ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

北区の帰宅部 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-01-16

週刊少年ジャンプ2017年07号の感想


 「次に表紙くるのはどっち?」という2択にするつもりだったんです。『ゆらぎ』『約束』で。先週の記事を上げたくらいのタイミングで「次回はコレでいこう」と決めてたから、今号の予告を見てショックw
 いや、ショックってのは語弊があるけどさ、マジかよってなった。
 ということで、別の質問。意外と思いつくもんである(今のうちやで)。

 説明が必要なんですけど、少年マガジンのアンケートが変わりまして。完全電子化。ハガキ廃止。これには驚きました。登録不要で「すぐ終わるよ!」というのが売り。
 個人的にはものすごく理想的で、「あーあ天下のジャンプ負けちゃった」という感じです。個人的に、というのを何度も書きますけど、個人的にハガキはない。懸賞という側面があるとはいえ、ただアンケート送りたい人が金銭的に負担するのがどうも受け入れられない。
 セコいだけ、というよりは、無駄な金が発生してるのが気持ち悪くて仕方ない、という感じ。無駄でしょ。無駄な52円と無駄な郵便屋さんの手間。
 アンケート採るってのに事前にワタシの意見をゴリゴリ主張するのも誘導になりかねないのでアレな行為なのは分かってます。けどね、誘導にはならないから大丈夫です。今までの傾向的にワタシの意見が反映されたことなんてないから。かなしいなw
 一応、電子化にも弊害はあると思います(とりあえずマガジン形式の話)。一番大きいのはスマホケータイからしか送れない点。「誰でも」という点においてはハガキは相当強いと思います。お金かかるからキッズ勢はハードル高いのかもしれませんが。あとはpc不可らしいのでそこらへんで難色を示す人もいると思います。ケータイの普及率的にそのくらい別にええやろ……と言いたくもなるけど少数を切り捨てるのはやはりアレ。

 まだ話続くんかい、という感じですが、先週の投票ツイートの結果。2016年最大のニュースは?(終了以外) 『左門』表紙、冨樫、葦原ダウン、『遊戯王』の4択。
 葦原ダウンが2位のダブルスコアでぶっちぎり。これは何となく分かる。他の選択肢に比べるとファンの熱量が高い選択肢だったと思います。
 2位『遊戯王』。これが意外。てっきり冨樫だと思ってました(何ならトップ争い)。あと、面白いことに、『遊戯王』は一時トップになってたんですよ。そのくらい急激に伸びてた。これはRTされた後の現象なのでRTしてくれた人のフォロワーは『遊戯王ファンor世代が多かったんでしょうね。しばらくするとブーストが止まり、順調に伸び続けた葦原優勝。
 んで、ビリは『左門くん』表紙。個人的には断トツでこれだったんですけどね。相変わらず趣味があわない。いや、別にいいんだけど、この投票の中の少しはうちのブログ読者だろうから、その人と趣味があわないのって大丈夫なのか?と少し不安にはなります。つまんなくない? ワタシは好みが乖離してる人の感想敬遠しちゃう傾向あるんですけど。
 まぁ、とりあえず言えるのは、ありがとうございます(やんでくれて)。

 表紙系のニュースが連発してるジャンプ。まずは7号『鬼滅』が表紙。

週刊少年ジャンプ2017年06号の感想 - 北区の帰宅部

  • 背表紙
    •  やっと1話目からの卒業。
    •  5回目の今回は「ゾロ登場」。砂糖おにぎりでお馴染みのあのシーンですな。やっぱりコビーは外されましたw
    •  次回予想。ナミが来るのか、ゾロでもう1コくらい来るのか。結構悩みます。ただ、1話目に4回も費やしたことを考えると、ゾロで来る気がします。だとすると、三刀流の場面になるのかな。さすがに砂糖おにぎりはないと思う。モーガンもないと思うんですよねぇ。コビーもアルビダもなかったから。うん、三刀流で勝負や。


  • 表紙
    •  『鬼滅の刃』だよー。めでたい。1周年を前に表紙ゲットです。2016年組最大の出世やで!!とか思ってたら……次週の表紙で笑った。2016年組の出世頭あっちだったわ。まぁ、若手が頑張ってる、というのはいいことだと思いますね。
    •  てあ、今号のカラーって巻頭『鬼滅』、センター『左門』『ゆらぎ』なんですよね。わ、わかい……。非常にフレッシュです。まぁ、来週のカラーも相当フレッシュなんですけどね。個人的には一番嬉しいサプライズだったのが来週のアイツ。『鬼滅』も『約束』も嬉しいし驚いたけど、「やってくれると思ってたで」という気持ちもあるので、来週のアイツとは違った種類の驚きでした。
    •  脱線でした。表紙の炭治郎。記念すべき表紙ということもあるのかあ、炭治郎いつもより凛々しい気がします。渾身の一枚、というのを感じる。刀は折れてんのにあの凛々しい表情ってのが炭治郎らしさ、ということなんでしょうね。てか、炭治郎、刀折れてるんでしたね。助かったりとか柱とかで本編だと忘れてましたわ。打ち直す話になるのかな。とりあえず温泉だな(それはチャン一)。


  • ONE PIECE』サンジクソメモリアルポスター
    •  3週連続『ONE PIECEお年玉企画だそうです。今週からお年玉なのか? 遅いやろ。
    •  とにかくサンジ。まさかの単独で特別企画なので驚きます。まぁ、それが実現しちゃうのも『ONE PIECE』ですねぇ。他じゃなかなかあり得ない。てか、今の本編って「サンジ奪還編」だったんですね。「マム編」とか「ホールケーキアイランド編」だと思ってました。


  • 読者プレゼント
    •  まさかの『オズの魔法使い』。なぜ今だし。そして、ダジャレもうまくないw
    •  まぁ、宙に浮くスピーカーとかマジシャンセットがプレゼントにあるから、ということで『オズの魔法使い』なんですかね。
    •  1人だけデフォルメ度合いが低いライオンで爆笑してしまいました。世界観違うやろ……


  • 『鬼滅の刃』
    •  巻頭カラー。当然、柱のみなさんがカラーで。この号に向けて調整してきたんだろうなぁ、というのは正直感じます。先週とか駆け足だったと思う。
    •  そんなカラーでの柱のみなさん。まさかのヘアカラーが2人もいるので驚きました。黄&赤、ピンク&緑。特に後者、なにそれ感すごい。和菓子でありそうな組み合わせである。
    •  柱全員集合かと思いきや、3人は出し惜しみ。せっかくのカラーを逃す。そのうち1人は今回の本編に出てくるんですけどね。カラーはお預け。ドンマイやで。

    •  本編。クセの強すぎる柱メンバーがそれぞれ個性を爆発させながら裁判。それぞれの個性が強すぎて話がかみ合ってなくて笑える、というのはあります。あるんですが、「さすが『鬼滅』のオフビートなギャグは唯一無二やで!」という感じではないんですよね。この手の幹部登場回では結構見たことある。いや、もちろんおもしろいんだけどさ、『鬼滅』のギャグのオモシロが既視感あるってのがなんか新鮮で。謎のハードル上がりすぎ感。
    •  恋柱の人に「可愛い」言われてるんで炭治郎イケメンなのかと思ったけど、誰にでも言ってましたw 名前の通りがスイーツである。……まぁ、すぐカワイイカワイイ言うのは正直見に覚えがあるんですが。1人ぼっちギユーかわいいは結構わかるよw
    •  てか、柱のみなさん、名前が『ヒロアカ』ばりにギャグネーミングである。急にどうしたんだ。ギユーさんとかフツーなのに。……いや、よく考えたらイノシシマンとかそのまんまな名前してたか。作品全体にそのノリあるのかな。
    •  「お館様」って名前すげぇイイな。「親方様」ではないのね。響きのオモシロは当然あるし、字面も結構好き。ひらがなが混じっちゃう感じ好き。
    •  不死身っぽい人登場。柱の中でも一目置かれてるっぽい。べらぼーに強いのか、群を抜いて奇人なのか。
    •  んで、今週最大の見せ場だと思われるのが、不死身さんによるねずこ突き刺し。なかなかショッキングである。箱越しなのは直接描くのをためらったんじゃないか、とか余計なことを考えてしまう程度にはギョッとした。ただ、箱越しに刀をブスゥってやる絵面はちょっと「マジックショーみたいだな」とか思ってしまったりも。マジックと違って血が垂れてくるので再びウヘェってなるw
    •  そんなマジックショーねずこを見て怪訝な顔をする柱が3人。ギユー、しのぶちゃん、そしてスイーツ。前の2人はどんな人か分かってるのでイヤな顔するの分かるじゃないですか。ただ、スイーツドン引きみたいな顔してたのがちょっと意外。ニコニコしながら見守るのかと思ったらそうでもなかった。この人は割と良心的なのかもしれない。カワイイカワイイ言うのは狂ってるからじゃなくて、マジでみんな大好きだから説。

    •  本編の直後にはコラム新設。やったぜ。コラム大好き。その名も「鬼殺隊報」。変換がだるい。
    •  甲、乙、丙……という序列。丁までしか知らなかったので10まで行くので勉強になりました。裁判判例とか読むと登場人物をこの甲乙で示すんですけど、大体丙までしか出ませんからね。いって丁。なのでドンドン続くので驚く。一部干支みたいなのが出てきたけど、全部が干支ってワケではないんですね。干支と紛らわしいですね、この数え方。「十干(ジッカン)」っていうんだってさ。気になった時に毎回調べることになると思う。絶対覚えられないw


  • ブラッククローバー
    •  おおっ、『ONE PIECE』より前だ。やっぱすげぇ。『鬼滅』が表紙だけど、『ブラクロ』パイセンはもっとすげぇんだぜ、という感じある。
    •  本編。マルスの炎回復魔法で消し炭回避。マルスがこの状況でこの魔法を、というのがイイですね。アスタが何も知らずにのんきなこと言ってるのがさらにイイ。
    •  アスタとマルタが互いに「コイツはすげぇ」。右ページがマルスのアスタ評、左ページがアスタのマルス評なんですが、コマ割りが左右対称になってるのがオシャレですねぇ。いろんな意味で2人が対になってる。マルス完全に裏主人公である。そのポジションはユノじゃなかったのかw
    •  アスタが止めるも、失敗。からのマルスがトドメ。アスタが “終わらせねえ”マルス“まだ始まってない”。もう2人ったらホント仲良いんだからぁー、という感じありますね。てか、ファナとマルスのやり取りは、「マーちゃん 俺たちもう終わっちゃったのかなぁ?」「バカヤロー まだ始まっちゃいねぇよ」になってますね。完全に『キッズ リターン』。てか、マーちゃんまで一致するので我ながら驚きました。ネタ的に書くつもりだったけど、マーちゃんの偶然が奇跡的すぎるので、ひょっとしたら狙ってるのかも……とか思わんでもない。まぁ、偶然だろうけどw


  • ONE PIECE
    •  ジンベエの助太刀によってルフィ&ナミが脱出。脱出方法は、まさかの火。完全にリトルガーデンである。てか、劇中でナミが言及しちゃってるレベル。新世界編はそれ以前のセルフパロディーみたいな要素が多いとは思ってましたが、劇中で「なんか見たことあんだけど」みたいなセリフが出てくるとは思いませんでした。まぁ、今回はそれだけ一致度が高いってことですね。一致度でいうなら、ナミは下着姿になってくれると嬉しいんですがw(当時はかなりドキドキしました)
    •  んで、レイジュによって語られるサンジの出生。想像以上にママン大活躍でありました。出来損ないだと思われたサンジが実はママンの願いを受け継いだ存在であった、というツイストはうまいっすねぇ。やられたわ。これは感動しちゃう。レイジュがやたら優しい件、ジャッジがやたらサンジに厳しい件が一気に納得できますね。
    •  爆弾ブレスレットなんて端からなかったんだよ、というまさかのオチ。まぁ、という記憶をレイジュが植え付けられてる、とか考え出したらキリないんでやめときます。ちょっとねぇ、記憶の消去&改竄は便利すぎるのよねぇ。可能性が無限すぎる。発動条件とか厳しいからバトル中とかには無理なんでしょうけど、一回拘束されてるからルフィとかナミも記憶イジられてる可能性はあるワケですよね。まぁ、キリないので考えませんw


  • 僕のヒーローアカデミア
    •  扉は久々の解体新書。今回は梅雨ちゃんでした。「あれっ まだなんだっけ?」という印象すら抱いてしまいます。それくらい梅雨ちゃんはいつの間にか巨大な存在。
    •  本編。体育祭の参照が3巻なことに驚きました。懐かしいというより、アレまだ3巻だったのかよ。アニメ1期って3巻以下の内容しかやってなかったのか。これまた驚く。アニメって3巻あればワンクール埋められるんですね。マジかー。じゃあ『アイアンナイト』も可能だな!!(無理だよ)
    •  んで、雄英ビッグ3が出てきてエンド。アイアンマンキャプテンアメリカ、ソーの3人……ではない。
    •  顔だけマンの能力、こすい戦い方しか思いつかないんだけど、ビッグ3なんですね。とりあえずパンツは覗き放題だと思いました(峰並感)。


  • ハイキュー!!
    •  あったりなかったりする扉。今週はある。マンガチックな飯がなあんとも笑えます。一応「成長期」というサブタイにあわせたことなんでしょうけど、『ギャートルズ』ばりの骨付き肉に、冗談みてーな魚の丸焼き。『ONE PIECE』とか『トリコ』とかそういう世界。
    •  本編。日向の成長に気づくノヤ。“わかってあそこに居たぞ” のコマ、すげぇワクワクウキウキしたような顔してるので最高。「ノヤがここまで……日向すげぇじゃん!」みたいな印象にも繋がりますね。
    •  んで、田中先輩を経由してツッキー。それぞれ成長してると同時に、誰がその成長に気づいてどんなリアクションをするか、というのも見所になってますね。『ハイキュー』は必殺技を覚えるようなマンガではないので、成長が地味で小さなものになりがちです。そんな小さな成長を気づくことが出来るのは誰だ、というのが重要になってくる。気づけるというのはその2人の関係性が濃いということになりますよね。成長そのものをカッコよく描いてるってのもそうなんだけど、それ以上にその成長に対するリアクションに重きが置かれてるのが面白いですねぇ。
    •  ぶっちゃけ今回のツッキーの成長って端から見たらマジで地味の極みだと思うんですよ。なんだけど、それにみんなが気づいて感動したり嫉妬したりしてる、という。ツッキー愛されすぎで笑う。


  • 左門くんはサモナー
    •  センターカラー。てっしーとサモ雪だるま。一瞬左門くんが雪だるまの中に埋められてるのかと思ってしまいました。『金田一少年の事件簿』の読み過ぎ。てっしーは雪夜叉ではない。
    •  よく知らんけど、「この新人がすごい!2017」に選ばれたそうです。マジでよく分からん。作品ではなく作者なんだ。
    •  調べてみたら「このマンガがすごい!」の中のワンコーナーみたいな感じらしい。じゃあ、すげぇんだと思います。多分。ジャンプ表紙を速攻でゲット、という系譜で考えるならば『約束』もなんか賞取れるで、きっと。

