ブログを体験してみる

2014-05-28    「ひらひら」はいない

[]ハーバーにいった。

日差しがつよくて、福岡市内は33度にもなっていた。

f:id:glucklich:20140528225714g:image

もう「ひらひら」は僕の船ではない。

f:id:glucklich:20140528225713g:image

そとうみ、外洋に出ようと思ってこの船に変えたのだが、

先日、芥屋に行った。博多湾をでたのは、これだけだ。

f:id:glucklich:20140528225712g:image

キャビンチーク材の無垢で落ち着いている。

百年ももっとか、完成度の高い造形と機能歴史設計者だ。

f:id:glucklich:20140528225711g:image

どんな名前に変わるのだろう。役目はまだまだだ。

きれいなだけではない。どんなに時化ても安全な船だ。

ありがとうございました。心残りはないよ。

navynavy 2014/05/29 10:15 そうですか。手放されましたか。
なんどか乗せていただいたフネだけにちょっぴり寂しいですね。
でも新しいオーナーのもとでこれからも元気に走り回ってくれることでしょう。
ありがとうございました。

glucklichglucklich 2014/05/30 17:07 そうです。人生の場面は変わりますね。
心残りはない・・・ですが、ちょっぴり、やはりさみしいです。
ほんとに、いい船だとおもいます。
でも、湾内を少しだけのるには、船に申し訳ありませんね。
また、どの船かでご一緒したいです。
ありがとうございました。

YokoYoko 2014/05/31 19:44 えっ? ひらひら号を手放されたのですか?
ビックリしました。
1度だけしか会ってないけれど、濃紺と白と赤の組み合わせが素敵で品のあるヨットでした。
glucklich さんの「船に申し訳ない」ってやさしいお気持ちもよくわかります。
風をはらんで大海をグイグイ進むひらひらを思い浮かべるとウットリしますね。
乗せていただきありがとうございました。記念の写真を大切にします。

glucklichglucklich 2014/06/03 20:53 そうです。
なんだか気が楽になりました。
大風が吹いても気になって、ハーバーに見に行くこともない。
船底にワカメが生えるのを気にしなくてもいい。

えいちゃんえいちゃん 2014/06/06 13:15 ひらひらのマストが折れて苦労して手に入れた2代目でしたね。6年前に、小笠原から戻ってすぐに載せていただきました。あのときの爽快感を覚えています。ありがとうございました。またチャンスがあれば遠出に、と思っていました。寂しいお気持ちをお察しします。今度は山の方でお会いする日を楽しみにしています。そのときは、小笠原じこみの島ずしを振る舞わせていただきますね(笑)

PS)母が4月25日11時30分にくも膜下出血で急逝しました。96歳でした。家族葬をすませ、東京に戻っています。

ごめんなさいごめんなさい 2014/06/06 20:05 5月25日でした。

glucklichglucklich 2014/06/07 15:15 そうですか、お母さん、そうですか、さみしいですね。
いつか、山小屋でみんなで食事をして楽しみたいね。

スイカズラスイカズラ 2014/06/21 21:14 お久しぶりです。
ひらひら号、YokoさんとMiwaちゃんと乗せてもらいましたね。
バースデーだったから ウクレレでハッピーバースデー弾いて。
楽しかったな〜。

glucklichglucklich 2014/06/29 13:06 お久しいですね。
そうでしたね。ウクレレでね。
ヨットはなくなったけど、
いまは、空想の中で東シナ海にでています。

