伊藤剛のトカトントニズム

(04/04/16-)

  マンガ評論家/鉱物愛好家・伊藤剛 *プロフィル* によるはてなダイアリー/マンガ/音楽/鉱物/日々の雑記
  メールはこちら→googooito(at)gmail.com  ※(at)を@に直してください。

  トカトントン をふりはらう。


  書き下ろしマンガ批評書
 『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』
  (税込み)、星海社新書より発売中。
  →内容の詳細はこちら
  →アマゾン購入ページへ

2008-11-27 Thu

[]スモーソワカちゃん 11:51 スモーソワカちゃんを含むブックマーク

来月出るユリイカ増刊 総特集「初音ミク」の原稿を書いています。

キャラ表現の実験場としてのボーカロイドニコニコ動画という内容で、基本的には先日立教大学のシンポジウムで話をしたことをまとめています。


ボカロ亜種キャラ(派生キャラ)という現象を踏まえ、『護法少女ソワカちゃん』の表現構造の複雑さが何に由来するのかというところから、ボーカロイドの可能性を逆照射する方向で考察を進める予定ですが、ソワカちゃんからさらに派生した「スモーソワカちゃん」の扱いをどうしましょう、などといらんことを考えています。このへんまで来ると、もはやミクから遠く離れすぎなような気もするし。



ソワカちゃん二次創作、いや三次創作くらいか? スモーソワカちゃん。


あえて説明抜きで。


楽曲は低速再生したインスト版『南無666』。出だしコイルか? と思わせるインダストリアル/リチュアルなカッチョよさに変化。動画は「カラテソワカちゃん」の作者、インベント・リー氏によるもの。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/goito-mineral/20081127/1227754315