Hatena::ブログ(Diary)

ワールドメイト情報

ASPアクセス解析
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 |
この日記のはてなブックマーク数

2012-11-27 深見東州(半田晴久)と政治家

国を思う志を持つ多くの政治家と交流をもつ深見東州(半田晴久)先生

深見東州(半田晴久)先生は、国内外の文化人、財政界の人をはじめ、芸術家、作家など多くの人々と交流があるそうです。

たまに、深見東州(半田晴久)先生と政治家についての関わり方が批判されているのを見ますけれども、どうも、ずれた見解だなと感じます。

まず、一番多いのは、「深見東州先生と小沢一郎氏を、ズブズブだ」などと批判する見解についてです。小沢一郎氏は、深見東州先生が経営する、株式会社菱法律経済政治研究所の顧問を勤めており、小沢一郎氏が顧問料を受け取っていることが、ニュースになったことがあります。

(株)菱法律経済政治研究所(略称、菱研)とは、中小企業の経営コンサルタントを中心に行い、法律、経済、政治的観点からの企業経営や企業マインドを研究する会社のようです。

この菱研では、小沢一郎氏が顧問になるずっと以前より、なんにんかの政治家が顧問として在籍し、政治家による講演会を開いていたようです。

たとえば、日本初の女性代議士の一人である園田天光光さんや、元自民党の栗本慎一郎氏、元社会党の国弘正雄氏、国会議員で始めて尖閣諸島に上陸した、日本維新の会の西村慎吾氏、中小企業を守る亀井静香氏なども、菱研の顧問をされていたそうです。(現在、顧問なのかどうかは、確認していませんので、もう顧問ではない方もいるかもしれません)

みなさん、おそらく、顧問としてのお仕事をされて報酬をもらっていることと思います。何十年間も、なにも批判されなかったのに、なぜ、小沢一郎氏のときだけ、大々的に批判されるのでしょうか?

どう考えても、マスコミのネガティブキャンペーンの一貫としか思えません。

ちなみに、小沢一郎氏が、顧問料の記載間違い(事務的な間違い)を訂正したニュースが出た翌日には、「民主党の藤田幸久・財務副大臣が不動産所得と雑所得で約200万もの記載漏れ」がベタ記事扱いで報道されています。

藤田幸久氏は、所得自体を隠していたわけだから、より悪質だと思うのですが、マスコミは完全スルーです。

ワールドメイト:真のジャーナリズムが毎日新聞の創意工夫を指摘(ワールドメイト「住吉熊野道」)


まあ、もっとも、深見東州先生としては、小沢一郎氏のおかげで小さな中小企業をマスコミで取り上げてもらったという宣伝効果を喜ぶコメントが、雑誌にのっていましたし、小沢一郎氏にとっても、なんらダメージのない話なのでしょう。

聞くところ、菱研のメンバー(コンサルタントを受けてる会員)の人も、小沢一郎氏らが顧問となったことを歓迎しているようなので、会社としてもハッピーこの上ない話のようで、問題点はどこにも見いだせないようすではあります。

深見東州先生は、国を思う志のある政治家を応援

深見東州(半田晴久)先生は、派閥や党派など関係なく、国を思う志のある政治家の方と交流があるそうです。

政治家とは、常に、利権党争や足の引っ張り合いを行うのは、ある程度、やむをえないし、善悪混交した部分があるのは、仕方がないのだと思います。

日本のマスコミは、政治家を完全な悪人と決めつける風潮がありますが、これはゆがんだ見解だと思います。完全な悪人だったら、選挙に通るはずがありません。小沢一郎氏を悪人と決めつけるような報道は、小沢一郎氏の選挙区は、悪人ばかりであると暗に言ってることにもなり、大変、失礼な話だと思います。

国を思う志、日本を守り発展させようという志がない人間が、何回も選挙で通るわけはありません。

お金儲けをしたい人が、政治家などというお金が儲からない職業に就くわけもないと思います。

深見東州(半田晴久)先生は、国を思うという純粋な志を持ってる人物を応援するという立場をとっているそうです。

日本をよくするには、国の政策を改善するしかないわけで、善悪混交した人が善の道を行くようになったらいいわけだから、深見東州先生は、そのように願っているのではないでしょうか。

政治家をたたいても(ネガティブキャンペーンを行っても)、日本が良くなることはありません。政治家が、より良い政策を行うように、フェアな議論を活発化しすること、話し合いを深めることが、今、必要なことだと思います。深見東州(半田晴久)先生は、多数の政治家の人と、シンクタンクで交流しているようですが、フェアな議論を活発化して、日本が良くなるために活動するのは大いにけっこうなことと思います。

深見東州(半田晴久)先生は、特定の政治家とのみ、交流しているわけではありません。多くの、国を思う純な思いのある政治家と、政党や党派を超えて交流しており、フェアな意見交換や、提言を活発化させようという活動をしているのだと思います。

ワールドメイトと政治家や小沢一郎は関係ない

ワールドメイトに政治家が来ることはありません。

ワールドメイトが小沢一郎氏やその他の政治家の選挙運動をすることはありません。

深見東州(半田晴久)先生は、ワールドメイトの会員に向けて、特定の政党を応援するとか政治家を投票するなどという話をしたこともありません。ワールドメイトの会員は、選挙投票を各自の判断で行っています。