    •  本編。やたらと久々の登場がネタにされるアンリ。13話ぶりとか別に大したことないやろ、とか思うんですが、それだけ本作におけるヒエラルキーの高いキャラクターということなんでしょう。まぁ、確かにてっしーと対になるようなキャラクターですもんね。サンジとかを引き合いに出してはいけないよ。
    •  大人の事情を考えるならば、マステマ編にアンリ出てきたらなんかギャグのノリで勝てそうで困る、とかそんなんかも。
    •  とにかくアンリ不在の間に盛り沢山だったサモ&てっしー。親への挨拶は笑ったわ。間違ってないけどw そもそもあの回は勘違いがネタになってたと思うんですが、あの回自体が勘違いされてる。ややこしい。
    •  不在の間の差を埋めるためにスキー旅行。ゲレンデは三割増しのくだり、バカすぎて笑ってしまった。なんの捻りもなくて「それはギャグと呼べるのか」ってレベルなんですけど、アンリだとなぜか魅力的に見えてしまうw
    •  逆に、リフトのくだりは素直に笑った。うまいw
    •  うまく行かないので力業で遭難するアンリ。あの調子で何やってもうまく行かないギャグになるかと思ったら、という展開。左門くんが男を見せるのである。カスだけどカスなりに。一瞬「ついにデレたぞー!!」とか思ってしまったんですが、よく考えたら左門くん、アンリに対しては基本デレデレなのであった。そうだったそうだった、そこが左門くんとアンリの魅力だった。左門くんが男色に目覚めない限りはアンリ最強なのである。目覚めたらクズに負ける可能性。
    •  んで、まさかの温泉見開きでエンド。そして続く。続くのか。てっきり1話完結だと思い込んでましたわ。左門くんとてっしーではお風呂をろくに描かないけど、アンリメインだと見開きでドーン、なので意外。あくまでも女湯のリアクション役はアンリ
    •  てか、入浴時のアンリの髪型どうなってるんだろうか……とマジで思ったんですが、この感想ってすげぇ童貞臭いですね。童貞を殺す服と同じ理屈な気がする。髪(服)の構造が理解できないw


  • 『約束のネバーランド
    •  シスターとの質問戦による敗北をレイに報告。負けてお通夜モードだったけど、レイが離れた位置から振り返ることで冷静になってる感ありますね。やっぱレイ好き。あれはあれこれはこれ、と割り切ってる感。
    •  んで、レイによる反撃。面と向かったらシスターには勝てない、というのが前回の内容でしたが、レイは顔を出さないので勝てる。シスターも知らないママの一面を知ってるってのもありますし、なんだかんだレイは強い。
    •  ラスト。殺す……と見せかけて殺さない。けど、手紙の内容が不穏なのできっと実質的に殺してる。じゃなきゃあの1ページだけの引っかけ意味ない。
    •  てか、来週巻頭カラーだってのにママとシスターで終わるのよw


  • 『背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜』
    •  万年帰宅部なので分からないんですけど、部活に残るし大会には出るけど部長の座は譲る、という状態を「引退」と言っていいのだろうか。「退部した時じゃないの?」って思ったんですが、いかんせん帰宅部。経験に基づく知識が何もないのである。泣ける。
    •  んで、つちわた。悩んでる風だけど実はこれっぽっちも問題ではない、といういつものアレ。この2人の空気は独特だし、主人公がこのノリはマジ新鮮なんですけど、たまに不安になる。彼らの外には波風あるけど、2人の中に波風がまるでない。凪。いいのか……って毎週こんなこと書いてるなw(実は感想が書きづらい作品だったりします)


  • 『忌の重倶郎』伏見航介
    •  読切。バッテリーはビンビンではない。
    •  センターカラーの扉。本編読んだ後に見て気づいたけど、重苦労(誤字)の全身像が見えるのである。なかなか貴重。本編だとアップばっかなので。ローラースケートが重苦労の足で、それが本体に付くと全身になる、ってことなのかな。普段足がないのは幽霊だから。まさかの扉の感想が本編の感想っぽくなるとは。。
    •  本編。主人公はただの高校生、じゃなくて祟られてる高校生。そんな彼が通う高校は普通の高校、じゃなくてドの付くヤンキー校。この超ヤンキー校設定が特に前触れもなく出てくるので面食らいました。『べるぜバブ』とか『暗殺教室』最終回とかそういうレベルで治安悪いのね。もっと普通の学校だと思うじゃない。そんな世紀末チックな高校で地味な主人公がひょんなことから覇権争いに参戦する、みたいなのが本作全体のあらすじと言えるかもしれない。本作の続きが連載になったら間違いなくそんな感じ。しょぼいけど性格はいいので人を引きつける、みたいな部分は『三国志』の劉備的なイメージなのかな。中国でたとえるなよ、って話なんですが。まぁ、何が言いたいかというと、そういう作品だと理解するのがすげぇ遅かったのですよ。最後の最後にようやく分かる。特にアレがしたい、みたいなタイプの主人公でもないので、余計につかめないまま読み進めることになりました。
    •  まぁ、ヤンキー校なのに普段はヤンキーが静かにしてる感じとか、分かりにくくてどうかと思います。まぁ、リアルっちゃリアルなんだけど、読切だからってのもあるのか「突然物騒すぎるんですけど」って混乱する。急に「パロろーぜ」とか言われたアレを思い出します。
    •  モジャモジャはスクールカースト底辺の象徴、みたいな表現は『ヒロアカ』を連想しちゃいますね。モジャモジャといえば『銀魂』もあるけど、あれはまたちょっと違うと思う。
    •  底辺な主人公だったけどクラスのマドンナがたまたまオタクだったせいで仲良くなる……という童貞の妄想みたいな話。こっちは特に何もしないけどあっちから近寄ってきて、勝手に気に入られるとか夢のようだな。まぁ、非常にアレだけど、気持ちは分かる。あと、マドンナが男勝り感のあるキャラクターってのも新鮮でかなりよかったです。男勝りというか男前感ですかね。多分ヤンキー校なのとも関係があるんでしょう。結構好きですよ。ヒロイン周辺。
    •  んで、パコさんを彷彿とさせる世界観ブレイカーな悪役。素敵アゴヒゲ。読切だから短時間で「こいつヤベェ」って思わせたかったとかそんなだと思いますけど、世界観ブレイクしてる。倒すためだけに登場してきた悪役って感じですかねぇ。重苦労とかフィクションレベル超高いのにこの人の悪人感がリアルよりなのでチグハグってのも大きいと思います。そして、アゴヒゲが超人的に強いとかそういう話も出てこないので、幽霊のスーパーパワーを使ってボコるのは正直どうなのよ、という問題もあると思う。あれは「さようならドラえもん」ののび太ばりに凡人が根性だけで何とか勝利を収めるみたいな展開の方がよかったんじゃないか。主人公がが成長したっていうドラマが弱いでしょ。
    •  ヒロイン以外文句ばっかりですけど、本作最大の長所はやっぱ重苦労だと思うんですよ。あのマスコット感。必死すぎる顔芸。正直好みです。可愛い。まぁ、『ドラえもん』型の物語なのでドラえもんが可愛ければとりあえず合格点だよね、という気もせんではない。まぁ、ドラえもんが好きだから逆にのび太の魅力のなさ、成長のなさがキツイとも言えるんですけどね。主人公が重苦労と仲良くなる描写とか弱いし、感謝する場面もないんですよね。バディ感が足りない。残念。底辺キャラなのに主君の風格、みたいなのが全然描かれないので「ホントにこいつでいいのか」みたいな気がしてしまう。
    •  ということで終わり。一番大事な重苦労はよかったけど、他がダメ、というどう評価していいのか分からないような感想です。いや、全体的にはイマイチだったんだけど、「ドラえもん可愛いから別にいっか」とか割とマジで思ってしまう。まぁ、けどやっぱドラえもんの魅力を主人公との絡みでもっと引き出すべきだったからやっぱイマイチなのかな。


  • 斉木楠雄のΨ難
    •  謎人気を誇るおじいちゃん回。「そういうのが人気なのか……」と勝手に乖離を感じてしまうのである。個人的にそういう部分はそこまでハマってない。トリツカが人気皆無でジーサン大人気ってのは正直引く。別にトリツカ大好きなワケでも、ジーサンが嫌いなワケではないんだけど。
    •  塚田農場は笑った。今まで無思考で受け入れてたけど、都会に農場は確かにヘンだなw
    •  んで、ジジイvs照橋。「くーちゃんは渡さない!!」みたいな対決になるのかと思ったらまさかの意気投合。そっちなのか。ちょっと残念。まぁ、斉木にとってより迷惑なのはどっちか、って言われたらそりゃ意気投合だわな。
    •  てか、照橋さんが何の打算もなしに老人を助けるとかイメージダウンなんですけど。道路の向かいにクラスメートがいてかわいそうな老人を助けてる姿を目撃させる、とかそういうのがないとダメでしょ。照橋さんそんなことする人じゃないでしょ(酷いイメージ)。
    •  一方、ババアvs占い。これは意気投合わかりやすいなw 占いは斉木の理解者でもあるので別に意気投合したところで迷惑とか1ミリも発生しない気がするんですが、おもしろいので別にいいか。初対面の黒ギャルと秒で仲良くなるバーサンとか嫌だなぁw
    •  ラストの柱アオリ。占いが「愛嬌たっぷり能力者ギャル」って書かれてるのが違和感。秒で打ち解けたのは別に愛嬌たっぷりだからじゃないだろ。バイブスが一緒だっただけ。


  • 『ゆらぎ荘の幽奈さん』
    •  センターカラー。今回の餌食は雲雀ちゃん。しまパンでした。驚くことに本編と関係のない人選なんですよね。「次のカラーは雲雀ちゃんでパンツ行ってみようか」みたいな選出理由なのかな。「カラーでパンツ出して初めて一人前だよ」みたいなそういう。
    •  本編。寝起きに抱きついてもポルダーガイストが起こらない朝。これでセックスできますね(しねーよ)。
    •  ちくわ幽奈さんかわいいw なんだろう、何とも説明しがたい魅力がある。ちくわがいいのか? ちくわと幽奈さんの相性がいいのか? 謎だ。なんかすげぇ好き。
    •  タヌキのしっぽをわしゃわしゃ。やべぇ、超やりたい。めっちゃ気持ちよさそうやん……とこういうことを書くとアグネス案件なんですが、別にオスでもいいからセーフですよ(関係ない)。しっぽが好き。しごきたい。
    •  そんなタヌ子、葉っぱを幽奈さんに変身させる。こ、これはラブドール……!! ではなくて、それに幽奈さんを憑依させる。「憑依とかしたら何でもアリじゃん!」って感想書いた記憶があるんですが、ホントに何でもアリになってきた。
    •  ということで、幽奈さん(物理)。なんか雰囲気違うな……と思ったら頭部のフワフワがなくなってるのか。逆にいうと、幽霊か否かの判断はあの頭部のフワフワであり、三角頭巾は関係ない。関係ないのかよw
    •  とにかく幽奈さん(物理)。人魚姫モチーフの話が続いてる感じですかね。足が生えた状態。幽霊だから人魚と同じく足がないのか!!とか一瞬感心しかけたけど、幽奈さんは足のある幽霊でした。今回の話的に足がないタイプの幽霊の方がキレイだと思うんだけど、足ある方がエロいじゃん、みたいな大人な事情があるのでしょう。知らんけど。
    •  終盤に幽奈さんが わたしは… コガラシさんが 大好き…!” って言うシーン、あそこでわざわざお湯の中に顔を沈めてるのが印象的ですよね。恥ずかしいから顔を隠してる、っていうのが表面的な意味なんですけど、当然アレは人魚姫と重ねた表現なのですよね。エロい絵だけじゃなく、こういう気の利いたショットも描けるからミウラ師匠は有能。……いや、左手で押さえつけられた胸がなかなかエロいってのはあるんですけど。エロいだけでなく泡が印象的に描かれてるので、若干の不穏さも感じさせますね。
    •  幽奈さんに対して「雲雀のヤローが調子乗っとるけどそれでええんか!!」とハッパをかける宮崎さん。ハッパの肉体だけに……(ごめんなさい)。
    •  じゃなくてですね、割と大事なシーンなんですよ。ダジャレは思いついてしまったから台無しだけど。「このまま雲雀に取られてもええんかコラ!」という宮崎さんの言葉はは幽奈さんに向けられてるようで、宮崎さん自身にも向いてるのですよ。当然雲雀ちゃんが仲良くしてるのを苦々しく思ってるって件なんですが、さらには幽奈さんのことを応援してることに対して、という意味も含まれるワケで。秘めたる恋心よりも目の前の友情を優先するのはまぁ当然っちゃ当然だし分かるんですけど、「これでええんか」という葛藤が生じるのもこれまた当然ですよね。「幽奈さんは正妻だけど所詮幽霊だからw」という無意識的に感じていたアドバンテージがなくなった今だからこそ痛感する、というワケで。
    •  些細な変化に気づいてあげられる男、それがコガラシ。というイケメンエピソードでした。いや、こういう違いに気づいてあげるってのは理想の男性像としてかなり定番だと思うんですけど、それを幽霊に当てはめて……というのが本当に見事である。見事なのでコガラシくんのイケメンっぷりにちょっと感動してしまうのである。
    •  ということで、呑子先生がたっだ1コマでオチをつけて終了。まさかの恋心を自覚する回でした。そうか、そんなマジメにロマンス描くのか。意外だわ……(失礼)。正直マジメにやられても個人的には好みではないので、ワイワイやっててほしい気もするんですが、今回の人魚姫を踏まえた水に沈む幽奈さんのショットとか、幽奈さんの背中を押すことで自分の気持ちも認識するようになった宮崎さんの描写とか、なかなか見応えはあったので悔しいです。個人的には「ミウラ師匠は土手をしっかり描きますね……」みたいな感想を書いてる時が一番楽しいんですけど。


  • 『オレゴラッソ』
    •  ナイスシュートを決めたと思ったら脱げた靴でした、というクソベタなギャグを見た時に「本作のこと結構好きだったけど何かの気の迷いだったかもしれない……」とか思ったんですが、そっから靴を買いに行く、という話に流れていったので安心しました。話の冒頭に迫力のあるシーンが出てくるのも効果的だし、話の導入としても丁寧、それでいて靴が脱げた理由にもなってるワケですね。まぁ、一瞬マジでビビりました。
    •  んで、部活帰りに3人でスパイク買いに行く。あっ、こういうの好き。帰宅部はこういうのに弱いのです。スパイク談義も楽しそうだし、市野のキャラクターも立ってるし、なかなか魅力的。
    •  回想。ジーサンが言ってた “人とは彫刻のようなモノなんだ” って話。昔、ラジオ町山智浩が言ってた気がします。多分よくある言い回しなんでしょうけど、個人的に初めて聞いたのは町山智浩。たしか宇多丸の番組で『サイタマノラッパー』について語ってる時だったかな。本作の作者もタマフルリスナーである可能性が濃厚なのでひょっとしたらその話も聞いてたかもな……と勝手な想像。多分あの時の町山智浩もどっかからの引用だと思うので、直接の元ネタとは思いませんけど。
    •  “世界にゃテコンドーをやってた得点王も” いるんやで、と市野。イブラヒモビッチである。まさか作内で言及されるとは思わなかったんだぜ。そうか、別に公然の秘密ってワケではないのか。「テコンドー出身のサッカー選手とか斬新ww」とか言う気はサラサラないのか。誤解してたわ。


