Hatena::ブログ(Diary)

ワールドメイト情報

ASPアクセス解析
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 |
この日記のはてなブックマーク数

2013-09-30 世界オピニオンリーダーズサミット

世界平和へ日本の役割を問う


f:id:godmama:20131123114326j:image


f:id:godmama:20131123114327j:image

(写真をクリックし、さらに写真の下に出て来る「オリジナルサイズを表示」をクリックすれば、文字が読めるくらいに拡大できます。さらに、ズーム機能があれば、大きくすると見やすいです)


先日開催された、世界オピニオンリーダーズサミットの記事が、新聞の一面を使用して掲載されていました。

この内容をしっかり読むと、サミットの討論のポイントがよく理解できます。

いずれもかなりハイレベルで、複雑な問題ばかりですが、明快に指針が示されています。

世界のオピニオンリーダーの論点をまとめて、わかりやすく説明できるということは、外交や国際情勢などに精通してないと無理でしょう。

深見先生は間違いなく、国際政治や外交について、かなり勉強されていると思います。

私も、この記事を何度も読んで、もっと国際情勢を勉強したいと思いました。

2013-09-29 アカスリ半田劇場〜2

大学入学までに1000冊読破


f:id:godmama:20131122225805j:image


アカスリ半田劇場の二回目の掲載文です。

大学入学までに、文学や哲学書など、しっかりと読んでこられたんですね。



「宗教家や政治家には文学性がいる」と聞きました。

文学性があるから、人の気持ちの繊細なところまで理解できるのでしょうね。

また、人が感動するような表現ができ、お話ができるのでしょう。


ワールドメイト会員は、読書家が多いですが、私も、まずは千冊読破を目指したいと思います。

2013-09-28  アカスリ半田劇場〜1

記念すべき最初の連載記事


f:id:godmama:20131122225537j:image


アカスリ半田劇場の連載が始まって、かれこれひと月が過ぎました。

ワールドメイト会員で見逃した方のために、

あるいは、深見東州(半田晴久)先生に関心を持った方のために、

記念すべき最初の記事を載せておきます。


スポニチさんの紹介文では、「会長の半田晴久氏(62)はスポーツを通じた社会貢献をはじめ、オペラ歌手、画家、書家、能楽師などとしても精力的に活動している。想像を超えるマルチな才能の持ち主である同氏の横顔を「アカスリ半田劇場!」と題した当コーナーで紹介していく」となってます。

「想像を超えるマルチな才能の持ち主」と、マスコミも認識したようです。


少年期は、成績は3ばかりだったと、正直におっしゃるところがいいですね。

でも、今は、世界の人が認める万能の天才です。

小さい頃の成績は普通でも、頑張ればそういうふうになれるという、励みにもなりました。


また、高校1年生のときに、ラヴレターをもらわれたんですね。

微笑ましい思い出というより、フラれたことをバネにされるところが、さすがです。

2013-09-25 アカスリ半田劇場〜3

頭の使い方も考え方も柔軟


f:id:godmama:20131122225139j:image


今日は、スポニチのアカスリ半田劇場の連載日です。

ところでこの写真、どこかでみたことがあります。

ワールドメイトの支部だったかな。


あまりの体の柔らかさにびっくりしますね。

でも、ここに書かれているように、頭の使い方も考え方も柔軟で自在性があるのが深見東州先生なのです。


くれぐれも、危ないので真似をなさらないように、しましょうね(笑

2013-09-24 深見東州先生の著作

新書が出るようです

f:id:godmama:20130924183538j:image


これは、またまた、深見東州先生の広告らしい、見るだけで思わず笑えるものになってますね。

著作のいくつかが新書サイズで出るようです。本日の朝日新聞からいただきました。


本の種類も多彩ですが、ペンネームとコスプレも多彩です。


まるで33相に化身される観音様のようですね。

でも、本当に、あらゆる人の気持ちになって、相手を救える方なのです。

けっして見かけだけを変えているのではありません。

そこが、だれにも真似ができない、本当にすばらしいところのひとつでしょう。

本を読んで、私も少しでもそうなれるようになりたいと思います。

(写真をクリックし、さらに写真の下に出て来る「オリジナルサイズを表示」をクリックすれば、文字が読めるくらいに拡大できます。さらに、ズーム機能があれば、大きくすると見やすいです)

