Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20080430(Wed)

globalhead2008-04-30

[]オレ様の好みをチェックするぜ! オレ様の好みをチェックするぜ!を含むブックマーク オレ様の好みをチェックするぜ!のブックマークコメント

ワッシュさんの所でやっていた女性の好みテスト、《お前さんをチェックします》をオレ様もやってみたぜ!以下に結果だ!

まず、ロリコン属性評価ですが、FUMOさんの場合ほんの少しだけ、ロリです。一般的な男子としては普通です。

次に知的属性評価ですが、かなり知的な女性が好きなようです。クイズ番組で難しい問題に答える女性がかっこいいと思う傾向があります。

そして、静かでも明るくもない、普通の女性が好みなようです。

女性の胸に関しては、こだわりはあまり無いようです。適度なふくらみがあれば文句は言わないタイプです。

さて、見た目からみた性格的な傾向ですが、わりとキツめな女性が好きなようです。茶髪や金髪の女性を見ると思わず振り向いてしまう傾向があります。

外見的な部分で言うと、スタイルの良い女性が好きなようです。

髪型にとくにこだわりはなさそうです。

そんなあなたにピッタリなアイドルは・・・?(下にスクロールさせてね)

1位:愛内里菜 (スコア269.7点 2位:西川史子 (スコア258.9点) 3位:井上真央 (スコア256.9点)

まあロリ度は普通ということらしいがな。しかし”一般的に普通のロリ度”ってどーゆーのだっちゅーねん。

”知的な女性好み”なんだって。「クイズ番組で難しい問題に答える女性」なるものが知的かどうかはわからんがな。だいたいオレTVのクイズ番組自体観ないんだがな。まあ知的な女子も悪くないが、痴的な女子はもっと好みだ!もっと痴性を!

そして”普通の女性が好み”だと。なんか曖昧な好みだよな。これはどういう女子でもいいということなのか!?いや決してそういうわけじゃないぞ!オレは君が君だからこそ好きなんであってね(なんだ誰に言い訳している)!?

胸の好みは確かに無いな。ってか基本的に”好みの女子”という感覚が希薄な男なんだな。いやそれは女子に興味が無いという意味じゃないからね!?興味ありまくりですよ!?ホントお願いしますよ(誰に言っている)!?

でも見た目がキツイ女子が好きなのか。「見た目キツイ=茶髪・金髪」という返答もどうかと思うが。だいだい今時茶髪・金髪ぐらいで振り向かんだろ。って言うかオレ…ギャル好きってことなのか!?デーハーな格好に燃えるのか!?だから今度デーハーな格好してきてください(だから誰に言ってるんだオレ)。

スタイルのいい女性が好きってのもな。まあこれも実際どうでもいいんだが。昨今の女子ってみんなスタイルいいじゃない。そうそうヘアスタイルもね。これも長かろうが短かろうがどっちでもいいんですよ。女子ならそれでいいんですよ!本当に好みの希薄な男だなオレ!いやだからなんでもいいと言っているわけではなく(しつこく言い訳しているオレ)。

そしてオレにぴったりのアイドル。アイドルって歳じゃねえんだけどな。愛内里菜って知らないし。あ、西川史子!?結構好きかも!?白衣着た西川史子に言葉責めされたい!汚い言葉で罵って欲しい!クズとかブタよばわれされたい!ああ!ああ!(結局そっちの趣味だったことが発覚)

doradora0511doradora0511 2008/05/02 09:50 ”一般的に普通のロリ度”私もそうでした。大体これになるみたいですね。どの質問がこれに紐づいているのか不明。大体普通って。重度の場合は、アグネスに通報されるんでしょうね。

globalheadglobalhead 2008/05/02 21:35 普通にスケベです、と言われるならまあ確かに、と胸を張って頷いてもいいが、普通のロリ、と言われたらそれほど嬉しくないのは何故だろう。あと基本的に正義とか道義を振りかざしたがる連中には「欲求不満なのか?」と訊き返したくなってしまうオレである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080430

20080429(Tue)

[]ナンバー23 (監督:ジョエル・シューマッカー 2007年 アメリカ映画) ナンバー23 (監督:ジョエル・シューマッカー 2007年 アメリカ映画)を含むブックマーク ナンバー23 (監督:ジョエル・シューマッカー 2007年 アメリカ映画)のブックマークコメント

まあ要するに「あれも23、これも23!オデは23に呪われているんだぁああぁぁ〜」という基地外の話だというだけのことである。しまいには何が何でも23という数字にしなければ済まないような強引な計算もあったりするのだが、基地外のやることだから仕方ないのである。数字や文字に有り得ない理屈をこじ付け、さも深い意味があるように妄想するのは数秘術だのカバラだのの歴史があるし、買い物メモを歴史の裏に隠された世界的な陰謀と誤読して大騒ぎする『フーコーの振り子』なんていう小説もあったりするが、これは言葉には神のワザが宿っているとするキリスト教史観があるからなのかもしれない。なんて分析もしてみたが、だからといってこの映画がしょうもない映画であることは動かしようが無いのも確かである。クライマックスの謎解きは穴だらけで白けたなー。ただ作品の感触は、訳の分からない不安が時系列を超えながら延々と描かれる『ジェイコブズ・ラダー』あたりを思わせて、実はそれほど嫌いではなかった。

[]多重人格探偵サイコ(12) 田島昭宇/大塚英志 多重人格探偵サイコ(12) 田島昭宇/大塚英志を含むブックマーク 多重人格探偵サイコ(12) 田島昭宇/大塚英志のブックマークコメント

このコミックも大型船にジェット機が突っ込む7巻目あたりまでは面白かったんだが、ここで終わらせておけばよかったのものを連載コミックの悲しさか無理無理に引っ張りすぎて、この12巻ではもう何がなんだかさっぱり訳が分からない。そもそも「多重人格」だの「猟奇殺人」だの「国際秘密結社の陰謀」だの、連載当初は旬であったのだろうが今やすっかり古臭くなってしまったテーマで続けていることが苦しいんだよな。ここ数巻でのテーマはロックミュージックに埋め込まれたサブリミナルメッセージ殺人とか、あああ、もういいよそういうのは。ただ絵だけは抜群に上手いんだよなあ。

[]毎度お騒がせの 毎度お騒がせのを含むブックマーク 毎度お騒がせののブックマークコメント

昨日はお騒がせして申し訳ない。書けないなあ、と思ったのは以前より仕事が忙しくなってきたのがあるんだが、しかし仕事が忙しかろうが残業で10時過ぎに帰って来ていようが、モリモリと文章を書いていた時代があったのも確かで、だからひとくくりで”忙しいから”とは言い切れないんだが、どうも最近、ストレス対策の為に仕事中自分の感情をシャットダウンしてなるべく何も感じないようにしているせいか、いざ文章なんぞを書こうとすると、モノを書くのに必要な思考や情動が一切働かないことに慄然としてしまったのだよ。

そうは言いながら今日のような休みの日ともなるとなんとなく情動も思考も動いて来て、2週間ほど前に読み終わって「あーレビュー書かなきゃダメなのかー書きたくねー」とグズグズしていた本のカンソー文を書き始めたら、やっぱりいつも通り長くてややこしい文章になっていて、何故だ!何故なんだ!と自分が分からなくなっているという有様。

オレは文章を書くときはメモ書きではなく、他所様でもなるべく大体のアウトラインが分かるように説明的に書くようにしているのだけれども、この時「これとこれとこれを入れておかないと説明になってないし何も包括して無いだろ」と自分で添削してしまうんだよなあ。”削”よりも”添”のほうが多いけれども。だから実は”短くする”というのは構造上不可能であるわけなのですよ。それは単に”中途半端”にしかなっていないわけで。だったらさらっと”紹介”でお茶を濁すしかなかったりするんだよな。あーめんどくせえええ。

そして今朝からそんなことを始めてしまったから掃除も片付けも朝から全然やってないんです。もう2時だというのに朝から日記しか書いていません。こういうのをもう止めよう、と思ったんだよなー。

FuetaroFuetaro 2008/04/29 16:07 今日もモリモリ更新してるフモさんを見て、あんまり心配しなかった僕は勝ち組!とか思った。

ヾ(=ΘΘ=)ノヾ(=ΘΘ=)ノ 2008/04/29 16:44 わたしは新生フモさんも、結構楽しみだったりします。とりあえず、レビューもカンソー文もタイトになってますね、味はそのままで(笑)
力抜いて、日常を切り取って下さいましね。

globalheadglobalhead 2008/04/29 21:58 >フェタロさん
モリモリどころかこの時間までずっと日記書いてましたよ!ワッハッハッ!やっぱり暇さえあれば書けるんだが、あああ、時間もっと別のことに使いたいのに(泣


>タマさん
ありがとうございます。もうね、楽なのが一番です。日記なんて30分ぐらいでちゃっちゃと書くのが本来のような気がします。…でも今日もこの時間までずっとなんか書いてました。…オレのバカッ!

yukioinoyukioino 2008/04/30 00:21 「サイコ」は何度かトライしようとして挫折しています。コドモにはあんまり読ませたくないなーとか思ったり…。仕事でストレスたまってくると感情をいちいち自覚したり、何かを考えたりするのが面倒になりますよね。美味しいもん食べて、どうかお大事に(汗

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/30 00:56 心配して来たら、レビューじゃん!(笑)
私は一服しながら5〜6分で書いたり、忙しい時はトイレで書いたり(携帯だから)、寝る前に布団の中でテケトーに書いてます。だから如何にもな内容ですけどね。ボケ防止だからそれで良いのだ。

灸洞灸洞 2008/04/30 05:00 自分にダメ出しされる、というのはわたしもよくわかります。お願いだからもうカンベンして!って自分に言う時もあるくらい(笑)。レビューも、なんでしたら「おもしろかった。おわり!」「これダメ。おわり!」くらいまで ”削” しちゃうってのどうですか?それでも私にとっては「フモさんレビュー」としてたいへん参考になるに違いありません。…無責任な意見、どうもすみませんです。

globalheadglobalhead 2008/04/30 09:27 >雪狼さん
「サイコ」はもういいや、って感じなので読まなくても大丈夫だと思います。陰謀だ陰謀だ!と話を膨らませるほど苦しい説明が多くなってイヤんなってきました。惨殺死体も見飽きた。
仕事で頭が古新聞でも詰まっている様な気分になってきた時は、部下をからかってリフレッシュしています。名前を様々な音程で呼んでみたりとか(サイテー上司)。基本的に帰ったら美味いビール飲むことにしています。


>レイジーさん
あの長さなら10分で書けるな。まあ書くことがあるような題材じゃなかったからな。いわゆるページ稼ぎ、捨て記事ってやつだ。週の半分は実は捨て記事かも…(全部じゃねーかとか言わないように)。


>灸洞さん
なんかオレこの間は、いったいどこの巨匠だよ、どこのアルファブロガー様だよってモノの言い方でしたねー。
ただ、そもそもオレが毎回長ったらしくてくどい文章書いていたのは、「ブログは短い文章が好まれます」とかいうセオリーに反発していたからなんですよね。誰もがみんなおんなじフォーマットの文章書いて、それで面白いのかよッ!と思ってね。文節もセオリーに反してわざと長く読み難いものにしたりしてるんですよ。これ乗り越えて読み解ける人だけ読んでくれればいいや、なんて奢った気持ちもちょっとありましたね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080429

20080428(Mon)

globalhead2008-04-28

[]捨てる 捨てるを含むブックマーク 捨てるのブックマークコメント

  • 思う所があり部屋の中にある品物をズバッ!と捨てることにした。
  • 捨てる。捨てる。どんどん捨てる。休み一杯掛けて部屋から押入れからいらないものをどんどんゴミ袋に突っ込んでいった。
  • CDを70リットル入りゴミ袋に二つ。しかも紙ラベルとCD、CDケースを全て分別した。
  • 本を紙の手提げ袋に三つ詰めた。映画のパンフレットが手提げ袋四つ。これは実家の弟に送ることにした。あと漫画を段ボール箱一つ、これも弟に送る。
  • 売ればいいという人もいると思うが、売るまでの手順と段取りと手間隙が面倒なのだ。
  • 今回はここらで止めるが、押入れにはまだまだ捨てられそうな本が山のようにある。また捨てる。どんどん捨てる。
  • しかしあまりに根詰めてやったせいか、疲れ果ててしまい肩は張るは目はしょぼしょぼするは頭も痛いは、しまいに熱まで出てきた。こんなに真剣にやることは日常生活であまりあることではなく、いかに自分が単純作業にハマリやすいかが分かってしまったのであった…。

[]考える 考えるを含むブックマーク 考えるのブックマークコメント

  • とあることがきっかけで、自分は本当に現実的なことが苦手なんだな、というのを思い知る。
  • 苦手、というのは嫌い、ということでもあり、そして、出来ない、ということでもある。
  • オレがこれまで大量の文章を書き続けてきたのはその間現実的なことをシャットアウトできたからだ。そしてその間現実のいろんなことが手付かずのまま放置されていた。
  • 実の所、社会生活は辛うじてまともに行われているので、それで支障があったわけではないのだが、そろそろ現実に目を向けてもいいかなあ、と思ったのだ。
  • モノに埋まり買い物に依存していた生活もそろそろ止めようと思った。だから捨てるんである。
  • ちょっとは自分の生活を変えてみたくなったんだよ。

[]日記のこと 日記のことを含むブックマーク 日記のことのブックマークコメント

  • 日記を止めるつもりは無いが、少し縮小しようと思う。一番書くのが面倒臭い映画や本のレビューはもうやらないかもしれない。
  • 文章を褒められることは嬉しい。でもそれはハンパな脳みそを一所懸命ひねって時間掛けてひりだしているからであり、凡人が頭のいい人を真似ようとあくせくした結果だ。そして頭のいい人は文章を書くのに一所懸命にも時間を掛けたりもせず、オレの文章の3分の1の長さで的確で面白いことをさらっと書けることをオレは知っている。
  • 背伸びしてたんですよ。みんなに褒めてもらいたかったんです。
  • でもそれで一日の大半の時間を使ってしまうのはやっぱり変な気がする。他にやるべき事があるんじゃないのか。
  • 背伸びしたお陰でいろんな人の目に日記が留まり、いろんな友人が出来た。これから書く日記は平凡で誰の目にも留まらない味気なくて詰まらないものになっていくだろう。人と知り合えなくなってしまうのは寂しいが、オレの等身大の力量なのだからそれはそれで仕方ないことかもしれない。
  • 書き溜めた記事がまだ結構あるので、すぐさま縮小ということは無いと思いますが、いつか気が付いた頃に、淡白な日記になっているのではないかと思います。それでも面白いと思ってくださる方がいたら、またお付き合いください。
  • とかいいつつ今回も長いな…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/28 12:43 な、何があったの…。映画のレビューも本のレビューも、フモさんのが一番面白いし、深いし、私は楽しみにして拝見しているんだけど…。ボチボチでいいから続けて下さい。

EbisEbis 2008/04/28 13:47  俺もフモにいさんの映画と本のレビューは大スキです。特にSF小説のレビューは、知らんかったことや気がつかなかったことを学べて重宝しとります。だいたい、ブラザーフロムアナザープラネットを高く評価するひとの手による記述が的確でないわけがないす。
 もっすごいヒマをもてあましてるときにでもぼちぼちでひとつよろしくおねがいします。

FuetaroFuetaro 2008/04/28 13:54 僕もよくそういう気分になる時があるけど、捨てるのが面倒でやらないっす。フモさんは真面目だなぁ。あと古本・CD・ゲーム・TOYとかで数がまとまってあるなら、まんだらけやブックオフで出張・宅急便引取やってますよ。捨てるのとあんまし手間変わらない気がするけど…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/28 15:35 解った!フモさんそれって銀河旅行の時差ボケか宇宙酔いかもしれないよ!或いはゴリン星人に脳波を少しいじられたのだ。

paseyopaseyo 2008/04/28 16:21 あ、不毛不毛羅成分が抜けるとこうなるのか…それはヤバいかも。やっぱりいつも通りのフモさんが好きよー!

globalheadglobalhead 2008/04/28 18:02 なんか微妙に反響があったな。


>レイジーさん
端的に言うと仕事が忙しくてああいうややこしい文章を書く暇が作れません。そのちょっとしかない暇を日記で全て潰したくないんです。それに人生には日記を書くよりも素晴らしいことがあるじゃありませんか。あと書くのが義務になってきたので結構苦痛になってきたのもあります。


>エビスさん
SF小説はオッサンになってからリタイアしていたのですが、はてなをやるようになってからまわりが読んでいるのに感化されて、昔取った杵柄とでもいうのでしょうか、ポツポツまた読み返していたんですよね。ただまたフィクションっていうものに興味が薄れてきてて、映画も含め今までみたいに接することが少なくなってくると思います。


>フエタロさん
これはオレが「経済を仲介とするものにはあまり係わりたくない」という特殊な精神構造をしているからでしょう。それに売るよりも捨てるほうが断然気持ちがいい。まあしかしDVDは売ることにしています。


>ぱせよさん
ヤヴァイのか!?でもオレ時々思いっきりな趣旨変えすることあるんだよ。なんでも飽きるまで延々続けて、ある日スパッと止めちゃうんだ。いつも通りじゃなかったとしても好きでいてくれ!

灸洞灸洞 2008/04/28 18:33 出遅れでマジレスも恥ずかしいんですが……あまりのことに言葉を失いました。わたしもフモさんレビューが、お世辞抜きでいちばん読んで楽しく、かつ信頼できる貴重な情報源として活用させて頂いていただけにショックです。とはいえ、フモさんにとってそれが大きな負担であったことも想像に難くありません。全て処分してしまう、という決断をみずからなさったことも、それだけの理由と決意があってのことでしょうから…。なんかちょっとかなしいです。うわーん。でも気が向いたらたまにはレビューも書いてくださいよね!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/28 19:38 恋でもしたのか?え?

yukioinoyukioino 2008/04/28 21:55 出先でケータイから拝読して、驚きのあまり書き込んでいます。レビューも日記も、書かれるものは大好きです。なにがあってもフモさんはフモさんなので、これまで通り尊敬していますよ。背伸びなんてとんでもない。身の内に無いものを汲み出してみせることは不可能ですから。

globalheadglobalhead 2008/04/29 12:32 いや、あの、みなさん、そんな大げさなもんじゃないんで…。日記止めると言ってる訳じゃないんだし!1回の文章減らしたい、だから結構味気ないもんになりますよー、という宣言だったつもりなんですが。


>灸洞さん
正直、映画や小説の感想なんて、面白いか面白くないか、作られた世界に整合感がどれだけあるか、になっちゃうんですが、オレはそういうのも面白くないから、作者の動機とか背景とか暗喩されたものとか連動する歴史とか考えちゃうんですが、これってかなり掘り起しがしんどい。だからもう面白いか面白くないかだけにしちゃえ!と思ったわけなんです。あと部屋の荷物は全て処分したわけではなく、選択的に廃棄しております。CDなんてまだ1000枚以上残っていて、しかも今朝アマゾンで6枚ほどポチリました。本もディックの絶版ハードカバーとか一生捨てられないものはあったりしますよ。


>レイジーさん
恋かあ。恋ねえ。春だねえ。


>雪狼さん
あー驚かしてスイマセン。尊敬なんて勿体無い。あとですねー、歳のせいか昔ほどややこしい文章ひり出す頭が無くなって来た、というのもあるんですよねえ。自分の昔の日記読んで「え、この単語一体ナニ?」とか思ってるぐらいですから。かといって年寄りの薀蓄並べるにはモノ知らないし。本人はいたってショーも無い人間なんで、それに見合った文章でいいじゃないか、と思った次第で。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080428

20080427(Sun)

globalhead2008-04-27

[]最後のフモの惑星《フモの惑星・その6 完結篇》 最後のフモの惑星《フモの惑星・その6 完結篇》を含むブックマーク 最後のフモの惑星《フモの惑星・その6 完結篇》のブックマークコメント

昨日からの続きだ。

「ぎゃはは。ここは地球だったのか。オレは帰って来ていたんだな」
あまりにありがちな展開に気の抜けた笑いを交えながらオレは言った。だいたいこの後の展開といったら、喋る猿の群れに拉致監禁されたりとか、サイバーダイン社製ロボットに追い掛け回されたりとか、気の狂った用務員のオヤジに包丁向けられたりとか、お前身長何メートルあんのよ?ってデカさの拳法使いに秘孔突かれたりとか、まあろくなことが待っていないような気がした。

「取り合えずどうしよっかなっと」
地球最後の男になってしまったオレはこのとっくに滅んだ惑星で一人呟いた。意外と切り替えの早い男なんである。一人で生きていくのにはまるで頓着しない神経はしているオレだが、ビールもピザも無い星で生活するのはあまり面白くない。しかも見目麗しき女子がいないなんて!有り得ない!地球が滅んだことよりもそっちのほうで鬱になりそうだ!ってか頓着しまくりじゃないか!ここは宇宙つづらに乗って異星人美女を捜し求め銀河を駆け巡る宇宙的ドンファンとして余生を送るのも悪くは無いわな。しかし問題は…何処に行けばいいかだ…。
結局は途方に暮れてしまった。ああ腹減った。

