Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20080226(Tue)

globalhead2008-02-26

[]牡牛座 レーニンの肖像 (監督:アレクサンドル・ソクーロフ 2001年ロシア・日本映画) 牡牛座 レーニンの肖像 (監督:アレクサンドル・ソクーロフ 2001年ロシア・日本映画)を含むブックマーク 牡牛座 レーニンの肖像 (監督:アレクサンドル・ソクーロフ 2001年ロシア・日本映画)のブックマークコメント

ソヴィエト社会主義共和国連邦成立前夜のある夏。モスクワ南東に位置するゴールキ村で、レーニンは療養を兼ねて滞在していた。1918年の暗殺未遂事件以来健康を害し、惚けの兆候も出ていたのだ。未だ革命と人民達への熱い思いは消え去ってはいないレーニンだったが、外界から隔絶されたこの地で、肉体も思考もままならないまま、焦燥だけが募ってゆく。そんなある日、一人の白い外套の男がレーニンを訪ねる。それは、後にソヴィエト連邦の権力者となり世界を震撼させる男、スターリンであった…。映画『牡牛座 レーニンの肖像』は1918年から24年に亡くなるまでこの療養所で過ごした、晩年のレーニンの姿に迫る作品である。

レーニンにしろスターリンにしろ、配役にはその肖像とよく似た俳優が使われ、また撮影も実際にレーニンが療養していた場所を使用したという。例え演じられた役柄とはいえ、スターリンが牙を隠した獣のようにのそのそと歩き、どこか慇懃な態度でレーニンに接する姿には、これが2000万人とも言われる大粛清を起こした男の姿かと思い慄然とした。また映画には、レーニンの妻であり同志でもあったクループスカヤ、レーニンの妹であるマリーヤも登場している。レーニンと彼の妻が仲睦まじく佇む姿は、この映画の中で唯一ほっとできる場面だった。音楽は殆ど使われず、ただ鳥や虫の鳴き声だけが響き、逆に療養所の静寂さを強調する。

特筆すべきは、その色彩構成と画面設計の異様さである。緑色のフィルターがかけられ、さらにコントラストのはっきりしない暈けた映像が最後まで続くのだ。この朦朧とし、時間感覚さえ掴めない奇妙な映像は、意識の混濁の著しいレーニンの視点ということなのだろうか。さらに看護人や側近達の行動も微妙に薄気味悪く(現実には勤務員全てがスターリンの手先であったらしい)、これら全てが非現実的なもののように、醒めない夢を見せられているかのようにさえ思える。そのせいで、むしろレーニンの視点というよりも、どこか彼岸の光景のようにさえ見えてくる。かつてロシア革命の先鋒として獅子奮迅の活躍をしてきたレーニンにとって、政治的にも肉体的にも自由を奪われて過ごすこの場所は、既にして涅槃の地であったのかもしれない。

だがその彼岸であり涅槃の地である場所で、最後の生の灯にしがみ付きながら生きるレーニンは、果たして全てを失ってしまっていたのだろうか。ラスト、映画全篇に渡ってかけられていた緑のフィルターが、霧が晴れたかのように取り払われる。そして映し出された画面いっぱいに広がるロシアの青く澄み渡った空。それを眺めながら、うつらうつらまどろんでゆくレーニン。ここには社会主義革命を最初に成功させた男、ソビエト連邦の建国者、ロシア社会民主労働党・ボリシェヴィキの指導者としてのレーニンの顔は無い。肉体と精神を病み、これらの偶像を失うことで、そこでやっとレーニンは、一人の”人間”へと立ち返る事が出来たのではないだろうか。因みに”レーニン”とはペンネームであり、彼の本名はウラジーミル・イリイッチ・ウリヤーノフだった。即ちこの映画は、”革命家レーニン”がウリヤーノフという一人の老人へと回帰してゆく物語だったのではないだろうか。

■『牡牛座』日本語公式サイト

parfum30parfum30 2008/02/27 00:16 ひめです、こんばんは。ジョージ・オーウェルの「Animal Farm(動物農場)」読むと面白いですよ。革命後のソビエトを皮肉った作品と言われています。もうお読みでしたらごめんなさい。

globalheadglobalhead 2008/02/27 01:19 動物農場は読んでなかった!オーウェルはガキの頃『1984年』で挫折してまして…あれも「全体主義監視国家はこええよおッ!」って話らしい(映画だけは観た)。

parfum30parfum30 2008/02/27 02:33 「1984」はすごいですよね。高校のとき授業で映画を見ましたが、ぞっとしましたよ。こちらは原作が分厚いので読んでいませんが、「Animal Farm」は高校生でも原書で読めるくらい薄いです。でも内容は濃いですよ〜。

globalheadglobalhead 2008/02/27 08:33 授業で「1984」!凄い学校だなあ。その時の授業のテーマはなんだったんだろう!オレ的にはユーリズミックスのサントラが好きでありました。オレは授業で「氷雪の門」という地元映画見せられたなあ。史実を基にして地元で撮影された戦争映画なんですよ。丹波哲郎も出てた!

