gogobaystarsの日記

2018-08-16

立ち位置を決めたい

横浜1-5中日。先発石田は、2回にタイムリー
 と犠飛で2失点し、3回にも2本のタイムリー
 を含む4安打されて2失点と、これまでと何ら
 変わりの無い内容。
 6回にも3連打で1点を失い、結局5回1/3を
 9安打2四死球の5失点。
 石田「ランナーを出塁させてから連打を許し、
 間合いが長くなりリズムを悪くしてしまい
 ました。テンポ良く、攻めの投球をしてい
 れば最少失点に防ぐことができたと思います」
 「ファームで練習した球が浮いてしまった。
 1軍は1球が命取りになる」
 藤岡は2/3回を無失点、三上が2回を無失点。
 打線は、6回まで1安打と振るわず。
 7回に、宮崎のタイムリーで1点を返すのが
 精いっぱい。
 宮崎とロペスがマルチ。
 他は全員無安打
 なんで、ここまで石田にこだわるかね。
 2軍で、しっかり結果を出してからにする
 んじゃなかったのかね。
 監督、コーチは、おかしいよ。
 ラミレス監督「抹消します。今日の
 パフォーマンスを見て抹消を決めた」
 「明日、ピッチングコーチと話して、
 彼の立ち位置を決めたい。今は白紙の状態」
○寺田光輝が8/15に椎間板ヘルニアの手術を
 行い、無事終了。
田中健二朗が抹消、石田が登録。
○8/16の予告先発は京山。

2018-08-15

緊張感が解かれていない

横浜6-5中日。先発平良は、初回に2ラン
 を浴びて先制され、2回に嶺井のタイムリー
 3回にソトのソロで追いつくも、その裏に
 タイムリーと犠飛で2失点。
 結局5回を5安打3四球の4失点。
 平良ブルペンから調子は良かったですが、
 初回の先頭打者に四球で出塁を許し失点に
 つながり、自分のリズムに乗ることができ
 ませんでした」
 打線は、6回に筒香のソロ、7回にロペス
 のタイムリーで同点。
 筒香「体が自然と反応した。ボールが
 だいぶ見えてきている」「自分の間合いで
 振り抜くことができました」
 6回は、エスコバーが無失点も、7回に
 砂田がピンチを招き、三上がタイムリー
 を打たれて勝ち越されてしまう。
 8回は、三嶋が2アウトから2アウトから
 3四球で満塁のピンチを招くも無失点。
 土壇場の9回、死球と連打で2死ながら
 満塁とし、伊藤光が押出を選び同点、
 代打倉本が勝ち越しタイムリー。
 その裏は、山康晃がノーアウト1,2塁
 のピンチを作るも、何とか後続をおさえて
 シーソーゲームを制した。
 ラミレス監督「まだ余韻に浸っている。
 緊張感が解かれていない。アンビリーバボー
 宮崎が猛打賞、ソトがマルチ。
 桑原が無安打
○楠本が登録。
○8/15の予告先発は石田。

2018-08-14

神里が右足甲骨折で今季絶望

○9/11(火)〜13(木)ビジターゲーム広島
 のライブビューイング横浜スタジアム
 で開催。
 ホームゲーム同様の各種イベントを実施
 予定。
 BOXシートが\1000、ほかは\500。
●右足に死球を受け負傷の神里が抹消。
 右足甲骨折で、今季中の復帰は困難に。
○8/14の予告先発平良
 平良「先に点を与えないように、テンポ
 よく投げたいです。カードの頭を投げる
 以上は、勝つ意識を持って、主軸打者の
 前にランナーを出さないように投げたい」
 「前回同様、攻めていきたい」
 第2戦は石田「試行錯誤していた。
 いいときの球を投げられると思う」
 2軍戦は、7/29の6回2失点の登板だけじゃ
 ないかな。
 これで、また1軍に上げる首脳陣って。
 3戦先発予定の京山「自分に勝ちがつか
 なくてもチームを勝たせたい」

2018-08-13

ソトと大和が4安打

横浜12-5阪神。先発今永は、初回に2ランを
 浴びて、相変わらず序盤の失点。
 打線は、2回に大和のタイムリー2ベースと
 押出四球で同点。
 3回には、ソトのソロと嶺井のタイムリーで
 逆転。
 今永は、4回にソロを浴びるも、2回から7回
 までは、この1安打のみ。
 打線は、5回に石川のタイムリーと押出四球
 で2点、6回にはいずれも場外弾となる筒香
 ソロとソトの2ランで3点、8回には嶺井の
 2点タイムリーで加点。
 ソト「誰にも、車とかに当たっていないか
 心配だけど良かった。前の場外弾より感触は
 さらに良かった」
 筒香「うまく反応して打つことができた。
 1本出て良かった」「完璧ではないですけど、
 ここ何日かに比べたら全然いいと思う」
 ラミレス監督は「彼自身も勢いに乗ると思う
 し、打ち続けてほしい」
 今永は、8回2アウトからタイムリーを打たれ
 たところで交代。
 結局7回2/3を5安打四球ながら4失点。
 今永「野手に助けてもらった。次はピシャッ
 としてチームに流れを持ってくる」
 代わったエスコバーもタイムリーを打たれ
 るも大量得点に守られ、9回はパットン
 無失点で勝利
 ソトと大和が4安打
 大和「無我夢中で必死に食らい付いた」
 石川、宮崎、今永、嶺井がマルチ。
 ロペスが無安打
 神里が2回の打席で右足に死球を受け途中
 交代。
 ラミレス監督「走れないので抹消します」

2018-08-12

投手と捕手の両方のミスだ

横浜3-8阪神。先発浜口は、2回にタイムリー
 と2ランで3点を先制されると、3回にも
 タイムリーを打たれて、2回2/3を6安打2四球
 の4失点でKO。
 藤岡は1回1/3を無失点。
 浜口「チームと中継ぎ陣に申し訳ない」
 ラミレス監督「阪神の打者が浜口を恐れてい
 なかった」「本塁打は、2ストライクから簡単
 に打たれた。敬遠も考えた場面。チームとして
 ショックだった。次の打者が投手だったこと
 を考えれば、投げ急ぐ必要はなかった。
 投手捕手の両方のミスだ」
 打線は、4回に大和の2点タイムリー。
 5回に先頭が死球で出るも、神里が併殺、
 ソトが3球三振で追い上げの流れが変わり
 2イニング目に入ったエスコバーが打ち込まれ
 4安打1野選で4失点。
 田中健二朗が1回1/3を無失点。
 7回に代打石川のタイムリーで1点を返す。
 8回は三上が三者凡退。
 その裏、2アウト満塁とするも無得点。
 9回は砂田が無失点。
○8/12の予告先発は今永。