Hatena::ブログ(Diary)

ワールドメイト情報

ASPアクセス解析
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 |
この日記のはてなブックマーク数

2012-07-04 ワールドメイトとは関連のない小沢一郎氏

深見東州先生と小沢一郎氏

なにやら、深見東州(半田晴久)先生が代表をされてる、菱法律経済政治研究所の顧問に、小沢一郎氏が就任していたというニュースが出ていました。

深見東州(半田晴久)先生と小沢一郎氏は、テレビでご一緒されていましたし、親交があるそうです。


ただし、深見東州(半田晴久)先生は、数十人以上の政治家の方と親交があるということですから、小沢一郎氏だけが、特別というわけではないでしょう。

ちなみに、深見東州先生は、2009年、日本国際フォーラムで、緊急アピール「対露領土交渉の基本的立場を崩してはならない」の代表署名人をつとめられました。そのときに、署名者をつとめた方は、以下の通りです。

http://haruhisa-handa.jimdo.com/press/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0-2009/

代表署名者

伊藤 憲一(日本国際フォーラム理事長)

児玉 泰子(北方領土返還要求運動連絡協議会事務局長)

田久保 忠衛(評論家)

丹波 実(元駐ロシア大使)

袴田 茂樹(青山学院大学教授)

半田 晴久(世界開発協力機構総裁)

吹浦 忠正(ユーラシア21研究所理事長)

署名者

愛知 和男(衆議院議員(自由民主党))

有泉 和子(東京大学学術支援専門職員)

池田 十吾(国士館大学大学院政治学研究科委員長)

池田 維(元外務省アジア局長、元駐ブラジル大使)

石田 良介(日本剪画協会会長)

板垣 正(元参議院議員)

伊藤 英成(元衆議院議員)

今井 香織(会社員)

今津 寛(衆議院議員(自由民主党))

入江 隆則(明治大学名誉教授)

上田 次兵衛(日本郷友連盟理事)

潮 匡人(評論家)

内田 忠男(国際ジャーナリスト)

梅澤 昇平(尚美学園大学教授)

遠藤 哲也(元原子力委員会委員長代理、元駐ニュージーランド大使)

大河原 良雄(世界平和研究所理事長、元駐米国大使)

大藏 雄之助(異文化研究所代表)

太田 正利(元駐南アフリカ大使)

大泰司 紀之(北海道大学名誉教授)

大森 義夫(大森事務所代表)

小笠原 敏晶(ニフコ名誉会長)

小川 郷太郎(外務省参与・イラク復興支援担当大使)

小田村 四郎(前拓殖大学総長)

折田 正樹(中央大学教授、元駐英国大使)

加藤 健(国後島元島民二世)

椛島 有三(日本協議会会長)

木内 昭胤(会社団体役員、元駐フランス大使)

北神 圭朗(衆議院議員(民主党))

木村 明生(青山学院大学名誉教授)

木村 汎(北海道大学名誉教授)

栗山 尚一(アジア調査会会長、元外務事務次官)

小池 百合子(衆議院議員(自由民主党))

木暮 正義(元東洋大学教授)

小堀 桂一郎(日本会議副会長)

小山 清二(内外情勢研究家)

櫻井 よしこ(ジャーナリスト)

佐々 淳行(元内閣安全保障室長)

佐藤 嘉恭(元駐中国大使)

澤 英武(評論家)

サンストロム 梨絵(ジャーナリスト)

三遊亭 金八(歯舞群島元島民二世)

茂田 宏(元駐イスラエル大使)

篠塚 徹(拓殖大学副学長)

島田 晴雄(千葉商科大学学長)

清水 實(ジャパンタイムズ名誉顧問)

杉浦 正章(政治評論家)

すぎやま こういち(作曲家)

鈴木 貞一郎(アトックス取締役会長)

清木 邦夫(会社役員)

瀬崎 克己(元駐南アフリカ大使)

高池 勝彦(弁護士)

高岩 優子(歯舞群島元島民)

高木 剛(日本労働組合総連合会会長)

田島 高志(国際教養大学客員教授、元駐カナダ大使)

田中 義具(元駐ハンガリー大使)

田村 玲子(政治ジャーナリスト)

角田 英明(日本国際政治学会会員)

津守 滋(桐蔭横浜大学客員教授

内藤 正久(日本エネルギー経済研究所理事長)

中川 義雄(参議院議員(自由民主党))

中野 良子(情報ソフト研究所代表取締役)

中原 千鶴子(煌代表取締役)