2014-05-22    芥屋の大戸に機帆走

[]「ひらひら」で芥屋にいった。

天気がよかった。玄界灘の外海で午前中はべた凪だった。

f:id:glucklich:20140522203715g:image f:id:glucklich:20140522203714g:image

機帆走で2700回転、8ノット以上出ていた。船底がきれいだとエンジンが軽そうだ。

f:id:glucklich:20140522203713g:image f:id:glucklich:20140522203712g:image

芥屋の大戸、国指定の天然記念物らしい。

f:id:glucklich:20140522203711g:image f:id:glucklich:20140522203710g:image

漁港の出口に停船した。 ヒトデが干してあった。

f:id:glucklich:20140522203709g:image

磯の屋で海鮮丼を食べた。  このまえ高校同窓会があったところだ。

2014-05-17

[][]エッセー教室のあとハーバーに行った。

日差しがつよかった。ジャケットは脱いだ。

f:id:glucklich:20140517091503g:image

「ひらひら」が上架さて船台に乗っていたていた。

f:id:glucklich:20140517091502g:image f:id:glucklich:20140517091501g:image

ユーエスヨット&カスタムズの北橋さんの姿が見える。

f:id:glucklich:20140517091500g:image

船底まわりの点検がすんで、海に船をもどした。

f:id:glucklich:20140517091459g:image

一時間あまり、機走と帆走の具合を検査した。

船底が綺麗になったのでエンジンが軽快だ。

居合の稽古に行くまでの時間、ポンツーンの「ひらひら」で休んだ。


きょうエッセイ教室に提出したのはこんなだった。


栄西と為朝と定秀                       中村克博



 夜が明けようとしていた。

嵐は遠のいて風はおさまり薄香の浦は、さざ波も静かな海になっていた。

岸辺にぽつぽつと漁師の家が見える。

朝餉の用意だろう釜戸の煙がゆらゆらと昇りはじめていた。

 碇綱でつながった二艘は、先導する惟唯が乗る小早船にだけが舳先側に碇を入れて、

為朝の小早船とともに振り回しにしていた。

風の向き潮の流れにまかして船は向きを変えるが、今は二艘とも、ほぼ真西に舳先を

向けていた。その先に薄香の湾口が見え、小型の帆船が数隻碇を入れている。

湾の差し渡しは五町ほど(五百メーター)奥行は七町ほどある。

為朝のそばで船頭が入り江のまわりをうかがっていた。

「葦が浦から船が出てくるようです」

「葦が浦、栄西禅師が数年前、南宋から帰国されたおり、最初の上陸場所だな」

葦が浦は薄香の湾口を南に奥深い入り江になっている。

入口が狭く、まわりは高い山に囲まれ古代からの良港で栄西が二度目の宋からの

帰国のときに最初に上陸した場所だとされる。

栄西は日本で初めての禅規を葦が浦を見下ろす冨春庵でおこない。

南宋から持ち帰った茶の実をその近くに植えたとされる。

「戦船のようです。ひ、ふ、み、よ、次々に出てきます」

「ほう、おなじ間隔でこちらを向くようだな」

「浦の口をとざすようです」

「そのようだな」

 水夫たちも葦が浦の方を見ている。小さな話し声がぼそぼそと聞こえる。

屋形の中から一人の武士が為朝のいる艫屋形に来て下知をまった。

「弓に弦を張っておこうと思います」

「そうだな」

「盾板は、いかがいたしますか」

「うむ、もう少し松浦方の動きをみてからにしよう」

「かしこまりました」

 惟唯の船が、後ろの船とつながった碇綱を引いている。

為朝の船は徐々に近づいて、惟唯が挨拶のお辞儀をした。

水夫たちが長い手鉤を持って前の船の左舷によせて舫った。

惟唯が為朝の船に移ってきた。 

「浦の口の戦船がふえる前に突進しますか」

「向かい風になるな」

「薄香の奥にいる大きな交易船を奪うこともできます」

「それは、こちらから仕掛けることになるな。芦辺に迷惑がかかろう」

「浦の出口を閉ざすことは戦を仕掛けたのではありませんか」

「そうだな・・・わしは、そなたの船にのせてくれ」


「私は、こちらに残るのでございますか」

「いや、一緒に前の船に乗ろうとおもう。こちら船の差配は高木の次郎にたのもう」

「かしこまりました」

「ゆっくりと、浦の出口に向かおうと思う」

 為朝の移った小早船は碇を上げた。

 二艘の小早船は前後に並び、櫓ではなく十挺の櫂を使って進んでいった。

 櫂ならば甲板にしゃがんで盾板で矢を防げる。

 二艘を結ぶ碇綱はとかずに、張らずに、たるませて進んだ。

「二十艘ほどが三ツ星の旗印をかかげています。帆をおろしていますね」

「手前にいる五艘ほどが左右に分かれるようだな」

「薄香の奥からも五艘ほどが距離をおいてついてきます」

 その五艘のうちから一艘の小早船がぬけて前に出てきた。

「停船するように言っておりますが、いかがいたしますか」

「とめてみよう」

惟唯は後ろの船にもとまる合図をした。

後ろの船の船頭が先方と話をはじめた。

昨夜の嵐で避難したのだと説明しているようだ。

松浦の旗印を船尾にかかげて水夫のほかに胴丸をつけた武士が三人見える。

三人は兜でなく烏帽子をかぶり、弓も薙刀もなく、小ぶりな打ち刀を差していた。

三人の武士が乗った小早船は為朝の乗る船の左舷に進んできた。

「このたびは嵐に難儀され、ご苦労さまでございます。役目でございます。お頭様の

お名乗りをお聞かせください」

「ゆえあって名のれぬが、私は芦辺の戸次惟唯と申します」

「戸次さまとは、壱岐では耳にしないお名前ですな」

「生まれは豊後でございます」

「船荷の改めをいたします。乗船をお許しください」

「それは、なりませぬ。嵐の避難は相身互い。ぶしつけでございましょう」

「名も名乗らぬ。改めもさせぬでは役目がはたせませぬ」

「ならば、ならば弓矢でお役目を果たされるがよろしかろう」

 惟唯は前後する二艘の船頭に命じて船を進めた。

 エイサー、エイサーと掛け声がしだいに力強く早くなっていった。

松浦の小早船が五艘、距離を保ってついてきた。

前にいた五艘の小早船は左右を挟むように並走していた。

湾の出口には小早船の帆柱が朝日に輝いて林立している。

盾板を船べりにめぐらし、水夫には打ち刀と銛がくばられた。

「北側は船が手薄ですが浅瀬があるようです。中央を突破します」

「そうだな」

「二艘が帆を上げて並走してきます。あいだに太い綱が張られています」

「綱でからめとる手筈のようだな」

                               平成二十六年五月十五日

2014-04-09    いい風だった

[]海に出た。

いい風だった。あったかい日差しだった。

f:id:glucklich:20140409073217g:image f:id:glucklich:20140409073216g:image

最近、月に一回、第二火曜日に高校時代の同窓生と海に出ている。 ピンぼけ写真も春らしい。

f:id:glucklich:20140409073215g:image f:id:glucklich:20140409073214g:image

志賀島のいつもの場所でいつものようなお昼をした。

2014-03-15   熊さん海に出る

[]ラオスの熊さんが帰省した。

ラオスでの柔道指導を昨年で終了して帰国した。

f:id:glucklich:20140315112745g:image

熱帯の海のないヴィエンチャンから冬の名残の博多の海で寒そうだ。

f:id:glucklich:20140315112744g:image

海は荒れてはいなかったが、北風が冷たくてミゾレがふった。

f:id:glucklich:20140315112743g:image

能古島の南を通って志賀島に行った。冷たい雨が降って寒かった。

f:id:glucklich:20140315112742g:image

ここは風や雨がしのげて、いい場所を見つけたようだ。

f:id:glucklich:20140315112741g:image

予定通りに食事にありついた。笑顔が出ていた。

f:id:glucklich:20140315112740g:image

帰りはアビームのいい風だったが、雪まじりの小雨が降っていた。

旧友たちと久しぶりに会って、いい思い出になっただろう。

ドッグサークルドッグサークル 2014/03/15 20:12 だいぶ、温かくなりましたね・・
熊さんお元気そうー
お風呂眺めがいいんでしょうね・・・

LAKILAKI 2014/03/15 22:56 ああ!以前テレビで紹介された方ですね。言葉少なに体をはって指導されてたのを拝見しました。

glucklichglucklich 2014/03/19 16:26 今日は18日、山も、だいぶん暖かくなりました。
熊さんは元気ですよ。食べるときは特にね。

そうです。テレビに取材されていました。
言葉の少ない人ですね。

2014-03-11 昨日、海に出た。

[]八木山は目覚めると少し雪が積もっていたが、

博多の海は雲一つない。いい天気だった。

f:id:glucklich:20140311074531g:image

カナダからやってきたヨットがまだいた。昨年からいるようだ。

f:id:glucklich:20140311074530g:image

いい風だった。玄海島の連絡船、最近の船は波が立たないようだ。

f:id:glucklich:20140311074529g:image

最近のヨットより、この時代のデザインは、いいな〜と思う。

2014-02-11    海は寒かった。

[]今年初めて、セーリングした。

風が強かった。11時ごろ一面の白波で12mほどふいていた。

f:id:glucklich:20140211205943g:image f:id:glucklich:20140211205942g:image

お昼前から晴れ間が出て風は少しおさまってきた。 向かい風、能古島の南を通って志賀島に行ったが1時間半ほどかかった。

f:id:glucklich:20140211205941g:image f:id:glucklich:20140211205940g:image

志賀島の、こみね旅館でお昼を食べた。

f:id:glucklich:20140211205939g:image f:id:glucklich:20140211205936g:image

帰りは追い風からアビームの強い風で、一直線、ハーバーに向かった。

f:id:glucklich:20140211205935g:image

ときには観音開きで、30分あまりで到着した。

f:id:glucklich:20140211210055g:image

ハーバーを出て、生け花展を見に行った。                       

f:id:glucklich:20140211210050g:image

いろんな花がたくさん活けてあった。                       

菰田の住人菰田の住人 2014/02/11 21:55 寒かった、美味かった、みんなとの時間はあっという間だった。
楽しい時間をサンキューでした。窓からの写真はいいねえ〜。

