伊藤剛のトカトントニズム

(04/04/16-)

  マンガ評論家/鉱物愛好家・伊藤剛 *プロフィル* によるはてなダイアリー/マンガ/音楽/鉱物/日々の雑記
  メールはこちら→googooito(at)gmail.com  ※(at)を@に直してください。

  トカトントン をふりはらう。


  書き下ろしマンガ批評書
 『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』
  (税込み)、星海社新書より発売中。
  →内容の詳細はこちら
  →アマゾン購入ページへ

2008-11-12 Wed

英語原稿の校正をしています。 16:29 英語原稿の校正をしています。を含むブックマーク


これが結構たいへん。

日本語で書いた原稿を英訳したゲラが戻ってきて、それをチェックするというものです。

通常のゲラチェックでするような直しの前に、訳語が適切かどうかの判断をしなければならない。しかし、英語で原稿を書くだけの語学力があるわけではない身では、チェックできる箇所は限られます。


国際交流基金 "Japanese Book News" の原稿なんですが、「青年マンガ」の訳語をどうするか? という問題がまず生じました。

マイミクの皆さんにお尋ねし、自分でも英語圏で日本の「青年マンガ」を解説しているサイトの記述をいくつか見て、 "Seinen manga (manga for mature male readers)" でいいだろうというあたりに落ち着いたんですが、その過程で引っかかったのが "mature" という単語のニュアンスでした。

これ、普通に「大人の」というニュアンスでよかったっけか? もっと「年寄り」のイメージがあるんじゃないのと思ったのです。websterを引いても、普通に「大人の」という意味でいいようですが、「成熟した」とか「熟成した」みたいなニュアンスが強い感じもする。


実際には、海外のサイトで「青年マンガ」を説明するのにこの語を使っているところが複数あり、小田切博さんid:boxmanによれば、マーヴルの年齢レギュレーションでもこの語を用いているとのことなので、問題ないと思われます。http://www.marvel.com/catalog/ratings.htm

と、いちおうの結着を見たのですが、海外エロサイトで"mature"といえば婆さんばっかり出てくるんじゃなかったけか、とか余計な記憶が。


これまた実際にmature free sex とかのワードで検索をしてみてすぐにわかったことですが、エロ方面の文脈でmatureといえば、ほぼ「熟女」という意味でいいようです。もっと年寄りになると、さらにそのサブカテゴリの "granny" になるっぽい。

エロ方面はそんなに深く調べる必要がないので、このへんにしておきましたが、いろいろ面白そうなところではあります。

mandanatsusinmandanatsusin 2008/11/12 22:09 えー、あちらのエロ関係の分類はやたらとアレでして、「old women」の範疇に「mature」も「MILF」も含まれちゃうみたいです(わたしがときどき参考にしてる超大手http://www.adultdvdempire.com/より)。エロのもろもろはあまりに複雑すぎて日本人にはワケわからん分類になってるみたいです。

goito-mineralgoito-mineral 2008/11/13 11:58 反応するのコッチですかw MILFってなんだろうと思って検索したら、"Mom I'd Like to Fuck" の略だったんですね。「魅力的な人妻」なんて訳もありました。この手の名称にも流行や移り変わりがあって、よけい訳わからんくなってそうな気もします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/goito-mineral/20081112/1226474966