぁ。

globalheadglobalhead 2007/07/03 19:24 今度会ったら持ってくるぜ!あとゲロゲロホラーDVDも付けて。

CHIKAKOCHIKAKO 2007/07/03 23:03 いつもながらフモさんのレビュー(たいていの「感想文」に、私は決してこの言葉を使いませんが)はすごいなあ。全く興味のなかった作家ですが「買うぜ!」と燃えました。でも単行本かー。図書館ひさびさにいこうかな。

globalheadglobalhead 2007/07/04 00:45 CHIKAKOさんお久しぶり!お元気でしたか。お褒めいただいて恐縮であります。アメリカ文学に詳しい訳ではないのですが、パラニュークはあちらでもそこそこの評価を受けている作家なのではないかと思います。ちょっと変わってるけどね。読むんだったら「サバイバー」をお奨めします。文庫になってるし、古本で探したらもっと安いかも。

CHIKAKOCHIKAKO 2007/07/04 21:50 サバイバー、さっそくamazonポチっとしてきました!ただでさえ「飛行機」と「カルト」のキーワードに弱い私ですが、フモさんのお勧めとあってはね。レビューを読んで最初に読むならこれだなと思ってたので文庫が出てると聞いて即買いです!明日届くらしく楽しみです!

globalheadglobalhead 2007/07/04 23:38 おおポチリましたか!なんだか責任を感じてきたぞ!CHIKAKOさんは映画「ファイトクラブ」は観られました?あのテイストが嫌いじゃなければ楽しめると思いますよ。それにしても「カルト」はなんとなく判るとして「飛行機」のキーワードはなんだろう…あ!ジェファーソン・エアプレイン!?

CHIKAKOCHIKAKO 2007/07/05 11:01 >飛行機
ははっ、エアプレイン、確かに。…ではなくってただね、古くは「エアポート75」、「大空港」のパニック映画やよど号事件、近年ではキングの「ランゴリアーズ」とか「エアフォースワン」とか、とにかく飛行機が出てくる話が好きなんですよ。
隣に座った人が着陸するまでに語った話…みたいな短編とか。ゴリゴリの航空小説はチョイ苦手。

globalheadglobalhead 2007/07/05 11:44 おおなるほど。しかしそういわれてみるとオレも航空パニック映画って好きですね。CHIKAKOさんの挙げた映画全部好きだったなあ。特に「大空港」は子供の頃TVで観たけど、メチャクチャ面白かった記憶があります。水曜ロードショーかなんかで、ノーカットで前後編2週に分かれてやったんじゃないかな。高空で飛行機に穴が開くと気圧の違いで外に吸い出されるって、子供心に物凄く怖かったですよ。それとキングの「ランゴリアーズ」なんてよく観てますね!?あれも面白かったなあ。もし観ていなかったら「タービュランス〜乱気流」なんてお薦めですよ。B級なんだけど実によく出来ていた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070703

20070702(Mon)

globalhead2007-07-02

[]今日も日記だった! 今日も日記だった!を含むブックマーク 今日も日記だった!のブックマークコメント

  • 今日は夏休みだったんですよ。7月8月で5日間夏休み取れるんですが、別に予定も無いので隔週で休んじゃおうということにしたんですよ。で、今日はその1日目というわけなんですよ。何やってたかというとそれは当然映画観に行ったに決まってるじゃないですか!オレがいったいどんなバカンス過ごすと思ってるんですか!南の島も海も山も興味無いですよ!ひたすらインドアですよ!インドアに決まってるじゃないですか!
  • …いったい誰に何に逆ギレしてんだオレ…。
  • しかし映画観るときってオレいつも1回目を観るんですよ。で、最近の映画って長尺物が多いから始まるのも早いじゃないですか。で、余裕見て映画館行こうと、電車乗ったらまだ出勤途中のサラリーマンのミナサマで一杯で。なんで休みなのに満員電車乗らなければあかんのか、と。
  • 映画館は今日は新宿。有楽町のほうが近いがちょっと飽きた。そして上映まで間があったのでロッテリアでハンバーガー食っていた。この歳になってもファーストフード大好きなオレであった。
  • 映画館のパンフレット売ってるお兄さんが訳分かんない位甲高い声で笑った。パンフレット買おうとしたらなんだか知らないけど一所懸命でこのお兄さんがちょっと好きになった。
  • あと土日は日記書きまくり、おニンギョ写真撮りまくっていたのであった。実は今日も映画から帰ってきた後日記用に写真撮っていたのであった。どうもオレの趣味は日記書きらしい…。特に沢山読まれている訳ではないし、これからPVが増えるということも無いと思うのだが、何がオレにそうさせるのだろう…。
  • そのせいか何故かゲームやってないんだが。
  • しかし「土日は日記休む」とか言っていたのはどうなったんだ?書いてますよ?あなた日記書いてますよ?これをどう申し開きすると?え?え?
  • そういえば以前日記書きたかったから飲み会断ったことがあったな…。
  • ”恋人は日記。”(フモ4○歳)
  • パソコン買った後に来たクレジットカードの請求を見る。これは覚悟していたからいいとして、狂ったようにアマゾンその他で買っていたのでワヤな事になっている。またもや耐乏生活の足音が…。
  • あとこの3日間何故か昼飯はホットドッグなのであった。
  • いくらでも書ける!どうでもいいことならいくらでも書ける!
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070702