LAKILAKI 2014/02/13 21:42 荒波の中セーリングして生け花展とは正反対の時間ですね。

glucklichglucklich 2014/02/14 14:14 寒かったですね。おもしろかったね。
また、行きたいね。

時化た海での帆走のあと、生け花を見るのはバランスがいいね。
妻の教室のホームページです。見てやってください。
http://www.hanabito.net/le-haru/

2013-11-21      芥屋の大戸まで行こうと思った。

[]芥屋の大門までセーリングする予定だった。

先日の壱岐に行く計画は台風で中止したままだ。

今日は日帰りで芥屋の大戸に行こうとした。

f:id:glucklich:20131121203725g:image

いい天気でいい風だった。

海に出るとだんだん気力が高まってくるのがわかる。やはり、海はいいもんだ。

f:id:glucklich:20131121203852g:image f:id:glucklich:20131121203851g:image

能古島にさしかかってすぐ、かるく座礁した。セールを降ろしてエンジンで脱出した。

砂地でダメージはない。「牡蠣(かきがら)がとれてよかった」などと言っていた。

能古を過ぎると風が強い。向かい風、向かい波でエンジンフル回転、でも進まない。

f:id:glucklich:20131121203850g:image f:id:glucklich:20131121203849g:image

今回も川上君の分別ある決断で湾から出るのを断念した。みんな歳をとったのだ。

玄海島に入ろうとしたが、近代的な漁村の建物を見て、やめにした。

f:id:glucklich:20131121203848g:image f:id:glucklich:20131121203847g:image

志賀島に入れた。入口に「プレジャーボート・ヨット入港禁止」の看板がうらめしい。

広い港はがら空きだった。ヨットもプレジャーボートもいない。

f:id:glucklich:20131121203846g:image f:id:glucklich:20131121203845g:image

菅君が燃料計を確かめるように言った。床下を開いてみると、Eのマークを過ぎてマイナスだった。

これで、よく走ったもんだ。芥屋まで行かなくてよかった。

志賀島の港を出るとき風はさらに強くなっていた。港から出る途中で油切れになったらどうしようと思った。

f:id:glucklich:20131121203844g:image f:id:glucklich:20131121203843g:image

マリノアに入って給油した。70リッターも入った。E”になってからも10リッターほどは残量があるそうだ。

2013-10-15 台風が近かった。

[]昨夜の電話で、どうしようかと迷ったが

ハーバーに行って考えることにした。

f:id:glucklich:20131015204753g:image

朝は晴れて風もほどほど湾内に出ることにした。マリノアに給油にいったら休みだった。

f:id:glucklich:20131015204752g:image f:id:glucklich:20131015210905g:image

お昼までセーリングして能古島に入って食事にした。風が少し出てきていた。

f:id:glucklich:20131015204751g:image f:id:glucklich:20131015204750g:image

船を出そうとするが風に押されてうまくいかない。地元の漁師が指示して助けてくれるが、それでもできない。

f:id:glucklich:20131015204749g:image f:id:glucklich:20131015204748g:image

とうとう乗り込んできた。難なく舫った漁船から離れた。漁師は舳先から飛び移った。

LAKILAKI 2013/10/15 21:22 能古からの帰りは揺れたでしょう!早めに切り上げて良かったですね。

glucklichglucklich 2013/10/17 09:44 はやめに切り上げました。
大型の台風で東の方は被害が大きかったですね。

2013-10-01   航海計画

[]セーリングした。

今月末に壱岐に行くので航海計画をたてた。

f:id:glucklich:20131001204859g:image f:id:glucklich:20131001204858g:image

いい天気だった。風もいい。暑くもなく、風がここちいい。

f:id:glucklich:20131001204857g:image f:id:glucklich:20131001204856g:image

漁船がのんびり底引きをして、上をカモメがまっている。

f:id:glucklich:20131001204855g:image f:id:glucklich:20131001204854g:image

犬と一緒にセーリングしているヨットがいた。

f:id:glucklich:20131001204853g:image f:id:glucklich:20131001204852g:image

航海計画を川上君がたてていた。みんなに役割がなされた。

上川上川 2013/10/01 21:17 毎回お世話になります。来週もお願いします。上川

菰田の住人菰田の住人 2013/10/01 22:44 順風満帆 共同作業 無事着岸 破顔一笑

菰田の元住人菰田の元住人 2013/10/02 08:30 このメンバーでクルージングするとは思いもしなかった。
面白くなりそう

田島田島 2013/10/02 08:49 適当な風と波でありますように。

glucklichglucklich 2013/10/04 22:58 高校時代の同窓生とクルージングするのはいいね。
気分があの時代に戻るのが不思議ですね。

2013-09-15   TAMORI CAP fukuoka

[]タモリカップ・福岡、ヨットレースが・・・

「ひらひら」二世は重たいしレースに出ることはないだろうと思っていたら

タモリカップは参加艇の数が大切、協力を!! ということで出場することになった。

f:id:glucklich:20130915174111g:image

クルーは高校時代の同窓生のよせあつめ、風が強い、10m以上だろう。

レース前のパレードに向かうだけでも、スキッパーの川上君は四苦八苦していた。

f:id:glucklich:20130915174110g:image f:id:glucklich:20130915174109g:image

出廷前のポンツーンでChaさんと彼の新艇に挨拶した。  キャビンでレースの説明を受けるが、右の二人はΩ§ΣΧ…

f:id:glucklich:20130915174108g:image f:id:glucklich:20130915174107g:image

エントリーナンバー1のMaybeが出廷するようだ。優勝候補の雄姿だ。 長崎から参加の雪風と会えた。挨拶をかわした。

f:id:glucklich:20130915174105g:image

スタート10分前、突然、レースは中止になった。

みんな、がっかりした。しばらく能古島の西をセーリングしてやるかたない気持ちを静めた。

ハーバーに帰って、握り飯を食べた。缶ビールを2本も飲んだ。

2013-09-03    博多湾を漂流した。

[]今月の15日にヨットレースがある。

ひらひら2世ででることになった。

雨が降るが走行テストをすることになった。

風がなかった。機走していたらエンジンがオーバーヒートして漂流した。

f:id:glucklich:20130903202857g:image

冷却水が漏れていた。5分おきにつぎ足しつぎ足し唐泊についた。

f:id:glucklich:20130903202856g:image f:id:glucklich:20130903202855g:image

運よく、唐泊鉄工所で修理してもらうことになった。ベテランの職人と弟子が来てくれた。

f:id:glucklich:20130903202854g:image f:id:glucklich:20130903202853g:image

いろんなとこを分解して、いろんな器具を使って漏れている場所を見つけ出した。

ファンベルトも切れかけていた。インペラもエンジンオイルも代えねば・・・

f:id:glucklich:20130903202852g:image

とりあえずの応急修理で日暮れまでに小戸に帰りつけた。よかった。面白かった。

菰田の住人菰田の住人 2013/09/04 10:24 おなじみの顔が登場、元気そうで嬉しい。
大変やったね。
レース、頑張ってね。

glucklichglucklich 2013/09/07 09:46 たいへんやった。でも面白かったよ。
トラブルはうまく解決すれば、いい出来事かもしれんね。
今度は一緒にのろうよ。