  • 食戟のソーマ
    •  銀さんによって語られるゲテモノ料理の真実。マジか、ソーマくんとはまったく別の意味があったんですね。変人だから、ではなかった。
    •  逆に気になってくるのはソーマくんのゲテモノ料理。あれはガス抜きみたいな意味合いはないですよね。そんなに溜め込んでない時からやってますもん。なので、あれは単に父親を真似てるだけなんでしょう。まぁ、ガス抜きが必要になる前からガス抜きをする癖がついてるソーマくんはある意味でソーマパパを越える資質を備えている、という考え方もできるかもしれませんね。
    •  骨折した足から骨が飛び出る。ぬわっ、まさかのショックシーン。さらには、ちぎれた足置いてっちゃってますね。まさか四肢破損描写が見ることになるとは。ああいうのは大体『ワールドトリガー』に限られるんだと思ってましたわw
    •  んで、ソーマパパにスクールエスケープをすすめたのはえりなジジ。これにはアザミンおこ。なるほど、愛しの人を奪いやがってあのクソジジイ、という憎しみもあるワケですね。アザミンの暴走は私怨みたいなのが初期衝動としてあるのかもしれない。


  • 火ノ丸相撲
    •  ぶっちゃけ相撲の技名をほとんど把握してないので今回の怒濤の技名連呼には「ファンのつもりだったけど本作のこと全然理解できてない……」と少し落ち込みました。まぁ、作者も全部の技名が完全に理解されると思って描いてはいないだろうけど……とこっちが勝手に言うのは欺瞞なのである。
    •  んで、天王寺くんの新たな顔に名前がついてエンド。修羅戦黒だって。今週の掲載順で「修羅」と聞くとちょっとソーマパパを思い出してしまうのである。まぁ、「修羅」自体は本作にも前から出てるんですけど。今週は、という。
    •  そんな修羅戦黒。そーいや、久世くんは白っぽかったですね。となると、火ノ丸くんの顔は何色なんだい、というのが気になってきますよね。まぁ、よく分からないので予想とかしませんけどw


  • 『青春兵器ナンバーワン』
    •  今週はNo.13さんとカラオケ。ハチの次に出てきたのが名前の由来が『ウルトラセブン』と思われるアンヌ隊員なので次はNo.6かとも思ったんですが、そんなことはなかったんだぜ。まぁ、不吉な数字だけど、No.1とNo.8を擁する本陣営からしたらショボいようにも見える、という感じが絶妙だと思います。
    •  カラオケ選曲ネタ。バラードってダメかな?からの “僕が止めなければあなたの高校生活は今日で終わってました” で笑った。確かに終わってたなw そして、今の高校生は尾崎知らんやろ。
    •  そして「前前前世」。うわぁ……クソベタ……という選曲なのも笑えるし、先に歌われる、というカラオケあるあるも楽しい。てか、ジャンプで『君の名は』ネタが出てきたのって意外と初めてかもしれない。スクジャン以外で。覚えてないけど、あったっけ? 忘れた。あってもおかしくないよな。
    •  「前前前世」潰されたならもう1コのヤツ歌えばええんやで、とマジレスしたいけど、ちょっとタイトルが思い出せない。Mステでなぜか上白石萌音が歌ってたヤツ。個人的に上白石萌音といったら『ちはやふる』派。『ちはやふる』はいいぞー。特に『上の句』。てか、「FLASH」歌え。
    •  ラストに零一が歌う曲は明示されないってのがうまいバランスですね。もはや曲名はギャグとしか機能しない流れになってますから。高校生が盛り上がる曲名を出されても、それがリアルであればあるほどギャグとしての強度が高まりますから。ちなみに、ワタシはああいうグループでカラオケに行ったら完全に零一タイプです。脳内シミュレーションはすげぇ行われるけど、いざ歌おうとするとビビる。てか、よく考えたら歌う曲ねぇわ。曲の好みが多様化してる時代に「みんなの知ってる曲」って概念は存続してることに驚きます。高校生にもなったらみんな好きなジャンルとか好きな歌手できてマニアックな方に進む気もするんですけどね。それとは別にカラオケ用の曲を準備してるのかな。高校生やべぇな。
    •  そしてオモチャにされるNo.13さん。律儀に言うこと聞いてくれて良い人やw てか、キャラデザが完全に使い捨て感あるの笑える。出た瞬間から「どうでもいい人だ」というのが伝わってくるw


  • 『デモンズプラン』
    •  本作と『オレゴラッソ』は「どうせ両方とも短期打ち切りだろ」とかボンヤリ思ってたんですが、意外と離れた。マジか。『レッドスプライト』と『ラブラッシュ』みたいなことになるかと思ったんですけどね。
    •  本編。正義欲の人の過去。死んだことにされてたノーチェって人は村長の娘だと思うんですけど、いくら探してもそれが明言されてるセリフはないのね。村長の娘でいいんだよね? なんか不安になってくる。まぁ、別にどうでもいい部分っちゃ部分なんだけど、娘を差し出すって結構大事な部分な気がするし。娘のことを “手籠めにされるだけだ” って言っちゃうって相当キてんな、ってなりますし。
    •  わざわざボディカウントをしてくれる悪役さん意地悪で好き。ノーチェ1人の犠牲で村が救われる、という天秤からの「お前が1人を救おうとしたせいで3人死んだ」っての最高に意地悪。
    •  んで、正義欲の人が覚醒してエンド。特別正義欲が強いっていう感じでもなかった気がするのが残念ポイントでしょうか。1人の命は地球よりも重いって判断をしちゃうのは割と分かりやすいだけに、特別コイツが正義欲が強いって気がしない。数の大小でいったら見捨てる方が正しいけど、目の前の人を見捨てるワケにはいかないってのは結構誰でもある感情なんじゃないですかね。むしろ若僧とかそういうニュアンスが強い気がする。
    •  あと、話の感じからいって妹も死ぬ(もしくは寝取られる)と思うんですけど、妹関連の不幸がない状態で悪魔覚醒するんですね。勝手に最も絶望した瞬間に起こるイベントだと思ったので意外。まぁ、あの領主の人を今でも恨んでるってことは正義欲の悪魔に目覚めても勝てなかった、って話になるんでしょうね。そんで妹がアレされちゃった、みたいなのが来週語られるのかな。って2週に渡ってやるほどの大ネタだったのか。いや、先週の段階で、正義欲の人結構好きだったけども。今回正義欲感がちょっと弱かったので少し残念です。


  • 銀魂
    •  九ちゃんが出てきて女の話になったかと思ったら、「(女なら)ここにいるぞ!」と馬岱チックなセリフを吐いて登場したのが、ツッキー。おおっ、そうか、この流れでツッキーか。確かに女子供の話からの登場は熱いな。やっぱこの手の屁理屈的な流れは『銀魂』は抜群にうまい。印象的な、その回におけるキーワードを明示しておいてそれを利用した展開を見せていく、という。
    •  まぁ、よく考えたら、ツッキーの出番が意外と短いな、みたいな気もせんではない。九ちゃん以下ですやん。九ちゃんと同等かそれ以上みたいなイメージありましたわ。まぁ、ツッキーは割と最近のキャラなので最終章にわざわざメインのターン用意しなくてもそこそこ出番あったでしょ?ということなのかな。最終章は出さなきゃいけないキャラがマジでつかえてますしw


  • 『歪のアマルガム
    •  先週の増ページで「なんだ人気あったのか」とか思ってたら今週ケツ。ワケがわからない……。来週は『ナンバーワン』がセンターカラーだし。謎や。
    •  本編。長年見てきた幼なじみだから化け物になろうとアイツはアイツだと分かる。なんか今週の『ゆらぎ荘』と対になってるような話だなw まさかのシンクロである。ずっと見てきたから小さな変化に気づくコガラシくんと、ずっと見てきたから大きな変化があろうと見失わない彌生。まぁ、どっちも真理ですわな。
    •  んで、敵は重力を操る。すげぇ勝手な話ですけど、先日観たアニメ映画に重力を扱う人出てきたので「またかよ!」みたいなことを考えてしまう。まぁ、そこまで斬新な設定ではないので、別にええやろ、って話なんですけどね。
    •  ジャンプで重力使いっていうとやっぱ『ONE PIECE』の黒ひげが巨大ですかね。もしくは万有引力という意味では『HUNGRY JOKER』。懐かしいw
    •  そんな重力マンに対して六道“お前…手が…” って言うシーン。手がどうなってるのか全然わからないんですけど、ワタシだけ? 気になったので何度も注視してるんだけど、ハッキリとした描写がない気がする。何を見落としているというのだ……。前後の話の流れ的に狂人的な自己犠牲を見せてる、とかそういう感じだと思います。多分「ペリペリ」という擬音があるので、手を犠牲にブラックホールを生み出してるとか、そんなんだと思うんですけど、ブラックホールを出す条件とか特に説明ないので謎。
    •  んで、重力マンの本当の狙いは部屋ごと1,000m上昇。なるほど、なかなかハッタリが利いてて好き。まぁ、「G感じなかったのかよ」とか思わんでもないけど、マンガ的なハッタリは充分なので楽しい。重力マンの初登場時のシチュエーションの再現にもなってますよね。そういう意味でもイイ。彼の能力の本質は重力による攻撃よいも空中浮遊だった、みたいな。


  • スクールオブジャンプ
    •  表紙。気になっていたつぶ子は、いない。うへぇ、予想はしてたがマジか。ショックだわ。そしてやっぱりエンドカードが毎週描き下ろされるワケでもない。つまり今週はつぶ子描き下ろしなし。なんか泣けてくるぜ。
    •  泣けてこようと蝉麿は探します。目次ページの間違い探しがクソなので、こちらの楽しさが染みる今日この頃。
    •  んで、蝉麿は右奥のロッジ。スキー板の横から顔覗かせてます。「ひょっとしたらつぶ子も蝉麿化してるのかも?」と探したけど、見つかりません。てか、いません。ショックや……(来週あたりからはこの話なるべく減らそうと思いますごめんなさい)。

    • 0の幸式
      •  函峰明治さんの猫のイラストネタ。「ペットってあんな可愛いのになんであんなに汚いんや……」というのは割とよく思うことなので凄い分かる。ウンチとかはまだ猫から発生したモノなので「まったくしょうがねぇな」ってなる余地ありますけど、ノミだともう完全に別の生物ですし。
      •  照りさんのガムのイラストネタ。こっちはノミ以上に絶望的なネタでありました。これマイナス行かないのかよ、すごいw
      •  強力除菌さんの学校でのう○こネタ。誰にも気づかれずに、というプラスの部分が「誰にも助けを求められない」というより悲劇的な状況に結びついてるのでうますぎる。もはやちょっとした伏線。
      •  ようかさんの新垣結衣。まさに0という感じがどのネタよりも強くて笑った。勝手に上がって下がっただけ、という自分の中だけのドラマ。
      •  駄犬さんの四つ葉のクローバー。無に帰すという意味で0感ある。ただ、洗濯物への被害も生じかねないのでマイナスかも?(そんな大きくないか) まぁ、四つ葉のクローバーが拾えた時点で幸運を得たみたいな感じあるので0は0ですね。

    • 独特判決
      •  新コーナー。蓋を開けてみれば蝉麿の仕事が多いコーナーでした。蝉麿ファン歓喜
      •  罪と刑が因果応報みたいな関係になってるネタは面白いです。それ系だとやはりメタボスライムさん大ネタは秀逸ですかねぇ。「他人に迷惑与えてることを知れ!」という感じがすごい。
      •  りるむさんのオレオレ詐欺因果応報系のネタに見せかけてただの「お金ちょーだい」な判決なので笑った。さっきのコーナーじゃないけど、プラスが大きすぎるw
      •  ウニドン\130さんのエロ本。感情に任せて冷静な判断出来てなさすぎて笑った。物理的な被害と刑のバランスが悪すぎるんだけど、気持ちはわかるw
      •  マッキィさんの仮病。一瞬どういうことかと思いましたけど、ケ病ということかww
      •  かわせんりきさんの山手線始発から終電まで。最後の備考でやられたw まさかの豆知識
      •  うたうたえさんのエレベーター。完全にその場で自分が実行可能な刑なので「ネタじゃなくて体験談じゃねぇの?」感。好き。
      •  草を得た獣さんの立ち読み。店での立ち読みは苦に感じたことないのに家だとなんであんなつらいんだろう、というのが身に覚えあったのでハッとした。家で立ち読みはマジで集中できない。すぐ座っちゃう。

    • おたよりコーナー
      •  こういうの好き。ホント好き。「ツイキャスあるよ!」って話なんだけど、誌面上でやるのもなんか好き。これはスクジャン女子が生まれたことのプラスだなぁ。つぶ子には真似できない。悔しいが認めます。
      •  スクジャン女子に対しては呼び捨てなんだーとか新鮮に感じてたけど、よく考えたら校長だったw そらそうか。


  • 磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
    •  仲間りょう版『食戟のソーマ』がOVAになったことを記念して『磯兵衛』の本編でも『食戟』回。
    •  正直言って、「うまいものを食べたら服が弾け飛ぶのって常識でしょ?」というのがジャンプの中では存在すると思うの。『左門くん』でもやってた。『食戟』がもたらした衝撃の大きさを感じさせますねw
    •  ということで脱げる看板娘ちゃん。我々は『食戟』の例を知っているので、「本当にうまいもん喰ったら全裸……」というゴールが分かるんですよね。なので、そこそこうまくて部分的に爆ぜるのを見ると、「もっとだ……もっとうまいもんを用意しろ……」って気分になっちゃう。つまり超エロい。一気に全裸までいく『食戟』も当然エロいけど、「よっしゃああ!!スリット入ったぞおおおお!!!」という本作も相当エロい。
    •  んで、ラスト。磯兵衛がやってくれた。看板娘ちゃんの「こんなの初めて」いただきました。せっかくの絶頂(違)なのに看板娘ちゃんの顔がちょっとギャグっぽくなってるのが本作最後の良心である。
    •  とにかく、「どんずばああああ」で看板娘ちゃんのパンツが「ぱささ」。3人の心に降った白い雪ってのはやっぱザーm……ではなくパンツのことですね。はい、そりゃそうだ。
    •  ということで終わり。『食戟』ネタでありながら、徐々に脱がしていくという野球拳的な要素があり『食戟』とは違ったエロさが堪能できる傑作回だったと思います。


