飯塚市議会議員「えぐち徹」のつれづれ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2019-01-25

県庁そろそろクビですか? 円城寺雄介氏講演会

f:id:gogo-eguchi:20190125212840j:image:w640

今日はこれ。ちょっと現実逃避ではありませんが、『県庁そろそろクビですか?「はみ出し公務員」の挑戦』(小学館)の著者、円城寺雄介さんの講演会に来ました。

今日の講演会は、経済産業省キーパーソン活用型地域活性化事業飯塚市の第133回 e-ZUKAトライバレー産学官交流研究会(通称ニーズ会)とのコラボ事業です。

会場の市役所2階の多目的ホールは、市職員、民間企業の方、そして市外からの公務員の方々でほぼ満席。

「〜本気になれば誰だって変革は起こせる〜救急車iPad、ドクターヘリ、ドローン、そして宇宙への挑戦」と題し、全国初となる救急車へのiPad配備した救急医療情報システムの構築や、ドクターヘリ導入、忍者村、更には宇宙への挑戦、などをお話頂きました。

最後に言われたのが、次のようなこと。


東京にいると状況が分からない。

人口が減っているとか高齢化が進んでいるとか、実感できない。

ところが地域に住んでいると実感できる!

佐賀だと路線バスも赤字で撤退していく。自動運転のバス走らせる理由がある。

これからさき世界的に見えない時代になってくる。しかし、その中で日本は決定的に危機感がない。

これからも明日も変わらないと思っていないか?

じゃあ、誰が変えていけるか。地方の人間でしかない。

能力が高いかどうかと言うことでなく、現場は地方にある。

能力や肩書きなどでない、本気で取り組んでいるかどうか。

本気で、佐賀県にとって日本にとって役に立つだろうと思って取り組めば変えていける。

2020年以降、おそらく日本は奈落の底に落ちる。それを防ぐことができるとすれば、東京に住んでいる肩書きのある方ではなく、地域に住んでいる私たちが一つ一つ事例を重ねることしかないと思っている。

90分の講演はあっという間、うんうんと頷きながら話を聞いていました。

ちょっと他用もあり、交流会は出席できませんでしたが、なかなか刺激的な時間を頂きました。

変えれるのは私たち。そして、本気だったら、まちは動く。

改めて感じた、今日の講演会でした。

円城寺さん、そして彼を呼んできてくれた経産省の方々、飯塚市役所の経済部の方々、ありがとうございました。

2019-01-15

災害は忘れた頃にやってくる? いやいや、災害はいつでもどこでもやってくる!


f:id:gogo-eguchi:20190116013357j:image:w640

 →上記ビデオはコチラから

今日は、4月の準備でバタバタしている中でしたが、子どもを地域で支える会・筑豊の1月研究会に。

この「子どもを地域で支える会・筑豊」は、筑豊地区の子どもの心身に関わる多職種専門家の意見を交換し、子どもの健全な成長と発達を守り、支援することを目的とする会で、毎月だいたい第3火曜日に研究会を行っています。


今日は、「子どもと地域と防災教育」という題で、田川市立病院看護師の七呂清隆さんがスピーカーでした。

七呂さんは、単なる看護師ではなく、DMATの一員として活躍されています。

そのDMATって何だろ?と言う方のために、DMAT本部のHPから抜粋して紹介すると以下のようになります。


災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム」と定義されており災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。

海外の災害のときなどに、お医者さんや看護師さんたちがチームで派遣されていきますよね。あの人たちです。

七呂さんは、福岡県でチームが立ち上がるときの一期生。

それ以来、東日本大震災熊本地震をはじめとする様々な災害に出動されているそうです。

熊本地震益城町の病院で活動している際には、なんと本震にあってしまうという非常に危険な目にも遭われてそうです。

今日は、その経験を含めて、防災教育をどうすればよいのかということについてお話頂きました。


その七呂さんが、「正直焦っています」としてお話しされたのは、南海トラフ地震が起きた場合のこと。

政府地震本部HPによると、30年以内に、70%〜80%の確率で、M8〜M9クラスの地震が起きる可能性があると言います。そして、実際に地震が起きたときに、九州まで本州の自衛隊が救援に来れることはないだろう。また62万人にもなると予想されている負傷者をどうやって受け入れるのか?全国の災害拠点病院をフル活動しても無理だということだそうです。


そうなると、自助・共助・公助の中でも、自助・共助が大切になってくると。

そのためにも、防災教育を進めなければならない。そう考えると、子どもを通じた講座は、子どもだけでなく、保護者なども参加するので広がることから、そうした取組がよいのではないかとして、現在、年に20回近く、学校を訪問してお話しされているそうです。


今日のブログの題の「災害は忘れた頃にやってくる? いやいや、災害はいつでもどこでもやってくる!」というのも、七呂さんの話の中から。ぜひ、自助、そして共助の備えを怠りなく!

