Hatena::ブログ(Diary)

関内関外日記(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006ねん04がつ02にち

ダービー卿チャレンジトロフィー&産經大阪杯

http://keiba.yahoo.co.jp/scores/2006/06/03/04/11/result.html

http://keiba.yahoo.co.jp/scores/2006/09/02/04/11/result.html

 この日はさんざんであった。

 ダービー卿CTは贔屓馬のアルビレオを買った。単勝が十五倍くらいついていて、あまりにも美味しすぎると感じたからだ。馬連も軒並み好オッズ。よし、いける、と目がくらんだ。中団から普通のレース運びに見えたが、最後はもう完全に脚が上がってしまい、まるで勝負にならず。無駄に脚を使ったか、疲れでも出たか?

 勝ったのはグレイトジャーニーで、このクラスだと相手には必ず抑えておくタイプだが、なかなか力強い勝ちっぷり。ただ、これが安田記念あたりに繋がるとも思えないタイプキングストレイルはこのあたりでまとまってしまうタイプだろうか。三着はご贔屓騎手山田信大が乗ったキネティクス中山不向きかと思っていたが見事。

 産經大阪杯馬場悪化で難解。それでもローゼンクロイツが勝つかと思って馬単買ったが全然駄目。一応ディープのライバルである馬に武豊を配するはたり、ここメイチかと思ったんだがなぁ。で、血統的にシャーリーハイツとか入ってて、重いのいけるかと思ったけど。それよりも、いきなりジャンプしたりあっちいったりこっちいったり、安定感に欠けるのも問題だったか。

 勝ったのは大外をじわじわと伸びてカンパニー。ちょっと荒れた馬場ならオーケーの馬ではあったが、ここでも地力を見せた。マッキーマックススズカマンボは次の春天に繋がったかと思ったが、なんとスズカは能失とのこと。ディープインパクトは勝負の前に勝負に勝つ天運まで身につけているのか。

______________________

 上記二レースより痛恨だったのが中山湾岸ステークス。少頭数ながら全馬チャンスありのレース。本来だったら見送りたいところだったが、アクレイムの名があって、そこそこオッズついていたものだから勝負してしまった。結果、後ろ目から進出するも最後バタバタ。クラスの壁だったのかどうか。本来東京向きの馬ではあると思うが(何せトニービンの肌にスペシャルウィーク)、最近中山をこなすようになっていただけに、見せ場は欲しかった。

 更に買い忘れて痛恨だったのは阪神エムエスワールド単勝で十五倍超ついてやんのな。ため息しか出ない。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/goldhead/20060402/p1