2013-08-20   唐泊まり

[]海に出た。

高校時代の同窓生たちと唐泊まりにでかけた。

f:id:glucklich:20130821043031g:image

朝の10時ころ、ハーバーは満潮だった。

f:id:glucklich:20130821043030g:image f:id:glucklich:20130821043029g:image

川上君の指導で、かわるがわる舵をもって練習した。  いい天気だった。

f:id:glucklich:20130821043028g:image f:id:glucklich:20130821043027g:image

唐泊まりで昼食をすることが定番になりそうだ。

2013-08-09    3尺玉を見に行った

[]長垂海岸の花火大会にいった。

友人夫婦と4人でいった。花火観賞の船がたくさん出ていた。

f:id:glucklich:20130809180336g:image f:id:glucklich:20130809180335g:image

陸の気温は夕方でも36度ほどだった。海は、涼しいとは言えないが、ほどよい風が吹いていた。

f:id:glucklich:20130809180334g:image f:id:glucklich:20130809180333g:image

8時から始まった。船がたくさん出ていた。雲瀬が気になったが、どこにあるかわからなかった。

f:id:glucklich:20130809180332g:image

3尺玉がいくつも上がった。音が脳天と靴底に響いた。

高く上がっても外輪が海面に届きそうだった。

2013-08-02   忙しい月末だった

[]七月は充実した月末だった。

車で1000辧■隠技間、妻の友人夫婦が訪ねてくれた。

f:id:glucklich:20130802153617g:image f:id:glucklich:20130802153616g:image

一日はヨットに乗って遊んだ。 一日は小鹿田焼の山村に出かけた。

f:id:glucklich:20130802153615g:image f:id:glucklich:20130802154159g:image

そして、毎日よく食べて、夜遅くまで話した。 寝る前には顔に白い紙を貼っていたのをこっそり撮った。

f:id:glucklich:20130802153613g:image f:id:glucklich:20130802153612g:image

一日おいて、同窓生たちとセーリングして楽しんだ。

f:id:glucklich:20130802153611g:image

楽しかった。 帰りはお疲れのようだった。

woodwood 2013/08/08 19:06 最後の会話 解説が欲しい。
弟のブログ見てやってください。
snapshot SF

woodwood 2013/08/08 19:11 http://www.snapshotsf.com/?page=2
アドレスです。宜しくお願いします。

woodwood 2013/08/08 19:11 http://www.snapshotsf.com/?page=2
アドレスです。宜しくお願いします。

glucklichglucklich 2013/08/09 18:49 アドレス開くと、Gregory Page interview とかいう音楽家の
ギターと歌がユーチューブの映像で流れてきたよ。
ブログは「ごとくのライダー」で検索したけど見つからない。
暑い日が続きますね。山でも35度にもなるよ。たまらんね。

2013-06-26    唐泊りでお昼にした

[]大雨が降っている。

夜から降り始めて夕方も降っている。

f:id:glucklich:20130626155411j:image

床間のアジサイに雨の音と、小川を濁流が流れる音がよくにあう。

f:id:glucklich:20130626155410j:image

きのう高校時代の友人とヨットで唐泊にいった。

f:id:glucklich:20130626155409j:image f:id:glucklich:20130626155408j:image

旧友とはたまに会っても気を使わないのだろう。気楽な時間がすぎていく。

f:id:glucklich:20130626155407j:image f:id:glucklich:20130626155406j:image

前回は休みだった和食の店でお昼にした。 おいしかった。

2013-05-31    能古島に飯食いに

[]きのう、久しぶりにセーリングした。

高校時代の友人たちとお昼ご飯を食べに行った。

f:id:glucklich:20130531160257j:image f:id:glucklich:20130531160256j:image

10時ごろ出港したが弱い向かい風でもたもた進んだ。  唐泊漁港のお目当ての店は木曜定休で閉まっていた。それで能古島に変更した。

f:id:glucklich:20130531160255j:image f:id:glucklich:20130531160253j:image

能古島に着いた。ヨットがこころよく舫いを取ってくれた。 ザッコはおいしかった。あと継ぎの若い主人はオヤジに代わって板についてきた。

ドッグサークルドッグサークル 2013/05/31 22:47 今の季節の海は最高でしょうね・・・
いつの日かまた、乗せてもらいたいですね。

glucklichglucklich 2013/06/01 20:35 今の季節は、気持ちいいね。北風がまだ冷たくて気持ちいいね。
機会があれば、仲間をさそって計画してください。
嵐でなければ、湾内なら、いつでもいいですよ。

2013-04-19   エッセイ教室の日

[]エッセーのあとハーバーにいってみた。

その前に散髪に行った。2ヶ月ぶりくらいだ。

これまでの店が閉店したようなので違うところに行った。

f:id:glucklich:20130420065526j:image f:id:glucklich:20130420065444j:image

「バンビーノ」が買い換えられてJ92になっていた。月末から釜山のレースにいくらしい。

沼田さんは体も引き締まって精悍になっていた。今度の船はイギリスから来たそうだ。速そうだ。

f:id:glucklich:20130420065443j:image

「メイビー」も大きなレース艇にかわっていた。

f:id:glucklich:20130420065442j:image

僕の「ひらひら」はかまってやらないので喫水に藻が繁殖していた。ワカメになりそうだ。

夕方から居合の稽古がある。キャビンで本を読んでいた。風が強い。マストをハリヤードがたたいていた。

2012-10-04    風が強い

[][]天気がいいが風は強かった。

昼過ぎ、湾内で10m以上吹いていた。

f:id:glucklich:20121004092411j:image

お昼を志賀島でと思ったが、しぶきで濡れるので能古島にした。

f:id:glucklich:20121004092407j:image

24フィートくらいだろうか、形のいいヨットが走っていた。

寅 2012/10/04 22:15 明日金曜日行きます。

glucklichglucklich 2012/10/05 07:33 いい天気が続くようですね。
CAPRICEは二度の台風がかすめていったけど
無事に耐えていますよ。

リンデンリンデン 2012/10/05 10:03 30フィートのドラゴン 昔のレース艇は美しいですね!
10月3日のこの時 湾内で落水! 大変だったんです
詳しくは ”風も友達”の私のブログに掲載しています
この日は歳を感じたリンデンでした 此れからは海より池で遊びましょう
家内が沖縄から帰って来て八木山に遊びに行きます 奥様によろしく!!!

