Hatena::ブログ(Diary)

ワールドメイト情報

ASPアクセス解析
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 |
この日記のはてなブックマーク数

2012-06-03 「ワールドメイトの実態」が組織的違法行為を行ってる4つの理由?

「ワールドメイトの実態」が某組織の雇われアンチである証拠


ワールドメイトの実態」が某組織の雇われアンチである証拠は大きく4つあげられます。

一つ目は、個人では入手不可能である資料を入手し、ネットにアップしてることです。

ワールドメイトの倉庫」「ワールドメイトの疑問」などというページも同様に、個人では入手不可能な資料をアップしてる、アンチ仲間によるものです。


ワールドメイトの実態」は、ワールドメイトの国税裁判の資料を堂々をネットにアップしてます。

しかし、いくら国税裁判の資料が欲しいからといって、利害関係もないようないち個人が入手できるわけがありません。

裁判資料が入手できる立場の人は、ふつうに考えて原告と被告となります。


実は、裁判の資料を閲覧する制度やコピーする制度についてネットで調べて見ました。その結果、第三者がコピーすることは厳禁であり、ただ閲覧することだけが許される状態だとわかりました。

ですから、日本視聴覚社や税務署などの人以外は、閲覧することはできても、コピーはもらえないということになります。



ワールドメイトの実態」管理人は、ワールドメイト非会員であり、ワールドメイトに入会したこともない人物です。いったい、どうやったら、国税裁判の資料を入手できるというのでしょうか?

だいたい、「ワールドメイトの実態」管理人は、一切、ワールドメイトと利害関係などなく、会員として所属したこともなく、ワールドメイトからの被害など一切ない人物であるのです。

そのような人物が、わざわざ、裁判所に通い詰めて、資料を閲覧するするものでしょうか?

たんい興味本位で、そんなめんどくさい手続きをしたりするエネルギーなどが、沸いてくるものでしょうか?


ところで、「ワールドメイトの実態」管理人は、誰でも見たらわかる官報の目次を「見ていなかった」などという理由で誤魔化す人物です。さらに、誰でも目次を見たら政治家に何年に寄付をしたかが書いてあるのに、さらに「政治団体が寄付を受けた年度を記載するのは不可能」などと重ねて嘘を書く人物です。本当に見ても分からないとするなら、猛烈に資料音痴な人物だとしか言いようがありません。

そのような人物が、どうやって、裁判所に自分で出向いていき、煩雑な書類を読んだり手続きしたりできるものでしょうか?

官報一つ、まともに読む能力のない人物が、分厚い裁判の資料から、自分に都合の良い嘘の記述だけをピックアップすることなど、できるわけがありません。


こうした数々の疑問に関して浮上してくる答えはただ一つ。どう考えても、「ワールドメイトの実態」管理人は、誰か協力者もしくは協力組織から、情報提供を受けてるとしか思えないのです。

これは、私独自の考えではありません。「ワールドメイトの実態」を見た知り合いも、ワールドメイトの存在の都合の良い組織から援助があることは明白だね、と言ってます。会員なら、みんな見たらわかることなのです。

ですから、「ワールドメイトの実態」という嘘サイトを見ても、会員で信じる人など、一人もいないのだと思います。

「ワールドメイトの実態」は、経費をかけて、有料サーバでSEO対策

二つ目は、「ワールドメイトの実態」は、経費をかけて、有料サーバ契約をし、SEO対策を施してるということです。

ワールドメイトの非会員であり、一度も入会したこともない、つまり、ワールドメイトに一円もお金を払ったことのない人物が、なぜ、わざわざ、お金をかけて、有料サーバ契約をし、SEO対策を施してるのでしょうか?