  • 次号予告
    •  表紙が『約束』。これは今週の『鬼滅』に続いて2017年のビッグニュースだなぁ。『約束』の勢いが凄いってのは感じてたけど、ここまでとは。『鬼滅』のほぼ倍速で表紙ゲット。『左門くん』以来のスピード出世。
    •  ちなみに、もうすぐ『ゆらぎ荘』1周年が来るのでそこで表紙来るかもしれません。『ゆらぎ荘』と『鬼滅』は同時期スタートなので、今週の『鬼滅』表紙は、『ゆらぎ荘』よりちょっと上、というニュアンスが込められてるのかもしれません。2週連続で1周年記念ってちょっと変だと思いますし。
    •  『約束』の表紙と同じくらい驚いたのが『ナンバーワン』のセンターカラー。すごい!! ちょっと感動してしまった。先週ほぼ同格で何ならちょっと下にいると思ってた『歪』が増ページだったので「やはりギャグは不利やで……」とか思ってたんですが、まさかのセンターカラー。これはめでたい。マジでめでたい。前作がヒットしたワケでもなけりゃ女の子かわいいが売りの作品ってワケでもありませんからね、完全に作品の人気によるカラーじゃないか。マジ感動だわ。同じトモヒロとして『レッドスプライト』の分も頑張ってほしい。
    •  『約束』は同期ということで『レッドスプライト』の分も頑張ってほしいですw てか、『約束』が人気ありすぎるから「じゃあ他の2本はもういっか」って判断が下された可能性もあるんじゃないのか……とか考え出すとダークサイド堕ちしそうだけど、まぁ『約束』も好きなので大丈夫です。『ナンバーワン』はもっと好き。


  • 目次
    • 間違い探し。「息遣いのエフェクトが多い」という正解の文章がなんか笑える。片目と血の量はこのコーナーにしては良い間違いだと思う。
    •  良い間違いってなんだ。

むしろお色気を好まず硬派な担当さんがお色気要求侍と勘違いされてそうで気の毒
(『左門くんはサモナー』)

    •  火消しに走る沼先生やさしい、とか思ったけどそもそも出火原因は沼先生なんじゃないのか、という気がせんでもない。

モバイルスタジオプロ16、快適なのですが、早くスタンドが欲しいです…
(『ゆらぎ荘の幽奈さん』)

    •  おそらくデジタル作画におけるソフトの話だと思うんですけど、何言ってるのかサッパリ分からないので少し笑えてくる。
    •  アナログ作画も詳しくないけど、デジタルになると余計に謎ですわ。ワタシの認識の中では念写でマンガ描いてるのと大差ない。

もし垂直に歩けたら、上空何メートルで満足するかな! <ぽすか>
(『約束のネバーランド』)

    •  ワタシは多分2mくらいで怖くなると思う。ただ、『インセプション』ごっこはやってみたい。

実家が好きで近いのでしょっちゅう帰ってしまいます。ご飯が美味しいです。感謝
(『青春兵器ナンバーワン』)

    •  ハライチ岩井の実家帰りたくなる話すき。


  • 愛読者アンケート
    •  まずは読切について。重倶郎の印象について「かわいい/かわいくない」の選択肢がないのが信じられない。超重要な部分だと思ったんですが。まじかよん。
    •  大問2はお年玉。いくらもらったか、で10万まで選択肢あって笑った。どんな貴族だ。人数で稼ぐにしても、1人1万でも10人ですよ。『サマーウォーズ』ばりの大集合ですね。

 総括です。
 文字数。2万くらい。前回はそこそこ抑えられたのにまた増えてしまった。今週の方が書く時間作れなかったというのに。調整ができない……。

 んで、今週のベスト作品。今週は『ゆらぎ荘』かな。水に沈む幽奈さん、というショットにしびれた。
 次点はなんだろう、強いて言うなら『オレゴラッソ』かしら。スパイク買いに行くトコが個人的にはグッときました。ああいうの弱いんですよね。

 んで、今週のベストキャラを決めて終わります。こっちは次点から。

  • No.13 『青春兵器ナンバーワン』
    •  出オチでも言えるキャラだし、個性も特に見えてこないんだけど、とにかくおいしい役だったと思います。せっかくの13番なのにこの扱いw

  • アンリ マユ 『左門くんはサモナー
    •  久々に登場した、というネタが散々いじられたんですが、それがことごとくハマってた印象。久々に見たけど、アンリいいキャラしてんなぁ、としみじみ感じてしまいました。

 んで、今週のベストキャラはこちら。

  • 看板娘 『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
    •  今週一番エロかったキャラ。間違いない。今のジャンプはエロはそこそこ充実しているんですが、いわゆる野球拳的な「あとちょっと……!」という小出しによるワクワク感あるエロというのは新鮮でした。やはり看板娘ちゃんはよその作品と比較しても充分戦える美少女キャラである。

キッズ・リターン [Blu-ray]

キッズ・リターン [Blu-ray]

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

レッドスプライト 1 (ジャンプコミックス)

レッドスプライト 1 (ジャンプコミックス)

 遅ればせながら買いました。記事にするほどでもないのでココに感想書くゾイ。

  • 裏表紙
    •  帯を外すとフォールさんがエロい、という仕掛けで笑った。手に取ったら即外す、という人はちょっと待った方がいい。
    •  フォールさん関連だと、裏表紙から繋がる折り返しの部分にエクスキャリバーの艦長がやたらデカくいます。「やっぱこの2人は訳ありだったんやな……」というのが感じられますね。かといって「ホントはこの2人はー」みたいなことを作者が言い出したりはしないバランス。さらに、描き下ろしイラストでこの2人の幼少期と思われる姿が描かれてるのでもう完全にアレ。

  • 目次
    •  やたら迫力あるけどクッソ見にくくて笑った。

  • 描き下ろしイラスト
    •  一発目に出てくるモノちゃんが異常にエロいので今回のベスト描き下ろし決定。個人的にはフォールさん越えた。
    •  巻末には子供大将。撫でてる手はデュラン先生。思わせぶりなネタが多いので一瞬パパかと勘違いしちゃいましたw

  • 両さんマユゲ
    •  まさかの残し。消されると思ってたw

  • その他描き下ろし
    •  マゴニアとか、アルの武器である鉄塊についての解説が載ってます。打ち切りじゃなかったとしても直接本編に使われるネタとは思わないんですけど、背景としてここまで考えてたんだねー、と驚きます。
    •  設定の説明文がなんというか、中二臭いというか、個人的にはモンハンっぽいですよね。モンハン感というのは『アイアンナイト』の時にも感じたことあるので、作者の好みなんだと思います。直接モンハンが好きというワケではなく、ああいう感じが好きなんだろうね、という。
    •  タツの父親とは明言されないけど、出生に関わりそうなネタがチラッと出されてて笑う。刀の説明からそっちに派生するするとは思わないのでなかなか驚きます。打ち切りなので結果的に「使えなかったネタ」にはなるんですけど、あくまでも刀の説明のついでに出してくるのがイイね。
    •  マゴニアの説明、そしてアルの鉄塊の説明があるんですけど……これ多分『アイアンナイト』ネタですよね。『ドラクエ9』と『ドラクエ10』の関係みたいに、『アイアンナイト』の未来の世界が『レッドスプライト』なんじゃあ……という思わせぶりネタ。『ドラクエ10』とは逆に『レッドスプライト』では人間しか存在してないっぽいのが気になる。きっと闇が深い歴史があるんでしょうねw
    •  『アイアンナイト』ネタって言ったけど、3巻の描き下ろし部分に関わる話なので連載でしか読んでない人は『レッドスプライト』買ってもピンと来ないと思います。ついでに『アイアンナイト』も買おうぜ!!(宣伝)

アイアンナイト 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アイアンナイト 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

2017-01-14

『生徒会役員共』407話の感想

あけ
おめこ
とよろ

『生徒会役員共』406話の感想 - 北区の帰宅部

 新年一発目でございます。マガジンではアンケートハガキが廃止されて完全電子化されたり、目次ページが見開きになったり、いろいろとリニューアルされております。
 まず、アンケート。漫画雑誌そんなに詳しいわけじゃないけど、かなり革新的なことだと思います。マガジンがんばってる。
 んで、目次。まさかの見開き&縦書き。スペースが大きくなることで作者のコメントが長くなるかも‥‥という考えは本作のファンとは無縁であります。
 あと、なんだかんだで講談社、今ちょーたいへん。

 映画前売券の特典第二弾のお知らせ。今度はカレンダーだそうです。あのポスターがカレンダーになったヤツ。
 巨大カレンダーの下部が前売券になっているそうだけど、これって「使いにくいから使わないでもう1枚別に買ってね」ということなのかな。まぁ、第二弾なことがある意味良心的なのかもしれない。

 ということで本編。#407。扉は畑さん。前にも書いたし、何度も書いてると思うけど、畑さんは私服なだけでグッときてしまうのである。ある意味でずるいw

 一本目から畑さん。今回はとにかく畑さん。
 タカ兄、休日に畑さんとばったり。すぐに遭遇するワケだけど、タカ兄が独りでいるのってなかなか珍しい気がする。何をしてたんだろうか。
 んで、「ヒマだったら付き合ってくれない?」と畑さん。異性にこんなこと言われたら童貞だったらパニクってモゴモゴしちゃうんですが、タカ兄はそんなことにはならない。童貞なのに。なので畑さんに付いていくと、その先でドッキリ。
 このシチュエーションの時点で疑似カップルになってるワケですが、そこに「カップルですね」と確認してくる外部の人間が出てくるってのがオチ。関係ないかもしれないけど、入店時の店員さんがノリノリでちょっとかわいい。

 2ネタ目でネタバラシ。取材のためにカップル限定の店に行くの巻。タカ兄と会わなかったらどうするつもりだったのだろうか。ただの休日のつもりだったが、せっかくなのでカップルネタの取材を今やっちゃおうみたいな感じか。だとしたら取材道具持ってる畑さんさすが。
 ということで、1つ目はカップル限定のカフェ?ケーキ屋? ケーキの注文がカップル限定ではなく入店がカップル限定なのってどういうメリットなんだろうか。店内みんなイチャイチャしてるからイチャイチャしやすくなる、みたいな? この号の桜才新聞読みたくなってきたw
 オチとしては、カップル限定でしか出来ないことを畑さんが提示。悔しいことに「そりゃ確かにカップル限定だな」という謎の納得を感じてしまった。てか、畑さんはタカ兄がツッコまなかったらこの後行くつもりだったのだろうか。まぁ、「この人はツッコんでくれるから」みたいな信頼はしてそうだけど。

 同店に例のカップル、ヨシくんナオちゃんの姿。こういう店は当然のようにチェックしてるのなw
 てか、畑さんの場合、この2人のゴシップも副産物として狙ってるのかも‥‥みたいなことを考えてしまうな。計算高いというか、「そんくらいしてそう」みたいな強キャラ感。
 んで、畑さんがナオちゃんの「あーん」を我流で再現。カップル限定の取材なんだからカップルらしいことをやらなくては、という取材魂が感じられる。そういう意味では、一般的なカップルの例、という役割が誰よりも似合いますね。ヨシくんナオちゃん。
 畑さん流の「あーん」に対するタカツッコミ。珍しく長ったらしくて笑った。やけに説明くさいというか、いつもとは違う味わいがある。なんだったんだろう、説明しにくい事柄だったのか、畑さんの予期せぬ言動に動揺してしまった、みたいな感じか。

 このまま2人のデートが続くかと思いきや、ここで会長たち登場。まぁ、「この状況を誰かが目撃すれば間違いなくおもしろくなる‥‥!」という感じは読者にもあったと思います。もしもカエデちゃんだったら、とかも想像するの楽しいじゃないですか。ムツミでもおもしろそう。コトミもいいなぁ。
 とにかくシノアリスズ。迷わず突撃。何となくなイメージですけど、会長はすぐ突撃するけど、スズはこっそり尾行しそうな気がする。尾行するけど、畑さんはそれに気づいて、気づいてるけど泳がして‥‥みたいな。妄想楽しい。
 とにかく突撃、するも失敗。ここで1ネタ目に出てきた店員さんである。今度は非デフォルメ。モブなのに二度登場していて、なかなかおいしい。
 カップル限定なので入れないかと思いきや、会長とアリアがほぼ同時に同じ発想。片方が言ってもう片方がビックリ、とはならないのがこの2人らしいですねぇ。長年の蓄積を感じる。
 ポリティカリーコレクト的に店側は断りづらい、って感じですね。まぁ、そういうの関係なくわざわざ客を一組追い返すメリットがありませんけど。そんなことを考えると会長とアリアは入店できたと思うんですけど、どうやら入店はしなかったっぽい。まぁ、スズの活躍ですなw

 場所は変わって映画館。カップル限定の映画館ってどういうことなのかマジでわからん。暗い中黙って観るだけなんだからカップル限定もクソもない気がするんですが(軽く調べてみた感じリアルでは存在しないっぽい)。
 てか、ナオちゃんと思われる人物の肩が見切れてますね。2組のデートコースが完全に一致。
 本作では珍しいガチのキスシーン。作中映画だけど、結構驚きました。そういう描写は避けるタチな気がしてた。
 2人によるそんなキスに対する感想戦。これまた新鮮。便に意識してドキドキ‥‥する暇もなく下ネタが飛んでくる優しい世界。いや、畑さんは気まずくなるのを回避するために下ネタをぶっこんだと解釈する可能性はあるかも。

 映画の次は足湯。これまたカップル限定にするメリットが分からないんだけど、地元に住んで定期的に通ってるお一人様みたいな客層を弾くことが出来るのでカップルとしては嬉しい、みたいな感じだろうか。映画よりは理解できる(こっちは結構ヒットする)。
 当然だけど、こちらにもナオちゃんヨシくん。本当は畑さんは現地に行く予定はなく、2人に体験してもらってその話を元に記事にするつもりだったのかも‥‥とかいらんことを考えてしまう。まぁ、偶然のほうが好みではありますw
 んで、タカ兄の「ずっとこうしていたい」でドキッ。割と定番なシチュエーションだと思うんですけど、畑さんのドキッが超白々しいので笑った。タカ兄で遊ぶ気満々。まぁ、あの発言は少々誘い水だったと思わんでもないです。
 2人の頬が少し高調してるのは足湯効果なのかな、みたいな部分まであるので細かい。

 記事完成。ここで会長たちへネタバラシ。真相を知っても「なんだよかった」とはならない会長かわいい。取材協力という体裁でもいいからデートしたいんでしょうねw
 んで、新聞記事に載ってるタカ発言についてアリアがぶっかまし。これは笑った。とにかくうますぎる。足湯ならではのネタである。
 てか、よく考えたらボケを誘ってるような気がして来るレベル。そのくらいうまい。畑さんがボケを誘う余地を作るために文章を少し変えたのかとも思ったんですが、ラストのタカ兄のツッコミ的にそのままっぽい。
 