FuetaroFuetaro 2008/02/27 10:12 僕は授業で『野火』とか『エル・スール』とか見させられたよ。一体どんな感想を書けと(笑)

globalheadglobalhead 2008/02/27 10:53 『エル・スール』は文芸映画だからいいとしても、『野火』って大岡昇平のあれですか!?映画は観たことないけど、あれってかな〜りキッツイお話だったよなあ…クラスメイト全員青い顔して映画館(教室?)出てきたんじゃないですか。確かにあれで感想書けって言われても「戦争は悲惨」としか書きようが無いよなあ…。

globalheadglobalhead 2008/02/27 10:56 ちなみにオレの下の世代だと学校で「南極物語」を観せられたそうです。これも地元が舞台なんです(いや、南極じゃなくて!)。

yukioinoyukioino 2008/02/27 12:47 フモ先生、質問が。どうして映画の題名が「牡牛座」なんでしょうか? レーニンがその星座生まれとか? 自分が高校のときは生徒会でそういう担当の委員だったので、フィルムを借りてきてルパンのカリオストロなんかを上映してましたよ。大入りでしたww

globalheadglobalhead 2008/02/27 13:02 ソクーロフって実はよく知らない監督なんですが、昭和天皇を描いた映画のタイトルが「太陽」、ヒトラーを描いた映画のタイトルが「モレク神」だったりとか、何か神秘的で象徴的なタイトルの付け方をするのが好きみたいですね。レーニンの誕生日は1870年4月22日ということらしいですから牡牛座で間違いは無いのでしょうが、ホロスコープ的に裏読みできる意味があるのかもしれませんね。しかし「カリオストロ」とは…素敵な高校生活!

yukioinoyukioino 2008/02/27 13:13 おお、なるほど。ホロスコープ的に牡牛座を一言で表すと「堅実で保守的・所有欲が強い」ですけれどそういうひとだったのかしら。ユダヤ人そのほかを燃やしまくったヒトラーを人身御供の燔祭で知られるモレクに喩えるのは納得がいきますね。天皇=太陽も。
「カリオストロ」は上映作品アンケート校内投票で一位だったのと、あとはフィルムのレンタル代が安かったからです…。

globalheadglobalhead 2008/02/27 13:25 あと「牡牛」という言葉のイメージから「勇猛果敢で猪突猛進、でも鈍重」みたいな意味合いを込めていたのかも知れませんね。モレクは意味調べて初めてわかった…。

globalheadglobalhead 2008/02/27 13:29 ちなみにオレは乙女座だ!(なぜかギャグになってしまう)

yukioinoyukioino 2008/02/27 13:40 なにをおっしゃいますか暗黒皇帝さま。こちらの日記のピュアな内容、几帳面な更新、見え隠れするデリケートなハァト。大変得心が行きましたよ。ちなみに私は爆走したあとが焼け野原になる牡羊座です(実績があるので笑えません)。

globalheadglobalhead 2008/02/27 17:06 暗黒皇帝である。オレ様に仕えるfumoとかいう下僕はピュアとかデリケートなどと言われてこっぱずかしくなりどこかへ逃げ出したようだな。まあ所詮は小物。一生あの程度の男なのであろう。と言うわけでこのオレ様があの腰抜けに代わって雪狼殿のお相手をいたそう。
いつぞやは我が栄えある大帝国の児童初等教育機関において、くとるふ練り消しの指導にあたって頂きまことにご苦労であった。現在我が帝国の未来を担う児童めらは目を輝かせながらアザトースを、ナイアーラトテップを、シュブ=ニグラスを、イアイア言いながら練って練って練り倒しておるところだわい!足の踏み場も無いほどにおぞましき古きものどもの似姿で埋まる帝国幼稚舎は実に壮観な眺めじゃ!
ところでホロスコープとやらの話であったか。オレ様が生まれた惑星はこの地球と星系が違うのでの。黄道に並ぶ星座も自ずと違ってくるのじゃ。このオレ様の星座、それは《暗黒皇帝座》以外に有り得ぬわ!そして聞くがいい、その担わせる運命はただ一つ、【宇宙最強】じゃ!我が誉れにひれ伏し崇めるがよい!涙を流し我が名を呼ぶがよい!苦しゅうない、苦しゅうないぞ!
>爆走したあとが焼け野原
本日よりそなたを「雪狼デロリアン」と呼ぼうぞ!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/02/27 19:01 初めて学校の講堂で観た映画は「キューポラのある街」
古っ!

globalheadglobalhead 2008/02/27 19:13 現在20代半ばのレイジーには白黒映画なんて、た、退屈だったろうなあー!何十年も昔のお話だし、当時の社会事情とか、わ、分かり難かっただろー、レイジー!?

parfum30parfum30 2008/02/28 01:51 実は「Animal Farm」はリーダーの授業でテキストとして取り上げられたんです。で、同じ作者だし、ヒアリングがてら「1984」を見たんですよ。
校内上映会では「カサブランカ」「エデンの東」なんかを見ましたよ。

globalheadglobalhead 2008/02/28 02:03 おおそうだったですか。「監視社会と全体主義」とかいう社会科かなんかの課題で観せられたのかと思った!「カサブランカ」「エデンの東」あたりは粋でいいですねえ。(と言いつつ両方ちゃんと観てない)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080226