西村 眞悟(衆議院議員(改革クラブ))

野戸谷 秀樹(むつ市副市長)

長谷川 栄子(択捉島元島民)

長谷川 和年(元外務省欧亜局長、元駐オーストラリア大使)

長谷川 三千子(埼玉大学教授)

原田 廣二(会社員)

兵藤 長雄(元外務省欧亜局長、元駐ポーランド大使)

藤田 幸久(参議院議員(民主党))

古湊 壽登志(歯舞群島元島民)

松本 好隆(聖母女学院短期大学教授)

三上 祐二(択捉島元島民)

三上 洋一(択捉島元島民)

三井 辨雄(衆議院議員(民主党))

三村 洋史(会社員)

宮脇 磊介(初代内閣広報官)

村上 正泰(日本国際フォーラム理事・所長)

森井 敏晴(天理教名古屋大教会前会長)

山邑 陽一(神戸大学支援合同会社フェロー)

吉田 恵三(日本青年団協議会会長)

吉田 春樹(吉田経済産業ラボ代表)

若林 秀樹(元参議院議員)

渡辺 利夫(拓殖大学学長)

渡辺 繭(日本国際フォーラム総務主幹)

(五十音順)

上記に小沢一郎氏の名前はありませんね。

深見東州(半田晴久)先生は、日頃から、国を思う使命感と見識ある政治家の方を、党派を超えて応援している、というようなことを話しておられたと思います。

上記のメンバーも、党派を超えて国を思う方々には違いありませんね。

深見東州先生は、小沢一郎氏のみならず、多くの政治家と交流をもっておられますし、べつに小沢一郎氏とのみべったりということは、決してないと思います。

もし、そうならば、もっと以前から、いろいろ報道で出ていたはずだろうと思うわけです。

ワールドメイトと小沢一郎氏

ワールドメイトが小沢一郎氏に、なにやら献金をしている風なことを書いてるブログをみました。

しかし、そんな話は聞いたことはありません。


一度きり、ワールドメイトが小沢氏のパーティー券を買って、職員が小沢氏のパーティのゲストの先生の講演を聞きにいき、勉強したという話は聞いたことがあります。

これは、深見東州(半田晴久)先生としては、職員の勉強の一環だったのだろうと思います。


ワールドメイトの職員の方は、以前にも、神道の講演に勉強に行ったり、経済の講演に勉強に行ったりなど聞いたことがあります。最近では、それに加えて、政治の勉強もするようになったということでしょう。

小沢一郎氏だけではなく、さまざまな政党の方のパーティーに行かれてるそうですよ。激動の世の中ですから、政治や経済の勉強をし、日本の将来について思考を深めるのは、たいへん有意義なことではないでしょうか。


ちなみに、ワールドメイトの教えには、神は真・善・美の3局面であるということがあります。

真は学問、善は宗教・福祉、美は芸術などを指します。

ですから、ワールドメイトの職員の方は、どんな人でも読書家ですし、福祉活動、芸術活動にも理解があり、熱心に応援しているようです。

政治は善に属しますし、世界平和のためには、民主主義の確立が必須だと思います。

日本の将来のためにも、政治の安定が欠かせません。

ですから、職員が政治を勉強し、きちんと理解した上で、日々祈りを捧げるということなんだろうと思います。

ワールドメイトと選挙

ワールドメイトは、いかなる特定の政党も応援しないそうです。

選挙運動なども一切ないといいます。


深見東州(半田晴久)先生は、あまりにも多くの政治家さんと交流があるお方ですし、特定の政党の選挙運動をするのも、無理があることなのでしょう。


菱法律経済政治研究所の顧問にも、政治家の方が何人か在籍してるようですが、みんな、政党はばらばらです。小沢一郎氏よりも以前から顧問となられていた政治家の方もいますけれども、とくに、菱法律経済政治研究所でも、選挙の応援要請なども、一切ないそうです。

参考サイト:

ワールドメイトと小沢一郎は関連性なしワールドメイト住吉熊野道)

小沢一郎は菱法律経済研究所の顧問でありワールドメイトと関連はなしワールドメイト住吉熊野道)

ワールドメイトと小沢一郎を結びつけたい記事が残念なことに(鹿島香取道-ワールドメイト会員のブログ)

2012-07-01 ワールドメイトの実態を決して書けない無神論者の論理破綻

ネタ切れに陥った「ワールドメイトの実態」

ワールドメイトの実態」は、最近では、「旧ワールドメイトに関する議論掲示板」に書かれた古い職業アンチの書き込みを、増やすくらいしか、更新のネタがないようです。

書き込んだ人に了解を得てるのでしょうか?