 ということで終わり。ラストのネタが好きですねぇ。メチャクチャうまい。足湯がまさかあんなネタに繋がるとはw 入店条件のネタもそうなんですけど、事前にフリがあるネタはおもしろいですよね。4コマなので各ネタが独立してるかと思いきや、という。
 あとは、畑さん回に見せかけたナオちゃんヨシくん回でもあった、というのが面白いですよね。これといったセリフがあるワケでもなく、畑さんたちと絡むワケでもない。ただ、背景にやたら出てくる。ファン向けの小ネタみたいな感じなんですかね。

2017-01-10

『バイオハザード:ザ・ファイナル』の感想

 3D版で観ました。ポールWSアンダーソン作品及び前作『リトリビューション』の3Dはとても好みだったので期待してたんですが、イマイチ。もっと画面奥からゾンビがどーん!みたいな飛び出すようなのを楽しみにしてたんですが、全然ない。てか、カット割り過ぎで3D効果があまりなかった気がします。肝心のアクションシーンほど3Dが感じられず。

  • あらすじ

 前作が好きなんですよ。シリーズの中でも屈指のレベル。大きな理由は、ボスがウェスカーからレッドクイーンに交代したから、だったりします。どうもウェスカーにボスとしての魅力を感じないんですよ。レッドクイーンのが断然魅力的だと思います。
 とか思ってたら、『ファイナル』でまた逆転してたでしょ。レッドクイーンが味方、ウェスカーが敵。まぁ、前作の引きをガン無視してまったく別の話を始める、ってのは過去にも経験済みなので「またか……」という感じで我慢できました。なんとかね。それにウェスカーは敵とは言え結局のところ何もしなかった、というのもよかったかな。マジで好かんのです。レッドクイーンが味方になったのは残念だけど、「実はアリスとの間にのっぴきならない因縁があったんだよ!!」というナンダッテー展開があったのでよかったです。やっぱ一作目ネタに重きが置かれるのは好みです。
 レッドクイーンの正体についてですけど、アリスの過去と未来の姿、みたいなことだったのでしょう。年末公開だし、『クリスマスキャロル』ってことでいいんじゃないかな!(年末公開は日本だけです)
 とにかく、ババアリスとロリアリスの連携技でウェスカーをブッ殺す場面はすげぇアガりました。「やっぱウェスカーよりレッドクイーンのが怖いよね」という納得度も高いです。
 そんなレッドクイーンを演じるのがミラジョボの実の娘というのもポイント高い。「監督ニッコニコなんだろうなぁ」と想像して楽しむのもいいですし、あの正体的に娘キャスティングは全然アリだと思う(まぁ前作以前にも出てるキャラという点は置いておこう)(置いておくなよ)。

 アリスの正体もそうなんですけど、とにかく原点回帰になってるのが本作の良い所だと思います。舞台も一作目。世紀末的世界からラクーンシティを経由してハイブに戻る、というシリーズを逆行するようなステージの変化は楽しかったです。
 「ハイブ行くってことはぁぁ?当然アレが出てくるんだよね?」と思ってたらやっぱり出てきたぜ、レーザー。シリーズ名物……なんだけど名物すぎて途中からほとんどセルフパロディーみたくなってたレーザー。今回は一作目と同じ場所なので「よっ!本物!待ってました!!」みたいなノリあったと思います。1回ちょい見せしてからラストバトルで……という焦らしも良かったですね。
 とはいえラスボス戦で使ってくるとは驚きました。あの場所で戦うってのがなかなか新鮮だったと思います。両者共にレーザー自体は回避余裕、という強者感も出てましたし。

 迷走に迷走を重ねたシリーズだと思うんですけど、中でもトップクラスに謎だったのは、「アンブレラって人類滅亡させてどうすんの?」という問題。人類いなかったら金儲け出来ないじゃんって話ですよね。その問題に、ノアの箱舟計画という単純明快な解答を用意してくれたのは素晴らしかった。そこからアリスの出生の秘密に繋がる、というのもよかったです。
 ホントね、最終作としての側面は大満足なんですよ。まさかちゃんと完結するとは思ってなかったw(失礼)
 ただ、よかったのはあくまでも「あらすじ」でして。本作が全体的によかったかというと疑問が残ります。ぶっちゃけそこまで好きじゃないです。シリーズの中での好き度でいったら、中くらいかなぁ。一番悪いとは言わないけど(個人的には『3』『4』あたりがきつい)、トップグループに入ることは決してないです。
 敵の強さを見せるために仲間が次々死ぬんですけど、なんでアリスが生き残ったのか、の部分が弱いように感じたんですよね。「運じゃね?」とか「相手の機嫌次第だよね」みたいな印象が湧いてしまう。ハイブの歩き方はアリスが一番知ってるから、とかそういう要素がもっとあれば好きかも。
 あと、何と言ってもカット割りですよ。アホみたいに割りすぎでしょ。ヨーロッパコープかっての。『ボーン』シリーズの悪しきフォロワー的なカット割り。なーんにも分かんねぇんですよ。把握すんの無理でしょ。カチャカチャしてる間にバトルが終わるので消化不良感ハンパない。美女が銃持って戦うってのが本作最大の魅力のはずなのに肝心の美女も、銃も、戦いも堪能できないよ。マジもったいない。なんでこんなんなつまてしまったんや……。
 通気シャフトの場面でアリスが仲間を助けるじゃないですか。動き出したシャフト超怖いじゃないですか。そこにアリスが飛び込むからめっちゃハラハラしました。そしたら、ワチャワチャ画面が変わってる間にアリスシャフトから出てきやがるんですよ。クローズアップマジックでも見てるのかな?という感覚でした。

 あーそうだ。ローラ。出てるのが目玉みたいな扱いになってますよね。ビジュアルも超カッコいいので、セリフ少ないのが逆に「寡黙な女戦士やべぇ!!」という感じありました。なんだけどー、特に何もないままお亡くなりになりましたよね。さしたる活躍もないとは……。まぁ、『バイオ』シリーズは日本での興収で成立してると思うので、タレント吹替の豪華版みたいな感覚のキャスティングなんでしょう。
 中島美嘉は凄くいい扱いだったんですね……(今になって)

 ラスト。アンブレラは倒した。ゾンビウイルスも時間が立てば解決する。死ぬと思われたアリスも何やかんやで元気。なのはいいんだけど、この後の人類、てか地球って大丈夫なんですかね。なんか不安になっちゃいました。元々アンブレラ計画では選ばれた人類が文明を再建するって話でしたけど、アンブレラ組織力、科学力がない状態で大丈夫なのかしら……と老婆心。頼りになりそうな人材は大体死にましたし。ジョン コナー的な「こいつが生きてる限りは人類の勝ち」みたいな指導者もいないと思います。アリスの、てか人類の明日はどっちだ。

 ということで終わり。残念な部分も多いしカット割りとか「もうアンタとは絶交よ!!」とか言いたくなるレベルで嫌いなんですけど、シリーズの最終作としては頑張った方だと思います。割とマジでここまでちゃんと終わるとは思いませんでした。
 あっ、そうだ。「なんかゾンビマラソン大会っぽい」という感想を書き忘れてた。

映画『バイオハザードV リトリビューション』の感想 - 北区の帰宅部
 本文にも書いたけど、『1』と『5』が頭一つ抜けて好き。

 ノアの方舟計画と聞いて思い出したのがこちら。続編ではコリン ファース復活するそうです。そこらへんも『バイオ』っぽいなw

 ダメな方アンダーソンの日本接待映画シリーズ第二弾は『モンハン』だよー。絶対公開時に嫁つれて来日するパターンやん。やったぜ。

2017-01-07

週刊少年ジャンプ2017年06号の感想

 あけおめことよろ。

週刊少年ジャンプ2016年の総括 - 北区の帰宅部

 年末に2016年のジャンプ総括記事を書きましたので、よろしければ。
 ということで、投票は2016年印象的だった出来事について。どうせ『こち亀』が勝つので終了系は除外。
 個人的には『左門くん』が一番ビックリしました。

 前号感想でやった2016年打ち切り作について。1位『レッドスプライト』でした。やったぜ。まぁ、後出しジャンケンなんですけど「きっと勝つだろうなぁ」というのは思ってました。なんとなく。
 2位『ラブラッシュ』、3位『たくバツ』、4位『バディスト』。『バディスト』については1本だけ極端に昔なので記憶の問題で「どうせビリやろ」というのはありました。案の定ビリ。意地悪だから外そうとも思ったんですが、短期打ち切りが多いことを表したかったので入れてしまいました。ファンの方は本当に申し訳なかったです。不快だった人もいると思います。
 てか、この順位、「単に記憶が新しい順になっただけなんじゃね?」と気づいてしまいました。『レッドスプライト』『ラブラッシュ』の2本が抜けて人気あって、その2本が僅差、というのが非常にアレです。まぁ、他に方法なかったし、仕方なかったんです。ごめんちゃい。少しでも「2016年ってこんなんあったね」となってれば幸いです。

 ということで、2017年一発目のジャンプです。 

週刊少年ジャンプ2017年04・05号の感想 - 北区の帰宅部

  • 背表紙
    •  わ、忘れてた……。そうか、『ONE PIECE』を象徴する1コマといえばコレか。「海賊王におれはなる」だよな。そりゃそうだよな……。4号も1話ネタが続くとは思わなかったのですっかり除外して考えてたわ。
    •  こうなると、ちょっとメインのキャラ関連の場面が多く選出されるようになるんじゃないかな、と新たな予想が出てきます。つまり、麦わら一味多め。これはコビー出ないかもな。じゃあゾロかな。
    •  ……あれっ、初登場ってゾロよりナミのが早いんでしたっけ? ゾロだよね。アニメだとナミだったんだっけか。


  • 表紙
    •  新年度一発目も『ONE PIECE』。年末の合併号2つも『ONE PIECE』中心の集合。そして新年一発目も当然『ONE PIECE』。尾田っち死ぬなよ……
    •  酉年ということで鶏。尾田っちの描く動物って人気あると思います。ワタシもそう。いいよね。
    •  てか、一味が全員描かれてないんですね。ロビン以降がいない。ちょっと意外。まぁ、大所帯になりすぎて描きにくいってのがあるのかな。


  • ひとつなぎSPポスターカレンダー2017
    •  新年らしい企画。表は一味がそれぞれ。裏は今週のカラー扉。
    •  表で描かれてるのは、各キャラの初登場時、という感じで場面が選ばれてるんですかね。各キャラを象徴するような名場面ではないけど、「なつかしいなー」という感慨はより深いと思います。こういうの見ると「ひとつなぎ」とは「人繋ぎ」なのかもなぁ……とか考察ガチ勢みたいなこと考えたくもなります。このタイトルはちょっと誘ってる気がするw


  • 読者プレゼント
    •  酉年ということで鶏。表紙とのクオリティーの差が激しい……。
    •  ただ、「よりドリみドリ」「バーッド大放出」あたりのダジャレは結構好きw


  • ONE PIECE
    •  巻頭カラーの見開き扉は青で統一。こないだ赤だったので、単色ブームが着てるんですかね。まぁ、赤の時ほどシンプルではないんですけど。個人的にはウツボが奇跡的にかわいいのが好きです。ウツボはきもいはずなのになw サロメもそうだけど、かわいくデフォルメされたニョロニョロ系には何物にも代え難い魅力があると思います。

    •  本編。プリンちゃんの攻撃方法は銃。『ONE PIECE』って悪魔の実とか覇気があるので銃の武器としての価値が低い世界観だと思うんですけど、こういう儀式的というか見せしめ的なノリの場面では銃を好んで使いますよね。ドフラがローを撃ったってのもありますし。わざわざ「外骨格あっても大丈夫」という理屈を用意してて、銃殺にこだわってるように感じます。
    •  プリンちゃんのモノマネショー。『ONE PIECE』では割と定番になってるギャグ顔でのリアクションを悪意を込めて再現してる、ってのが非常にアレ。意地悪。いつもは笑えるものとして描かれてるけど、プリンちゃんはそれを1つ上の立場から見下してくる。
    •  モノマネついでに顔パックの件。レイジュ相手に顔パックの話をしてるのが味わい深いですね。パックを付けた女とはがした女。
    •  んで、雨。この雨はサンジの心の涙を表してる、というのはいかにも教科書的な話なんですが、平静を装おうとサンジがタバコに火を付けようとすると雨によって火が付かない、というのがなかなかナイスだと思います。サンジの動揺を静かでありながら、この上なく描いてますよね。まぁ、雨に降られながら涙を流すのは「頭痛が痛い」「馬から落馬」的な話になるので悪手だと思いますがー。
    •  ブルックが2ページだけ。マム相手にタンカを切るのがカッコイイですねぇ。マムのことを「お嬢さん」と年下扱いするのがブルックの個性とも繋がってて最高だと思います。
    •  あと、攻撃モードのプロメテウスゼウスがなかなか素敵。意外と怖い。
    •  再びプリンちゃん。メモメモの実でした。最初書き置き的なメモかと思ったけど、多分メモリー。記憶を映画のフィルムとして具現化するらしい。あの世界にはフィルムが存在するということ……か? その手の映像はすべて電伝虫とかそういう類に記録されてるイメージだった。まぁ、どうでもいい。とにかく、プリンちゃんは大物の海賊団に大体1人はいる超便利能力者枠。ドフラでいうシュガーちゃん、クロコダイルでいうボンちゃん。大物になるにつれて便利レベルが上がってる気がする。まぁ、マムのお気に入りも納得ですね。我が子じゃなくても手元に置いておきたいレベル。まぁ、そいつを殺して新たな悪魔の実を狙ったりするのかもしれませんが。
    •  んで、ルフィ。ナミの “コワイコワイ 血がすごいもうやだー!!” がほとんどギャグ。その直前ではレイジュの血が描かれててあっちはシリアスなので、落差で笑える。ただ、見た目的な痛々しさはルフィのが全然高いという不思議。
    •  ジンベエ来てエンド。やっぱりかわいい。逆八重歯がプリティーなのである。


  • 僕のヒーローアカデミア
    •  グレートティーチャーイレイザーヘッド“先に手ェ出したのは?” という怒り方が先生っぽくて笑った。よくある先生フレーズ。
    •  寮内清掃で掃除機使ってるのがなんか新鮮。学校関連の掃除ってホウキのイメージが強い。まぁ、これは時代ではなく、ホウキが適さない床って話なんだろうな。
    •  今週のモノマネくん。すっかりギャグキャラとして定着したけど、これは能力がチートすぎるのでギャグ的な扱いをしないとバランス取れないから、という説をワタシは推します。
    •  んで、B組にマイリトルポニー。「あーあのケモナー御用達の……」という先入観は多分歪んでる。てか、しっかりアメリカ人なのね。アメリカはヒーローの本場らしいけど、マイリトルポニーはちょっと違うアメリカの一面。
    •  校長に対する “ものすごくどうでもよくて ありえないほど長え”。これは映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』をもじったネタですね。『ヒロアカ』ではお馴染みになりつつある意味のない映画ネタ。いや、あの映画には原作があるので映画ネタと断定することは出来ないんですけどね。ただ、本作には前科がたくさんあるので映画ネタと言って間違いないと思います。こないだレザボアドッグスも出てきたし。そもそもイレイザーヘッドも謎。


