Hatena::ブログ(Diary)

ワールドメイト情報

ASPアクセス解析
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 |
この日記のはてなブックマーク数

2012-04-29

ワールドメイトに裁判で謝罪した後も、ネットで侮辱的発言を書き続けたNさん

ワールドメイトに裁判で謝罪をしたNさんは、なんと、裁判で和解したあとに、再び、インターネットでワールドメイトの中傷を書き始めたそうです。

Nさんは、ワールドメイトに対し、侮辱的表現を書いたことを、「枝葉末節であって、どうでもいいこと」と自己弁護を書いたりしています。

以下、ワールドメイトが提出した陳述書(裁判資料)より、引用させて頂きます。

ワールドメイトの真実とNさんの陳述書の特徴について

ワールドメイト陳述書」

「その後Nさんは、これらの中傷について、自ら謝罪する和解案に応じたため、当教団もそれ以上事を荒立てず和解したのですが、和解成立後10日も経たぬうちに、再びインターネット(紀藤弁護士のサイトに設置の掲示板)で、『WM側も和解してるんだから、私のカキコは侮辱的表現以外問題ないということ』『私は別に『バカ深見』とか『ノータリン教祖』なんてことを主張したかったわけではありません。そんなことは枝葉末節であって、どうでもいいことです』等の自己弁護を始めています」

「こうした発言をどう見るかは個人の感覚次第でしょうが、私にはNさんが、法廷での謝罪に全く重きを置いておらず、訴訟を終わらせるために誠意のない謝罪を行い、訴訟が終結したから自己弁護に走っているようにしか見えません」

「このように、Nさんが深見教祖を公の場で中傷した文言や、謝罪の様子等を見るに、Nさんの発言・文書・謝罪等に総じて誠意がなく、その場しのぎのものであったことは明らかです」

「こうしたNさんの態度を、当教団としては、Nさんのためにも悲しむものですが、いずれにせよNさんの発言内容や陳述書が、そのまま信用できない事はこの一事をもってしても明らかです」

ワールドメイト陳述書① 2頁)

本来ならば有罪になってもおかしくないのに、謝罪をしたから和解となった人物

Nさんは、ワールドメイトに対し、侮辱的な表現をネットに書き込み、本来ならば有罪となってもおかしくない人物であるだろうと思われます。

しかし、ワールドメイトに謝罪をしたために、ワールドメイトも納得して和解となったはずです。

ワールドメイトとて、べつに事を荒立てたいわけでもなく、単に、違法性の高い中傷を書き込むのを停止してもらいたかっただけでしょう。

なぜならば、それを見たワールドメイト会員が悲しむからだと思います。

わたしたち会員が、嘘ばかり書き込まれた表現を見たら、「ひどい」と悲しい気持ちになるのは当然でしょう。


それなのに、Nさんは、裁判でワールドメイトに謝罪をした後も、ひどい暴言じみた書き込みを続けたのです。

そうした書き込みがされた場所・・・それが、「旧ワールドメイトに関する議論掲示板」でした。

「ワールドメイトの実態」は暴言じみた中傷ばかり書き込まれた「旧ワールドメイトに関する議論掲示板」の書き込みだらけ

ワールドメイトの実態」というホームページの半数以上を占める書き込みは、すべて、「旧ワールドメイトに関する議論掲示板」という匿名掲示板の書き込みばかりです。

明らかに事実と反する書き込みばかりであり、ひどい暴言も見られます。

どうして、ワールドメイトを貶める歪んだ書き込みばかりを、「ワールドメイトの実態」は貼り付け続けるのでしょうか。

明らかに、ワールドメイトに対し、違法性の高い悪質な嫌がらせをしているとしか思えません。

ワールドメイトの実態」の悪質な違法性の高い行為に対し、一刻も早く停止するべきであるというまっとうな意見を、今後も発信していきたいと思います。

ちなみに、「ワールドメイトの実態」の嘘をあばくというホームページでは、「ワールドメイトの実態」の嘘が、明かとなっております。非常に、理路整然で明快な内容には、関心しました。

是非、興味のある方はご覧ください。

無料アクセスカウンター