glucklichglucklich 2012/10/06 16:27 そうですね、30フィートはありますね。
写真をよく見ればJ24よりは大きい。「ひらひら」と同じ長さです。
形がいいですね。それに走りがよかった。レース艇なのですね。
そういえば、10m以上吹く中を赤いスピン上げて疾走していましたよ。
いちどレースしている様子を観戦してみたいね。

2012-09-29    山もいいけど海はいい

[]久しぶりに海に出た。

いい天気だった。沖縄のあたりに台風がいるが影響はまだない。

f:id:glucklich:20120929070245j:image

ススキノ穂の朝露に、薄もやの夜明けの明かりが綺麗だった。

f:id:glucklich:20120929070244j:image

海は北風、涼しかった。

f:id:glucklich:20120929070243j:image f:id:glucklich:20120929070242j:image

志賀島に向かっていた。 航路の手前でメインシートのブロックがゴトンと落ちた。 応急処置をした。

f:id:glucklich:20120929070241j:image f:id:glucklich:20120929070239j:image

強い風でなくてよかった。相棒がいてよかった。 すこし海に出る時間を増やそうと思う。

菰田の住人菰田の住人 2012/09/29 11:15 ヨットがもっと「乗ってください」と
云ってるのかもしれないね。
ゴトンと落ちたのは。

ススキが綺麗しゃしんやね。

友達も元気そうで一安心。

woodwood 2012/09/29 15:32 ススキの写真、きれいですね! 早起きは三文の徳と言いますから。
今まで見た写真のなかでも、この写真、わたしは一番すきですね!

アルクアルク 2012/09/29 19:40 今日は有難う結婚式以来に会いましたが(生き方を変える、と思ったが、止めにした)
が嘘になっていました、数ヶ月でこんなに変われるとわ、素晴らしい奥さんのお陰ですね。お陰で僕は今日一日心が晴ればれです有難う。

glucklichglucklich 2012/09/30 17:39 海はいいね。元気が出るけど、たまに出ると戸惑うことがあるよ。
自分の体にいいことは続けたいね。

最近、自分でですが写真の出来が良くなったように思います。
毎日、毎日、カメラを身近にしてたくさん撮っていると
なぜだか分らんけどいい写真が撮れるようになってきたようです。

結婚式か、もうずいぶん経ったような気がしてたけど
まだ六ヶ月しかならないですね。いろいろお世話になります。

2012-07-30    サンセット・セーリング

[]夕方から海に出た。

お昼過ぎ、家内の友人が山の自宅に訪ねてきた。

すこし、おしゃべりをして僕の手作りカッティングボードをおみやげにした。

f:id:glucklich:20120730120343j:image

ハーバーには4時すぎに着いた。日差しは少し傾いて北風がそよそよ吹いていた。

f:id:glucklich:20120730120342j:image f:id:glucklich:20120730120341j:image

真夏の夕日が沈む頃、すこし風があれば海の上は涼しい。

f:id:glucklich:20120730120340j:image

たそがれどき、日没前の海の上は明るい。

f:id:glucklich:20120730120339j:image

日が沈んでもしばらくは明るい。

f:id:glucklich:20120730120338j:image

たそがれどき、  明るいのはもう少し、いずれ夜が来る。

f:id:glucklich:20120730120337j:image

喜んでもらえたようだ。友人が一緒で安心だった。

f:id:glucklich:20120730120336j:image

ハーバーに着くと暗くなっていた。

美染美染 2012/07/30 21:41 こんばんは
連絡いただき、さっそくコメントです(*^_^*)
昨日は、手作りカッティングボードにサンセットクルーズと
今までに経験のない1日でした。
あんな時間の過ごし方はまた体験したいものです

初ヨットでしたので、あんなに忙しいとは・・・
次回はご指導もお願いします\(^o^)/

LAKILAKI 2012/07/30 23:18 ものすごくいい写真が撮れてますね。実際に眺めるとどんなに和むことでしょう。。。

さとこさとこ 2012/07/31 00:31 先日は大変お世話になりました!
とても楽しく、感動でした。
本当にありがとうございました。

夕陽の写真素敵なのが撮れていますね!
あの贅沢な時間が蘇ってくるようです。

カッティングボードも大事に使わせてもらいますね。

次は馬で少しでもお返し出来たら、と思いますい。涼しくなったら是非奥さまといらしてください。

kabakaba 2012/08/01 17:01 きれいな夕陽に感動!
贅沢な時間を共有できて幸せです。
ありがとうございました。

glucklichglucklich 2012/08/02 21:36 楽しかったですね。日没の風景はいいもんですね。
また乗ってくださいね。
操船も少しづつ経験すれば面白いですよ。

美しいものは誰がシャッターを押しても美しく写りますよね。
写真でない実際の海の夕焼けを見てくださいよ。

また、ご一緒したいです。たくさん写真も撮ってください。
カッティングボード、愛用してくださいね。

いつかドイツのご主人も一緒に博多湾のセーリングをしたいですね。
よろしくお伝えください。

2012-07-09    いい天気、海に出た。

[]久しぶりに青空が出た。

先週、九州は日田など大雨が降って被害が出たらしい。八木山はそうでもなかった。

f:id:glucklich:20120709213955j:image

上海帰りの友人と海に出た。久しぶりだった。

ハーバーで出会った友人が「新婚生活はどうですか」という。

「朝、一緒に飲むお茶が美味しいですね」と応えた。

f:id:glucklich:20120709213954j:image f:id:glucklich:20120709213953j:image

お昼を志賀島の「しま」で食べた。刺身定食、うまかった。    満潮だった。

ヨットで2時間もかけて来るからおいしいのだと思う。  北が6mほど吹いて涼しかった。

f:id:glucklich:20120709213952j:image

むかし、こんな歌があった。   裕次郎が若い頃、歌っていた。  

海の男は行く強者(つわもの)は行く

波が騒ごと笑って行くが

夕陽が燃えりゃ何故か泣ける

遠い雲間 にまことの幸が

あるんだ行こうよ海を越えて


海の男は行く星を求めて

さすらいの旅路 どこまで続く

・・・


僕も最近まで一人のとき口ずさんでいた。

海の向こうに幸せがあるのだろう。

いや、そんなこと理屈に合わないと最近、気づいた。

海の向こうの人がこの歌を歌えば、そのまた向こうの人が歌う。

そのうち、ぐるっとまわって、堂々巡り。

幸せは、あさ飲むお茶の中にあるようだ。

ろんろん 2012/07/10 17:24 お久しぶりです。こんにちは!
お元気ですか?