  • 『鬼滅の刃』
    •  扉で善逸治療済み。割と気になってた部分なんですがアッサリと済まされました。やっぱしのぶちゃん解毒も出来るのか。
    •  しのぶvsギユーのシビルウォー……が意外と描かれない。なんと。これは意外。ちょっとショック。すげぇワクワクしちゃったよw
    •  てか、今週場面がバンバン飛んでなかなかエキセントリックです。てか、なんか駆け足感ある。シビルウォーとかもっとやってもよかったでしょ。これはアレかな。来週の巻頭カラーに向けての調整なのかな……って来週表紙なのかよ!!(マジ驚きました)
    •  本編冒頭で善逸の前に現れたのはしのぶちゃんではなく、しのぶちゃんの部下。炭治郎&ねずこを襲ったのも同じ。割とマジで困惑しました。一回「ギユー足止め出来てねぇw」「死にかけ炭治郎に邪魔されるとかしのぶちゃんショベェw」とか勘違いで笑ってしまった。ごめん。
    •  んで、幹部集合で見開きでエンド。うわぁ、すげぇ少年漫画っぽいw 本作は癖が強いというか、個性がメチャクチャ強くてそこが魅力だったと思うんですが、最近はよくあるバトル漫画っぽい要素が増えてきた気がします。良く言えばうまい具合にバランス取れてきた感。ギャグがおもしろいんでよく『BLEACH』と比較することが多いんですけど、『BLEACH』もこの手の幹部集合描写はお馴染みでしたね。

    •  酉年の新年号に鳥。やったぜ。ここ最近はかなりの確率で出てます。
    •  来年は犬か。簡単そうですね。狙うのも簡単狙わなくても出てもおかしくない。ただ、再来年は猪なので難易度高い。これが出たらほぼ確信犯と言える気がする。まぁ、干支モチーフのキャラは少年漫画ではありがちなので、そういう作品がその時にあれば別か。……あっ、『HUNTER×HUNTER』。


  • 『背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜』
    •  センターカラー。ドレスアップした鹿高のみんながカラーで見れるのはジャンプでは珍しいかも。1人ジャージだけどw
    •  カラーページに歴代単行本の表紙がズラッと。列挙されて気づきましたけど、最終巻は多分ドレスアップしたつちわただと思う。1巻との呼応で。まぁ、今回のカラー扉みたいな集合写真的なノリもあり得るんですけどねぇ。気になってきた……けど、まだまだ終わらないだろうから終わる頃には忘れてるw
    •  本編。ダイジェスト処理で終わる2年ペア。ドンマイやで。まぁ、彼らが一番盛り上がった、咲本ペアに肉薄したのが前回のヤツ、ということなんでしょう。
    •  んで、大会エピローグ。つちわたがメインに来たの久々ですね。ちょっとだけ「何やったんだっけ?」感ある。ここまで放置された主人公も珍し……くもないか。よく考えたらザラにあるわな。
    •  てか、つちわたに関しては「大会終わったら何やんの? 現実的な目標あんの?」みたいな疑問が個人的にはかなりあるので、そういう意味では新章楽しみです。順風満帆すぎて他の人に比べてドラマがないってもあったんですが。大会で最終回迎えてもおかしくなかったよね、みたいな。まぁ、最終回にはなりませんし、つちわたが放置されるとは思いませんので、今後が気になる。


  • 斉木楠雄のΨ難
    •  センターカラー。照橋さんとタイムリープだけど、特に本編とは関係ない。
    •  本編……に突入する前にサブタイを確認したかどうかが結構大事。第一印象がかなり変わる。サブタイが「Ψレントお正月」なんですよね。扉の段階では「サイレントナイトじゃなくて?」とか思ってたんですが、本編に入るとガチでサイレントなのである。本編2ページ目あたりから「サイレントってそういう意味かよ!」と驚きました。サブタイ確認しない人はちょっと味わいが違ったんでしょうね。
    •  そんなサイレント。お正月にサイレントといえば『イロモネア』……って別にアレお正月感ないか。こないだの『イロモネア』のサイレントはマッスルフォーの階段が超おもしろかったです。
    •  脱線した。『斉木』のサイレント。おもしろい試みだし、こういう自由なこと出来るのもギャグ漫画の特権だと思うんですけど、吹き出しは使わない方がよかったかなぁー、とか意地悪なことを考えてしまったりしました。実験企画が超おもしろいから、おもしろいだけに徹底してほしかった、みたいな贅沢。ちょっと作者の限界とは言わないけど、「ちょっとめんどい」というのを感じる。
    •  PPAPネタとか恥ずかしくて出来ないけど、サイレントだったらこのくらい分かりやすいネタの方がおもしろいよね、というバランス。『イロモネア』のサイレントを観ても思いましたけど、サイレントって伝わるだけでちょっと完成してる感あるというか、伝わるだけでもう面白いんですよね。そういう意味ではPPAPとか恋ダンスとかパロディーの題材としてはクソほどつまんねぇというマイナスが見事に逆転してると思います。それに、PPAPネタに関しては「親がマネする流行のギャグってクソ寒いよね」というあるあるネタにもなってるのでギャグ強度高い。
    •  お年玉が6万。そんな親族多くないことを考えると多いと思う。1人の最大額って1万なイメージあるんですけど、それだと計算があわない。誰が余計に出したんだろう。じーじかなw


  • ハイキュー!!
    •  敗者描写の丁寧さに定評があると思うんですけど、1年前の敗者描写を回想でサラッと描くことで彼らの覚悟や気合いを端的に表現する、というのはスマートよね。「今週は相手チームのターン」というのが一発で分かるし、何ならちょっと肩入れしてしまう。
    •  客席は変人速攻と影山の変態っぷりにすっかり魅了されてる……が、“我慢してリード・ブロック それは必ず相手のプレッシャーになる” と監督談。これって白鳥沢戦の烏野そのものですよね。奇しくも日向とウシワカが被る。
    •  んで、反撃。実況が “決まったー!! 椿原最強のホットライン!!” と言うことで「あっこのチームはこれが売りなんだ」というのが分かる感じ、実況がいる試合おもしれーw 基本的にこういう場における実況の役割って盛り上げ役ってのが一番大きいと思うんですけど、ちょっとした情報提供も担ってる。
    •  今度はツッキー。当たり前のように敵チームから一目置かれてるのがマジ新鮮。新鮮だけど、「ウシワカを止めたんだから当たり前か」ってなる不思議なバランス。てか、敵として見るツッキー怖すぎて笑ったわ。目が怖い。漆黒に染まった瞳が怖い。そんなに見るんじゃないよw
    •  そんなツッキー分析が破られる……と思ったら日向がいた。ボール拾いの成果ですね。あくまでもボール拾いなので、ボールがどこに来るかという嗅覚は鍛えられたけどレシーブの技術はまだまだ、というのがよく出てたと思います。まだ完璧じゃないけど成長の片鱗は見える、しかもそれが敵チーム視点、ツッキー、からの流れにバシッとハマる、っていうね。やっぱり『ハイキュー』は1話単位の完成度が異常なのである。流れ、構成がキレイすぎる。
    •  そして、やっぱりモブカップルが超かわいい。ドキドキしちゃう彼女は当然かわいいんだけど、「お前さっきバカにしてたじゃん」とか意地悪なことを言う余裕がなくなってる彼氏の方も最高。客席の使い方がうますぎるので本当につらい。なんでこんなポッと出の名無しキャラがこんなに魅力的なんだ……


  • ブラッククローバー
    •  前号の段階からされてたと思うんですけど、TVアニメ化だそうです。ただ、お知らせがすげぇ小さい。TVアニメ化決定って表紙飾ってもおかしくないネタだと思うんですけど、なんでや。詳しくは知らないけど、単行本とかジャンフェスとか外部での発表が蔵出しなのでジャンプ本誌ではチャイチーな扱いってことなのかしら。
    •  本編。今週はほとんどマルスが主役状態。アスタは賑やかし。とはいえ、やっぱりアスタの単細胞的な発言やリアクションは楽しいんですよねぇ。マルスに対する「なんるでいるんすか!!」とか。マルスとファナの重い回想がチラッと入った直後には「あんたそんなキャラじゃないでしょ!!」とか。いい感じでバランス取ってる。
    •  そんなアスタの “んなこと言ってる場合かァァァァァ!!”。ギャグでありながら「そりゃそうだよね」という正論でもある、というのがいい感じ。上辺だけで見ると完全にギャグなんだけど、あの状態でわざと攻撃を受けて死ぬようなマネが正しいワケがないですよね。まさにそんなこと言ってる場合じゃない。
    •  んで、「幼馴染」というキーワードを受けてアスタのシリアススイッチが入る。基本的にアスタのスタンスは一貫してるし、そのまんまなことしか言ってないんだけど、要所要所で核心を突くようなことを言ってしまう。そんなアスタがやっぱり現状打破の鍵になる、というのでエンド。うまい流れだったと思います。マルス主役のアスタギャグからのアスタが良いこと言って、ラストに2人で「やったるぜ」でエンド。


  • 『ゆらぎ荘の幽奈さん』
    •  扉。完全にお正月仕様。「今年の目標はアニメ化」っていうアオリは呑子先生に付されてるので当然彼女の少女マンガアニメ化という意味なんですが、当然『ゆらぎ荘』のアニメ化という意味にも取れる、というダブル。うまいっすね。これはいい仕事した。ただ、アニメかは『鬼滅』のが早くなりそうです。来年かなぁw
    •  本編。時系列的には文化祭が終わった9月末か10月のはずなんですが、すごろくをやることでお正月感を出す。こ、これはうまい。うまいってか、そこまでして時事ネタをやろうとするサービス精神がすごい。サザエさん時空じゃないのにマジグッジョブである。
    •  そんなワケですごろく。すごろくを開始するとすごろくの世界に取り込まれちゃうヤツ。要するに『ジュマンジ』。完全に『ジュマンジ』。リメイク版が制作中だそうです。主役はドウェイン ジョンソンロビン ウィリアムズからイメージ違いすぎて笑った。
    •  プレイヤーは、コガラシくん(竿役)、狭霧(おもちゃ)、雲雀(おもちゃ)、朧(コガラシいじり)、タヌ子という布陣。最後のタヌ子で「エロはだめぇぇぇ!!」ってなるスンポーですね。劇中キャラがアグネス的な危機感を抱いてるのが笑える。メタい、ようにも見える。
    •  タコがエロに繋がるのは分かるんですが、子犬もエロなので笑った。何でもアリ感。そして、中央の白い子犬が迷わず股間に突っ込むので「よく躾られてるな……」という謎の感慨すら覚える。完全にバター犬状態。直接的すぎる。
    •  んで、タヌ子。「アグネスココヨー!!」的なネタにもなりつつ、コガラシくん勃起危機、という別のギャグにも繋がってるのでうまい。直接何かをするワケじゃないけど、タヌ子がいることで特殊な状況が生み出されてる。コガラシくんの危機感が増す。
    •  乗馬マシンという現代的すぎるネタがあるので笑った。もうなんか雑だなw 多分「今回は正月用に特別に作ったヤツなので」的なノリがあるんだと思います。番外編ではないけど、そういうノリ。
    •  ということで終わり。番外編的なノリが強かった気がしますが、「女将さん」という今後気になるワードが出てきたのも楽しみですね。気にしたことなかったけど、そりゃそうか。女将さんいるのか。仲居さんしかいないのも変な話だわな。


  • 『デモンズプラン』
    •  今回の冒頭で時間軸が戻って、敵を倒す必殺技的な描写が入る……なんて期待もしてましたが、なかった。マジかぁ。ちょっと肩透かしだった印象強いっすわ。そんな状態で敵キャラに「本気出せば勝てたのに」とかいう評価下されても萎えるかなぁ。そもそも収納マンがボロに心動かされたみたいな描写も弱いでしょ。
    •  そんな収納マンの1コマ回想。1コマしかないけど、何となくイメージだけ伝わってくる感じはうまかったと思いますよ。「いろいろ事情あんのね」程度には同情できるというか。ただ、薬指を切断して持ち歩いてることが美談になるのはちょっと理解に苦しむというか。えっ、どういうことなのマジで。フツーに怖くない?
    •  ナミ(違)が仲間になったと思ったら新たなキャラが登場。話も聞かれずワンパンかまされてたのは笑ったけど、ボロの判断の早さがぶっ飛びすぎててちょっと付いてけなかったのも事実。せめて彼の殴られた痕がもっとギャグっぽく大げさに描かれてれば……とか余計なことを考えてしまった。
    •  ただ、彼のヘタレキャラは結構好き。「すげぇ空気重くて入りづらかった」「女の部屋に忍びこむのは恥ずかしい」とか妙にマジメな部分も入ってるのが好みのバランスだったりします。
    •  そんな彼、正義欲なんですね。なるほど、だから女の部屋に忍びこむのは抵抗あったのか。この設定いいですね。収納マンについてもそうだし、今回出てきた支配欲の人もそうだけど、「○○欲」と言われるだけでその人がどんな人かある程度想像できちゃう。○○の部分がその人物の根幹に触れる、という設定はいろいろ説明をすっ飛ばせて便利だなぁ、と思いました。本作最大の白眉はココかもしれない。ヘタレキャラなのに正義欲って言われるだけで、彼のことがちょっと理解できるじゃないですか。キャラクターの深みみたいな部分すら想像できちゃう。○○欲がそのキャラクターの象徴であり、それが同時にバトル的な超能力ともリンクしてる、というのはナイスすぎると思います。正義欲がどんな能力になるのか分からないけど、楽しみになってきましたね。


  • 火ノ丸相撲
    •  センターカラー。完全に本編の盛り上がりを補強するためのカラー、という感じでイイですねぇ。天王寺くんの「顔」というのが気になるような作りになってるのも本編に沿っていて見事だと思います。
    •  本編。負けたバトが天王寺くんの顔を気にする。何度もくどいように繰り返される「顔」の話。本作はやっぱり顔マンガなのである。そういう意味では『Canvas』と同じ。
    •  そんな天王寺くん。あくまでも横綱としての振る舞いを続けるのでした。高校スポーツにしちゃカッコつけすぎやろ、という気もしないではないですが、ここに「横綱」というキーワードが乗っかると横綱かくあるべし、みたいな説得力が出てくるのでうまい。


  • 『約束のネバーランド
    •  冒頭がシスターの少女時代エマたちの場所とは違った教育方針なんですね。ここまで極端に違うとは。多分死ぬことも全部告げられた上での徹底的な競争。こんなトコで育ったら他人の犠牲の上で自分がのうのうと暮らせれば満足、という感じに育つのも納得な気がする。
    •  んで、シスターとの質問戦。聞きたいことだけ聞けばいいってワケじゃないのが面白いですね。そんなこたぁシスターも了承済み、という騙し合い。イヤな世界だw
    •  決定的証拠は与えなかったけど、今回はシスターのが一枚上手。話の辻褄は合ってるものの、その他仕草等の演技がイマイチ。これはきっとエマたちとシスターの教育方針の違いによるものなんでしょうねぇ。シスターは徹底的な競争社会で揉まれて育ったから対人戦に優れている、という感じなのでしょう。最近はすっかり愛されギャグキャラとして定着しつつあったシスターの「やっぱりシスターすげぇじゃん」という一面が見れたのでなんか嬉しい。ママとは違った能力を持ってるし、違った恐ろしさがある。


