Hatena::ブログ(Diary)

メモリの藻屑、記憶領域のゴミ

20131229(Sun)

[]2013年:今年よく聴いたエレクトロニック・ミュージック15選 2013年:今年よく聴いたエレクトロニック・ミュージック15選 - メモリの藻屑、記憶領域のゴミ を含むブックマーク 2013年:今年よく聴いたエレクトロニック・ミュージック15選 - メモリの藻屑、記憶領域のゴミ のブックマークコメント

◎クラシック

■Terry Farley presents Acid Rain - Definitive Original Acid & Deep House 1985-1991

アンダーワールドとケミカル・ブラザースを世界に紹介したことで知られ、伝説のハウス・レーベルJUNIOR BOY'S OWNの創設者でもあるロンドン出身のDJ、Terry Farley。その彼が80〜90年代シカゴ・アシッド&ディープ・ハウスの粒よりな超名曲全61曲を5枚組CDに渡って完璧に網羅したエレクトロニック・ミュージック・ファン必携のオムニバス・アルバム。荒れ狂うTB303のブリープ音とアンダーグラウンド・ハウスの深遠なグルーヴ。クラシックならではの生々しさ、荒々しさ、暗い情念のほとばしるさまがどこまでもスリリングな、最高の音楽体験だった。《試聴》

D

D

D

◎エクスペリメンタル

■R Plus Seven / Oneohtrix Point Never

前作までダークなドローン系ミュージック・コンクレートで全オレを恐怖に陥れていたOneohtrix Point Neverの新作は、なんと曇天の空から一気に光が差し込んだような、美しく肯定的なメロディと硬質なリズムの踊る快作だ。独特なミュージック・コラージュ手法はそのままに、構成される音がどんどん乱調してゆく茶目っ気溢れる曲の連続。教会音楽風のメロディの後に痙攣的なリズムが刻まれたかと思うと三味線のような音が響く始末。全曲驚くべき完成度。 《試聴》

D

■Colonial Pattern / Huerco S.

USアンダーグラウンド・シーンで注目を集めるプロデューサー、Huerco S.の1stアルバム。のたくるようなビートダウン系のリズムが震え、音像の定まらないブワブワとしたスモーキーな音が揺れ、メランコリックでささくれたインダストリアル・ノイズが現れてはまた消えてゆく。この原初のスープのようなカオティックな音には引き込まれた。 《試聴》

D

■Chance Of Rain / Laurel Halo

Kode 9主宰によるダブステップ・レーベルHyperdubからリリースされた、ブルックリン出身の女性プロデューサーLaurel Haloによるニュー・アルバム。ドローン/アンビエント、ダブテクノ、チルウェイヴなどの音を混在させながら幻想的な音世界を構築している。変なジャケットもいい。 《試聴》

D

■Feast/Beast / Clark

最近では映画『エリジウム』のサントラにも楽曲が抜擢されたWARPレーベルの鬼才、Clarkのニュー・アルバムはCD2枚組、全30曲に渡るRemixワークス集。Amon Tobin、Nathan FakeMassive AttackDepeche ModeらのRemixに加え、自身の未発表音源も含まれる。多数のアーチストのRemix集にも関わらず、徹底してClarkのカラーで染められ、アルバムを通して聴くと寄せ集めどころかまるで彼のオリジナルのように聞こえてしまう所が凄い。非常にアグレッシブかつ実験精神旺盛に組み立てられたこれらの音源は、あたかもコンセプト・アルバムのようにすら聴こえてくる。 《試聴》

D

◎フロア

■Life Performance / Peter Van Hoesen
LIFE PERFORMANCE (IMPORT)

LIFE PERFORMANCE (IMPORT)

ベルギーのテクノ・プロデューサーPeter Van Hoesenが、ベルリンの名門TRESORレーベルからリリースした、フロアの熱気がダイレクトに伝わるハードなテクノ・ライブ・アルバム。 《試聴》

D

■EP 1-5 / Diamond Version

f:id:globalhead:20131027205724j:image

raster-notonレーベルのAlva NotoとByetoneが結成したユニットDiamond Versionが先行してリリースしたEP5枚をまとめたアルバム。全18曲の非常にソリッドなインダストリアル・エレクトロが疾走する。《試聴》

D

◎ミニマル/アンビエント/ドローン

■Loyal / Heathered Pearls
Loyal

Loyal

ポーランド出身のアーティストJakub Alexanderによるプロジェクト、Heathered Pearlsの1st。脈動と血流の響きを思わせる電子音が、体を包むかのように鳴り響く胎内回帰アンビエント。これはお勧め。 《試聴》

D

■Loyal Reworks / Heathered Pearls
Loyal Reworks

Loyal Reworks

そのHeathered Pearlsの『Loyal』を数々のプロデューサーがリミックス。こちらも素晴らしい。 《試聴》

D

■Tranzparenz / Max Loderbauer
Tranzparenz

Tranzparenz

Moritz Von Oswald TrioのメンバーでありRicardo Villalobosとの共作でも知られるドイツのエレクトロニック・ミュージックのベテランMax Loderbauerのソロ・アルバム。厳選された音のみで奏でられる磨きこまれたミニマル・トラックは静謐と清浄さに満ち溢れている。名作。 《試聴》

D

■Luxury Problems / Andy Stott
Luxury Problems

Luxury Problems

マンチェスターのミニマル・ダブ・インダストリアルDJ、Andy Stottによる2nd。こちらもどっぷりとダークな音源が並びますが、1stと比べて大幅に女性ヴォーカルをフィーチャー、とは言っても歌モノではなくHoly Orderを思わせるサンプリング・ヴォイスが飛び交う暗く美しく幻想的な音に仕上がっています。 《試聴》

D

◎デトロイト

■In The Dark: Detroit Is Back / V.A.
IN THE DARK: DETROIT IS BACK

IN THE DARK: DETROIT IS BACK

テクノのみならず、ハウス、ソウルまでも網羅し、デトロイトの「今」を伝えるブラックネス100%の傑作コンピレーション。アンダーグラウンドの熱気が身体を包み込むようなバラエティに富む選曲。 《試聴》

D

■Paradise / Floorplan (Robert Hood)
Paradise

Paradise

デトロイト・ミニマルテクノの重鎮Robert HoodがFloorplan名義でリリースした1stは黒く重いリズムが踊るストロング・スタイルの快作テクノ・アルバム。これは買い! 《試聴》

D

■Divine Intervention / Orlando Voorn
Divine Intervention

Divine Intervention

デトロイトテクノをアムステルダムに紹介し橋渡しとなったベテランDJ、Orlando Voornが14年ぶりにリリースしたオリジナル・アルバム。 デトロイト・テクノを知り尽くした黒く骨太のビートが踊る傑作! 《試聴》

D

■The Boat Party / KMFH (Kyle Hall)
BOAT PARTY (直輸入盤・帯ライナー付)

BOAT PARTY (直輸入盤・帯ライナー付)

OMAR Sに見出されたデトロイトハウス・ニュージェネレーションKyle Hallのデビューアルバム。シンプルで粒子の粗い剥き出しのドラムマシーン音を鳴り響かせながら、その音には極上のエレクトリック・ソウルが宿っている。 《試聴》

D