そんなオレの目の前に突然、空気の破裂するような音とともに小さな物体が出現したのである。どこかからかやってきたのではなく、いきなり目の前にあった、という感じだ。それは何かの冗談のように、微動だにせずオレの目の前に浮かんでいた。
「!?」
驚きつつまじまじとその物体に目を凝らすと、それはゴリン星で見せられた”小さいつづら”ではないか。それがどうして目の前に。
あっけにとられていると、今度は「ぽわ〜〜〜ん」という水木しげる漫画に出てきそうなベタな擬音をさせ、煙のようなものが小さいつづらの中から立ち現れた。そしてそれはすぐに人のような姿に形がまとまってゆくではないか。おお…この姿は…。

f:id:globalhead:20080427143029j:image

「不毛不毛羅!」
小さいつづらから現れたのは、以前オレの日記で思いつきで捏造した妖怪「不毛不毛羅」だったのである。
「なんで不毛不毛羅がここにいる…」そう呟くオレの声に応えてか、不毛不毛羅がその口を開き、声を発した。
「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!」
…なんだこいつ…。呆れているオレを無視して不毛不毛羅はあとを続けた。
「フモはんこんな所におったんかいな。空間転移の痕跡を追跡すれば済むと思うとったのに、まさか確率論的量子転移までしてはるとは。ゴリン星であんさんが座標数値を未入力のままマシンを駆動させたんでこんなことになったんですわ。まあこうして見つけられたんでもう安心しなはれ」
不毛不毛羅のくせになんだか訳の分からないことを言っている…。
「あ、申し遅れましたが、わてはあんさんのフロイト的無意識閾に存在する副次ペルソナを解析してナノアセンブラマシン(わてが現れたこのマシンがそれですわ)が製造した擬似パーソナリティーですねん。要するにあんさんの頭の中覗いて一番分かりやすい形を選んだらこの姿になったちゅうことですわ。これ不毛不毛羅いうんですか。じゃあこれからその名前で名乗らせてもらいまひょ」

「…オレの無意識に存在するのが不毛不毛羅なのかよ…。なんかまだ他にあんだろ!気色悪いから別のもんに姿変えてくれ!えーっと、美人ちゃんな女子とか」
「美人ちゃんはあきまへん。あんさん劣情をもよおすさかい、マシンのバベッジ式ニューロンアナライズエンジンがアルゴリズムエラーを起こす可能性が大なんですわ」
「…何言ってんだか分かんないが要するに無理だと言いたいわけだな。まあいい。…で、何しにきたんだ?」
「そりゃあんさんを助ける為ですわ。あんさんが”大きいつづら”と呼んでいるトランスワープ航宙機が発しているウルトラバーストウェーブのコンプトン波長が追尾不能になったさかい、ゴリン星の旦那はんがたが慌ててこの量子跳躍式ナノアセンブラマシンをカルツァ=クライン転移させたんですわ」
「…だから意味が分かんないんだって。まあ助けに来たことは分かった。じゃあ取り合えずなんか食いもんを…。ええとピザとか…」
そう言うか言わないかのうちに不毛不毛羅、というか不毛不毛羅型擬似パーソナリティーは「ギョヘーッ!」とあらぬ声を上げ、次の瞬間にはその手にピザの箱を抱えていた。

「無用な説明かも分からんですが、ナノアセンブラマシンが空中元素を固定して作り出すんですわ。一応トッピングはイタリアンソーセージ、トマト、パプリカ、マッシュルーム、ブラックオリーブ、オニオンにしときましたわ」
「…あとアンチョビも欲しいところだったな」
「…贅沢言わんと食べなはれ」そう言うと不毛不毛羅はまたも「ギョヘーッ!」と叫ぶと今度はジョッキになみなみと注がれたビールを空中に出現させ、オレに手渡した。
「すまん、気が効くな」オレはピザを頬張りながらそのビールを受け取り、ゴキュゴキュと飲み干した。実によく冷えたビールだった。
「ブッハーッ!うんめー!滅亡した地球で食うピザもオツなもんだな!」
「ここは並行宇宙に存在するもう一つの地球ですねん。あんさんの帰る地球はまだ滅んでおらへんので安心しておくんなはれ。そのピザ食ったら帰りまひょ」
「おう。ありがとな。…モグモグ…ところで不毛不毛羅、お前なんでそんなインチキ臭い関西弁使ってるの?で、なんでそんなフザケた性格してんの?」
「そりゃああんさんの識閾下にインチキ臭い関西弁しか存在しないからや!そしてわてがフザケた性格だとしたらあんさんの性格がそのまま反映されてるだけですねん!」
「……」

こうして不毛不毛羅のお陰でオレは現代のオレの宇宙の地球に帰ることが出来た。そして日曜の昼下がり、こうしてこれらの事実を日記に書いているというわけである。いつも日記を読んでいる皆さんには大変ご心配を掛けて申し訳ない。広辺な銀河宇宙を駆け巡ぐったあとに、こうやっていつもの日常に戻ると変な気分である。やり残してあった日々の雑事を片付けていると、奇妙な非現実感が沸き起こる。あのUFOは、ゴリン星は、暗黒舞踏選手権大会は、つづらは、そして平行宇宙の滅んでしまった地球は、全て夢だったのだろうか。それとも、今こうしていることが、夢の続きなんだろうか。

え?不毛不毛羅はいったいどうしたかって?

実は、あいつはまだオレの隣にいるのです。

「ギョヘーッ!」

f:id:globalhead:20080427132012j:image



(※1 初めて読む方へ:このお話は4月23日から5回連続で続いた話の最終章です。興味の湧いた方は4月23日分からお読み下せえ)

(※2 不毛不毛羅の造型物は《魔力絶対零度》の灸洞さんに作っていただいたものです。不毛不毛羅ってなんなのか?はオレの日記のこの辺この辺を御覧になって下さい)

paseyopaseyo 2008/04/27 14:04 いい加減な性格が不毛不毛羅として固定抽出されてるから、きっと帰ってきたフモさんはちょっとまともになっているに違いない!

globalheadglobalhead 2008/04/27 14:22 惜しい!不毛不毛羅は普段オレの体内に棲み付いているので、いい加減な性格が二乗されてさらに怒涛の如くいい加減さが増した人間になっているような気がする!?

EbisEbis 2008/04/27 16:28  昨晩冷凍ピザを何年ぶりかで食べて以来食欲が止まりません。これは、しょぼくれてないでピザでも食うて元気だしとけ! ていう不毛不毛羅さまの御告げだったのだと思いました。ギョヘーッ!

不毛不毛羅不毛不毛羅 2008/04/27 19:03 呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃん!
エビスはん、まいどおおきに、不毛不毛羅でんがな!
そうや!”酒はのうめいのうめい”ゆう唄があるんやが、ピザは”くうえいくうえい”ちゅう事ができまっせ〜!食欲が止まらへん時は我慢せんと食べるのが吉や!食えるときは食っておきまひょ!取り合えずしょぼくれはったらたっぷり栄養摂りまひょ!
ギョヘーッ!

灸洞灸洞 2008/04/27 23:01 いいなー空中元素固定装置!ハニーフラーッシュ!ただしフモさんのお色気ヌード写真はご勘弁。

globalheadglobalhead 2008/04/28 08:28 だってなんだか、だってだってなんだもん!大人になった私を見て!オレ様の超絶お色気ヌード写真はその種のマニアには垂涎の的でありアンダーグラウンドでは法外な価格で取引されている為、一般の方の目に触れることは決して無いであろう!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080427

20080426(Sat)

globalhead2008-04-26

[]渚にて 《フモの惑星・その5》 渚にて 《フモの惑星・その5》を含むブックマーク 渚にて 《フモの惑星・その5》のブックマークコメント

(音声記録:第4回目)

昨日からの続きです。

付近の探索も飽きたんで一回つづら型宇宙船の場所に戻った。もう一度鶏星人が言ったようにデカデンワのキーを押し「地球!」と喚いてみたがつづらはウンともスンとも言わない。出発地に戻ればいいじゃないか、と思い今度は「ゴリン星!」と言ってみても登録されていない、とディスプレイに表示される。多分現地のゴリン星言語で登録されているとかそういことなんだろうなあ。でもね。ちょっと思いついてデカデンワキーを押し、「前へ」と言ってみたら、なんと乗っていたつづらがふわりと浮き上がって前に進み始めるじゃありませんか。おおこりゃ楽じゃわい。さっきよりも遠くを探検してみるわ。


(音声記録:第5回目)

段々つづらの細かい操縦方法が分かってきた。ただ突然放り出されたり落っこちたりするのもイヤなんでスピードは控えめだけどね。いやーしかし最初は慌てたけど、慣れてくるとこの変わり映えしない風景も退屈だよなー。行けども行けども岩山ばかりでさー。あと腹減ったのでつづらの中の座席に何か隠されてないか探したんだけどね。車で言うとグローブボックスの辺りに、ありましたよ、食い物が。銀河フィッシュ&宇宙チップスだったがな…。もうヒクヒク動く食いもん口に入れたくないよ…。


(音声記録:第6回目)

なんと前方に海が見えてきました!少しスピードを上げて目指したいと思います。


(音声記録:第7回目)

着きました。海であります。

もうね。歌っちゃうわ。


♪うーみーわーひろいーなぁー おーきぃーなぁー!!


半分ヤケですね!

もうなんだかいろいろとうんざりしてきましたよ!

つづらを降りて少し海岸線を歩いてみたいと思います。

ついでに海の記念写真。



(画像記録:第2回目)

f:id:globalhead:20080425220451j:image





(音声記録:第8回目)

あれ?ナニこれ?





あれ?









(音声記録:第9回目)

うあ…ヤヴァイもん見つけちゃったよ…。

この展開どこかで観た事があるよ…。

ラストのフラグ立ちまくってるよ…。

メッチャ鬱展開じゃねーかよこれ…。



…。





そうだよなあ、デカデンワに「地球」って命令しても宇宙船がウンともスンとも言わなかった訳だよなあ…。




(画像記録:第3回目)

海岸で見つけたもの

f:id:globalhead:20080425220313j:image









(音声記録:第10回目)

海岸線を暫く進みました。もう半分予想は着いてるんだが…。










(音声記録:第11回目)

あ。


ああ…。




見えてきた…あれだ…。




…。











ああああああああッ!

やっぱりこのオチかよッ!!










(画像記録:第4回目)

f:id:globalhead:20080425220452j:image




(これ以降の音声記録無し)

FuetaroFuetaro 2008/04/26 11:58 お母さんが野球選手の死体に救援物資を入れて送りますので待っててね。

globalheadglobalhead 2008/04/26 12:06 助かります。しかしこの時代、日本沈没して無くなってたりしてないだろうなあ…。

globalheadglobalhead 2008/04/26 12:10 あと蜘蛛みたいにミュータント化した人類に襲われたりとかマッドマックス状態の拳法使いに秘孔突かれたりとかの展開は避けたい…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/26 23:39 早く小さい方のツヅラを開けるのよ!

globalheadglobalhead 2008/04/27 08:31 次回完結篇にご期待ください!(まだ書くのかよ)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080426

20080425(Fri)

globalhead2008-04-25

[]どこだか分かんないがどこまでも晴天なんだよッ! 《フモの惑星・その4》 どこだか分かんないがどこまでも晴天なんだよッ! 《フモの惑星・その4》を含むブックマーク どこだか分かんないがどこまでも晴天なんだよッ! 《フモの惑星・その4》のブックマークコメント

(音声記録:第1回目)

あっあー。テステス。取り合えず記録しておく。これでもチンピラブロガーの端くれだからな。なんでもネタにしてしまうのは悲しいサガってやつだ。最初に言うと、辿り着かなかった。地球に。いったいどこなんだここ?生き物とか全然いないし。訳わかんねーよ。話が違うっつーの。来た時とおんなじぐらいあっと言う間に帰れるって言ったじゃねーかよ、あの鶏星人。

あ、鶏星人っていうのは、オレをさらって行ったゴリン星人のことね。あいつら鶏とそっくりなのよ。首をヘコヘコ動かすところとかさ。まあ背丈はあるから鶏というよりは、セサミストリートの、なんだっけ、あの黄色くてデカイ喋る鳥。アレみたいだけどね。まあそんなことはどうでもいいんだよ。あいつらの言った通りやったはずなんだけどなあ。なんでこうなっちゃうんだよ。人っ子一人いない謎の惑星で一人ぼっちだよ。太平洋一人ぼっちどころじゃねーよ。銀河系一人ぼっちだよ。

おまけに奴等に渡されたこの機械…あ、今声吹き込んでる機械ね、イマイチ使い方分かんないんで、これで助けを呼べるかどうかはっきりしないんだよ。だいたいゴリン星にいた時「何か必要なものあるか?」と訊かれて「日記書く機械」って答えたオレってバカだよなあ…。宇宙の果てまで行って、まずやんなきゃ、と思ったのが日記の更新だもんなあ…。どんだけ日記好きなんだよ…。


(音声記録:第2回目)

さっきから歩いてるけどね。岩場ばっか。まあ歩いたってどこかに辿り着けるって訳じゃないんだけどさ。あて無いし。地図無いし。まあ地図があったって地図読むの苦手なオレじゃあやっぱりどこにも辿り着けないだろうがな!気温は暑くも無く寒くも無く。空は快晴だよ。腹立つぐらい晴れやがってるよ。どこだか分かんないがどこまでも晴天なんだよッ!
バッカヤローーッ!!

ヤロー

ヤロー

ヤロー

…あ…オレの雄叫びが岩山に木霊してやがんの…。

取り合えずこの日記書く機械、写真も撮れる様なんでこの風景を撮ってみんなに見て貰いましょうか。

(画像記録:第1回目)

f:id:globalhead:20080425080942j:image


(音声記録:第3回目)

ここまでの経緯を話してなかったな。昨日の日記で「大きいつづらと小さいつづらのどっちか選べって言われてる」って書いたじゃないですか。でまあ、当然の如くデカイほうを選んだわけよ。宇宙人達が銀河を駆け巡るこのご時世に「大きいつづらからはお化けが出てきました」なんて有り得る訳ねえだろって思ってね。いくらゴリン星人が鶏顔してるからって、雀ならぬ「鶏のお宿」なんてネタじゃ笑えねーもんな。

で、大きいつづらを貰うことにして、当然何が入ってるいるのか気になって蓋開けたのよ。そしたら中、なんだかよく分かんない機械で一杯で、真ん中にスペースが空いている。で、「ナニこれ?」ってゴリン星人に訊いたら、「これ、宇宙船。これに入って地球帰れる」って言うじゃないですか。どうやら大きいつづらじゃなくて、これ、一人用宇宙船だったみたいなのね。「へー。そうなんだ」とか言いながらオレ、何も考えずにそれに乗り込んじゃったのね。乗り込んだのはいいけど、動かせるわけ無いじゃない。だから「あのー、これ、オレ一人で動かせるもんなの?」って訊いたのよ。すると鶏星人、例によって首をヘコヘコ動かしながら、「大丈夫。君にあげた日記を書く機械。あれが操縦装置になる」って言うじゃないですか。

鶏星人から貰ったこの「日記を書く機械」って、地球の携帯端末とそっくりでさ。携帯電話を一回り大きくした奴。いわゆる《デカデンワ》って感じ?あれに似てるのよ。数百万光年を数時間で飛ぶ科学力を持ってるのにデカデンワかよ?と思ったんだが、奴等の言う事には、自分等の最先端技術は入っているが、できるだけ地球人の理解しやすい形状のインターフェースに改造した、っていうことらしいのね。確かに広めのディスプレイに、キーボードが付いていて、なんとなく感覚的にすぐ操作出来るような感じなのね。ただ、見知った配列のキーボードの他に、倍ぐらい訳の分からないキーが付いてるんだけどさ。しかし、このデカデンワのスイッチを入れたら、Windows Vistaの起動画面が現れたのには泣けたけどな…。ここまで芸細かく似せるなよ鶏星人…。

携帯端末に似せているけど、音声を文字変換する機能があるみたいで、今はそれを使って日記を書いてるんだけどね。あと、ホントに、日記書くと日記が更新されるし、はてなの日記読めたりコメント書けたりするんだよ。なんで地球から数百万光年離れた惑星から日記更新できるのか分からんがな。ウルトラバースト通信とかなんとか、時空を捻じ曲げてデータ送信するとか言ってたけどな。パケット料金幾ら掛かるんだ!しかしはてなダイアリー作った会社も、まさか宇宙の彼方から日記書く人間が現れることになるとは思わなかっただろうなあ…。

で、つづら型宇宙船に乗り込んだオレは、鶏星人に「このあとは?」って訊いたのよ。再び鶏星人、ヘコヘコ首を動かし、あとを続ける。「キーボードのCtrlとAlt、それから炎の形のアイコンが描かれたキーを三つ同時押し」オレは、「おお、変形再起動!」とか思いながらその通りにキーを同時押しする。「それから音声入力で行き先を告げる」と鶏星人。オレは特に何も考えずに「地球」とデカデンワに呟く。そして「あ、いや、まだ…」と鶏星人が言ったか言わないかと同時につづらの蓋はバタンと閉まり、ブーンという腹に響く駆動音をさせると、オレの体はつづらの中でフワッと浮き上がったのよ。オレ、行きのUFOでこれがなんなのか知っていたんだ。どうやら何の心の準備も無いまま、つづら型宇宙船はハイパースペース航法に入って宇宙に飛び出してしまったのよ!


(音声記録装置稼動中。以降も更新がある見込み)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080425

20080424(Thu)

globalhead2008-04-24

[][]銀河は本日も晴天である 《フモの惑星・その2》 銀河は本日も晴天である 《フモの惑星・その2》を含むブックマーク 銀河は本日も晴天である 《フモの惑星・その2》のブックマークコメント

暗黒皇帝である。宇宙の何処かへと連れ去られた我が下僕・犬・虫のフモを捜索する為、オレ様はただちに銀河暗黒強襲宇宙艦隊を派遣し、下僕・犬・虫のフモを拉致したUFOの痕跡を追わせたのは昨日書いた通りである。そしてその発見された到着地は地球から遠く8500万光年離れた渦巻銀河に存在するアルテア4星系の惑星ゴリン星であった。

我が銀河暗黒強襲宇宙艦隊は宇宙最凶最悪の威力を誇る「物凄いよ砲」と「こりゃヤヴァイぜミサイル」を準備し、ゴリン星を虫の這い出る隙間も無いほど包囲した。しかしゴリン星に向けた偵察部隊が目の当たりにしたのは惑星住民全体がお祭り騒ぎに浮かれ踊っている様子であった。なんと、ここでは宇宙最大の「暗黒舞踏選手権」が開催されており、下僕・犬・虫のフモはその選手として招聘されていたことが分かったのである。銀河暗黒強襲宇宙艦隊屈指の暴虐度を誇る銀河暗黒武装親衛隊”やるやる隊”により発見された下僕・犬・虫のフモは、宇宙の美女と宇宙の美酒に酔い痴れ、「もうのめましぇ〜んヒック」とグダグダに緩みきった表情を浮かべながら銀河暗黒武装親衛隊を迎えたという。

すっかり呆れ果てやる気をなくした銀河暗黒強襲宇宙艦隊のクルー達はゴリン星に下僕・犬・虫のフモを放置し、アルテア4星系の北区に存在する赤羽星の立ち飲み屋都市”いこい”で「銀河いいちこチューハイ」を引っ掛けて全員帰還した。なお下僕・犬・虫のフモはゴリン星暗黒舞踏選手権大会に於いて見事優勝を果たし、宇宙最高の暗黒舞踏家として認められたという。祝賀会はゴリン星最大の市民広場「優しさふれあいランド」で行われたが、下僕・犬・虫のフモは一両日中にゴリン星人達によって地球に戻される運びとなっているという。

以下に銀河暗黒武装親衛隊”やるやる隊”が記録した下僕・犬・虫のフモのメッセージを記載するので、彼の安否を気遣われていた日記読者の皆さんは読まれるがよい。

[]銀河暗黒帝国超時空記録#USGX-8810-B467、暗号名”ラブラブファイヤー事件”より、銀河暗黒武装親衛隊”やるやる隊”が暗黒皇帝閣下の下僕・犬・虫のフモを発見した際に収録した映像からの音声を抜粋 《フモの惑星・その3》 銀河暗黒帝国超時空記録#USGX-8810-B467、暗号名”ラブラブファイヤー事件”より、銀河暗黒武装親衛隊”やるやる隊”が暗黒皇帝閣下の下僕・犬・虫のフモを発見した際に収録した映像からの音声を抜粋 《フモの惑星・その3》を含むブックマーク 銀河暗黒帝国超時空記録#USGX-8810-B467、暗号名”ラブラブファイヤー事件”より、銀河暗黒武装親衛隊”やるやる隊”が暗黒皇帝閣下の下僕・犬・虫のフモを発見した際に収録した映像からの音声を抜粋 《フモの惑星・その3》のブックマークコメント

あーどうも。心配掛けてたみたいで。え?してない?昨日の日記のコメント?(昨日の日記を読んでいる)うっわー。みんなひでえこと言ってるなあ。いやーまあ、愛情の裏返しだということは分かっているけどね!みんなってば照れ屋さんなんだから!このぉーチョンチョン!