2019-01-13

成人式

f:id:gogo-eguchi:20190124012638j:image:w640


今日は成人式に来ています。


f:id:gogo-eguchi:20190124012646j:image:w640


今年の飯塚市新成人は、男性652人、女性601人の1253人。


f:id:gogo-eguchi:20190124012702j:image:w640


オープニングは同級生夫婦の娘さん、小野山莉々香さんのバイオリン演奏から!

彼女も新成人、晴着姿での演奏です♪

新成人の皆さん、おめでとうございます!

皆さんの将来が光り輝くものになりますように。


f:id:gogo-eguchi:20190124012655j:image:w640



上の写真は、嘉穂高校の書道部の作品です♪

2019-01-04

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

三が日を過ぎ、今日から仕事始めの方も多いことだと思います。

皆さんにとっての昨年はいかがでしたか?

また、平成最後の年の4ヶ月、そして新しい年号での8ヶ月、皆さんは何を目指されますか?

私は、昨年は同僚議員と共に提案した「飯塚市の子どもをみんなで守る条例」を賛成多数ではありますが、可決・成立する事ができました。

この条例を含めて、今回の任期では、4本の条例提案・成立することができました。

もともと立法機関である議会の役割をある程度果たせたのかなぁと考えています。

そして、平成最後の4ヶ月は今回の任期の最後の議会と4月には選挙

3月議会の最後までしっかり議員としての勤めを果たし、4月の選挙に臨む所存です。

その後の、新しい年号の8ヶ月も市民のために。

何が出来るのか、何をすべきかを自分に問いかけながら、過信することなく、

市民の皆様と共に、一歩一歩前に進みたいと思います。

今年も、引き続き、ご指導ご鞭撻と共にご支援頂けますようよろしくお願いします!

あなたにとっての2019年が健幸な一年、そして素晴らしい一年になりますように。

2018-12-21

児童虐待防止へ前進飯塚市子どもをみんなで守る条例、可決しました!

f:id:gogo-eguchi:20181221140244j:image:w640

児童虐待防止のために、同僚議員提案していた「飯塚市子どもをみんなで守る条例」案、一部修正しましたが、やっと可決しました!

残念ながら、全会一致ではなく、賛成多数での可決です。また審議の様子の委員長報告に対する質疑や反対討論も複数ありました。

それについては思うところがあるので、また別の機会に述べたいと思います。

まずは、子どもをみんなで守るために、条例案が可決されたことを素直に喜びたいと思います!

2018-12-18

直接請求された「飯塚市政治倫理条例」について

新聞報道、また先日のえぐマガでもちょっと触れたように、12月10日の月曜日、飯塚市議会本会議にて住民の直接請求で提案のあった「飯塚市政治倫理条例」について、私たち議会は、9vs16で否決しました。

なぜ私がこの条例案に反対したのか?

それは簡単、資産公開が不正防止に役に立たないって考えているからです。

条例改正の際に、なぜ毎年の資産報告を廃止するのかという問いかけに対し、

私は、(1)誰も見に来ないし、(2)お金もかかるし、(3)何よりも有効でないと言いました。

不正防止のために資産公開が有効であるなら、お金が多少かかっても、見に来る人が少なくても残すべきだと思いましたが、そうではないと私たちは判断。

それは今でも間違っていないと思っています。

また、今回の条例案は、次の3点が現行の仕組みと大きく違うと紹介されました。

(1)資産報告の対象者を配偶者及び同居の親族まで拡げること

(2)市長や議員、又は配偶者や2親等以内の親族が役員をしている企業等は市の請負契約等を辞退すること

(3)審査会に公募の市民を入れること。

まず、(3)の審査会に公募の市民を入れることに関しては私は賛成です。

また、現在の仕組みが、資産公開条例と政治倫理条例が分かれているのに対し、これを会わせるべきだというのにも賛成です。

しかし、(1)と(2)については、反対です。

(1)については、公人と私人という片峯市長が反対する理由も理解出来ますし、もともと有効でないと考えているから。(2)については、請負辞退は職業選択の自由バッティングすることから行うべきではないと考えています。

