伊藤剛のトカトントニズム

(04/04/16-)

  マンガ評論家/鉱物愛好家・伊藤剛 *プロフィル* によるはてなダイアリー/マンガ/音楽/鉱物/日々の雑記
  メールはこちら→googooito(at)gmail.com  ※(at)を@に直してください。

  トカトントン をふりはらう。


  書き下ろしマンガ批評書
 『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』
  (税込み)、星海社新書より発売中。
  →内容の詳細はこちら
  →アマゾン購入ページへ

2005-03-19 Sat

花粉症がつらい。

これでも去年までよりは軽い。花粉の飛散量は去年の比じゃないそうだが。

やはり、多少は改善しているのだろうか。一昨日、鍼に行ったら全身の状態はずいぶん良くなっているといわれた。

とはいえ、鼻水が出っぱなしで頭もぼうっとする。



『竹熊漫談 ゴルゴ13はいつ終わるのか?』が届く 『竹熊漫談 ゴルゴ13はいつ終わるのか?』が届くを含むブックマーク

版元からご献本をいただく。ありがとうございます。『マンガ原稿料はなぜ安いのか?』に続く竹熊健太郎「のか?」シリーズ第二段。

ゴルゴ13はいつ終わるのか? 竹熊漫談

ゴルゴ13はいつ終わるのか? 竹熊漫談


タイトルにあるようなマンガ解釈パートは全体の三分の一くらい。あとは竹熊さん自身の来し方に即したオタク論・サブカルチャー論だ。その意味では『私とハルマゲドン』2ともいえるだろう。


巻末に竹熊さんが20年前、「漫画ブリッコ」に描いたマンガ作品が掲載されている。10年ほどまえはじめて読んだときにはあまり面白いと思えなかったのだが(失礼!)、現在は面白く読めた。後の『ファミ通のアレ』にとても近いテイストだ。

そういえば、7年くらい前、竹熊さんが描きおろしでマンガを描くという企画が持ち上がり(なにかの著書に収録するというような話だった)、「伊藤くん、アシスタントやってよ」といわれ、「いいですよ」と快諾したことがあった。


その後、企画自体が消滅したらしいのだが、機会があれば描いてほしいと思う。そのときにきいたお話が、すごく面白そうだったから。

たしか……アフリカにエスキモーが来て、とかそういう話だったような……よく憶えてない。池袋台湾料理屋でひととおりネタはきいた筈なんだが……オーディオマニアが「どっちのほうがいい音を出せるか対決」を繰り広げ、最後はエアーズロックの上をくりぬいてオーディオシステムを据え、大音響でレコードをかける……とかいうバトルオーディオものってのは違いましたっけ? なんかそういうネタもきいたような気がします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/goito-mineral/20050319
Connection: close