え?暗黒舞踏選手権大会っすか?いやあ、最初は”宇宙最大の大会”っていうから正直相当ビビッてたけど、蓋を開けたらなんてことはない、びっくりするほどちょろかったなあ。なんかもーみんな暗黒舞踏が分かってないね。形だけで魂が入ってないのよ。やっぱさあ、暗黒舞踏は魂の叫びよ!雄叫びなのよ!そもそも暗黒舞踏と言うのはね、(以下、下僕・犬・虫のフモによる暗黒舞踏論が小一時間ほどだらだらと展開されるが、要領を得ないので削除)しかも決勝戦での挑戦者はアルデバラン星出身とかいう蜘蛛型宇宙人だったけど、これが演舞中に36本ある足を絡ませちゃって途中棄権よ。もう不戦勝みたいなもんだったね。楽だったなー。でまあ、このオレ様が宇宙一の暗黒舞踏の遣い手ということが決まったわけだね!もうね、宇宙一よ?宇宙一なのよ?やっぱ昔っからオレっていうのはさあ、(以下、下僕・犬・虫のフモの小学校時代から始まるちんけな自慢話が小一時間ほどだらだらと展開されるが、退屈過ぎるので削除)

そんなこんなで、こうして惑星あげての祝賀会を開いてもらって、オレはもう感無量だよ。酒は美味いしネーチャンは綺麗だしね。ただ問題はここの美女って顔だけはミラ・ジョヴォビッチやユマ・サーマン似の美形なんだけど、体が無くて顔の下から蛸みたいな足が8本生えているだけなんだよ。で、キーキー甲高い声で鳴くの。これってどうなんだろうなあ…。酒も美味いんだけど、この星って食いもんが銀河フィッシュ&宇宙チップスしか存在してないんだよ。不味くは無いんだけど、銀河フィッシュって齧ると一瞬身をくねらせるんだよなあ。ゴリン星人に訊いたら「新鮮な印だ」って言ってたけど気色悪くってさあ。あと宇宙チップスは位相幾何学的な調理がされているらしく、食っても食っても減らないんだが、逆に全然腹に溜まらないんだよ。だから結局、オレがこの星に来てからはヒクヒク身をよじる銀河フィッシュしか食ってないんで、イヤんなっちゃったよ。早く地球に帰ってピザ食いたいなあ。

取りあえず明日ぐらいには帰れると思うんで皆さん待っててね。あとお土産に大きいつづらと小さいつづらのどっちか選べって言われてるんだけどどっちにすりゃあいいんだろう…。

paseyopaseyo 2008/04/24 18:05 大きいつづらにして、ご自分もその中に入られるという案もアリなんじゃないかと。不毛不毛羅だし。

globalheadglobalhead 2008/04/24 21:39 おお!実はさらにこの続きを書こうと思ってたんですが、その案を採用させてもらおうと思います!不毛不毛羅も登場するかも!?ただ問題は書く時間があるかどうかなんだけど…徹夜?そうだね、ウフフ…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/24 22:43 大きいつづらの中から、小さいつづらを嬉しそうに持ってウヒョーーーー!と現れる不毛不毛羅が…。

globalheadglobalhead 2008/04/24 23:07 お!似たようなシーンを考えていた!考えていたがこの時間だと言うのにまだ一行も書いていない…(本当に書くのか段々自信がなくなってきたオレ)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080424

20080423(Wed)

globalhead2008-04-23

[]某日は晴天なり 《フモの惑星・その1》 某日は晴天なり 《フモの惑星・その1》を含むブックマーク 某日は晴天なり 《フモの惑星・その1》のブックマークコメント

某日。喫茶店に入り茶を飲んでいると隣の席に男が一人座った。奇妙に落ち着きがなくやたらきょろきょろしている。そしてオレの座っている席のテーブルに目を向けると「これ100万円するんですよね」などと言うではないか。なんだこいつは、と思って無視していたら今度は「あんたは村上龍に似ている」とオレの顔を見て言う。そして「あはは。本で読んだんだ。俺は知っている。知っているんだ」とぶつぶつ呟きながら席を立ちまたもやきょろきょろと辺りを見回しながら落ち着かなげに店を出て行った。まずい。実を言うとこのテーブルは確かに100万円だしオレの正体は不覚ながら村上龍だ。何で分かってしまったんだろう。ひょっとしてオレが数億円の有価証券を持っており中国地方に広大な土地を所有し世界規模の複合企業のCEOで政財界に有力なコネを持ち常に専用ジェット機で飛び回りハリウッドスターと浮名を流し時期アメリカ大統領選に立候補していることも知っているのだろうか。そうかこれは全てあの盗聴装置のせいだ。オレの部屋にも街のそこかしこにもそしてオレの着る服や髪の毛にまで隠されたあの盗聴装置のせいなんだ。そしてスパイ衛星が宇宙を駆け巡り常にオレのことを監視しているんだ。インターネットに繋がるといつもオレの顔が動画で写真で戯画で音声で常に画面に現れる。きっとみんなバレているんだ。みんなみんな知っているんだ。そして今のあの男は預言者であり導師なのだ。そうだあの男に付き従おう。これからオレがどうすればいいのか神託を授かる為に。この世界をどう導きどう変えていけばいいのか教えを乞おう。その予見がオレの頭に閃くとオレは男を追うために店を出た。すると出てすぐに目の前に閃光が走りオレの体はゆっくりと宙に持ち上げられていくではないか。見上げると空には銀色に光輝く巨大な円盤が。そして円盤に乗り込んだオレは宇宙人と共に銀河系を駆け巡りアンドロメダ星雲を大マゼラン星雲を飛び交い宇宙の神秘と真理に触れさらに時空を飛び越えその開闢と終焉を体験し新たな宇宙の胎芽としてもう一度目覚めると再び地球に舞い戻り同じ歴史を繰り返すこの世界のこの土地でちまちまと日記の文章を書いているというわけであった。という結末であった。まあ喫茶店に変な男がいたところまではホントなんだけどね。あとは筆が走ったというかキーボードのキーが走ったというか、しかしキーボードのキーが走るってどういうことよ。EnterだのShiftだのAltだののキーがピョンッと飛び出し手足が生えて脱兎の如くキーボードから逃げ去るのかよ。「@;)('&%$#+`*?\sdfghjkl」とか言いながらね。まるで現代の百鬼夜行だね。それにUFO拉致ネタって前も一回やったなあ。ネタが無くなるとUFOに頼るというのはやはりX-FILEの観過ぎなんだろうか。あれ好きだったもんなあ。…ん?なんだあの光は。あああああ体が持ち上げられてああああああああ

FuetaroFuetaro 2008/04/23 12:29 執筆者がUFOに拉致られたので、このBLOGも本日をもって終了させて頂きます。ご愛読まことにありがとうございました。

暗黒皇帝暗黒皇帝 2008/04/23 12:36 暗黒皇帝である。ご報告感謝する。あのような男でも一応オレ様の玉音日記の代筆者なので、いなければ少々難儀いたす。我が帝国の宇宙艦隊を即座に召集しあの者の捜索に当たらせているので、いずれ発見されることであろう。勿論拉致を敢行した宇宙人どもはきゃつらの住む惑星ごと銀河の塵となる運命であることは間違いないがな!

paseyopaseyo 2008/04/23 13:09 暗黒皇帝様! これを機会に代筆者をもっとハンサムで落ち着いててカラオケで「ヤマトの諸君…!」とかモノマネしたりしない者とすり替えて下さることを切にお願い申し上げます。暗黒舞踊は皇帝様との通信手段なので、これを省くことはままならないと拝察いたしますが…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/23 14:38 もっとハンサムな二代目案に同意致します。どこのUFOだか判らんが中の人、初代は銀河のかなたへ葬り去っちゃってはくれまいか。

doradora0511doradora0511 2008/04/23 15:38 えっ、ほんと?こむすめ隊を紹介してもらう前に・・・・。残念。

yukioinoyukioino 2008/04/23 15:56 村上つながりでハンサム二代目にはハルキ文体が書ける祐筆の方をお願いしたいです皇帝様!

暗黒皇帝暗黒皇帝 2008/04/23 22:17 暗黒皇帝である。苦しゅうない。


>ぱせよどの
我が福音を暗黒皇帝銀河よりこの地球へ暗黒皇帝テレパシーで送り、それを脳に受信させ代筆させる為には、帝国科学技術省が言うところの「アッパ・ラパ指数」が高い数値である痴れ者が必要だったのだな。その点、下僕フモのアッパ・ラパ指数は銀河に轟く恐るべき数値をたたき出しておったのだ。即ちあれのあっぱらぱー度は唯一無二であり、天下無敵の非常に貴重な逸材であったのである。ちなみに下僕フモがカラオケ時にデスラー総統のモノマネをするのは実はモノマネではなく、ガミラス星より送られてきた我が盟友デスラーのテレパシーが混線したものである。つまりあれは生デスラーであり、それを聞く事の出来る貴殿らは非常に貴重な体験をしているというわけなのである。


>レイジーどの
この宇宙に存在する百兆億を超える知的生命体は様々な形態があっての。その中で最も美しいのは暗黒皇帝銀河に輝く暗黒皇帝星の臣民であることは言うまでもない事であるが、下僕フモのルックスは我が暗黒皇帝星の基準に照らすならば相当イケメンであるともっぱらの評判じゃ。ところで捜索隊からの超銀河通信による連絡によれば、下僕フモは本当に銀河のかなたへと連れ去られていたようじゃ。


>どらどらどの
我が栄光の銀河暗黒帝国には、こむすめ隊のみならず中むすめ隊・大むすめ隊・巨大むすめ隊・超巨大むすめ隊など各種取り揃えておるので心配は無用じゃ。


>雪狼どの
村上つながりでいうのであれば、下僕フモと同じくアッパ・ラパ指数が強力に高い、村上ショージという男を紹介するがどうじゃの。ドゥーン!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080423

20080422(Tue)

[]ダークセクター (Xbox360ダークセクター (Xbox360)を含むブックマーク ダークセクター (Xbox360)のブックマークコメント

ダークセクター【CEROレーティング「Z」】 - Xbox360

ダークセクター【CEROレーティング「Z」】 - Xbox360

謎のテクノウィルスに侵された東ヨーロッパのある街。主人公ヘイデン・テンノは諜報局の命により調査に向かうが、彼自身もウィルスに感染してしまう。しかしそのウィルスによって特殊能力を得たヘイデンは、異形と化した感染者達と戦いながら任務を遂行してゆく…というお話のアクションゲーム。最近Xbox360でやるゲームといえばこのテのファースト・サードパーソン視点のシューティングゲームばかりである。SIMPLEシリーズを出していたディースリー・パブリッシャーが発売元だったのでなんとなく国内開発かと思ったら、 「UNREAL」シリーズ製作に関わったカナダをベースとする開発会社DIGITAL EXTREMES社によるものだったらしい。ただどちらにしろ、なーんかあそこもイマイチここもイマイチといった、痒い所になかなか手の届かないゲームであることは確か。

まずアクションパターンが少ない。なにしろしゃがめない!物陰で身を隠したり、ダッシュや壁から壁へのドッジなどというアクションも、どうも使い勝手が悪い。そして特殊能力である「グレイヴ」があんまり使えない!グレイヴとは大きな手裏剣みたいな形をしており、投げるとブーメランのように飛んでは戻ってくる機能を持った武器なのだが、はっきり言って銃をぶちかましていたほうが強い!さらに、敵の落とした武器を拾っても、銃にセーフティーが掛かってるとかいう設定で殆ど使えない!なんじゃこりゃ!?一応使える銃はブラックマーケットとかいう場所で購入することが出来るんだが、これがなんだか魅力が薄い。ブラックマーケットでグレイヴを売り飛ばしたかったぐらいである。グラフィックは綺麗なんだが、周りの良く見えない真っ暗い場所でバイオハザードなグチャグチャクリーチャーを倒すゲームってなんかもういいなあ。

[]アーミーオブツー(Xbox360アーミーオブツー(Xbox360)を含むブックマーク アーミーオブツー(Xbox360)のブックマークコメント

アーミー オブ ツー - PS3

アーミー オブ ツー - PS3

おいらとお前はアーミーオブツー。戦場では常に一心同体。お前が攻めればおいらが守る。お前が守ればおいらが攻める。二人で一つ、一つで二人。二人が揃えば百人力さ!もう決して君の事…離さないからッ!…というわけで協力型サードパーソンシューティング、『アーミーオブツー』である。二人一組の傭兵が主人公で、仲間に上手く指示を出し、時にはおとりになり盾になり、または仲間に注意を引かせて自分はこっそり裏手から周って攻めてみたりと、相手を陽動して戦いを有利に進めていくゲームなんである。

…と書くとリアル派のハードなシューティングを思い浮かべるかもしれないが、この主人公の傭兵二人、なんだかルックスがエグくてクドい。なにしろ目立つのは13金のジェイソンのホッケーマスクを思わせる不気味なマスクだ。武器もカスタマイズすればなんだかギンギラギンの黄金仕様に出来たりする。なんで銃をギンギラギンに!?と思うが、これは敵を自分の方に惹きつけるための装飾、ということなのらしい。そして一方で惹きつけて一方が背後に忍び寄る、という作戦が可能になるのだ。

この”いかに目立っているか”というのは「アグロメーター」という数値で表されHUDに表示される。この”アグロ”が最高値のまま敵を倒すと「オーバーキル」という状態になり戦闘値がアップする。また、ある特定の場所では「バック・トゥ・バック」という無敵状態に…といった具合に独自の演出が成されているゲームである。そして二人組みだから一人が倒れても一人が治療に回ってくれる!そう、二人はいつでもパーフェクトペア!いろんな意味で危ない匂いをプンプンさせたギンギラギンの二人が協力プレイ…これはTPS版「俺たちフィギュアスケーター」だったのか!?ボスキャラなどは背中が急所、という分かりやすい設定で、入り組んだマップを一人がどう陽動し、もう一人がどう回り込んで後ろから撃つか、を考えるのが結構楽しいゲームだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080422

20080421(Mon)

[]台湾みやげ 台湾みやげを含むブックマーク 台湾みやげのブックマークコメント

オレの妹分であるコムスメ(1号)が転職を記念して一人台湾旅行に行って来たのであった。そしておみやげと称して妙なものを買ってきたのでここで晒そうと思う。

○「小王子麺」
英語で言うとリトルプリンスヌードルということなのだろうか。別に言う必要も無いんだが。中身はぶっちゃけ、ベビースターラーメンである。台湾のベビースターラーメンは普通にベビースターラーメンのような味であった。ただこっちの小王子麺は乾燥ネギが入ってるんだよな。その分食物繊維を摂取できてヘルシーということであろうか。しかしだいたいベビースター食ってる段階でヘルシーもなにもないんだが。

f:id:globalhead:20080421010032j:image

ところでベビースターラーメンについてちょっと調べたら面白かった。結構いろんな種類が出ているらしい。

○日本全国向けラーメン

・柚子ポン酢味、ごまだれ味(ぐるなびとの期間限定企画商品)

○日本全国向けラーメン以外

・ベビースター焼きそば

・ベビースターうどん - えび天麩羅うどんの味。

○ 地方限定ラーメン

・北海道向けの商品には、有名ラーメン店の「山頭火」、「すみれ」の名と味を付けた商品がある。

・ベビースター喜多方ラーメン - 福島県向け。金粉入り胡椒が付いている。

・ベビースター下仁田ねぎラーメン - 群馬県向け

・ベビースター九州のとんこつラーメン - 九州向け

・ベビースター味噌煮込みうどん− 愛知及び東海エリア向け

○ 地方限定ラーメン以外

・ベビースター伊勢うどん - 三重県向け

ベビースターラーメン 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とんこつ味はちょっと食べてみたいな。しかし”金粉入り胡椒”って…。

○黒人歯磨き
黒人歯磨きである。黒い顔した黒人だが歯は真っ白!ということなのであろうか。日本だと人権屋が騒いでうるさいだろうな。「新洗剤!シャツもタオルも黒人の歯のような驚きの白!」「あなたのお肌を黒人の歯のように白く見せます!」「今年の春の流行は黒人の歯のような白いコート!」とかやったら大変だろうな。ってか誰もやらんとは思うが。

f:id:globalhead:20080421010030j:image

○ドラゴンお猪口
龍と怪しげに燃え盛る鬼火が描かれたお猪口である。もっと酒飲め!という啓示であろうか。鯨飲という言葉があるがそれを遥かに超える”龍飲”を目指せと言うことなのであろうか。肝臓が心配である。しかし”猪口”という漢字を見たらほぼ間違いなく「いのぐちってナニ?」と首を傾げるであろう無知蒙昧なオレであった。

f:id:globalhead:20080421010028j:image

[]部屋にあった妙なもの 部屋にあった妙なものを含むブックマーク 部屋にあった妙なもののブックマークコメント

○はあと柄トランクス(未使用)
実はゲームの特典なんだがな。未使用である。今後使うつもりも無い。だいたいどうせーっちゅーんだこの柄。ただし、もしもご希望があるのなら考慮の余地もないこともないオレ様である(なんの考慮だ)。

f:id:globalhead:20080421010026j:image

○具志堅用高Tシャツ(サイン入り)
会社の同僚が石垣島みやげに買ってきた具志堅用高Tシャツ、サイン入り。当地には具志堅用高記念館なるものがあり、そこで買ってきたらしい。しかしこのオレに具志堅用高って言われてもなー。これってみうらじゅん言うところの”いやげもの”ですか。しかもサイズLLでいくらオレでも着れないんだが。ってかそもそも着たくないんだけど。欲しい方がいたら差し上げますのでご一報を。

f:id:globalhead:20080421010256j:image f:id:globalhead:20080421010255j:image

○全身タイツ、赤い羽のフワフワ
以前日記のここで着用した全タイである。もうすっかり出番がなくなってしまった全タイであるが、いつかまた不死鳥のように蘇りあなたの街を闊歩しているかもしれない。いや闊歩したらヤヴァイって。

f:id:globalhead:20080421005957j:image f:id:globalhead:20080421010254j:image

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/21 22:28 前から思っていたんだけど、黒人用のメイクアップファンデーションて、見たことないですよね。そもそもシミやソバカスなんてないのかな?マホガニーの様に綺麗だし。
トランクスは是非、着用写真のアップを希望します。

灸洞灸洞 2008/04/21 23:20 黒人歯磨き、わっちも香港で見たことありんす。やるなあ、コイツら!と思いました。そういえば、ドイツに家族で海外赴任してた知人の奥さんが、化粧品店にファンデ買いに行ったら「そんな黄色いのはない」って言われたそうっすよ。わたしらって、マジでイエローモンキーなんだ(笑)。

tommtomm 2008/04/21 23:57 べ、ベビースター好きですよね?!
こ、黒人の白い葉に憧れてましたよね?!
お、お猪口でぐいっとテキーラ飲みたかったですよね?!
ね?ね?!

globalheadglobalhead 2008/04/22 00:58 >レイジーさん
そういえばむかし映画でそばかすのある黒人を見たような気がするなあ。着用写真のUP…実は全タイの上から、というのも考えていたが、その格好で一人部屋で己の痴態を写真に撮る自分を想像すると、何故か切なさと空しさが胸に込み上げ、ついでに昨日食ったピザまで込み上げてきたので止めました。


>灸洞さん
やはり白と黒の対比と言うことなんでしょうかね。エボニー&アイボリーですね。ロゼッタ洗顔パスタのシロ子さんとクロ子さんなんてぇのも昔ありましたね。しかしクロ子さんというのも今考えると凄いキャラだよなあ。子供心に「こんな分かりやすいぐらい真っ黒い女いるかよ!」とか思ってましたが。あ、ちなみに黒人歯磨きの中身はなんとアクアフレッシュ状態でした!何故か根拠も無く真っ黒い歯磨き粉だと思っていた!


