Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20130805(Mon)

[]俺の両腕は鋼で出来てるぜ!〜タランティーノ・プレゼンツ:カンフー映画『アイアンフィスト』 俺の両腕は鋼で出来てるぜ!〜タランティーノ・プレゼンツ:カンフー映画『アイアンフィスト』を含むブックマーク 俺の両腕は鋼で出来てるぜ!〜タランティーノ・プレゼンツ:カンフー映画『アイアンフィスト』のブックマークコメント

■アイアンフィスト (監督:RZA 2012年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20130803174711j:image

ヒップホップ・グループ「ウータンクラン」のリーダーで、ヒップホップ界でもカンフー映画好きで知られるThe RZAさんという方が「俺のカンフー映画愛が炸裂だッ!」とばかりに本場中国まで行って撮ったカンフー映画『アイアンフィスト』でございます。カンフー映画では知る人ぞ知るといった俳優たちが随所に配役され、さらに『レ・ミゼラブル』のラッセル・クロウと『キルビル』のルーシー・リューも共演!脚本・製作がイーライ・ロス!さらにクエンティン・タランティーノ・プレゼンツ!映画の内容はカンフー映画とヒップホップの融合!それがこの『アイアンフィスト』なんですよ!…ってあんまりヒップホップの必然性は感じなかったけど、まあいいや!

舞台は19世紀の中国のある町、ここに武器専門の鍛冶屋を営むブラックスミスという黒人男がおったのですな。ある日この町で皇帝の金塊輸送を巡り武装集団の内部抗争が勃発、それに巻き込まれたブラックスミスは両腕を切断されてしまいます!しかーし!彼はその失われた両腕に鋼鉄のアタッチメントを付け、悪者軍団と戦うことを決意するのですな!

「両腕の無い男が鉄の腕を付けて敵と戦う」という設定には元ネタとしてチャン・チェ監督のカンフー映画『残酷復讐拳』というのがございまして(拙レヴューはこちら)、両腕の無い男だけではなく、両足の無い男、めくら、唖、つんぼ、クルクルパーの人たちまで出てきてバトルを繰り広げる、という凄まじくカオスなカンフー映画だったんですよ。ハンディキャップを扱ったカンフー映画には片腕を失った男が主人公の『片腕ドラゴン』が有名でしょうが、他にも両腕の無い男と足の不自由な男が合体して戦っちゃうという『ミラクルカンフー 阿修羅』なんてェ映画があるそうで、このジャンルの懐の深さというかなんでもアリなテイストが伺われるというものであります。

さてこの映画『アイアンフィスト』、鉄の腕を持つ主人公だけではなく、癖のあるギミックを持った人物たちが他にも登場します。一人は全身から刃が飛び出すアーマーを着込んだ男Xブレード、さらには全身を金属に変える特殊能力を持つブラス・ボディです。しかしどっちも卑怯なギミックだよな!カンフー映画って極限まで高めた体技と剣技で戦う様を楽しむ映画じゃなかったのか!?まあジミー・ウォング先生のカンフー映画なら主人公のくせに汚い手もあこぎな罠も普通に使うんだが…。そもそも刀アーマーはまあ許すとして、全身金属化男って、お前はどこのX-MENだ!?

そんな連中の他にも、フィギュアスケートの男女ペアみたいな振りで敵を殺戮するジェミニ夫妻とか、銃身の先にグルグル回るナイフが付いた銃を持つラッセル・クロウ、トゲトゲの付いた扇子を振り回すルーシー・リュー、その彼女のもとには刃の付いた新体操のリボンみたいなのをひらひらさせる女暗殺団がついていたりして、こいつらみんながワイヤーワークで宙を舞いつつ戦う様は漫画チックな派手さを醸し出しているという訳です。そんな感じでとにかくなんでもアリ感の漂う映画であります。しかしそもそもカンフー映画というジャンル自体が面白ければなんでもアリのごった煮的なカオス振りが楽しい映画でもありますし、時代考証も含め全体的に「こまけえ事はいいんだよッ!」という世界なんですな。

「しかしなんで中国が舞台のカンフー映画の主演が黒人なんだ!?」とは思いましたが、どうせ何でもありの映画ということになっているので説明がなくてもいいやあ、と最初は思ってたんですが、中盤主人公が実はアメリカに住んでいた元奴隷で…という説明が出てくるんですね。ここのシーンがタランティーノの『ジャンゴ』と繋がってて面白かった。しかしさあ、逃げて乗った船が難破して中国に辿り着いたって、主人公いったいどこの航路の船に乗ってたんだよ!?あと悪玉の皆様の衣装やヘアスタイルが、どこぞのロックンローラーが山賊のルックスを誤解して作ったステージ衣装みたいで、「なんか『北斗の拳』徹夜で全巻読破した中学生がねぼけながら大学ノートにスケッチした「悪モンの格好」みたいだなあ」と思ってたんですが、パンフレット読んだら監督が『北斗の拳』の大ファンらしくて、腑に落ちました。

ただし映画としてみると、冒頭から駆け足で物語背景を説明しようとするんですがこれがバタバタし過ぎで、その後の展開もやっぱりバタバタしたまま続いてゆくんです。省略するとか暗に匂わすとか映像だけで語るとか緩急付けるとか、そういう映画的なことをやってなくて、それは監督の力量もあるのでしょうけれども、好意的に解釈するなら描きたいことがいっぱいあってせっかちになってしまったというのもあるのかもしれないですな。まあそういった惜しい部分はありますけれども、嫌いじゃない映画でありましたよ。

D

アイアン・フィスト オリジナル・サウンドトラック

アイアン・フィスト オリジナル・サウンドトラック

残酷復讐拳 [DVD]

残酷復讐拳 [DVD]

ミラクル・カンフー 阿修羅 [VHS]

ミラクル・カンフー 阿修羅 [VHS]

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20130805/p1