ワールドメイトと菱法律経済政治研究所は、資金が全く別であり、別の会社だそうです。

ワールドメイトが菱法律経済政治研究所に寄付することも菱法律経済政治研究所の株式を購入することも、一切ないそうです。

また、菱法律経済政治研究所の顧問は、ワールドメイトの会員でもなければ、まったく関連がないそうです。

社長がワールドメイトのリーダーをしているだけとのことです。

深見東州(半田晴久)先生は、ワールドメイトの活動はほんの一部であって、芸術活動、福祉活動、企業活動などを、国内外で幅広く行っています。

たとえば、仮にトヨタの社長とある団体のリーダーが同じ人物だったとします。しかし、トヨタはある団体とは、金銭的な関係は一切ありませんし、ある団体の顧問はトヨタに一切関係ないとします。それは、トヨタとある団体の顧問は、関係ないとしかいいようがありません。

ワールドメイトに、小沢一郎氏が来たこともないのだから、関連はないと言えるでしょう。

もう、ネガティブキャンペーンは聞き飽きましたし、関係のないワールドメイトをも、巻き込むのは、辞めてほしいものです。

2012-11-22 ワールドメイトの実態・インチキサイト

ワールドメイトの実態、というタイトルのインチキサイト

ワールドメイトの実態」というサイトは、SEO対策が厳重に施された、ワールドメイト非会員による中傷サイトです。

ワールドメイトとは、どんな団体か」というタイトルで、匿名掲示板(職業プロアンチが、24時間書き込みに張り付いていたことで有名な、「ワールドメイト議論掲示板」のことです。紀藤弁護士が、嘘ばかり書くプロアンチに対して「事実勝負でお願いします」と懇願をしています。)に書き込まれた中傷のみを、貼り付けたページを作成していますが、読んでも、ぜんぜん、ワールドメイトがどんな団体かが理解できません。

ワールドメイトのことを、「詐◎団体」などと書いていますが、まったくそんなことはありませんし、あまりにもひどい濡れ衣としか思えません。


ワールドメイトは、過去に、一度も刑事事件を起こしたこともありませんし、有罪になったこともないのです。どうして、そのような団体のことを、あたかも犯罪歴があるかのように書いているのでしょうか?


そのヒントとなると思われる、大きな疑惑が一つあります。

ワールドメイトの実態というサイトは、ワールドメイトに所属していない非会員による中傷サイトなのに、なぜか、ワールドメイト会員しか知らない情報を入手して、自らの都合のよいように、改ざん加工した上で、でっち上げを書いています。

ワールドメイト会員しか知らない情報を入手するには、ワールドメイトに入会するしか方法がありません。おそらく、ワールドメイトの実態を書くために、ワールドメイトにスパイ会員を入会させて、ワールドメイトの郵送物やメルマガを盗み見たり、情報の横流しをしてもらってるのでしょう。


ワールドメイト非会員であり、ワールドメイトと過去にとくになにかあったわけでもないのに、毎日毎日、ワールドメイトが犯罪を犯したかのようなイメージ操作をするために、サイト更新をするだけでも、常識的に考えて、おかしなことではあります。

その上、スパイ会員をワールドメイトに送り込んで、情報を横流ししてもらうとは、なんという執念・・・。


ただでスパイ会員を雇えるわけもなく、ただでSEO対策を施せるわけもありませんから、ワールドメイト中傷サイト作成には、おそらく、巨額の経費が掛かっていると、容易に推測できます。


ワールドメイトを目の上のたんこぶと思ってる団体が、ワールドメイトをおとしめるために、ネット工作を行ってる・・・というシナリオは、あまりに短絡的でしょうか?

しかし、実際、自分は、ネット工作をお金で請け負っていたと自白する人物まで現れています。その人物によると、ネット工作は、複数の団体で行っていて、自分は部分的にしか知らないということでした。

また、中国まで通訳付きで妨害工作を行うことができるほどの、巨額な資金がある・・・ということもわかっています。

ワールドメイトの実態」は、ネット工作の一環なのではないか、という推測も、ほぼその通りなのかもしれません。スパイ会員やSEO対策を施してまで、非会員が毎日のように、プロアンチの嘘書き込みばかりを、アップする理由はいったいなんなのでしょうか?

巨額の資金がバックで動いているようですね。

2012-11-05 ワールドメイトは宗教ぽくない

ワールドメイトに入会した人の感想

ワールドメイトに入会した方の評判をよく聞きますが、おおむね、好意的なものが多いようです。

ワールドメイトは宗教っぽさは感じない、というもの

ふつうの宗教のようなイメージはまったくなく、楽しいというものは、みなさんに共通しているようです。

もっとはやく、ワールドメイトを知っていたら良かったという感想も聞いたことがあります。

ワールドメイトは、あまり、布教、布教と拡大にはしる組織でもありませんので、知る人ぞ知るグループ

なのですよね。

ほとんどが、口コミや深見東州(半田晴久)先生の本を読んで知った方が多いようです。

最近では、電車のステッカー広告なども見かけるようになってきたので、それを見て、試しに本を買ってみたという人もいるみたいです。

ワールドメイトの、福祉への貢献は、非常に大きいと思います。これほど、大々的に、国際的な貢献をしているところも、ほとんどないことでしょう。

今までの宗教団体にはなかった、国際的な福祉貢献などが活発に行われてることは、ワールドメイトに宗教ぽさを感じない一因であると思われます。

ワールドメイトの多彩ですばらしい活動は、ワールドメイト会員の誇りとしているところです。

無料アクセスカウンター
Connection: close