>ミヤー
おおコムスメ1号!おみやげありがとう!日記にするぐらいだから面白がってたに決まってんじゃんか!そう!ベビースターは三度の飯より好きだし、むしろ三度の飯に振り掛けて食ってるし、黒人の白い歯どころか黒人になりたいぐらいだし、お猪口は確かに最初「これでテキーラ飲んじゃる!」と思ってたぜ!ところで今突然ベビースターに対抗してアダルトスターというお菓子を考えたんだがなんかヤラシいものばかり想像したので即却下という薄幸の運命なのであった。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/22 01:24 じゃあやはりあの色のファンデーションはあるのか…。

globalheadglobalhead 2008/04/22 01:35 しかしこの話題は膨らますと人種差別チックになるのでちょっと避けたい…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080421

20080420(Sun)

[]今夜もパブ三昧 今夜もパブ三昧を含むブックマーク 今夜もパブ三昧のブックマークコメント

金曜日土曜日とまたもやパブ通いをしていたオレである。場所は両方とも横浜であった。

■金曜篇・横浜タバーン

f:id:globalhead:20080420132317j:image

  • 横浜駅東口を出てダイエー前のマクドナルドの隣を地下に降りる。中央にバーカウンターがあり、これが非常に目立っている。
  • 客層は最初はサラリーマンが多かったが、金曜の夜もあってか、時間が経つにつれて店は大賑わい、外人客の割合が高くなる。人数も人数だからかなり騒々しかったことは確か。わいわいやるのにはいい店かもしれない。店の雰囲気もパブ!って感じでよかった。
  • この日はブリティッシュ・ソーセージのマッシュポテト添えと、フェタチーズ・オリーブ&トマトサラダ、オニオンリングを食す。
  • ソーセージもマッシュポテトも特にどうってことは無い普通の味のものだが、食っていて妙に和む。

■土曜篇・グリーンシープ横浜

f:id:globalhead:20080420132329j:image

  • 東急ハンズ裏の路地を暫らく歩いてギネスの看板が見えたらここの店。
  • 中に入ると丁度バンドライブが終わったところのよう。内装は素朴であまり凝っておらず、イギリスの田舎の一杯飲み屋といったところか。客層はかなり若い。
  • しかし”よなよなリアルエール”が置いてあるのは貴重だ。このビールを常温でサーヴしてくれるところがまたいい。
  • しかもここのフィッシュ&チップスの量がハンパじゃなかった!SMLと3サイズあるうちMサイズを頼んだが、出てきた皿を見て店員さんに「あの、ホントにMですか?」と訊いたぐらいである。これまで行ったパブで出されたフィッシュ&チップスの2倍の量はあっただろう。モルトビネガーで食すとこれがまた美味い。
  • コムスメズの二人もエールの美味さに感激していたようである。
  • パブばかり続いたので今度はまた違った店探してみようかなあ。ってかベルギービールの店行きたいんですけど。誰か付き合え。
  • この日はコムスメから旅のみやげなども貰ったが、また後日に。

(おまけ:コムスメズのダブルピースサイン)

f:id:globalhead:20080420161611j:image

[]今日日記。 今日日記。を含むブックマーク 今日日記。のブックマークコメント

  • ただでさえ手狭な部屋がモノで埋まりすぎているので、取り合えず出来るだけ捨てることにする。春だし。春関係ないけど。
  • それでもゴミ袋一つ…まだまだ捨てねば…。
  • 次はいよいよCDと本である。
  • 夕方有楽町に出掛け、PC関係の小物を買いにビックカメラに行く。そしてポイントが1万円分貯まっている事を知り、そのポイントで最近気になっているシングルモルトのスコッチウイスキーを手に入れる。
  • よく分からんのでTHE GLENLIVET 12 yearsとかいう一番安いやつを。¥2700ぐらいだった。ポイントなんだし奮発してもよかったがやっぱり奮発しないオレ。
  • そういえば自分の以前の日記を読んでいたら、去年の今頃Tシャツを買った事を書いていたのを思い出し、何故か発作的に松屋の婆利黒札でカットソーを買う。
  • そして書店に寄り2冊ほど本を買って帰宅。
  • …モノ減らすはずだったんじゃないのかオレ!?
  • ちなみにTHE GLENLIVET 12 yearsは大変美味しゅう御座いました。
  • で、これから晩飯。ってかいつ日記書き溜めするんだああああああああああ。

yukioinoyukioino 2008/04/20 18:52 ベルギービールいきますいきますー。わーい。

globalheadglobalhead 2008/04/20 19:58 雪狼さんありがとう。ミクシのはてダ隊コミュでアイリッシュパブ行脚(いかん一所懸命”ぎょうきゃく”と入力していた)がペンディングになっているんですが、雪狼さんが来られるならこちらの計画を優先してもいいかもしれませんね。日時ははっきり決まってないんですが、実現させたいのでその時は是非いらしてください。前回お会いしたときは”顔合わせ”って感じだったのであまりお話ししなかったような気がするし。はてダのメンバーとはいつも「雪狼さんって実はとっても凄い人なんじゃないの?」って結構話題になることがあるんですよ。

yukioinoyukioino 2008/04/20 23:16 そうですね、そんなかんじでしたね>顔合わせ
なにせあのときは美味しい中華に夢中でw 何も凄くないタダモノの権化で申し訳ありませんがどうかよろしくお願いします。ミクシのほうも覗いてみますね。

globalheadglobalhead 2008/04/21 00:26 いえいえ、ああして知り合いその後日記をつぶさに読むに付け、「この方はいったいどれほどの潜在能力を持った方なのだろう」と驚く事が多々あり、いつかまたあやかりたいと願っていたところなのです。風の噂では相当御多忙であると伺いましたが、雪狼さんの都合に合わせたいと思いますので、その時はご一報下さい。なお実現した暁には賞賛絶賛の褒め殺しの嵐が雪狼さんを直撃すると思われますので御覚悟されてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080420

20080418(Fri)

globalhead2008-04-18

[]征服せよ、蹂躙せよ 征服せよ、蹂躙せよを含むブックマーク 征服せよ、蹂躙せよのブックマークコメント

宇宙に君臨する暗黒皇帝のこのオレ様がドンキホーテで安売りしていたダイドーブレンドコーヒーをお召し上がりになりながらネットサーヒンをしていたある日の午後の事である。いつものように芸能人裏ゴシップネタでも読んで楽しもうかいグフフなどと思いながら2ちゃんねる界隈を彷徨っていたら「はてな村」なるものがあることを知ったのである。

ほう。はてな村とは面妖な。このオレ様の玉音日誌を独占公開しているのがはてなダイアリーであることは知ってはいたが、ここに村があるとは知らなんだ。200万人が利用しているはてなで”村”と称するからにはきっと10人かそこいらのつましくささやかな場所なのであろう。そしてその村ではご高齢の爺さん婆さんが年金や健康保険や墓石の話でもしているのだろう。最初はそう思っていたのだ。

しかしつらつらと記事を眺めているとそういうことでもないようなのだ。どうやらはてな村とははてなの中ではてなのことばかり議論している衆生のことをいうのらしい。議論。つまらんな。銀河を統べる暗黒皇帝であるこのオレ様は議論などしない。ただ己が思うままに決定し勅令を下すのみである。オレ様の詔は絶対なのでありそこに議論だのパブロンだのが介在する余地などこれっぽっちもないのである。

そもそも議論などというものにうつつを抜かしたがる輩というのは常日頃己が知力と体力を持て余しているのに違いない。しかしその知力と体力をまともに生かす場所が無いからこのような無駄なお喋りを犬も食わない闇鍋のように朝から晩までグツグツと煮えくらかしているのだろう。しかもその中身といえばブクマがどうとかスタアがこうとかいう腹も膨れぬ平和な戯言だ。ちいせえな。ちいせえんだよ。志が低いんだよ。だから諸君等は一生高い税金ばかりふんだくられる小市民なのだよ。

村”などという小さなあばら家で内弁慶のように振舞っていたとしても何の未来も無い。”はてな村”ではない。寧ろ”はてな帝国臣民”であると自らを克己することこそが大事なのである。そして真の帝国臣民たるもの、その欲望とすべき事はただひとつ。それは帝国の繁栄である。帝国の繁栄の為には何が必要か。それは領土を広げる事である。周りを見るが良い。世界ははてなだけではない。そこにはYahoo!、FC2、ライブドアココログ等などの群小ブログ国家がごまんと存在しているではないか。これらの領土を接収し、我が帝国の頒図に加えるべきなのである。それにはどうしたらよいのか。それは奪い取る事である。侵略し略奪し蹂躙し征服する事こそが我が帝国の繁栄へと繋がるのである。行け、はてな帝国臣民よ。無駄に賢い君たちなら決して難しくはない。行ってYahoo!を、FC2を、ライブドアを、ココログを我が掌中に収めよ。我等がはてな帝国の栄光の為に。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/19 01:13 そんな村があったんだ。私も村民て事?ってか、ゴア様だよゴア様!カッコイイ!

灸洞灸洞 2008/04/19 02:04 ゴア様、失敗しました!…じゃなくて暗黒皇帝陛下!申し上げます!パブロンにつきましては、かの簡易ラリパッパ用の咳止め薬と同じ、コデインとエフェドリンが微量ながら配合されており、頻繁に服用した場合、薬物依存を引き起こします!わたくしめもかつてパブロンを飲み続けないと調子が悪いという、”パブ中患者” と成り果てたことがございました。そこでご提案がございます!群小ブログ国家征服のため『一億総パブ中作戦』というのはいかがでございましょう?…なお、本作戦が首尾よく成功した場合は、わたくしめの処遇について、なにとぞ御一考の程を…ヒヒヒヒ

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/20 03:07 灸洞さんの楽しいコメントが携帯では拝見できなくなりました。なんじゃこのシステム変更は…。

灸洞灸洞 2008/04/20 08:02 こ、これはれれれレイジー閣下!!かねてより密かに尊敬致しておりました帝国軍元帥より直々にお言葉を賜るとは…恐悦至極にございます!不肖わたくしめ、帝国に服さぬ我が国家体制をかねてより苦々しく思っており、このように内通という形で微力ながらご協力させて頂いておる次第です。我が国が、貴帝国に首尾よく併合された暁には、何卒よしなに…フヒヒヒ
って人様のブログでコメントにコメントしてる私が侵略者?

globalheadglobalhead 2008/04/20 11:05 >レイジーどの
暗黒皇帝である。苦しゅうない。レイジーどのの住まう村は村は村でも鼻垂らしたノーミンが畑耕しムジドリが「アサーーーーッ!」と声を上げる”ソン”である。即ち谷岡ヤスジ的宇宙の住人、それがレイジーどのである。


>灸洞どの
暗黒皇帝である。苦しゅうない。我が帝国の繁栄の為、狡知に長けた謀略策略計画を御提示戴きまことに感激至極である。灸洞どのには我が帝国の有する地獄の拷問部屋「わくわくわんだーらんど」の刑吏兼拷問官に任命いたすゆえ何卒よしなに取り計らっていただきたい。そして「こちょこちょまじっくはんど」や「ゆびぱっちんガム」や「黄金ハリセン」や「指カンチョー」や「チンコマッスィーン」などの血も凍る拷問器具を駆使し、我が帝国に仇なす不逞の輩のその肉と骨に服従とは何かを叩き込むのだ。身の程知らずの造反者どもは灸洞どのの血に飢えた拷問プレイに犬のようにいななき豚のように血を流すであろう!哀れみは無用だ!銀河に轟く恐怖の拷問官として呪われた名を刻むがよい!

灸洞灸洞 2008/04/20 17:48 あっああ、あん暗黒皇帝閣下!かかか閣下御自らかような御言葉を頂けるとは、わたくしめのような虫ケラには身に余る光栄にございます!ただただ感涙に咽ぶのみ!…拷問でございますね!それでしたら古今東西の残虐を極めた各種方法に知悉して御座います!お任せ下さい!伝統の「ふじさん」「ぞうきん」「教室の掃除用竹箒を膝に挟んだまま正座(実体験がございます)」を始め、最新のものでは、にんてんどおの小型ゲーム機における「女子のあちこちをタッチペンでこちょこちょして魔女の刻印を探す」「男子の汗をタッチベンで拭き取って ”ヘブン状態” に至らしめる」など、さらにはかのもんてぃぱいそんの「スペイン宗教裁判」における ”血も凍る拷問” に至るまで、それはもう、なんでもござれでございます!異端者どもを必ずやこの銀河より一掃し、皇帝閣下の御期待に添うべく粉骨砕身致します!今からもう楽しみで楽しみで…キーヒッヒッヒッ

globalheadglobalhead 2008/04/20 20:58 暗黒皇帝である。苦しゅうない。しかしあんあんあんとどもられると♪とってもだーいすきと続けて歌いたくなるのは何故であろう。実の所例の猫型ロボットは我が帝国が開発したものであり、当初はターミネーターとしての○太抹殺を図る為派遣したのであるが、回路の故障によりあのように子供たちの人気者になってしまったのは少々迂闊であった。
それにしても灸洞どのが御提示した拷問方法はなかなか愉快じゃのう。我が帝国の伝統的な拷問方法として付け加えさせていただくとすれば「空気自転車漕ぎ」(二つの机にそれぞれ手を付かせその間で体を持ち上げたまま足を漕がせる)「ハイルヒトラー」(片手を挙げさせたまま長時間我慢させる)などがあったわい。かつてエリダヌス座イプシロン星のブラマンジェ型異星人を討伐した際には「背中にこっそり”バカ”と書いた紙を貼る」「弁当にふりかけと称して鉛筆の削りカスを掛ける」「机の中に黴たパンを突っ込んでおく」などの陰湿で残虐な拷問方法をもって惑星全てを恐怖と混乱の窮みに陥れ、遂には全住民を我が帝国に平伏させた事を思い出したわい。
しかし灸洞どのはDSの変なソフトに詳しいのう。まさかオレ様と一緒の高齢ファミ通読者!?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080418

20080417(Thu)

globalhead2008-04-17

[]オレと運痴 (後篇) オレと運痴 (後篇)を含むブックマーク オレと運痴 (後篇)のブックマークコメント

■ださださ!
そんな体育ダメダメダサダサの”スポーツ負け犬”なオレですから、運動会とか球技大会とか、校内でやる体育の大会はクラスの足引っ張りまくっていましたね。一番ヒンシュク買ったのは高校の時のクラス対抗の球技大会で、なぜか割り振りでオレ、バスケになったのよ。授業の一環だから全員参加なのね。いやあ、オレドリブルすら出来ませんよ!?

しかもその時の大会って我がクラスのバスケが優勝候補と目されていたのよ。当然バリバリのスポーツ男子だらけでさ。で、またこれがモテモテ君ばかりなのよ!そんな中で頭数そろえる為だけに入れられたオレは肩身が狭くてねえ。「フモ君は試合出る必要ないから」って練習もしませんでしたけどね。したって無駄なんだって!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!

そしたらね。決勝戦まで上り詰めたんだけど、チームのエースが怪我して足引き摺ってるのよ!でも補欠は運動ダメ男のオレ一人だったんで出す訳にも行かない!で、エースが無理して出場!「素敵なエースがこんな思いまでして試合出なければならないのはダサ男のフモのせいだ!」とばかりに女子の風当たりが強かったです…。すいませんみんなオレが悪いんです…。あ、試合は負けちゃいましたぁ〜。

■白銀は呼ばない!
オレは北海道生まれなんで体育の授業にスキーがあるんですよ。いやー、スキー大嫌いでいたね。だいたいさあ、寒い時に寒い場所へ寒い思いして寒い事しに行くってヴァカかよおオイ!何が楽しいんだよッ!などと減らず口叩いてましたよ。まあよくある負け犬の遠吠えってやつですね。嫌いなぐらいだから当然滑れませんよ。滑ってもひたすら漢らしい直滑降ですよ!へにょへにょ曲がって堪るかよ!しかも止まり方を知らない!じゃあどうやって止まるのかというと、《転ぶんです》。子供の頃からスキーは滑らされましたが、止まるの覚えたのは高校3年の最後のスキー授業の時でしたね…。

いかにスキーがダメだったかというと、例えば高校の時のスキー授業だと、1日潰して1学年全8クラスの半分、即ち4クラスが合同で参加し、町にあるスキー場へと行くんですね。ここで男女に分けます。1クラス40人としてこれを分けると20人づつ、4クラスで男女それぞれ80人づつになりますね。で、これを今度スキーの上手さによってAB2つのランクに分けるんですが、オレともう一人ドン臭い奴の計2名だけ例外としてCランクでしたね!要するに4クラス80人の男子の中でサイテーランクの運動神経だったということですね!やったぜ!

さてこのスキー授業、最後の日はクラス対抗のスキー競技となったんです。競技…例によって全員参加…また悪い予感がしましたね。技術のいる滑降なんかは当然できませんから、オレは平地をスキーで歩くバトンリレーに出ることになったんですね。スキーの上手い奴は全員滑降に出ていて、バトンリレーはそれと比べると、遊びみたいな競技だと思ってたんですよ。まあ歩ける事は歩けるし。そしたら蓋を開けてみると、大会の中で一番盛り上がる競技になってたんですよ!技術を競う滑降よりも、多人数が参加する競争のほうが白熱しますからね!さあレースの始まりだ!おお!オレのクラス結構早いじゃん!うお!今ん所1位だよ!ぶっちぎってるよ!向う所敵なしだね!うあああ、次オレの番かよ!という訳で後ろを大きく離してのオレの出番となったわけですがね。

クラス中の声援が熱かったですね!…でもね。もうね。なにしろオレですから。ドン臭いドン臭い。まるでスピードないんですよ。そして一人抜かれ二人抜かれ…結局オレ一人で最下位まで落ちましたね!最下位になってさらにどんどん前と引き離されていきますよ!この潔さったらないですね!声援していたクラスの連中が氷付いてましたよ!視線が冷たく刺さるのが痛いほどに分かったなあ!ようやくバトンを渡すポイントに辿り着きましたが、オレを待っていたクラスメイトが鬼みたいな顔をしていたなあ!そんなに怒るなよなあ!たかが授業じゃねえかよ!…なーんて今だから言えますけどね。あの時は恥ずかしくて情けなくて本当に涙目でしたよ…。クラスのみんなスマン…。

■いじけ虫だった!
なにしろこんな感じで運痴も甚だしいオレにとって、体育授業とかスポーツとかがセーシュン時代のトラウマでしたね…。これでオベンキョもダメでしたから(ぶっちゃけこれも学年最下位でしたね!オレ潔すぎ!)、いい所の一つもない学生生活でしたよ。若かりし頃のオレの心が捻くれていたのは運動も勉強もてんで駄目なコンプレックス塗れのいじけた学生生活を送っていたからでしょう。このいじけ根性は30を過ぎるまで尾を引きましたね…。ただ、今から思うと、運痴でもダサくても、とりあえず無理矢理にでも体を動かせた体育の授業って、やっていてよかったな、と思えるから不思議ですね。今なんてあの頃に輪をかけて動きませんからねえ…。

灸洞灸洞 2008/04/17 15:59 フモさんの運動に対する、執拗なまでの憎悪が痛いほど伝わってきました(笑)。
私も相当の運痴でしたが、「運動のできないものは人にあらず」という過酷な土地柄だったんで、それはもう必死になって取り組みましたよ。軍隊生活みたいなもんでした。でもできないものはできないので、「遅い順に発走する短距離走でなんとか生涯初めての一等になりかけてゴール直前でころび、それを得意げに卒業文集に書いて周囲の嘲笑を浴びる」「カナヅチなのに、水泳大会で誰もやりたがらない ”背泳ぎ” を押し付けられて、泣きながら市営プールで練習するも溺死寸前」「”コウモリ”と呼ばれる、鉄棒に膝をかけてぐるっと廻る技を公園でひとりで練習してて落下して、たまたま真下に露出してた石で額をざっくり割って大流血」など黒歴史がてんこ盛りです。なお、ジョギングとかはいいですよ。四つ打ちテクノをiPodで聞きながらちんたら延々走ってると、ランナーズハイってやつですね、ある時点から脳内麻薬が出てきて恍惚の境地に達します。でも運痴なので膝傷めちゃってしばらくやってませんが(笑)。

globalheadglobalhead 2008/04/17 17:26 憎悪でしたねえ。これで虚弱体質だったらまだ悲壮感がありましたが、まったりと脂肪の溜まったコカコーラの瓶みたいな体系のブーデーだったので、もう見た目からドン臭かったんですわ。もうコンプレックスがコンプレックスしてた年代でしたが、ま、今この歳になると単なるネタ話です。
しかしこれだけ運動しない人間だったのに、人間ドック入っても「ちょっと太り気味」以外何も注意項目が無かったりするので、スポーツと健康は全然カンケー無いと思いますよ?今でも階段2段上がりだしな!朝まで踊ってるし(自慢げ)!でもそう言っておきながら突然ろくでもない病気に罹ったり、簡単にぽっくり逝ったりしてな!ま、人生一寸先は闇ってこった!だから心配したってしゃあねえや!
灸洞さんも同じような茨の道を歩まれたんですねえ。でもちょっと面白すぎて笑ってしまいました…。まあこんなオレでも正月休みなんかは完璧なブロイラー生活に突入してしまうので、やっぱマズイだろなあ、と思いジョギングに挑戦しようとしたことがありましたよ。寒くて2日で止めましたが(笑)。

lockedroomlockedroom 2008/04/17 18:17 あーそれはさぞお辛かったことでしょう。ホント嫌でしたよねー体育! あと私的にはフモさんはかなり頭のいいイメージがあるんですが……。

FuetaroFuetaro 2008/04/17 18:40 僕も運動苦手だけど、サバゲは楽しいですよ〜。勝ち負けあんまし関係ないし、疲れたらアンブッシュしてりゃいいし。

globalheadglobalhead 2008/04/17 20:51 >あやさん
高校卒業するときにナニが嬉しかったってそりゃ、もう体育だのスポーツだのといったもんに係わる必要が無くなる、って事でしたね。で、その後肉体労働に係わっちゃうんだが…。頭はたいしたことないっすよ。やっぱりバガヤロが一番!


