Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

関内関外日記(跡地) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007ねん01がつ17にち

無期限と無限の間

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20070117-00000016-spnavi-fight.html

秋山に追加処分 無期限出場停止が決定=K-1Dynamite!!

 どうも谷川貞治はじめK-1運営側も、世論……というには大げさだが、格闘技ファンの風向きと風速に気づいたか。だけれども、この追加処分で腑に落ちた、という気にはなれない。はじめに言っておくが、追加が無いよりはマシだ。その点は評価する。ただ、無期限と言われても、「長すぎて期限がない」のではなく、単に「決まってない」無期限に過ぎない。そもそも毎週、毎月興行があるものでもない。これだったらいっそのこと、「一年」とした方がすっきりした。少なくとも今年の大晦日までは秋山成勲を見なくてすむとわかるからだ。それと、どれだけの価値があるのかわからない……などというと真面目に参加した選手に申し訳がないが、秋山はベルト持ちだろう。価値を高めるには、剥奪すべきではないのか。そして、肝心の試合は、明確に「反則負け」とすべきではないのか。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/k1/headlines/20070117-00000017-spnavi-fight.html

「ファンの皆さんにはご迷惑をおかけして申し訳ありません。FEGさん、TBSさん、スポンサーの皆さんと力を合わせて、総合格闘技をもっとよくしていきたいと思っています」

 桜庭和志が一緒に姿を見せたのには、正直ほっとするところがある。本当はもっと言いたいことがあるのかもしれないが、いくら勘ぐったとしてもわからないものはわからない。ただ、今回の手打ちで桜庭が「総合格闘技をもっとよく」して行ける方向に進むと判断したのだから、それを信じたいところ。

―――――――――――――→

 ところで今朝買ったテレビブロス、半ページの格闘技コーナーに相変わらずの秋山インタビュー。まあスポンサー企業だし、写真集出しているしだし、この雑誌のカラーに(あまりにも)反してずっと秋山プッシュできていたのだし。それで、今回の記事も骨折だの子供だので、疑惑にはほとんど触れず脳天気なクソ内容。巻頭の松尾スズキ原稿は十二月に書かれているというが、こっちの締め切りはどうだったのだろう。試合後ではあるが、最初の失格記者会見には間に合っていないようだ。こういうところにも迷惑かけとるね。けど、秋山プッシュは自業自得だよな。さて、この妙な雑誌、どうアクションするか見ものだ。

―――――――――――――→

 いや、しかし、今回の件で、自分ってけっこう総合格闘技など本気で好きだな、と気づかされた。菊田早苗ブログなど読んで、正直胸打たれた。まだ不十分だが、K-1がほおかむりしなかっただけでも、いい方向に向かっていると思える。

 こうなると、ここで汚名(名というより実が汚れていたわけだが)を引き受けた秋山、案外これからの長い総合格闘技歴史で、やがてユダのようなポジションにおさまったりしてな。それで、「あの事件は谷川秋山桜庭の三人によって綿密に計画された、格闘技発展のための自作自演であった。その証拠に、秋山のヌルヌルは聖油のメタファーである!」とかいう異端(id:goldhead:20060407#p4)とか出てきたりな。よし、失業中の秋山、二千年後のために福音書をでっちあげて埋めておけ。そのころにはネットのログなんて残ってないだろうからな。

ザワークラウト戦記2

その1→http://d.hatena.ne.jp/goldhead/20070116#p3

 買った食べ物をだめにしてしまうほど悲しいことはない。彫刻刀一本ダメにして開けたザワークラウトならなおさらだ。しばらくドイツの夕食だ。

 はじめは炒めたのだから、次は煮込む。ジャガイモタマネギ、そしてソーセージソーセージは「スーパーBOO」なる米国産で、安価、そして美味。安全性など知ったことではない。ジャガイモ電子レンジで加熱。

 味もつける。コンソメひとかけら。ローズマリー、鉢植えからもぎたて。安ブランデーも入れる。効果は知らない。胡椒、多め。オールスパイスオレガノ。効果は知らない。

 主役のザウアークラウトは多めに。多めにの一歩向こうの多めに。それでも、煮込むとボリューム減るみたい。もっともっと入れてもいいみたい。そして、煮込んだクラウト、酸味も減る。しかし、ザウアー汁しみ出したスープ、これが美味。味つけの量は控えめにして正解だったみたい。

 「酸っぱいあったかい汁物」は、日本料理にあまり見られないのではないか。かといって、俺の無知によれば、海外でもトムヤムクン中華の「‘酸’の字が名前に入ってる麺もしくは湯」くらいしか思いつかない。二十を過ぎて酸味に目覚めた俺にとって、このザウアー汁は好もしい。「スーパーBOO」も粗挽きマスタードなどさらに塗って食って美味。ビールも合う。

 俺もドイツ人のうだつの上がらない中年男のように、イモとビールソーセージで太るだろうか。キャベツの分だけ健康でいられるだろうか?