もし、了解を得てるとするなら、例の匿名掲示板は、開設当初から、集団的組織的行為であり、やらせの出来レースだったということさえ、言えそうです。


ワールドメイトの実態」というアンチサイトの管理人の主張は、要するに、以下のありえない妄想のみのようです。

・深見東州(半田晴久)先生が、あらゆる関係団体を支配している

・深見東州(半田晴久)先生が、あらゆる関係者を騙している

しかし、これが、単なる妄想であることは、すぐにわかることです。一人の人間が複数の法人を支配する出来るはずがありません。

たとえば、NPO法人や財団法人などには、きちんとした理事が何人も在籍しています

そういう人の意見が反映されて、団体運営がされていることはあきらかです。

また、深見東州先生が、あらゆる関係者を騙してるというのは無理があります。

良識ある人々が、騙されてることに気づかないわけがありません。


ワールドメイトの実態」は、自分らだけが、深見東州(半田晴久)先生の支配体制や騙しに気づいてると主張していますが、どうみても、無理があります。

ワールドメイトの実態」などというアンチサイトが存在しようがしまいが、まったく関係なく、深見東州先生は、ご活躍されているところを見ると、だれも、「ワールドメイトの実態」を信用する人がいないということが明らかだと思います。

「ワールドメイトの実態」がネタ切れに陥った理由

ワールドメイトの実態」が、ネタ切れに陥ってる理由は、明らかです。

つまり、「ワールドメイトの実態」管理人は、宗教や神道に対する知識がなく、理解しようという情熱もないため、書くことがないということなのです。

結局、「ワールドメイトの実態」には、一切の、ワールドメイトの教義を否定できる材料が書かれていません。

これに対して、「伊勢××道」というあらゆる宗教をつぎはぎしただけの、インチキな宗教サイトは、「伊勢××道」を否定するのに充分な、材料が、ネットにあふれています。


私は、長い人生の間において、いまだかつて、ワールドメイトの教義を否定した記述を見たことはありません。それは、ワールドメイトの信仰や教えが本物であり、否定出来ない、否定が不可能ということだと思います。

ワールドメイトの深見東州先生は、世界の宗教理解の深い方や日本の神道理解の深い方とお付き合いされたり、討論されています。

そんな神道理解が広く深い、深見東州(半田晴久)先生に、一般の宗教や哲学に無学な人物が太刀打ちできるはずもないのは、至極当然のことと思います。

「ワールドメイトの実態」が恥知らずな記述を継続する理由

ワールドメイトの悪質な風評を生み出す、典型的なアンチの言い分とは、つまりは、「神は証明出来ない」という無神論的発想に行き着きます。


職業アンチは、「科学的に神を証明しろ」などと、むちゃくちゃ非科学的で無神論的な言いがかりを、ひたすら、繰り返し書いてるだけです。

自分は、「神がいない」ということを証明出来もしないくせに、よく偉そうに書けるなとあきれるばかりです。


職業アンチは、信仰心など欠片も持ち合わせていない人物であり、信仰そのものを否定し、信仰の自由を侵害しようとしてるだけのことです。

ワールドメイトの実態」管理人も、要するに、「神は存在しない」という無神論的発想に基づいて、神など絶対に認めないと、言ってるだけにすぎません。


本当に、ワールドメイトを批判したいのならば、少しでも、ワールドメイトの教義やポリシー、教えの矛盾点を指摘してみろ、と言いたいです。

しかし、「ワールドメイトの実態」の管理人のレベルを見る限りでは、そんなことは、一生、無理なのでしょうね。

「神を否定する」ということは、世界中の何億もの人々の存在そのものを否定することにつながります。そんな間抜けな行いをしていることを、恥ずかしいと感じないということは、恥知らずな人物だということを、逆に、証明していると思います。

知識があり、良識があるのならば、そもそも、嘘ばかりを掲載したり、違法性の高いと思われる行為を、「ワールドメイトの実態」などという土壌で行うことは、恥ずかしくて出来ない相談なのだろうと思います。

あんな、インチキサイトを信じる会員などいないのに、なぜ、執拗に嘘を書き、ワールドメイトを貶めようとするのでしょうか?

そして、違法行為と知りつつ、嘘を書き続けるのでしょうか?


やはり、某組織から援助を受けてるという背景に、その答えはあるようです。

無料アクセスカウンター