>フエタロさん
あー、勝ち負けといえば勝負事も苦手だったなー。人生における勝負さえ殆ど放棄してますからね。戦わずに勝つ、とかいい加減なこと言って誤魔化してますけどね。サバゲはFPSで脳内サバゲやってるけど、オレってあらゆるリアルな事には興味示さないんだよなあ。やっぱり妄想が一番!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080417

20080416(Wed)

globalhead2008-04-16

[]オレと運痴 (前篇) オレと運痴 (前篇)を含むブックマーク オレと運痴 (前篇)のブックマークコメント

■うんち!
何を隠そうオレは運動神経ゼロなんである。運動音痴である。いわゆる運痴である。や〜い運痴野郎運痴野郎!エンガチョ切った!なのである。小学校に上がるぐらいまでは普通に外で遊んでいたが、3年生を過ぎたあたりからは何故だかひたすらインドアに拘り始めたんだよなあ。インドアで何してるかってそりゃ当然マンガとテレビですよ!部屋中マンガだらけでしたね。オレの子供の頃はまだファミコンが存在しなかったから、当然やってないけれど、あったらどんな事になっていたか想像するだに恐ろしいよな。あ、TVゲームのアルカロイドとかファミリーテニスはあったね。でも結構年齢上になってからだったような気がするなあ。

外で遊んでいた頃も、玉蹴りならやったが、キャッチボールとか野球(正確にはソフトボールかな)がダメでさ。まず球が投げられないの。コントロール以前に飛ばないのよ。球はとれない、バットには当たらない。そしてルールを覚えるのがひたすらかったるかった。野球のルールってなんだか七面倒臭くないっすか!?あれのどこに興奮する要素があるんですか!?打順待つとか守備で球が飛んでくるの待つとか、退屈でしゃあなかったですよ!?あとチームプレイとかいうのがオレには全く理解できなかったな!ルールだのチームだの小五月蝿いんだよ!こちとらアナーキーを本分とするクソガキなんだ!お行儀よくしてどうするよ!…などと思っていたのである。当然あの頃は協調性が無く落ち着きの無いガキだったな(…あ、いかん、今も…)。

■こわい!
体育の授業とかも全然ダメでしたね。球技はもとより跳び箱だのマット運動だの鉄棒だの、みんなみんなまとめてアウトですよ。あ?竹竿なんか昇った事無いですよ?あんなもの昇ってどうするんですか?あとこの歳まで逆上がりを成功させた事もないしこの先一生成功させるつもりもありません。ないよ。ないんだってば。だいたい鉄棒の金臭い臭いって気持ち悪くなるんだよな。鉄棒から落ちて骨でも折れたらどうするよ。野蛮だよ。運動なんてみんな野蛮なんだよ!だから早く家帰ってアニメ見させてくれよ!マンガ読ませてくれよ!想像の世界はいいぞ!妄想ばんざいだ!…という調子だったのである(あああああ今も同じじゃんかよおおお)。

思うに、オレって痛いのが極端にイヤだったみたいなんだよな。「失敗したら大怪我をする」という想像だけで身が怯んじゃってたんだよ。そして体動かして楽しい、という感覚があまり無かったんだろうね。ドッジボールってあるじゃないですか。あれ、小学校の頃体育でよくやらされてたけど、オレって絶対最後まで中に残ってたね。なぜならひたすら逃げ回るのが専門だったからね。球なんか誰が取るかよ!だいたい球を人に当てるとかっていうルールどうにかなんないかよ!イテエじゃねえかよ!ああ野蛮だ野蛮だ!怖いし痛いしスポーツなんてみんな野蛮だ!…という弱虫毛虫お前のカーチャン出ベソ!なガキだったのである(…いや、今も弱虫ですよ…もうそっとしておいて下さいよ…)。

長くなったから2回に分けます!ってか二日もかけてこんなもん書いてんじゃねえオレ…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/16 23:40 チームプレイは結構面白いよ。フモさんはカンが鋭いし、読みが深いし、数人で話をしている時に、人のフォローが素早いし、自分のポジションや人のポジションを察するのが巧いでしょ?バックアップの重要性も解る人だし。それをたまたま、球技の中でやるだけだよ^^。

lockedroomlockedroom 2008/04/17 00:03 物凄く分かります! 私も超絶うんち(笑)でした……。今まで20数年生きてきて、健康体で私より運動ができない人に会ったことがありません(泣)。体育の時間は地獄でしたね。皆仲良くしていても、私と同じチームになったら心なしか表情が微妙な感じになって。あー思い出したら悲しくなってきました……。私も自分の運痴について長々と二日分位余裕で語れそうです(笑)。

globalheadglobalhead 2008/04/17 09:05 >レイジーさん
いやこれはオレのガキの頃のしょうもないルサンチマンの話なので、これに何か言われてもジジイのオレは答えようがないのだよ。あとマジレスすると、多分オレは言葉の使い方はある程度の訓練がされているのでそこそこ使いこなせるのだと思うが、これが体技となると一切の訓練がされていないのでチームプレイ云々というよりも競技それ自体が成り立たないだろな。まあPCゲームでもソロとかシングルばっかりでオンラインの協力プレイとか一切やらないから、基本的に他人を意識して何かやらなきゃならないのが煩わしいと思っている部分があるのは確かだね。


>あやさん
おお同士よ。同じような苦労していたようですなあ。体育つまんなかったなー。高校の時体育担当の教師がヘルニアで欠員になっちゃって1ヶ月ぐらい授業なしの実習だった時があったけど、そんときはジャージに着替えて体育館の隅で思いっきり読書タイムしてたなー。沢山本読んだなー。あの時の体育の授業(?)が一番楽しかったなー。あと球技なんかでカッカしてやっている級友とか見ると、たかが学校授業でナニ熱くなってんだろ、とかずっと白けてましたよ。

jkjk 2008/04/17 14:23 はぢめてドラクエやった時はガッコもバイトもさぼって1週間こもりっきりになりましたからねー
プレステだのX箱だのDSだの恐ろしい時間吸引マシーンに囲まれて、ちゃんとガッコ行く昨今の
児童は真剣に尊敬しまっス。
バカボンパパと同い年になったのに周囲のバカチンはモンハン買わないと仲間入れてやんね って
イヂめます。PSPなんか買ったらオメー、死ぬまでシゴトせんわいオイラ・・・

globalheadglobalhead 2008/04/17 16:19 ぶゎははは。昨日2時過ぎまでX箱やっておったオレであります。「ちょっとだけやって止めよう」と思っていたのにこの始末。これでもかなーりいい歳なんですけどねえ…。でも初めてゲームに手を染めたのは30ちょい前なんですよ。スーファミが出た頃。あの頃はやりまくってたなあ…10日に1本RPGクリアしていたような気がする。パソコン買ったのもパソゲーしたかったからで、お陰でスペック足りなくなる度アホほど買い換えましたよ…。そんなオレですがここ何年かは日記書くので忙しくてあんまりゲームやれてません。時々ゲーム休暇が欲しくなるほどです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080416

20080415(Tue)

globalhead2008-04-15

[]オレとゴミ分別 オレとゴミ分別を含むブックマーク オレとゴミ分別のブックマークコメント

さて事業所が変わり新しい職場で職務に勤しむオレである。仕事のことについてとやかく書くつもりは無いが、移転して何しろ面食らったのはゴミの分別だ。かなり厳しい地区なのらしく、あれこれ細かく分けるように言われている。今までは単に燃えるか燃えないかの違いだけで分けていたので、確かに面倒くさい。しかしこれを読んでいる方の中には「自分の住む場所のゴミ分別なんてずっと前から相当細かかったですよ」と仰られる方もいるだろう。ゴミ問題は今やどこでも当たり前に存在する問題だからな。で、問題だとは思うが、あんまり煩いのもちょっとナニだよなー、とも思ってるんだがな。

まあねえ、環境だの資源だのというお題目は十分分かるんだけれどね。メッチャ忙しい時にゴミの分別のことも意識しなきゃならないのはかなーりストレスなんっすよ。特に急いで片付けなければならない仕事の時、同時に「あ、これはコピー用紙、これは裏紙!これはホチキスの針でこっちはプラスチック!うおお、この合体しちゃってるヤツはどうすりゃいいんだよッ!?」などとやらなければならなくなると、頭の中から「うあああああッ!うぜえええええッ!」と絶叫が聞こえてくるのである。自分の。そもそもオレは裏紙使用さえ疑問に思ってるんだがな。裏紙使用は会社全体の作業効率を落とすという研究発表まであるらしいじゃないですか。無駄を抑える為にもっと無駄なことをしてしまうというのは、なんだか「1円玉拾うのには1円相当分以上のカロリーを消費する」とかいう話(これって都市伝説ぽいが)を思い出すな。

それらの分別するものを取りあえず脇にでもどけて置ければいいのだが、なにしろ引越し先が狭い事務所で狭い机での仕事を余儀なくされているので、机の上のモンをどうにかしなければ仕事にならんのだ。暇でもないのに要らなくなった書類はせっせと裏紙・廃棄と分別しホチキスをはずしシュレッダーにぶっかけているのである。そしてこのシュレッダーがすぐ一杯になり、そのシュレッダーくずの入ったゴミ袋をまたまた始末し…と際限がない。さらにどこに捨てていいのかわからんブツがオレの机の中で溜まっていく有様で、もう日中はその10%をゴミのことを考えて仕事しているぐらいである。(いや、ホントは2%ぐらい…)

なにしろこの事業所自体、区の査察が最近入って改善命令を出されたまま、分別したゴミをどう処理するかきちんと決まっていなくて、実は燃えないゴミは別の区にあるこの事業所まで持ち運び捨てているらしいのだ。だから夕方になると事務所の誰かがゴミ袋を車に積み、何処かへと出かけていくのである。もう訳が分からない。まあオレも分別無視してこっそり捨てりゃあいいのかもしれないのだが、さすがこのオレでも気が引けるのでそれはできない。こう見えて小市民なんである。しかし大きい会社なんてどうしてるんだろうなあ。ゴミでストレス溜まるような仕事してたんじゃうまくないだろ。それともオレだけなのか!?あと住む場所を選ぶ時も分別がゆるい地区なんて条件が出てくるかもしれないね。オレも自分の住処でこれやらされるのは辛いもんがあるが、家族の多い方なんてなおさらだろうなあ。

jkjk 2008/04/15 22:38 税金と一緒でホントに必要なら分別もしなくちゃーいけませんがねー 武田せんせーの著作でもペットボトルのリサイクルの嘘(大半が焼却 http://takedanet.com/)について書かれてましたが、実際に中華の国の樹脂回収業者もPET材は引き取ってくれませんからね。 どちらにしても再生材料は品質が落ちるのでメインの素材として使うのは難しいんですが。

以前の横浜では溶鉱炉で高温処理するので分別無しだったのが、焼却灰を固めたブロックを歩道の敷設に使ってたのが、コスト高で売れなくなり最近は分別復活になってますよね。

我が町大田区は昨年末からビニールも生ゴミも全て燃えるゴミになりましたが、回収日が減ってタイヘンですわん。

エコ車の代表みたいに言われてるプリウスも数年使ったら搭載のバッテリー全交換という始末で、ホントのエコっつーのはゴミ出さない生活のハズなんですが、巧妙に消費活動に直結ですナ

globalheadglobalhead 2008/04/16 09:33 なんだかエコもリサイクルもファッションですからね。で、エコとかリサイクルとか言って企業イメージを上げて商売に繋げるという。平たく言っちゃうと人って「収入UP!がっぽり儲けたい!そしていい生活したい!」というのが基本じゃないですか。それって他人以上に消費したいという欲望ですよね。オレは他人がたっぷり儲けようが消費しようがどうでもいいんですが、その手の上昇志向とか消費至上主義ってエコだのリサイクルって全然そぐわないですよね。即ちエコとかリサイクルって小市民のもので、格差の上の方にはカンケー無い。ってことはエコもリサイクルも、全然当たり前のものなんかじゃない、ってことじゃないですか。アメリカが京都議定書を蹴ったのも「そんなんじゃ産業が活性化しない」ってことでしょ。その京都議定書も信用できないもんで、地球温暖化についての諸説は殆ど眉唾か間違いだって話もあり、だからなおさらエコって何?リサイクルって何?って思っちゃうんですけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080415

20080414(Mon)

globalhead2008-04-14

[]フィクサー (監督:トニー・ギルロイ 2007年アメリカ映画) フィクサー (監督:トニー・ギルロイ 2007年アメリカ映画)を含むブックマーク フィクサー (監督:トニー・ギルロイ 2007年アメリカ映画)のブックマークコメント

主人公マイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)はNYの巨大法律事務所の中で"調停者(フィクサー)”を勤める男。彼は農薬会社U・ノース社の300億円を超える薬害訴訟を担当するトップ弁護士アーサー(トム・ウィルキンソン)が精神に変調をきたしたことから彼の保護へと駆り出されるが、そのアーサーがクライアントであるU・ノース社の死者まで出す非道な薬害事件に心を痛め、クライアントに背きその証拠を公表しようとしていることを知る。一方U・ノース社の社内チーフ弁護士、カレン・クラウダー(ティルダ・スウィントン)もその事実を掴み、アーサーを抹殺しようと画策する。

実の所、揉み消し屋だの薬害訴訟だの社会的な題材には一切興味が無いオレがこの映画を観たのは、悪玉女弁護士カレン役を務めるティルダ・スウィントンを見たかったからである。映画『コンスタンティン』で天使ガブリエル役を演じていた彼女の中性的な容貌には実に魅了された。その後も『ナルニア国物語』を彼女見たさにDVDで見て、やはりこの人はある種カリスマ的なルックスをしているよなあ、と見惚れていた位だ。映画のナルニアはしょーもない作品だったが…。この映画『フィクサー』では、自らの職務を遂行する為についには暗殺指令まで出してしまう非道な弁護士を演じるが、単に紋切り型の悪玉を演じるのではなく、悪事にまで手を染めてしまう精神的な弱さを実に巧みに演じて見所があった。彼女はこの演技で本年度アカデミー助演女優賞を獲得している。

しかし映画としてはちょっとタルかったかな。監督が脚本畑の出身(ジェイソン・ボーン シリーズ、ディアボロス/悪魔の扉)のせいか、ディテールの積み上げ方やサブストーリーの盛り込み方は実に細やかなのだが、逆にその瑣末さが映画的カタルシスを殺いでるんだよな。脚本を小説のように読めば面白く出来ているのかもしれないが、映像作品としてみると、余計なエピソードやカットを挿入しすぎてクライマックスへと盛り上げる為のスピード感を無くしているのよ。主人公の人物背景を説明している賭け事好きや借金、家族関係など、決して必要なかったとは言わないが、これに割く時間はもっと短くてよかったね。さらに冒頭のシーンで主人公の車の爆破シーンがあり、そこから「4日前」と時系列を遡って映画が描かれてゆくのだが、これはいらない構成だったような気がする。

で、薬害訴訟で被告側巨大製薬会社の企業内弁護士を務めるカレンが暗殺指令を出し、裁判に不利な証拠を持つ弁護士を抹殺しようとするが、ここだけなぜかリアリティが希薄になってしまう。被告側弁護団に盗聴などの裏工作を専門にする”仕事屋”がいるのはまま分かることだが、これがいきなり暗殺まで引き受けてしまうのは、映画としては面白いかもしれないが、作品全体の世界観とそぐわないような気がするのだ。だったら最初からジェイソン・ボーン シリーズの如きはったりかませまくりのアクション・クライムサスペンスとして製作すればよかったわけだが、この映画はそういった性格のものとして作られていないという気がする。しかも暗殺が遂行されるのが映画のほぼ半分を過ぎてからで、やっとここからサスペンスが盛り上がってくるのだが、ここまでがむしろ長すぎるのだ。

一番の問題が、主人公が凄腕フィクサー:揉み消し屋であるということが謳われているのに、物語のどこにも、この主人公がいかに凄腕なのかが描かれていない点だな。実の所「フィクサー」というのは日本配給会社の付けた邦題で、原題は主人公の名前をとった「Michael Clayton」というシンプルなものだが、これでは確かに客は入らないだろう。むしろ映画では自分の法律事務所のもみ消し担当ばかりやらされてキャリアに繋がらない主人公の苦悩があったりするわけだから、この映画で彼の仕事である”フィクサー”は”日の目を見ないつまらない仕事”といった否定的な意味で表現されている。そのつまらない仕事の重圧に耐えかね友人弁護士は精神的に破綻し、さらに暗殺までされ、主人公も命を付けねらわれ、それにより”やさぐれ男が突然正義に目覚める”こととなるのだが、主人公がやさぐれていることが物語的に必要だったかどうかも疑問だったりする。

たいした読まないのだがアメリカのハードボイルド小説なんてぇのには、脛に傷持つ感傷的な男がとかく主人公として登場しているようなのだが、この個人的で安易な自己憐憫とナルシシズムを監督は映画でやろうとしてしまったのではないか。そして脚本家としてとかく監督から内容変更だのダメ出しだのをくらってフラストレーションの溜まっていた部分を、自分の脚本を監督として製作して大いに晴らそうとしていたのではないか。つまり脚本家としてやりたいことをやった映画であるが、映画監督としては中途半端な作品を作り上げる結果になったのが今作だったのではないかという気がする。

■Michael Clayton - Trailer

D



トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080414

20080413(Sun)

globalhead2008-04-13

[]教えて教えて!フエタロさん教えて!怪しいはてダ隊・第一回チキチキ・フエタロ教授のパソコン講習会at秋葉原アーンド南青山パブ襲撃! 教えて教えて!フエタロさん教えて!怪しいはてダ隊・第一回チキチキ・フエタロ教授のパソコン講習会at秋葉原アーンド南青山パブ襲撃!を含むブックマーク 教えて教えて!フエタロさん教えて!怪しいはてダ隊・第一回チキチキ・フエタロ教授のパソコン講習会at秋葉原アーンド南青山パブ襲撃!のブックマークコメント