  • 『オレゴラッソ』
    •  クッソ丁寧に教えてくれる主将わろた。めっちゃいい人やんw
    •  前回のディフェンスの凄さについてもそうなんだけど、空中戦のキーは「待つこと」と端的に説明してくれるのがナイスだと思います。別に今回の話を読んだだけで空中戦の極意が理解できるとは思いませんけど、なんとなく「りろんはしってる」というレベルにまでは一気に上がれる感じ。とりあえず分かった気にはなれる。サッカーに限らないけど、こういうのはスポーツ漫画として必要な部分だと思うので、かなり好感ある。
    •  そんな「空中で待つ」。すげぇ当たり前な話ですけど、マンガという表現方法で空中戦を描くと、空中で静止した絵が入るんですよね。アニメじゃないから当然ですね。そんな表現方法と「空中で待つ」という今回のテーマが気持ちいいくらいに食い合わせがいいんですよ。『ハイキュー』もそうだし、こないだの読切のヘディス部もそうだけど、やっぱ空中で静止してるショットってカッコイイです。それがただ単に絵的にカッコイイだけでなく、「空中で静止できる(待てる)=空中戦がうまい」という作中の強さ表現、サッカーのうまさの目安にもなってる、ってのが面白いと思います。
    •  んで、そんな空中戦の基本を学んだバンバが決めるんですけど、今回成功できた直接のキッカケはあくまでも変態クロスにある、ってのが現実的な落とし所でうまいと思います。ちょっと教わったくらいで勝っちゃったら「主将よっわw」ってなるけど、あくまでも隠し技だった変態クロスに虚をつかれた、というロジックが入ってるので「あれはしゃーないw」というくらいに同情できる。同情ってか納得できる。


  • 左門くんはサモナー
    •  てしパパ初登場。他の家族と変わらずにどうやらモテる。だが、その本性は度を超して娘大好き……という意外性のあるオチ感のある話ではあるんですけど、「てっしーが娘だったらそうなるわなw」という謎の納得感があるので不思議。実はそんなに驚かない。
    •  そんなてしパパ。似たようなキャラクターとしては『斉木』の照橋兄がいると思うんですが、あそこまで極端なギャグキャラにはなってない、というバランス。“天使ヶ原家よ永遠なれ” とか面白いことを言ったりはするんですが、それはあくまでも心の声。照橋兄みたいな露骨な行動はなかなか取らないんですよね。娘のことが大好きで、娘に彼氏が出来たと知って激しく動揺する、って表面だけ見ればフツーの父親あるあるですよね。内面に狂気を宿らせてるけど、外から見たら理想的な父親に見える、という感じ。そんな内面の狂気を左門くんが爆発させることに……というのが今回のあらすじ。左門くんは意図してやってないけど、てしパパの綺麗事的な外面を剥がして欲に忠実な姿を引っ張り出したとも言えるんですよね。実に左門くんらしい結果だし、『左門くん』という作品らしい話になってるのが見事。
    •  三者面談の場所がファミレス「カスト」。ガストじゃなくてなw カス的世界観にはピッタリすぎるので笑った。
    •  てしパパと左門くんによるすれ違いコント。勘違いではあるんだけど、左門くんがカスであることは正解なので「いろいろ勘違いしてるけど……大体あってる」という感じになってるのが面白いですね。睡眠薬も違うんだけど、方法が違うだけなので「まぁそれでもいいや」感あるw
    •  キレた野郎だと判断を下したてしパパのリミッターが外れる雨の中襲撃しようとすると、ここで猫。そうか、雨の中の左門くんと言えば猫だったか。これはファンだったら予想できたのかもしれない。ちょっと悔しいわ。『左門くん』愛が足りなかった。


  • 食戟のソーマ
    •  ソーマパパの「次」トラウマ。要するに国の宝みたいな持ち上げられ方をしてしまったので気楽に作れなくなった、他人のために作らなければならないけど、具体的な目標が見えない、という徒労感なんだと思います。それが最終的に女のための飯が最強説に行き着くのでしょう。
    •  もう1つ。顔の見える料理を作ろうの件。悩んで下を向くとそこには皿に映った自分の顔が……ってシーン超好き。こういうのイイよねぇ。こういう言葉じゃなくて絵だけで雄弁に語ってくるシーン大好きですよ。月に1回でもこういうシーンが出てくれればその作品は傑作だと思う。いや、各章に1回くらいでも全然いい。
    •  てか、もうすぐ200話やん。表紙かカラー来るのかしらん。


  • 『はるよ、こい!』
    •  短期2話連載の後編a.k.a.「春編」。
    •  前回がクソつまんなかったんですけど、それは主に話、物語がまったくないからでした。一方今回のは、話あった!! すげぇ展開するよ。場面も変わるし、時間も動く、話もグイグイ進行していきます。ただ、全体的にダイジェストっぽくて駆け足感が否めなかったかなぁ、という気もします。とはいえ、前回よりは全然マシです。
    •  駆け足すぎて読んでて感情移入とか感情の高まりとかが全然起こらなかった気がします。もちろん前回みたいな工夫のないエロシーンだけ詰め合わされても無感動なのでそれよりはマシなんですけど。まぁ、東京03の言葉を借りるならば、「ちょうどいい奴いねぇのかよ!」という感じでしょうか。極端すぎる……
    •  まぁ、これはアレだ。短期2話連載だけど、「前編」「後編」ではなくて「冬編」「春編」なこととも繋がってくるのかな。前後編ではなく別の話だから作品のテイスト、語り方がまったく別物になってる、なんなら別作品と言っても過言ではないレベル。そう考えると「冬編」「春編」の結構アリかもしれない。正直「しゃらくせぇなクソが」とか思ってたんですが、これは書いてなくてよかったw
    •  はる姉という人物を語る上でキーになるのは「応援」。応援に失敗することで落胆するはる姉と、はる姉の応援によってチカラをもらったという主人公。デコとボコがピッタリ合致した瞬間ですね。よかった、こういうのが見たかったんや……今回も前回みたいな話だったらどうしようかとマジで心配だった……。応援に結果を伴わせるために勉強がんばらなくちゃ、と主人公が奮起する物語の転換点としては充分だったと思います。あぁ、よかった……物語の感動ってこういうことだったんや。前回がいけなかったんや。
    •  ということで、勉強がんばる、試験本番、結果発表、というのが怒濤のペースで進行していく。冗談みたいなダイジェストである。まぁ、ページ数少ない2話連載だから仕方ないね……って同情したいんだけど、前回ページの無駄遣いしてるのであんまり出来ないw
    •  んで、見開きで合格抱きつき。そこでパンツ。「すげぇいいシーンだけどパンツ出ててギャグっぽい」というのは『ゆらぎ荘』のも頻出するパターンなんですけど、このギャグに乗れるほど、本作のことをギャグとして認識できてないのが痛い。とはいえ、春編はエロ全然なかったからここで帳尻を合わせよう、みたいなのも少し分かる。勉強をマジメに頑張るようになってからは明らかにエロ描写をしないようにしてたので、合格したことでご褒美、みたいな意図もあったのかもしれない。それは分かる。好きとは言ってない。
    •  ということで終わり。本作みたいなのが続くようだったらもう短期連載とか二度とやらなくていいんだけど、個人的に短期連載というシステムにはちょっと期待をしてたりもするんですよ。前にブログにも書いたと思うけど、新人に連載させて短期打ち切りにするくらいだったら元から短期連載にした方が健全だと思う。そういう意味では『ワールドトリガー』不在の間に短期連載をバンバンやってほしい気持ちもある。なんなら2話じゃなくて1月とかでも10話でもいいと思ってるレベル。
    •  まぁ、そんなこんなであんま好きじゃなかったです。短期連載という形式ののデメリットばかりが目立つ作品だったと思う。


  • 『歪のアマルガム
    •  大増ページ。ぶっちゃけ謎である。なんでや。掲載順から察するに人気ないやろ。一体何が……と不思議なんですけど、この手の疑問は「はいはい葦原葦原」と言っておけば大体正解っぽく聞こえるのである。マジックワード
    •  本編。アメリカ人なんですかね、メチャクチャ臭いセリフの応酬が笑えます。ただ、これは本作がダサいのではないんですよ。吹替っぽいセリフを再現したいだけなんだと思います。まぁ、“OK fuckinだ まかせてろ” とか完全に、センスないなぁ……と思いますけどw いやけど、分かる。このノリは正直好物だったりします。
    •  久々登場なのに拉致があ神崎なヒロイン。いやまぁ、そりゃ拉致られるだろうなぁとは思うんですけど、これって主人公が組織に入る時に当然考慮されるべき事案だと思うんですよ。てか、あの時は「大丈夫だから」みたいなことが言われてた気もするし。あの時は大丈夫だと思ったけど、事態が変わって狙われるようになった、みたいな理屈が用意されないとちょっと茶番感があるというか。予防しなかったこちら側にも非はあるんじゃないかなぁ、とか意地悪なことを考えてしまう。
    •  耳がよくなったので壁越しでも喋れる。一方通行にしかならないと思うんだけど、どういうことなん。耳がいいのは上の会議が盗み聞きできるってだけで、六道との会話は関係ないのかしら。話の順番的に耳がいいから会話できるんだと思ってしまった。
    •  まぁ、そんな会話によって「ヒーローとは」という問題を考えさせられる、というのは良かったと思います。そーいやアイツ露骨にヒーローヒーロー言ってましたね。怪獣映画が好きな話が冒頭のキングコングと繋がる……というのはそのまんま過ぎて正直ダサいと思うので別にどうでもいいです。まぁ、とりあえず『キングコング 髑髏島の巨神』は2017年大注目作なので要チェックや。


  • 『青春兵器ナンバーワン』
    •  メガネの親代わり教官登場。まぁ、本作ももう11話目なんですね、凄い肩書きの人が出てきても「はいはいどうせ……」って期待しないようになりましたよw
    •  と思ったら、意外とエージェントとしての才覚は感じられるままギャグが展開されてたので面白かった。世界で彼だけがまとも。自分以外の全員が狂っていたら果たして自分がまともだと言い切れるのだろうか……みたいな地獄w
    •  読者がすっかり慣れきってたけど、外部のまともな人を投入することでこの世界の日常がいかに狂っているかを再確認させてくれるワケですね。ハチは凄いヤツだし、当然ナンバーワンはもっと凄い。そして、なぜか教え子も様子がおかしい。アンヌ隊員は安定のポンコツw


  • 銀魂
    •  打撃武器の恐ろしさがイヤという程描かれててイイ。斬撃もスパッと切れて怖いだけど、打撃はグチャグチャになるからもっと怖い。というのが開幕1コマ目でバシッと伝わるので最高。「あっこれ死ぬな……」という絶望感が感覚的に伝わりますよね。まぁ、「生きとったんかワレェ」的な問題が生じてるとも思うんですが、うーん、これはねぇ、久々登場の懐かしキャラがちょこっと出てきて即ボロ雑巾ってなったらそれはそれでファン心理的にはつらいもんがある、ってなると思うんですよねぇ。難しい。死んだ方がいいと思うけど、死んだら死んだで困る。
    •  んで、三方同時攻撃と見せかけての四方でエンド。やっぱり『銀魂』のアクションはええのぅ。振り付けが凝ってる。単に予期しなかった場所からの登場ってのもあるけど、この場面における丸太は女性たちの攻撃なので、九ちゃんが女性代表として戦ってる、みたいなニュアンスも加わってるんですよね。


  • スクールオブジャンプ
    •  げえっ、表紙につぶ子おらんやん。マジか。スクジャン女子ちょっと恨むわ。実在女子と非実在女子は別枠だから共存してくれればいいのに。マジでショックだわ。
    •  スクジャン女子が本格的に登場する初めてのスクジャンなので今回だけ特別で来週からはつぶ子復活……とかだったらいいなぁ。つぶ子の晴れ着見たかったのぅ。
    •  まぁ、蝉麿はいるのでそこは安心。右下の門松にいます。闇に紛れる蝉麿w

    • ケミストリーな人々
      •  駄犬さんのイケてる男子とキス。なんかよく分からんけど突飛すぎる発想に笑った。「ほらほらイケメンと間接キスできるよ」っていうワケではなさそう、ってのがイイ。
      •  かわせんりきさんの右手がカチカチの教頭。全員とやったのかw 途中で「やべぇ手痛くなってきた……けど生徒を区別するようなことは出来ないし……」という葛藤があったんでしょうね。
      •  ようかさんのシークレットライブ。カッコよすぎて笑った。それでいてすげぇ分かりやすいネーミングになってるのが素晴らしいですね。
      •  照りさんのイラストネタ「フニャ●ン」。麺の固さ表現としてすげぇ分かりやすくて笑った。イメージしやすい……だけにイヤだw

    • ダジャレの窓(テーマ:丸いもの)
      •  新コーナー。レイアウトが見にくい気もしますが、慣れてないってのが大きいのかな。
      •  ホルアクティさんの「おれナダル」。今週の背表紙企画と奇跡の一致w 口に出して言った時の違和感のなさが最高です。知らない人にコレ言ったら「おれはなる」で通じるんじゃないかってレベル。
      •  照りさんの「狼牙風風船」。狼の牙っぽい風船ってことですね。どんなだw
      •  マッキィさんの「ゴルフボール」。強引すぎて笑ってしまった。字数も母音もガン無視という男らしさ。
      •  むちむち花火さんの「サータアンダギー」。注釈がないとまったく伝わらないけど、口に出してみると「意外と似てる……!」と驚愕したネタ。
      •  懸念材料ホテルさんの『君の名は。』ネタ。日本中で死ぬほど行われているダジャレの題材だと思うんですけど、意味のなさとフォント再現っぷりで笑ってしまった。あと、2ヶ所で遊んでるってのも地味にポイント高いです。

    • エンドカード
      •  こちらにつぶ子が登場。つぶ子の出番はここだけになってしまうのだろうか……悲しすぎる。月替わりじゃなくて毎週描き下ろしだといいんだけど、1月使い回しも余裕で出来そうなのが怖い。
      •  てか、「つぶ子のことこんなに好きだったのか……」と気づかされましたよw


  • 磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜
    •  正月恒例の父上。1/4日暮みたいな存在である。
    •  当たり前のように室内にいる父上。“来た道戻れば!?” で笑ってしまった。電流イライラ棒かよw(たとえが古い)
    •  母上と父上、そして先生という超人ネタのラッシュ。さらっと追いつく先生がやっぱり笑えるのである。慣れねぇなぁこのノリw
    •  ラスト。花岡の “オレこういう犬みたことありますよ…” で爆笑してしまった。アオリのババアネタよりも数段上である。2話連続で花岡が有能すぎる……


