Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20110502(Mon)

[]ぶーんぶーんロボダ!ロボダ!ロボダ!〜映画『ロボット』 ぶーんぶーんロボダ!ロボダ!ロボダ!〜映画『ロボット』を含むブックマーク ぶーんぶーんロボダ!ロボダ!ロボダ!〜映画『ロボット』のブックマークコメント

■ロボット / ROBOT(Endhiran)<未> (監督:S. Shankar 2010年インド映画)

f:id:globalhead:20110416144430j:image

■歌って踊ってド派手なアクションとSFX!

最近ちょっと話題になっているのがインド製ロボットSF映画『ロボット』。インド版『ターミネーター』とか言われてますが、無数のロボットが組み体操みたいに合体して襲ってくるムービーをある日ネットで見かけ、「こりゃスゲエエエエエエ!!!」と鼻息荒くしたオレはインド雑貨の店を見つけて早速ネット注文、数週間後届いたDVDを観てまたもや「こりゃスゲエエエエエエ!!!」と大興奮しておりました(ちなみに日本語版DVDの発売は今の所ありません。輸入盤DVDはヒンズー語とタミル語の2バージョン発売されているようです)。

主演は『ムトゥ・踊るマハラジャ』で有名なインドの大スター・ラジニカーント、インドでも破格の製作費で作られたこの映画は大ヒットし、おかげで極東に住むこんなオレの耳にもその噂が届いたというわけです。上映時間は174分、びっくりするようなアイディアの盛り込まれたSFXとド派手なアクション・シーンは勿論のこと、マサラ・ムービーらしい歌あり踊りありの楽しいシーンも盛り込まれ、さらにヒロインのお姉さまはボリウッド独特の肉感的な美女で目の保養しまくりと、あれもこれもてんこ盛りサービス満点お腹いっぱいな一級のエンターティメント作品として完成しておりますよ。

■心を持ったロボット、チッティ!

あらすじはこんな感じ:ロボット科学者バシー博士(ラジニカーント)は、自分そっくりの万能ロボット、チッティを完成させる。チッティの高性能に驚く近所の皆さん、そしてバシー博士の恋人サナ(アイシュワリヤー・ラーイ)。二人と一体の楽しい毎日が続いた。そんなチッティをバシーの恩師でもあるボーラー教授(ダニー・デンゾンパ)は密かに我が物にせんと狙っていた。そんなある日、人間の心を持ちサナに恋したチッティはバシー博士に逆らうようになり、怒った博士はチッティをバラバラにして捨ててしまう。ボーラー教授をこれ幸いとチッティを回収し、殺人チップをチッティに埋め込み、テロをおっぱじめようとしていた。ダークサイドに堕ちたチッティは自らの欲望のままに行動し、ボーラー教授を殺害、さらにサナをさらい、遂には自分のコピーロボットを大量に作って人間たちを蹂躙し始めたのだ。この危機にバシー博士はサナを助け、チッティの暴走を食い止めようと立ち上がる(英語字幕で観たんで多少違うかも)。

とまあこんなお話に、マサラ・ムービー定番の歌と踊りが!

f:id:globalhead:20110501123326j:image

歌と踊りが!

f:id:globalhead:20110501123325j:image

歌と踊りが!

f:id:globalhead:20110501123324j:image

盛り込まれているんですね!!

f:id:globalhead:20110501123323j:image

いやあ、楽しいなあ!!!

■それはありえねー!!

そしてこの映画のもうひとつの醍醐味は「ありえねー!」と絶叫したくなるようなヘンテコ・アクション&SFXシーンです!

「ありえねー!」マシンガンの量!

f:id:globalhead:20110501124039j:image

「ありえねー!」ロボット組み体操!

f:id:globalhead:20110501124038j:image

「ありえねー!」ロボット団子!

f:id:globalhead:20110501124037j:image

「ありえねー!」ロボット合体ロボット!

f:id:globalhead:20110501124036j:image

いやあ、楽しいなあ!!!

そんな「ありえねー!」楽しいアクションシーンを動画でご堪能ください!

D

D

■サントラでつづる『ロボット』の楽しい映像の数々

さてこの『ロボット』のサウンド・トラックは、なんとあの『スラムドッグ$ミリオネア』も手掛けたインドの巨匠A.R. Rahmanの手によるものなんです。エレクトリック・ミュージックとインド音楽が微妙に折衷されたサウンドが素晴らしいです。このサントラはAmazonでダウン・ロードのみの販売をしていますが、iTune Music Storeでも購入可能です。また若干選曲の異なる『ROBOT / A.R. Rahman』というアルバムもあります。今回のミュージック・クリップ集はこのサントラ曲から集めてみました。

●Irumbile Oru Idhaiyam

ヒロインに恋したロボットの熱いハートが踊るさまがダンスなって再現されます!

D

●Chitti Dance Showcase

「俺はダンスも上手いんだぜ」とパーティーでダンスを踊るロボット!

D

●Arima Arima

ダークサイドに堕ちたロボットがヒロインのハートを射止めたと思い込んで踊る歓喜のダンス!

D

●Kilimanjaro

タイトルはキリマンジャロなんだけどなぜかペルーのマチュピチュ遺跡で踊るヒロインと博士!意味は分からない!

D

●Boom Boom Robo Da

科学者、ヒロイン、ロボットがまだ楽しい毎日を送っていた頃のスナップをバックに歌われる『ロボット』テーマ・ソング。

D

●Puthiya Manidha

映画のオープニング・タイトル・バック。

D

いやあ、楽しいなあ、楽しいなあ!!!

Endhiran

Endhiran

○iTMS : Endhiran / Various Artists

○iTMS : ROBOT / A.R. Rahman

■『ロボット』予告編

D

■『ロボット』DVDジャケット

f:id:globalhead:20110501130314j:image

梅松竹子梅松竹子 2011/05/09 01:01 素敵!!日本語字幕で観たーーい。
3枚目画像、ラジニが藤岡弘に見えました。

globalheadglobalhead 2011/05/09 06:43 インドではこういう濃いい顔が受けるんでしょうか。濃い顔の自分もインドに行ったらモテるんではないかとちょっと期待しちゃいます。