パソコン故障したせいで、
昔のインターネットアドレスを失い、
長い間にブログを拝読しておりません、
メールで問い合わせしょうと思いましたが、
メールアドレスも返されました。
お名前で検索しましたら、出てきました!
良かった!
ちょっと拝読したところ、数年前に脳梗塞もされましたね、
お大事になさって下さい!
ヨガはいいですね、
私は今タイチーを再開しまして、
カンフーとヨガを合体したヨギックアーツヨガをも練習しております。

上の子供は今カンフーを練習しています、
先生は中国のトップだった先生で、とても立派な人です、人格者。
これで母国との結びも少しできるかなあと思いました。
私もその先生の弟子になって、八卦掌を習っています。

九州の梅雨はまだと思いますが、
お体を大事に、元気な毎日を送ってよう、お祈りいたします。
では、また!

東京のろん

LAKILAKI 2012/07/10 21:13 上記、最高のエッセイになりますね。

ドッグサークルドッグサークル 2012/07/10 21:42 幸せそうですね・・・

glucklichglucklich 2012/07/10 22:38 Ronさん、久しぶりですね。
どれくらい会っていないのですかね。
いろいろあった。そう、脳梗塞になって、海のセーリングも山歩きも、
もう出来ないのかと思っていましたよ。ヨガと出会えたのは幸運でした。
犬の散歩も良かった。家族や友人たちのあたたかい思いやりも良かったです。
おかげで、体は元通りです。体力も気力も不自由ありませんよ。ありがたいです。
あとは、人格ね、これはむつかしいね。たましいを磨くにはどうすればいいのかね。
4月末に僕は結婚しましたよ。 もう、杭州にも行けそうです。行ってみたいです。
九州に来る機会はありませんか、いちど出てきませんか。
e-mailのアドレスは flutter@castle.ocn.ne.jp です。

glucklichglucklich 2012/07/10 22:45 LAKI さん、ありがとう。
ぼくは、幸せを探しに海の彼方に行かなくてよかったです。
しかし、湯呑の中にも無限の宇宙がありそうですね。

ドッグサークル 、ありがとう。
ほんとに、ありがたいとおもいます。
いちど、八木山のヨガに出てきてください。
石川さんといっしょにゆっくりお茶でもしませんか。

ドッグサークル」ドッグサークル」 2012/07/11 09:03 普通、日曜日は私用で、約束することが出来ないのですが、22日の日曜日はでかけられそうなので遊びに行ってもいいですか!?

ドッグサークル」 ドッグサークル」 2012/07/11 09:12 普通、日曜日は私用で、約束することが出来ないのですが、22日の日曜日はでかけられそうなので遊びに行ってもいいですか

glucklichglucklich 2012/07/11 12:02 八木山ヨガは、通常は第一、第三の土曜日と第二、第四の日曜日です。が
7月は変則で22日は無くて、21日の土曜日、2時からです。
石川さんにも連絡しておきましたよ。どうぞ、おいでください。

ドッグサークルドッグサークル 2012/07/11 19:15 石川さんから連絡きました。21日は無理なので、今回は中止します。
また、いつか機会があれば、よろしくお願いします。
9月には、会えますよね・・・
楽しみにしています。

2012-03-02    エッセイは孫正義伝にした

[][]金曜日「きらくにエッセイ」の受講の後ハーバーに行った。

夕方からの居合の稽古まで「ひらひら」で時間を過ごした。

f:id:glucklich:20120303091147j:image

曇り空で時おり小雨が降っていた。出入りするヨットも人影もなかった。

f:id:glucklich:20120303091145j:image f:id:glucklich:20120303091146j:image

キャビンで写真撮影の練習をした。光の少ない暗い様子を撮るのはむつかしい。

最近のデジタルカメラはほとんど暗闇ても明るく撮れる。感度が良くてISOは10,000以上もある。

f:id:glucklich:20120303091143j:image f:id:glucklich:20120303091144j:image

少しの明かりで、いくらでも明るく撮れるのだが、暗い様子の雰囲気が出ない。

暗いのは暗く、自然に雨の湿度をしっとりと撮れないか工夫したがむつかしい。


今日提出したエッセイは先日読んだ孫正義伝にした。


孫正義伝「あんぽん」を読んだ。           中村克博


「あんぽん」、孫正義のことを書くのに変なタイトルだと思ったが、題名の「あんぽん」とは彼の旧姓、安本を音読みする揶揄した呼び方だった。著者の佐野は「孫正義のビジネス」についてあまり触れてはいない。他にたくさんの本がそれについては書かれているからだろう。孫正義一族の骨と血をたどっているが、読んでいて日本人からの差別による在日朝鮮人の生存上の制約を意識した。在日朝鮮人の多い筑豊の土地に住んでいてこれまでこの問題を考えたことがなかったが、この本でそのことに気づくことができた。孫正義の母方の叔父は、僕の地元にあった三井山野炭鉱の事故で落命している。

孫家は、いまから百年前、お祖父さんの代に生活の苦しい朝鮮の故郷を離れ、希望を託して海峡を渡ってやってきた。鳥栖の近くの、わずかな土地で小作農を始めたらしい。生活は楽ではなかったがお祖父さんは儒教と両班の家系を誇るように生きたようだ。戦後は韓国に一度は帰るが居場所は無かった。また戻ってきた。その時は嵐の玄界灘を小舟で難破しそうな航海で、家族は命からがらの密航だったそうだ。そうして、鳥栖の朝鮮人部落に一家は潜り込んだが戻ってきても生活は苦しかった。祖母はぼろ切れや廃品の回収、残飯を集め豚を飼って一家を支え、幼い正義たちは豚の糞尿と密造酒の臭いの中で勉強していた。親類が顔を合わせれば口論から物が飛び交い、殴り合い血が流れる。後年になって養豚と密造酒とパチンコとサラ金で成功した父は懸命に息子たちを育てた。息子たちはそれに応えた。稼いだ金を息子に注いで教育をつけさせた。日本名、安本と言う苗字、在日朝鮮人と露呈しないようにびくびくして暮らした。大好きな祖母のキムチの匂いが大嫌いだった。極貧の中での辛い思い出が重なる故郷の鳥栖も大嫌いだった。

「son」と堂々と自身のアイディンティティを名乗ったアメリカ留学時代、その時に知り合った日本人の女性との結婚。日本で生きていくことを決めた。日本国籍を祖先の苗字「孫」で取得した。すでに社会的に成功して有名になってから、一人で故郷の鳥栖をこっそり訪れた。孫正義、すっかり孫正義のファンになった。今まで脱原発についてもよく考えていなかったが、これから少し、自分でも考えてみようと思うようになった。孫正義、日本と韓国と北朝鮮が誇りにする歴史に残る日本人だと思った。携帯電話をNTTドコモのアンドロイドからソフトバンクのアイフォンに変えようと思った。

Yahoo! JYAPANで孫正義について検索してみた。

孫正義は現在、ソフトバンク株式会社代表取締役社長、ソフトバンクテレコム株式会社代表取締役社長、ソフトバンクモバイル株式会社代表執行役社長兼CEO、福岡ソフトバンクホークスのオーナーなどを務める。