  • という訳で我々”怪しいはてダ隊”は昨日、パソコン新規購入を計画するぱせよさんとレイジーさんの為に秋葉原に集結、プロフェッサー・フエタロの指導のもとBTOショップパソコンやノートパソコン、液晶モニターやスピーカー、果てはモバイルガジェットまで眺めてきたのである。
  • ちなみにオレは今回、はてダ隊の”薄笑い担当”ということでの出席である。ITのことはよく分からんので終始目を泳がせながら薄笑いを浮かべて相槌を打つという、極めて存在意義の無い担当なのであった。
  • だいたいパソコン店を見回って休憩タイムに。場所は勿論メイドカフェだ!ここでフエタロさんは鉄火の如くオムライスを注文、運んできたメイドさんに換えたばかりの眼鏡をキラリと輝かせ、「ラクダだ!ラクダを描くんだベイベ!」とクールに要求、ここに《ケチャップで書かれたラクダの絵のオムライス》が完成したのである。(写真はぱせよさんの日記参照)
  • 何故ラクダなのか?はレイジーさんのこちらのエントリ参照。レイジーさんの夢に殺人ラクダが登場し、月の砂漠で殺戮の限りをつくすという内容からきているのである。
  • という訳でラクダは我がはてダ隊のイメージアニマルとして定着したのであった。ぱせよさんが以前作ってくれた炎をかたどったはてダ隊ストラップと並び、隊の重要なアイコンとしてこれから活躍しそうである。
  • その後、打ち上げを兼ねて南青山にあるスコティッシュパブ《ヘルムズデール》へ。
  • 実は今回の集会は、はてダ隊結成1周年、そしてメンバーであるフエタロさん・レイジーさん・ぱせよさん・オレの公私における身辺事情に変化があったことを祝しての打ち上げだったのである。
  • なにしろオレも最近はパブ三昧だ。落ち着いたパブでフィッシュ&チップスをつまみにエールを飲んでいると実にいい気分になる。はっきり言ってエールはどこの店でも1パイント¥1000前後と決して安くない価格だし、スコットランド料理は取り立てて美味いというものでもないが、この適度に気取らずアットホームでありながら英国の香りも味わえるところが良かったりする。今流行の”隠れ家”みたいだしね。もう居酒屋には戻れないかも。
  • この日もお馴染みのフィッシュ&チップスやハギス、ソーセージ&チリビーンズ、ピクルスやチーズなんぞをつまみにバスペールエールやペディグリーなどのエール、ギネスビールなんぞを飲み、ビールの苦手なレイジーさんは白ワインを頼んで、まったりと話をして楽しむ我々であった。ちなみにオレとレイジーさんは後半シングルモルトウィスキーに切り替えたが、これがまたたいそう美味で、パブ最強説がまたしても高まってきたオレである。
  • しかし後半、レイジーさんの恐るべき過去が明らかになり、会は突如風雲急を告げ一波乱起こるのだ!
  • なんとレイジーさんは子供時代、保養に行っていた農家の家の牛に過剰にジャガイモを与え死に至らしめていた過去があったという!
  • 牛殺しレイジー!マス・オーヤマもかくやと思わせる凄惨な武勇伝がここにあった!
  • しかもそのジャガイモは翌年畑に植えるための種イモであり、これを全て牛に食わせてしまったため農家は困窮!レイジーさんは口を濁していたが収穫激減による借金苦、農場廃業や一家離散などの恐ろしい出来事がそこで起こっていたやもしれんのだ!
  • さらに猛り狂う巨大な豚を散歩と称して近所に連れ回し、その豚の尻を木の枝で打ち据えながら怯える子供達にけしかけて楽しんでいた、などという陰惨な話も!
  • さらにさらにあまりになつくので鬱陶しく思っていた近所の犬を、川で泳ぐと見せかけて水中におびき寄せ、その命を無きものにしようとしていた事実までが明らかになった!
  • ここまではあくまで幼少時である。この先小学校や中学校でなにがあったのかは聞くのも恐ろしい!レイジーはひょっとしてオーメンの星の下に生まれた悪魔の娘だったのか!?
  • それらはいずれこの日記で明らかにされるであろう。という訳でレイジーさんのお惚け話に全員腹の皮がよじれるほど笑い転げ、閑静な広尾の住宅街を恐慌状態に陥れながらこの日は帰路に付いたのだ!レイジー…あなたって、恐ろしい子!

paseyopaseyo 2008/04/13 14:06 お疲れ様でした〜。いつもに増して強烈に楽しかったですね。笑い死ぬかと思いました。そんでやっぱりパブはイイ!と思いました。

globalheadglobalhead 2008/04/13 14:24 お疲れ様です。結成1周年だっただけに脂の乗った会でしたな。メンバーの役割分担も情報省のフエタロさん、美貌のぱせよさん、大ボケかますレイジーさん、ひたすら飲んだくれるオレ、と明確に分かれてきたところが面白い(飲んだくれるのが役割かよオレ…)。パブって微妙なダラダラ感がいいよねー。今度また行きましょう!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/13 16:49 違う、違う!ちがーーーーうっ!! 殺してなんかいません。たまたま死んじゃったの…(ジャガイモの芽かな?)。そして私の事が大好きな犬と、一緒に楽しく泳いだだけだし。
パブはいいですね〜。こんどはアイリッシュパブを攻めてみますか。

globalheadglobalhead 2008/04/13 19:51 わはは。ちょっと弄り過ぎたようですな。それにしてもこんな有り得ないお話聞かせてもらって本当に楽しかったです。やはりレイジーさんは常人の常識を遥かに超えた存在です。次はローティーンの時の「本当にあったレイジー話」を聞かせてください。
それにしてもビール飲まないレイジーさんでもパブ気に入ってもらえましたか。なんかあの雰囲気っていい感じじゃありません?アイリッシュパブもいいですね、また次回行ってみましょうか。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/13 22:22 まぁ、本筋は違ってないけど……。

globalheadglobalhead 2008/04/14 08:37 だったらOKだ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080413

20080411(Fri)

[]あなたになら言える秘密のこと (監督:イザベル・コイシェ 2005年スペイン映画) あなたになら言える秘密のこと (監督:イザベル・コイシェ 2005年スペイン映画)を含むブックマーク あなたになら言える秘密のこと (監督:イザベル・コイシェ 2005年スペイン映画)のブックマークコメント

あなたになら言える秘密のこと [DVD]

あなたになら言える秘密のこと [DVD]

デンマークの町工場で働くハンナ(サラ・ポーリー)はいつも寡黙に仕事をこなす寂しげな翳のある女だった。補聴器が無ければ聞こえない耳。時折メンタルクリニックに掛ける無言電話。何か心と体に傷を追っているらしい彼女は、ある日職場から暇を出され、北海沿岸の町へと旅に出る。そこで彼女は海底油田火災で看護婦を探しているという話を訊き、海上の掘削基地へと赴く。そこには火傷により絶対安静となっている男ジョゼフ(ティム・ロビンス)がおり、ハンナは彼の看護を受け持つ事になった。看護を通して次第に打ち解けてゆく二人ではあったが、ハンナは決して自らの過去に触れようとはしなかった。

タイトルや宣伝コピーなどからよくあるラブロマンスものかと思っていたら全くそうではなかった。むしろ感傷を廃し非常に乾いた叙情で見せる人間ドラマであった。看護をする者とされる者の一対一のドラマに終始することなく、二人を取り巻く海底油田職員達にもスポットを当てて彼らの人生の一部も垣間見せ、洋上に孤立した海底油田という特殊な社会の中での人間群像として観ても面白いのだ。事故により作業がストップした油田では、エアポケットのような空っぽのひと時が訪れ、その中で職員達は各々の孤独をまぎらわせている。世間と隔絶された環境の中でゆっくりと流れる時間は、そこが鋼鉄に囲まれた殺伐とした油田掘削所であることを忘れさせ、なにかサナトリウムと化したかのように穏やかな安らぎに満ちている。そしてあたかも魂の避難所のようなこの場所で、主人公ハンナの閉ざされた心が少しづつ解れていく。

主人公ハンナは強迫神経症を病み、頑ななまでに過去を語ろうとしない。しかし看護は献身的で、控え目だけれども人とのコミュニーケーションを拒むこともない。言葉が荒くがさつな男達を臆する事もない。彼女に”何か”が起こるまでは、きっとごく普通の、明るい青春時代を過ごした女性だったのだろう。このハンナを演じるサラ・ポーリーの抑えた演技が素晴らしい。無口で表情も乏しいのにも拘らず、じわじわと彼女の心の動きが観るものに伝わってくる。そして次第に物語の焦点は、ハンナが口を閉ざしている、「秘密のこと」へと向けられてゆく。ネタバレになるので特に書かないが、実はこの”秘密”について、観る前から漠然と予想が付いていて、やはりその通りだった。そして秘密が明らかになる事により、物語は突然社会的な様相を帯び始める。

ハンナの遭ったこの”事件”は、実際に現実社会で起こった事であり、物語の中でハンナが語るあまりにも恐ろしいその体験は、あの”事件”の中で現実に起こった事のひとつでもあるのだろう。あまりに重く情容赦の無いその事実に、観る者は深い衝撃を受けるに違いない。しかしそれまで描かれていた掘削所での奇妙に非現実的な時間と空間の描写の後では、どこまでも辛く生々しいこの告白は、映画の性格をいっぺんに変えてしまうことになる。例えばこの”事件”が、DVや家族の死や何がしかの事故であったとしても、この物語は実は成立してしまうという部分で、少々牽強付会なのではないかと思えてしまった。製作者はまさにこの”事件”にこそ目を向けてほしかったのだろうが、批評を挟む余地が無い現実の悲劇を持ち出すというのは、ひとつのフィクションを作り出す上で、もう少し描きようがあったのではないかという気がする。

だが、深く心に傷を負った者の、その癒しと再生のドラマであるという部分で、この物語が誰の心にも訴えかける普遍的なものであることに変わりは無い。この物語では、ハンナのみならず、彼女が看護するジョセフも、実は心に大きな傷を持つ存在であり、それがこの火災事故自体にも深い影を落としていることが描かれる。そしてこのジョセフが、そういった痛みを知る人間だからこそ、ハンナが抱える「秘密」にも、敏感だったのだろう。それは同情ではない。共感だ。人の心の傷に敏感な人間は、自らも同じような傷を抱えているものなのだ。そんな相手を、慰めたくもなり、いとおしくも思うのは、それは、そこに自分の影を見るからなのだと、オレなんかは思う。以前オレは、心に沢山の悩みを抱える女性を好きになったことがあって、他人には、「同情と愛情は違うんだよ」と知った事を言われ、ふざけんな、そんなんじゃねえ、と憤慨したことを思い出したが、オレはあの時、彼女を救いたかったのと同時に、きっと、この自分をも救いたかったのに違いない。

映画はこのように重い現実を描きながらも、ラストはラブロマンスとしてもきちんとまとまっている。何しろ物語終盤でジョゼフがハンナを引き止める為に呟いたあの言葉、オレはあそこで遂にハラハラと涙してしまった。イデオロギッシュな部分よりも、あの一言を用意する為にこの映画があったのだとオレには思えてならない。名作です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080411

20080410(Thu)

[]あぶな坂HOTEL / 萩尾望都 あぶな坂HOTEL / 萩尾望都を含むブックマーク あぶな坂HOTEL / 萩尾望都のブックマークコメント

あぶな坂HOTEL (クイーンズコミックス)

あぶな坂HOTEL (クイーンズコミックス)

あの世とこの世の間に建つ「あぶな坂HOTEL」。ホテルオーナー藤ノ木由良と生と死の狭間にある魂たちとが織り成す物語。短編4作収録(他にシリーズ外のショートストーリー1編)。登場人物たちは自分が死んだことに気付かないままこのホテルを訪れ、そしてその事実に気付いた後、自分の生とはなんだったのかをこのホテルで独白し、ある時は逡巡し、あるいは錯綜し、そして慟哭する。そしてある者は死という自分の運命に抗おうと哀願し、または怒号を上げ、もう一度生きたいとホテルオーナー藤ノ木に訴え、その中には本当に生の世界へと戻ることの出来るものもいる。そしてある者はその運命を受け入れ、自らの人生を心の中で清算して、本当の”あの世”へと旅立つのだ。

この”生と死の中間の領域に存在する架空の場所でのドラマ”というのは結構ありがちなものだし、”死”そのものを題材に描くことは非常に生臭く、ある意味ドラマを作りやすいものであるが、そこは萩尾望都、非常に巧く物語をまとめ、実に驚きと感動に満ちた人間ドラマを作り出している。しかしこの物語、中島みゆきの曲をモチーフに描かれたというだけあって、狂言回し役の藤ノ木由良がとても中島みゆきに似せて描かれている。死んだら一回中島みゆきに出迎えられる、というのもある意味怖いよな。言ってみれば三途の川の前の賽の河原で待つ奪衣婆ってことだろ。だいたいオレ中島みゆきの唄って怖いもん。死んでからあれ聴かされたら嫌だよなあ。

[]天気晴朗なれども日は高し / 山上たつひこ 天気晴朗なれども日は高し / 山上たつひこを含むブックマーク 天気晴朗なれども日は高し / 山上たつひこのブックマークコメント

山上たつひこ撰集第3巻は山上の時代劇ギャグ作品を中心に収められている。しかしこれまで意識したことはなかったが、山上の時代劇ギャグがこれほど高水準の面白さを持っているとは思わなかった。確か作家の半村良が、現代を舞台にした物語を描くよりも時代劇のほうが実は自由に描けるものなのだ、と言っていた様な気がするが、山上のアナーキーな発想が時代劇という自由さの中でさらに活き活きと遊びまわっている、ということなんだろうか。取りあえず登場する人物の殆どが気が狂っている。ごみくずを捨てるように人を殺すし、男も女も獣の様に淫乱で、モザイク入りの性器が画面のあちこちに飛び交う。しかしそれでもこの漫画はギャグ漫画なのだ。

「仇討ちミコちゃん」は天然の姉と理屈っぽいがネジが1本外れているミコちゃんとの仇討ち行脚のお話。「さるとび佐助 修行編」「さるとび佐助 活劇編」は少年さるとび佐助の活躍を描いたものだが、がきデカのような少年誌ノリがなんだかほんわかして和んだ。「天気晴朗なれども日は高し」は宮本武蔵が佐々木小次郎を陥れる為に巌流島にピタゴラ装置のような罠を作る話。「幕末お笑い三人組」「いやだなぁ沖田くん」は新撰組を題材にした作品。沖田総司が完璧な変態馬鹿野郎として描かれている。「八百八町青空侍」は江戸の様々な基地外や変態や馬鹿が登場する。「鬼刃流転」は邪気放つ天才剣士・柳左近の流浪の旅の様子が描かれるが、これもギャグテイストの裏にギラギラした狂気の輝く傑作連作短編である。

[]ギャラクシー銀座 / 長尾謙一郎 ギャラクシー銀座 / 長尾謙一郎を含むブックマーク ギャラクシー銀座 / 長尾謙一郎のブックマークコメント

ギャラクシー銀座 1 (ビッグコミックススペシャル)

ギャラクシー銀座 1 (ビッグコミックススペシャル)

なんというか、シュールさの衣を被っているが、80年代・90年代あたりの風俗を、それがいかにダサいものなのか、といまさらのようにギャグにして取り上げたような漫画。こういうのってその当時から既にあったし、何で今こんなもんが描かれなきゃいけないの?とオヂサンは思いっきりシラケながらこの漫画を読みました。

[]それはそれはお忙しく それはそれはお忙しくを含むブックマーク それはそれはお忙しくのブックマークコメント

いややっぱ忙しいです。なるべくストック日記使わないようして原稿書いてますが、部屋に帰っていざ書こうとするとコテッと寝てしまいます。正確には酒飲んじゃって酔っ払って日記どころではない、という感じなんですが。あと女子にチマチマとメールを(ry 今日の日記は朝早起きて書いてそのまま更新しました。早朝日記…。下書きはしてあったけどね。

あとY女史に教えていただいた「カチョカヴァッロのオリーブオイル焼」というのを作ってみました。油の温度が低かったらしくちょっとグズグズになっちゃいましたが、焦げ目の付いた熱々のチーズってちょっとした珍味ですねえ。表面パリパリなぐらいが美味しいのかもしれない。まだチーズ半分残ってるから再挑戦してみましょう。

yukioinoyukioino 2008/04/10 23:45 おつかれさまです…。カチョ(略)、今度うちでも当該チーズを買ってトライしてみます。エポワスも好きなので、見つけるたびに取ったり置いたりを延々繰り返して、ほぼ100%諦めて帰ります…。あまりに高価で(涙

globalheadglobalhead 2008/04/11 00:27 エポワスってどんな?と思って調べたらなんとも美味そうなウォッシュチーズではないですか。チーズの王だとか書いてましたよ。その分値段も王様でしたね〜。そもそもウォッシュタイプも数えるほどしか食べたことが無いんですよ。どれも伯爵や公爵みたいなお値段で!でもちょっと気になるからそのうち買ってみようかな。次の給料日は…う〜ん?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080410

20080409(Wed)

[]最近聴いたCD 最近聴いたCDを含むブックマーク 最近聴いたCDのブックマークコメント

電気グルーヴ / J-POP

J-POP(初回生産限定盤)

J-POP(初回生産限定盤)

電気グルーヴが新作アルバムを出すのは8年ぶりということにならしい。電気のアルバムはだいたいなんとなく聴いているのだが、おふざけ振りは楽しいが音楽として聴くとすぐ飽きてしまうんだよな。卓球はWIREのようなテクノ・パーティーのオーガナイザーを務めているが、電気でやる音楽はテクノのようでテクノじゃない、なんか中途半端なもんを感じてたんだよなあ。まあ、「N.O.」とか「虹」とか「シャングリラ」とかのシングル曲は好きだったけどね。で、この新作はどうだったかというと、いい具合に地味というか力が抜けて実に心地よい。以前は突拍子もなく変なことをやろうとしていたが、今回は淡々と変なのである。やっと電気の連中も老成してきたのか。この枯れた味わいが逆にGOODであります。まあ相手は電気だけに、枯れたっちゅうてもピカデリー梅田の如き訳の分からない狒々爺振りだがな。歌詞なんて殆ど意味無いばかりかまともに聞き取れなかったりするが、一方音のほうはシンプルで実にエレクトロミュージックのツボを抑えた作り。ジャケットの80年代UKエレクトロポップスター(オレはブルーメルセデスを思い出した)を思わせるような胡散臭さや、「ま、小バカにしてるんだろな」と思わせるタイトルも最高だ!

■+1 / 木村カエラ

+1 (DVD付)

+1 (DVD付)

木村カエラたんはとても可愛いから、取り合えず立ってみたりちょっと動いてみたりしていればそれでいいのである。音なんてその辺に転がっている産業ポップと毛ほども変わらない退屈なもんだし、映像にしてもこんなビジュアルインパクトの強い子を使ってこれしか出来ないの?と唖然としてしまうような稚拙でノーアイディアなやっつけ仕事ばかり。音楽業界の仕事って楽そうだなー。そんな中でやっぱり石野卓球のプロデュースした『Jasper』が実にカッコイイ。なんかカエラたんも”ろっく”なんて汗臭くてドン臭い音楽やってないでパひゅムみたいにエレクトロポップやればいいのにな。パひゅムの10倍華もあるんだしなあ。

■Sci Fi Hi Fi Vol.4 / Funk D'Void

Sci-Fi-Hi-Fi 04

Sci-Fi-Hi-Fi 04

Somaレーベルを代表するアーチスト、Funk D'VoidのMixCD。シンプルで落ち着いたサウンドを聴かせるテックハウス。綺麗目かつディープな展開が素敵。

■SHUT UP AND DANCE ! UPDATED [Compilation]

ドイツの現代バレエ団の為にテクノアーチストたちが新曲を提供したコンピレーションアルバム。バレエというぐらいだからどことなく格調高く、ジョン・ケージを思わせるような現代音楽的なアンビエントサウンドが奏でられている。

[]人志松本のすべらない話 其之四 人志松本のすべらない話 其之四を含むブックマーク 人志松本のすべらない話 其之四のブックマークコメント

【人志松本のすべらない話7】【人志松本のすべらない話年末拡大スペシャル】を収録。すべらない話もなんとなく見ているが段々普通になってきたなあ。しかし”ホームレス中学生”田村裕のナマ話は確かに壮絶だった。今回もカットされていた場面が収録されているが、これってだいたいシモネタ系なんだよね。オレにはどうってことのないシモネタだったが、TVはこの程度でもうるさいって訳なんだろうね。【年末拡大スペシャル】ではそれまで若手お笑いばかりを集めていた中に関根勤と水道橋博士が参加、これが結構それまでの雰囲気を変えてよかった。最近普通だなあ、とこの「すべらない話」を見ていたけど、あの辺の若手お笑いって華がないから見た目的につまらなかったのかもな。あと宮川大輔はなんだかあの一所懸命さがどうもオレ苦手なんだよなあ…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/09 02:19 あ、私も同じ理由で宮川大輔が苦手、と言うか見ているのが辛い。カエラたんはただ見ているだけでもいいな。可愛い!私の「ただ見ているだけでいい」好きな歴代アイドルは。栗田ひろみ、森下愛子、優香ちゃん、カエラたんです。

globalheadglobalhead 2008/04/09 08:43 すべらない話でしか見たことはないんだけれど、宮川大輔氏ってなんだか段取り優先というか自分優先で回り見てないというか、俺を見て見て!光線が出ていて鬱陶しいんだよなあ。カエラたんは唄はオマケって感じだな。まあよくあるアイドルパッケージ商品なんで、とやかくいうのもバカバカしいが。でもオレってあんまりアイドル好きになった記憶は無いんだよなあ。全盛期の薬師丸ぐらいか?

jkjk 2008/04/09 20:41 この前一緒に呑んだムスメっこ連中、年齢はオイラの歳のほぼ半分。クラブ三昧だそーだがテクノナイトは『ありえない!ぜったい行かない!!』と。その理由は客がイケてないからだとー ・・ おっさんしょんぼり

globalheadglobalhead 2008/04/09 22:06 あー。オレんとこにもオレの歳半分の”コムスメ”という女子がいますが、結構いっしょにクラブ行って楽しんでますよ。もともとナインインチネールズとか好きなパンク娘だったんですが、「もっといろんな音楽聴きてえ!デストロイ!」という彼女のリクエストがあってテクノ教えたらこれがバッチリはまったみたい。クラブでDJが変わったらすぐ分かるぐらい耳の良い子で、面白いからJAGATARAとかジョイ・ディビジョンとか聞かせたら普通に気に入ってくれました。やっぱりこういう女子と遊んだほうが面白いですよーjkさん。

jkjk 2008/04/09 23:13 デストロイ! でJAGATARAは激しく飛躍な気が・・・ 仲間がASIAスタッフなもんで、知り合い関係が入る時には呼ばれますが、体力無いんでキツイんですよねー クラブ。 お酒はゆっくり呑みたいしー で、トランスは何聴いても一緒に聞こえるのはお年を召してるせいでしょね っと。 あんまし関係ないですが20年くらい前に『死ね死ね団』PV撮影にカメラマンで入ってたり。っつか単に当時ビデオカメラ持ってるヤツがほぼ皆無だったという・・・

globalheadglobalhead 2008/04/09 23:35 いやー、そういえばトランスなんてジャンルありましたねー。アレはゴアと一緒でおんなじに聞こえて正解です。オレもサシャとかジョン・ディグウィードあたりは嫌いじゃなかったですが、クラブでトランス聴くと薄っぺらくて脱力しましたね。体力はねー、オレだとクラブでいかに無理して踊らないかにかかってますね。若いヤツとクラブ行くと酒ばっか飲まされるんですが、基本的にクラブでは音楽で酔っ払えるので酒すらいらないほうなんです。それにしても死ね死ね団とは!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080409

20080408(Tue)

globalhead2008-04-08

[]伊達ワルの夜はメキシコ料理でビバ!メヒコ! 伊達ワルの夜はメキシコ料理でビバ!メヒコ!を含むブックマーク 伊達ワルの夜はメキシコ料理でビバ!メヒコ!のブックマークコメント

さて日曜の夜、朝までクラブで踊って疲れた伊達ワルレジェンド爆走中のオレは、その日の昼間は寝たり起きたり日記を書いたり(これだけは欠かせない)してダラダラと半日過ごしていた。伊達ワルのオレにもアンニュイに過ごす午後があるのである。いや、いつもはバリバリでイケイケでブイブイに伊達ワル言わせまくっているこのオレ様が、時折チラリと見せるアンニュイさに女達はちいちゃなハートを焦がすのである。

そしてだいぶ調子も戻ってきたのでまた酒飲みに出かけたこのオレ様である。酒は伊達ワルの頂上を極めたこのオレ様にとってガソリンみたいなものさ。この日入ったのは横浜スカイビル。伊達ワルと煙は高いところを好むのである。そしてその28階にあるメキシコ料理店《エルトリート》でメシを食うことにした。そう。かつては品川のデスペラード、即ちならず者と呼ばれたこのオレ様にはメキシコ料理こそがお似合いだ。

同じフロアのほかの店はスカスカだったが、ここだけは元気が良くて大賑わいだ。そしてオレはブーゲンビリアのように艶やかなセニョリータをエスコートし、コースを頼んでガッカモーレだのカラマリだのファヒータだのアロスコンウエボスだのを味わってきたというわけだ。正直¥2000のコ−スだったのだが、これが結構な量で、後半「まだ出てくるの!?」とビックリしたぐらいだ。オレのミ・アミーガもトロピカルカクテルなんぞを飲みながらご満悦のようだった。横浜の夜景がきらめいていたぜ。それではアディオス・アミーゴス!