2013-09-21 世界遺産級熟練の技

シニアゴルフとブラインドゴルフの交流

f:id:godmama:20131122224821j:image

(一度写真をクリックし、さらに写真の下に出て来る「オリジナルサイズを表示」をクリックすれば、文字が読めるくらいに拡大できます。)


最近、深見東州先生関係の新聞チラシ収集マニアになってます。

ワールドメイトで、少し前のものも手に入れたので、順次掲載してみようと思っています。


こちらは、7月に行われた「ISPS HANDA CUP フィランスロピーシニアトーナメント」の特集記事のようですね。

かなり詳しく紹介されています。シニアゴルフの話題性と社会性があるということでしょうね。


ISPS主催のPGAシニアツアーでは、必ずブラインドゴルファーを招待し、トッププロシニアゴルファーと交流する機会をつくってあるそうです。

また、シニアトッププロたちも、その趣旨に賛同し、よろこんで協力されているそうです。


こういった細やかな活動が、ブラインドゴルファーたちのモチベーションを上げ、

どれだけやりがいにつながっているのか想像できる気がします。

シニアゴルフを通じた社会貢献の輪が、少しづつ拡がっているのを感じました。

2013-09-20 シニアゴルフの支援

深見先生の支援が始まると繁栄する


f:id:godmama:20131122224230j:image

(一度写真をクリックし、さらに写真の下に出て来る「オリジナルサイズを表示」をクリックすれば、文字が読めるくらいに拡大できます。)


こちらは、先月末に開催されたISPSハンダカップ秋晴れのシニアマスターズの広告と、

新聞社の特集記事です。やはり、大きくとりあげられていますね。


今ではシニアゴルフの支援をされる深見東州先生ですが、その原点は、ブラインドゴルフにあるそうです。

ブラインドゴルフを日本に紹介し、支援し、世界中のブラインドゴルフに貢献してこられました。


そこから女子シニアゴルフ界の窮状を聞かされ、シニアゴルフへの支援が始まります。

そうして、数年後には、多くの企業がスポンサーとなり、女子シニアの大会も増えれるようになったそうです。


そして、同様に男子のシニアゴルフも支援されはじめます。

男子も、今では年間試合数も増えているそうです。


深見先生の支援が始まると、その業界が活性化し、繁栄していくようですね。

2013-09-18 ブラインドゴルファーの夢を叶える

褒められるためにやる人ではない

f:id:godmama:20131122223734j:image


今回の新聞記事で4紙目になりますね。

今回のブラインドゴルフ世界大会は、これほど多くのマスコミからも注目されるほど、

素晴らしかったということでしょう。

ワールドメイト会員の一人として、深見東州先生のご活動が、

このように正しく評価を受けることは嬉しい限りです。


ようやく日本のマスコミも、深見東州先生の無私無欲の素晴らしい活動を、

理解してくれるようになったのでしょう。


今回の記事で、世界のゴルフ界のスーパースターであるナンシーロペスさんが、

「半田さん(深見東州先生)は、チャリティー活動を“褒められるために”やる人ではない。

心が素晴らしい人」と絶賛しています。

さすが超一流になる人だけあって、人の心や本質を、ズバリ見通してあります。

ワールドメイト会員も、皆、まったく同じ意見です。


これらの四紙の紙面は、写真は同じものが多いですが、記事の内容はそれぞれ違います。

ぜひ細部まで読まれることをお勧めいたします。


(一度写真をクリックし、さらに写真の下に出て来る「オリジナルサイズを表示」をクリックすれば、文字が読めるくらいに拡大できます。)

2013-09-17 福祉を通じて心の交流

スポーツ、特にゴルフによる社会貢献


f:id:godmama:20131122223454j:image

(一度写真をクリックし、さらに写真の下に出て来る「オリジナルサイズを表示」をクリックすれば、文字が読めるくらいに拡大できます。)


