伊藤剛のトカトントニズム

(04/04/16-)

  マンガ評論家/鉱物愛好家・伊藤剛 *プロフィル* によるはてなダイアリー/マンガ/音楽/鉱物/日々の雑記
  メールはこちら→googooito(at)gmail.com  ※(at)を@に直してください。

  トカトントン をふりはらう。


  書き下ろしマンガ批評書
 『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』
  (税込み)、星海社新書より発売中。
  →内容の詳細はこちら
  →アマゾン購入ページへ

0000-00-00 Sat 伊藤剛プロフィル このエントリーを含むブックマーク

goito-mineral0000-00-00

1967年名古屋市生まれ。マンガ評論家、鉱物愛好家。東京工芸大学芸術学部マンガ学科教授。

名古屋大学理学部地球科学科岩石学鉱床学講座(当時の名称)卒。

武蔵野美術大学芸術文化学科非常勤講師。

連絡先:googooito(at)gmail.com



■著書

『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』 星海社新書

(底本はNTT出版 2005)

『マンガは変わる "マンガ語り"から"マンガ論"へ』 青土社 2007

『マンガを読む。 The Manga Reviews』 青土社 2008

■共著書

『マンガ視覚文化論』 水声社 鈴木雅雄・中田健太郎編 夏目房之介+三輪健太朗+岩下朋世+細馬宏通+泉信行+佐々木果+森田直子+宮本大人+伊藤剛+石岡良治 2017

『マンガ研究第13講』 水声社 小山昌宏・玉川博章・小池隆太編 2016

『マンガを「見る」という体験』 水声社 鈴木雅雄編 鈴木雅雄, 伊藤剛, 加治屋健司, 齊藤哲也, 野田謙介, 中田健太郎 2014

『鉱物コレクション入門』 築地書館 高橋秀介との共著 2008

『網状言論F改』 青土社 東浩紀編 小谷真理、斎藤環、竹熊健太郎、永山薫との共著 2003

■共編著書

『東海鉱物採集ガイドブック』 七賢出版 名古屋鉱物同好会編 1996

■単行本収録対談など

「スーパーフラット以後のマンガと美術」 椹木野衣との対談 『美術に何が起こったか 1992-2006』 椹木野衣 国書刊行会 2006 

「「キャラ/キャラクター」概念の可能性」 東浩紀、夏目房之介との鼎談 『コンテンツの思想―マンガ・アニメ・ライトノベル』 東浩紀 青土社 2007

■講師など

・東京工芸大学芸術学部マンガ学科教授 2016年度より

・武蔵野美術大学芸術文化学科非常勤講師 2006年度より

・東京工芸大学芸術学部マンガ学科准教授 2009年度より2015年度まで

・早稲田大学文化構想学部非常勤講師 2009年度より2012年度まで

・武蔵大学社会学部メディア社会学科非常勤講師 2011年度より2012年度まで

・アミューズメントメディア総合学院マンガ学科講師 2002年度より2011年度まで

・桑沢デザイン研究所非常勤講師 2006年度より2009年度まで

・東京工芸大学芸術学部マンガ学科非常勤講師 2007年度より2008年度まで

・東京工学院専門学校まんが科非常勤講師 2006年度より2007年度まで

・首都大学東京都市教養学部非常勤講師 2010年度後期



■講演・シンポジウム参加など

2009.12.23 「『マンガのシステム』をめぐって 〜国境を越えたマンガ論の試み」 明治大学国際日本学部 東京 ※ティエリ・グルンステン、竹熊健太郎、荒俣宏、高山宏ほか

2009.08.25 「『ヱヴァ』をめぐって − あれから14年」 朝日カルチャーセンター 東京 ※東浩紀、竹熊健太郎と鼎談

2009.07.16  <ゲスト講義> 明治大学国際日本学部 東京

2009.06.21 「大学でマンガ!? 実作と研究をつなぐ」 日本マンガ学会 東京

2009.01.17 「鉱物コレクション入門 水晶の世界」 朝日カルチャーセンター 東京 ※高橋秀介と共同


2008.10.24 「越境するセクシャリティ/ジェンダー:メディアを通じた変容」 立教大学社会学部 東京

2008.06.22 「再考・手塚治虫 手塚治虫の現在」 日本マンガ学会 松山

2008.04.15 「マンガ表現論入門」 工学院大学・朝日カレッジ 東京

2008.03.22 「キャラクター・身体・コミュニティ〜第2回人文情報学シンポジウム」 花園大学国際禅学研究所 漢字処理研究室 京都

2008.03.15-7 Conf醇Prence internationale : « 60 Ans de Manga » 国際カンファレンス:「マンガ、60年を経て」 国際交流基金・パリ政治学院 パリ

2008.03.08 「鉱物の楽しみ方」 朝日カルチャーセンター 東京 ※高橋秀介と共同

2008.02.09 「コミック研究のフレーム再考のために―研究方法の多様化と今後の展望」 ナラティヴ・メディア研究会主催・東北大学大学院情報科学研究科共催 仙台


2007.10.22  <ゲスト講義> 早稲田大学大学院 国際情報通信研究科 東京

2007.09.01 「おたくスタディーズ」 第65回世界SF大会/第46回日本SF大会 Nippon2007 横浜

2007.06.15 「コミケ、2ちゃんねる、はてなセリフと作家と著作権」 著作権保護期間延長問題を考えるフォーラム 東京

2007.06.05 「『テヅカ・イズ・デッド』から『ゲーム的リアリズムの誕生』へ」 朝日カルチャーセンター 東京 ※東浩紀と対談

2007.05.19 「同人誌と表現を考えるシンポジウム」 同人誌と表現を考える会 東京

2007.02.18 「マンガと歴史観」 京都国際マンガミュージアム 京都 ※安彦良和、呉智英と鼎談 



■雑誌連載など

 『茶話』(アニメ、マンガ、ゲーム、ライトノベルのレビューコラム) 「朝日新聞」土曜夕刊 (朝日新聞社 2011.4〜) ※マンガを担当。他の執筆者は、さやわか、藤津亮太、前島賢。

『此れ読まずにナニを読む?』 「Web nttpub」(NTT出版 2007.8〜) ※2010年以降不定期。

 マンガ書評レギュラー 「SPA!」 (扶桑社 2004.4〜)

 マンガ書評レギュラー 「Smart」(宝島社 2006.5〜) ※大西祥平、芝田隆弘と月ごと交替

『マンガなんてただの過ちだ Give up "MANGA" as a bad mistake.』 月刊連載 「ゲームラボ」(三才ブックス 2007.3〜)「AQUADIUM」(ディスカス 2006.3〜2006.6)

『ヒットまんがのしくみ』 不定期連載(2008年まで隔月連載、2010年8月最終掲載) 「ぱふ」(雑草社 2004.2〜)

『児童文学の「となり」』「日本児童文学」(日本児童文学者協会 2008.11〜2010.7)

『オタク文化の現在』 「ちくま」(筑摩書房 2007.4〜2009.3) ※森川嘉一郎、竹熊健太郎と月ごと交替

『伊藤剛の君らマンガ読んでますか』 月刊連載 「電撃(マ王」(メディアワークス 2005.12〜2006.3)


*「なかよし論文データベース」による「伊藤剛を含む論文」