世の中には、数多くの宗教団体があり、極めて悪質なところはいくらでもあります。もし、悪質な宗教団体について告発したければ、本当にひどい宗教団体について、告発すればいいことです。

ワールドメイトは、一切の刑事事件を起こしたこともなく、有罪になったことも一度もない団体なのです。

ワールドメイトに恨みなど起こるはずもない立場の人物が、ワールドメイトについて悪評をねつ造し、ワールドメイト風評被害を生み出してる理由はただひとつ。ワールドメイトの入会や退会を阻止したら、自分に利益があるということでしょう。

近年、ワールドメイトは口コミで入会者が徐々に増加してるそうです。どこの宗教団体も、信者数が減る中、ワールドメイトは珍しい団体だと言えましょう。ワールドメイトには、様々な宗教団体で行き詰まった人が入会するケースも、多々あるようですので、それに困ってる組織があるということなのかもしれません。

一方、「ワールドメイト伊勢・新米道」ブログは、SEO対策を施してるようすもないので、たんに、伊勢◎◎道を布教したい、いち信者が書いてるということもありうるかもしれません。

(・・・と思いきや、「ワールドメイト伊勢・新米道」もSEO対策を始めたようすです。やはり、お仲間だったということですね)

元・会員と新米薬寿師が、アンチ仲間であるのは明かなので、裏でなにか取引をしてるということはありそうです。

「ワールドメイトの実態」が毎日、旧「ワールドメイトに関する議論掲示板」を貼り付け

三つ目の理由として、「ワールドメイトの実態」は、毎日とか、二日とか三日にいっぺんくらいの頻度で、旧「ワールドメイトに関する議論掲示板」に匿名アンチ(身内)が書き込んだ書き込みを、アップし続けているということです。

これができるのは、ワールドメイト被害救済ネットの管理人である紀藤正樹弁護士の許可をもらった人物か、もしくは、2003年頃から、旧「ワールドメイトに関する議論掲示板」をウォッチし続け、データを記録し続けてる人物だと思われます。

もし、仮に、紀藤正樹弁護士の許可が得られてるとしましょう。しかし、書き込みを書いた人物に掲載の許可は取っていないはずです。

もし、書き込みを書いた人物の許可がないのに、ネットに掲載する許可を紀藤正樹弁護士が出したとするなら、紀藤弁護士も違法行為に荷担してるという可能性が浮上してきます。

紀藤正樹弁護士を巻き込んだ、違法行為を行ってるというのが、ひとつの可能性です。

もう一つ、旧「ワールドメイトに関する議論掲示板」をウォッチし続け、データを記録し続けるなどということを、2003年から、ずーっと何年も毎日していたとするなら、これこそ、雇われアンチしかできません。旧「ワールドメイトに関する議論掲示板」とは、24時間、休みなく、複数の雇われアンチが暴言を書き続けた、悪質きわまりない中傷掲示板であったそうです。そして、ふつう、古い書き込みは見られなくなるものです。

後日、ネットに再掲するつもりで、2003年頃からデータを記録し続ける、などということは、とうてい一個人が出来ることではありません。ワールドメイトを誹謗中傷するためにチームを組んで、組織的に行ってるとしか考えられないのです。

紀藤正樹弁護士を巻き込んで違法性の高い行為を行ってるのか、もしくは、紀藤弁護士が関与しないかたちで2003年ごろから、10年近く活動してる誹謗中傷チームが違法行為を行ってるのか・・・。

いずれの手段によって違法性の高い行為を行ってるのか定かではありませんが、紀藤正樹弁護士は、違法性の高い行為を放置しておくべきではないと思います。旧「ワールドメイトに関する議論掲示板」管理人として、削除を求めるべきでしょう。

そして、ワールドメイトになんの恨みもないような人物が、古い書き込みのデータの中から、自らに都合の良い書き込みだけを選別し、ネットにアップするということを、毎日のように作業を続けるということは、仕事も趣味もなにも出来ない、ということを指します。

・・・なるほど。お金のために、サイト運営をしてるということなんだな、という推測が容易になり立ちますね。

ちなみに、「ワールドメイトの虚像と実態」というアンチサイトも、ワールドメイト非会員でワールドメイトをなにも知らない人物が管理人をしてました。そして、ほかのアンチに管理人を代わって欲しいと相談したところ、アンチに断られて喧嘩を繰り広げ、ついに、「ワールドメイトの虚像と実態」というアンチサイトは放置されることとなったのです。

ワールドメイトの虚像と実態」と「ワールドメイトの実態」というネーミングもそっくり。管理人がワールドメイト非会員(元会員でもない)というのもそっくり。これが、某組織のやり方なのだな、と思いませんか?