ワールドメイトの支部で、また新聞記事を見つけました。

複数の新聞社が、先日の「厚生労働大臣杯 外務大臣杯 ブラインドゴルフジャパンオープン」の様子を伝えているそうです。

せっかくですから、可能な限りこちらのブログでも掲載したいと思います。

深見東州先生(半田晴久名誉会長)は、スポーツ、特にゴルフによる社会貢献をライフワークにしていると語られていました。

こういう方がいるからこそ、ブラインドゴルフも、ここまで大きくなったのだと思いました。

次は、パラリンピック参加できるといいですね。

それが、どれだけ障害を持った方たちの励みになり、生きがいになるのか計り知れません。

ブラインドゴルフをはじめると、みなさん、いきいきと明るくなるそうです。

しかも和気あいあいと楽しまれているそうです。

それがスポーツの力ですね。

私も応援します。

2013-09-16 障害者ゴルフを国体に、国際大会に

半田(深見東州)名誉会長の意志に共鳴

f:id:godmama:20131122223202j:image

(一度写真をクリックし、さらに写真の下に出て来る「オリジナルサイズを表示」をクリックすれば、文字が読めるくらいに拡大できます。)


東スポ、また買ってしまいました。

スポーツ新聞はあまり買うこと無かったのですが、最近、すっかり買うようになりました。

これも深見先生のご活躍の記事が掲載されているおかげです。

買ってみると、以外に面白い記事がたくさんありますね。

なによりスポーツのことに詳しくなりそうです。

王選手のホームラン記録更新が話題だったことも、遅まきながら知りました。

そうそう、田中投手の21連勝もすごい記録だそうですね。

稲尾投手の20連勝以来だとか。

そんな世間の話題についていけるようになったことも収穫でした。


この先も、ますますの深見東州先生のご活躍を期待しています。

もちろん、ワールドメイトのすばらしい神祭事も、

そのお忙しい合間を縫うように、していただけるとうれしいです。

2013-09-15 厚生労働大臣杯 外務大臣杯 2013ブラインドゴルフジャパンオープン

スポーツを通じて人生に光を

f:id:godmama:20131122222722j:image


日本ブラインドゴルフの父と言われる半田晴久名誉会長が主催する大会に、

9カ国から、60人の視覚障害者が参加し、熱戦を繰り広げたそうです。

表彰式での深見先生の笑顔がいいですね。

周囲の人たちを笑いで明るくしてしまいます。


本物の福祉活動を求めて、どこまでも実践され続ける深見先生でした。

クリックして拡大し、記事の内容を読んでみてください。

2013-09-14 ゴルフにおける社会貢献

自己実現のお手伝い

f:id:godmama:20130914103123j:image

スポーツを通じた社会貢献への思いを、深見東州先生が語られています。

少し前の新聞記事ですが、とてもいい内容です。


2020年オリンピックは東京に決まりました。

パラリンピックにもゴルフが正式種目として決まるといいですね。

2013-09-13 ブラインドゴルフの世界大会

USTREAMで配信されてました

f:id:godmama:20130913215851j:image


全部を観ることはできませんでしたが、表彰式で、日本人の選手が優勝して盾をもらっていました。

クラスがいくつかあるうちの一つだと思います。

今回のブラインドゴルフの大会は、厚生労働杯、外務省杯というものがありました。

政府も後援するほどの、素晴らしい社会貢献ということになりますね。

普通、なかなか政府の後援はもらえないでしょうから。

また来年も日本で開催されるそうです。楽しみです。

2013-09-12 スポーツを通して社会に貢献される深見東州先生

ゴルフに関する記事を見つけました


f:id:godmama:20130912224514j:image


東京スポーツ、本日の夕刊です。

普段は買いませんが、深見先生の記事があるとのことでしたので買ってみました。

ゴルフの知識はありませんが、この記事によると、とても権威のある世界的な大会のようです。

このような大会のスポンサーになれるなんて、とてもすごいことのような気がしますが、どうなのでしょう。

 

最近ワールドメイト以外の公益活動やコンサートなどが、多くの紙面で取り上げられているので、これから随時紹介したいと思います。

無料アクセスカウンター