[]深夜にぼやけ! 深夜にぼやけ!を含むブックマーク 深夜にぼやけ!のブックマークコメント

  • ま、伊達ワルがどうとかジャージ着ながら書いてるオレもオレだがな。
  • 「ビールとチーズとナッツだけで生きていけるかも」などと書いたがホントに今晩はそれしか食ってない…。
  • 取り合えず8日火曜日の分は更新したから今日はもうエントリ書かないからね!
  • しかし「深夜にぼやけ!」って、なんか「リングにかけろ!」に似てませんか。
  • …あ、全然違いますか…。
  • この間オールしたはずなのに何故か体重が増えているオレ。
  • 歳を取ると筋肉痛が3日後位に起きたりするが、やはり3日後ぐらいにカロリーを消費するのであろうか。
  • なんでこの時間まで起きていたのかというと単に「日記書かなきゃなあ…」と思いながらボーッとしていたのである。
  • 日記の零細企業、日記の自転車操業、日記の薄利多売状態である。
  • そのうち日記の不渡り手形を出し、日記の倒産、日記の破産、挙句に日記の夜逃げ、日記の一家離散、などということになるのであろうか。
  • そして逃亡した先でまた似たような日記を細々と始めるのだ。例え失敗したとしても持って生まれたサガは決して変わらないということであろうか。
  • つくづく因業な人生である。
  • なんの話だいったい…。

FuetaroFuetaro 2008/04/08 00:27 エルトリートは結構美味しいんですよね。ウチの近くにもあってちょくちょく行ってたけど潰れてしまった…。

globalheadglobalhead 2008/04/08 00:43 ファミレス風だけどあの値段であのボリュームなら無問題ですよね。メキシコビールも飲めるし。サラダとファヒータに入っていたグリルチキンが美味かったなあ。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/08 00:47 品川限定のデスペラードって(笑)。肩肘ついて、面倒臭そうにスプーンを口に運ぶのね。で、テキーラをそりくり返ってあおる。で、むせて涙目。
私もメキシコ系の味はすきです。イカとかマメも旨いし。

globalheadglobalhead 2008/04/08 01:11 品川区といっても人口34万人。モナコ公国よりも多くセントクリストファー・ネービス連邦(どこだよいったい)よりもちょっと少ない。つまりちょっとした小国家の中で頂点を極めるようなもの。そう考えるといかにオレのデスペラードがならず者かが分かるというものであろう。そしてナンバーワン・デスペラードが与えられし勲章、それが黄金のソンブレロだ。即ち品川区で黄金のソンブレロを被った男を見かけたらオレだと思ってくれ!近所の変わりもんなんかじゃ決して無いからな!
しかしイカフライのネーミングがカラマリとは…。昔河合奈保子が日立洗濯機「からまん棒」のCMをしていたことを何故か思い出させるぜ…。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/08 03:09 肩肘→片肘ね。
あ、そうか。品川駅前限定かと勘違いしました。お見それいたしました。

globalheadglobalhead 2008/04/08 06:05 実は町内限定であった…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080408

20080407(Mon)

globalhead2008-04-07

[]クローバーフィールド -HAKAISHA- (監督:マット・リーヴス 2008年 アメリカ映画) クローバーフィールド -HAKAISHA- (監督:マット・リーヴス 2008年 アメリカ映画)を含むブックマーク クローバーフィールド -HAKAISHA- (監督:マット・リーヴス 2008年 アメリカ映画)のブックマークコメント

ニューヨークの高級アパート。日本に転勤が決まった友人の為にサプライズパーティーを開く若者たち。その最中、突然の轟音が地響きと共に鳴り渡り、何事かとビル屋上に上った彼等が見たのは爆発するビルだった。街頭へと逃げ出す若者たちだったが、その目の前に巨大な物体が飛んでくる。それは破壊された自由の女神の首だった…。これは、合衆国国防省デジタル記録#USGX-8810-B467、暗号名”クローバーフィールド事件”の複数の目撃例の一つであり、かつて”セントラルパーク”と呼ばれていた場所”U-447地区”で回収されたビデオに保存されていた映像である。

公開前から謎が謎を呼んでいたディザスタームービー『クローバーフィールド -HAKAISHA-』、公開初日に観てきました。感想はと言うと非常に面白かった!のだけれども、しかしこれ、なんにも知らない状態で観るのが一番だろうし、オレもそうして観たので、ここであれこれ書くのもナニなので、いつものような感想文は書きません。ただそれだと日記にならないので、ちょっとだけ補足を。

随分前、”海底油田基地が謎の倒壊事故を起こす”というニュース番組風の謎の映像がネットで流れていて、オレも観た時は「これってなんなの?」と首を傾げていたんですが、実はこれこそがCF/Hのプロモーション映像だったんですね。手の込んだことに多数の国のバージョンがあり、さらに海底油田基地を持つ日系企業《タグルアト》の架空の企業サイトまで作られていたという手の込みよう(Tagruato Corporatoin)。ちなみにこの映像は映画では登場しません。

■Japanese Tagruato Deep Sea Rig Disaster

D

映画は水爆実験の恐怖が『ゴジラ』を生み出したように911の恐怖が生み出した映画である、と言うことなんでしょう。”アレ”が執拗にNYだけにいて、さらに登場人物の前に頻繁に現れるというのは、911の恐怖がそれだけ生々しく常にそこここに偏在するものであったということなのだと思います。家庭用ハンディカメラで撮られたように撮影された映像は人によってはかなり酔うらしく、映画館でチケットを交換する時に売り場のお姉さんから「体調の悪い方などはご遠慮ください」などとわざわざ言われてしまいました。オレはFPSで鍛えられているので全然平気でしたが。早くも続編の製作が決定しているようで、これも楽しみです。しかし、文章書くのにあれこれネット漁りましたが、ネタバレサイトの多いこと多いこと…。映画に出てくる”アレ”のフィギュア映像も見られるしなあ。しかしそれだけ人に喋りたくなる映画でもあるんでしょうね。映画的には”アレ”映画だと思ってましたが、実際観ると、これってやっぱりホラー映画なんだ、と言う気がする。ラストはなぜだか切ないです。

【Cloverfield - 日本サイト】
【Cloverfield - Official site】 

■クローバーフィールド 予告編

D

映画を観ている間中いろんな映画を想起しました。最後に思いついた映画をアマゾンリンクしておきましょう。

ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 [DVD]宇宙戦争 [DVD]ゴジラ <昭和29年度作品> [DVD]

GODZILLA [DVD]グエムル-漢江の怪物-(スマイルBEST) [DVD]ガメラ2 レギオン襲来 [DVD]

原子怪獣現わる 特別版 [DVD]ニューヨーク1997 [DVD]インデペンデンス・デイ (ベストヒット・セレクション) [DVD]

タワーリング・インフェルノ [DVD]ポセイドン・アドベンチャー [DVD]ドーン・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット [DVD]



yukioinoyukioino 2008/04/07 13:09 この映画、ぜったい連れて行ってくれと子供に懇願されています。自分ひとりで平日に行こうと思ってたのに(笑) 女神の頭がすっ飛んでくる予告編といい、youtubeの画像といい、よく出来てますね。見に行くのが楽しみです。映像酔いしないといいんですが。

globalheadglobalhead 2008/04/07 21:46 撮り方が撮り方だっただけに相当生々しかったですね。恐怖とパニックを映画の話法ではなくライブドキュメンタリーのように映し出した部分がなにしろ新鮮でした。これは本当に怖かったし面白かった。息子さんにはトラウマになるやも知れませんが、映画映像のトラウマの一つや二つあったほうがいいかもしれん、などと無責任に言っておきます。ひとつだけ、ネタバレにならない程度に見所を。

最後の最後で映し出される何気ない水平線の映像をよっっく見ておくこと!

nikuzombienikuzombie 2008/04/08 01:44 ホラー映画というのは同感です。そのケをものすごく感じました。水平線...最後まで観てたのに気がつかなかったです。

globalheadglobalhead 2008/04/08 08:49 オレも実際見たわけじゃないんですが、ネットを漁ってたらどうもあの海の向こうに○○○○○が○○○いるらしいことが書いてあるんですよ。写真入のサイトもあったな。つまりそれが全ての予兆だったということなのらしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080407

20080406(Sun)

globalhead2008-04-06

[]DEFECTED IN THE HOUSE 〜 ジャイルス・ピーターソンin代官山AIR! DEFECTED IN THE HOUSE 〜 ジャイルス・ピーターソンin代官山AIR!を含むブックマーク DEFECTED IN THE HOUSE 〜 ジャイルス・ピーターソンin代官山AIR!のブックマークコメント

昨日は代官山のクラブAIRにジャイルス・ピーターソンを観に行きましたよ。この間リリースされた3枚組Mixアルバム『Gilles Peterson In The House』が相当出来がよかったんで、とても楽しみにしていました。この日同行してきてくれたのはコムスメと会社のD君。

ところでクラブ行く日は深夜まで遊ぶことになるんで、夕方少し仮眠するんですよ。で、この日も4時過ぎからビールでも飲んで寝に入ろうかと思ってたんですが、5時頃コムスメからメールが来て「時間余ってるんでクラブ行くまで酒飲もう」とか言ってるじゃないですか。こっちはもう結構飲んじゃってるので、どうしようか迷いましたが、取り合えず9時頃まで寝させろ!ということで一応仮眠を取って渋谷へ。いやー。まだ酒残ってましたけどね。渋谷で10時に待ち合わせ、以前はてダ隊で寄った時混みあっていて入れなかったアイリッシュ・パブへ。この日はなんとガラガラ!例によってフィッシュ&チップスでエール飲んでました!ワインビネガーで食べるとこれがまた美味いのよ。

深夜12時に待ち合わせ場所でD君と落ち合い代官山AIRへ。入ったときにはゲストのJAZZTRONIKがDJしておりました。さて取り合えずということでみんなでビール!ちょっと踊ってからなんか強いヤツを、ということでみんなでテキーラショット!まだ効いてないね、ということでまたまたテキーラショット!オレ夕方4時から飲みっぱなしであります…。朝まで持つんでしょうか…。

1時半頃ゲストのプレイが終わり、いよいよジャイルス・ピーターソン登場。しかしおんなじ風にレコード廻している筈なのに、DJが変わると音や空気感がはっきりと変わる、というのが如実に分かるから不思議ですね。ロンドン出身のDJ、ジャイルス・ピーターソンはアシッドジャズの草分け的存在であり、アシッドジャズやトーキングラウドなどのレーベルオーナーでもあります。勿論基本はクラブジャズ。オレはどちらかというとテクノ系のDJものばかり聴いてましたが、最近ハウスもなかなか面白くなってきて、DEFECTEDから出ている人気ハウスコンピレーションシリーズ『In The House』も結構あれこれ聴いていたんです。ジャイルスのプレイをクラブで聴くのも、クラブジャズ系のパーティーも初めてだったので少しワクワクしておりました。

それにしても変幻自在にいろんな音をチョイスしていましたね。ハウスミュージックからクラブジャズ、ファンク、ガラージ、ソウル、ディスコ、テクノ、さらにサルサなどラテンミュージックまでガンガンにミックスしてプレイしてましたよ。アース・ウィンド&ファイアーの『宇宙のファンタジー』で盛り上がるとは思いませんでした!4時を過ぎてクライマックスに達した頃にはテンポの速いジャズピアノをフィーチャーしたトラックを連発、一緒に行った3人で「カッコよすぎる!」と喚きながら大盛り上がりでした。楽しかったなあ。この日は本当に充実したプレイを堪能できました。

6時を過ぎてお開きにすることに。結局殆ど休憩無しで5時間近くフロアで踊ってました。帰り3人ですき屋によって朝食を食べ、また踊りにいくぜ!と約束を交わしめいめいの家路へとついたのでありました。さあ、次は5月の野外パーティー《Body&Soul》だ!

gilles peterson in belgrade

D

In the House

In the House

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080406

20080405(Sat)

[]朝日記 朝日記を含むブックマーク 朝日記のブックマークコメント

  • 例によって例の如く映画を見に行こうと思ったのだが、オレの棲家から一番近い映画館は品川プリンスシネマであることに気付く。
  • しかも会社帰りに気軽に寄れる距離であるばかりではなく、公開前日の晩に行って席を予約出来ることにも気付く。
  • ってか今時シネコンのシステムくらい憶えろオレ…。
  • これから愛用しようか品川プリンスシネマ。
  • という訳で朝9時から席だけ予約しに映画館へ。映画は12時からだから一回棲家に帰る。近いから手間でもない。
  • 途中品川駅前の成城石井へふらふらと…。ここの品物はお高いので鬼門だったのだが、ついついよくわかんないベルギービールとかよくわかんないチーズとかよくわかんないパスタソースなどを買ってしまう。
  • 一応買ったものをメモ代わりに。アンチョビペーストとバジル入りのジェノバソース グランクッチーナ ペストジェノベーゼと12ヶ月熟成ゴーダとカチョカヴァッロとかいうセミハードチーズとヒューガンデル・ホワイトとヒューガンデル・禁断の果実というベルギービール
  • 禁断の果実!
  • ”少しオレンジかかった淡いこげ茶色。甘く豊かなカラメル香。ふくよかな甘みと柔らかい苦味があり、ミディアムフルボディのコクのある旨口タイプ。”〔スパイス等が入っている為法令上ビールと表示できません〕と書いてある。原材料は麦芽、ホップ、コリアンダー、オレンジピール。
  • 最近ベルギービールとエールがマイブームのオレである。誰か一緒に飲みに行こう。パブで飲むスコッチウイスキーも旨いんだよな。
  • それにしてもビールとチーズとミックスナッツがあれば生きていけそうな気がする今日この頃。
  • 記念撮影(すんなよ)。

f:id:globalhead:20080405105852j:image

[]タイトル画像 タイトル画像を含むブックマーク タイトル画像のブックマークコメント

タイトル画像にした写真のオリジナル。ネットで拾ってきた。

f:id:globalhead:20080405110507j:image

灸洞灸洞 2008/04/05 13:24 ちきしょう、旨そうなもんばっかりじゃないですか!いいな〜、わたしなんかコーラとコッペパンばっかなのに!そういえば一ヶ月前に買った(…おい)くっさーいウォッシュタイプのチーズを冷蔵庫に入れっぱにしてました。今みたらいい感じにドロドロに…フッフッフ。酒が飲めるようになったら赤ワインでガツガツ喰ってやる!

globalheadglobalhead 2008/04/05 18:43 コーラとコッペパンて。牛乳にしましょう。カルシウム満点です。しかし灸洞さんもチーズ好きですか!実はオレの日記よく来てくれる人ってチーズ好きの人が多いけど、灸洞さんもですか!マジな話、チーズ好きの人間ってどういう性格なのか一回分析してみたくなりましたよ。ウォッシュタイプチーズいいですねえ。生臭度が一番高いチーズということが出来るでしょうか。あんまりその辺で買うことの出来るもんではないので、しばらく食べてないなあ。

yukioinoyukioino 2008/04/05 19:50 チーズとベルギービールは、ハマるといくらお金があっても足りないですよ(笑)カチョカヴァッロは、二センチくらいの厚みに切ってオリーブ油を引いたフライパンで焼くと美味しいらしいです。禁断の果実…うう、飲みたいっ。ベルギービール、今度ごいっしょしたいです。

paseyopaseyo 2008/04/05 23:17 フ、フライパンで焼くチーズ…た、食べてみたいです…(じゅるる)ここ見たら飲みたくなってきました。せめてギネスを買ってこよう…。

ハイジハイジ 2008/04/05 23:47 初めまして。チーズといったら、ヤギのチーズを棒にさして暖炉でとろーって
なるまで焼くに限ります。
フモさんは生活を楽しんでいるので、日記を拝見していて、励まされます。
山が燃えているわ!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/06 01:29 天城〜ごおえ〜♪(スマン) ビールにパクチーってどんな香りなんでしょ。ビールは飲めないけど、スコッチでチーズ&ナッツは惹かれますね。今度是非、スコッチパブに連れて行って下さい。或いはスイス料理屋さんかな?

globalheadglobalhead 2008/04/06 12:26 >雪狼さん
チーズは散財してしまうのでなるべく買わない・そういうお店に寄りつかないようにしてるんですよー。この間の雪狼さんの日記に書かれていたチーズのお店、オレもHP覗いてみましたが、お値段に目ん玉飛び出てしまいました!普段はキリン一番絞りを飲みながら、雪印6Pチーズを噛み締めて食しております。今度メンバー集めてベルギービールの会でも開いてみたいですね。


>ぱせよさん
ぱせよさんも最近エール系のビール飲んでるなあ。オレもギネスは毎日は飲めないので、たまのご馳走ってことで2週間に一度ぐらい買って来て飲んでます。カチョカヴァッロのオリーブオイル焼はいつ作ろうかな(にやり)。


>ハイジさん
こんにちは初めまして!ヤギのチーズを暖炉で焼くだなんて、なんだか楽しそうだなあ。自分のアパートだとガスコンロで焼くことになっちゃうのでちょっと寂しいですね!こういう贅沢はせいぜい月1度だけですね。この日はきっと魔が差したに違いない…。生活楽しんでいるように見えるだなんてありがとうございます。いやー、一人モンなもんですから、お財布の管理がルーズなだけかもしれません。で、お財布が寂しくなって月末は100円ナッツと6Pチーズでしのぐという…。


>レイジーさん
ベルギービール、買ったのはいいんですが勿体無くて暫らく冷蔵庫に寝かせておくことのなりそうです。そういえばコリアンダーってパクチーのことだったんですよね。ホントどんな香りなんだろ。英国風パブは最近毎週行ってる様な気がしてきましたね。昨日も渋谷の、はてダの時に入れなかったパブ行ってきたんですよ。スイス料理も面白そうだけど、専門のお店はあまり無さそうですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080405

20080404(Fri)