二〇一一年三月一一日の東日本大震災に対し、義援金として個人で百億円及び二〇一一年から引退するまでソフトバンクグループ代表として受け取る報酬の全額を寄付することを表明した。 さらに福島第一原子力発電所事故を受け、自然エネルギー財団を設立。「東日本大震災復興支援財団」を六月に設立。

孫という名にこだわった理由の一つに、渡米するとき心に決めた自分なりの志があったのだという。

「何十万人といる在日韓国人が、日本で就職や結婚や、それこそ金を借りるとき差別を受けている。でも在日韓国人であろうが、日本人と同じだけの正義感があって、能力がある。それを自分が事業で成功して、証明しなきゃならないと思ったんです」

フォーブスの調査に基づく世界長者番付によれば、二〇一一年一一月の時点で、日本一の富豪、総資産約七五億ドルとなっている。二〇一一年四月三日、東日本大震災の被災者支援と復興資金として個人で百億円を寄付すると発表した。また、二〇一一年から引退するまでソフトバンクグループ代表として受け取る報酬の全額も、震災で両親を亡くした孤児の支援として寄付するとも発表した。ソフトバンクも企業として東日本大震災に対し十億円の寄付を決定している。二〇一一年六月一一日までに、財団分を除く六〇億円の寄付が各所に行われた。二〇一一年七月一四日に、東日本大震災復興支援財団に残りの四〇億円が寄付として渡され、全一〇〇億円分の寄付が完了した。この寄付金は、一〇年以上の継続支援ができるよう、被災地の子どもたちを中心とした支援のみに一〇〇%使われていくという。

孫正義はツイッターをしているそうだ。それで、開いてみた。毎日のように書き込まれている孫正義のツイッターでのつぶやきメッセージとフォロワーとのやりとりは膨大な量になっていた。その中で、こんなのが目に止まった。

国籍や年齢や性別による差別は、馬鹿げている。愛国心という名の下に外の国民に敵愾心を抱く事も実に悲しき事だ。世界中の全ての人々の幸せを願う。

他人の行為を邪推する人は己の心の濁った人が多い。結局そんな人々は、一生を不幸せに過ごす傾向が多い。(とつぶやいた後に、フォロワーの指摘をうけて)

他人の行為を邪推しない人は己の心が透き通った人が多い。そういう人は一生幸せに過ごす傾向にある。(この言い方のほうが気持ちいいね。と書きなおした。)

勇気は最初から備わっているのではない。何かを守りたいという責任感から湧いてくる。

百年後の人々の生き様に良き影響を与えられたら偉人。現世の地位や名声や金などは取るに足りないものだ。

本の装丁にも暗示されてものを感じた。表紙に使われた孫正義の顔の写真には帯が重なる。帶が少しずれると顔が仮面をかぶったようになる。それとタイトルの「あんぽん」、毛筆で書かれたそれは「あ」の文字が「ち」の文字に見える。この人はもう事業家の域をこえている。民族などを超えた人類の本質を知っている超人に見えてきた。

                        平成二四年三月一日


夕方から居合の稽古に出かけた。

f:id:glucklich:20120303091142j:image f:id:glucklich:20120303091141j:image

マイク師範が丁寧に指導していた。

f:id:glucklich:20120303091140j:image f:id:glucklich:20120303091138j:image

今日は木剣組み太刀の練習が多かった。

f:id:glucklich:20120303091200j:image

タキタタキタ 2012/03/05 17:19 こんにちは。
一枚目の写真・・・何だか目が泳いでいるようで次のお稽古は目付けをしっかりしようと思いました。
眉も何だか麿みたいなので、今週はしっかり描いてきます。
客観的に自分を見ることが出来る写真を撮ってくださって有難うございました。
この日はお稽古に参加された方が少なめだったような気がします。
おかげで?マイク師範を長い時間独占してしっかり指導をつけてもらえました。
マイク師範はいつも本当に丁寧に指導してくださるので、それに応えられるようにしたいと思うのですが、難しいです。横一文字紫電雁落・・・・・・他のも・・・。
マイク師範は「これが一番難しい」と励ましてくれるのですが、次に進んだ時、その次に進んだ時も同じように「これが一番難しい」と励ましてくれるのではないかと密かに思っています。
3月末で入門して1年が経ちます。
亀のような歩みでも、少しでも進歩できていればいいなと思います(^^*)

glucklichglucklich 2012/03/09 14:51 マイク先生はホントに優しい人ですね。
室町時代の武芸者は優しい人だったのかもしれませんね。
強い人は優しいよね。極める人は謙虚ですよね。
修行を重ねて我々もそうなりたいですね。

2011-12-19     天気がいい。

[]ChaさんのCAPRICEで海に出た。

東の空にわた雲が浮かんでいた。

f:id:glucklich:20111219202226j:image

天気がいい。北風は冷たい。遠くまでよく見える。

f:id:glucklich:20111219202225j:image

寅さん、冬休みになって来年の2月まで平日でも来れるらしい。

f:id:glucklich:20111219203345j:image

この逆光線はスマートフォンで撮った。よく撮れる。

今日の寅さん、いつもより楽しそうだ。

寅 2011/12/19 22:23 何でだろうね? いい天気のせいかね?

glucklichglucklich 2011/12/21 20:58 きっと天気のせいでしょうね。12月の海はお日様があると陸より温かいよね。
穏やかな湾内をハーバーに向かうとき追っ手になれば操舵付近は日だまりで
言葉はなくてもほのぼのしていい気分ですね。

2011-12-05    寒くない日だった。

[]ChaさんのCapriceでセーリングした。

久しぶりにいい天気だった。

f:id:glucklich:20111205200040j:image

二人の話しは川上君の中国の経済事情か、Chaさんの米韓FTAを批准と催涙弾か、

f:id:glucklich:20111205200039j:image

1時過ぎて志賀島に着いた。腹が減っていた。

f:id:glucklich:20111205200038j:image f:id:glucklich:20111205200037j:image

牡蠣フライ定食、コーヒーなしだった。 空の青さが濃かった。

f:id:glucklich:20111205200036j:image

日がまだ傾く前にハーバーに向かった。 風は穏やかだった。日差しがあったかい。

f:id:glucklich:20111205200035j:image f:id:glucklich:20111205200034j:image

「ひらひら」のキャビンでくつろいだ。 Chaさんはコーヒーに角瓶から注いでいた。

けだるい時間にノラ・ジョーンズのデビュー・アルバムがハモっていた。

コーヒーの香りがして、話がとだえたとき聞こえているくらいの音量がいい。

angusmamaangusmama 2011/12/06 15:22 りんご園 おしまいですか・・・残念。でも、八木山ドライブ 12日(月)に予定しています。久しぶりのドライブ 天気がよければいいです。私は最近 なぜかキャロルキング。歌詞がしみます。現地到着はそれこそ お茶の時間2時ごろ?をめざしますね。

寅 2011/12/07 16:34 一番上の写真、ヨットの中でなかなか取れないフレームですね。
ヨガをするといい写真が撮れるようになるのかな?