  • 次号予告
    •  表紙&巻頭カラーは『鬼滅』。おおっ、これはすごい。新年早々ビッグニュースである。これは年間総括記事でも絶対扱うヤツだわw 『ブラクロ』『左門』に続くのは『鬼滅』か。『ゆらぎ荘』負けたか。『ゆらぎ荘』の次のライバルは『約束』になるんでしょうねぇ。
    •  『左門』はセンターカラー&大増ページ。ちなみに『左門くん』は24話目にして表紙をゲトった猛者。『鬼滅』は45話目ですね。改めて『左門くん』の化け物っぷりが分かる。そしてその上に『ブラクロ』がいて、さらに上に『ヒロアカ』がいて……。まぁ、行きつくとこまで行っちゃうと「センターカラーとか数年やってねぇわー人気なさすぎてつれぇw」という『ONE PIECE』にぶつかりますw
    •  あと、次号から3号連続で読切あります。それが終わったら『ワールドトリガー』が帰ってくる可能性も……とか何でも『ワールドトリガー』に結びつけるのはよくない。年末にバタついた感すげぇあったので、考え方がヘンになってしまいましたわw


  • 目次
    •  『ONE PIECE』間違い探し。効果線までネタにしてるのが笑える。3つも仕込むのが大変だったんでしょうねw
    •  ボタンの大きさについては印刷の潰れなのか分かりにくい部分はありますが、前回の「どう考えてもムリやろ!!」ほどではないので全然おk。

あけましておめでとうございます!今年の目標は『人の目を見て喋る』にします
(『斉木楠雄のΨ難』)

あけましておめでとうございます。受験もラストスパート!応援してます受験生!
(『はるよ、こい!』)

あけましておめでとうございます!気合入れて漫画描いていきます!
(『僕のヒーローアカデミア』)

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします!
(『ハイキュー!!』)

あけおめでございます!僕の人生のアニキ宮田先生がマガジンで連載中!激熱!
(『ブラッククローバー』)

あけおめです!出水先生の画集を買った。絵は勿論、後書き好きです。 <カイウ>
(『約束のネバーランド』)

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします精一杯頑張ります
(『青春兵器ナンバーワン』)

    •  あけおめコメント。
    •  古舘先生の「よっしゃこれで1週サボれた」感本当に好き。ずるいw
    •  田畠先生。マガジンの連載作について言及してて「それアリなんだ!」って驚いた。まぁ、別にいいのか。
    •  あと、『約束』作家コンビが互いのことを語ってるのって珍しい気がするので、今週はちょっと得した気分。こういうの大好きよ。

僕が子供をお風呂に入れると100%泣く。そういう子多いらしいけど、かなしい〜
(『火ノ丸相撲』)

    •  今週の目次コメント大賞。最高すぎる……

Aさんに先生は鼻クソ食べるんでしたっけ?と聞かれて困惑する。無実です
(『鬼滅の刃』)

    •  取った鼻クソをその辺に捨てるくらいだったら食べる方が良心的、という意見は聞いたことがある。すげぇ納得したけど、遅れて「いやティッシュ使えよ」ってなった。

体調を崩した僕に「ひたすらミカン食えば治る」と担当さんが力説してくる。
(『左門くんはサモナー』)

    •  ワタシは「ひたすらポカリ飲めば治る」派です。


  • 愛読者アンケート
    •  2話連載『はるよこい』について。主人公についての質問がなく、ヒロインについての質問のみ。そういうトコやぞ。
    •  てか、ヒロインについての質問の選択肢に「尻に敷かれたい/敷かれたくない」が入ってないのが納得いかないですね(こっちは冗談)。年上ヒロインについて語る時は大事なポイントだと思うんですよ。もしくは「下ろされたい/下ろされたくない」とか。
    •  ……ここまで書いて気になったんだけど、ジャンプ現連載陣において「尻に敷かれたい」「下ろされたい」ヒロインって誰になるんだろうか。意外とすぐに思いつく人がいない。ジャンプの弱点見えたな!!(見えてない) まぁ、潔子さんとかになるんですかね。いや『ハイキュー』だったら冴子姐さんの方が強いか。別作だと竜胆先輩とかも路線としてはかなり近いかも。まぁ、どれも脇に寄りすぎな気がするw
    •  大問2つ目。増刊ジャンプクロスについて。買ったかどうか、買ったキッカケは何か。ワタシはまだ買えてないんですけど、『街コロ』が読みたいので絶対買います。
    •  大問3つ目。スマホのゲームアプリについて。やってる数ではなくて、DLしたことある数なのが面白いですね。そうか、スマホゲーの場合はそういう着眼点も大事になってくるのか。DLは無料なのが多いですもんね。
    •  ワタシの場合は……って思ったけど、数えるのがめんどくさいです。どのくらいだろうか。2ケタは行かないと思います。現在やってるのはゼロです。好き嫌いというより、スマホでゲームする習慣がどうも身に付かない。

 総括です。
 新年一発目ですが、ちょっと急いで書きました。そのせいもあってか17kか18kくらい。読切とかなかったのでボチボチ短くなりました。まぁ、もうちょっとね、意図的にもうちょっと減らすことが出来たら楽になると思います。無駄話をする楽しみは残しつつ、文字数と所要時間を減らしたいというジレンマ。

 今週のベスト作品。「お前が時事ネタやるんかい!」という驚きに満ちていた『ゆらぎ荘』かな。やっぱ時事ネタは嬉しくなっちゃいます。今のジャンプ出来るのが少ないので。
 次点は『青春兵器』かな。三者面談わろたわ。

 んで、最後に今週のベストキャラを決めて終わります。こっちは次点から。

  • ブルック 『ONE PIECE
    •  マムに気後れしないのがカッコよかった。何気にブルックの年の功を感じさせる描写って何度か出てきてますよね。うまい。

  • 正義欲の人 『デモンズプラン』
    •  単にああいうヘタレキャラが好きってのもあるんだけど、正義欲を司るとラストに説明された途端「なるほどこの人はそういう人なのか」と腑に落ちる感じが気持ちよかったです。

 今週のベストキャラはこちらー。2017年もよろしくー。

  • カラス 『鬼滅の刃』
    •  カァァ! 酉年おめでとう!!

週刊少年ジャンプ2017年07号の感想 - 北区の帰宅部

ジュマンジ (字幕版)

ジュマンジ (字幕版)

ONE PIECE 84 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 84 (ジャンプコミックス)

火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

火ノ丸相撲 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

*1:「週刊少年ジャンプ2017年06号82ページ

2016-12-31

2016年映画ベスト20

2015年映画ベスト - 北区の帰宅部

 大晦日になって急いで書いてます。急いで決めました。
 上半期ベストとは整合性ありません。

2016年映画ベスト10
  • 1. 『シビルウォー
    •  MCU最強伝説。『アベンジャーズ』の衝撃を更新するかのようなオールスター興業。
    •  来年は『ドクターストレンジ』『スパイダーマン』『ガーディアンズオブギャラクシー』が控えているのである意味で今年以上に充実しているかもしれない……そうこうしてると『インフィニティ ウォー』がやってくるぜ。

  • 2. 『エクスマキナ
    •  1位にするべきかなぁ、と迷ったんですが、2位にしちゃうからダメなのである。

  • 3. 『エンドオブキングダム
    •  今年のベストで一番「どこに置けばええんや……」となった問題児。楽しみ方が、感動の種類が違いすぎる。
    •  まぁ、『エンドオブキングダム』より上の2作が今年はとにかく特別な作品である、という指針になってるのではないでしょうか(知らんがな)。

  • 4. 『ゴーストバスターズ
    •  やっぱりブロマンス映画は最高だぜ、という感じ。1対1じゃないのがまたイイんですよね。物語の主軸は1対1だけど、その周りに魅力的すぎるキャラが揃ってる。

  • 5. 『ドラえもん 新のび太の日本誕生
    •  今年は『シンゴジラ』よりも『シンノビタ』ですよ(意味不明)。

  • 6. 『ローグワン』
    •  去年の『フォースの覚醒』もそうなんだけど、シリーズに対する思い入れが強すぎるので、年間ベストを決める時に他の作品とどう比較すればいいのか迷う。映画の魅力に付随するシリーズの魅力をどう扱っていいのか悩むんですよね。まぁ、ベスト5の作品は特別なのでその下に、という感じで。

  • 7. 『海よりもまだ深く』
    •  年間ベストを決める時によくぶつかる「アレとコレどっちを上にしよう」問題。『海よりもまだ深く』と『永い言い訳』がそうでした。ぼんやりとした印象が似すぎてるんですよね。強いて上下をつけるなら『海よりもまだ深く』のが好きかな。

  • 8. 『永い言い訳
    •  敗因は樹木希林みたいな化け物的な存在でしょうか。

  • 9. 『スタートレック BEYOND』
    •  ジャスティン リンはいいぞ。

  • 10. 『ズートピア
    •  話も世界観も露骨なメッセージも好きなんですが、その上キャラ萌えもしっかりある、ってのが最高ですね。ワタシはベルウェザー副市長派。

 例年のように「10本に絞りきれない……」という感じだったのでベスト20までいきます。

2016年映画ベスト11ー20
  • 11. 『バットマンvsスーパーマン
    •  前作で感じた「スーパーマン強すぎるけど大丈夫?」という問題を見事にはねのけたと思います。スーパーマンが設定的に弱くなることなく見事バットマンがやりあってました。てか、勝っちゃったし。

  • 12. 『スーサイド スクワッド』
    •  なんで人気ないのかよく分からない作品。超よかったじゃないですか。『バットマンvsスーパーマン』が嫌われるのは少し分かるんですが。「詰め込みすぎやろ」っていう。

  • 13. 『X-MEN アポカリプス
    •  とにかくシリーズの集大成としての魅力が素晴らしかったと思います。映画単体として評価すると低くなりがちってのは分からんでもないんですが、嫌いになれるワケないだろ!!(泣きギレ)

  • 14. 『ちはやふる 上の句』
    •  『下の句』は凡作、という印象です。前後編で1つなんやで、という声も聞きますが、個人的にはあんま思わなかったです。
    •  てか、コンタックのCMの広瀬すずが好きすぎるんですけど、どうしたらいいんでしょうか。

  • 15. 『シン ゴジラ
    •  「ゴジラくるぅぅぅ!!」からの「何やねんこれ……」という蒲田くんの衝撃よ。そして、お馴染みのゴジラになってからの鳴り響く例のテーマ曲、というのでガンアガリですわ。

  • 16. 『ONE PIECE FILM GOLD
    •  個人的に『FILM GOLD』には届かなかった、という印象なんですが、あそこまで本編とがっぷり四つにならなかったのは逆に本作の魅力だと思います。『FILM GOLD』単体として完成されてるし、やっぱり超おもしろい。

  • 17. 『CYBORG009 CALL OF JUSTICE
    •  ここだけ3本の映画を1つの枠に入れてしまいました。あんま好きじゃないんですが、どう考えても1つの話を分割しただけだったので。
    •  まぁ、珍しく感想書いた作品なので、そっちをよろしくお願いします。結構がんばったよw

  • 18. 『オデッセイ
    •  年始に観た作品はマジでどう扱っていいか難しいんですが、本作はその中でも結構思い返せば思い返すほど「メチャクチャおもしろかったんじゃない?」って気がしてくる作品でした。その要素で『ウォーク』あたりを越えた。

  • 19. 『ファンタスティックビースト』
    •  『ハリポタ』シリーズは好きなんだけど、ハリーくんが嫌いだったり、子供がメインな部分が少しマイナスに感じることがあったんですが、そんなワタシにはピッタリな新作。今後もメチャクチャ楽しみですよ。ジョニデ捕まっちゃったけど大丈夫?

  • 20. 『この世界の片隅に
    •  ラスト1枠ということで、気持ち的に「これ入れとかないってのもマズイかなぁ」という気がした作品。

 ベスト20から漏れたけど入れたかったなぁ、という作品は『ウォーク』『ファインディングドリー』『ペット』『デッドプール』『アーロと少年』あたりでしょうか。特に前2作はなぁ、絶対入れたかったんだけどなぁ。

おまけ

 「2016年何でもベスト」やります。ベスト20じゃ拾いきれないヤツを拾いたい。

  • ベスト3D映画:『ザ ウォーク』
    •  これは『ゴーストバスターズ』と迷いました。『バイトハザード ファイナル』にも期待してたけど、意外と大したことなかった。

  • ベストガイ:ダースベイダー
    •  振り返りフォースチョークがかっこよすぎました。「ん? ちょっと聞こえなかったんだけど?」からの振り向き。しびれる。

  • ベストガール:ホルツマン
  • ベストジーサン:ルドルフ アベル
    •  『ブリッジオブスパイ』より。マーク ライランス的には『BFG』もよかったけど、やっぱこっち。

  • ベストバーサン:淑子
    •  『海よりもまだ深く』の最強おばあちゃん樹木希林。おじいちゃんと毛色が違いすぎるけど、「こんなんオスカー決定やん!!」という感じでは一緒。

  • ベストヴィラン:『ズートピア』のあの人
  • ベストシーン:『ローグワン』ベイダー無双
  • ベストパロディー:『パディントン』掃除機
  • ベスト絶望:『ドラえもん 新日本誕生』ラーメン
    •  ゴジラのゲロも少し考えたけど、映画観ながら「アカン のび太死んだ……」とマジで思ってしまったのでこっち。死ぬワケないのに。そもそもリメイクだから助かるの知ってるのに。

  • ベスト長回し:『エンドオブキングダム
    •  「『レヴェナント』のルベツキが凄いって言ってる奴がいたんですよー」「なーにーやっちまったな!! 男は黙って『エンドオブキングダム』」「殺しすぎだよー」(突然のクールポコ

  • ベストキスシーン:『ファンタスティックビースト』
    •  まさか『ハリポタ』のキスシーンで泣くとは思わなかったんだぜ……

  • ベスト「無茶しやがって…」:レオナルド ディカプリオ
    •  当然『レヴェナント』。お疲れレオ。

  • ベスト「前作よりええやん!」:『アリスインワンダーランド 時間の旅』
    •  前作はイマイチだったんですが、主人公が能動的になったせいか『時間の旅』好きな作品でした。上げ幅でいえば年間ベスト。

  • ベスト死んだ目:バットマン
    •  ベン アフレック渾身の死んだ目。来年は『コンサルタント』でまた死んだ目になってるっぽいので超楽しみ。

  • ベスト「やめたげてよお!」:アイアンマン
    •  『シビルウォー』はとにかく楽しい映画だったけど、とにかく社長への負荷がエグい作品だったと思います。あの映画があんなに面白くなったのは社長が犠牲になってくれたおかげやで……

  • ベスト八代亜紀:『ファインディングドリー』
    •  「八代亜紀です」が今年最もマネしたくなるセリフだったと思います。『ローグワン』もよかったけど、八代亜紀には勝てないよね。

 ということで、2016年終わり。『ドントブリーズ』が観れなかったのが心残りだよ。混んでて観れへん。

哀歌-aiuta-

哀歌-aiuta-

エクス・マキナ (字幕版)

エクス・マキナ (字幕版)