[]ヒエロニムス・ボスのでかい画集買った ヒエロニムス・ボスのでかい画集買ったを含むブックマーク ヒエロニムス・ボスのでかい画集買ったのブックマークコメント

Hieronymus Bosch

Hieronymus Bosch

なんだか矢も盾も堪らずヒエロニムス・ボスの絵を見たくなり、全作品を網羅したという画集《Hieronymus Bosch》を購入。これがまた大きさ重さともとんでもないボリュームの本で、画集だというのに途中でお腹一杯になり一回で全部見切ることが出来なかったという内容の濃さだった。ボスの絵に細かに描かれた様々な人や生物や怪しげな風景などを目で追っていると、何か迷路を彷徨っているようで、一枚の絵だというのにいつまで経っても見終わることができなくなってしまう。いやこれ一生モンだわ。死んだ時棺桶に一緒に入れて欲しいものと言ったらまずこの画集を挙げちゃうかも。この本一冊と虫眼鏡があれば一日潰せるね。なんなのこの虫みたいな妖精みたいな悪魔みたいなちっこい連中は?なんて考えながらね。なにしろ凄くて、そして尽きることない不思議を醸し出す絵。漫画家の大友克洋三浦健太郎の作品にもモチーフが流用されている部分を見つけることが出来るけれど、彼らに限らずも沢山のアーチストにボスは影響を与えているんだろうね。そんな部分を探し出すのも楽しかったりするね。

ボスの作品は基本的に宗教画なんだけど、最も有名な作品といえば《快楽の園》になるだろうか。特にその一部分である《地獄》の、奇怪な生き物達に満たされた絵を見た事がある人は多いんじゃないかな。この《快楽の園》は「三連祭壇画」と言って三つのパネルに書かれたものなんだが、これは中央の絵を中心にして左右が観音開きになるように作ってある。そして通常閉じられた形で祭壇に置かれいつもは見ることは出来ないが、教会や聖堂などで礼拝があった時だけに開かれて、集まった人たちに披露できるようになっていた。つまり「三連祭壇画」というのは”特別な時だけに見られる”からこそそれを見せるときには信者に驚きと畏敬を与えるという効果があったんだ。この《快楽の園》もパネルを閉じた状態ではその裏側に《天地創造》が描かれており、これを開くと《天国》《現世》《地獄》という三つのモチーフを見ることが出来るようになっている。あの《フランダースの犬》で最後に主人公が見たがっていた絵も、この「三連祭壇画」形式の絵だったらしく*1、だから滅多に見ることが出来ない絵、として紹介されていたのらしい。そしてこの《快楽の園》に限らず、《地獄》のモチーフは何度もボスの絵に表れて、画集ではその奇怪さを思う存分堪能する事ができる。

ボスの絵に限らず当時のキリスト教美術というのは、『図像学(イコノロジー)』的な方法論の基に描かれているという。現在の一般的な絵画批評というのは、人物なり静物なりの絵を見てその技法や印象、時代性を論じるというものだけれども、中世キリスト教美術には宗教的教義を啓蒙する為の様々な”意味”が作品の中に埋め込まれており、それを”絵解き”することがこの時代の美術を理解する為に必要になるのらしい。例えば空中の手は神を表し、魚はキリストを、羊は信者を表している、といった具合にだ。だからボスの絵画に現れる、一見意味不明であったり自由な想像で描かれたものだろうと思われる事物も、実はいちいち細かな意味が込められているのだ。しかしこれは研究者で無ければ殆ど分からない事だろうし、その研究者にとってもこのボスの絵はかなり謎が多く、今でも論議されているのだという。どちらにしろ、見た目の不気味さだけではなく、そこに秘められた”意味”を読み解くということは実に興味深い。例えば先に紹介した《地獄》でも、正確には《音楽の地獄》と呼ばれるものなのらしい。確かに楽器のようなものが多数見受けられるが、何故音楽で、そして地獄なのか。いつかボスの研究書でも買ってきて、付き合わせながら再びこの絵を見るのも、また楽しいかもしれない。

f:id:globalhead:20071114220215j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080404

20080403(Thu)

globalhead2008-04-03

[]地球の長い午後 / ブライアン・W・オールディス asin:4150102244 地球の長い午後 / ブライアン・W・オールディス  asin:4150102244を含むブックマーク 地球の長い午後 / ブライアン・W・オールディス  asin:4150102244のブックマークコメント

遥か遠い、遠い未来。老年期を迎えた太陽は膨らみながら赤色巨星への道を歩み始め、自転を止めた地球の昼の側を温室さながらに熱していた。殆どの動物は絶滅し、その代わりに知覚と運動能力を獲得した植物たちが太古の恐竜の如く大地の王者と化し、互いの肉を貪り喰らいあっていた。月は地球から離れて惑星軌道を巡り、そしてその月と地球との間に直径1マイルはあろうかという巨大な蜘蛛形植物が糸を渡し、宇宙空間を行き来しながら宇宙線の養分を体に浴びているのであった。人類とその文明は太古の昔に消え去り、猫ほどの大きさの緑色の小人*1となったその末裔が、植物達の牙を恐れながら細々と生き永らえていた。それは末期の太陽を巡る地球の、長い長い午後であった。

数十億年後の地球の姿を恐るべきスケールと想像力で描ききった、ニューウェーブSF作家ブライアン・W・オールディス1962年発表の作品である。異様な姿と能力を兼ね備え地上に根を張りそして蠢きまわる植物たちと、その食物連鎖の最下部で、虫けらのように生き、虫けらのように命を落とす亜人類たち。その中の一人、少年グレンが部族を追放された事から、この緑の地獄での冒険が始まるのだ。次々と現れる驚異、恐怖、謎。不気味な生態を持った生物たち、不可解な現象、全てが変容した大地。はっきり言って、凄い。想像力の限界に挑む、とはまさにこの作品のことだろう。作品の感触としてはドゥーガル・ディクソンの『アフターマン』におけるグロテスクに進化した生物たちの画像を思い浮かべて貰うと、その異様さと、異様なものに見入ってしまう興奮、というのが伝わるだろうか。

中盤には主人公グレンがアミガサダケと呼ばれる寄生植物に思考を乗っ取られ、ここでグレンの深層心理にある地球生命の進化の過程と人類の歴史が明らかにされるシーンがある。そこには動物としての人間がどのようにして思考する脳を獲得し、またそれを失ったかが描かれるが、それはあたかも人類の祖先が知恵の実を食べたばかりに楽園を追われた、という旧約聖書の記述を思わせる。この”知性を得て世界を知覚する”ことと”ひとつの動物として奔放に生きる”ことの拮抗は終盤まで一つのテーマとなって存在する。そしてアミガサダケはその後もグレンに取り付いたまま、変容した世界を放浪させる”声”として物語の重要な役割を演じる事になる。物言わぬ植物達の脅威の中で、メフィストフェレスの如く甘言と恫喝とを囁くアミガサダケは、物語の中でも実にユニークな存在だ。また、共生植物から切り離された《ポンポン》と呼ばれる亜人類たちも旅に同行し、殺伐として始まった物語を奇妙にユーモラスなものに変えてゆく。

後半からは主人公と仲間たちが大洋を超え、自転の止まった地球の昼夜の明暗境界線《永遠の黄昏の地》にある土地まで辿り着く。地の果てに永遠に没しかけたまま動かない太陽。それが弱々しく光を投げかける荒涼とした大地。そこに佇み寒々とした空気の中、不気味に赤く膨らんだ太陽を眺める母子。ここではまるで宗教画を思わせるような荘厳さに満ちた情景が描写されてゆく。そしてそこで途方に暮れたまま細々と生活を始める主人公達の姿は、どこか滅びゆく者の哀感を帯び、それが遥か未来の異形なものと化した亜人類のものであったとしても、何か奇妙な共感を覚えてしまった。このクライマックスの章では、彼らの立つこの場所が、地球と人類と、そして時間というものの最果てなのだ、という眩暈にも似た圧倒感がいやおうなく迫ってくる。ただ、黄昏を迎えた人類と滅びを前にした地球とを描きながらも、その残された時間を思うように生きたいとする主人公の姿は、実に飄々として鮮やかな読後感を残すのだ。いやあ、今更ながらに言うのもなんですが、大傑作でした!

*1:ただどうも後半はこの設定を忘れたらしくて、終盤では主人公がイルカを背負って歩いたりする

yukioinoyukioino 2008/04/03 13:12 おお、なつかしい。中学生の夏休みに読んだ一冊でした。いま再読するとまた違った感触なんでしょうね。食材になっているアミガサタケを見ると今も暑い緑の地獄を思い出します。

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/03 22:29 夢なのか、事実なのか、とても曖昧なんだけど、この作品が漫画になっていませんか?昔々に読んだ記憶があって、絵が脳裏に残っているんです。妄想かしら…。

灸洞灸洞 2008/04/03 22:32 うわあ、相変わらず引き込まれるレビューですね。お世辞じゃなくてマジそう思います。また読みたい本が増えちゃったじゃないですか。どーしてくれよう!(逆恨み)

globalheadglobalhead 2008/04/04 00:33 >雪狼さん
これ中学生ぐらいの時に文庫本で買って、数ページ読んで挫折していたんですよねえ。しかし最近古いSF名作を結構読んでないのに気付き、再チャレンジしてみたというわけです。ある意味20年間積読していた本をやっと読み終わったということでしょうか。

>レイジーさん
40年以上前の作品なので結構後の創作物に影響をあたえているのかもしれないですね。調べたら、昔モーニングで連載されていた菅原雅雪の「暁星記」というSFマンガの設定がこれとそっくりだという話なので案外それかも。

>灸洞さん
実はね、本文では書きませんでしたが、オレや灸洞さんの大好きな諸星大二郎描く異世界と実によく似ていて、読んでいて何度も諸星の作品が目に浮かびましたよ。単行本で出ている諸星の「夢の木の下で」は読みました?あの雰囲気が近いかと思いますよ。

灸洞灸洞 2008/04/04 02:29 「夢の木の下で」!あの荒廃と寂寞感なんですか!それは読まなきゃ…。
そういえばあの壁が何重にも続いてる感じ、イーガンの短編の「放浪者の軌跡」を読んでるときに少しイメージが重なりました。

globalheadglobalhead 2008/04/04 08:53 あと後半の荒れ野のシーンなどは諸星の「失楽園」あたりにかなり近いものがありましたよ。あれほどダーク展開ではないですけどね。うーん、オールディスは諸星だったのか!?

20080402(Wed)

globalhead2008-04-02

[]そんなわけだ。 そんなわけだ。を含むブックマーク そんなわけだ。のブックマークコメント

  • 説明するまでもないだろうが先日のエントリは4月バカ企画であった。
  • しかしあの記事は、実は去年書いたもので、その年の4月1日に更新するつもりがうっかり忘れてしまい、今回まで持ち越されていたわけなのである。
  • つまりなんと一年越しの企画なのであった…が、それで面白いかどうかはまた別の話であるが。
  • 日記のテーマもぽえむっぽいものに変えたが、今日元に戻そうと思ったら、それまで使っていたテーマが思い出せない…。そういう訳で適当なテーマにしての今回の更新である。
  • それとあれね、日記のタイトル変えるとカウンターが認識しなくなるみたいで、先日のアクセス数は20人ぐらいであった…。ホントにそれだけだったりして。
  • ところでなんとなくボヤいていたが、4月から事業所が移転してしまい、オレは先日から出向社員になってしまったのである。
  • さらに人員削減なんかもあってヒーヒー言ってるんだが、まあ仕事のことはどうでもいい。ただ、相当忙しくなってしまう為、今までのような形で日記を更新できなくなってしまうような気がしてならない。
  • 仕事よりも日記を心配するオレ…。
  • 昔は10時過ぎに帰ってきても遅くまで日記書いてたが、そこまでの体力が今あるかどうか。ってか今そんなに日記書きたくて書きたくてしょうがないわけでもないしなあ。
  • と、ここまで書いてナンなんだが、取りあえず今まで通りの更新を続けてみようかと思う。なんかもう意地である。ああやってやるよ!やってやるさ!誰にも頼まれてないけどな!
  • これを見越して20件ぐらい日記のストックも作ってあったりしてるんである。ただ問題はあんまり面白くないかもしれない、ということだがな。その辺は目をつぶってくれ。
  • たいした頭も使ってない文章であるが、普段生活している時よりは頭をひねってはいるつもりである。書いていないとこのまま若年認知症状態になってしまいそうでな。
  • リハビリかよ。

yukioinoyukioino 2008/04/02 17:08 ぽえむ皇帝様、四月馬鹿企画とても楽しかったです。うちもなんかやればよかったんですが肉まんをふかしているうちに終わってしまいました…。お忙しくなるでしょうけれど、これからも楽しみに通わせていただきます。

globalheadglobalhead 2008/04/02 22:19 雪狼さんこんにちは!ぽえむ皇帝だよ!(もうどういうキャラなんだか訳が分からなくなっている)楽しんでもらえたようで嬉しいです!でもボクはいつもバカばかりやってるから4月バカなんかやらなくても常にバカ・いつもバカ・いやんバカ、といった按配です!つまり1年365日、年中無休で開いててよかった!ぽえむ皇帝のはてな日記!ということも出来るでしょう!ええと、なんか書いてて自分でも訳分かんなくなってきたからここらでサラバ!バハハイケロヨン!

灸洞灸洞 2008/04/03 02:15 チョイ悪ぽえむ無頼派皇帝閣下。ジジイキャラとは知らず、ややKY気味なコメントして失礼しました。とはいえ笠置シズ子を持って来られるとは思いませんでしたよ(笑)。
お仕事、大変ですね。フモさんレビューは、ほんとにいつも参考にさせていただいてるのですが、どうか無理なさらぬよう。それではアディオスアミーゴ!

globalheadglobalhead 2008/04/03 08:42 ちーっす!チョイ悪ぽえむ無頼派皇帝ざんす(もうメチャクチャ)!ジジイキャラは意外なオチとして用意してあったので、決してKYではありませんのでご安心を。仕事はねー、ホントはたいしたもんじゃないんだけど、たまにやんわり愚痴りたかったんですよー。もっと忙しくて大変な人とかいっぱい知ってるから、あんあり大げさに言うのもナニだったんですけどね。ご心配してくださってありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080402

20080401(Tue)

こんにちは!今日からはてなで日記を始めるぽえむ太郎です!ボクのぽえむ、読んでくださいね!

[]青汁と緑茶 青汁と緑茶を含むブックマーク 青汁と緑茶のブックマークコメント

あの日君に
青汁を緑茶と嘘ついて飲ませたことを
怒ってるんだね、まだ
でも思うに
青汁は青いんだろうか、
緑茶は緑なんだろうか、
こんな風に
人生の諸相とは
見かけとは裏腹の内実をしているものじゃないか、
それを君に
伝えたかったんだ、
僕は

言ってみれば
青信号は青くないし
青虫は青くないし
青あざだって青くないし
青息吐息も青くない
青色申告はちょっと青いかもしれない
でも僕のハートがブルーなのは
これだけは確かなこと

だから機嫌直してくれよ
青汁だけは
青汁だけは
青汁だけはもう
決して君に飲ませないから

[]オーベイビーベイビー オーベイビーベイビーを含むブックマーク オーベイビーベイビーのブックマークコメント

オーベイビーベイビー
さようなら それはバイビー
クリスマス・キャロル それはビンク・クロスビー
空を飛ぶ それはフリスビー
塩っ辛い それはアンチョビー

オーベイビーベイビー
マネキン人形 それはオー!マイキー
ロシア人もびっくり それはオーチンハラショー
最後の一葉 それはオー・ヘンリー
経済協力開発機構 それはオーイーシーディー

オーベイビーベイビー
グッナイベイビー
プリティベイビー
カモンベイビー
オーマイベイビー

[]犀の女 犀の女を含むブックマーク 犀の女のブックマークコメント

最初の出会いは
あの曲がり角での
正面衝突
君は犀のように突進し
僕は人工衛星のように宙を舞った
目の前に星が散ったから
それはあながち間違いじゃない
もう少し速度があったら
僕は永遠に軌道を巡っていたことだろう

倒れた僕の前で仁王立ちする君
目を上げると
君はまるで
モンゴルの戦士のように肩で息をし
その吐く息は地獄の獣のように熱く
いぶかしげなその眼差しは
炉の中の黒炭のようにいぶっていた
そしてその姿はやはり犀
アフリカの草原を駆け巡る
強く雄雄しく巨大な犀
気高く何者にも動じない
犀そのものの姿だった

僕は君の双眸を見つめながら
アフリカの黒い人たちの奏でる
タムタムとハミングの音を聴いた
夜ジャングルの木々を巡る
獣たちの吼え声を聴いた

そうさ そしてその時
僕は君に恋をしてしまったんだよ

犀の女
犀の女
君はたくましい
犀の女
いつか君と
アフリカのサバンナを駆け巡りたい
キリマンジャロの麓でまどろみたい
南十字星の露を飲み
バナナの茂みで口付けし
ナイルのほとりで目覚めたい

(女ボディービルダーTATIANAに捧げる)

FuetaroFuetaro 2008/04/01 08:30 はじめまして、ぽえむ太郎さん。はてなへようこそ!!僕もいつも青汁と緑茶の区別が出来なくて困っています。そんな心の襞を読まれたかのような繊細なポエムに感動しました。また次も楽しみにしています。

azecchiazecchi 2008/04/01 09:19 はじめまして、ぽえむ太郎さん!!
なんだか素敵な詩ばかりでワクワク・ドキドキしながら読ませていただきました。
しかしはてな初日からポエム3連発とは、並々ならぬ意気込みですね!
また次も楽しみにしています。

paseyopaseyo 2008/04/01 11:20 こんにちは、ぽえむ太郎さん。
素敵な詩ですね。特に経済協力開発機構に素晴らしい文学性を感じます。もうすっかりファンになっちゃいました。これからも頑張ってくださいね!

灸洞灸洞 2008/04/01 14:55 はじめまして、ぽえむ太郎さん!
日本にまだこんなに魂を揺さぶる詩を書けるひとがいたなんて!感動で涙が止まりません。
無性に曲をつけたくなりました。青汁と緑茶は、リトルフィートなどのサザン・ロックで、ライミングのグルーヴ感がたまらないオーベイビーオーベービーはギャングスタラップで、犀の女はTOTOの「アフリカ」の感じでどうでしょうか。ご意見を拝聴したく存じます。
詩集の出版のご予定が決まりましたらぜひお知らせください!

lazy-daisy5113lazy-daisy5113 2008/04/01 22:25 ぽえむ太郎様こんばんは。そして初めまして、レイジーと申します。詩を読んでこんなにドキドキするなんて、本当に何年ぶりでしょう…。感動を有難うございます。今夜は眠れそうにありません。これからも応援させて下さいね!

washburn1975washburn1975 2008/04/01 22:38 vipからきますた。

ぽえむ太郎ぽえむ太郎 2008/04/02 23:30 ぽえむ太郎です!皆さんありがとうございます!初めて書いた日記でこんなに反響があるとは思ってもみませんでした!インターネットって凄いですね!
私事ながら申しますと、これらの日記はボクが数十年勤め上げたメッキ工場を定年退職後、妻に定年離婚を申し渡され、その後持病の糖尿が悪化し入院生活を余儀なくされていた頃、娘のお古のノートパソコンで書き溜めていたものなんですヨ!その後、今若者の間ではブログというものがナウいらしいと聞き、僭越ながらこうしてホームページを書いてみた次第なのです。そして辛い毎日の中で書き綴ったぽえむが皆さんのお目に留まり、こうしてお声を掛けてもらえるなんて感激至極です!
多分皆さんはボクの娘や息子みたいなお歳の方なのでしょうが、なにか手元を離れたボクの子供達にまた会えたような気分です…。
(ちなみに娘はアゼルバイジャン人と結婚してキルギスタンに住んでいるようなのですが、しばらく便りがありません。息子は「男にしか興味が無い」と言って怪しげなバーに勤め始めて以来勘当状態のままです)
いつか皆さんとはオフ会というものをしてみたいですね!まあお酒のせいで糖尿になってしまったので、叶うかどうかは判りませんが!その時は是非ヨロシクお願いいたします!

>Fuetaroさま
この間は紅茶とコンソメスープを間違えてしまいました!歳は取りたくないですね!

>azecchiさま
若い頃は10連発でもヘッチャらでしたよ!エヘヘ!

>paseyoさま
文学だなんて勿体無い!子供の頃は赤胴鈴之助やロボット三等兵のような漫画しか読んでおりませんでした!

>灸洞さま
外国の唄はちょっと判らないです!若かりし頃は笠置シズ子の東京ブギウギが好きでありました!

>lazy-daisy5113さま
レイジーさまのような女性を眠らせなくさせるとは、ボクもまだまだ現役ですな!ウヘヘ!

>washburn1975さま
ヴイアイピーと申しますと、有名人の方なのでしょうか!?とても興奮しております!

>yukioinoさま
お星様が付いていたのでよく見るとyukioinoさまからも反響が!青虫は青くないですがミドリムシは緑ですね!?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20080401