以上のような判断から、今回の直接請求の条例案については反対の立場を取らせて頂きました。

住民の方々が、より良い市政を希望するのは、大切なことですし、そのために正しいと思うことに対して行動されたことは、ホントに良かったと思います。今回については私は反対とさせて頂きましたが、ぜひ、今後も積極的に市政に対し、見て頂き、おかしいと思うことがあればおかしいというご意見を寄せて頂ければと思います。

なお、この資産公開については、以前紹介したように、5月に週刊プレイボーイ誌に取材を受け、それが記事となった他、日経グローカル誌にも寄稿させて頂きました。私のホームページにも少しだけ紹介していますので、お時間が許しましたら是非ご一読下さいm(_ _)m

該当の記事はコチラから → http://eguchi-tohru.com

2018-12-17

飯塚市の子どもをみんなで守る条例」案、委員会通過!虐待防止へ一歩前進


f:id:gogo-eguchi:20181218025213j:image:w640

https://www.fnn.jp/posts/00401660HDK

南青山児童相談所計画されていることに一部住民が反対していることが世間を賑わせていますが、児童虐待があるのは飯塚も同じ。

その飯塚で児童虐待を防ぐためにと同僚議員提案した「飯塚市の子どもをみんなで守る条例」案、6月の提案から半年経ち、一部修正しましたが、今日の委員会ではようやく全会一致での可決となりました。

あとは、21日の本会議を残すのみとなりました!

多くの議員賛同頂けるよう、お知り合いの議員がおられましたら、ぜひ、お声かけ下さい!

条例の詳細や審議状況についてはコチラからどうぞ♪

→ http://eguchi-tohru.com/databox.html

2018-12-14

菰田保育所、徳前保育所について

今日の一般質問では、財産管理についてと健幸都市づくりについてお聞きしました。その中で、以前から気になっていた菰田保育所・徳前保育所についても少し触れています。


菰田・徳前保育所については「公立保育所・幼稚園あり方に関する実施計画」の中で、「平成 27 年度までに統廃合するものとし、新設の場所に ついては、公共施設等が特定の地域に過度に集中することのないよう十分配慮し、決定する。」こととされていました。

そして、花市場横に新しい菰田保育所が新設され、以前の菰田保育所と徳前保育所については、廃止され今では使われていません。


他方で、待機児童が多くおられるのも現実で、以前、この2つの施設については、保育関係の施設として民間で活用して頂く方がよいのではないか、そのような方々への売却や賃貸を進めるべきだと去年の6月議会一般質問でも発言していました。


それから、ある程度時間がたったので、改めてどうしているのかを質問。残念ながら、未だに検討中ということでなんら進んでいません。


そのあたりの質疑を紹介しましょう。



○江口

 今後の方針についてお聞きする。以前、徳前保育所並びに菰田保育所の件について、お話ししたことがある。あそこの2施設とも保育所としてはもう統廃合して使わなくかった施設なんだけれど、そこが空いている。ところが片一方では、市の中には待機児童がこれだけおられる。10月の段階で108人おられる。今月になったらもっとふえているかもしれない。また、来年10月になると、幼児教育、保育の無償化になり、さらにニーズが高まることが予想されている。

その中で、もう既にある施設を使って、そういった保育のサービスを提供しようという方にとっては、やはり、ああいった場所をもしかしていただけるんだったら貸していただきたいという声も実はある。

以前、この話をしたときには全く聞いたことはなかったんですが、最近保育関係のところをずっと回ることがあり、その中の一つ、無認可のところから貸してくれたらいいんだけどねという話もあった。また、保育をやってないんだけれども、子ども向けに事業を考えているところから、あそこはどうなっているのというお話があった。

担当課のほうに直接、事業者さんを紹介するというわけには僕はいきませんので、紹介をしていないが、ただ、やっぱりそういった方々がアプローチしようと思っても、どんな状況かわからなければ進まない。特に廃止が決まった施設、廃止した施設が、この2つ等を含めて、ほかにもあると思うが、そういった部分に関して、ぜひ早急に対応していただきたいと思うが、どうか。