20070701(Sun)

[]momokoDOLL 避暑地のメヌエット momokoDOLL 避暑地のメヌエットを含むブックマーク momokoDOLL 避暑地のメヌエットのブックマークコメント

避暑地である。メヌエットである。おおよそオレの人生には似つかわしくない二つの言葉が合わさった《momokoDOLL 避暑地のメヌエット》たんなのである。そして避暑地でありメヌエットである以上当然お嬢様の匂いをプンプンさせているmomokoである。きっとこのメヌエットたんは電車の切符を買った事がないであろう。何故ならいつも運転手付きの車で移動だからだ。メヌエットたんはセレブな子女なのである。写真のほうは避暑地っぽい写真が無くて、なんだかダークな空模様の写真をバックに使ったら、思いもよらずなんとな〜くヨーロッパっぽい雰囲気になったではないか。これはこれで映画の1シーンみたいで情趣があってよいな、と一人ご満悦のオレなのであった。

f:id:globalhead:20070630183337j:image f:id:globalhead:20070630181256j:image

続きを読む

[]プチブライス ナプアリコ プチブライス ナプアリコを含むブックマーク プチブライス ナプアリコのブックマークコメント

フラガールブラ子である。(…だからブラ子は止めたはずなんじゃないかと…)ナプアリコとは「小さなお花」という意味らしい。確かにプチブラ子は小さくて扱いが面倒である。だから写真撮るのが凄い面倒臭いんである。すぐボサボサになる髪、すぐ脱げる靴、すぐゆるゆるになるアウトフィット。いつもプチブラは泣きながら撮影してるんである。以上、愚痴。という訳で夏向けのプチブラであります。アロハー。

f:id:globalhead:20070701132639j:image f:id:globalhead:20070701132859j:image

プチブライス ナプアリコ PBL-75

プチブライス ナプアリコ PBL-75

dekoponndekoponn 2007/07/01 15:22 きゃー!フモちゃんが撮ると、メヌエットちゃん、きりりとなって麗しいわあ。まるで絵画を見ているようで……とっても、しゅてき。うっとり。

globalheadglobalhead 2007/07/01 15:37 どもども。いつもありがとうございます。でもなんかオレが撮るとどのmomokoも男らしくなるなあ…。製品写真のメヌエットたんはどれも甘くて可愛いのにねえ。さて次はグルービーたんの写真撮らないと…(コキコキ)。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2007/07/01 17:41 確かに、ホンワカお嬢様と言うより、ハーバード大学に留学してそうだ・・。そして将来は社交界デビューではなく、国連とかに勤めそう。

globalheadglobalhead 2007/07/01 19:00 わはは。撮影した人間のインテリジェンスが反映される結果となったようだな。(言わせてくれ言うだけならタダだから言わせてくれ)将来は1日200万ヒットのブログの女王になって「ギザカワユス」とか言っている予定。

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/07/02 18:30 なんか漂ってる空気が異国っぽくて好きだああああ。
肌の質感がキチンとメイクしてる感じがするなーあ。
プチブラも半泣きでいじってるFUMOさんを
想像しながら楽しみマシータ。常夏!

globalheadglobalhead 2007/07/02 18:41 ありがとうバナナ牛乳。実はこのあとまたおニンギョが届き、結局この3日間おニンギョ写真をずっと撮っていたオレだ…。半泣きを通り越してこれじゃおニンギョ廃人だ…。ねぎらってやってくれ…(ゲホゲホッ)。ってか始めるとなんで終わんなくなっちゃうのだろう…。

バナナ牛乳バナナ牛乳 2007/07/03 07:06 いやまじでねぎらいます。どーお返ししたらいいのか(´;ω;`)
とりあえず起床・正午・就寝前に 関東方面にむけて祈りでもささげます。
体調崩したらあかんで!ありがとう(´ロ`)ノシ

globalheadglobalhead 2007/07/03 11:55 わはは。それだけで十分だ!実のところ、バナナとは付き合い長いし、いつも楽しいコメント貰って励みにさせてもらってるから、逆にオレもバナナへのお返しみたいなもんなのだよ。いつも健康心配して貰って悪いな。とりあえずなるべく平日は酒抜いておこう。まあPC買ったから暫く粗食にも親しまねばならんしな…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20070701