王貞治の帰還

http://www.nikkansports.com/baseball/p-bb-tp0-20070117-143507.html

リタイアする可能性も視野に入れながら

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/01/17/01.html

途中リタイアする可能性を視野に入れながら

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20070117-OHT1T00091.htm

途中リタイアするという可能性も視野に入れながら

http://www.daily.co.jp/baseball/2007/01/17/0000217172.shtml

「“途中リタイア”も視野に入れて」

 

 病を乗り越えて、王が還ってくるという話題。テレビでも会見の模様が映されていたが、この箇所、王監督は「視点に入れながら」とやや詰まりながら言っていた。そこに「視野」のテロップが重なったので気づいた。新聞などではどうなっているのかと見てみれば、やはり視野で統一されている。

 「視点に入れる」という言葉は別におかしくない。が、この文脈では「可能性」は視点の方でなく、視る対象であるところの野(範囲)にあると考える方が普通だ。「視野に入れる」がふさわしく、また、王監督もそう言いたかったと推測される。

 別に王監督が言い間違えた、なんてことはどうでもいいのだ。人間の口から出る言葉のいい加減さというのはかなりのもので、あまり実感できないという方は、一度講演会や座談会のテープ書き起こしでもしてみればいい。それらを活字にする場合、嫌でも編集が加えられる。

 我々に伝わる情報は全て編集されている。かといって、オリジナルに突き当たれば、そこに必ず真が含まれるとも限らない。編集の段階で編集者の意図による操作があるかもしれないし、技術的・時間的制約によって操作せざるをえない場合もあるだろう。編集者無知や無配慮による結果的な操作もあるだろうし、オリジナルの意図に反さないどころか補強する結果となりつつも、オリジナルにはない要素が付け加えられることもあるだろう。

 それらこまごまとしたことに、情報の受け手がいちいち思いを巡らせなければいけないのかといえば、巡らせるべきじゃあないかと思う。メディア・リテラシーとかいうのがそういうものだろう。しかし、どうもリテラシー的に疑うといった場合、情報編集者の意図、思想とそれによる操作ばかりに目がいき、単なる空間上、時間上、純粋技術的な制約に対する無知を見ることもある。必要な編集とそうでない編集について峻別しないケースを見ることがある。たまに編集する仕事もする俺はそう思う。「ブログじゃないんだから、無制限に言いたいこと全部詰め込むわけにはいかないんだぜ」って。そこで述べられていないから、その人がそれについて無知である、無視しているとは限らないぜって。ただしもちろん、入ってしかるべき分量がありながら意図的に無視する場合だってある。

 ……とにかくめんどうだけれども、世の中は面倒なのだろう。日本野球はいつまでもONに頼ってはいけないと思うのだが、この件に関しては一球団の一監督であって、しかも結果を出してきているのだから、とやかくは言わない。それどころか、単なる根性論に陥らない王という男の、今シーズンの采配に注目したい。少なくとも多村仁より先にリタイヤすることはないだろう。

今日はセブンイレブンの日っぽいけど、そうではないのだけれど

 アパートの向かいの棟、通路に向いて窓側になっているところの一つの部屋、いつもセブンイレブン制服が干してある。俺はコンビニバイトをしたことがないのでわからないのだが、自宅で洗濯するのだろうか。それとも、どうにかして趣味で手に入れたりしたものだろうか。趣味で、となると、その住人が男であるならば、女に着せているに違いないだろう。とはいえ、俺はセブンイレブンバイトをしたことがないのでわからないのだが、自分の職場制服を女に着せると楽しいのだろうか。セブンイレブンバイトはしたことがないが、セブンイレブンを利用する自分としては着せたら楽しそうだと思うが。相手に何か着せて喜ぶのは男だけの趣味だろうか。白衣で私を犯して、とか、パイロット制服で私を犯して、という女はいるのだろうか。女性看護士女性客室乗務員制服抜きで、そういう女はいるのだろうか。よくわからない。よくわからないが、たとえば中華街の土産物屋でニヤニヤしながらチャイナドレスを見ているのは男の方だということだ。中華街で買えるチャイナドレス(のようなもの)、よしもとおもしろ水族館の入っているチャイナスクエアビル二階の1,980円が安いが、それ以上に安く、中華街最安値を主張し、おそらくそうであろうというのは横浜大世界の1,050円。

竜王は生きていたのか、死んでいたのか

http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070117-143710.html

 タレントだいたひかる(31)の夫で、構成作家北本かつらさん(30)が、自分のブログで、だいたとの離婚をつづった。ブログは16日付で、だいたを「軍曹」と呼び「もう少し有能な捕虜との訓練を軍曹が、従軍記者に撮られてしまったようです。でも僕が情けないのが悪かったんです…。離婚はお互いに原因があるもんです」と記している。2人は昨年1月16日に婚姻届を提出しており、ちょうど1年の結婚生活だった。

 だいたひかる離婚など「どうで(略)」というところだが、記事に目を通して一転。うわ、寝取られてるじゃん。俺は三度の飯より、チャイナドレスより、世界中宝石を集めたものより寝取られ話が好きなのだ。もう、これだけで動悸ははやくなり、手に汗がにじみ、よだれを垂らすくらいのもの。いや、我ながら変態

 それで、北村かつらさんは誰かと思えば、なんと「竜王は生きていた」だというのだから仰天する。だいたの結婚を報じるとき、そんな情報は見なかったぞ。見たら絶対に気に留めたはずだ。竜王は生きていたといえば、あの世界における一時期のピーター・アーツ武豊羽生善治、みたいなもの。いやー、それがこんなことに。で、某所でそのブログスクリーンショットで内容を見たが、いやはや、美味でした。

 ……いつか地獄に堕ちるね、俺。でも、自分の好きな女が寝取られる地獄じゃないの。それは天国。むしろ、モテモテて、女が寄ってきて去らないという地獄。悪くないな。神罰プリーズ