浅海智晴プログラマ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-23 PDC09

DRAGO (LAX)

PDC09

2009年11月17日(火)-19日(木)に開催されたMicrosoft PDC09と16日(月)にあったプレカンファレンスに参加してきた。

4日間セッション漬けはちょっと大変だったけど、内容は素晴らしく、クラウドについて総括的に学ぶことができた。

今回のPDC09で分かったことは、エンタープライズ系の(オープン・)クラウドではAzureがほぼ唯一といえる有力な選択肢であるということである。

もちろん、ソーシャル系を始めとするニュー・ビジネス向けのプラットフォームとしてはAmazonGoogleが先行しており、またエンタープライズ・システムが本格的にクラウドに載ってくるにはもう少し技術の成熟が必要と考えられることもあり、必ずしも現時点ではエンタープライズ向けの機能を充実させていることが有利とは限らない。まだまだ状況は流動的である。

いずれにしても、AmazonGoogleに加えてMicrosoftがメジャー・プレイヤーとしてクラウドプラットフォームのゲームに参加していることを確認することができた。

ソーシャルへの距離感、エンタープライズへの距離感、ニュービジネスへの距離感といったもので、クラウド・プレーヤーの立ち位置が変わってくる。そういう意味でAWS, AppEngine, Azureもかなり立ち位置が異なりそうなのでそれぞれ独自のマーケットを構成するようになるかもしれない。

いずれにしても、当面は、この3社の技術動向をフォローしていくことが基本になる。

PDC09のセッションは以下の場所で視聴することができる。WMVダウンロードしてオフライン視聴も可。PPTXで内容をさらっと確認することもできる。

膨大だけど、Azure specificな内容を割り引いてもクラウド時代の技術上の論点を把握する上で絶好のコンテンツ群といえる。Azureを使わなくても同じことは考えないといけない。

http://microsoftpdc.com/Videos

以下、参加したセッションと興味を持っている(見逃した)セッションのリスト。見逃したセッションを随時確認していくのも楽しみである。

月曜日

プレカンファレンス。PDC09までの技術動向のおさらい、補習ということで終日のセッションがいくつか用意されている。

参加したセッション

Architecting and Developing for Windows Azure

http://microsoftpdc.com/Sessions/Architecting-and-Developing-for-Windows-Azure

火曜日

参加したセッション

Day 1 Keynote

http://microsoftpdc.com/Sessions/KEY01

Lap Around the Windows Azure Platform

http://microsoftpdc.com/Sessions/P09-03

Windows Azure Present and Future

http://microsoftpdc.com/Sessions/SVC13

Building Java Applications with Windows Azure

http://microsoftpdc.com/Sessions/SVC50

興味のあるセッション

Lessons Learned: Migrating Applications to the Windows Azure Platform

SharePoint Is Not Just On-Premise: Developing and Deploying Solutions to Microsoft SharePoint Online

Code Visualization, UML, and DSLs

Enrich your Applications with Data from Microsoft Project Code Name “Dallas”

Behavior-Driven Development vs. Test-Driven Development: What’s What?


水曜日

参加したセッション

Day 2 Keynote

http://microsoftpdc.com/Sessions/KEY02

Development Best Practices and Patterns for Using Microsoft SQL Azure Databases

http://microsoftpdc.com/Sessions/P09-08

Microsoft Project Code Name “M”: The Data and Modeling Language

http://microsoftpdc.com/Sessions/FT34

The ‘M’-Based System.Identity Model for Accessing Directory Services

http://microsoftpdc.com/Sessions/SVC28

Enabling Single Sign-On to Windows Azure Applications

http://microsoftpdc.com/Sessions/SVC17

REST Services Security Using the Access Control Service

http://microsoftpdc.com/Sessions/SVC19

興味のあるセッション

Microsoft Perspectives on the Future of Programming

Windows Identity Foundation Overview

Developing REST Applications with the .NET Framework

Windows Azure Monitoring, Logging, and Management APIs

Building Data-Driven Applications Using Microsoft Project Code Name "Quadrant" and Microsoft Project Code Name "M"

Lessons Learned: Building On-Premises and Cloud Applications with the Service Bus and Windows Azure

ADO.NET Data Services: What’s new with the RESTful data services framework

The State of Parallel Programming

Microsoft AJAX Library, jQuery, and Microsoft Visual Studio 2010

Windows Azure Tables and Queues Deep Dive

Storing and Manipulating Blobs and Files with Windows Azure Storage

Scaling Your Data Tier with Windows Server AppFabric


木曜日

参加したセッション

Patterns for Building Scalable and Reliable Applications with Windows Azure

http://microsoftpdc.com/Sessions/SVC08

Scaling out Web Applications with Microsoft SQL Azure Databases

http://microsoftpdc.com/Sessions/SVC06

Workflow Services and Windows Server AppFabric

http://microsoftpdc.com/Sessions/FT14

The Future of Database Development with SQL Azure

http://microsoftpdc.com/Sessions/SVC27

Using the Microsoft Sync Framework to Connect Apps to the Cloud

http://microsoftpdc.com/Sessions/SVC23

興味のあるセッション

Building Hybrid Cloud Applications with Windows Azure and the Service Bus

PLINQ: LINQ, but Faster!

Automating the Application Lifecycle with Windows Azure

Oslo Modeling and DSL

Claims-Based Identity

SQL Server Modeling Services: Using Metadata to Drive Application Design, Development and Management

Developing Rich Reporting Solutions with Microsoft SQL Server 2008 R2

Microsoft SQL Azure Database: Under the Hood

F# for Parallel and Asynchronous Programming

Lessons Learned: Building Multi-Tenant Applications with the Windows Azure Platform

Scrum in the Enterprise and Process Customization with Microsoft Visual Studio 2010