ワールドメイトスパイ会員から情報提供を受けてる

四つ目の理由として、「ワールドメイトの実態」が、誰かワールドメイトのスパイ会員から情報提供を受けてるということがあげられます。

ワールドメイトの実態」では、当初から、ワールドメイト会員しか入手することの出来ない文書やメールマガジンを入手し、勝手に貼り付けてました。

しかし、ネット上で広く情報提供を募ることもなく、「ワールドメイトの実態」の連絡先など、サイトのどこにも書いてません。

そして、管理人は、ワールドメイト非会員(元会員でもない)のです。


ということは、管理人に情報提供をするために、ワールドメイトにスパイ目的で会員を続けてる人物がいるということを指します。管理人とスパイ会員は、個人的なメールアドレスを教え合ったりして裏で取引をし、「ワールドメイトの実態」が情報を入手してるのです。

つまり、明らかに、複数人が組織的にワールドメイトの悪評をねつ造する方法を計画した結果、ある作戦に従って「ワールドメイトの実態」が書かれているのです。

似たようなアンチサイトの「ワールドメイトの元・会員ブログ」も、ブログで広くアンチ仲間から情報収集をし、アンチ仲間から得た情報をアップしてます。管理人は現在非会員であり、スパイアンチや検索専用のアンチと協力しあっています。

ワールドメイトに不満があるなら、ワールドメイトを退会すればいいのに、わざわざ、ワールドメイトに会費を払い続ける人などいるはずもありません。だいたい、ワールドメイトに不満があるのに、退会しない人など見たこともありません。

同様に、エンゼル会のメールを貼り付けるような、エンゼル会に不満を持つ人など、見たこともありませんし、エンゼル会に会費を払い続けるなんて、不合理な行動です。

ワールドメイトの実態」と「ワールドメイト元・会員のブログ」に情報提供する、スパイ会員は同じ人かもしれませんが、「ワールドメイトの実態」へ情報提供するには、「ワールドメイトの実態」の個人的なメールアドレスを教えてもらわなければ不可能な話でしょう。

「ワールドメイトの実態」の運営形態と目的

要するに、「ワールドメイトの実態」は、とうてい一人で作成できるサイトではありませんから、組織的に、複数人が管理をしてるといえるでしょう。

そして、明らかに、旧「ワールドメイトに関する議論掲示板」の他人の書き込みを貼り付けるという違法性の高い行為を行っています。

さらに、管理人は、ワールドメイトに入会したことのない非会員でありながら、会費を払ってスパイ会員としてワールドメイトとエンゼル会に潜入させ、情報収集をしてるのです。

そんなことを、いち個人が出来るわけがないということは、もうご理解いただけたことと思います。


ここまで検証してきましたが、たったひとつ疑問が残ります。

ワールドメイトの実態」というサイトが、紀藤正樹弁護士に迷惑がかかるかたちで、平気で嘘ばかり掲載するのは、単に、「ワールドメイトの実態」が暴走してるということなのでしょうか?

それとも、某組織から圧力をかけられてるからなのでしょうか?

もし、某組織から圧力をかけられてないということでしたら、嘘偽りばかり書いた内容は、名誉毀損の可能性も高いですから、全削除するべきだと思います。しかし、全削除しないとしたら、なにか、裏で取引がされていて、削除出来ない理由があるとしか考えられません。これに関しては、今後の動きを注意深く観察していこうと考えております。

無料アクセスカウンター