行政経営部長

 今ご指摘の市として廃止施設の利活用を検討する事務手続きにおきましては、市の策定した関連計画との整合性を図り、まずは、用途廃止等に伴う所管財産の異動について検討して、地域からの意見聴取等を踏まえながら、今現在事務を進めている。ご質問のとおり、廃止前の施設が保育施設であり、待機児童問題など、課題が山積する分野であることから、保育行政を所管する常任委員会等においても、議論されている。ご提案の政策的な利活用については、専門的な判断も伴うことから、関係部署と協議しながら検討を進めてまいりたい。


○江口

 担当する常任委員会は私どものところなんですが、やっぱりすごくせっぱ詰まった問題なわけですよ。ぜひ早期の問題解決をお願いしたい。


この議論の後、市全体の財産管理を担当する部署とも話しましたところ、検討を急ぎたいという意向もありそうです。ご興味のある方、直接担当課へ問い合わせしてみませんか?

担当課は財産活用課です。

2018-12-12

12月議会,開会中♪

現在、12月議会が開会中です。

昨日から一般質問が始まり、金曜の午前中まで14人の議員が代わる代わる登壇致します。

ぜひ、その論戦をご覧下さい。

今日の午後以降の質問議員並びに質問事項は次の通りです。

12月12日(水)

平山悟

1 平成30年7月豪雨の対応について

2 頴田支所の移転について

城丸秀郄

1 農業の振興について


12月13日(木)

福永隆一

1 移転に伴う地方卸売市場の今後の展望について

兼本芳雄

1 これからの公共交通について

光根正宣

1 水道事業について

2 下水道事業について

3 浄化槽について

奥山亮一

1 災害時用備蓄食品について

2 公共施設のトイレについて


12月14日(金)

川上直喜

1 排水機場のポンプと水門の操作について

2 コミュニティバスの運行の充実について

3 自然環境と生活環境の保全について

江口徹

1 財産管理について

2 健幸都市づくりについて


私の質問は、財産管理についてでは、市の持つ土地、建物で使っていないものをどうするのか。また健康都市づくりについては、各種計画の進捗状況とその課題、費用低減のための取組等を問いかける予定です。


登場は、12月14日金曜日の二人目ですので、11時過ぎになるかと思います。
お時間許しましたら、議場若しくはWebの前へ!

なお、質問事項の詳細について,ネット中継は以下をご参照下さい♪


質問事項はコチラから https://www.city.iizuka.lg.jp/giji/shise/gikai/documents/ippannsituonnichiran_30-4.pdf

ネット中継はコチラから https://www.city.iizuka.lg.jp/giji/shise/gikai/chuke/chuke.html

録画中継はコチラから https://www.city.iizuka.lg.jp/shise/gikai/kaigiroku/index.html

2018-12-05

12月議会、開催間近。

12月議会が以下の日程で開かれます!

今回の議会では、「飯塚市の子どもをみんなで守る条例」案の他、執行部から補正予算議案15件、条例議案13件、その他の議案12件、報告7件が出されています。

その中には、住民の方々の署名による飯塚市政治倫理条例の制定を求める直接請求も。

【日程】

12月 7日(金) 本会議 会期の決定、行政報告、各委員長報告等、議案の提案理由説明

12月10日(月) 本会議 飯塚市政治倫理条例請求代表者の意見陳述、議案質疑、討論、採決)

12月11日(火) 本会議 一般質問

12月12日(水) 本会議 一般質問

12月13日(木) 本会議 一般質問

12月14日(金) 本会議 一般質問、議案に対する質疑・委員会付託

12月17日(月) 経済建設委員会福祉文教委員会

12月18日(火) 総務委員会協働環境委員会

12月21日(金) 本会議 各委員長報告・質疑・討論・採決、報告事項説明・質疑、署名議員指名

以前からお伝えしているように、議会の傍聴は簡単!

本会議は、何も書く事なしで、出入り自由。赤ちゃん連れなどの方のために親子室もあります♪

委員会は、部屋の都合で先着10名様まで。

また来れない方のためのネット中継は、生中継だけでなく録画中継もあります!

ネット中継はコチラから https://www.city.iizuka.lg.jp/giji/shise/gikai/chuke/chuke.html

録画中継はコチラから https://www.city.iizuka.lg.jp/shise/gikai/kaigiroku/index.html

ぜひ、議会へおいでくださいm(_ _)m