LAKILAKI 2011/12/07 19:33 角瓶って昔から安いウィスキーですが絵になりますよね。

glucklichglucklich 2011/12/12 11:10 りんご園はおしまいですが、紅葉がきれいですよ。
キャロルキングですか、どんな歌詞なんでしょうね。

写真、お二人が良く撮れています。
海の上でセーリング中に話す会話はいいもんですね。

角瓶は歴史が古いのですね。
大日本帝國海軍指定品になったのが昭和のはじめの頃らしい。
このコメントを書くとき調べて初めて知りましたよ。
これからはスコッチはやめにしてサントリーの角にしようと思います。
カリブの船乗りはラム酒、ナポレオンの海軍はコニャック
ネルソンは遺体をラム酒に漬けられたそうだが飲んでいたのは
スコッチかジンでしょうかね。

2011-11-16 「ひらひら」で湾内をセーリングした。

[]友人がお客さんを連れてきた。

僕を入れて9人にもなったので操船が少し心配だった。

友人二人はこれまで何度も乗っているのに、てんで役に立たない。

f:id:glucklich:20111116194302j:image

風がなかったので僕一人でもなんとかなった。

f:id:glucklich:20111116194301j:image

雲ひとつないいい天気で遠くの小呂島がよく見えた。

f:id:glucklich:20111116194300j:image

志賀島に上がってお昼にした。

f:id:glucklich:20111116194259j:image

帰る頃になると舵を取る様子も慣れてきた。

f:id:glucklich:20111116194257j:image

無事に帰港した。話も弾んで楽しいセーリングだった。

LAKILAKI 2011/11/16 22:59 天気も良かったので気持ち良かったでしょう?
マイヨットを持っているのは本当羨ましいです。

glucklichglucklich 2011/11/17 19:48 いい天気でした。風があったらもっと良かったです。
現役で仕事をしている若い頃には、なかなか時間が取れませんよね。
退職して自分のために時間を使えるようになる頃、ヨットがあればいいですね。

2011-11-14   タコめし

[]昨日、第二日曜日は八木山ヨガの日。

ヨガの仲間がタコメシヲ作っていた。みんなで頂いた。

初めてタコの炊き込みご飯を食べた。おいしかった。

f:id:glucklich:20111114083524j:image f:id:glucklich:20111114083523j:image

昼から海に出た。ChaさんのCAPRICEのマストとブームが塗り替えられていた。

マストが美しくなるとセーリングの気分が変わるようだ。

f:id:glucklich:20111114083522j:image

木造船の雰囲気のヨットがハーバーに舫っていた。

クラッシックなデザインに惹かれるのはなぜだろう。

寅 2011/11/20 09:16 ブームを入れるために命を掛けたんですね?

glucklichglucklich 2011/11/21 10:50 そうすれば、いい写真が撮れるね。

2011-09-15    暑い、残暑・・

[]夕方から海に出た。

日中は八木山でも30度を超える暑さだった。

今週になって残暑が強くなった。湿度も高いようだ。

f:id:glucklich:20110916073728j:image

海に出れば北風は心地いい。

寅 2011/09/17 08:56 行きたい、辛い!

glucklichglucklich 2011/09/17 13:38 海はいいね〜〜〜
北風はすっかり秋で、すがすがしい・・・

2011-09-03

[]午前中は「気楽にエッセイ」の講座にでかけた。

教室がおわって、参加者とお昼を食べたあと一人でハーバーに向かった。

f:id:glucklich:20110903085422j:image

大型の台風が近づいていた。室戸岬の南にいるらしい。潮は満潮だった。

f:id:glucklich:20110903085233j:image

しばらくキャビンの中で休息していた。揺れが心地いい。

f:id:glucklich:20110903085230j:image

一休みの後、舫いの点検と補強をした。Chaさんの船の点検もした。

f:id:glucklich:20110903085229j:image

雲が低く風が唸ってマストをハリヤードが打つ音があちこちから聞こえていた。

寅 2011/09/04 18:26 どうも、どうも。きこりの音と汗の匂いが伝えてきますね。

JICAの熊JICAの熊 2011/09/06 10:43 明後日、(8日)海外ボランティアの訓練終了式を終え、26日(月)東南アジアのラオスに旅立つ事が決定しました。65日間に亘る語学研修は若い人たちに囲まれ(6割以上が若い女性でした、今日の日本は若い情勢の方が、元気なようですね!)厳しくもあり、楽しいものでした。2年間、日本を留守にします! Good Luck!

JICAの熊JICAの熊 2011/09/06 10:46 明後日、(8日)海外ボランティアの訓練終了式を終え、26日(月)東南アジアのラオスに旅立つ事が決定しました。65日間に亘る語学研修は若い人たちに囲まれ(6割以上が若い女性でした、今日の日本は若い女性の方が、元気なようですね!)厳しくもあり、楽しいものでした。2年間、日本を留守にします! Good Luck!

glucklichglucklich 2011/09/07 20:11 CAPRICEはご主人がいなくても、けなげ、でしたよ。
ブームカバーにロープをかけておきました。
バウの補強用に使っているロープは固定してないので擦れて摩耗していました。
切れるとは思えなかったので、教訓にと、そのままにしておきました。

JICAの熊さん !!
語学の訓練、ご苦労さんです。26日ですか、いよいよですね。
2年間ラオスか・・ あっという間でしょうね。
僕は来年には訪ねて行きますよ。

ハナママハナママ 2011/09/07 20:33 ラオスは大好きです。
熊さんの所について行きたいくらいです。

glucklichglucklich 2011/09/08 21:08 JICAの熊 さんのコメントに
今日の日本は若い女性の方が、元気なようですね!
と、ありましたが・・
そのようですね、平和なのでしょうかね。
しかし、一朝事ある時に日本男児は躊躇なく国難に殉ずるほどの変化を見せますね。
歴史を見れば、半世紀前、いやもう65年前か・・ その前は幕末、明治維新。
心配いらない、と言うよりもそんな変化の時こそ心配ですね。

2011-08-30   夏が終わる

[]天気がいい、CAPRICEで海に出た。

夏も終わるが日差しは強かった。

f:id:glucklich:20110831075835j:image

空の雲、巻雲の一種で羽根雲の種類らしい。

f:id:glucklich:20110831075834j:image

海上保安庁の小型艇が走っていた。高速艇だろうか・・

f:id:glucklich:20110831075833j:image

ま新しい船体塗装の水中翼船が通り過ぎた。

f:id:glucklich:20110831075832j:image

夏の終わりの博多湾は濁っていた。